Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2018.02.10-02.14 第22回 ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ところにより少し
流れ/ところにより少し
透明度/12-30m


毎日素敵な朝焼けと朝日に恵まれ、
気持ち良く新しい1日を始めることができた、第22回ハレルヤクルーズ。

こちらの写真には、今回ご参加下さった日本人の方々が写っています。
HLGroupPhoto-5.jpg
(※クリックすると大きな画像で見るいただけます。)
船首の方にいらっしゃるのは、シーサー阿嘉島店の皆様。
そして、左舷側で、その撮影風景を見物している方達。

笑顔が絶えない皆さんと過ごした4日間を振り返っていきたいと思います。


一日目
1本目ハイダウェイベイ Hide away Bay
2本目ウェストオブエデン West of eden
3本目エレファントヘッドロック  Elephant head rock
4本目タートルロック  Turtle rock


「きれ〜〜〜い!!」
と、思わず口に出てしまいました。
ハイダウェイベイに着いた船の上から見下ろした海は、
水底がすっきり見えるほど透き通っていました☆

そんな中を泳いでいるユカタハタ。
なんだか気持ち良さそうに見えます。
OI000684.jpg

私達ものんびり泳ぎながら、アンダマン海に自分を馴染ませていきました^^
が、チェックダイブでも油断は禁物!
ナポレオンのペアが登場したり、
カスミアジとマルクチヒメジの朝食狙う大集団が現れたり、
と、いきなり盛り沢山でした。


ウエストオブエデンでは、
カスミアジの大集団に浪人アジョシやイソマグロが活発に動いていました。
そのおかげで、大量のイエローバックフュージュラーが舞い降りてきたり、
大河のようになって通過して行ったり、
と、中層が賑やかでした♪

もちろん、定番の小さな子たちにも会って頂きました♡
28124313_1582949131794403_1543128786_o.jpg

P2110311-crop.jpg

P2120206-crop.jpg


流れが気になるポイントのひとつであるエレファントヘッドロック。
今回は、“穏やかなのに、魚が沢山!”の嬉しい1本となりました♪
カスミアジやロウニンアジがウロウロ。
オニカマスも登場。
そのためクマザサハナムロなどのタカサゴ科のお魚達盛り盛り!

と、そんな中、サービス精神旺盛のイヤースポットブレニーと向き合う贅沢♡
P2120622-crop.jpg


タートルロックでは、
サンセット組、サンセットとナイトを少しずつ楽しむチーム、がっつりナイト組、
と嗜好に合わせて楽しんで頂きました。


2日目
1本目ノースポイント  North point
2本目スリーツリーズ  Three trees
3本目コ·ボン ウエストリッジ  Koh bon west ridge
4本目コ·タチャイ ピナクル  Koh tachai pinnacle

ノースポイントで狙うのはこの子達。
アケボノハゼのインド洋バージョン。
P2120210_1.jpg
目と口を見てみると、ちょっと挑戦的な気がしますw

そして今ここでは、しっかりと寄らせてくれる、
サービス精神旺盛なモンツキカエルウオに会えます♡
P2120139-crop.jpg


綺麗な砂地に綺麗なハマサンゴの根。
立派なイソバナや立派なミズガメカイメン。
ハードコーラル地帯や幼魚で賑わうガレ場、などなど。
実は見所が広がっているスリーツリーズ。

ブラックフィンバラクーダの群れに出会った幸運な方もいらっしゃいました。


コボンでは、マンタとの出会いを期待し過ぎないように期待しながら過ごしましたw
今ここでご紹介したい子のひとつがこちらのレオパードブレニー。
P2120485-crop.jpg
時にはサンゴから飛び出してしまうほどサービス精神旺盛な子です♡


2日目の締めはタチャイピナクルでサンセットダイブ。
程良い流れでソフトコーラルのポリプ全開!
いろんな種類のソフトコーラルが群生しているここの魅力も全開でした♪
P2120367.jpg


3日目
1本目コ·タチャイ ピナクル  Koh tachai pinnacle
2本目リチェリューロック Richelieu rock
3本目リチェリューロック Richelieu rock
4本目リチェリューロック Richelieu rock

待ってました!リチェリューロック!!
今回もリチェリューロックは筆舌に尽くしがたいほど素晴らしかった!!!

P2131177.jpg

P2130121.jpg

OI000850.jpg

OI000805.jpg

P2130204-crop.jpg

P2131303.jpg

P2131109.jpg

P2130370-crop.jpg

P2131440.jpg


4日目
1本目コ·ボン・ウェストリッジ  Koh bon west ridge
2本目ボンスーンレック  Boonsung wreck

最終日はマクロで遊んでみました。
P2141590.jpg

P2141613.jpg

P2141635.jpg

P2141720.jpg


※以下の写真はクリックすると大きくなります。

ご参加された皆様、ありがとうございました!
HLGroupPhoto.jpg

そして今回は記念ダイブもたくさんありましたよ。

ご夫婦で同時300本達成!
おめでとうございます〜!!!
P2130413.jpg

そしてこちらは沖縄のショップツアーの皆様。
200本、300本、500本、そしてお誕生日ということで水中で記念の集合写真。
28034825_1581935531895763_951169124_o.jpg

HLGroupPhoto-2.jpg

楽しいメンバーでとっても楽しいトリップとなりました。



報告/TAKESHI、Hossy
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2018/02/15(木) 18:59:51|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.29-02.03 第20回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ 時々雨
水温/28-30℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10-20m

行ってまいりました、ハレルヤ第20回クルーズ!
今回は皆既月食を船上から観察できた、素敵なトリップでした♪

1日目
1 Hide Away
2 West of Eden
3 Elephant Head Rock
4 Turtle Rock

少々透明度も落ち気味のシミラン諸島。
天気は良好!!流れもなし。

1本目ハイドアウェイではレアキャラ登場!

untitled-4428.jpg

コイタン〜♪
フタスジリュウキュウスズメダイのインド洋バージョン、インディアンダッシラス。

untitled-4400.jpg

ブラックピラミッドバタフライフィッシュがやたらと群れていたり。

untitled-4420.jpg

白い砂地に流れが入らない癒しのポイントで、あっという間にチェックダイブ終了。


2本目ウエストオブエデンでは-15mまではとても綺麗な青色なのに、少し深度を下げ、深場を見に行こうと思ったらサーモンクラインがどんどんこちらに向かってくる。。。って事でルート変更。

untitled-44351.jpg

浅場でタテジマキンチャクダイの幼魚、

untitled-1310155.jpg

untitled-44691.jpg

untitled-4446.jpg

トウモンウミコチョウやシシマイギンポ、モンツキカエルウオなどと戯れたり、
大きなイソバナと戯れたりとワイドもマクロも楽しみました!

3本目のエレファントロックでは大物目撃者が!欧米人チーム1チームが安全停止中に4mのマンタが通り過ぎて行くのを目撃。
ニアミスだったーーーー(/□≦、)
流れる事が多いエレファントヘッドロックですが、全く流れなし。

untitled-4484.jpg

ハナヒゲウツボは青と黄。

untitled-4505.jpg

太いオニカマスが2匹がいきなり捕食モードに。
数匹の巨大なロウニンアジは目の前をウロウロと。

untitled-4497.jpg
地形も楽しみました。

4本目はタートルロックでサンセット&ナイトダイブ。
スカシテンジクダイが水中をキラキラと輝かせ、それを背景にインディアンフレームフェアリーやキンギョハナダイが求愛。
ロマンチックー♪
幼魚の黒いハナヒゲウツボを発見。

untitled-4517.jpg
おっきなゴシキエビも岩陰に。

2日目
1 North Point
2 Three Trees
3 Koh Bon
4 Koh Tachai Pinnacle

1本目のノースポイントは透明度も上がり、30mの水底も綺麗に見える程に回復。
離れにあるシークレットピナクルには大きなウミウチワの谷が。

untitled-2010232.jpg

深場に行くと、アケボノハゼのインド洋版。

untitled-4570.jpg

ミヤケテグリのインド洋バージョン、スターリードラゴネット。

untitled-4564.jpg

ダイナミックな地形も。

朝食後はシミラン諸島8番バランシングロックへ!
昨晩からかけて降っていた雨も止み、晴れ間が。

untitled-2011201.jpg

太陽の光も差しただした頃に2本目のスリーツリーズへエントリー。

untitled-4611.jpg

アオウミガメのお食事中にばったり遭遇。
オーロラパートナーゴビー。
黄色いけれどアカヒメジの綺麗な群れがあったり、

untitled-4605.jpg

サンゴと遊んでみたりと最後まで癒し系シミランダイブを満喫♪

いよいよコボンへ。
透明度はバツグンによし!

untitled-4624.jpg

ナポレオンも久しぶりに姿を現してくれました★
英名レオパードブレニーのセダカギンポのかくれんぼ。
エキジット後船に戻ると、なんと、スノーケラーゲスト1名とスノーケルガイドがコボンの湾内でマンタ見たとのこと!
そんな事があるなんて!素敵♪

ラストはサンセットダイブでコタチャイピナクル。
ツムブリの群れは200匹はいたでしょうか。
1m級のロウニンアジがウロウロと。
カスミアジは活発にハンティング。
小魚で視界が遮られる程、
どんどん魚影が濃くなっていきます。

untitled-2010361.jpg

untitled-4645.jpg

お決まりの3Dウミウチワとイソバナもじっくりと!


3日目
1 Koh Tachai
2-4 Richelieu Rock

この日の朝のタチャイはいつもと違いました。

untitled-2020407.jpg

untitled-2020388.jpg

見渡す限りのタカサゴ達がダイバーを取り囲み、巨大ロウニンアジが群れに突っ込む。
イエローバックフュージュラーが天の川のように群れ、
水中からゲストの歓声が聞こえる程。
どんどんクライマックスへ向け魚影の濃さがましてきました!

いよいよ世界のトップサイト、リチェリューロックでの3本ダイブ!
透明度も絶好調!

untitled-4704.jpg
タイガーテールシーホース。

untitled-4724.jpg
ツバメウオも浅場で。

untitled-4818.jpg
綺麗なトリンチェシアシボガイ。

untitled-2020522.jpg
ニシキフウライウオも。

untitled-2020549.jpg
フリソデエビは奥の方に。

untitled-4714.jpg
トップの藻原は陽がさして青々と。

untitled-4746.jpg
スカシテンジクダイはリチェリューを覆い尽くし。

untitled-4763.jpg
カサゴたちは踊り出し

untitled-4836.jpg
上がってみると、大きく真っ赤な夕陽を水面から眺める。

クルーズ最高。と感じられずにはいられない瞬間がたくさんありました。

untitled-4735.jpg

untitled-4733.jpg

untitled-4737.jpg
(集合写真はクリックで拡大されます)

なんとリチェリューで記念ダイブもお二人!おめでとうございました!

4日目
1 Koh Bon
2 Boonsung Wreck

まずまずの流れにマンタを期待しましたが、出ませんでした。。。
それそろマンタシーズン到来の予感がしたのに。。残念です!

ボンスーンレックでは群れ群れのキンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ネズミフグ。
ウミウシやハゼ、ジョーフィッシュと、今までと違った雰囲気のダイブサイトで14本目を締めくくりました!

untitled-0070.jpg

今回ご乗船されたみなさんで集合写真★


ご乗船頂きありがとうございました。
またお待ちしております★


報告/Tsuyoki, Natsuki
写真/ゲストよりたくさん頂きました。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/03(土) 11:03:57|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.25-29 第19回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10-25m

1日目
hideaway bay
west of eden
elephant head rock
turtle rock

朝一番のダイビングでは、太陽光に反射したスカシテンジクダイがキラキラ!

コラーレバタフライフィッシュ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ(通称ブラピ)も相変わらずの大きな群れ

untitled-5498.jpg

ネズミフグもダイバーに興味津々!
untitled-5613.jpg

壺のように丸くなったイソギンチャクの中がら覗くかわいいスカンクアネモネフィッシュや、
綺麗なメタリックブルーのアンダマンダムゼル。

untitled-130465.jpg
マッコスカーズフラッシャーラスもヒレ全開!

ハナヒゲウツボの黄色と青色の子達にも会えましたよ!

untitled-130476.jpg

シシマイギンポも、穴の中から賑やかな景色を見ていたのでしょう・・

サンセットダイブでは、周りにオシャレカクレエビを従え堂々と構えるトラフシャコや、
推定10人前はあるのでは?と思える程の巨大なゴシキエビもいました。
真っ赤な背びれを全開にしてアピールするインディアンフレームフェアリーバスレットの求愛行動にも、皆見入っていました!

そしてここシミランクルーズで、めでたく100本記念ダイブのお客様がいらっしゃいましたよ♪ おめでとうございます!!
untitled-5542.jpg
(クリックで拡大されます)


2日目
north point
three trees
koh bon ridge
koh tachai pinnacle

シミランではハゼと戯れたり
untitled-130539.jpg

タカサゴ軍団が突如現れたりと、存分に楽しめました!
untitled-5518.jpg

合間にはビーチにも。
untitled-0121.jpg
(クリックで拡大されます)

untitled-0115.jpg
(クリックで拡大されます)

どんどん北上していきます。
koh tachaiでは潜降直後、大きな大きなロウニンアジが獲物を狙って行ったり来たり。。

untitled-5545.jpg

そして大迫力!目の前に数百ものブラックフィンバラクーダが!!!

untitled-5596.jpg

untitled-5581.jpg

untitled-5553.jpg

数十匹のイソマグロやロウニンアジ達も右へ左と走り回っていました。
ひとしきり遊んだ後は、夕陽が入り込む浅場で安全停止。陽が沈むのを眺めながら船にあがりました。

1 Koh Tachai
2-4 Richelieu Rock

いよいよクライマックスのリチェリューロックへ。
太陽光が差し込む水中は流れなし、透明度良好!
抜群のコンディション★
リチェリューロックのギャング集団、ロウニンアジとカスミアジ、キツネフエフキの連合軍は今シーズンの名物に。
今回も大暴れしていました。

untitled-1979.jpg

untitled-1945.jpg

untitled-1984.jpg

untitled-1933.jpg


untitled-5628.jpg

untitled-5619.jpg

ツバメウオも綺麗に水面近くで群れ、日光浴でもしているのでしょうか。
他にもここの名物イバラタツに、タイガーテールシーホース、

untitled-5653.jpg

untitled-1281013.jpg

ニシキフウライウオやフリソデエビなどレアキャラもしっかりと確認し、ゲストの皆様もテンション上がりっぱなし♪
綺麗な夕日が沈むのと同時にエキジット。
あっという間にリチェリューロックでの3本も終了です。残りはとうとう2本。

4日目
1 Koh Bon
2 Boonsung Wreck

最終日のコボンでは…
マンタはでませんでした。残念。。。
気持ちを切り替えて、ラストダイブはボンスーンレック。
ワイドもマクロも盛りだくさんのポイント。

untitled-280677.jpg

砂地にはジョーフィッシュやフタホシタカノハハゼ、綺麗なメタリックシュリンプゴビー。
中層を群れる、クロホシフエダイやネズミフグ。
フグが?群れる?そう。ここではフグが群れるんです。不思議ですよねー♪
ウミウシネタも豊富です。
それぞれの好みのネタで最終ダイブを思いっきり楽しんでいただきました。

今回乗船されたゲストのみなさんで、最後に集合写真。
はい、チーズ♪

untitled-0012.jpg
(クリックで拡大されます)

ご乗船頂きありがとうございました。
またお待ちしております★




報告/Tsuyoki, Izumi, Natsuki
写真/ゲスト、ビッグブルースタッフ。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/29(月) 11:26:40|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.20-24 第18回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ。一瞬雨あり。
水温/28℃
風/ほぼ無し
流れ/無し〜中
透明度/10〜25m


青空と、とぅるっとぅる☆の水面。
とても快適なクルーズでした^^

今回のチームJapanはこちら。
P1210842.jpg

P1210845.jpg

P1210841.jpg

P1210843.jpg
テンション高めで楽しんで来ました!


アンダマン海へようこそ〜♪
と、ハイダウェイベイに入ってみると、
待ってくれていたのは明るくて青い海。
hide.jpg
それだけでテンション上がってしまいます!

記念ダイブでスタートされた方もいらっしゃいました。
おめでとうございます!!
P1210850.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


ビーチへ行くと、白いさらさらの砂浜と、そこから眺める透き通った海に
またテンションが上がります!
P1210863.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

P1210867.jpg


2本目のウエストオブエデン。
いきなりカスミアジとキツネフエフキの大捕食隊に遭遇。
west.jpg

『シーファンシティー』という別名を持つここ。
こちらのお写真をご覧いただいたら、その名前に納得いただけるはず!
west2.jpg

安全停止がてら、シシマイギンポと遊べるのが、
ウエストオブエデンの良いところ☆
west4.jpg


3本目はエレファントヘッドロック。
流れが少し強めで、潮表まで行けなかったのですが、
今回は青と黄色のハナヒゲウツボ3個体ゲットしました!
そして、イソバナと岩が作り出す芸術空間をゲット!
ele.jpg


4本目のタートルロック。
チームごとに好きな時間に遊びに行きました♪
サンセット組は、ここでハナヒゲウツボの黒い子に会い、
本日ハナヒゲウツボ全3色コンプリート!


2日目。
朝一のノースポイント。
青〜く抜けた海に入り、心も体も気持ちよく目覚めていきます^^
north_20180124183440ac7.jpg

深場にいるアケボノハゼのインド洋バージョン。
P1222655.jpg

派手な顔したモンツキカエルウオ♡
P1222699.jpg


朝食の後は、ビーチへお出かけ。
P1220870.jpg

目指す場所は、奥に見えるバランシングロック。
IMG_2607.jpg

バランシングロックのもとまで登って記念撮影☆
P1220874.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

R0010543_20180122224059512.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


シミラン諸島最後のダイビングはスリーツリーズ。
すごい勢いで舞い降りて来たイエローバックフュージュラー達。
three2.jpg

美しいソフトコーラルで彩られたハマサンゴ。
three.jpg

小さな小さなトウモンウミコチョウ♡
P1222732.jpg


コボンで出ました!!
P1220804.jpg
5mオーバーの大きな大きな子でした。
P1220899.jpg
ゆっくり眺めることができて至福のひととき♡♡


タチャイピナクルも透明度最高!
P1220607.jpg
流れはそんなになかったのですが、魚影は濃かったです!
今回の主役はツムブリの大群でした!!

上がると綺麗な夕日(´∀`*)
P1220618.jpg


3日目のリチェリューロック。
いろんな小さい子に、
P1232942.jpg

P1232938.jpg

P1230872.jpg

P1230862.jpg

P1230854.jpg

圧倒的な魚群に、
P1230890.jpg

P1230331.jpg

そして美しいソフトコーラルに、
P1230304.jpg

P1230263.jpg

P1230311.jpg
もうもう興奮しっぱなしです!!!


いつも思いますが、あっと言う間に最終日。
コボンでまたマンタ!
というわけにはいきませんでしたが、
その分(?!)じっくり可愛い子達を楽しめました♪
koh bon


どこへ行っても透明度がすごく良かった分、
ボンスーンレックが見え辛く感じました(笑)
と言っても、10mは優にあり、
バラクーダもヨロイアジも各種フエダイの群れ群れも、
あれもこれもしっかり楽しめました(^-^)


ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
P1240978.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)



報告/Natsuki、Hossy
写真/お客様からたくさん頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2018/01/24(水) 20:46:43|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.15-19 第17回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/ほんの少し
流れ/弱め、たまに強く
透明度/15〜25m

絶好調のシミラン〜リチェリュークルーズから帰ってきました。
今回は、ビッグブルーのオーナーガイドTAKESHIの友人であり、ガイド会メンバーからの刺客、沖縄でガイドしている凄腕の持ち主おふたりが乗船して下さいました。

木戸泰成、恩納村:SLOW LIFE MARINE SERVICEさん。
以下:世界のヤス

國廣哲司、宮古島:aquastoryさん。
以下:宇宙のクニ

それでは、この仲良しコンビのお二人に撮っていただいた素敵な写真の数々で楽しかったクルーズを振り返ってみましょう!


まずは乗船前の泥遊び。
26814701_1551349634954353_6067570357039205405_n.jpg

外人のムツゴロウや干潟の生物をいろいろ紹介しました。。
1_20180120175940d16.jpg

2_20180120175942706.jpg


そして出港!
お土産で持ってきてくれた美味しいお酒でカンパーイ!!
IMG_1156_201801201906165e9.jpg

ちなみに、写真の左から、クニ、タケシ、ヤスです。


楽しい夜が更けていき、ぐっすり寝て、翌朝起きたら・・・
快晴!
波無し!!
透明度良し!!!
シミラン諸島はどこへ行っても、抜けるような青さと明るさ☆


1本目、チェックダイブのハイダウェイではゆっくりじっくりマクロ遊び。

ローランドダムゼルの幼魚。
4_20180120175943ee7.jpg

同じお魚でも撮り方を変えるとずいぶん雰囲気が変わりますね〜
3_20180120175942020.jpg

さすが、世界のヤス!
ウミシダとウバウオも美しく撮ってもらいました。
5.jpg

そして、出ました〜!
超〜超〜レアもの!!
コイタン!!!
6_20180120180135c23.jpg


2本目はウェストオブエデンで、またまたマクロ遊び。

クジャクベラの外人さん、マッコスカーズフラッシャーラス。
難易度が高めとされるクジャクベラのオスのヒレ全開も、宇宙のクニにかかれば止まって見える!?笑
7_20180120180137bae.jpg

世界のヤスも負けじと撮って見れました。
エヴァンスアンティアスのあくび!
8.jpg

インディアンフレームバスレットのオスのヒレが開いたところ。
9_20180120180138135.jpg

人気者、シシマイギンポ!
10_20180120180140156.jpg


3本目はエレファントヘッドロックでワイド。
同じ穴を撮り比べ。

by 世界のヤス
12.jpg

by 宇宙のクニ
11.jpg

巨石の聳える地形ポイント。
光がいっぱい差し込んでキレイやったな〜
13.jpg

半水面でも撮ってもらいました。
14.jpg


4本目はタートルロックでサンセットダイブ。
この時間に潜ると、いろんな生物の生態観察が楽しめます。

エイブルズエンゼルフィッシュのナズリング(オスがメスの下腹部を刺激して産卵を促す求愛行動)・・・
15.jpg

・・・からの、産卵!
16.jpg

卵がバッチリ写ってますね〜

お次はヒメゴンベの求愛〜産卵シーン。
寄り添いあった2匹が中層に浮上して放卵&放精しました。
17.jpg


2日目。
1本目はノースポイントで。

クラゲが大発生するも、お二人は良い被写体が出たと大喜び・・・(^_^;;
20.jpg

21.jpg

アケボノハゼの外人さんとされる、エクスクイジタダートフィッシュ。
ソフトコーラルが背景に来るように撮ってくれました。
22.jpg

名物の大ウチワと一緒に撮ってもらいました。
23.jpg


水面休息中にシミランNo.8のビーチに上陸して遊びました。
お天気も良く、空も海も青くてキレイでした〜
52_201801202010496f4.jpg

54.jpg

55.jpg


この日の2本目はスリーツリーズ。
じっくりゆっくりマクロで遊べるポイントです。

今、オススメのネタ、ウチワが背景になるガラスハゼ。
24.jpg

クダゴンベ。
_DSC9618.jpg

良い意味で!?エロい感じで撮っていただきました。笑

シリウスベニハゼが飛び、
26.jpg

タテジマヘビギンポが吠え、
25.jpg

あっという間に時間が過ぎるマクロ遊びでした。


さあ、シミランを後にして、ここからどんどん北上していきますよ。
3本目のコボンでは、今年の旬ネタである、ホカケハナダイの外人種、スポットフィンアンティアスを狙いに行きました。

お二人の名誉のために言っておきますが、はっきり言って、今シーズンで一番難しいコンディションでした。
そんな中でも一応・・・!?撮ってもらったオスの婚姻色のヒレ全開。
27.jpg

ちゃんと撮れてるやん!と思われるかも知れませんが、世界や宇宙のレベル(笑)では、このクオリティーでは満足出来ないそうです。
でも、本当に難しいシチュエーションだったのですよ。
よく撮ったと思います。

その後は、ホカケで凹んだ心を癒してくれる可愛いマクロ生物たちをいっぱい紹介しておきました。
ただいま大量発生中のルリホシスズメダイの幼魚。
28.jpg

めっちゃ警戒心の薄い全身撮れるセダカギンポ。
29.jpg

ミヤコキセンスズメダイの外人さん、インディアンサージダムゼルの幼魚。
30.jpg

アイスズメダイの幼魚も見つけました。
可愛かったな〜
31.jpg


さらに北上して3本目のタチャイピナクルは流れが強くて、ちょっと緊張感のあるダイビングでした。
しかし、流れのお陰でソフトコーラルは美しく咲き誇り、魚たちは凄い勢いで私達のすぐそばを駆け抜けて行ったり、と、良いことがいっぱいでした♪
_DSC9785.jpg

33.jpg

サンセットダイブと言うことで、海の中にも柔らかい西日が入り込むので、宇宙のクニちゃんはその光を写しこむのにハマっちゃいました。
_DSC9842.jpg


そして翌朝のタチャイピナクル。
同じポイントでも明るいので雰囲気が違います。
35.jpg

36.jpg


そしていよいよ今回のトリップの最北端、待ってました、リチェリューロック!!
最近、“好調!” “好調!” “絶好調!!”
と、毎回行くたびにご報告させていただいていますが、
今回も変わらず最高の姿を見せてくれました(≧∀≦)♪
3本潜っても飽き足りません!!!!

緑の海藻地帯とロウニンアジの編隊。
37.jpg

とんでもない数の魚影の濃さ。
38.jpg

最近お気に入りの黄色のソフトコーラル地帯。
39.jpg

横向けウミウチワを下から煽ってみたり・・・
44.jpg

そして、ギンガメアジの群れが世界のヤスに向かって来て・・・、ヤスの前で割れる!
DSC_9859.jpg

そのシーンが、まるで神話の世界でモーゼが海を割るシーンさながら神がかっていたため、あだ名が『世界のヤス』から『モーゼ・ヤス』に変わっちゃいました・・・笑


さらに、マクロも面白いリチェリューロック!

定番、固有種のトマトアネモネフィッシュ。
幼魚特有の白いバンドが消えかかっていて、最後に残った白い線が、まるで困った眉毛のようになっています。笑
40.jpg

トリンチェシア・シボガイも、こんなに美しく撮っていただきました。
42.jpg

今年もいますよ、イザヨイベンケイハゼ。
41.jpg

その横にいた、ミナミハコフグの幼魚。
43.jpg

サンセット・リチェリュー!

by 宇宙のクニ
32.jpg

クニちゃんの大好きな西日を美しく撮ってくれました。

by 世界 改め モーゼ・ヤス
45.jpg

こんなにまっすぐに小魚が並ぶことも神がかりかも!?


そして、あっという間に最終日。

まずはコボンでホカケハナダイのリベンジ。
果敢にトライして、本当に数少ないチャンスがあったのですが・・・
む、無念・・・
47.jpg

さらには、こんな神がかりな構図も!
※トリミング無し
48.jpg

こんな右隅ギリギリに決めるなんて・・・
PKでロナウド、メッシ、バロテッリでも真似できないほど神がかりなテクニックですね〜

と、冗談はさておき、モーゼ・ヤスの名誉のためにも言っておきますが、この日も非常に難しいシチュエーションでした。

本当に難しく、珍しく、美しいスポットフィンアンティアスが見れて撮れるチャンスは今シーズンが一番かと思われます。
腕に自信のある人は是非リクエストしてみて下さいね。


その頃、宇宙のクニちゃんは、柔らかい朝日が差し込む中、ウエストリッジの岩の壁から落ちてくる滝の写真を撮っていました。
46_201801202021004f2.jpg

難しい水面近くの写真ですが、こういうの撮らせたらクニちゃんは上手いっ!


いよいよ最終ダイブはボンスーンレック。
49.jpg

透明度上々☆魚もぐっちゃり☆
50.jpg

その中でも特に人懐っこいハナミノカサゴの外人、インディアンライオンフィッシュがモーゼ・ヤスのカメラの前にやって来てポースを決めました!
51.jpg

これまた神がかってますね〜
さすがヤス!


今回も楽しいメンバーに恵まれ、お天気も、海のコンディションも良く、本当に楽しいトリップとなりました。
56.jpg
※この写真はクリックすると大きくなります。


ご参加頂いたゲストの皆様、楽しい時間をありがとうございました。
クニちゃん、ヤスくん、美しい写真の数々をありがとう。


報告/TAKESHI、Hossy、NAO、IZUMI
写真/國廣哲司(宮古島、Aquastory)木戸泰成(恩納村、Slow Life)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2018/01/19(金) 23:06:47|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.08 - 01.12 第16回ハレルヤクルーズの報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/ところによりあり
透明度/15-25m


天候も透明度も良かった今トリップ!!
第16回クルーズの様子をお伝えします。

1日目
#1 Hide away
#2 West of eden
#3 Elephant head rock
#4 Turtle rock

シミラン諸島での初日、天気も良く、流れもなく快適な一日目となりました。

767A9126.jpg


767A9496.jpg

小さくて可愛い頭に天使の輪の様な模様が特徴のローランドダムゼルの幼魚や
迫力満点のオニカマスまで幅広く楽しみました♪
とっても大きな子でしたよ。

767A9404.jpg

光と陰の演出から、

767A9553.jpg
サンセットダイブではエイブルズエンジェルフィッシュの求愛(ナズリング)の様子も観察。
メス(右)の下腹部をつついて求愛するオス(右から2番目)と、嫉妬して邪魔しようとするメス2匹(左の2匹)。
メス3:オス1の男性なら誰もが羨むような珍しい光景に思わずパシャパシャ。

767A9567.jpg
ヒメゴンベはサンゴの上で求愛していました。
恋は実ったのかな??


767A9596.jpg

セボシウミタケハゼをカッコよくスヌート撮影。

untitled-7302.jpg
島にも上陸し、南国気分を堪能していただきました♪




2日目
#5 North point
#6 Three trees
#7 Koh Bon
#8 Koh Tachai pinnacle

朝は分厚い雲がかかっていましたが、水中は快適に
過ごせました!

767A9695.jpg
ガラスハゼのウチワ抜き!!
背景にウミウチワを入れて可愛く、そして淡くパシャリ。
海の青色とのコントラストが堪りません。

767A9798.jpg
そしてそして、スポットフィンアンティアス!
今シーズンの狙い目ですっ!!
背びれもしっかり開いて綺麗に撮っていただきました。

untitled-7391.jpg
人気の島で誕生日をお祝いしたり

untitled-7484.jpg

untitled-7488.jpg

untitled-7460.jpg

untitled-7450.jpg

落ちそう〜なスリル満点の写真を撮ったりと陸も満喫☆

767A0036.jpg

そして、サンセットダイブで水面に上がってくると、虹が綺麗に出ていました♡
ハレルヤと虹のコラボ。よく見ると二重!!
インスタ映えってやつですね〜。


3日目
#9 Koh Tachai pinnacle
#10 Richelieu rock
#11 Richelieu rock
#12 Richelieu rock


767A0583.jpg

水中の中にきれいな緑の丘。
いつみても飽きませんね☆

767A0319.jpg

キラキラが多くって、ユカタハタも隠れちゃう!

767A0597.jpg

透明度の良いこと良いこと!!
リチェリュー絶好調です!!

767A0567.jpg

賑やかなのでキンセンフエダイも嬉しそうっ!

767A0716.jpg

捕食の時間にカスミアジが集団でハンティング。

767A0789.jpg

一瞬目を疑う写真。
もの凄い数のフュージュラーとロウニンアジ。
宇宙に居るような感覚に陥ってしまいますね。

P1110757.jpg

クロモドーリスアンヌラータ。

P1110747.jpg

フリソデエビのペアも見れました!

4日目
#13 Koh Bon
#14 Boonsung wreck


767A0823.jpg

真正面からのルボックスブレニー。
カールおじさんのような口元に、思わず「可愛い〜♡♡」

P1120790.jpg

海の宝石と呼ばれるサフィリナがキラキラ光っていました。
撮影にはコツがあるので是非ともスタッフにお尋ね下さい!!


そして、最終ダイブ。

767A1005.jpg

相変わらず凄い魚影の濃さ。

767A0942.jpg

THE人口造形物!!と言わんばかりの光景。

P1120807.jpg
めちゃめちゃ小さく、まん丸のミナミハコフグの幼魚

P1120827.jpg
イクメンのアンダマンジョーフィシュは口の中で
卵を育てていたり、

最終ダイブに最適なコンディションでした。

untitled-0022.jpg


そして最後に全員で集合写真。最高に楽しい4日間でした。
今回は8カ国のお客様からご参加頂きました!!
みなさんどうもありがとうございました!

※全ての集合写真はクリックすると拡大表示されます。

報告/TAKESHI, YURIKA, TSUYOKI, MOERI
写真/ゲストより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2018/01/12(金) 14:30:57|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2018.01.03-07 第15回ハレルヤクルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/ところによりあり
透明度/15-25m
第15回のクルーズの様子をお伝えします。

1日目
#1 hide away
#2 west of eden
#3 elephant head rock
#4 turtle rock


untitled-1020083.jpg

ヤマブキスズメダイの幼魚と戯れたり

untitled-1020048.jpg


untitled-1050371.jpg
きれいな模様のインディアンセイルルフィンサージョンフィッシュ

untitled-1020003.jpg
地形を楽しんだり


untitled-1040128.jpg
幸運の黄色のハナヒゲウツボを拝んだり

untitled-1020011.jpg
太陽の光を利用してかっこ良くウミウチワをパシャリ。

untitled-1040141.jpg



untitled-1020058.jpg

凛々しい青色の雄のハナヒゲウツボや可愛い子供の黒いコと遊んだり

ゆったり1日目を終えることが出来ました♪



2日目
#1 north point
#2 three trees
#3 koh bon
#4 koh tachai
untitled-1020204.jpg

untitled-1020258.jpg

ユカタハタをモデルにシャッターをパシャパシャ。


4本目のKoh tachaiは流れることも無く夕暮れ時だったので少し水中は暗かったですが、
3Dウミウチワも健在です。

untitled-1050435.jpg

バラクーダも浅瀬の方で群れてくれていましたよ☆



untitled-1050450.jpg


untitled-1050424.jpg

補食の時間でカスミアジがビュンビュン泳ぎまわっていました。
カスミアジも負けじと逃げ回って水中がとても賑やかでした!

untitled-1020283.jpg

untitled-1020384.jpg

untitled-1020276.jpg


3日目
#1 koh tachai
#2 richelieu rock
#3 richelieu rock
#4 richelieu rock


tachaiは昨日の穏やかさが嘘の様にブンブン流れていたので、
これはrichelieuもブン流れかなーと思いながらエントリー。
全く流れていなくしかも、透明度も20mほどありとても快適でした♡

untitled-1060633.jpg

untitled-1060619.jpg


untitled-1060598.jpg

untitled-1020631.jpg

ピックハンドルバラクーダも上の方で気持ち良さそうに
泳いでいましたよ♪

untitled-1020714.jpg

untitled-1020529.jpg

太陽も出ていて、草原地帯もとても綺麗!



untitled-1020471.jpg

4日目
#1 kon bon
#2 boonsung weck


untitled-1020779.jpg

個人的に大好きなボンスーンレック。
マクロもワイドも楽しめます☆
普段は濁っているポイントですが、15m程見えてラストダイブを
気持ちよく締めくくることが出来ました!
untitled-1020822.jpg


最後に今回4日間ともに過ごした皆さんと集合写真☆
楽しい時間をありがとうございました!

untitled-7284.jpg
※クリックすると拡大されます。

報告/RYO,HOSSY,NATSUKI,TSUYOKI,MOERI
写真/ゲストより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

続きを読む
  1. 2018/01/08(月) 01:06:37|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.29-2018.01.02 第14回年越しクルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/ところによりあり
透明度/15-25m

明けましておめでとうございます。
皆様は、どのように新年をお迎えになられましたか?

2017〜2018年の年越しをハレルヤ号で祝って参りました!

年越しクルーズは、例年と変わらず日本人のお客様で満員御礼。
たくさんの素晴らしいお写真を頂いたので、
そちらをご覧頂きながら振り返っていきたいと思います。


1日目

#1 ハイダウェイ
透明度も良く、流れも穏やかで、気持ちよくスタートしました。
ハードコーラルが広がるハイダウェイ。
たくさんのスズメダイで賑わっているのですが、
その中で、一際目を引くのがこの子。
ローランドダムゼルの幼魚♡
saori2.jpg
頭に浮かぶ天使の青い輪が特徴です。

こちらは青い蝶ネクタイがきらりと光るヒナギンポ。
iwao11.jpg
スカシテンジクダイのキラキラを背景に、
可愛く撮ってもらっちゃって良いですね♡

こちらはビーチ上陸での集合写真。
untitled-7170_20180102183627239.jpg
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)

untitled-7174.jpg
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)


#2 ウェストオブエデン

マッコスカーズフラッシャーラス。
DSC_4714.jpg
オスとメスをしっかり捉えていただきました。

いつ見てもブサ可愛のシシマイギンポ。
B25A5682.jpg
見れば見るほど味が出てきます♡


#3 エレファントヘッドロック

青色のハナヒゲウツボ。
IMG_4709.jpg
この子が全身を出して泳いで移動する姿を目撃した方もいらっしゃいます!

巨岩と立派なイソバナが作り出す空間が、
優しく、かつ格好良く表現されています( ´▽`)
sada5.jpg


#4 タートルロック

ナズリング中のブラウンピグミーゴビー。
DSC_4524.jpg
新たな命を生み出そうとする様子を見ていると、
ついつい感情移入してしまいます。

この日はお誕生日の方がいらっしゃいました。
おめでとうございます!
untitled-2.jpg


2日目

#5 スリーツリーズ

今期の嬉しい発見のひとつがこの子。クダゴンベ。
saori5.jpg

ビーチ上陸第二弾。
untitled-7191-2.jpg
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)

皆さん、必至にジャンプ!
untitled-7208.jpg
でも、なかなか難しいのです。
中には、横っ飛びされてる方もw
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)

untitled-7201-2.jpg
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)


#6 ノースポイント

離れ根にある、大きな大きなウミウチワの谷。
sada12.jpg
モデルさんがいるので、その壮大さが分かっていただけると思います。

ほえるエクスクイジタダートフィッシュ!
DSC_4635.jpg


#7 コボン

スポットフィンアンティアスを、こんなにもバッチリ捉えて下さいました!
B25A5983.jpg
素晴らしすぎます!!!

めでたく800本を迎えた方がいらっしゃいました^^
sada16.jpg
おめでとうございます!
(※クリックすると大きい画像でご覧いただけます。)


#8 コタチャイピナクル

2017年の潜り納めはコタチャイピナクル。
曇っていたので、水中が少し暗めでした。
そのおかげで、魚が多め♪
バナナフュージュラーが3Dウミウチワを盛り上げてくれました。
sada23.jpg

そして、年越し蕎麦をいただき、カウントダウン。
日本時間の0時に、皆さんで新年を祝って乾杯です(*^▽^*)
untitled-7227.jpg


3日目

2018年の幕開けです☆
スリン島の向こうに上がる初日の出を想像しつつ、
素晴らしい朝焼けをじっくりと眺めました。
untitled-7242.jpg


#9 リチェリューロック 1

2018年の潜り初めは、なんと!リチェリューロック!!!
世界を代表するダイブサイトから始められるなんて、
なんとも有り難いことです^^
きっと、今年も海で良い出会いがあるに違いありません!!

それでは新年のリチェリューロックをたっぷりご覧下さい♪♪

視界を遮られてしまいそうになるほどの小魚たちと、
それを狙うロウニンアジ。
IMG_5112.jpg

ここでは珍しいシェベロンバラクーダの塊。
iwao25.jpg
これは普通では出会えません!
きっと海からのお年玉だったのでしょう☆

ん〜〜〜ん、美しいお写真ですね^^
DSC_4928-2.jpg

混合捕食部隊。
今回は至る所で大きな団体で活動してました。
IMG_5111.jpg


#10 リチェリューロック 2

紫色/ピンク色のソフトコーラルが美しいリチェリューですが、
黄色のソフトコーラルが美しい所もあるんですよ。
sada27.jpg

黄色が美しいといえば、こちらのイバラタツ☆
DSC_4868-2.jpg

最近この空間がお気に入りのピックハンドルを切るバラクーダ。
iwao1.jpg
襲われてしまうのではないかと怖くなってしまうくらい、
近くに寄れちゃいました。


#11 リチェリューロック 3

ウミトサカ畑を舞うインディアンライオンフィッシュ。
iwao3.jpg
こんなに素敵な庭を散歩できる彼らを羨ましく思います。

その他にも、リチェリューのお勧めの子や場所を見ていただきました。
saori6.jpg

B25A6021.jpg

iwao7.jpg

B25A6049.jpg


4日目

#13 コボン

大物が見た〜い!!
と、中層を意識しながら遊びましたが、
大物の登場はありませんでした。。。


#14 ボンスーンレック

クラゲの水晶玉☆
20180102-IMG_1178.jpg

赤いハープコーラルとインディアンライオンフィッシュ。
20180102-IMG_1113.jpg
ボンスーンでこんな場面を切り取って下さった方は初めてではないでしょうか!

20180102-B25A6211.jpg

20180102-DSC_5181.jpg


今回、2018年を一緒に迎えた方々はこちら。
untitled-7253.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)
皆さんどうもありがとうございました。


そして、最後に、改めまして、
2018年も安全に、そして、皆様の楽しい時間を過ごして頂けるよう、
やっていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。


報告/TAKESHI, RYO, HOSSY, YURIKA, TSUYOKI, MOERI
写真/ゲストより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2018/01/02(火) 14:12:37|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.24-28 第13回ハレルヤクリスマスクルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/ところによりあり
透明度/15-25m

メリークリスマス★
ハレルヤ第13回クリスマスクルーズ!!
出港日はクリスマスイブ。
綺麗な三日月と星空を船上で眺めながら出港。
船内もクリスマス仕様にデコレーション♪

201712281821197f5.jpg


1日目
1. Hide Away
2. West of Eden
3. Elephant Head Rock
4. Turtle Rock

Hide Awayでは朝一の捕食が活発で、
スカシテンジクダイの群がる岩周りで大暴れのカスミアジとマルクチヒメジ。
コバンアジがくっついたナポレオンがフワフワと。
イソマグロは珍しく5匹で団体行動。
でっかいイソマグロは単体でも迫力満点。

201712281821179ca.jpg

透明度も悪くなく、15m程。
少し緑っぽかったですが、白砂の広がる癒し系ポイントでのんびりチェックダイブ後は、
プリンセスビーチへお散歩〜♪

West of Edenの巨大なウミウチワの存在感は相変わらず圧倒されます。
透明度は15-20m。深場も綺麗に見える程。
クジャクベラのインド洋版マッコスカーズフラッシャーラスの雄は盛んに求愛。

20171228182114445.jpg

シシマイギンポは極小サイズですが、この可愛い顔はがたまりません。

20171228182116efc.jpg

前回のクルーズではジンベエのサプライズ登場で話題となったElephant Head Rock。
プランクトンのチクチクさに少し期待はしましたが、
水玉さんは現れませんでした。
しかし、無数のタカサゴや

20171228182033390.jpg

特大サイズのオニカマスやロウニンアジ。

20171228182035b0d.jpg

ハナヒゲウツボも健在です!

201712281820341ca.jpg

サンセット&ナイトはTurtle Rock。
インディアンフレームフェアリーバスレットは今宵も求愛中。

201712281820338f2.jpg

ゲストが発見した枯葉に擬態したツマジロオコゼ。

2017122818203444c.jpg

これを見つけれるなんて、お見事です!

2日目
1. North Point
2. Three Trees
3. Koh Bon
4. Koh Tachai

North Pointでは眼が覚めるような流れの中、余裕の表情♪

20171228181625636.jpg

アケボノハゼのインド洋版エクスクイジタダートフィッシュが二匹。

2017122818163039d.jpg

流れを全体で受け止めて大きくまだまだ成長中。

20171228181627964.jpg

20171228181628650.jpg


その後、バランシングロックがあるシミラン諸島8番への上陸。

201712281819075b6.jpg
※クリックすると拡大されます

2017122818165445a.jpg
※クリックすると拡大されます

シミラン諸島ラストはThree trees。
流れもなく、透明度は15-25m。
白い砂地にはオーロラパートナーゴビーとジョーフィッシュ。
立派なイソバナも。

201712281815408f5.jpg

スカシテンジクダイやキンギョハナダイ、ユカタハタが色を添えていました。

201712281815397c4.jpg


Koh Bon
流れはなく、楽にウエストリッヂの方まで。
透明度はよく20-25m。
リッヂ先端には大きなヤイトハタ二匹。
カスミアジ100匹以上の大群が通りすがったり。
ハナダイギンポは真正面からこんにちは。

201712281815160aa.jpg

ローランドダムゼルの天使の輪っかが素敵。

20171228181517e57.jpg

遅めのエントリーのためサンセットナイトでKoh Tachai。
夜の3Dウミウチワは抜群の存在感。

2017122818151411f.jpg

いい流れの潮表にイソマグロの群れとブラックフィンバラクーダの群れ。
ロウニンアジとカスミアジがハンティングモード炸裂のため、
タカサゴが逃げ惑い、夕陽が差し込む水中をキラキラと輝かせていました。

201712281815139e8.jpg


3日目
1. Koh Tachai
2. Richelieu Rock
3. Richelieu Rock
4. Richelieu Rock

朝のコタチャイは程よい流れ。
やはり魚影の濃さが際立つタチャイ。
タカサゴがメインの岩を覆い尽くす程に集まって、
辺りには1m越えのロウニンアジが何匹もウロウロと。
ブラックフィンバラクーダは何度もメインの岩に現れてくれました。

20171228181401d01.jpg

ギンガメアジのペアが数組。
透明度は20-25mと、
タチャイの魅力を存分に味わえ、大満足。


世界のトップダイブサイト、Richelieu Rock。
華やかなソフトコーラルはまるでお花畑のよう。

20171228181403f96.jpg

お花畑だけではなく草原地帯も。

20171228181406a11.jpg

粉雪の中(スカシテンジクダイ)にいるハナミノカサゴ。

201712281812527ca.jpg

20171228181256ecc.jpg


今日のリチェリューロックにはブラックフィンバラクーダやピックハンドルバラクーダの群れが。

20171228181253e25.jpg

キツネフエフキ、ロウニンアジ、カスミアジ、ツムブリの
ハンティング部隊はもうお馴染みですね。

20171228181254c08.jpg

イバラタツにもご挨拶。

20171228181406db9.jpg

水平線に落ちていく夕陽を水面で見れるなんて♪

20171228181251e66.jpg

4日目
1. Koh Bon
2. Boonsung Weck

朝一のコボンでとうとう出ました!
マンタ〜♪

201712281808520f1.jpg

20171228180853180.jpg

全チームではないですが、しっかりと10分程一緒に泳いだチームもあり、
素敵なクリスマスプレゼントになりました。

ラストダイブはボンスーンレック。

1A1A2858-2.jpg

魚影の濃さはピカイチです!
群れ群れ群れの連続ですが、マクロも充実。
メタリックシュリンプゴビーや

201712281808519a2.jpg

フタホシタカノハハゼでじっくり遊べます。
20171228180849c54.jpg


今回のクリスマストリップにご乗船いただきありがとうございました!
みんなで最後にSay"Merry Christmas "

20171228-IMG_9347.jpg

※クリックすると拡大されます。


報告/Ryo,Natsuki
写真/ゲストより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/28(木) 10:38:02|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.19-12.23 今期初!大物ゲットクルーズ!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/少し
流れ/ほぼなし〜少し強め
透明度/15〜25m


会っちゃいました!!!!!
untitled-200850.jpg

untitled-200611.jpg
初日の3本目、エレファントヘッドロックで!
untitled-200840.jpg
誰も、全く、微塵も予想していなかった突然の出会いでしたv(^0^)v
潜降して少し、ハナヒゲウツボを見ていた時、
ふと上を見上げたら、ジンベエザメがいました!

「今シーズン初だ!!!!!」

通りすがりでも見ることができて大興奮♪♪
だったのですが、ダイビングの後半に、
エレファントヘッドロックの岩を超えて行った先に、いたのです!!!
5mはあったと思います。そのうえ、ずんぐりとボリュームも満点の子でした!
ずーっとずーっと、ぐるぐるぐるぐる。

「近づきすぎて困る〜(*^-^*)よけるの大変♪」

と、嬉しい悩み♪

こちらが、そんな幸運をお持ちの皆様です!
untitled-7170.jpg
ありがとうございます!!
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


途中、少し風と波があって、エキジットが大変だったり、
通常だったら3本潜るはずのリチェリューロックに2本しか潜れなかったり、
ということもありましたが、しっかりたっぷり14本楽しんでいただきました。

もちろん、シミラン諸島の美しいビーチも堪能していただきました。
untitled-7164.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

untitled-0282-2.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

untitled-7159.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)



ここからは、お客様に頂いたたくさんの写真をご覧いただきながら、
水中の雰囲気を楽しんでいただければ、と思います。

これぞシミラン!華やかで嬉しくなります♡
untitled-200825.jpg

逆に、こちらはシルエットを楽しむところが渋いです。
untitled-200779.jpg

こちらではなかなか会えないシモフリタナバタウオ。
ガイドが興奮(笑)
untitled-200771.jpg

青いハナヒゲウツボ。
untitled-201022.jpg
この子を見ていた時は、ジンベエザメが戻ってきてくれないかな〜、
と、そわそわしていて、集中するのが難しかったです(笑)

青で綺麗な子といえば、タテジマキンチャクダイの幼魚もそう♡
untitled-200932.jpg

そして、彼らと同様人気の子が、こちら、
エクスクイジタダートフィッシュ。
untitled-210677.jpg
深い所にいるので、会える時間が短いです。
そこがまた心をくすぐります^^

そんな彼らがいる所には、大きな大きな元気なウミウチワがあります!
untitled-210877.jpg

untitled-210880.jpg
自然の雄大さを体で感じられる空間です。

そんなダイナミックな場所もあれば、
こんな風ないろんな小さな美しい子、可愛い子を楽しめる場所もあります。
untitled-211177.jpg

untitled-211282.jpg

untitled-211263.jpg

タチャイピナクルの立体的なウミウチワと、
立派で美しいイソバナは、本当にいつ見ても「すごいなぁ〜( ´▽`)」
と思います。
untitled-220932.jpg

untitled-220945.jpg

波が高く、安全を考えてリチェリューロックでを1本断念。
スリン諸島まで足を伸ばして潜った時に会ったのがこちら。
untitled-220749.jpg
やはり「群れ」に会うと嬉しいです♪

スリンで潜り、休憩している間に、波も落ち着き、
リチェリューロックで2本潜ることができました!

急いでイバラタツに会いに行き、
untitled-220995.jpg

トラフコウイカの仲良い様子をじっくり観察しちゃい♪
untitled-220774.jpg

全然動かないピックハンドルバラクーダをじっくり撮影。
untitled-220973.jpg

マブタシマアジの竜巻のような迫力満点の群れにも釘付けでした!!
untitled-221017.jpg

ボンスーンレックは青かった☆☆☆
もちろん魚も群れ群れ群れで、とても気持ち良く締めくくることができました(o^^o)
untitled-231050.jpg

untitled-231047.jpg


明日からハレルヤ号はクリスマストリップ♪
今回少し早いプレゼントをもらっちゃいましたが、
きっと本番は次回に違いないでしょーo(^∇^)o


今回も皆様のおかげで、
素晴らしい時間と素敵な出会いをいただけました^^
ありがとうございます。


報告/Hossy、Tsuyoki
写真/お客様から沢山頂きました。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/12/23(土) 16:40:28|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.14ー18 第11回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/28-29℃
風/ほとんど無し
流れ/強い所もあり
透明度/10-20m

一日目
1 Tartle Rock→Water Fall
2 West Of Eden
3 Elephant Head Rock
4 Tartle Rock

クルーズ初回ダイブはシミラン諸島8番のタートルロックからウォーターフォールへのドリフトダイビング。
快晴の中潜降してみると、さすが透明度20mのシミラン。
流れも全くなく、のんびりとチェックダイブ。

2017121813050865a.jpg

いや〜最高の始まりだな〜♪

201712181618142e1.jpg

点在する岩にウミウチワ。
それを取り囲むスカシテンジクダイ。
キンギョハナダイとハナダイギンポも。
とにかく青い海に癒された一本でした。

20171218130526532.jpg

朝食後はお散歩がてらドナルドダックベイへ。

201712181307331cb.jpg

20171218130721286.jpeg

シーファンシティことウエストエデン。
マッコスカーズフラッシャーラスの雄が背びれと尾びれを開けて飛びまくる!
しかも一匹だけではなく無数に。
先シーズンよりもなぜか今シーズンはとても活発!
群れ群れのムレハタタテダイもこんなに。

201712181305409b4.jpg

エレファントヘッドロックも流れなし。
イエロートップヒュージュラーの大群が中層を流れるように泳ぎ去っていく。
テングハギモドキが群れで壁を作る光景はなかなか珍しい。

201712181305400d8.jpg

ハナヒゲウツボの黄色の雌と青色の雄はいつまでも一緒にいてくれないかな。。。

20171218130615ef6.jpg

1メートルの一際太いオニカマス。

2017121813062541a.jpg

サンセット&ナイトダイブはタートルロックで。
タテジマキンチャクダイ幼魚は初期の模様で白い線がクッキリと。

20171218130630db2.jpg

アオウミガメに遭遇したドクウツボが甲羅を甘噛みし、
カメがチラッと睨むと、すぐに去って行ったという、カメとウツボの力関係を垣間見ました。
魚達のお休みモードをそっと観察。

20171218130629034.jpg


二日目
1 North Point
2 Three Trees
3 Koh Bon
4 Koh Tachai Pinnacle


20171218131006ff0.jpg

20171218131006867.jpg

早朝のノースポイントでは水面付近はやや流れを感じるものの、水中は穏やかで、
透明度も20m。
ミヤケテグリのインド洋バージョンのスターリードラゴネットも登場。
深場ではアケボノハゼのインド洋バージョン。

20171218130202811.jpg

マツバギンポやヒナギンポ、シシマイギンポのお家を覗きながら安全停止。

20171218130206056.jpg

スリーツリーでは少し流れもありましたが、
小さなタイマイに遭遇したり、
水底でじっくりオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュと睨めっこ。
イソバナに隠れるクダゴンベ。
癒し系の後に、ブラックフィンバラクーダ登場!
ここで見れるブラックフィンバラクーダは一個体が何故かデカイ。
太陽光を浴びる群れ。
迫力が更に増しましす!

20171218130214336.jpg

コボンは丁度潮止まりで、フワフワと流れる様にセカンドリッジからエントリーし、ウエストリッジへは楽に到達。
透明度は15m程でしょうか。
アンダマンダムゼルやローランドダムゼル,
マレーヤンクロミス。スズメダイの仲間がたくさん。
エイブルズエンジェルフィッシュに擬態したインディアンミミックスサージョンフィッシュ。

20171218130225ae6.jpg

20171218130211ca7.jpg

こちらは滝壺の写真。

2017121813025814a.jpg

大潮前なのでコタチャイの激流を恐れつつも、エントリーしてみれば水中穏やかなのに群れ群れ。
透明度は20m程。
晩御飯の時間帯ともなれば、ロウニンアジやカスミアジ、ツムブリやマテアジの
捕食シーンが終始繰り広げられ、水中は実に賑やか。
大きなイソバナにはスカシテンジクダイが。
7cmはあるハナオトメウミウシ。
立派な3Dウミウチワもこの通り。

20171218130303642.jpg

ここで700本記念を迎えたリピーターゲストのYさん。
先シーズンもハレルヤで600本記念をお祝いさせていただきました。

20171218130308f79.jpg

来シーズンも記念ダイブ準備してお待ちしております!

20171218131407951.jpg


三日目
1 Koh Tachai Pinnacle
2 Richelieu Rock
3 Richelieu Rock
4 Koh Tachai Reef


20171218131019d46.jpg

201712181310220d9.jpg

201712181311500a4.jpg

リチェリューロックの魚影の濃さは健在。
透明度は10m-13m。
やや流れがあり、潮表ではロウニンアジやキツネフエフキがハンティング。

2017121812591781f.jpg

カラフルなソフトコーラルにインディアンライオンフィッシュ。

20171218125924527.jpg

ここのアイドルはトマトアネモネフィッシュ。

20171218125923bb4.jpg

それに、イバラタツも。

20171218125140acf.jpg

殺気立った魚たちのハンティングの姿に圧倒されつつ、

201712181259207f1.jpg

やっぱりこの光景は、ここリチェリューロックでしか味わえません。

20171218125919171.jpg



四日目
1 Koh Bon
2 Boonsung Wreck

コボンでは久々の登場ナポレオン!
リッジの先端のスカシテンジクダイに突っ込むマテアジ。
エントリー前は少し曇りがちでしたが、エキジット後は天気も回復。

陸にほど近い、魚影の濃さがピカイチのボンスーンレック。
透明度も悪くなく10m程。
ワヌケヤッコの幼魚を発見し、
ヒトヅラハリセンボンが威嚇なのか、噛みつき合っている様子をすばらく観察。
キンセンフエダイや、クロホシフエダイの群に巻かれ前が見えなくなる事も。
砂地にはジョーフィッシュが珍しく砂の穴から体全体を出していたり。
何度潜っても不思議な空間です。

今回参加されたゲストの皆さん、ありがとうございました!

20171218125201654.jpg
※クリックすると拡大されます


報告/RYO,NATSUKI
写真/お客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/18(月) 10:48:06|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.07-12.11 第10回シミランクルーズ報告。

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28-29℃
風/ほとんど無し
流れ/強い所もあり
透明度/10-20m



おはようございま〜す^^
20171211190614193.jpg
と、いきなり可愛いタイマイとの出会いから始まった今回のクルーズ。
波はほぼ無く、海況急回復!
青空、温かい朝日、見惚れてしまうほどの夕日・夕焼け、
に恵まれた、にこにこトリップとなりました(o^^o)


ウエストオブエデンでは、
中層でカスミアジやイソマグロがタカサゴ科の魚たちを狙っている中、
水底でマッコスカーズフラッシャーラス狙い、
201712111905363e9.jpg

岩の上でシシマイギンポを狙ってきました。
20171211190611c33.jpg


エレファントヘッドロックでは、
ここでもカスミアジやイソマグロが中層で活発に活動中。
でも、私達は、サンゴの下で群れるヨスジフエダイや、
20171211190535f43.jpg

ハナヒゲウツボ(黄色と青色の子がいました!)
20171211190534f01.jpg

アンダマンジョーフィッシュ
201712111906130dc.jpg
などとじっくりにらめっこ。


ナイトダイビングでは、夜の海を、こんなにもかっこよく切り取って下さいました。
20171211190530a5c.jpg

2017121119053206a.jpg



2日目も可愛いタイマイに会いました♡
20171211190347b92.jpg

スリーツリーズの砂地では、
沢山のオーロラパートナーゴビーが、いつも皆様のお越しをお待ちですよ。
201712111903445f4.jpg

もちろんユカタハタも、
綺麗なソフトコーラルと美しく写真を撮って貰おうと、
いつも私たちを待ってくれています。
20171211190235c62.jpg


いつもは島に上陸し、
坂を登った所にあるバランシングロックからの眺めをご紹介していますが、
船に残ってのんびりハレルヤ号から眺めるのもいいものです^^
201712111903467ce.jpg

と言いつつ、やっぱり上からの眺めも最高です。
20171212034113939.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


コボンのハードコーラル。
20171211190233353.jpg
段々状になっている所は、中々ステキな眺めです。


タチャイピナクルは、今回もやはり流れていました。
しかしその分魚達の動きが激しかった!!

小魚は必死に逃げ惑い、
20171211190229f98.jpg

カスミアジは群れとなって縦横無尽に動き回り、
201712111902314ba.jpg

ブラックフィンバラクーダは、宙で悠々自適。
201712111900568bf.jpg

巨大なとんがり岩を見上げてみると、
ここタチャイピナクルの壮大さが身にしみます。
20171211190057de1.jpg


3日目にやっとたどり着くことができるリチェリューロック。

トマトアネモネフィッシュの幼魚や
20171211190017be0.jpg

イバラタツ
201712111900185d7.jpg

キンセンフエダイの群れ
20171211185853a55.jpg

トラフコウイカ
20171211190016bb5.jpg

キツネフエフキとロウニンアジの捕食部隊
20171211185851b94.jpg

と、ここまでは、いつものリチェリューロックといった感じですが、
いつもとちょっと視点・視線を変えて見てみると、
こんなものも、こんな風にも見えるのです!

20171211185854172.jpg

201712111900202be.jpg

20171211185849060.jpg

2017121119001974e.jpg

20171211185848cd2.jpg

ともかく、何を見ても、どこをどう見ても、
3本でも足りないくらいリチェリューロックは面白い!!!!!
ということなのです。


最終日は再びコボン。
穴からハナダイギンポがお早うさん♪
20171211185717279.jpg

似て非なる者をやっとゲット!
201712111857183d9.jpg


ボンスーンレックでは、
卵を咥えたアンダマンジョーフィッシュに大興奮((o(^∇^)o))
20171211185720f0e.jpg


そして今回は記念ダイブの方がたくさんいらっしゃいました☆
201712112005580a8.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

201712112005595cb.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

20171211200555ecc.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

20171212033053fd1.jpeg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

皆さん合わせてミレニアム!
おめでとうございます!!


そして皆さんありがとうございました!!!
201712111925258c7.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


報告/Hossy
写真/お客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/12/11(月) 17:31:45|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.12.02-12.06 第9回シミランクルーズ報告。

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29℃
風/少し強め
流れ/所により強め
透明度/3-20m


煌々と輝く満月と、
それに明るく照らされた海を愛でながら、
夜も楽しく過ごした今回のトリップ。

曇りがちのお天気で、お日様少なめ。
ビーチ上陸の際は小雨がぱらついたりもしましたが、
楽しむことに全力を尽くします!
untitled-0236.jpg
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

ご乗船頂いた方々はこちら。
untitled-0244.jpg
ありがとうございます!
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

その中には、めでたく記念ダイブを迎えた方もいらっしゃいました☆
untitled-060080.jpg
おめでとうございます!!
(※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。)


では、海はどうだったかと言いますと、
風が吹いていたため、所により波も少し有り。
でも、大きく貫禄たっぷりのHallelujah号は安定の航行。
ダイビングするにも問題ない程度。

ちょうど大潮だったタチャイピナクルとリチェリューロックは、
流れが強かったのですが、相変わらずの魚影!
そして、ポリプも全開☆魚達も活発!
untitled-050011.jpg

untitled-040070.jpg

untitled-040094.jpg

untitled-050002.jpg


でも、リチェリューロックは透明度が悪くて暗くて、
ちょっと見え辛くもありました。
が、しかし!
午前中から、見え方も魚達の動きもナイトダイビングのような雰囲気で、
ある意味特別なダイビングとなりました(笑)
untitled-050028.jpg

untitled-050038.jpg

untitled-050050.jpg


クルーズ前半のシミラン諸島は透明度が良く、
流れも穏やかでゆっくりできたため、
ウミウチワやナンヨウキサンゴなどのサンゴと、
ユカタハタやスカシテンジクダイなどの魚を絡めて撮るのもストレスフリー♪
untitled-030063.jpg

untitled-040001.jpg

untitled-030069.jpg

untitled-030114.jpg

小ちゃな小ちゃなカンザシヤドカリの撮影も余裕です。
untitled-030129.jpg


ただただのんびりしていたわけではありません。
スリーツリーズでは、ブラックフィンバラクーダの群れが現れて、
皆さん一気にエンジン全開!!
untitled-040030.jpg

アカヒメジは相変わらずいい具合に群れてくれて、
今回も変わらず私たちを楽しませてくれました^^
untitled-040036.jpg


こちらはコボンの、淡く優しい色合いのサンゴ☆
untitled-040039.jpg
ポリプ全開の姿には、うっとりしてしまいます♡

そして、そこで、今回一の大物登場!
20170211-P2110553_20171206191943aab.jpg
ナポレオンフィッシュですけど(笑)


リチェリューロックがニゴニゴだったので、
透明度がとても心配だったボンスーンレック。
今日は青かった(*^0^*)
untitled-060131.jpg

untitled-060148.jpg
“青い海&とてもとても多くの魚達”
で、14本のダイビングを締めくくり、
その上最後には、やっとやっと青空と熱い日の光も登場!
良い雰囲気で帰港することが出来ました。


Hallelujah号はまた明日新しいお客様をお迎えして出港します。
皆さん、5日後の報告を楽しみにお待ち下さい^^



報告/Hossy、Tsuyoki
写真/本日のお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/12/06(水) 17:37:29|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.11.27-12.01第8回シミランクルーズ!

ロケーション/カオラック
天候/曇り時々雨
水温/29℃
風/強い
流れ/少し
透明度/8-15m

行ってまいりました、第8回シミランクールズ!
今回は天候が懸念されたため、
通常北上するところを南下ルートに変更し無事にリチェリューロックも潜ることができました!

1日目
Turtle Bay(スリン諸島)
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock

朝一のチェックダイブで珍しくスリン諸島まで足を運んできました!

untitled-280247-2.jpg
アカククリの幼魚

untitled-280299.jpg

サンゴの隙間にはヒレナガスズメダイの幼魚も!

untitled-280309.jpg
元気なサンゴの上にはスズメダイもたくさん!

untitled-280291.jpg
流れもほとんどなく気持ちの良いチェックダイブでした!

2ー4本目はRichelieu Rockへ!

相変わらず、今シーズン初めから良い状態をキープしてくれてます!

untitled-280788.jpg
まずはイバラタツにご挨拶!

untitled-280460.jpg
爆発的に数が多いスカシテンジクダイ。

untitled-280389.jpg
キツネフエフキ、ロウニンアジなどの連合ハンティング集団も。

untitled-280851_20171201004605013.jpg
サンセットではタカサゴの群れも綺麗に撮っていただきました!

untitled-280497.jpg
トラフコウイカも浅瀬で確認できました!

2日目
Koh Tachai
Koh Tachai
Koh Bon
Turtle Rock

Koh Tachai
流れもほとんどなく快適にダイビング。

untitled-290629.jpg
朝一は各種アジのハンティングシーンが大迫力!
その中でもロウニンアジが一際目立っていました!

調子が良かったので2本目もKoh Tachaiでエントリー!

untitled-290611.jpg
相変わらずの魚影!
イエローバックフュージュラーが川のように泳いでいました!

untitled-290648.jpg
Koh Bonでは綺麗なところにマツバギンポも!

残念ながら大きいひらひらしたものは見れませんでしたが、のんびりゆったりと楽しめました!

4本目はシミラン諸島8番の島、Turtle Rockでナイトダイビング!

untitled-290779.jpg
大きいウツボが獲物を探し回っていました!大迫力!

3日目
North Point
Three trees
Elephant Head Rock
Honeymoon Bay

朝一のNorth Point、波が少しある中のエントリー!

untitled-300820.jpg
タツノイトコを昨シーズンとは違う場所で発見!わかりやすいとこに!

untitled-300951.jpg
スターリードラゴネットも可愛くちょこちょこと泳いでました!

untitled-300980.jpg
安全停止前にはモンツキカエルウオも!臆病なのかすぐひっこむ!

Three Trees
9番の島の東側の癒しポイント!

untitled-301035.jpg
砂地にはこんなに近寄れるジョーフィッシュ!

少し流れはありましたが、綺麗な風景に癒されました!

Elephant Head Rock
7番と8番の間にあるポイント。

untitled-301040.jpg
岩と岩の通り道にはコショウダイの幼魚!ひらひらとせわしなく泳いでる姿は可愛らしいです!

untitled-301046.jpg
ハナヒゲウツボも近くに2匹!手前の子はメスになろうとしているのかな?
青が薄かったです!

3日目最後はHoneymoon Bay!
ボートの上にはハネムーンカップルも2組!笑
たまたまです!

綺麗な砂地!流れなし!最後のダイビングにはうってつけ!
のんびりと楽しめました!

4日目
Koh Bon
Boonsung Wreck

最終日のKoh Bon!

水面は多少ばちゃついていましたが、流れはほとんどなくリラックスダイビング!

untitled-290674.jpg
リッジには海のバラ!ことウミウシの卵がひらひらと!美しいですね。

untitled-011023.jpg
アデヤカミノウミウシも仲良く2匹で。

そしてクルーズラストは沈船ポイントのBoonsung Wreck!
物好きには人気のポイント!

untitled-011067.jpg
ウミウシはガンガゼも恐れず、突き進むんですね。笑

untitled-011128.jpg
ネズミフグは自分の体くらいあるコバンザメをヒゲのように。笑

こういう面白い一面も楽しめるポイント!
1本では足りませんね!

惜しみながら最終ダイブを終えました!

untitled-0227-2.jpg
<クリックで拡大されます>
最後は恒例の集合写真!

世界各国からご参加してくれたゲストの皆様ありがとうございました!
Thank you very much!
See you again!

報告/TSUYOKI, NATSUKI
写真/お客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!






テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/30(木) 22:40:41|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.11.21-25 シーズン初頭のアンダマン海を激写!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/28-29℃
風/ほぼなし
流れ/程よく
透明度/10-25m

ハレルヤ号クルーズの報告です。
今回はフォト派のゲストが多く、素敵な写真をたくさん撮っていただけましたよ〜

1日目

・ハイダウェイ

まずはチェックダイブ。
このポイントはスカシテンジクダイが大発生中です。
24085280_1153098244825227_993366891_o.jpg


・ウェストオブエデン

マクロからワイドまで楽しいポイント。
今シーズン好調のマッコスカーズフラッシャーラス。
3H3A0119.jpg

トウモンウミコチョウが4匹いました。
交接中の2匹もいました。
2T6A2069.jpg

ヤマブキスズメダイの幼魚がいい場所にいましたよ〜
2T6A2050.jpg

ワイド目線で切り撮っても素敵なシーンが盛りだくさん!
インディアンライオンフィッシュが良い仕事してくれますね。
23998317_1153097864825265_970320119_o.jpg


・エレファントヘッドロック

ハナヒゲウツボ。
3H3A0358.jpg

シミランらしいダイナミックな岩の地形。
ライトを使ったり、消したり、いろんな手法でじっくり撮っていただきました。
どちらも素敵ですね。

2T6A2140.jpg

2T6A2157.jpg

・タートルロック

サンセットの時間ならではの生態シーンをいろいろ観察しましたよ。
夜行性のスカシテンジクダイが岩陰から出てきて、夜空に煌めく満天の星空のよう。
23998608_1153097598158625_862557572_o.jpg

ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの産卵シーン。
卵がバッチリ写ってますね!
2T6A2188.jpg

ヒメゴンベがいちゃついていると思ったら・・・
2T6A2199.jpg

寄り添いあって求愛し、この後産卵しました。
3H3A0513.jpg

2日目
・ノースポイント

ウミウチワの谷の迫力ある景観!
2T6A2303.jpg

・ドナルドダックベイのビーチ上陸

シーズン初頭でまだ人の少ないビーチに上陸。
バランシングロックのビュウポイントで絶景を堪能しました。
24116295_1686533324750046_837244759_o.jpg

24167431_1686532624750116_1342183813_o.jpg

24115248_1686533501416695_7948464_o.jpg

24139901_1686533471416698_7515798_o.jpg

・スリーツリーズ

潜降するとすぐにバラクーダの群れに遭遇。
7V3A6604.jpg

シミランらしい風景。
スカシテンジクダイの群がりとユカタハタ。
23998271_1153097351491983_1920602332_o.jpg

2T6A2492.jpg

マクロネタではクダゴンベも撮ってもらいました。
3H3A0642.jpg

・コボン

最難関のお題、スポットフィンアンティアスの婚姻色・ヒレ全開!
手強いからこそ仕留めた時の達成感が半端ないのです。笑
3H3A0714.jpg

最近、人気のサンゴから出てくるセダカギンポちゃん。
全身撮れます。
3H3A0729.jpg

・タチャイピナクル

3Dウミウチワ。
見上げるか、見下ろすか、どちらも絵になる。
7V3A6715.jpg

3日目
・タチャイピナクル
2T6A2897.jpg

龍宮城の上に黒い影が・・・
7V3A6812.jpg

出ました〜、マンタ!
7V3A6765_201711261444342d7.jpg

でも・・・、ちっちゃいな〜
体幅2mくらい?

と、思ったら、なんと、このエリアではまず見ることのない、ナンヨウマンタだったのです!

タイのカオラックから潜るポイントではほぼ100%のマンタがオニイトマキエイなのですが、お腹の黒斑の入り方が、いつも見ているオニイトマキエイとは全然違います。
サイズは小さいと言えども、かなりレアなケースなのです。

ビッグブルーの欧米人チームのブログで詳しくまとめていますので興味のある方はご覧ください。
英語ですが・・・
http://www.bigbluedivingkhaolak.com/reef-manta-ray-in-thailand/

・リチェユーロック
・リチェユーロック
・リチェユーロック

いよいよ佳境に。
タイ、No1ポイントのリチェリューロックへ。
圧巻の魚影の濃さ!
24008135_1153097144825337_1257550557_o.jpg

24008151_1153096931492025_318262271_o.jpg

2T6A3157.jpg

24093883_1153082004826851_1154410860_o.jpg

4日目
・コボン

またまたマンタが出たー!
と思ったら、巨大なマダラトビエイでした。

・ボンスーンレック

透明度が良くてワイド目線で楽しめました。
何度も来ていただいているリピーターゲストも、今回が一番良かったとおっしゃってました。

マクロも面白いこのポイント。
アカヤギに付くガラスハゼは人気者です。
24167119_10212368320822197_705109175_o.jpg

24115317_10212368320582191_804013391_o.jpg

24116545_10212368320662193_1326249377_o.jpg

今回も楽しいメンバーと良いダイビングを楽しんできました。
素敵な写真を有難うございました!

24115417_10159735003810094_1010816812_o.jpg
※クリックすると大きな画像になります

報告/TAKESHI
写真/今回のお客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/11/25(土) 23:33:34|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.11.15-19 シーズン初頭のアンダマン海を激写!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/28-29℃
風/ほぼなし
流れ/程よく
透明度/10-25m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

とっても良いお天気で海も穏やかなコンディションのなか、ハレルヤ号クルーズに行って来ました。
今回はフォト派のゲストも多く、素敵な写真をたくさん撮っていただきましたよ〜

1日目
まずはシミラン諸島からスタート。
・ウェストオブエデン
・ボルダーシティー
・エレファントヘッドロック
・タートルロック

クジャクベラの外人さん、マッコスカーズフラッシャーラス。
バッチリ、ヒレ全開!
OsawaMacro5.jpg

擬態する魚、インディアンミミックサージョンフィッシュ(左)
擬態される魚、エイブルズエンゼルフィッシュ(右)
_U4A3679.jpg

シーズン初頭の風物詩、スカシテンジクダイがキラキラ・・・
_U4A3872.jpg

可愛いシシマイギンポ♪
OsawaMacro3.jpg

ダイビングの合間にはビーチにも!1日目は4番の島に上陸!
綺麗な海、綺麗なビーチ!最高です!
untitled-0134.jpg
<クリックで拡大されます>

ボルダーシティーのウミウチワ!
_U4A3826.jpg

__772443.jpg

エレファントヘッドロックの穴の中。
__772559.jpg


サンセットダイブでは生態観察も。
エイブルズエンゼルフィッシュの求愛〜産卵をバッチリ撮ってもらいました!
OsawaMacro1.jpg

ハート♡
OsawMacro2.jpg

2日目
相変わらずいいお天気です。
シミランを後にして徐々に北上していきます。
・ノースポイント
・スリーツリーズ
・コボン
・タイチャイピナクル

ノースポイントの離れ根。
__772485.jpg

本日もビーチに!今日は8番の島!
上まで登れば絶景です!
untitled-0179.jpg
untitled-0163.jpg
<クリックで拡大されます>

スリーツリーズといえばソフトコーラルとスカテンとユカタハタ。
これを撮りに来た〜というゲスト様。
__772840_201711191615156bb.jpg

ホカケハナダイの外人さん、スポットフィンアンティアスのヒレ全開を激写!
超難関のお題も見事に仕留めて下さいました。
左からスポットフィンアンティアスの♂、マッコスカーズフラッシャーラス、スポットフィンの♀。
スゴイね!
OsawaMacro6.jpg

タチャイはいろんな色に溢れています。
_U4A4328.jpg

3日目
クルーズもいよいよ佳境に入ります。
・タチャイピナクル
・リチェリューロック
・リチェリューロック
・リチェリューロック

朝一のタチャイ、朝日の後光が射す3Dウミウチワ。
__773126_20171119161512f8d.jpg

絶好調のリチェリューロック。
インディアンライオンフィッシュとスカテンきらきら。
シーズン初頭ですね〜
__773435.jpg

岩の上の海藻地帯、砕ける波。
海の中なのに山にかかる雲みたい。
_U4A4634.jpg

リチェリューでもユカタハタ&スカテン!
__773322.jpg

トマトアネモネフィッシュの群生地帯。
OsawaWide2.jpg

可愛い幼魚、プチトマト。
_U4A4679.jpg


4日目
最後までいいお天気が続きました。
・コボン
・ボンスーンレック

コボンでは、スポットフィンアンティアスに再び会いに行ったり、
2日目には出かけていていなかったセダカギンポに会いに行ったり♡

ボンスーンレックは、水面近くは濁っていましたが、
下に行くと、グッチャリいる魚たちが難なく見える透明度☆

23755908_1066937870076587_442101070_n.jpg

23721970_1066937873409920_613420029_n.jpg

23755942_1066937876743253_1584584718_n.jpg

23848023_1712622538810086_92988027_o.jpg

群れ群れワイド派と、砂地はいつくばりマクロ派で、
思う存分自分時間を過ごして終了です♪


素晴らしい海と人に恵まれ、素敵な写真をたくさん撮っていただきました。
では、打ち上げも盛り上がりましょう!

untitled-0206.jpg
<クリックで拡大されます>

ご参加されたゲストの方々ありがとうございました!


ハレルヤ号は1日お休みして、明後日からまた出港です。

報告/TAKESHI, HOSSY, YURIKA, TSUYOKI
写真/今回のお客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/11/19(日) 14:25:04|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.11.09-13 第5回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ 一瞬雨
水温/28-29℃
風/ほぼなし
流れ/弱と中
透明度/15-25m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!



ハレルヤクルーズに行って来ました!
出航までは雨が降っていましたが、
アンダマン海へ出て行くと、そこは晴れ☀️
一瞬だけ夜に雨が降りましたが、
お休みの時間だったので関係なし👌
波もなく、ほとんどの場所で流れも穏やか。
快適トリップでした♪


1日目と2日目の午前中はシミラン諸島でダイビング。
ブリーフィングを始めると、皆さん身を乗り出してお話を聞いてくださり、
皆さんの気分もどんどん上がっているようでした。
20171113180238354.jpg

20171113180241af5.jpg


シミラン諸島、どこへ行っても青くて穏やか。

シミランの基本?!
「イソバナやウミウチワ」+「ユカタハタやスカシテンジクダイ」
を、ゆっくりご覧いただけました。
2017111318024000e.jpg

20171113180258e9c.jpg

20171113180259275.jpg


たくさんいるスカシテンジクダイの奥には、
時にはキンメモドキがひそんでいることもあります。
20171113180247170.jpg


キラキラたくさんいる彼らに目を奪われがちになりますが、
かわいいスカンクアネモネフィッシュも、
イソギンチャクから離れて必死にアピールしてきます❤️
20171113180250133.jpg


シャークフィンリーフでは、
カスミアジが活発にハンティングをしてくれたお陰で、
凄い数のクマササハナムロが舞い降りて来てくれました。
20171113180254e63.jpg


見れそうでなかなか見れない
アンダマンスイートリップスとムスジコショウダイの
コショウダイ繋がりペアも発見。
20171113180253913.jpg


タートルロックでのナイトダイビングで出会った子達。
20171113180249b77.jpg
暗闇を舞うヤッコエイ。
彼に気づくと、皆さん嬉しそうに追っていらっしゃいました^^

夜になって魚たちの動きもゆっくりになるので、
日中はじっとしていない
フタイロカエルウオとルボックスブレニーの2ショット、
なんていうのも撮れてしまいます。
20171113180251274.jpg


こんな1日目の中で、個人的に大興奮したのは、
ハナヒゲウツボを、青と黄色の2色ゲットしたことでした✌️
@エレファントヘッドロック
20171113180245dcb.jpg



2日目はクリスマスポイントから始まりました。
朝といえば、魚たちも朝食の時間。
カスミアジとコバンヒメジとマルクチヒメジトキツネフエフキとの
混合大集団が、小魚を狙って動き回る場面に何度も会いました♪♪
20171113180249464.jpg


スリーツリーズでは、
白い砂地でオーロラパートナーゴビーやチンアナゴを見たり、
スカシテンジクダイで覆われた美しい根で遊んだり、
アカヒメジとヨスジフエダイの群れを眺めたり、
20171113180301622.jpg

とまったり過ごしていたのですが、
あるチームが、マダラトビエイに遭遇したそうです!
うらやまし〜〜〜🤣

と思っていましたが、何年振りの登場でしょう?
クダゴンベに会えたので大丈夫です!!!
20171113180259241.jpg


シミラン諸島の過ごし方は、ダイビングだけではありません。
ダイビングの合間に、ビーチでほのぼのとするのもお勧めです😚
2017111318024193c.jpg


シミラン諸島で6本潜った後は、コボンとコタチャイへ。

こちらはコボン名物、
ハマサンゴや岩に鈴なりに生えているソフトコーラルと、
スカシテンジクダイ&ユカタハタ。
いつ見てもこの組み合わせは美しい😍と思います。
20171113180302e1d.jpg


タチャイピナクルは少しの流れがあり、
冷たい濁りの大きな塊=グリーンモンスターもやって来ました。
でも大丈夫です!
そのおかげで、イエローバックフュージュラーが、
大きな大きな塊となって私たちを通過して行ってくれました。

目線を下げると、そこには
相変わらず美しすぎるソフトコーラルの森と、
不思議な3Dウミウチワ。
20171113180345d25.jpg

201711131803036f9.jpg


ブラックフィンバラクーダの群れにも会えて満足満足。
20171113180304ea0.jpg

2017111318033281e.jpg


3日目は、リチェリューロックの日!
トラフコウイカの日、でした。
201711131803427ca.jpg
何度も、何組も会いました。
ペアになろうとしているところ、
産卵しているところ、
三角関係になっているところ、
と、いろんな場面を楽しみました😁

イバラタツは良いところに居てくれて、
20171113180340599.jpg

小さめの可愛いツバメウオも居て、
20171113180341199.jpg

トマトアネモネフィッシュの赤ちゃんも居て、
と、日中一通り楽しんだ後の、日が傾き始めた4本目。
生きる為に必死に行動する魚たちに、目も心も奪われっぱなしでした!!!!
20171113180343a14.jpg

20171113180344cac.jpg

201711131803429db.jpg


ここで500本を迎えたお客様が!
201711132140360e9.jpg
おめでとうございます!!!


最終ダイブはボンスーンレック。
透明度が良くないことが普通のポイント。
今回は15mは余裕で見えるき綺麗さ✨
ぐちゃぐちゃに群れている魚も、船の一部もしっかり楽しめました。
20171113220042959.jpg

透明度の綺麗さに負けず劣らず、
このフタホシタカノハハゼも綺麗⭐︎
20171113220037bbc.jpg

小ちゃなガラスハゼも、艶やかな住まいを見つけて綺麗さアピール💕
20171113220041b3c.jpg


全て潜り終えた後、「タイまで来た甲斐があった😄」
というお言葉をいただきました。
20171113214504cc0.jpg
(*クリックすると大きく表示されます。)

こちらこそ、お越しいただきありがとうございました。



報告/Hossy
写真/今回のお客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/11/13(月) 16:08:00|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.11.03 - 11.07 第4回ハレルヤ号クルーズ報告

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/北東からの風
流れ/所によりあり
透明度/15-25m

遂に始まりましたっ!カオラックシーズン今年も開幕!!
日本人チーム第1回目のクルーズ報告です!!

と、生憎ですが、天気予報では荒れ模様。
どうなることやら、、、とハラハラしながらの出航となりました。

目覚めたのはシミラン諸島のど真ん中。
船は止まっているのに、まるで走行中かのような風の強さ!
波が高くないのが救いですが、風を避けて1本目はHIDEAWAYにてチェックダイブ!
シミラン諸島5番と6番の島にまたがるひろーいダイブサイトで、リーフと真っ白な砂地からなっておりのんびりと遊べます。

1-1.jpg

1-2.jpg

時折見られるシミラン名物の”タカサゴリバー”。
まるで川の流れのようにタカサゴが通り過ぎてくれるのですが、今日はクマザサハナムロとイエローバックフュージュラーのシミランらしい光景で出迎えてくれました。

2本目は久しぶりの登場?!CHINESE WALLです。
西と東で大きく様子の違うシミラン諸島を両方楽しめてしまうのがここの魅力!
真っ白な砂地を気持ち良くドリフトしながら出会えたムレハタタテダイやヤッコエイやオニカマス。
そして最後はダイナミックな岩に張り付いてギンポパレード!

PB042942.jpg

鼻毛もじゃもじゃのシシマイギンポを始め、マツバギンポ、ヒナギンポや、婚姻色バリバリのアンダマンヘビギンポ!
ウミウシ達にも出会えました♪

3本目は7番の島まで北上してWEST OF EDEN
相変わらず壮大なウミウチワを堪能し、マッコスカーズフラッシャーラスやイッテンチョウチョウウオウオのインド洋版と言われるアンダマンティアドロップバタフライフィッシュなど。

3-2.jpg

アンアダマンコショウダイも!

3-1.jpg

サンゴの隙間を除くとダルマハゼと目があったり、、、♡

ごっついトラフシャコも!!

3-3.jpg

よちよちとエイブルズエンジェルフィッシュの後を追いかけるインディアンミミックサージョンフィッシュを追いかけたり、お魚達と追いかけっこして遊んできましたよ!

1日目最終ダイブはTURTLE ROCKにてサンセット〜ナイト!
まずはブラウンピグミーエンゼルフィッシュのナズリングを観察。
定番になりつつあるセボシウミタケハゼにもご挨拶♪

4-1.jpg

暗くなってからは、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、通称ブラピの夜間色をじっくり堪能してみたり、ワモンダコとにらめっこをしたり、ぽてっと落っこちている、なんとも愛らしいコクテンフグを愛でたりと、のんびりと癒しダイビングをしてまいりました。

2日目は相変わらずシミランからのスタートです。
本日の2本でシミランを後にするので、余すところなくシミランを楽しみます。
風はおさまったものの、波が出てきているのもあって昨日に引き続き安全第一でのダイブサイト選びです。
1本目はWHALE BACK ROCK
ダイナミックな岩からストンと潜降すると砂地にオーロラパートナーゴビー。鮮やかな尻尾までよく見えるように、穴から出てきてくれました♪

5-1.jpg

ヤッコエイの集会所をみつけたり、モンハナシャコとにらめっこしたり

5-2.jpg

浅瀬では無数のキンセンフエダイとヨスジフエダイが潮にあたっており、あたりは一面黄色に!!
コラーレバタフライフィッシュやブラックピラミッドバタフライフィッシュを横目に、コホシカニダマシやイソギンチャクモエビを観察してきました。

5-3.jpg

シミラン最終ダイブではEAGLE ROCKへ。
こちらでは素敵すぎる出会い⭐︎

6-3.jpg

スカシテンジクダイがキラキラと煌めく奥から颯爽と通り過ぎるホワイトチップシャークに出会えちゃいました!!
他にも、スカンクアネモネフィッシュを観察したり、

6-1.jpg

ミニーマウスのようにくるんっとあがったまつげが特徴的なファントムバナーフィッシュを激写できたり、笑顔模様の素敵なルボックスブレニーにつられてこちらまで笑顔になったりしながらシミランを楽しみました。

6-2.jpg


その後ハレルヤ号は北上し、目指すのはボン島!
こちらも、風、そして波を考慮した上で2本こちらで潜ります。
ボン島での最近の一押しといえばマクロたち!
今個人的にホットなのがセダカギンポ。

7-4.jpg

サージのきつい場所ですが、毎度毎度挨拶しに行きたくなっちゃうヒョウ柄模様。
きょとん、とこちらをみつめる姿がなんともいえませんっっ!!

モルジブズスポンジスネイルも

7-2.jpg

イヤースポットブレニーも♪

7-3.jpg

中層を行き交うカスミアジたちも大接近してきてくれました。

7-1.jpg

サンセットのボン島はこクテンフグがいっぱい!
うとうとしている無垢な愛らしさ。包み込んであげたくなっちゃう〜!!と、お客様と意気投合。
透明度の良いアンダマン海らしく、青白くメタリックに光り輝くアンダマンダムゼルに癒されたり、

8-2.jpg

ウミウシ探しに没頭したりと、あっという間に時間は過ぎていきます。

夜のうちにタチャイ島まで移動し、迎えた3日目。
本日は波が収まっていることを願いながら、KOH TACHAI PINNACLEへエントリーです。
大潮、そして潮汐表をみる限りでは流れが強そう、、と懸念していましたが入ってみると程よい潮加減!
潮表は朝食ハント中のカスミアジ、ニジョウサバ、ツムブリ、マテアジ。狙うはバナナフュージュラーです。朝食ショーの奥の方に、久しぶりに出会う物影が、、、!

PB062977.jpg

今トリップ初バラクーダですっ!わーい!!
きれいなきれいなウミウチワたちや、

9-1.jpg

岩の隙間に隠れるごっついゴシキエビにも出会えました。

9-2.jpg

波も落ち着いてきたということで、行ってきましたリチェリューロック!
やはり圧巻、これぞ世界に誇るダイブサイトです!!
ロウニンアジの若魚はうようよと。

10-2.jpg

小型のタカサゴたちを攻め込みます。
合間合間に覗く壁の隙間には愛くるしいマクロたち。

ピンポン玉よりちいちゃいミナミハコフグのちびまる。

PB063125.jpg

イバラタツのトゲトゲを立体感あふれる撮り方で。

10-1.jpg

トマト畑ではプチトマト。

PB063055.jpg

オキナワベニハゼ。

PB063018.jpg

すごい角度のアンダマンウバウオ。

PB063069.jpg

キンセンフエダイはごっちゃりしていて、

PB063103.jpg


3本潜ることができたので、バラクーダにも♪

11-1.jpg

大玉になっているマブタシマアジも圧巻でした。

11-2.jpg


残すところ2本となった最終日はボン島からの始まりです。
サンゴのきれいな場所でスズメダイまみれになりながら鮮やかなムカデミノウミウシを探したり。

13-1.jpg

ワモンダコにも出会ったり。

13-2.jpg

時折スカシテンジクダイにアタックするインドカイワリや、ホシカイワリなどが中層を盛り上げてくれました!!

最終ダイブは、ワクワクが止まらないボンスーンレック!
沈潜なりの透明度ではありますが、もう、楽しくて楽しくてっ!!
砂地におっこちていたワカヨウジ。

PB073133.jpg

物怖じしないので大接近できるアンダマンジョーフィッシュ

PB073150.jpg

ふと視線を上げるとおびただしい量のお魚!

PB073143.jpg

キンセンフエダイとクロホシフエダイです!

最高の魚影で締めくくった今トリップ。

最後には全員で記念撮影⭐︎

23435436_667458270127129_1660602100_n.jpg

※クリックで拡大されます

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!!


報告/YURIKA
写真/お客様にたっくさんいただきました!!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/11/07(火) 18:21:25|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017. 10. 28 - 11. 01 第3回ハレルヤ号トリップ報告

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/なし
流れ/全体的に弱め
透明度/15-30m

今回の海ブログは、新人スタッフのナナが担当します。
タオ島の海でしか潜ったことのない私。初めて他の海を体験してきました。
クルーズ船【ハレルヤ号】に乗船。 思ってる以上に大きくて、綺麗でびっくり。 この時点でテンションは高まる一方です。
hallelujah-s.jpg

3階建てのハレルヤ号を一通り見て回りました。 1階はゲストルームに器材スペース。2階はリラックススペース。3階は屋上になっていて見渡し最高です。 私のお気に入りは、2階の1番前のテラス。 風通しよし、見渡しよし、日光浴よし。 寝転べるスペースがあり、水面休息はいつもそこで寝て黄昏ていました。笑

そしていざ、初のカオラックの海へ。クルーズ船は合計14本潜る事が出来ます。
記念すべき一本目。
6A3A1969-2.jpg

まず驚いたのは、透明度。
スコーーンっと水中が綺麗に見えます。それだけで十分楽しめる!
そして、ダイナミックな岩!ダイナミックなウミウチワ!ダイナミックな魚達!
タオにいる同じ魚でもこっちにいる魚はひとまわり大きかったりします。
体色も鮮やかな魚が多く、目に入る魚は見たことないものばかり!本当に全てが驚きの連続です。
そして、やはりカレント。 うねりで左右にユラユラと流されまくります。まるで洗濯機の中に入った様な感じ。
泳ぎにくい…と思ってる暇もなく、カラフルな魚達が視界を遮ってきます。もう忙しい忙しい…。
あっという間に一本目が終わってしまいしました。

水面休息タイム。美味しい朝ごはんを食べ、空いてる時間に島が沢山あるので島上陸ができちゃいます。島にはディンギーというゴムボートで簡単にいけちゃいます。 ビーチは綺麗な白い砂、しかも柔らかい…。
6A3A2120.jpg

水は透き通って、the 島。を味わうことが出来ます。 岩の上の方まで登れて、頂上から見る景色は最高です。
6A3A2134-2.jpg
6A3A2132-2.jpg
6A3A2147-2.jpg
6A3A2151-2.jpg

2本目、3本目と潜り船に上がってくるたび、何かしらの食べ物を作ってくれているので、それを食べて… しかも全部美味しい…太る…。

1日4本潜り、潜り終わったあとはみんなで晩酒。1日の感想を言い合ったりフォトコンテストをしたり、欧米人も居てるので片言の英語で会話をしたり。ワイワイガヤガヤと四日間あっという間に終わってしまいました。

憧れだったクルーズ船。海、魚、快適さ、全てが予想以上で、本当にリッチな4日間でした!

もちろん水中の生物も賑やかに出迎えてくれましたよ♪
前回のトリップ報告でTAKESHIが一通りのエースメンバーたちを紹介してくれましたが、まだまだたくさんっ⭐︎

クジャクベラの外人、マッコスカーズフラッシャーラスがヒレ全開のディスプレイ!
6A3A1905-2.jpg

ソフトコーラルとタイマイ!
PA302653-2.jpg

ウミウチワの谷!
6A3A2079.jpg

同じイソバナもライトの有無でこんなに雰囲気の違う写真に!
6A3A2011-2.jpg
6A3A1998.jpg

トウモンウミコチョウ、モエリが初のスヌート撮影に挑戦。
PA306887.jpg

イヤースポットブレニー。
PA290077-2.jpg

リチェリューロックでは3本ともマクロ攻めでねちねちと楽しんだりできちゃいますよ!
アイドル、イバラタツを始め、
PA312773.jpg

ミナミハコフグのまん丸なちびっ子。
PA310296.jpg

天使のようにふんわりと可愛らしいトマトアネモネフィッシュの幼魚
PA312813.jpg

迫力満点!なトラフコウイカ。
PA312818.jpg

にゅるんとしていて、つるすべぷにぷに感の伝わってくるアンダマン固有種のウバウオ。
PA312839.jpg

黄色が目をひくトラフケボリ。
PA312853.jpg

合間合間に現れるマテアジの集団や、キツネフエフキとカスミアジの集団なんかも大迫力でした!!
どこを見るにしても、やはりシーズン頭、キラキラときらめくスカシテンジクダイたちは、シーズン始めのカオラックの海を彩る大切な役者たち。ああ、カオラックに戻って来たなあ、と心の底から癒される光景でした。

さてさて、明後日3日からカオラックシーズン本格的に始動いたします!!
この冬も透明度抜群のカオラックでお待ちしておりまーす(^ ^)

報告/YURIKA, NANA, MOERI、TAKESHI
写真/カオラックの海を彩るマクロたち!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/11/01(水) 23:38:37|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017-10-22-26 カオラックのシーズンが始まりました!

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/なし
流れ/全体的に弱め
透明度/15-30m

今シーズンのカオラックのシーズンが始まりました!

さっそくハレルヤ号クルーズに乗って、半年ぶりの海の調査ダイブに行って来ましたので報告します。

お天気は晴れ、海は穏やか、透明度も抜群に良く、最高のダイビングコンディションでした。

あまりにも見所が多く、たくさんの写真を撮ったので、文章は少なめでいきます。

初日の一本目から、いきなり超レアもの、コイタン!!
しかも2匹も!!!
2017HL01-2.jpg

上の個体と模様が違うでしょ?
2017HL01-1.jpg

アケボノハゼのこっちバージョン、エクスクイジタダートフィッシュもいっぱいいましたよ
2017HL01-3.jpg

擬態される魚 & 擬態する魚
エイブルズエンゼルフィッシュ(左)
インディアンミミックサージョンフィッシュ(右)
2017HL01-4.jpg

わずか5mmほどのトウモンウミコチョウ
2017HL01-5.jpg

シシマイギンポにも挨拶して来ました
2017HL01-6.jpg

マッコスカーズフラッシャーラスも開きまくっていました。
2017HL01-7.jpg

食べちゃうぞー!
2017HL01-8.jpg

婚姻色の青い蝶ネクタイをして求愛ダンス!
2017HL01-9.jpg

サンセットダイブではいろいろな求愛、産卵シーンが見られました
スカシテンジクダイが煌めく中、デート中の?エイブルズエンゼルフィッシュのペア
この後産卵しました
2017HL01-13.jpg

ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの産卵行動(ナズリング)
メスの下腹部を刺激して産卵を促しています
2017HL01-10.jpg

ヒメゴンベも寄り添いあって求愛行動中
この後産卵しました
2017HL01-11.jpg

大きなシャコガイの外套膜にはセボシウミタケハゼが隠れていました
2017HL01-12.jpg

透明度抜群!
2017HL01-14.jpg

大好きな場所、海ウチワの谷へ行って来ました♪
2017HL01-15.jpg

これぞTHEシミラン!
ソフトコーラルが元気ですよ〜
2017HL01-16.jpg

シーズン初頭の風物詩、スカシテンジクダイが大発生!
ユカタハタが良い仕事してくれます
2017HL01-17.jpg

3Dウミウチワ
2017HL01-18.jpg

サンセットダイブでバラクーダの群れに遭遇!
2017HL01-20.jpg

まるで竜宮城、絵にも描けない美しさ・・・
2017HL01-24.jpg

リチェリューロックの頂上、まるで高原の青空に魚が飛んでいるよう
2017HL01-25.jpg

べた凪なので海中から空に浮かぶ雲がくっきりと見えました
2017HL01-26.jpg

スカテンに巻かれるインディアンライオンフィッシュ
2017HL01-27.jpg

イバラタツ、今年も健在でしたよ〜
2017HL01-28.jpg

トマトアネモネフィッシュの幼魚が大量発生中!
2017HL01-29.jpg

トリンチェシア・シボガイという綺麗なウミウシ
2017HL01-30.jpg

アカオビハナダイ
2017HL01-31.jpg

ミナベトサカのポリプの花畑の中にいろんなベニハゼがいましたよ♪
2017HL01-32.jpg

イザヨイベンケイハゼ、今年もいました!
2017HL01-33.jpg

そして!
今年はホカケハナダイの外人さん、スポットフィンアンティアスが大発生していました〜!!
これが一番嬉しかったかも・・・
2017HL01-35.jpg

とにかく初っ端のトリップからいきなり最高のコンディション!
濃厚な4日間14ダイブでした。

さあ、下見も出来ました。
準備万全の体制で皆さんのお越しをお待ちしております!

報告/TAKESHI
写真/TAKESHI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/10/26(木) 18:55:49|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.4.19-23 今シーズン最後のハレルヤ号クルーズ報告!

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/なし
流れ/全体的に弱め
透明度/7-18m

今シーズン日本人最後のトリップの時がきてしまいました。
半年間楽しませてもらったアンダマン海への挨拶回りをしてきましたよ^^

まずは、今回のハレルヤ号トリップ乗船の前に、リクエストにお応えしてマニアックなダイビングをしました。

まずはムツゴロウの王国、『キングダム』
ポイント名の命名はカメラマンの古見きゅうさんです。
畑さんのムツゴロウ王国から来ている名前です・・・(^_^;;

ムツゴロウの外人種です。
喧嘩してます。
IMG_0560.jpg

トントンミー(トビハゼ)の外人種です。
こちらもにらみ合い中。
2G9A1727.jpg

そしてお次は『ドロリンチョ』というドロドロのポイント。
地味な砂泥底に魅力溢れる生物がいっぱい!

美少年という意味のアドニスシュリンプゴビーです。
第一背ビレが長いのがカッコイイですね。
2G9A1850.jpg

イエローウォッチマン!
2G9A1807.jpg

というわけで、青い海へ出掛ける前にマニアックな生物をたっぷり堪能してもらいました。


さて、夕方にハレルヤ号に乗船し、お酒を飲みながら楽しいお喋りしつつ世が更けていきます。
翌朝目覚めたらもう青い海のど真ん中。
シミラン諸島からスタートです。

Day 1
Anita's Reef
今シーズン初登場だった体色が変わっているゴマハギの"コイタン君"。
201704231927196e1.jpg
来シーズンに会うことができるかどうか分からない彼に挨拶した後は、
シミランの美しさを思いっきり楽しめる美しい根へ。

スカシテンジクダイとイソバナにユカタハタなど。
素晴らしいコラボはまだまだ絶好調☆

ヤマブキスズメダイのチビちゃんも良いところにいてくれます。
2017042319272242b.jpg

今シーズン多かった淡く美しく輝クジャクスズメダイ。
20170423192722355.jpg
ふたりで仲良く、しっかりと卵を守る様子は胸がキュンとなります♡


白砂が広がる明るい水中。
純粋に気持ち良いく、楽しくダイビングができる、幸せな場所です。

MS2017-apr-1-3.jpg

朝ごはんの後はシミラン4番へ上陸!
真っ白のビーチでJUMP!

West Of Eden
ちょっと流れがありましたが、主要なメンバーに挨拶しに行きました。

まずは、マッコスカーズフラッシャーラス。
20170423192725c83.jpg

そして、エクスクイジタダートフィッシュ。
2017042319272590d.jpg

擬態する子とされる子のツーショット。
2017042319274531a.jpg
左:インディアンミミックサージョンフィッシュ(擬態する方)
右:エイブルズエンゼルフィッシュ(擬態される方)

小ちゃな小ちゃなトウモンウミコチョウとシシマイギンポへ。

みんな、半年間楽しませてくれてありがと〜^^


Elephant Head Rock
ここも可愛い子たちの宝庫。

ハナヒゲウツボは、最近ご無沙汰していた青色と、
前回姿をくらましていた黄色が顔を出してくれていました♪
201704231927465a7.jpg

2017042319274885c.jpg

イヤースポットブレニーやルボックスブレニー、
アンダマンダムゼルやスカンクアネモネフィッシュなどなど、
色んな子と対面。

巨大な岩と立派なイソバナが作り出す素敵な空間もしっかりとご覧いただきました。
2017042319274762c.jpg


ダイナミックさと可愛さをあわせ持ったポイント。
奥が深いです!


Turtle Rock
サンセット&ナイト。
この時間ならではの生態行動をじっくり観察。

ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの求愛〜産卵。
オスがメスの腹部を刺激するナズリングという行動で産卵を促します。
201704231927494ac.jpg

エイブルズエンゼルフィッシュのナズリング〜産卵シーンもバッチリ撮ってもらいました。
20170423192751c41.jpg

ヒメゴンベは二匹で寄り添い合う美しい求愛行動をとります。
この後二匹揃って中層へ上昇し産卵へ。
20170423192752a53.jpg

私たちが1日を終えようとしている時、
水中では、色んな子たちが命を繋げていこうとしているのです。

他にも、スポットライトをあびるセボシウミタケハゼや、
穴から顔を出してキョロキョロするジョーフィッシュなどにも会いました。
2017042319275487b.jpg


あっという間に1日目が終わってしまいましたが、
明日からも1本1本大事に潜っていきますよ〜(^-^)


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

朝の優しい太陽を感じながら1本目はノースポイントへ。

IMG_0880.jpg

離れ根まで足を延ばすと、そこは大きなウミウチワの世界!

メインの根まで戻り、真っ赤なタツノイトコや、
ひょうきんな顔のシシマイギンポ、マツバギンポなどを観察しました。

朝ごはんの後はシミラン諸島8番への上陸タイム!

MS2017-apr-1-7.jpg

※みなさんが写っている写真は、クリックすると大きいサイズで表示されます。

2本目は癒しの世界スリーツリーズ。

_A3A3700.jpg

自慢のソフトコーラル。
間を覗き込むと可愛いシリウスベニハゼ。

IMG_0990.jpg


砂地からぴょこっと飛び出してきたのはアンダマンジョーフィッシュ。
赤い涙のオーロラパートナーゴビーが可愛い!

2G9A2431.jpg

色とりどりのソフトコーラルの周りにはキンギョハナダイ。
まねっこして一緒に泳いでいるハナダイギンポやユカタハタ幼魚も。

2G9A2484.jpg

ソフトコーラルの前にちょこんと座るルボックスブレニー。

浅場ではスズメダイの幼魚が泳ぎ回り、幼稚園のようです。
マレーアンクロミスやローランドダムゼルの子供たちです。

3本目はコボン・ウェストリッジ。
壁にびっしり群れるタカサゴやスカシテンジクダイ。
ユカタハタやヤマブキスズメダイが彩りを加えてくれます。

大きなオニカマスやタカサゴの群れに出会いながら、
マンタ捜索に出かけましたが、今日は会いませんでした。

4本目はコタチャイ・ピナクル。
やや流れを感じつつ潜降するといきなりブラックフィンバラクーダ。

_A3A3866.jpg

サンゴの美しい場所へ行くと、スカシテンジクダイやタカサゴがいっぱい!
小魚をかき分けると、真っ赤なユカタハタが顔を出します。

クマザサハナムロやカスミアジも観察して安全停止へと入りました。

_A3A3887.jpg

夜にはスタッフ・ホッシーのお誕生日をお祝いしました。

そして、いよいよトリップのハイライト!
3日目です!!

Koh Tachai Pinnacle
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock

まずは昨日も潜ったコタチャイピナクル。
今朝も程よく潮が入ってくれていたおかげで、中層が、まあ賑やかだこと!!
イエローバックフュージュラーを始め、クマザサハナムロ、イエローダッシュフュージュラー、バリアブルラインドフュージュラー、バナナフュージュラー、ヒメタカサゴなどのタカサゴたちが群れます。

IMG_1271.jpg


そこへカスミアジの特攻隊が突っ込んで、まるで花火が弾けたかのようにキラキラと目の前に舞い散ります。

IMG_1265.jpg

昨日ロケハンしておいた3Dウミウチワや、イソバナも、今日は朝日の光を受けて、こんなに綺麗。

IMG_1285.jpg

ああ、この景色とも11月までお別れ。。。
来シーズンもため息の出るようなこの美しさを期待して一先ずお別れです。

そして次はリチェリューロック。
トリップの大目玉です。
一本一本噛み締めて潜っていきます。

おなじみニシキフウライウオ、イザヨイベンケイハゼ、イバラタツ、トマトアネモネフィッシュ。
そしてロウニンアジの群れ!!

IMG_1446.jpg


今回はキツネフエフキとロウニンのわちゃわちゃにも出会いましたよ。
目の色ならぬ、身体の色を変えて根を突き回してました。

_A3A4004.jpg


水中に広がる草原も。

IMG_1474.jpg

鮮やかな色彩のトリンチェシアシボガーも。
ちょこんとこちらを見つめるハーロットドワーフゴビー。

2G9A2671.jpg

そしてそして、アンダマンウバウオ!
くねっとなっている腰もかわいらしいですが、注目すべきはウェスト周りのお肉のたわむぷにぷに感!

IMG_1514.jpg

うおおおおお!なんて可愛いんでしょうか♡♡♡

オオミナベトサカ抜きのローランドダムゼルだって。

2G9A2674.jpg


ワイドにマクロに本当に大忙しだったリチェリューロック。
思う存分、じっくりと楽しんできました。
記録にも、記憶にもしっかり焼き付けてきました。


4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日はコボンからスタート!
水面付近にクラゲがいっぱいいたので、避けながら潜降すると、
可愛いプラウェイラスの幼魚。

IMG_1555.jpg

目が覚めるほど綺麗な、黄色いソフトコーラル地帯。
真っ赤なユカタハタがまた映えます。

元気なハードコーラル地帯を通っていると、
中層外側に動く大きな影!オニイトマキエイ登場!

しかし、見えるギリギリの距離をスーっと泳ぎ去っていきました・・

後半にもリンリンリン!カンカンカン!
これまた一瞬でスーっと遠ざかるマンタ。

それでも最後のコボンで会いに来てくれたんだなと勝手に解釈w

そして最終ダイブは沈船ボンスーンレック。
相変わらず透明度は安定の7m程w

今日はちっこい生物を中心にじっくりと‎撮影タイム。

2G9A2760.jpg

IMG_1580.jpg

綺麗なお家に住むガラスハゼやメタリックシュリンプゴビー。

2G9A2813.jpg

驚くほど青いワヌケヤッコの赤ちゃん。

_A3A4123.jpg

ミナミギンガメアジやキンセンフエダイの群れ群れ群れ!

2G9A2832.jpg

安全停止していると、ちっこいクリイロカメガイ。
もっと潜っていたい!そんな魅力がここにはあります。

_A3A4136.jpg

そして、このダイブで700本記念!Cさんおめでとうございます!
※クリックすると大きく表示されます

欧米人のみのトリップはあと数回残っていますが、
日本人チームとしては、これにて終了となります。

2016-2017カオラックシーズン。
様々な思いでが瞼に蘇ります。

MS2017-apr-1-1.jpg

いや〜、最後まで見所満載のカオラックでのダイビングでした。
また半年後までお預けという、後ろ髪を引かれながらのタオ島への引越しです。
でも、タオ島もジンベエ出まくりで盛り上がってますので楽しみです!

報告/Takeshi Hossy Yurika Masaru
写真/お客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/04/23(日) 23:59:59|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.04.14-04.18 第34回ハレルヤ号トリップ報告

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ 夜に一瞬雨
水温/28-29℃
風/少し
流れ/ほどほどに
透明度/10-20m

カオラック日本人チーム、残すところあと2トリップとなりました。
セカンドラストトリップ出港はソンクランの水掛祭りの余韻に浸りながらの出港です!!

Anita’s Reef

暖かい日差しに包まれながら、シミランきっての癒し系ダイブサイトから始まりです。
相変わらずわんさかキラキラ瞬くスカシテンジクダイたち。キレイだなあ~♡なんて眺めていると鈴の音が!!
なになに??とワクワクしながら近寄ってみると。。。

_I4A6224.jpg

トラフザメ♡♡♡
ころん、と砂地に寝っ転がっていて癒し度MAX!!

真っ白い砂に隠れるヤッコエイや、チンアナゴとにらめっこ。
砂地を思う存分楽しんだ後は浅羽のリーフにて。

体色変異??



目を見張るような色合いのゴマハギも登場しました。

West of Eden

小物の充実しているこのダイブサイト、じっくり楽しんできましたよ♪

エクスクイジタダートフィッシュを始め、マッコスカーズフラッシャーラス。
モンハナシャコやシシマイギンポやヒナギンポ♡
リーフで群れるエバンスアンティアスや、アカヒメジ。
気配を感じふと目線を移すとタイマイまで*

別名『Sea Fan City』、ウミウチワの街といわれるこのポイント。
スカシテンジクダイ大発生で凄いことになってました。

_I4A6301.jpg

Elephant Head Rock

潜降してすぐにカスミアジの群れ!!!
中層のタカサゴたちを追いかけ回します。

そんな乱舞を横目にムレハタタテダイたちはマイペースに群れています。
根の上ではキンギョハナダイやヨスジエダイたちがごっちゃりと。

シミランNo1の地形サイト、スイムスルーをくぐって潮表に!!と思いましたが、流れが強く、ぴゅーっと流され。。。岩にへばりついてカンザシヤドカリやイヤースポットブレニーたちとじっくり遊んできました。

そしてこちらのダイブで400本の記念を迎えられた方が!!

P4160097 copy
※クリックで拡大されます

おめでとうございます!!

Turtle Rock

サンセットチーム、ナイトチームに別れてのダイビング!
定番になりつつあるセボシウミタケハゼ。

アンダマンドッティーバックや、パウダーブルーサージョンフィッシュ。
インド洋に属するアンダマン海ならではのお魚たちとたっぷり遊んで初日終了!!

二日目はNorth Pointからのスタート!
ダイバーも多いですが魚も負けじと多い!!

_I4A6771.jpg

中層を鮮やかに彩るイエローバックフュージュラー。
そこに紛れ込むブラックピラミッドバタフライフィッシュ。
足元には向かい合っている二匹のタツノイトコ♡
コホシカニダマシも二匹で仲良く。

浅場ではインディアンハーフアンドハーフクロミスやマレーヤンクロミス。
実は正面顏の眉毛が面白い、コラーレバタフライフォッシュやにっこり笑顔になれるルボックスブレニー。
最後は安全停止も兼ねてシシマイギンポで締めくくりました♪

朝食後はおなじみバランシングロック!!
腹ごなしの軽いトレッキングをした人のみ、目にできるこの光景。
何度見ても綺麗ですね。

Three Trees

シミラン諸島最後のダイビングはまたもや癒し系ポイント。
の、はずですが、グリーンモンスターとの戦いでした。
寒っっと思った、らぐいーっと押し流されて。

でもでも、そんなグリーンモンスターと戦いつつもトウモンウミコチョウやシリウスベニハゼ、ハナダイギンポなどと戯れ、リーフではまたもや運良くアンダマンフォックスフェイス!と、その奥にタイマイ♡
立派なゴシキエビにも、文字通り天使級の可愛さを誇るちびちびローランドダムゼルにも出会ってシミラン諸島を後にしました。

Koh Bon - West Ridge

シミラン諸島から北上して目指したのはボン島。

DJI_0156.jpg

マンタに出会えるチャンスがある!!ということで、気合を入れてエントリー!

ぴゅーっと流さつつ、モルジブススポンジスネイル。
いつもこの子の不思議な形に心がほころびます。

マンタはどこだーマンタはどこだーと言わんばかりに他のダイバーも目をギラギラに光らせて、マンタを探し回ります。

中層で動き回るジャイアントフュージュラーやイエローバックフュージュラーを追いかけながら遊んでいると鈴の音が。
これは!!と思い、音の鳴る方へ進んでいくと。TAKESHIからマンタのサインが!!

_I4A6748.jpg

会えました、オニイトマキエイ!!
待ってたよー。
スタッフ間でMartinという愛称を持つこの子。
今日も愛嬌いっぱいに遊んでくれました。
あっちゃこっちゃ行ったり来たり。
安全停止直前まで遊んで大満足!!

と、いうことでもう一本、Koh Bon - Second Ridge
サンセットダイブをコボンにて!!

結果からお伝えすると、マンタにこそ会えませんでしたが、サンセットコボン、楽しいっっ!!!
マテアジが!!マテアジが!!!すごかったんです!!!
捕食劇を見ながら、マロ眉のスカンクアネモネフィッシュにご挨拶したり、コボンにしては珍しくアンダマンフォックスフェイスに出会ったりとなかなかじっくりできました。

今夜のうちに船はタチャイ島へ移動します。
3日目、目覚めの一本はKoh Tachai Pinnacle

懸念していた流れもそれほどではなく、久しぶりに会えました、ブラックフィンバラクーダ!!
目の前を覆い尽くすような量!!
すぐ近くにはカスミアジ&ロウニンアジの混合部隊も。
中層のイエローダッシュフュージュラーやクマザサハナムロがぶわっと動いたその奥にいたのはツバメウオの群れ。

もちろん立派な3D状のウミウチワや、かわいーいヤマブキスズメダイのチビちゃんがひそむイソバナもバッチリ愛でてまいりました。
いや~、朝からシビレるダイビングでした。満腹満腹♪

タチャイ島を後にして、ハレルヤ号はさらに北上!
スリン諸島にあるRichelieu Rockを目指します。
今回もこちらで3本ダイビング!

まだ良いコンディションが続いてますよ。
潮あたりはやや透明度は落ちるとも、全く問題なし!
アイドル、イバラタツや、ニシキフウライウオ、バラクーダにミナミハコフグの赤ちゃん。トマトアネモネフィッシュも白い首輪の赤ちゃんもたくさんいました♡

_YU_5743.jpg

こんな素敵なシーンにも出会いました。
オオミナベトサカ背景のローランドダムゼル幼魚!

_YU_5802.jpg

そして今回は500本記念ダイブのゲストが2名おられました。
おめでとうございます!

_A3A3184.jpg
※クリックで拡大されます

ナポレオン、トラフコウイカ、そしてロウニンアジの大群も、3本全てのダイビングで私たちを盛り上げてくれました。
特にサンセットの時間帯。ロウニンアジに魅せられて、もう、もう言葉いらない!!

_A3A3253.jpg

ぜひぜひ、リチェリューへ、ロウニンアジの大群に会いに来ていただきたい!
サンセットダイブができるのはクルーズでの日程のみになりますが、だからこそクルーズの楽しみが増えるのも事実。

あー、楽しかった♡

そして最終日。
ちょっと早起きした今日は、素敵な、とっても素敵な朝焼けに出会えました。幸せっ♡
Koh Bon - Second Ridge

まーったりと流れる時間の中で、朝の緩やかな水中散歩。
ふわり、ふわり、のんびり楽しみます。

とってもかわいらしいセダカギンポや、ムカデミノウミウシ、朝の捕食の存分に楽しんできました。

楽しい時間は早いようで、短い。そうです。早くて短いクルーズの最終ダイブはおなじみBoon sung Wreck

群れに飲み込まれに行ってきました。潜降直後からニセクロホシフエダイ、キンセンフエダイ、カマス、ギンガメアジの入り乱れる群れ!
その奥ではヨコシマサワラや、ヨロイアジも。
一瞬で心奪われます。
とまり木では去年からのアイドルハタタテダイ、V字ちゃんも♡
ワヌケヤッコの幼魚は個体数が増えたように思います。

砂地に這いつくばって、アンダマンジョーフィッシュやメタリックシュリンプゴビーとも♪

そんな魚影にに包まれてハレルヤ号第34回トリップ終了です。
今回ご乗船いただきました皆様、賑やかで笑いっぱなしの4日間をどうもありがとうございましたっっ!!

Hallelujah#34
※クリックで拡大されます

おまけ。
ハレルヤ下船後、取材で来られていた古見きゅうカメラマンと一緒にドロリンチョというポイントで潜りました。
ここは美しい珊瑚や青い海はありませんが、地味な砂泥底の世界に様々な種類の美しい生物が見られる面白いポイントです。

イエローウォッチマンとかブルーテイルドシュリンプゴビーとか言われている子。

17949805_1483256338413842_1235884701_o.jpg


カッコ良いウシオニハゼ。

18042995_1483256331747176_1487291160_o.jpg

他にもアドニスシュリンプゴビーのペアやブルーシュリンプゴビーなど、レアなお魚をいっぱい撮ってもらいました。

今回は、雑誌の取材で来られていた古見きゅうカメラマンからたくさん撮影した写真の中からほんの一部をいただきこのブログを作成しました。
本編としてはまた月刊ダイバー誌に素敵な写真が盛りだくさんの内容で載りますのでお楽しみに!

報告/TAKESHI、YURIKA、HOSSY
写真/古見きゅうカメラマンから頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/04/18(火) 13:25:46|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.04.08-12 第33回ハレルヤクルーズ報告。

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ 夜に一瞬雨
水温/28-29℃
風/ほぼ無し
流れ/タチャイはあり!その他はほどほど。
透明度/8-25m


Day 1.
Anita's Reef
West Of Eden
Three Trees
Turtle Rock


今回のクルーズ報告は、このかわい子ちゃんから。
アニータありかさん001-1-5 (2)
アニータズリーフの美しい根に行くと、ついつい会いたくなっちゃいます♡
その根は今、スカシテンジクダイやタカサゴのちびっ子達でキラキラに覆われています☆
イケカツオなどに思いっきり狙われているのですが、
それでも毎回行く度に増えている気がします!
ここだけで1本十分楽しめてしまうと思えるほど素敵。

アニータありかさん001-1-5 (1)
これから毎ダイブ私たちを迎えに来てくれるハレルヤ号
頼もし〜(^-^)


ウエストオブエデンではお馴染みの、エクスクイジタダートフィッシュ。
ウェストありかさん001-1-3 (1)
今日も待っててくれてありがとー。

そして、なかなか会えない
インディアンティアドロップバタフライフィッシュにも会えた!
ウェストありかさん001-1-3 (2)


スリーツリーズは少し流れが強めでした。
そんな時は、じっくりハゼと遊んでみましょー♪
スリーあゆみちゃん001-1 (1)

サンゴの方へ行ってみると、コラーレバタフライフィッシュが集団でワラワラ。
スリーあゆみちゃん001-1 (3)

立派なゴシキエビも見つけました。
スリーあゆみちゃん001-1 (2)


サンセット&ナイトダイビングはタートルロックで。
タートルありかさん001-1-6 (1)

タートルありかさん001-1-6 (2)

タートルありかさん001-1-6 (3)
お馴染みの顔ぶれですが、夜の雰囲気を携えて、
みんな格好良さが増してます!

タートルロックでお馴染みの子といえばこの子もそう。
タートルありかさん001-1-6 (4)
こんな風に下からじーっと見つめらちゃうと、
少しでも可愛く撮ってあげたい♡って思っちゃいますよね。




Day 2.
North Point
Koh Bon West Ridge
Koh Bon West Ridge
Koh Bon Bay


実は最近水の色が緑がかっているシミラン。
でも、朝一のノースポイントは青さを感じられました☆
ノースあゆみちゃん001-1-4 (2)
こんな感じで、至る所でスカシテンジクダイ大爆発!
獲物がいっぱ〜い♪
ってことで、遊び始めてすぐに、
カスミアジの大群が彼らに突っ込む場面に遭遇o(^▽^)o

こちらは真っ赤なタツノイトコさん。
ノースあゆみちゃん001-1-4 (1)
恥ずかしがらずにこっちを見て〜(^з^)


ここでビーチ上陸。
HL33-grp-2-1.jpg
が、通常のスケジュールなのですが、
最近コボンでよくマンタに会ってる♪
少しでも多くそのチャンスを!
ということで、朝ご飯を食べながら早々とコボンへ移動。

ちなみに、ビーチへは、初日の夕方に行きました。

<コボンその1>
マンタをチラ見したチームあり(^O^)

中層には、コボンではなかなかお目にかからない
立派なロウニンアジがうろうろ。


<コボンその2>
大きなマンタが立派なロウニンアジを引き連れて登場!
コボンありかさん001-1-12 (4)

コボンありかさん001-1-12 (2)
少しの間皆んなで楽しむことができました。

その後も気になって中層を見張っていると、
タカサゴたちが凄い勢いで右往左往。
「何かがおかしい。。。」と思って見ていると、
カスミアジの大群がやってきた!
君たちのせいだったのか!!!


<コボンその3>
チームごとに思い思いの場所で潜りました。

実は、こんなに元気で素敵なサンゴが広がっている場所があるんですよ^^
コボンありかさん001-1-12 (3)

ベイでまったりしましょう( ´ ▽ ` )
と、船が停泊している側でのんびりしてたら、
なんと!マンタに会っちゃったチームも!!

イレギュラーだったコボンで3本プランですが、
そうして良かったY(^0^)Y


そんななか、こんな新顔見つけちゃいました♪
コボン。クロスロードリーフゴビーか?priolepis compita
エメラルドグリーンの目☆
素敵なヒレ♡
クロスロードリーフゴビー priolepis compita
かな??



Day 3.
Tachai Pinnacle
Richelieu Rock×3


タチャイあゆみちゃん001-1-8 (2)
きたーーーーーーーー!ブラックフィンバラクーダ!!

タチャイピナクルは流れが強めでしたが海が青い☆
そして群れ群れ♪ありがとうございま〜す(^O^)

タチャイあゆみちゃん001-1-8 (1)


この後は、リチェリューへの移動。
時間がたっぷりあるにで、ゆっくりしようとしていたところ、
イルカがきたーーーーーー(≧∀≦)
しかも、すぐ近くを数匹の子が並走してくれたり、
いろんな子が何度もジャンプしてくれたりしちゃいました。

きっと今日も良いことがありますね(*´꒳`*)

と、リチェリューロックに突入。
今回も前回同様、いや、もしかしたらそれ以上かも!?
というくらい何もかもが素晴らしかった((o(^∇^)o))
綺麗な子、可愛い子、酔いそうになるほどの小魚の動きや激しいハンティング!
青い世界、降り注ぐ光と太陽からの光で輝くソフトコーラル☆☆☆
リチェありかさん001-1-17 (1)

リチェありかさん001-1-17 (2)

リチェありかさん001-1-17 (3)

リチェありかさん001-1-17 (5)

リチェありかさん001-1-17 (6)

リチェありかさん001-1-17 (7)

リチェありかさん001-1-17 (8)

リチェありかさん001-1-17 (10)harpiliopsis spinigera

いつまでも居たいっ!!!!!



Day 4.
Koh Bon Second Ridge
Boon Sung Wreck

最終日も会っちゃいました!
オニイトマキエイ@コボン。

今回のトリップでコボンに4本潜ったのですが、
全てのダイビングでマンタに会ったチームもありましたv(^0^)v

そんな幸運をお持ちの方々はこちら。
HL33-grp-1.jpg
皆さん、どうもありがとうございました!!

残すところチームJapan後2回。。。



報告/Masaru、Hossy
写真/お客様より頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/04/12(水) 17:42:07|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.04.03-07 第32回ハレルヤクルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ 一時雨
水温/28-29℃
風/ほぼ無し
流れ/全体的に弱め。一部強い所あり。
透明度/8-20m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party



Dream Team!!!
20170408100458888.jpg
今回日本人は1チームだけだったのですが、
こちらの方々が持つ良い気のおかげで、素敵なことがたくさん起こり、
とても濃いトリップになりました!!


ハレルヤ号でのダイビング始まりの朝。
201704081020442bf.jpg

シミラン諸島、Anita's Reefからスタートです(^^)

入ってすぐ、「あれ。。。。緑だ。。」
ずーーーっと透明度が良かったシミラン。
久しぶりの色でした(笑)
とは言っても、何でも難なく見えるのでご心配なく。
2017040810205799f.jpg

水中で朝日をいっぱい浴びて、幸せな気分に( ´ ▽ ` )
201704081020470a7.jpg


West Of Edenでエクスクイジタダートフィッシュのツーショット。
20170408103858342.jpg
初めは別々の所にいたのですが、
見ていたら、ひとりの子がつつつつ〜と移動していって一緒に。
しかも、その瞬間、寄って来られた方の子がヒレを全開に!
「おーーーーーっ!!」と皆んなで大興奮♪

毎回会えるとは限らないインディアンティアドロップバタフライフィッシュ。
201704081038590b9.jpg
ペアに会えてラッキー(^-^)v

何故かいつも一緒に集まっている、アカヒメジとノコギリダイ。
201704081039028fd.jpg
アカヒメジをよく見ると、中にはシミがあるみたいな子がいます。
上がったあと、それは何で、どうしてなんだろう?
と話題に。


3本目のブリーフィングの前。
太陽を虹が囲んでいました(*^^*)
それをしっかり楽しんでからElephant Head Rockへ。

すると、
201704081058053ab.jpg
「きゃーーーーー♡」
最近会えていなかった青のハナヒゲウツボさんが、ペアでいるではないですか!
あの虹はこのサインだったんだー(^O^)
と大興奮♪
そしてこれは、お客様が見つけて下さり、大きな声で呼んでいただいたおかげ。
皆んなでBobbyさんに大感謝☆

幸せの黄色いハナヒゲウツボです、
おっ、タテジマキンチャクダイ、あっ、ワヌケヤッコのペアだ、
なんて言いながら進んでいると、中層賑やか地帯が待っていました。

イソマグロが何度も行き来。
大きめのロウニンアジも行ったり来たり。
20170408105807a43.jpg
そなるとタカサゴたちも大騒ぎ。
201704081058133bf.jpg
そして私たちも大騒ぎ♪♪


まったり潜って早くBeerタイムにはいりたい♪
ということで、4本目はサンセットダイブに。
2017040811235389e.jpg
でも、水中に行くとゆっくりなんてしていられません。
ちょろちょろ動き回るイヤースポットブレニー。
ヒレをばんばん広げて楽しませてくれたインディアンフレームフェアリーバスレット。
大量のスカシテンジクダイ vs カスミアジやイケカツオ。
時間が経つにつれて魚が増え、ハンターも活発になり、
どんどんどんどん賑わっていきました。


夜ログ付けをしながら、
「これが1日で起こった事とは思えないほど盛りだくさんだった。」
というお言葉をいただき、ホッとしつつ、
「初めからこんなに飛ばして大丈夫かなぁ??」
と不安に思ったりしましたが、
これは始まりに過ぎなかったのです!!!



2日目の始まり。
20170408114749b59.jpg
朝起きてすぐに、朝日が昇っていくのをゆっくり眺められるのも
クルーズ船の楽しみのひとつ( ´∀`)


1本目は皆さんお馴染みのNorth Point。
ではなくて、今回はそのお隣のChristmas Pointへ。

ブリーフィングしていると、外に虹が☆
水平線から大きな半円を描いていました。
しかも2重(*´꒳`*)
いきなりテンションMax!今日も良いことありそう♪
と、エントリー。
20170408120056a2f.jpg

すると、私たちの海ではほとんどお目にかかれないカンムリブダイが!
201704081201146d6.jpg
いつもとちょっと気分を変えてポイント変更してくれた
ボートマスターに感謝☆

ダイビング中、曇り気味で雨が降ったりしていたので、水中は少し暗め。
でも、そろそろ安全停止に入ろうかな〜、という頃になると
明るくなり太陽の光が燦々と降り注ぎ始めました。
「外には虹かも〜」
なんて冗談半分で言ったりしながら浮上。
すると、本当に虹が!!
Dream Teamだ!


20170408120216ab8.jpg
朝食の後は、こんなに素敵な景色が望める場所でまったりしてから
Three Treesへ。

ここでもやはり、スカシテンジクダイとカスミアジやイケカツオとの戦いが面白かった。
201704081216474f4.jpg

浅い所ではノコギリダイが良い感じに群れていて、
皆さん無邪気に一緒に遊んでいらっしゃいました^^
20170408121803afc.jpg


3本目はKoh Bon West Ridge。
乗船日に、スピードボートに乗ってコボンへ行き、そこでマンタを見て来たBobbyさん。
皆んなでBobbyさんに、「今日もお願いします!」と。
「でも、期待し過ぎは良くないよね〜」とも。。。

で、結果は。
201704081224304c4.jpg

201704081224417e7.jpg

20170408122441f59.jpg

20170408122434b81.jpg
凄い!!!!!
Dream Teamだ!!

オニイトマキエイだけではなく、カスミアジの大群も凄かったんです!けど。
20170408122436c26.jpg


朝から興奮しっぱなしでTachai Pinnacleへ。
そこには青〜い海が待っていました☆
流れもなく、快適で気持ち良い。
なのに、魚はいっぱい♪
2017040812550484e.jpg
カスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロなどなど。
銀色捕食部隊も活発で楽しい!

水中ではお友達も来てくれました(^-^)
20170408125503535.jpg

2017040812545414d.jpg

20170408125501826.jpg

ゆっくりダイブサイトを散歩したのですが、
最後はもう一度潮あたりの方へ行ってみよう、と思って行くと、
ツムブリ(Rainbow Runner)の集団が!
『レインボー締め』(笑)となりました。

20170408130816da9.jpg

20170408130820bf5.jpg



3日目。
20170408131121f68.jpg

Tachai Pinnacleでの朝活を見に。
2017040813113909c.jpg

イソマグロ。
20170408131101d8a.jpg
最大5匹が列になって泳ぐ様子は、とてもかっこよかった!

昨日は見れなかったバラクーダの群れ。
あっ、1匹いますよ。
おっ、2匹。
6匹集まってる。
と、今日も群れはおあずけ??
と思っていたら、最後にきたーーーo(^▽^)o
20170408131157506.jpg
最高です!



皆さんお待ちかねのRichelieu Rock。

透明度上々の中、友達と遊ぶBobbyさん。
2017040813240950a.jpg

あまりにも素晴らしすぎて、私ではいい言葉が見つからないので、
皆さんに、今日のリチェリューを言葉にしていただきました。

『The Feast』
『競演』
『饗宴』
『狂艶』

だそうです!!!!!

その様子がこちら。
20170408132745f00.jpg

20170408132512646.jpg

20170408132545de5.jpg

2017040813274690e.jpg

201704081327473d5.jpg
これは現実?!
私たちの想像をはるかに超えた世界がそこにありました。

201704081341456cd.jpg



最終日。
再びKoh Bon West Ridge。

「もう、無欲でいきましょう^^」

でも、またまた会っちゃいました!!!
2017040813465998c.jpg

201704081347022be.jpg

201704081347033fb.jpg
待っていたら何度も何度も戻って来てくれて、
私たちの近くに来てくれて♡
3個体もいたようです。

なかなか上がるタイミングを見つけられなかったのですが、
もうさすがに上がりましょう、
と、安全停止のサインを出した直後、私たちの下に!
2017040813470556c.jpg
こんなことって!!(*≧∀≦*)

Dream Teamだーーーーー!!!!!
201704081346574bc.jpg


最終ダイブはBoonsung Wreck。
20170408140120a4d.jpg

20170408140126dac.jpg

201704081401160a1.jpg
最後まで思いっきり水中世界を楽しむ皆さんの姿が印象的でした。


今回こんなにもたくさんの出会いや感動をもたらして下さった皆さん。
本当にありがとうございました。



最後は全員で記念撮影。
20170408141025b4a.jpg


今シーズンの終わりが近づいてきていますが、
まだまだアンダマン海はアツイです!


報告/Hossy
写真/お客様からたくさんたくさん頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/04/08(土) 08:04:18|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.03.28-04.01 第31回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/日によってあり
流れ/日によってあり
透明度/13-25m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party


Day1.
Anita's Reef
West Of Eden
**Beach Visit**
Elephant Head Rock
Turtle Rock


がおー!!
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (4)ザンギネロドワーフゴビー
ユカタハタによるトリップ幕開けの合図。


ハレルヤクルーズ記念すべき第1本目。
最高に気持ち良いアニータズリーフで、
私たちを迎えてくれるのはてんこ盛りのキラキラ☆スカシテンジクダイ。
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (3)ザンギネロドワーフゴビー


『ウミウチワの街』ことウエストオブエデンでいつも待ってくれている巨大なウミウチワ。
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (7)ザンギネロドワーフゴビー


青い海をタカサゴ科のお魚が彩り、
カスミアジやイケカツオ、時にはイソマグロが通り過ぎて行く中、
沢山のちびっ子たちを激写していただきました♡

卵を守るクジャクスズメダイ。
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (6)ザンギネロドワーフゴビー


ピンク色のお家に住むちびっ子クマノミ。
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (2)ザンギネロドワーフゴビー


赤っっ!目がくらみそうなほど赤いっ!!
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (1)ザンギネロドワーフゴビー


ごめんなさい。なんだか昆虫みたいに見えるんですけど。。。。(笑)
アニータくにこさん1-3日目-1-3 (5)ザンギネロドワーフゴビー
あっ、ウルトラマン?!


海だけでなく、陸も楽しんじゃいますよ〜♪
とはりきる皆様。
MS写真01-1


タートルロックでのサンセットダイブの前には、虹☆☆☆
しかも、2重ですよ!!!
MS写真01-1-2
これを放っておいてダイビングに行くなんてもったいない!
と、予定よりも大分エントリーの時間が遅れてしまいました(笑)

そしてこれは、今回のトリップで、空がくれた喜びの始まりだったのです^^


Day2.
North Point
Three Trees
**Beach Visit**
Koh Bon WestRidge
Tachai Pinnacle


気持ち良いノースポイントの朝。
ノースかよさん1.2日目つかう-1-14 (3)


コボンの魅力&見所が、ぎゅぎゅっと詰まったこの一枚!
コボンくにこさん1-3日目-1-8 (2)


流れが強かったタチャイピナクル。
そのおかげで、バラクーダがぎゅぎゅっと近くに( ^ω^ )
タチャイくにこさん1-3日目-1-9 (2)


で、今日もちびっ子たちコレクション♡

ヤマブキスズメダイ。
ノースかよさん1.2日目つかう-1-14 (4)


赤い水玉、アカホシカニダマシ。
ノースかよさん1.2日目つかう-1-14 (5)


真っ赤なニシキフウライウオ。
ノースかよさん1.2日目つかう-1-14 (6)


白銀の世界にちょこんと居座るカンンザシヤドカリ。
ノースかよさん1.2日目つかう-1-14 (7)カンザシヤドカリ属の一種


イバラカンザシに囲まれるルボックスブレニー。
ノースくにこさん1-3日目-1-6


仲が良いのか悪いのか?!
ふたりで背中を向け合うタテジマヘビギンポ。
ノースくにこさん1-3日目-1-9 (3)


フタイロカエルウオの後ろの名脇役は、
スリー2かよさん1.2日目つかう-1-14 (2)
この子!
スリーかずひろさん1-3日目-1-3 (2)


イヤースポットブレニーさん、口がぽか〜んと開いてますよ。
コボンくにこさん1-3日目-1-8 (1)


タチャイの強い流れの中、こんなかっこいいウミウシをゲットされた方も!
タチャイくにこさん1-3日目-1-9 (1)Roboastra_gracilis
Roboastra_gracilis


この日のビーチ上陸では、絶景ポイントまでてくてく散歩。
ドローンで上空から写真を撮っていただきました♪
ドローン001-1


そして、4本潜った後は空からの贈り物を堪能しました(*^^*)
MS写真01-1-3



Day3.
Tachai Pinnacle
Richelieu Rock×3


朝のタチャイピナクル。
タチャイ2かずひろさん1-3日目-1-6
流れが強かった!!!
ロープを手繰って潜行し、進み易そうな道を選んで面白そうな場所へ。
岩を掴んで待っていると、ブラックフィンバラクーダの大集団がすぐそばに!
彼らはいつまでたっても居なくならないし、
タカサゴ達は私たちを全方向から囲んでくれるし、
朝から大サービスしてもらいました♪


皆さんお待ちかねのリチェリューロック。
リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (9)
程よい流れ、透明度も問題なし☆
思いっきり楽しみました(^o^)


ここに来たからには絶対に会って欲しいトマトちゃん♡
リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (4)


今シーズンの人気者のひとり。真っ黄色のイバラタツ。
リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (13)


岩の隙間や壁を除けばかわいいハゼ達がぺとん♡とはりついてます。
リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (3)

リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (2)グレイバードピグミーゴビー

リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (12)ハーロットドワーフゴビー

サンゴを覗くと綺麗なエビ。harpiliopsis spinigeraでしょうか。

リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (10)harpiliopsis spinigera


そしてこの、圧倒的な魚影!!!!!!
リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (7)

リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (6)

リチェかずひろさん1-3日目-1-7 (8)

ヒメタカサゴをはじめとする無数の小魚。
ロウニンアジやマテアジ、オニアジなどなどの鯵軍団。
彼らの必死な行動によって作り出される立体的なアートは圧巻!!
どれだけ居ても飽きることない空間。
それどころか、いつまでも居たい!と思わせる凄さでした(*≧∀≦*)


そしてまたこの綺麗な夕日。
ドローン001-1-4

この後も、幸せと興奮をいだいたまま、
食事とお酒とおしゃべりを楽しみました^^



Day4.
Koh Bon SecondRidge
Boonsung Wreck


トリップ中の会話の中で、
「ジンベエザメは? 」「マンタは??」
という言葉が登場していたのですが、
「最後は無欲で行きましょー」と言いながら出かけたコボン。

エントリー直後に思いもよらない出会いが!!
えりかさん-1
レオパードシャークが走り抜けて行くところに遭遇したチームも!


夜に少し雨が降ったり、帰港時に土砂降りの雨にあいましたが、
遊んでる最中は天気も海況もGood☆
まだまだシミランの海は終われません!!!

この子にもまだ頑張ってもらいます。
ドローン001-1-3


皆さんどうもありがとうございました!
MS写真0109-1


※再生すると途中から音が流れます

報告/Masaru、Hossy
写真/お客様からたくさん頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/04/01(土) 15:55:19|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.03.23-03.27 第30回ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/日によってあり
流れ/日によってあり
透明度/5-25m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party

1日目
アニターズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

シーズンもいよいよ大詰め、3月後半のクルーズに行ってきました。
今回のトリップは石垣島のSEA TRIPさんのショップツアーで18名の大所帯のチームで賑やかに楽しく潜ってきました。
道中1度だけ雨が降りましたがそれもすぐやみ、トリップ中はずっと良いお天気で海も概ね穏やかでした。

初日のシミラン、まずはアニータズリーフから。
潜り慣れた日本の海にはいない、インド洋、アンダマン海ならではの固有種をご紹介。
何気に目につくお魚達がいちいち日本の魚と違うので、普段から沖縄で潜っておられるダイバーにとっては見所満載!
こちらはフタスジリュウキュウスズメダイのこっち型のインディアンダッシラス。
P3244475.jpg

沖縄にもいるけどそんなに数が多くないよというヤマブキスズメダイが群らがっているシーンなど、せっかくなのでこの海らしさをご紹介させてもらいました。
P3244330.jpg

そして石垣といえば、イシガキカエルウオの外人種であるルボックスブレニーもご紹介。
P3244360.jpg

黄色のハナヒゲウツボも日本の海では珍しいとの事。
P3244455.jpg

サンセットダイブでは求愛や産卵の整体シーンもご紹介。
こちらはエイブルズエンゼルフィッシュの求愛(ナズリング)をうまく撮っていただきました。
P3244469.jpg

夜の蝶たちが出てきましたよ〜
P3244486.jpg

シャコガイの外套膜につくセボシウミタケハゼ。
P3244492.jpg

無事に安全に初日を終了。
美味しいご飯を食べて楽しく夜が更けていきます。


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン ウェストリッヂ
コボン ベイ

今日も良いお天気です。
シミラン諸島の8番の島のビーチに上陸。
クルーズの場合は上陸する時間を選べるので、人の少ないプライベート感抜群のビーチを満喫!
P3254521.jpg

岩の上のビュウポイントからの絶景!
一番大きいのがハレルヤ号です。w
P3254537.jpg

シミランらしいワイド写真。
素敵ですね〜
P3254529.jpg

ニモは日本にいるのと一緒ですよ。
見慣れた魚に会ってホッと懐かしい気分になったかな?
P3254565.jpg

石垣島といえばマンタ!
というわけで、アンダマン海のマンタポイント、コボンでは是非マンタを見ていただきたいと思っていたのですが、日本人チームは不発・・・
欧米人チームは見れたようでしたので、最終日にリベンジしましょう。

マンタが通らないか中層を意識しつつも、マクロネタも充実のコボンでいろいろ見れましたよ。
タテジマヘビギンポ、イバラカンザシ抜き!
P3254654.jpg

インディアンミミックサージョンフィッシュとフタイロカエルウオの2ショット!
ピントバッチリ、カエルウオのヒレ全開!!
ちなみに、前出のエイブルズエンゼルフィッシュに擬態している魚です。
P3254625.jpg

トラフコウイカのペア。
P3254663.jpg

アンダマン海に沈む夕日・・・
P3254731.jpg

こうして今日も平和に夜は更けていきました・・・


3日目
タチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

水平線から昇る朝日!
今日も良いお天気になりそうです。
P3264781.jpg

タチャイピナクルの素晴らしいソフトコーラル!
P3264800.jpg

名物、3Dウミウチワ。
どっちから流れが来てもキャッチできます。
P3264810.jpg

リチェリューロックはもの凄い魚影!
ヒメタカサゴ越しのロウニンアジ。
P3265049.jpg

色とりどりの風景がいたるところに。
P3265016.jpg

固有種、トマトアネモネフィッシュの赤ちゃんもバッチリ撮っていただきました。
P3265069.jpg

レア物、イザヨイベンケイハゼ。
P3264906.jpg

スカシテンジクダイにまみれたワヌケヤッコ。
すごい構図ですね。
リチェリューならでは・・・
P3265001.jpg

ニシキフウライウオ。
何匹いるか分かりますか?
P3264977.jpg

あっという間にラストナイト。
みんなで楽しく食べて飲んで語らって。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

4日目
コボン ウェストリッヂ
ボンスーンレック

コボンではもう一度マンタを狙ってウェストリッヂを攻めます。
途中、いかにも〜って感じのサーモクラインが入ってくるも・・・、今日も出ませんでした、無念!

でも、相変わらずの魚影の濃さ、このトリップ最後の青い海を楽しみにました。
潜降するとすぐに魚だらけの世界です。
P3275111.jpg

霞や雲海のように広がるスカシテンジクダイの群がりの中に大きなナポレオンが突っ込みます!
P3275120.jpg

マンタ待ちの間、ヤマブキスズメダイの幼魚に遊んでもらいました。
P3275139-2.jpg

ボンスーンレックは、潜降したら意外に透明度が良い!
・・・と、油断してると、途中から下はニゴニゴ・・・

それでも限られた透明度の範囲はお魚だらけ。
写真に表現するのは難しいですが、魚影の濃さは相変わらずでした。

マクロ撮影は問題なし。
メタリックシュリンプゴビーや砂地でムラサメハゼのペアを撮ってもらいました。
P3275176-2.jpg

SEA TRIPの皆様、ありがとうございました!
HL30groupphoto3.jpg

報告/TAKESHI HOSSY NATSUKI TSUYOKI
写真/お客様からたくさん頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/03/27(月) 12:59:42|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.3.18-22 第29回ハレルヤ号クルーズ報告。ジンベエ登場!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々雨
水温/26-29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/7-30m

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party

1日目
Anita's Reef
West Of Eden
Elephant Head Rock
Turtle Rock

アニータただしさん1・2日目-1-2 (5)

カオラックシーズンも終盤に入り、クルーズも残すトリップはあとわずか!
第28回クルーズがいよいよ始まります!

アニータただしさん1・2日目-1-2 (4)ハレルヤ

1本目はシミラン諸島#5と#6の間にあるアニターズ リーフ!

チェックダイブで通常初日の1本目に潜るのですが、
癒し系ポイントNo. 1と呼ばれ、クルーズで1番最初に見る光景が白砂が目の前に広がり、
サンゴもイソバナも綺麗で、流れもなく、これだけ穏やかだと
早朝ダイビングでもテンション上がりますよね★

たくさんの色鮮やかな魚達がお出迎えしてくれます♪

アニータただしさん1・2日目-1-2 (1)

アニータただしさん1・2日目-1-2 (2)ヤッコエイ

砂地ではチンアナゴに、オーロラパートナーゴビーと共生している、
黄色が美しいコトブキテッポウエビ、アンダマンジョーフィッシュ!
ヤッコエイも砂地に隠れていました!

綺麗なハマサンゴ周りでは、キンギョハナダイに混じり一緒に泳いでいるハナダイギンポ!

中盤には大きなイソマグロ3匹を目撃!

浅瀬にはコラーレバタフライフィッシュの群れも★

さてさて、クルーズ中のお楽しみはビーチvisit!
シミラン諸島#4のハネムーンビーチへ♪

ウェストなおこさん1・2日目使う (7)

2本目はウエスト オブ エデン!

深場からなんだか緑の怪物が。。。
グリーンモンスターがどんどん押し寄せてくる。。。
サーモクラインで全く見えない。。

ってことでサーモクラインを避けつつ、
大きなウミウチワやソフトコーラル地域で遊び、
婚姻色で顔が黒くなった大きなロウニンアジが通り過ぎたり★

今日はたくさんタカサゴ達がいたので、ハンティングにやってきたのでしょうか。
最後には水深5m程の岩の上でシシマイギンポやマツバギンポのお家見学★
お家から顔だけ出てるギンポ達は本当にキュート♪

ウェストなおこさん1・2日目使う (9)エイブルス

ウェストなおこさん1・2日目使う (10)トウモンウミコチョウ

浅場ではエイブルズエンジェルフィッシュや、
綺麗なウミウシ・トウモンウミコチョウも。

エレファントたかゆきさん1・2日目-1-10 (4)

3本目はダイナミックな岩が見どころのエレファントヘッドロック!

エレファントたかゆきさん1・2日目-1-10 (3)

流れが多少あり、魚達もいい感じでたーっくさん!
ムレハタタテダイや、アカヒメジに始まり、
みんな大好きハナヒゲウツボ♪

マッコスカーズフラッシャーラスはガンガン メスに求愛をし、ヒレ全開♪

スイムスルーを抜けた先には巨大なロウニンアジが20匹程!
めちゃくちゃデカい!!
しかも動き回らず、ずっとそばにいて、少し怖いくらいの大迫力!!!

エレファントたかゆきさん1・2日目-1-10 (1)オニカマス

終盤には大きなオニカマスも登場しました。

4本目はタートルロックでサンセット&ナイトダイビング★

夕方は魚達の帰宅ラッシュ★
日が沈む頃には魚達の求愛、産卵が始まります♪

タートルなおこさん1・2日目使う (10)ブラウンピグミーエンジェルフィッシュ

目の前で繰り返し求愛を見せてくれたのは、
ブラウンピグミーエンジェルフィッシュ。

日が落ちると、岩の間に頭を突っ込み、尾びれだけ見せているのはアカモンガラ!
ブダイもアイゴもクマノミもみんなお休みモード。
活発に動いていたのは、エビ達とタカサゴ達。

タートルたかゆきさん1・2日目-1-12

このダイブで200本記念!おめでとうございます!

2日目
North Point
Three Trees
Koh Bon
Koh Tachai

のーすなおこさん1・2日目使う (16)

1本目はシミラン諸島9番のノースポイント!
流れもなく、他のボートもいなかったため、
ハレルヤチームでのんびり楽しめました♪

のーすなおこさん1・2日目使う (14)

いつもは混んでるタツノイトコもじっくりと★

アオウミガメが目の前に突如現れ驚いたり!

ノース・たかゆきさん1・2日目-1-15

そしてマクロ派に大人気、
クマノミやシシマイギンポにマツバギンポ!

のーすなおこさん1・2日目使う (15)

そして、モンツキカエルウオと久々の再会♪

スリーにしださん1・2日目-1-7 (6)

MS集合2017-3月-1

朝食を食べ終え、シミラン諸島最大の島、8番のドナルドダックベイへ。
※集合写真はクリックすると大きいサイズで表示されます。

スリーにしださん1・2日目-1-7 (4)

MS集合2017-3月-1-2

2本目、シミラン諸島では最後のダイビング。
9番東側の砂地が広がるスリーツリーズ!

ブイに別の船が停まっていたので、そのブイ近くでエントリー。
すぐに潜降すると、目の前からジンベエ登場!!

ジンベエ2017-3月-1

潜降直後のため、まだ水面には潜降していないチームも。
あまりに急だったため、みんなポカーンとした顔!

気付いた時にはもうすぐ目の前。
2分程でいなくなったジンベエもまたUターンして戻ってきてくれました♪

ちなみに2mも満たないベイビージンベエ♪
めちゃくちゃ可愛かったーーー?

カスミアジの大群がドドドドドーと押し寄せ、
その群れの中にはちゃっかりナポレオンが混ざってたり★

スリーにしださん1・2日目-1-7 (2)

砂地ではオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュ。
アカヒメジやブラックピラミッドバタフライフィッシュも群れてたり♪

スリーにしださん1・2日目-1-7 (1)

欧米人チームはレオパードシャークを見たそうで、
シミランラストダイブで素敵なサプライズ演出でした♪

コボンたかゆきさん1・2日目-1-21

3本目のコボンでは、リッジの先に魚がめちゃくちゃ集まっててビックリ!

流れも全くなく、穏やかな水中にも関わらず、
すごい数のタカサゴの中からオニカマスも3匹現れたり。

先日にも現れたカスミアジ200?300匹の大群が、またも目の前に。。。大迫力!
ナポレオンも登場♪

コボンたかゆきさん1・2日目-1-22

コボン・なおこさん1・2日目使う (24)

大きなゴシキエビも岩陰に隠れていたり、
アデヤカミノウミウシやハナダイギンポ、
イヤースポットブレニーでマクロを楽しんだり★

ソフトコーラルの上を飛ぶように泳ぐユカタハタや、
まつ毛が可愛いファントムバーナーフィッシュも。

タチャイにしださん1・2日目-1-8 (3)

4本目のコタチャイは珍しく流れてない。全く。魚達もリラックスモード。

タチャイにしださん1・2日目-1-8 (2)

いつ見てもタチャイのサンゴは立派!

タチャイにしださん1・2日目-1-8 (1)

イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロは水中でピタッと止まって見える程。
ピナクルをのんびり泳いで一周楽に出来ちゃう♪

こんな事もなかなかないので、ダイバーも気持ちよく泳いでいると、
遠くの方でツムブリの群が見え、
近づいてみると大きなツムブリが50匹程でトルネードを作っていました!
こんな光景はなかなかないんです!

ゲストの一人はいつのまにかそのトルネードの中心に入って、
気付いたら周りには大きなツムブリ!ツムブリ!!ツムブリ!!!

なかなかないコンディションとツムブリのトルネードで大興奮のコタチャイでした。

3日目
koh tachai
richelieu rock x 3

なおこさん3日目-1-3

朝一の1本目、朝日を見たあとにエントリー!

昨日より少し流れもあり、ソフトコーラルもポリプが開いて綺麗に!
タカサゴの捕食も活発的!

その周りをカスミアジやロウニンアジが巡回。

タチャイ・なおこさん3日目-1-4ブラックフィンバラクーダ。

ブラックフィンバラクーダの群れもしっかりと確認できました!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (9)

リチェリューロック。

クルーズのメインダイブサイト!
贅沢に3本ここで潜ります!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-5 (2)

今日も岩の周りにはタカサゴがいっぱい!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (8)イバラタツ

まずは深場のイバラタツ!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (11)ニシキフライウオ

ニシキフウライウオは3匹並んで泳いでいました。

ニューフェイスのカエルアンコウ!

ニセクロホシフエダイは今日も群れ群れ!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (1)ロウニンアジ

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (4)

ナポレオンやロウニンアジも確認!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (3)トリンチェシア・シボガィ

おなじみのウミウシ!

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (6)

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (10)アンダアンミミックファイルフィッシュ

ウミウチワの周りにタカサゴがいっぱい。
今シーズンあまり見かけないアンダアンミミックファイルフィッシュも。

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (5)

リチェリュー・なおこさん3日目-1-7 (2)トラフケボリ

トマトアネモネフィッシュやトラフケボリ、イザヨイベンケイハゼなど,
リチェリューロックならではの子たちをしっかりと紹介させていただきました!

4日目
koh bon west ridge
boon sung wreck

コボン
今日は北側からエントリー!
水中は至って穏やか!透明度よし!

珊瑚の上のスカシテンジクダイは朝日で朝もやみたいに珊瑚の輪郭をぼかします。

その一方ではアジたちが朝食の時間。必死にハンティングしていました。

エクスクイジタ/ダートフィッシュも確認。

残念ながらマンタはなしに終わりましたが、気持ちのいいダイビングでした!

ボーンスーンレック
相変わらずの魚影!

砂地にはハゼやジョーフィッシュ、
中層にはニセクロホシフエダイやギンガメアジがこんもり!

長いようで短い14本のダイビングすべてが終了です!

サMS集合2017-3月-1 (1)

全員で集合写真をとって帰港!
今回は全チームではありませんでしたが、ジンベエザメも出てくれたトリップとなりました!

参加されたゲストの方々、ありがとうございました!

また来年もお待ちしてますよー!

報告/NATSUKI TSUYOKI MASARU
写真/お客様からたくさん頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/03/22(水) 20:41:19|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

第28回ハレルヤクルーズ報告!

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party

ロケーション/カオラック 
天候/晴れ
水温/28−29℃ 温かくなってきました
風/前半は少しあり
流れ/時間と場所により強め
透明度/10−25m 

こんにちは! 第28回クルーズからただいま下船して参りました。
タオ島はジンベイフィーバーに湧いているようですね! カオラックも負けじと盛り上げて行きますよ〜!

1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

出港の際は風があり少し揺れたのですが、シミランに着いてしまえば快晴でした!

untitled-3140037.jpg

サンゴの周りにはスカシテンジクダイが大量発生していてシミランらしさ大爆発です!


untitled-3140094.jpg

イヤースポットブレニー。 顔の可愛さもさることながら体色も綺麗なんですよ〜


untitled-3140116.jpg

シシマイギンポのとぼけた可愛さに皆さんノックアウト!


untitled-3140231.jpg

カンザシヤドカリは安全停止のお供♪ ついつい長居してしまいます〜


2日目 
ノースポイント
スリーツリーズ
コボンセカンドリッジ
コタチャイピナクル

untitled-3150273.jpg

タツノイトコ。のびーっ!となってるとこが可愛いです♡


untitled-3150423.jpg

スカシテンジクダイが大発生しているところはまるで銀色の湖みたいになっているのです


untitled-3150495.jpg

タチャイサンセットのタカサゴのご帰宅ラッシュは圧巻です


untitled-3150544.jpg

水面に戻るとこの夕景です。 急いでシャワー浴びたらビールタイムですよ!


3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロックx3

朝のタチャイピナクルも流れました〜w

untitled-3160561.jpg

3Dアートウミウチワは流れてる時こそポリプが開いて立派に見えます


untitled-3160562.jpg

巨岩の隙間にはこんな素敵な風景も広がっています。


untitled-3160584.jpg

お待ちかねリチェリューロックは、まずはこの子にご挨拶!
鮮やかな黄色のイバラタツ


untitled-3160653.jpg

群れてるウミウ、トリンチェシアジボガー。 もっともっと増えてほしい〜


untitled-3160709.jpg

ニシキフウライウオは続々と新しい個体が見つかっています!


untitled-3160763.jpg

今年は数が少ないトラフケボリ。コレは運良くとっても見えやすかったです


untitled-3160778.jpg

ロウニンアジが補食を始めるとタカサゴがこの通りわちゃわちゃしだして、ダイバーもワーワーワー!ってなります♪

4日目
コボンウエストリッジ
ボンスーンレック

結果から言ってしまいますとコボンでマンタは出ませんでした。。。
が、音もなく押し寄せてくる濁った冷たいグリーンモンスターがやってくると、カスミアジとキツネフエフキの大群が暴走していたりと魚影も濃かったので、近いうちにまたマンタフィーバーがやって来てもおかしくない雰囲気でしたよ!?

untitled-3170847.jpg

滝の裏側に回っておそるおそる覗いてみましたが、サージがキツくて穴に吸い込まれそうでドキドキしましたw
穏やかなところに戻るとゴマアイゴが気持ち良さそうに泳いでいました。

ボンスーンレックは相変わらずのむれムレ群れ!!
ウミウシやハゼ、ジョーフィッシュ、ハタが2本あるハタタテダイなど、ほぼ潮どまりの絶好のコンディションで楽しんで頂きました!

ご乗船頂いた皆様ありがとうございました!

HL#28
※クリックすると大きく表示されます。

これから打ち上げ!
美味しいアレや、アレや、アレなんかも食べてきちゃいますっ!!

報告/Takeshi, Hossy, Eri,Tsuyoki
写真/お客様に沢山頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/03/17(金) 23:32:31|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

第26回ハレルヤ号トリップ

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party

ロケーション/カオラック 
天候/晴れ
水温/28−29℃ 温かくなってきました
風/なし
流れ/基本的に穏やかでした
透明度/20−30m どこ行ってもきれいでした!

ハレルヤトリップのご報告です。
今回はタケシのガイド会仲間でもある、番田武六さん率いる渡嘉敷島のダイビングサービスVibjyorご一行様を始め、たくさんの日本人ゲストにご参加頂いた賑やかなトリップとなりました!

カメラ派ダイバーさん多いVibjyorさんチームからたくさん素敵な写真をいただきましたので、ぜひ時間のある時にじっくりご覧下さいね!


1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

P3080056.jpg

イソバナとスカシテンジクダイ


2Q1A7709.jpg

ちびクマノミちゃん


2Q1A7703.jpg

サンギネロドワーフゴビー


2Q1A7769.jpg

トウモンウミコチョウ
この種にしては特大サイズでした!


2Q1A7770.jpg

シシマイギンポ


DSC_0020.jpg

オーロラパートナーゴビーの表情としっぽが両方見れて素敵なショット!


2Q1A7820.jpg

ハナダイギンポ。
ソフトコーラルを背景に妖精みたいですね


P3080154.jpg

コーラル越しのスイムスルー


P3080136.jpg

スイムスルーとワヌケヤッコ
絵になる〜


IMG_2480.jpg

マッコスカーズフラッシャーラス


IMG_2350.jpg

スカシテンジクダイとユカタハタ
アンダマン海らしい一枚です!


DSC_0048.jpg

エクスクイジタダートフィッシュは2匹とも気前よく姿を見せてくれました


DSC_0135.jpg

ハナダイギンポのアップ
つんつんが可愛い


IMG_2525.jpg
イバラカンザシの大輪の花火!


IMG_2561.jpg

ブラウンピグミーエンゼルフィッシュのナズリング(求愛行動) 


IMG_2586.jpg

ソフトコーラルとヤマブキスズメダイのちびちゃん


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボンウェストリッジ
タチャイピナクル

2Q1A7862.jpg

ウミシダとヤマブキスズメダイのちびっこ
絵本の1ページのよう


2Q1A7879.jpg

ローランドダムゼルのちびちゃん
天使の輪がある時が可愛いですよね


IMG_1306.jpg

バランシングロックから見る海の青さがヤバい!


IMG_1285.jpg

バランシングロックでVibjyorさんチームの集合写真


2Q1A7899.jpg

シリウスベニハゼ


2Q1A7906.jpg

ヨセナミウミウシ
ファンタジー映画の怪獣のよう?


DSC_0211.jpg

スターリードラゴネット


DSC_0230.jpg

全開ポリプとガラスハゼ


IMG_0235.jpg

タツノイトコ
口先がなんとも可愛い♪


IMG_2625.jpg

マレーアんクロミスのちびちゃん


IMG_2634.jpg

シシマイギンポ


IMG_2670.jpg

ご夫婦揃っての1000本記念ダイブも大盛り上がり!


P3090286.jpg

ズラガイド、タケシ&ヒロアキ


P3090314.jpg

どーん!


P3090352.jpg

カスミアジの群れ


P3090387.jpg

ハマサンゴのソフトコーラルにユカタハタ


P3090438.jpg

3Dウミウチワとユカタハタ


IMG_1328.jpg

夕陽があんまり美味しそうだったのでぱくっ!


IMG_3138.jpg

君は一番星を見たか!!


P3090323.jpg

Mさんの力作フルーツカービングで1000ダイブをお祝い♪。。。
って後ろ!後ろーっ!!笑


3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック×3

IMG_29181.jpg

タカサゴの幼魚たちとウミウチワ


IMG_2952.jpg

朝イチ、バラクーダの群れにも会えました!


IMG_0710.jpg

トマトクマノミ幼魚のしろいカチューシャ♡


P3100473.jpg

中々出てきてくれないタイガーテイルシーホースも激写!


P3100390.jpg

トリンチェシアジボガイ
ザ・極彩色!


IMG_0596.jpg

草原に牛


DSC_0291.jpg

隠れてばかりのイザヨイベンケイハゼもバッチリ激写!


IMG_3012-2.jpg

ギンガメアジの群れも至近距離で!


IMG_2997.jpg

ロウニンアジの群れの集団補食にアドレナリンがブシャーッ!


IMG_2991.jpg

ダイバーの泡とロウニンアジ。
ファインディングニモの世界みたい!


IMG_3027.jpg

ソフトコーラルとナポレオン。絵本みたいですね!


P3100675.jpg

ホソフエダイとダイバーと太陽


P3100742.jpg

立派なウミウチワにヤマブキスズメダイの黄色が冴えますね!


P3100763.jpg

急増中のスカシテンジクダイ、水中の華やかさがやっぱり違います


P3100630.jpg

リチェリューロックのてっぺんのイトゲノマユハキ。
さわやかな風を感じる風景。。。


P3100822.jpg

ウミトサカとユカタハタと澄み渡る青! 
 

IMG_3233.jpg

この日は結婚20周年のお祝いもありました!
こちらのカップル、アマチュアの世界大会出場権を獲得するほどのサルサダンサー!
下の2枚のキメポーズお写真、一枚は文句なしにカッコいい!!

IMG_3202.jpg

まるでラ・ラ・ランドのポスター!?


IMG_3210.jpg

もう一枚のコレジャナイ感が。。。笑
こちらはTAKESHIと番田さんのコンビでした。


4日目
コボンウエストリッジ/セカンドリッジ
ボンスーンレック

P3110858.jpg

パステルコーラルの岩から見上げる太陽


P3110868.jpg

ふんわり華やかで、高山植物のうような可憐さもあります。


P3110865.jpg

ユカタハタが雪に降られて軒下に隠れているような旅情を感じます


2Q1A7958.jpg

プラウェーラスのヒレが開いたところも激写して頂きました!


ラストダイブのボンスーンレックは驚きの透明度!
水面から水深18mの沈船がくっきり丸見え!
巨大な水中マップ’を眺める様にして安全停止となったので、後ろ髪引かれまくりでした。。。

2Q1A8040.jpg

メタリックシュリンプゴビー


2Q1A7996.jpg

紫紺のアカヤギに雫のようなガラスハゼ


DSC_0335.jpg

フタホシタカノハハゼがほっぺを膨らましてかわいらしい


P3110968.jpg

リチェリューロックのキンセンフエダイの群れだと錯覚しそうなほどの透明度!!


P3110917.jpg

かっこいいリュウキュウヨロイアジの向こうにダイバーがくっきり!
ガイドが一番はしゃいだ1本だったのではないでしょうか!?


あ、こんなレア物も見れましたね。

2Q1A7730.jpg

コイタン!
アクアリストの間では数千ドルの値がつくという。。。


IMG_1592-2.jpg

笑いの絶えない楽しいトリップにして頂きありがとうございます!
またのご乗船をお待ちしております!


報告/Takeshi, Hiroaki, Hossy, Eri
写真/お客さんに沢山たくさん頂きました!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/13(月) 17:30:36|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

第25回ハレルヤ号クルーズ報告!!

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

※4月にビッグブルーの東京オフ会をやります。
詳細はこちら→http://bigbluediving.jp/2017-party

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27-29℃
風/なし
流れ/時間によりあり
透明度/12-30m

今回も日本、ブラジル、フランスなどなど、
世界中からお客様をお迎えしてハレルヤ号出港です!

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

IMG_4702.jpg

朝日と共にサンデッキでは筋トレをするスタッフとお客様。

アニータP3038805 (7)

1本目は癒し系NO1アニータズリーフからスタート。
抜群の透明度でいきなりテンション最高潮です!

アニータP3038805 (6)

アニータP3038805 (2)

アニータP3038805 (1)

最近、爆発的に増えたスカシテンジクダイ。
ソフトコーラルの周りに雲海のように群れています。
真っ赤なユカタハタが登場すると「これぞシミラン!」という感じです。

アニータP3038805 (5)

アニータP3038805 (4)

ピンク色のイソギンチャクにはちっこいクマノミ。
お尻をフリフリと振って可愛いったらありゃしません。

アニータP3038805 (3)

オーロラパートナーゴビーやチンアナゴ、ベラの赤ちゃん、
インディアンフレームフェアリーバスレットも観察できました。

朝食後はビーチ上陸タイム!

2本目はサンゴに地形、マクロに群れなんでも来いウェストオブエデン。

FullSizeRender.jpg

アケボノハゼのインド洋版エクスクイジテ・ダートフィッシュ、
今日も紫と黄色という雅やかな色彩がまぶしい!

中層のタカサゴたちが一斉に動いた!と思い見てみると、
大きなイソマグロが3匹ならんで突っ込んできました。

ウミウチワを覗くと透き通るほどのヤマブキスズメダイ。

浅場では人気のシシマイギンポ、そのひょうきんな顔に癒されます。

ウェストP3037207 (2)

ウェストP3037207 (3)

ウェストベンケイハゼ・ウェスト8877

トウモンウミコチョウ、マッコスカーズフラッシャーラス、
ベンケイハゼに、可愛いハナダイギンポもばっちり見ることが出来ました。

ウェストP3037207 (1)

3本目は巨石サイトのエレファントヘッドロック。

エレファントP3030083 (1)

最近、ハナヒゲウツボが定番となっているこの場所、
今回は黄色と青の個体を確認することが出来ました。
まだまだ、そこに居続けてほしい!

エレファントP3030083 (4)

水底からドッカーン!と水面を貫く巨石に圧倒され、
ふっと足元を見るとアンダマンダムゼルやワヌケヤッコ、
タテジマヘビギンポなど可愛いマクロ生物がいっぱい。

エレファントP3030083 (2)

エレファントP3030083 (3)

アンダマンジョーフィッシュ、アンダマンヘビギンポ、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュなどなど、
次から次へと登場するお魚たちと戯れて安全停止へと入りました。

4本目はタートルロックでサンセット~ナイトダイブ。
この時間、海の中はLOVEで溢れていました。

インディアンダブルバーゴートフィッシュの求愛、産卵。
プラウンピグミーエンジェルフィッシュの求愛、産卵。

タートルP3037378 (6)

タートルP3037378 (1)

キンギョハナダイの求愛、産卵。
ヒメゴンベの求愛、産卵と、生態シーンも数多く観察できました。

タートルP3037378 (2)

タートルP3037378 シャコガイカクレエビ(3)

タートルP3037378 (4)

ピンクのソフトコーラルに包まれて寝ているヤマブキスズメダイ。
シャコガイを覗くとシャコガイカクレエビやセボシウミタケハゼ。

タートルP3037378 (5)

タートルP3037378 (7)

インディアンダッシラスやスカンクアネモネフィッシュも見て、
安全停止へ。熱い!サンセット~ナイトダイブとなりました!

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

朝99888

今日もスカッ!と晴れて気持ちよい朝日が昇りました。
2日目はどんな1日になるのでしょうか。行ってみましょう!

1本目シミラン諸島最北端・ノースポイント。

大きなウミウチワやイソバナを横目に進むと、
スカシテンジクダイを捕食しようとカスミアジやイケカツオが、
すでに戦闘態勢に入っていました。

朝の優しい光に包まれる水中。
ダイナミックな巨石の景色が大迫力。

ノース・アケボノ0099

アケボノハゼのインド洋版エクスクイジテ・ダートフィッシュ、
イヤースポットブレニー、エバンスアンティアスを観察できました。

びーち009

シミラン諸島8番に上陸!
高台からの最高の景色にみなさんのテンションも上がります!

びーち (4)

びーち (3)

びーち (2)

びーち (1)

ビーチ7775
※ここから3枚はクリックすると大きいサイズで表示されます。

HL25GRP-beach-1.jpg

HL25GRP-beach-1-2.jpg

2本目は癒しの砂地とサンゴ、スリーツリーズ。

やや流れを感じつつ潜降して、まずは砂地で、
オーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュ。

クリーニング中でジーっとしているユカタハタ、
たまに口を大きく開けて、ポーズを取ってくれます。

スリースリー・ベニハゼ9900 (3)

スリースリー・ベニハゼ9900 (4)

スリースリー・ベニハゼ9900 (1)

スリースリー・ベニハゼ9900 (2)

アカヒメジの群れやタイマイ、ウミタケハゼ、ハナダイギンポ、、
ベニハゼの仲間、スターリードラゴネットを見て安全停止。

するとブラックフィンバラクーダの群れがちょうど真横に!
大興奮のまま浮上となりました!

3本目はコボン・ウェストリッジ。
やや流れがありますが、抜群の透明度!

koboコボン・ハナダイギンポ9988 (3)

立派なイソバナを見ながら潜降です。

ピンクのソフトコーラルの前には真っ赤なタテジマヘビギンポ。
エイブルズエンジェルフィッシュの擬態をしている、
インディアンミミックサージョンフィッシュ赤ちゃん。

koboコボン・ハナダイギンポ9988 (1)

船橋市の非公式キャラクターに似たハナダイギンポ、
口は半開きだけど、それが可愛いー。

koboコボン・ハナダイギンポ9988 (2)

ナポレオンのペアやモルジブズスポンジスネイル、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れなど、
大満足の1本となりました。

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ。
前回のクルーズではジンベエ、その前はマンタ、
否が応でも期待が高まります!

タチャイP3049040 (9)

やや流れを感じつつロープ潜降すると、
いきなりブラックフィンバラクーダ群れ!

タチャイP3049040 (3)

タチャイP3049040 (7)

潮当たりからドドドドー!と200匹程のカスミアジ!

タチャイP3049040 (8)

立体的なウミウチワを見ていたら・・鳴り響いた鈴の音。

「リリリリリン!!!!」

前方のダイバーが1つの方向に向かって一斉に進みます。
目を凝らして、その方向を見つめると・・近づいてくる黒い影。

タチャイP3049040 (5)

その大きな翼をゆっくりと動かして1回、2回と旋回。

タチャイP3049040 (1)

「バラクーダの群れに突っ込めー」という贅沢な希望は、
叶いませんでしたが、ゲスト全員が見ることができました。

タチャイ・ウミシダ産卵8876

タチャイP3049040 (2)

ウミシダの産卵やキンセンフエダイ、
サンゴが美しい場所も回りました。

タチャイP3049040 (6)

至福の時間、ダイビングって素晴らしいなと再確認した1本となりました!

夜 (1)

本日お誕生日のMさん、Happy Birthday!!
夜はみんなでお祝いをして盛り上がりました!

夜 (2)

夜 (3)

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

3日目はコタチャイからスタート!
流れは昨日よりずいぶん穏やかになりました。

タチャイP3059069 (5)

サンゴが素晴らしい場所を泳ぎながら、
今日もマンタいてくれたらいいな・・・・「リリリリリン!!」おぉ!?

タチャイP3049040 (4)

タチャイP3059069 マンタ(5)


早々に登場のオニイトマキエイ!4m程でしょうか。
何度も旋回してくれて、そして最後には「ビョーン!」と宙返り。

タチャイP3059069 マンタ(4)

タチャイP3059069 マンタ(6)

タチャイP3059069 (1)ブラックフィンバラクーダ

ブラックフィンバラクーダは昨日に増して、その数を増やした感じです。
200-300匹ほどでしょうか、水面付近でグルグルと渦を巻き続けます。

タチャイ200本_3050505

このダイビングで200本記念!Hさんおめでとうございます!
バラクーダの前で記念撮影をしました。

流れが難しいこともあるこのサイト、やはり凄いサイトです!

2・3・4本目はタイを代表するサイト・リチェリューロック。
25mは見えている最高のコンディション!

リチェリューP3059192 (1)ヒメタカサゴ

視界を覆いつくす程のタカサゴたち、
追っかけるのはロウニンアジやマテアジの群れ。

ニセクロホシフエダイの大きな群れに突っ込むホシカイワリ。
知らんぷりして隣を通り過ぎて行ったのはナポレオン。

ソフトコーラルやウミウチワが綺麗な場所でじっくり写真タイム。

リチェリューP3059192 (6)タイガー

リチェリューP3059192 (4)ベンケイハゼ

イバラタツやタイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、
綺麗なウミウシ・トリンチェシア・シボガィ、ベンケイハゼ。

リチェリューP3059192 (3)アンダマンウバウオ

ヌペッとした質感で可愛いアンダマンウバウオ。

リチェリューP3059192 (5)トマト

リチェリューP3059192 (2)モンハナシャコ

トマトアネモネフィッシュの可愛い顔。
美しすぎるシャコ、モンハナシャコ。

リチェリューP3059192 (7)インディアンライオンフィッシュ

ソフトコーラルの前にはインディアンライオンフィッシュ。

右も左も次々とお魚が登場してきます。

サンセットダイブの時間には、さらにヒートアップする捕食!
大きな塊として生きているかのように、刻一刻とその形を変える、
小さいタカサゴの群れ。

虎視眈々と捕食のチャンスを狙い、そして飛び込む、
ロウニンアジやマテアジ。捕食ショーは圧巻です!

3本でも足りないという声が聞こえてくるリチェリューロック。
今日も素晴らしいダイビングをすることができました!

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

寂しいけれど最終日。楽しい時間はあっという間です。

朝009999

1本目コボン・ウェストリッジ。
気持ちの良いブルーに溶け込むように潜降です。

朝の捕食の時間とあって水中は大忙し、
タカサゴやスカシテンジクダイを捕食しようと、
アミメフエダイやツムブリ、カスミアジが駆け回ります。

迫力満点のオニカマスが登場すると、
水中のお魚たちにも緊張感が走ります。

スポッテドバタフライフッシュやアンダマンダムゼル、
アンダマンヘビギンポを観察して安全停止へ入ろうとしていたら、
オニイトマキエイの登場!

短い時間でしたが、カッコいいシルエットを見ることができました。

最終ダイブは濃ゆい魚影の沈船ボンスーンレック。

ミナミギンガメアジやニセクロホシフエダイ、
キンセンフエダイが壁のように群れ、
マスクの前はお魚一色に染まります。

手招きすると近づいてくるネズミフグ、
キイロウミウシやクロモドーリス・アンヌラータと言ったウミウシ。

沈船の周りに所せましと様々な生物が住んでいます。

HL25group0099
※クリックすると大きいサイズで表示されます。

最後はみなさんで集合写真。「パシャ」
楽しい思い出が詰まった第25回ハレルヤ号クルーズも間もなく帰港です。

抜群のコンディションの中、時間があっという間に感じた4日間。
みなさん、またハレルヤ号でお会いしましょう。

ありがとうございました!!

報告/Hiro,Hossy,Tsuyoki
写真/お客様からたくさん頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/03/06(月) 13:51:52|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD