Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2007.8.30 チュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/29℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/25m
透明度下/15m

akaobi-s.jpg

外洋のコンディションが最高な毎日☆今日はチュンポンピナクルへ行ってきました!海の色もかなりキレイ!そして魚影も最高!

まずはピナクルの周りを泳いで群れを探しに行きました。いきなり現れたのはピックハンドルバラクーダの群れでした。ワイド系大好きなお客様のHさんは、群れめがけて猛ダッシュ!ダイバーが回りにいなかったので群れで遊び放題でした。そしてそのすぐ真下には、丸々と太った大きなグレーリーフシャークがゆっくりと泳いでいました。

そして今日は少し深い所へも遊びに行きました。狙いは一つ、アカオビハナダイです。お客様Yさんからのリクエストにより行ってきました。キレイなブラックコーラルの周りにはアカオビハナダイのメスがたくさんいました。その中をよく見ていると、いましたオス!見た目は青っぽく、暗い色ですがトーチで光を当てるとアカオビハナダイの赤いキレイな帯、ピンクっぽい体の色を見ることができます。かなり動き回るので、写真を撮るのに苦戦されていましたが、見れたということで満足したとのことでした☆

その後は再び大きなサカナ探しをして遊んでいました。ピナクルのまわりには相変わらずすごい量のイエローバンドフュージュラーが覆い尽くしています。それを捕食しに、今日はたくさんのイケカツオたちが泳ぎまわって狩をしていました。そのサカナだらけのなかを目をこらして見てみると、さらにツバメウオの群れもいました。近寄っても全く逃げないのでフォト派の方々も色々な方向から写真を撮られていました。更にチュンポンピナクル名物のハナビラクマノミ畑の上を泳いでいると中層には大きなサバヒーが数匹横切っていくのも見えました。

大物も小物も絶好調のチュンポンピナクル。潜るなら今です!!次回の最新海情報もお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/アカオビハナダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/30(木) 17:15:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.28 セイルロック

ロケーション/タオ島
ポイント/セイルロック
天候/晴れ
水温/29℃
風向/なし
流れ/少々
透明度上/25m
透明度下/15m

tsukityou-junko.jpg

今日はフルデイトリップ!絶好調のセイルロックを目指しました。雲は多いものの海の色は良好、コタオブルーがみんなの期待を高める中でのエントリー。今日はサイト一番乗りを果たした為、群れ独占ダイブを堪能しました。

このサイトの通過儀礼ともいえるチムニー(縦穴)潜行した僕らを迎えてくれたのはホソヒラアジの群れ、通称アジ玉。透明度が良かった為、大きな群れの全体像もバッチリ視界に入り早起きダイバー達のテンションも↑↑↑状態。続いてクリーニング中のオオクチイケカツオに大接近で撮影会を開いていた僕らの先に現れた巨大な黒い影。近づいてみるとギンガメアジの激群れ!巨大すぎて視界に収まりきらない程。右に左に揺れる群れは深度の浅いところに居た為、黒いオーロラを見るよう(オーロラを見たことはありませんが・・)。上がった後のゲストの中には、1000を裕に超えるアジの大群に“魚酔い”しそうだったという声も出るほど。この群れの余りの凄さに見惚れ、バラクーダを見に行く時間がなくなってしましました。

そしてそろそろ安全停止を、と思った僕らの前にダメ押しの群れ攻撃。ツキチョウチョウウオです。通常ツガイでいるはずのこのチョウチョウウオが今日は群れてました。その数32匹(確信)!その中心にはなぜかワヌケヤッコ。普段人気者のワヌケヤッコも、ツキチョウが群れるレアな現象を写真に収めたいゲストには、少々お邪魔だったよう。贅沢な悩みです。

この日はコンディションが良かった為、2本目もセイルロックで。2本目はしっかりピックハンドル&シェベロンバラクーダの大群に360°の大パノラマで巻かれた至福の1本を堪能しました。

報告/KOKI
写真/ツキチョウチョウウオ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/28(火) 19:14:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.26 セイルロック

ロケーション/タオ島
ポイント/セイルロック
天候/曇り
水温/29℃
風向/あり
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/30m

grgingame.jpg

今日のセイルロックのコンディションはここ一番最高でした!海が青い!濃紺のブルーで、水面から水底を見ることができました。ゲストの皆様と、水面にいるときから大興奮でした。お客様のタカコさんはなんと100本記念!そして更にヨシコさんはここダイブでなんと500本記念!めでたい上にコンディションが最高で、何度もセイルロックで潜っている私でさえも感激した1日でした。

名物のチムニー潜降をした後は、群れや大物を狙って泳いでいました。まず出会ったのはシェベロンバラクーダの群れ!人もあまりいまなかったので群れに突っ込んで遊び放題でした☆群れにぶつかたり巻かれたりして酔いしれていました。中層を見ると、大きなイケカツオたちも今日は群れになっていました。捕食モードで、小魚を狙ってグループになってすごいスピードで泳ぎ回っていました。そのすぐそばではツバメウオが推定、約120匹が大きな玉になってホバリング。そのまたそばでは大きなピックハンドルバラクーダの群れがゆっくりと泳いでいました。最近の外洋の中では、セイルロックのピックハンドルバラクーダが一番多くて密度が濃い!近くに寄ってもまったくおかまいなしです。すごい、すごすぎる!そんな光景の中ふと見下ろすと、大きなコビアがすごい速さで泳いでいるのが見えました。少なくとも人の身長はったので、始めはサメかと思いました。

今、セイルロックの中で一番旬のサカナはギンガメアジ!今日も激群れでした☆特に今日は透明度も良かったので、ギンガメアジの群れがかなり遠くのほうまで見ることが出来ました。こんなにたくさんいたなんて!今日私の中でのギンガメアジは最高に感動、感激しました。そんなに近くで見てるわけでなくても、中層を見ると、視界の全てがギンガメアジなのです!私の目が魚眼だったらもっと広範囲で見れるのに!と真剣に思いました。自分の見える視界の全てがギンガメアジだなんて、これこそ壁です!そのときは人もあまりいなかったので、群れに突っ込んで遊びまくりでした。今のセイルロックのギンガメアジをみんなに見てほしい!!本当にスゴイ!!次回のセイルロックも本当に楽しみです☆

報告/MAYUKO
写真/ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/26(日) 17:08:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.24 チュンポン

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/弱
透明度上/20m
透明度下/20m

grayreefshark3.jpg

今日のチュンポンピナクルはここ最近では1番最高のコンディションでした。しばらく波がある中のダイビングでしたが、やっとタオ島らしいベタナギに戻りました。

海の色もすごくキレイな青色をしていました。中に入って即効、下を見下ろすとギンガメアジの群れが固まりになっていました。近頃はギンガメアジの量が増えてきたように思います。ピナクルの周りにはイエローバンドフュージュラーとクロリボンスズメダイが視界が悪くなってしまうくらいたくさんいました。沖の方を睨みつけるようにずっと見ながら泳いでいると、先のほうからなにやらたくさんのサカナが来ると思ったらオニアジの群れでした。早いスピードで独特な泳ぎ方をしながら私とゲストの方たちのすぐ前を横切っていきました。さらにその沖のほうにはイケカツオの群れも見えました。

さらに何か大物や群れはいないかなぁ・・・とドンドン泳いでいくと、今度は大きなバラクーダの群れが現れました。よく見てみると、前の固まりはピックハンドルバラクーダの群れ、あとの固まりはシェベロンバラクーダの群れになっていました。周りを巻かれたり真下を通っていったり、大迫力でした!

まだ何かいそう!と沖のほうを見ていると、今度はグレーリーフシャークが登場しました・・・でもなにやらいつもと動きがおかしい?泳ぎ方も暴れるように泳いでいたのです。ずっと見ていると、後ろにはイケカツオがいました。なんとイケカツオがグレーリーフシャークを攻撃していました。タオ島のゴマモンガラ以上の激しい攻撃に、サメは『痛いーーーヤメテーー!』と言っているように見えました。イケカツオって強いんですね・・・。

最後はピナクルの上一面のハナビラクマノミ畑を気持ちよく泳ぎました。中層には今日もツバメウオの群れがキレイに並んで群れを作っていました。

今日のチュンポンピナクルは最高に良かったので2本も潜りました!潜るなら今です!!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/グレーリーフシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/24(金) 16:44:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.22 サイリービーチ

ロケーション/タオ島
ポイント/サイリービーチ
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m

hatchout-s.jpg

最近は夜になると少し波が出てていましたがおさまりました。。。ということで久々に行ってきました!トウアカクマノミのハッチアウトを見に☆

今日、孵化をする予定のタマゴを持ったコロニーの名前は「N21」!薄暗くなったころにゲストの皆様と潜降しました。サイリービーチにはたくさんのトウアカクマノミが生息しています。「N21」へ向かっている道中もいくつものトウアカクマノミのコロニーを通って行きました。夜のトウアカクマノミは一層カワイイのです!イボハタゴイソギンチャクで眠るトウアカクマノミをたくさん見ることができます。ある固体はイソギンチャクの上に布団で寝るかのように横になって眠っていたり、またある固体はイソギンチャクの間に入り顔だけ出して眠っていたり。夜にしか見れない光景をたくさん見ることができます。

そして「N21」のコロニーへたどり着いて、様子を見ているとまだ孵化はしておらず、親が一生懸命ヒレをパタパタとタマゴに向かって仰いで新鮮な海水を送っているところでした。なるべくストレスを与えないように静かに待っていると、たくさんあるタマゴの中のひとつがプルプルっと震えて中から小さなトウアカクマノミの赤ちゃんが飛び出しました。みんなでにじり寄って顔を近づけて見ていたら、更にヒレを仰いでいる親の下にあるタマゴたちが一斉にプルプルっと震えだして次々と赤ちゃんたちが飛び出してきました。孵化のピークが来たらもう止まりません。カメラを何台も近づけようが間近で見ようが次々と産まれていきます。

水面の方へ昇っていく産まれたてのトウアカクマノミたち。この子たちのいったい何固体が生き残れるのだろう・・・おそらく1匹・・・もしくは全部・・・考えたくないけど厳しい世界です。近いうちにサイリービーチにあるトウアカクマノミのコロニーのどれかに小さなカワイイ赤ちゃんトウアカクマノミが現れることを祈っています。がんばれチビトウアカたち!

報告/MAYUKO
写真/トウアカクマノミのハッチアウト

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/22(水) 16:40:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.22 サウスウェスト

ロケーション/タオ島
ポイント/サウスウェストピナクル
天候/曇り
水温/29℃
風向/あり
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/10m

久々に行って来ました、タオ島3大外洋ポイントのひとつ、サウスウェストピナクル。最近はセイルロック/チュンポンピナクルの絶好調ぶりに影を潜めていた感がありましたが、サウス名物は健在でした。
そう、キンセンフエダイの大群です。ご存知の方も多いかと思いますが、この群れの規模は半端じゃありません。今日はバラクーダの出待ちがてら向かった“離れピナクル”で現れた黄色い軍団。群れの真ん中を割るように進むのですが、行けども行けども黄色一色。この群れが蠢く様は、オリンピック開会式のマスゲームのようでもあり、風にたなびくカーテンのようでもあり。アジやバラクーダの群れとは一味違った、優雅な気分を味わえます。

側に居たタイワンカマスたちも気持ち良さげに泳いでいました。この海域に棲むトウアカクマノミの中でもダントツ元気!と噂の“サウスのトウアカ”や燻し銀の代表格クロホシフエダイ、ツムブリなどを眺めながら戻ったメインピナクルではもうひとつの名物、センジュイソギンチャクの大群生を俯瞰で楽しみ安全停止。

ボートに戻ったゲストの皆様は口々に感動を報告し合っていました。

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/22(水) 16:37:16|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.21 チュンポン

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/10m

tsubameuo5.jpg

今日はショップツアーSeaLoveの皆様と大物&群れを狙ってチュンポンピナクルへ行ってきました。

群れに目を光らせて海の中に入った瞬間から、下のほうに何か大きな影があったので近づいてみるとギンガメアジの群れに出会いました。その横ではたくさんのキンセンフエダイたちも河のようになって群れていました。ピナクルの周りを多い尽くすようにいるイエローバンドフュージュラーの中に入ってみたり、遠くから見てみたりといろんな方向から眺めていました。中に突っ込んで行くと一斉に散っていくし、遠くから眺めているとコガネアジやイケカツオが捕食にやってきて、大群になっているイエローバンドフュージュラーを追い回していました。太陽が群れに反射して本当にキレイでした。

そんな中ふと見下ろすと大きく太ったグレーリーフシャークがピナクルまで行ったり来たりしていました。同じところを泳いでいたので、しばらく様子を見ることができました。その奥の中層を見ていると、ピックハンドルバラクーダの群れも私たちの横を通過中でした。大きい固体は1m以上はあるので何回見ても興奮してしまいます。

チュンポンピナクル名物のハナビラクマノミ群生地帯は今日も絶好調でした。この上を泳いでいるときは不思議な草原の上を飛んでいるかのようにもみえます。その上ピナクルから上を見上げると、約50匹のツバメウオが群れになってホバリングをしていました。正面顔はなんだか愛嬌のある顔をしていて、横姿はシルエットがキレイでカメラを持っていたら思わず下から見上げて影のようにして撮りたくなりました。

今日もワイド尽くしで楽しいダイビングでした!何度行っても面白いチュンポンピンクル。次回は何に出会えるか楽しみです!

報告/MAYUKO
写真/ツバメウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/21(火) 18:36:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.17 ツインズ

ロケーション/タオ島
ポイント/ツインズ
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m

ginga-takaharu.jpg

今日一緒に潜ったタカハルさんは、最近購入したCANONの一眼デジカメ5Dを持ってのダイビング。このカメラ、本当に評判が良く、プロの水中カメラマンも良く使っていますが、タカハルさん、大枚はたいただけに、ここ一番、結果を残して、奥様を納得させないと・・・ね。実は、ここ最近の、この海ログページの写真はタカハルさんの作品をお借りしているものが多いですが、どうですか?買ったばかりで初めて使うカメラとは思えない使いこなしっぷりですよ。

右の写真はツインズのギンガハゼ。黄色固体と黒固体のペアです。黒固体が『銀河』を思わせる美しい模様を持つので命名されたということですが、昔は黄色固体は別の種類と思われ『コガネ(黄金)ハゼ』と言われたりしていました。が、実は色は違えど全く同じ種の魚なのです。だからこうしてカップリングして一緒に暮らしたりします。ただ、観察していると、黄色同士、黒色同士のペアが多いです。タオ島は、ギンガハゼがめちゃくちゃ多く生息しているので、黄色ゾーンと黒色ゾーンの境目を狙うと、たまに異色カップルに出会います。やっぱり、黄&黒が絵になりますね。

ぜんぜん逃げないので、容易に接写ができることで有名なタオ島のギンガハゼですが、2匹のうち、一匹はすぐに穴に隠れます。残りの1匹は、いくら近づいても逃げません。最初に逃げるのは大抵いつも同じ固体ですが、一般には、雄のほうが臆病で、雌が最後まで穴の入り口で踏ん張ると言われます。♀のほうがド根性があるのは人間も同じ!?でしょうか。

報告/TAKESHI
写真/ギンガハゼの黄&黒のペア (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/17(金) 13:02:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.17 サイリービーチ

ロケーション/タオ島
ポイント/サイリ-ビーチ
天候/晴→曇
水温/30℃
風向/あり
流れ/若干
透明度上/10m
透明度下/5m

touaka-takaharu.jpg

ビッグブルーの目の前に広がるサイリービーチは水深10m未満ののんびり系ポイント。今日は朝からチュンポン/ツインズと潜ったあとの正午頃エントリー。5名のゲストと共にサイリー名物トウアカ巡りに向かいました。
この企画の面白さのひとつが、トウアカクマノミのコロニーをいくつも巡る事で、固体毎の性格の違いが誰でもはっきり判ること。コロニーによって臆病だったり闘争心に溢れていたりきれい好きだったり・・・。今日は若干流れがあった為に海藻類がコロニーであるイソギンチャクに漂着します。それを咥えてコロニーの外に運び一生懸命に棲家を守る姿は健気で愛らしさに溢れていました。いくつかのコロニーでは産卵床でスクスク育つトウアカの卵達の世話をする姿も見られ、思いがけず目頭が熱くなってしまいました。

このサイリービーチのトウアカ巡り、面白さの秘密は他にもあります。コロニーからコロニーへと移動する道中に遭遇する水中生物達も見逃せない存在です。今日僕達を楽しませてくれたメンバーは、ゴンズイ玉、ギンガハゼ、ブチウミウシ、シマカスリハゼ、ワモンキセワタガイなどなど。そして今日のヒット賞はシーホースの仲間。2cmあるかないかの小さな体で砂地を漂っていました。このところツインズやマンゴーベイなどのポイントでも目撃例が続出のシーホース。サイリーにも登場し、シーズン後半を盛り上げてくれそうな予感。

報告/KOKI
写真/トウアカクマノミ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/17(金) 09:29:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.16 セイルロック

ロケーション/タオ島
ポイント/セイルロック
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/15m

gingame-takaharu1.jpg

今日はフルデイトリップ!コンディションが上がってきているセイルロックへ行ってきました。透明度も魚影も抜群でした!

お馴染のチムニー潜降をしてから見上げると、いきなりギンガメアジ玉が待ち構えていました。遠くから見たら岩かと思うくらいの塊でした。最近のセイルロックの旬のサカナはギンガメアジです!!本当にすごい量がいるのです!塊も何箇所にもいるうえに、岩を覆うようにすごい量がいたりします。セイルロックの大きな岩とギンガメアジの岩のような塊に挟まれて泳いでいたら、前から今度はシェベロンバラクーダの壁がやってきました。追いかけなくても私とゲストの皆様の周りをグルグルと囲み、360度シェベロンバラクーダに囲まれました。更に沖の中層を見ると、今度は大きなピックハンドルバラクーダの群れがいました。いつもよりなぜか密集していたうえに、かなり近づいても全く逃げませんでした。ピックハンドルバラクーダの一員になるかのように一緒に泳いで遊んだりもしていました。

この1本のダイビングの行動範囲はなんと50mも動いていないくらい...。それでこんなに全部見れるのです!今のセイルロックはスゴイ!!次回の最新海情報もお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/ギンガメアジ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/16(木) 13:51:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.15 ツインズ

ロケーション/タオ島
ポイント/ツインズ
天候/晴天
水温/29℃
風向/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

touaka4.jpg

最近のツインズは素敵な小物がたくさんいます。面白いです!

まずは最近アイドルのタツノオトシゴを見に行きました。全長20cmはある大きな黒い固体が今日も砂ちをヨチヨチと歩いていました。可愛いのでついて泳いでいると、新たに同じくらいの大きさの固体がいました。カップルかな?と思わす2匹の視線の行きかい...可愛かった☆これからもいついてくれますように!

そして最近もうひとつアイドルになっているのが、ゴルゴニアンシュリンプ。比較的浅い場所にいるので観察もしやすく、写真も取り放題です。そんな最近旬の生き物を見た後は、毎度お馴染みのギンガハゼ地帯へ遊びに行き、そしてマバラシライトイソギンチャクに住むトウアカクマノミを見に行きました。どちらも相変わらず元気良さそうに泳いでいました。

そして今日は岩陰に大きなエイを発見しました!その名もジェンキンスウィップレイと呼び、急に激しく動いたりするときにはちょっとドキっとしてしまうカッコ良いエイです。最近いついているようなので、これも長くいてくれたらな、と思います。

大きい生き物に小さいものに。今なんでもいますツインズ!タオ島に来たときには是非一度潜ってみてください!!

報告/MAYUKO
写真/トウアカクマノミとマバラシライトイソギンチャクの共生

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/15(水) 10:59:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.15 チュンポン

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

grayreefshark4.jpg

今日のチュンポンピナクルのコンディションは波はあったものの最高でした!

中へ入ってすぐに出会ったのはピックハンドルバラクーダ!しかも特大がずっとそばを泳いでいました。たくさんのクロホシフエダイの群れもピナクルのすぐ近くにいたので、今日のゲスト、ノリユキさんタカコさんは夢中で撮影をされていました。その横を大きなグレーリーフシャークが横切って行ったりし、大迫力でした。更に次は私たちのすぐ近くをオニアジの群れが何度も左右に行き来し、それに混じってシェベロンバラクーダの壁が出現したり、本当にすごかったです。

そして今日のツバメウオの群れは美しかった!80匹ほどの塊が同じ方向へゆったりと泳いで行ったかと思うと、一斉に私たちのいるほうへ真正面を向きながら泳いできたりして、様々な角度から群れを観察することができました。更に、チュンポンピナクルの下を見下ろすと、キンセンフエダイの河(のような群れ)とギンガメアジの河(ような群れ)が交差するように泳いでいて本当にキレイでした。

今ならチュンポンピンクルに行けば見たい群れが全て見れます!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/グレーリーフシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/15(水) 07:04:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.15 チュンポン

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

wanuke-takaharu.jpg

今日はおめでたいダイビングをしてきました。2年前に、ここタオ島のビッグブルーのゲストとして出会った二人が、今度結婚をすることになったということで、報告がてら遊びに来てくれたのです。そこで、こちらも二人を祝福しようと、ネタを仕込んでダイビングをしてきました。

今日はフルデイトリップで、1本目はセイルロックにでもぐりました。おなじみの竪穴チムニーから潜降し、出口で待ち構えて、『Happy Wedding!』と書かれた垂れ幕を広げて待っていました。何も聞いていない二人はビックリ!その後、誓いの水中キスを!・・・とその前に、デモンストレーションを。TAKESHIとお客さんのカズアキ君が見本を見せました。もちろん、唇は付いていないですよ、念のため。で、二人の濃厚な長ーいキスを見せ付けられた後、ふと、周りを見れば、シェベロンバラクーダの群れに囲まれていました。ギンガメアジやホソヒラアジが海の水を埋め尽くすがごとく、激群れていました。今のセイルロック、本当に魚影が濃いです。

さて、御目出度いダイビングをしていたら、出ました!伝説のハートマークのワヌケヤッコ!この魚、目の後ろに、『輪』の模様があるので、ワヌケヤッコという名前が付いていますが、この輪、普通はまん丸ですが、その部分がハート型になっていたのです。ちょうどWeddingダイビングをしている二人の前に登場した、名づけて『ハートヌケヤッコ・・・』。偶然とは思えない、縁起物がダイビングに花を添えてくれました。

アキコちゃん、ナオ君、末永くお幸せに!

報告/TAKESHI
写真/ハートマークのワヌケヤッコ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/15(水) 06:49:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.12 ホワイトロック

ロケーション/タオ島
ポイント/ホワイトロック・ツインズ
天候/晴天
水温/29℃
風向/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

akasujikakure.jpg

シーズン到来です!天気が完全に回復しました!今日はファンダイブのお客様とタオ島の近場のサイトで潜りました。

ホワイトロックは透明度も良く、明るい景色の中で泳ぐサカナたちはいつもより更に元気そうに見えました。まずは砂地へ遊びに行きました。ドラえもん顔で有名のフタホシタカノハハゼ地帯へ着くと、それぞれ自分のハゼを見つけて観察会。めずらしい黄色固体もたくさんいました。黄色固体は写真に撮ると、青い模様が本当にキレイ。同じ砂地で所々に生えているコーラルを散策していると、たくさんのアカスジカクレエビがいるコーラルがありました。固体によってはタマゴを持っていて、透明の体から透けて小さなタマゴが見えていました。キレイなハードコーラル地帯では、ずっと大きなタイマイと一緒に泳ぐことが出来ました。タイマイは捕食中で、今日は特にバブルコーラルをモグモグと噛み砕いて中の生物などを捕食していました。

次に行ったツインズでは、最近おなじみになっているタツノオトシゴを見に行きました。大きな固体で、体調15cmはあります。以前は2匹まで確認していましたが、今日はなんと3匹も大きな固体が砂地にいました。タツノオトシゴシーズン到来かもしれません!そしてもうひとつツインズでお馴染のトウアカクマノミは、タマゴを持っていました。目玉がはっきりと見えるので、おそらく明日にハッチアウトするでしょう!

タオ島の海は完全回復?!絶好調のお盆!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/アカスジカクレエビ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/12(日) 17:53:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.11 チュンポン

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポン
天候/晴れ
水温/29℃
風向/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

grayreefshark2.jpg

ここ数日間、曇っていましたが回復しました!晴れーー!今日はファンダイバーの皆様とチュンポンピナクルへ行ってきました。海の色が最高!濃い青色をしているときは良いのです!今日はかなりいいです。

海の中へ入ってすぐに向かったのはキンセンフエダイの激群れの場所です。今日も激群れていましたがそのうえにホソヒラアジの塊も一緒になっていたので黄色いサカナの玉になっていました。その中に大きなヤイトハタも数匹ホバリングしていました。名づけて『中層ヤイトさん!』スゴイ!

そして最近のグレーリーフシャークもすごいです☆視界に入るだけでも5~6匹がグルグルとダイバーの周りを回りかなりの迫力です。チュンポンピナクルの上には少なくとも50匹はいるツバメウオの群れ。今日は少し流れがあったので、ツバメウオたちはみんな斜め向けになっていてそのシルエットがまさしくツバメに見えました。群れに、大物に存分に楽しんだ後にボートへ向かって泳いでいたら1匹のクラゲがいました。よく見てみると、体長1cmほどのイトヒキアジの幼魚がついていました。私はこんなに小さな幼魚を見たのが初めてだったので、浮上するのも忘れずっと見ていました。

チュンポンピナクルは、大物も小物も何と出会えるか毎回ワクワクします☆次は何が見れるのだろう☆次回の海ログもお楽しみに!

報告/MAYUKO
写真/グレーリーフシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/11(土) 15:56:48|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.8.7 マンゴーベイ

ロケーション/タオ島
ポイント/マンゴーベイ・ジャパニーズガーデン
天候/晴れ
水温/29℃
風向/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

ginga-takuya.jpg

最近は、天気は良いのですが風が吹いています。マンゴーベイは近頃、群れと小物の両方がとにかく面白いです!浅場のサンゴ地帯ではお馴染みになっているホソヒラアジの群れ。今日はファンダイバー5人組の皆様と一緒に見に行きました。今日も激群れ!サカナで透明度がゼロになるくらいの魚影。回りにダイバーが誰もいなかったので、その群れに突っ込んだりかき回したりして遊びました。爽快!その近くにはもうひとつお馴染みのタイワンカマスの群れも私達を取り囲んでくれました。

マンゴーベイは真っ白な砂地帯もあり、昨日はなんとあのレアなヤリテングがいたのです!なので今日も何かいないかと散策しているとまずは最近ちらほら出始めているワモンキセワタガイが数匹活動的に動いていました。その近くでは砂から顔だけ出して可愛い1cmほどの大きさのタツノオトシゴが落ちているかのようにいました。今日はこれでダイビングを終わりましたが、もっと散策したら面白いものにたくさん出会えそうな気がします。今、マンゴーベイは群れも小物も面白いです!

今日は午後の1本目マンゴーベイに続きジャパニーズガーデンへ行ってきました。浅場はキレイなハードコーラルが広がっていますが、沖のほうはガレと砂地帯。ますはガレと砂地帯へ遊びに行きました。そこはハゼ天国。一面に様々な種類のハゼが住んでいます。

meta-takuya.jpg

まず、タオ島の中でも見れる場所が限られるのにここには大量にいるメタリックシュリンプゴビー地帯へ行きました。以前より更に増えているような気がしました。しかもカメラ好きの方に必見!かなり寄れます。引っ込まれてしまっても周りにはいくらでもいるので撮りまくることができます。他にも、浅場ではあまり見ることができないフタホシタカノハハゼも見ることができます。白個体とめずらしい黄色個体もいます。あとは大量のギンガハゼ、黄色個体と黒個体もたくさんいます。ハゼ好きの人はもうここだけでダイビングが終わってしまうでしょう!

このギンガハゼとメタリックシュリンプゴビーの写真は、ハゼ好き(名づけてハゼラー)のお客様タクヤさんの写真です。愛情が伝わります(笑)。ハゼが好きな方はジャパニーズガーデンへ是非一度!

報告/MAYUKO
写真/ギンガハゼ、メタリック (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/08/07(火) 18:07:13|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD