Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2007.11.30 ディープシックス

ロケーション/カオラック
ポイント/ディープシックス
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/20m
透明度下/20m

ronin.jpg

11月最後のダイビングです。気づけば、ログアップしていなかった・・・海は行ってるんです、でも、陸の仕事も忙しくアップできていませんでした。ちょっと、昨日から風が吹いて波があります。行きはちょっと揺れていました。でも、お天気はすごく良い!

今日はシミラン諸島#7の日。ディープシックスとイーストオブエデン。両方私のお気に入りです♪ディープシックスはエントリーした瞬間、透明度がちょっと悪いかなあ・・・でも、潜降するにつれて見えてきて、20mぐらいは見えていました。でも、最近30mが結構普通だったので、それに比べると波の影響でちょっと落ちています。でも、魚影濃い!!イエローダッシュフュージュラー、クマザサハナムロがわんさか群れていて、その中でカスミアジがガンガン捕食。今日はゲストから固有種のチョウチョウウオを紹介してほしいとのリクエストを頂いていたため、チョウチョウウオいっぱい見ました。あと、インディアンスモークエンジェルフィッシュや固有種じゃないけど、タテジマクンチャクダイの幼魚も、もちろん、アケボノハゼなどのマクロも充実。

そして、きわめつけは、ロウニンアジの群れ!!!35匹までは数えられました。しかも、グルグル。全然逃げずに私たちの廻りをロウニンが最後はずっと囲んでくれました。迫力!!これにはゲストも大喜び。

実はディープシックスは津波前に私が大好きだった場所。津波後はダメージを受けたのもあり、あまり潜っていなかったのですが、ソフトコーラルも復活してるし、今日潜っていて、ディープシックスをドキドキしながら潜る感覚を久々に取り戻しました。また、潜りたい!

報告/TAKESHI
写真/ロウニンアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/30(金) 23:27:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.28 チュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/弱
透明度上/10m
透明度下/5m

bearded-s.jpg

前回のタオのジンベエ海ログ以降も続々とジンベエ情報が飛び交うタオから今日の海ログを。

早起きして7:00出航のボートに乗り込み向かった先は、前日にもジンベエが出ているシャム湾の横綱ポイント、チュンポンピナクル。結果的には今日はジンベエには出会えませんでした。その代わりといっては何ですが、今日はここで遭遇したレアキャラをご紹介。

「受口之細身尾長之翁剥(うけくちのほそみおながのおきなはぎ:Anacanthus barbatus)」17字と長い名前の割に偶然にも音が俳句のようで呼びやすい!などと思っていたらやはり、これは命名した方の意図によるものらしく・・・粋なことを。

五・七・五でしかも「翁」、更に見た目も俳句を綴った短冊が風になびくイメージなので思いっきり「和」な印象ですが、日本近海には生息しておらず、インド洋や南シナ海などが主な生息域とのこと。故に標準和名(日本産魚類)からは除外され、「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」に日本最長名の座を譲っていて、ついつい肩を持ち応援したくなる存在。

タオでは年に数回見かける程度で、「最近見ないね」と噂をしていた所だったので、タイムリーな登場もポイント高し。出会うたび、その姿・名前から懐かしき日本に思いを馳せ、しんみりと涙を流してしまうのです(少々脚色)。

ちなみに英名は「ベアデットレザージャケット」とこちらもなかなか粋。タオにはこのほかにも「アトヒキテンジクダイダマシ」「ニセフウライチョウチョウウオ」「フタスジリュウキュウスズメダイ」などじゅげむ(名前が長い)系キャラクターが揃ってます。

ダイバーが少ないこの時期はレアキャラも、いぶし銀キャラも独り占めしたい放題!今後のタオ発の海ログにも期待してください!

報告/KOKI
写真/ウケクチノホソミオナガノオキナハギ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/30(金) 12:23:33|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.11.26 リチェリューロック

ロケーション/カオラック
ポイント/リチェリューロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

jinbe3-s.jpg

いやー、出ています!ジンベエザメが出まくりです!ここしばらく毎日ジンベエ情報が飛び交っているカオラックから、今日の海ログです。

今日は、某ジャーナリストの方と2人で潜ってきました。いい記事を書いてもらうためには、ここでジンベエは外せません。スピードボートですっ飛んで行き、ポイントに到着した時には、既に朝から出ていたジンベエがいなくなったあと・・・。しまった、タイミングを逃したかも・・・。というわけで、1本目は、タイガーテールシーホースやアンダマンウバウオなど、この海の固有種を狙ってもらうことに。もちろん、マクロだけでなく、美しいソフィトコーラルがびっしり付いた岩の根の周りには、キンセンフエダイなどの魚がごっちゃりと群れでいます。ジンベエは出なかったものの、なかなかのダイビングができました。

で、2本目。根の周りを流していたら、突然視界にドデカイ影が・・・。どっかーん、出ました!ジンベエザメ。ちょうど潮の当たるところでグルグル何度も何度も泳ぎ周るので、正面から、横から、上から、下から、撮りたい放題!しかも、ちょうど、デイトリップボートの2本目の時間帯はクルーズ船チームはまだ水面休息中。私達のチームだけの貸切状態。それはそれは幸せな時間でした。

今日はコボンでも、同じタイミングで別のジンベエが出ていました。マンタでも出ています。やはり今年は当たり年なのかも知れません。去年は大物には恵まれましたが、水温が異常に低く、透明度も悪かったですが、今年は、例年通りのコンディションの良さの中、大物付いています!今年は潜りに来るべきですよ!待ってます!

報告/TAKESHI
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/28(水) 16:38:42|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.26 ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ブレックファーストベンド
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/25m

今日はシミラン諸島のNo.9へ行ってきました。波、流れはあったもののコンディションはすごく良いです!

キレイなエダサンゴ畑を泳いでいたら、前方から大きなモノが近づいてきました。かなり大きなナポレオンでした。ブリーフィングでゲストの皆様にはなにもナポレオンのことについて話していなかったので、水中で突然遭遇した驚きようが私のなかでとても面白かったです。ハードコーラルがびっしりと生えているこのダイビングサイトは、景色をウットリと眺めているのが最高です。

流れにのって泳いでいたら、今度は可愛い海ガメ(タイマイ)がこちらへやってきました。サンゴをガリガリとかじって食事中のようでした。さらに流れにのっていくと、次はブラックフィンバラクーダの群れが現れました。お客様のヒロキさんは猛ダッシュをかけて撮影。他の皆様はその様子を後ろから見ていました。うん、ヒロキさんのダッシュはカッコよかったです!キレイな景色に大物に、満足して安全停止をしようと思ったら、再びブラックフィンバラクーダの群れが現れました。しかも次は数が倍ほど増えていたので大迫力。まったく逃げないので、どこまで近づけるか寄っていってみましたが、近づきすぎてこっちが後ずさりをしてしまいました・・・。

この日、リチュリューロックではジンベエザメがでていたとのこと!アンダマン海、熱すぎます!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/28(水) 16:37:55|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.23 ウェストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/ウェストオブエデン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/25m

jo.jpg

今日はウェストオブエデン、別名をシーファンシティという地形がダイナミックで大きなウミウチワがたくさんあるところへ行ってきました。ますは、大きな岩からドカーンと飛び出たウミウチワたちを見ながら景色を楽しんで泳いでいました。そのウミウチワのうちのひとつにからまるように大きなジャイアントモレイがいて、こっちを向いていました。ゲストの皆様と近づいていったら凶暴に首をブンブン振っていたので少し怖くなって近づくのをやめてしまいました・・・。本当は臆病なサカナなのですが、この大きさで動き回られたら少しビビッってしまいます・・・。

少し沖のガレ場を見ていると、ジョーフィッシュたちが巣から全身を垂直に出してモグラたたきゲームのように飛び出していました。その周りはヤッコエイが目玉だけ出して隠れていました。サンゴの隙間を除いて小物散策をしていると、そこには私が個人的に好きな白地に赤い水玉模様の可愛いレッドスポッテドコーラルクラッブが挟まっていました。その奥をさらに見てみると、パンダダルマハゼの夫婦がこっちを見ていました。再び泳いでいると、突然クマザサハナムロのすごい群れがドーン!と横切りました。その後ろにはカスミアジのグループが捕食中でした。最後に浮上しようと思ったら、人が1人増えた?!とよく見たら、タイマイが私達にまぎれていました。

シミラン諸島のコンディションはとても良いです!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/ジョーフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/24(土) 18:04:12|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.22 チュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/5m

jinbe9-s.jpg

1日に数回雨が降るものの、日中は晴れ間も多いタオ島。今日はダイブマスタートレーニング(DMT)中の"YUTA&TORU"、そしてNewダイブマスターのMASARUと潜ってきました。

DMTの2人は卒業間近。ガイディングの練習ということで、KOKIとMASARUをそれぞれお客さんに見立ててチュンポンピナクルへ。昨日と比べ全体的にモヤモヤとした印象でしたが、ワイドのダイビングが十分楽しめるコンディションです。TORUガイドチームになった僕が最初に出会ったのはツバメウオの群れ。ここの常連ですが、今日は特にまとまった群れを形成してのんびり泳いでいました。ピナクルに沿って次第に深度を取っていく僕らが次に見たのはグレーリーフシャーク。特に数匹で群れる様は迫力がありますが、今日のようなモヤの奥から編隊を組んで迫ってくる姿は独特の印象でちょっと焦ってしまいました。中盤、視界を埋め尽くす黄色が鮮やかなキンセンフエダイの群れや岩の上でクリーニングされる特大のオオクチイケカツオ、クールでダイナミックなシェベロンバラクーダを堪能し(今日はお客さん役ってことで本当に堪能しました!)、ブイラインへ。

MASARU&YUTAチームと合流し、安全停止をしていると、足元に大きな塊が迫ってきました。紺地に斑点がトレードマークのジンベエザメです。4m程の小振りな個体でしたが、しっかりジンベエオーラをまとい悠然と泳ぐ姿は格別。サカナの品格ランキングがあれば間違いなく一等賞です。

因みにDMTのYUTA、このダイビングのブリーフィングで僕達に、「ジンベエ、電話で呼んどいたんで、来てるかも知れませんよ」なんて言ってましたが・・・。彼はひょっとしたら凄いガイドになるかも・・・。

報告/KOKI
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/23(金) 12:05:35|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.11.20 コタチャイ

ロケーション/カオラック
ポイント/コタチャイ
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/25m

baracuda-s.jpg

今日のコタチャイ、すっごく良かったですよ!!まずは、波も全くないし、お天気は快晴◎今シーズンの今までのコタチャイは、そんなに当たりというダイビングにまだ出会えてなかったのですが(私が)、今日は当たり!!!

透明度もまずまず、そして、流れもそんなにない!潜降した瞬間、イエローバックフュージュラー、クマザサハナムロの大群がグルグルと群れていました。そして、群れ、群れ、群れ!!!ブラックフィンバラクーダの群れも一度だけではなく、何度も移動して、やってきてくれ、しかもかなり大きな群れだったし、バラクーダの群れを見ていて、後ろを振り返ると、体長1m以上の大きなオニカマスがすぐ近くでクリーニングされています。でも、その時ゲストの方はバラクーダの大きな群れを一生懸命撮影していたので、量をとるか、1匹の大きさをとるかで悩みましたが、結局、そのオニカマスは気づいたもう一人のゲストと見ていました。それぐらい、群れ具合が良かったんです♪

ギンガメアジも大きく綺麗に群れでいてくれたし、ロウニンアジ、カスミアジが10匹以上の編隊を組んで、クマザサハナムロの群れに突撃する様は本当に迫力でした。クマザサやイエローバックの群れは本当に大きな群れで、何か頭上が暗くなったと思ったら、群れで光が遮られていたほど・・・ゲストも、もういっぱいいすぎて、何を撮っていいのか、すっごく迷ってしまって困った~と贅沢なコメントをしていたほどの今日のコタチャイ。残念ながら昨日いたというマンタには出会えなかったのですが、今シーズン、このサイトでは間違いなくNo.1(私にとって)のダイビングができた日だったのです。

報告/NAOMI
写真/ブラックフィンバラクーダの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/21(水) 21:15:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.19 チュンポンピナクル・ツインズ

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル・ツインズ
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

baracuda2-s.jpg

今日はアドバンス講習でチュンポンピナクル&ツインズに行ってきましたー!しばらく降り続いた雨も、最近ではすっかりおさまり、海のコンディションも回復してきています。

エントリーして水面から中を見ると、見えます見えます!大迫力の巨大岩!その周りの濃すぎる魚影!!まずは水深30mまで行き、講習。ふと横を見ると、シェベロンバラクーダの群れがこっちに突っ込んできます!!最近のチュンポンは、シェベロンバラクーダがすごいんです!!ものすごい数!!僕が今まで見た中で一番すごい塊になって泳ぎ回ってます。一匹一匹もデカイ!!もちろんグレーリーフシャークも健在!初めての大物に大興奮の生徒さんたち。キンセンフエダイの塊は以前よりも浅いところに上がってきていて、その中には1m近いヤイトハタが3匹。イケカツオは15mくらいまで上がってきてます。深度をあげてハナビラクマノミ畑を眺めて、興奮冷めやらぬまま浮上。やっぱり何本潜っても飽きないですね。

2本目はツインズで魚の見分け方の講習。さすが、タオ島近場の看板サイト!色々な魚が見れて講習にも最適!寄っても魚が逃げないのが、タオの面白さです。一時は雨が続きコンディションが落ちてましたが、最近は雨もおさまり、かなり回復してきています! 

報告/SO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/21(水) 21:13:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.11.18 ビーコンリーフ・ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ビーコンリーフ・ブレックファーストベンド
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/20m

今日はタオにいつも来てくれているリピーターのマサヨシさんとデートダイブ。シミランに着いた瞬間、「ウォー!!こんな綺麗な海がタイに会ったんだー!!」と絶叫。

今日は天気も透明度も最高、マサヨシさんはおNEWのデジタル一眼&ワイドレンズで、コラーレバタフライフィッシュの群れ、巨大海ウチワ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、そして珊瑚がビッシリのドロップオフをゆっくり泳ぎながら眩しい太陽と重なるタイマイ、後半の浅瀬も、やはりどこまでも続く珊瑚棚とそこに住むインディアンフレームフェアリーバスレット、キンギョハナダイ、イエローテールフェアリーバスレット等の色鮮やかな群れを狙います!!シミランはひとつひとつのポイントが巨大なので行列待ちする必要もないんです、しかも今日は流れがほとんどなかったのでじっくりとフォトダイブを楽しむことができました。

報告/KUMA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/21(水) 21:10:32|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.17 ディープシックス

ロケーション/カオラック
ポイント/ディープシックス
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/20m

murehatatate2.jpg

今日はシミラン諸島No.7のディープシックスへ行っていました。大きな岩がダイナミックに重なり合い、スイムスルーもたくさんある地形派ダイバーおすすめダイブサイトです。

沖の方へ遊びに行くと、岩の隙間に可愛いアケボノハゼがつがいでホバリングをしていました。その傍らでヤッコエイが数匹砂の中に隠れていました。目だけ飛び出して見えているので、どこまで近寄れるか試してみましたが近寄るにつれて戸惑いの目玉になってきたので途中で止めておきました。中層はムレハタタデダイとブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れでいっぱい、水面近くには大きなロウニンアジのグループが獲物を狙って下を伺っていました。

そして今日やたらたくさん見かけたのは、ジャイアントモレイ。かなり大きな個体が多く、岩を覗いたら突然目の前に現れたりしたので何度もビックリしました。多少流れはありましたが、その方が魚が集まってよりキレイです!

シミラン諸島最高です!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/ムレハタタテダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/18(日) 14:24:18|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.12-16 シミランクルーズ

ロケーション/カオラック
ポイント/シミラン~リチェリューロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/25m

dan1.jpg

カオラックに来て早速行ってきましたクルーズ船!晴天、ベタナギ。最高のコンディション!シミラン諸島って本当にキレイだーーー!!!と、毎年見ているのに再び感激しました。

イーストオブエデンでは、まずはお馴染みアケボノハゼ地帯へ足を運びました。一つの穴から2匹飛び出しているのが普通なのに、なぜか3匹もいるところもありました。近寄っても引っ込まず、顔をわざと近づけたりして遊んでいました。そしてもう一つの名物の巨大なウミウチワでは、カラフルなキンギョハナダイ、小さくて可愛いヤマブキスズメダイたちがルンルンと踊るように泳いでいました。ガレ場を散策してみると、マッコスカーズフラッシャーズラスのオスたちがメスにアピールをしまくって、ヒレを思いっきり開きまくっていました。その側はジョーフィッシュ村。ずっと見ているとピョコピョコともぐらたたきのように飛び出たり引っ込んだりしていました。この透明度にこんなに美しいサンゴ。ウットリとしながら漂っているだけで幸せなダイビングでした☆

dan2.jpg

マンタを狙ったダイブ、コボンでは残念ながらマンタを見ることはできませんでした。しかしながら透明度は最高、魚影もスゴかったので、他の大物を探しに潮あたりの良い場所へ行きました。大きな山脈のようなダイナミックな地形を泳ぎまわっていたら、大きなレオパードシャーク発見!周りに誰もいなかったので、その大きな個体に近寄ってみました。どんなに近寄っても逃げない図太いレオパードシャークだったので、結局は私が退いてしまいました。コボン散策をしつつ、モンタも探していましたが、残念ながら遭遇することはできませんでした。

が!!!しかし!リチュリューロックですごい大物を見ちゃいました☆ジンベエザメ。

ボートの上で優雅に食事をとっていたら、ラジオにジンベエ情報が入りました。速攻マスク、フィン、スノーケルを持ってエントリー。そしたら真下にいました!体長は5~6mくらい。しばらくスノーケリングで追いかけましたが、ボートに上がって器材を背負い再びエントリーしました。岩の周りを泳ぎ、ジンベエザメを探しました。びっしりと生えるソフトコーラルの上に大きなコブシメが4匹求愛ダンスをしていました。

dan3.jpg

水面近くではブラックフィンバラクーダの群れが泳ぎ、私の横には大量のキンセンフエダイの群れとギンガメアジの河のような群れが行き来していました。どこを見てもウットリの景色にふと上を見上げると、出ました!ジンベエザメがちょうど私の上を泳いでいたのです。大きな影だったのでボートかと思ったら!!レギュレーター越しに絶叫。その後はひたすらジンベエザメと一緒に泳いでいました。水面を泳いでいることが多かったので、私は下から見上げるような感じでした。カオラックへ来て早速、最高なダイビングでした☆

今シーズンもガンガンと潜りますよーー!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/今回のクルーズより

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/17(土) 11:44:24|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2007.11.14 アニタズリーフ・イーストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/アニタズリーフ・イーストオブエデン
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/20m

tomato3.jpg

もちろん、今日も快晴のシミラン諸島。しかも、波もなくスピードボートは快調にすすみます。今日のサイトは癒しの人気サイト、アニタズリーフとイーストオブエデンの2ダイブ。

アニタズリーフは透明度30mは抜けています。サーモクラインも全くなくコンディションはかなり良いです◎今日は結構幼魚に目がいった日で、テンスの2cmぐらいの幼魚や、ミナミハコフグ、タテジマキンチャクダイの幼魚などなど。前回アニタに行ったときに書いた、クマノミコロニーに1匹だけ住み着いてるアンダマン海の固有種、トマトアネモネフィッシュの幼魚も相変わらず元気でした。ちょっと成長して大きくなってきてます。

イーストオブエデンは深場はサーモクラインが若干かかってるものの、透明度は25m良い感じに流れがはいってて、根のところは綺麗でした。そしてここでも、今日はトマトアネモネを見、その上ではイソマグロ3匹がグルグル廻ってるというマクロもワイドもご機嫌な1日だったのです♪  

報告/NAOMI
写真/トマトアネモネフィッシュの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/15(木) 18:41:13|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.13 チュンポンピナクル・ツインズ

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル・ツインズ
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

grayreefshark2.jpg

こんにちは。タオ島よりSOです。今日はダイブマスタートレーニング、トオルさんのガイドの練習に、チュンポンピナクルに行ってきました。数日降り続いた雨もすっかり収まり、この数日のタオは快晴続きです。波もほとんどなく、ボートも快調に進みます。

1本目のチュンポンピナクル。ローシーズンと言うこともあり、透明度はお世辞にも良いとは言えませんが、ダイバーも減ったせいか、今の群れはスゴイ!!まずはシェブロンバラクーダ。メインピナクルの上、水深15mくらいまで上がってきています!!しかもデカイ!!数も多い!!メチャメチャ近いんです!!ふと見上げれば、今まで見たことないくらいにキレイに渦巻いていました!!次はグレーリーフリャーク。同様に、かなり浅いところまで上がってきてます。僕が見たのは15mくらいの所でしたが、欧米人のスタッフは「ふとと上を見たらサメがいた!!あれは水深8mくらいだ!」と大興奮。お馴染みとなったツバメウオの群れも、更に一回り体が大きくなって迫力が増しました。他にも、ギンガメアジの群れ、大きなイケカツオ、超密集したフュージュラーの激群れ、などなど。透明度が落ちた分、魚が近くてメッチャ面白かったです。もちろんハナビラクマノミ畑も健在。

2本目はツインズで、タオ定番のハゼダイブ。数センチのところまで寄れるので、少々濁っても問題なしです。タオ島自体の観光客が減っている時期なので、いつもは大混雑の人気サイトも貸切状態で潜れます。講習も、のんびりペースで開催できますよ。透明度は確かに落ちてますが、マイペースに、のんびり島滞在を楽しみたい方には、ある意味オススメのシーズンかもしれません。

ちなみに、DMT/ユウタ&トオルのトレーニングも、いよいよ終盤に差し掛かってきました。立派なダイブマスターになれるのか?ご声援よろしくお願いします。

報告/SO
写真/グレーリーフシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/14(水) 15:31:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.11.12 ノースポイント

ロケーション/カオラック
ポイント/ノースポイント
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/25m

madaratobi2.jpg

晴れたー!!!本当に今日から青い空、青い海、青いシミランが帰ってきました。ポイントはわたしの大好きなノースポイントとブレックファーストベンド。ノースポイントは若干水が白いかな?という感じはしたものの、それでも25mは透明度も抜けているし、コンディションは上々♪

今日のシミラン諸島No.9のこの2つのダイブサイトは海がいい感じに動いてる感じで、魚影が濃い、濃い。イエローバックヒュージュラーが河のように流れれば、タイマイがその間を横切っていきます。

2本目では、ツバメウオ群れ、バラクーダの群れ、そして、マダラトビエイ、レオパードシャークなど常に魚影に囲まれながら、次々に景色が変わってく!スカシテンジクダイも増えてきました。

かなり、シミラン、良い感じです!!本当に潜りに来て下さいー。

報告/NAOMI
写真/マダラトビエイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/14(水) 15:31:23|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.11 ボンスーンレック

ロケーション/カオラック
ポイント/ボンスーンレック
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/弱
透明度上/20m
透明度下/15m

kasuri2.jpg

下記クマちゃんのログと同じく、今シーズン初のボンスーンレック!スタッフのマユコもカオラック入りして、いよいよシーズンが始まった感があります。今日はリピーターのお客様のマサ君のリクエストで、マキちゃん、トシアキさんと一緒に、スタッフ一同も便乗して調査ダイブに出かけました。

調査と言いつつ、実は最近手に入れたマニアックなおもちゃを持って潜ってきたのでした。そのおもちゃとは・・・!?EOS5D+3倍テレコンバージョン+100mmマクロレンズ+マクロコンバージョンレンズ・・・です。被写体にメチャクチャ寄れてドアップで撮れるウルトラマクロ。肉眼では見えない世界が写ります。

右の写真はカスリハゼの仲間。背ビレの形と青いワンポイントが特徴です。体長2cmほどのかなり小さな個体だったですが、それでも、このレンズでは画角に入りきらないので、マクロコンバージョンレンズは外して撮影しました。このセットの本気を出すには、もっともっと小さな被写体が必要です。うーん・・・、今度はシミランに持っていくとしよう。

そんなこんなで、下のログでクマちゃんが書いている通り、とてもたくさんのレオパードシャークやギンガメアジの群れがいたそうですが、私はずっと一箇所でカメラを覗いていたので、ほとんど見ていません。(^^;)

報告/TAKESHI
写真/カスリハゼの仲間

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 17:02:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:1

2007.11.11 ボンスーンレック

ロケーション/カオラック
ポイント/ボンスーンレック
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/弱
透明度上/15m
透明度下/5m

sebae.jpg

今シーズン初のボンスーンレック!今日は朝から天気がいい!

期待を胸に潜降していくと、ブイの根元のセバエアネモネフィッシュがお出迎え、今年も元気です。フグの仲間やミノカサゴ、去年よりも増えたギンガメアジの間を縫って沈船を進んでいくと、向こうから大きなダイバーが泳いでくるな~、と思ったらレオパードシャークでした!デカイです!2.5mもある大物。私の気配に気づいて逃げるどころか、向かってきて顔をかすめていきました。あの独特の泳ぎ方、私的にはワニのように見えます!?顔と長いしっぽを左右に大きく振りながら泳いできます。そしてまたすぐに違う方向から中くらいのレオパードが!!

さらに、クロモドーリス・アンヌラータ(ウミウシの仲間)の撮影に集中していて何だか隣に気配を感じるなーと思って見てみるとレオパードシャークがいつの間にか私の横に並んで寝ていました!その後もどこに行ってもレオパードシャークに遭遇。ここはマクロもかなり面白いので撮影用に100mmレンズでいった私、画面に納まるはずがありません、でも悔しいので顔だけ撮って来ました。数えてみると最低でも4~5体はいます!!

レオパードシャークに大接近したい人はボンスーンへ急いでください!!

報告/KUMA
写真/セバエアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 17:00:42|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.9 アニタズリーフ・イーストオブエデン・ストーンヘンジ

ロケーション/カオラック
ポイント/アニタズリーフ・イーストオブエデン・ストーンヘンジ
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/20m

minamiginpo.jpg

今日はマンツーマンでじっくり3本潜ってきました。ここの所天気が思わしくなかったのですが、ゲストのマキコさんが晴れ女っぷりを発揮!!一日中青い空、ジリジリ来る太陽光、海の中も明るい明るい♪

アニタズリーフとイーストオブエデンではまさに癒しのダイビング。キンメモドキのトンネルをゆるりゆるりと泳ぐユカタハタ、ハードコーラルから一斉に飛び出るデバスズメダイ達。そして私の大好きなスカシテンジクダイの大きな群れ、まるで透明に輝くガラス細工を空に放ったようにキラキラと浮かんで波打ちます。この景色を見てしまうとそこから動きたくなくなりますね。

癒し終わって3本目はストーンヘンジへ。ここは巨岩ポイントでまるで水中遺跡のようです。こういうゴツゴツしたポイントには大物が似合います!私達の周りを6匹の大きなイソマグロがグルグルと回って、遠くへ行ったりまた帰ってきたり。ゆったりとした流れに乗ってタイマイと一緒に泳いだり、浅瀬の岩場ではミナミギンポ、インポスターブレニー、ハタタテハゼ、メタリックブルーのアンダマンダムゼルを観察したりと、3本たっぷりシミランを満喫できました。

マキコさん、明日も晴れでお願いします。

報告/KUMA     
写真/ミナミギンポ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 16:55:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.8 リチェリューロック

ロケーション/カオラック
ポイント/リチェリューロック
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/弱
透明度上/15m
透明度下/5m

tomato_yg.jpg

今日は今年初となるリチェリューロックへ!!船の上から見る透明度はかなり悪そうでしたが…、ピナクル沿いを10m程潜降すると、しっかり抜けていました。

ソフトコーラルと海ウチワ、スカシテンジクダイにビッシリと覆いつくされたピナクル、さらにその上をキンセンフエダイの群れが覆います。スカシテンジクダイを掻き分けるとアンダマン海固有種のトマトアネモネフィッシュやミナミハコフグの幼魚達、幼魚から若魚へと成長途中のタテジマキンチャクダイ、イヤースポットブレニー、ハナダイギンポ。ピナクルの上を見上げるとブラックフィンバラクーダの群れ・・・。

ワイドからマクロまで楽しめるリチェリュー、今年も期待大です!!

報告/KUMA
写真/トマトアネモネフィッシュの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 16:53:42|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.7 ビーコンリーフ・ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ビーコンリーフ・ブレックファーストベンド
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/弱
透明度上/20m
透明度下/15m

taimai.jpg

今日は岩手からのお客さん第2弾!!北里大学潜水部の2人が合流です。2人とも海の研究をしているから南の海にも興味津々、魚種の多さ、魚影の濃さ、浅場から深場までびっしりと覆い尽くす元気な珊瑚、見るものすべてに驚き&感動してくれます。

そんな二人をビーコンリーフではタイマイが、ブレクファストベンドでは潜降してすぐにレオパードシャークがお出迎え。

他にもコラーレバタフライフィッシュやアンダマンバタフライフィッシュ、タテジマキンチャクダイ、ニシキヤッコ、パウダーブルーサージョンフィッシュ等々 。

あんなに水中生物をじっくり観察する姿に北里の水産魂を感じずにはおれませんでした。

報告/KUMA
写真/タイマイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 16:49:05|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.5-9 シミランクルーズ

ロケーション/カオラック
ポイント/シミラン~コタチャイ
天候/曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/少々
透明度上/25m
透明度下/15m

2007.11.05

jazz.jpg

またまた行ってきました、シミラントリップ。 今期、絶好調のコンディションでシーズンインしましたが、ここ最近はお天気は崩れがち・・・。雲行きが怪しい中、シミラン~リチェリューを目指して出航。 さてさて、どうなるかな?

2007.11.06
朝起きたらシミランど真ん中。お天気は・・・うす曇。1本目はボルダーシティー。地形のダイナミックなポイントです。朝早いのと曇っているのとで、水中はちょっと暗めですが、透明度はなかなか良いです。今回、一緒に潜ったジュンペイさんは、新しいビデオライトを持って来られたので、その新兵器の性能を探ろうということになりました。連なる巨石の間には立派なウミウチワがたくさん並んでいますので、 その前を陣取り、いろいろな角度から光を当ててみます。ご本人はもちろん、周りで泳いでいる人から見ても、鮮やかな色がくっきりと見えるくらいと ても明るいライトです。これは、シミランの色とりどりのサンゴの美しさを撮ることができそうです。

jump2.jpg


2本目はイーストオブエデン、3本目はアニタズリーフ。この2つのポイントは、シミランを代表する名ポイントです。なんと言ってもソフトコーラルの群生が見ものです。まさに新兵器のビデオライトが活躍するポイントじゃないですか、ジュンペイさん。お天気もまずまず、雲もかなり薄くなってきましたよ。普段からとても癒される美しいサンゴたちが、ライトの光に照らされて、本来の色がくっきりと見えます。シミランの美しさ再発見です。これは普段からガイドが持っておくべきかも・・・。でも高いのですよね~(^^;)

そして今日はなんと、ジュンペイさんの1500本記念のアニバーサリーダイブなのでした。そういえば、去年の1400本記念もカオラックでやりましたね。これからも素晴らしいダイビングを続けてくださいね。

2007.11.07

cave.jpg

さあ、まだまだ潜りますよ。今日もシミラン諸島です。今日の1本目は、私が個人的に一番好きな、エレファントヘッドロックです。相変わらず空は曇りがちですが、海のコンディションは上々。まずはアケボノハゼを狙いに深場へ行きました。その後はダイナミックな地形を楽しむコース取り。水中から見上げる巨石はド迫力!巨大なオニカマスも登場。最後は中層でフュージュラーと戯れて終了。

2本目、3本目はシミラン#9の島で潜りました。まずはクリスマスポイント。これまた人気の地形ポイントです。そこかしこに開いている穴をくぐりながら、器用にビデオカメラを操るジュンペイさん。途中、大きなナポレオンが登場するも、シャイなので、近づかせてくれませんでした。その後に潜ったブレックファーストベンドが綺麗でした。お日様も顔を出し、まだ、シーズン頭なので、ダイバーが少なく、いつも人気の綺麗な根には我々以外誰もいません。心行くまでじっくり堪能できます。サンゴの綺麗な根の脇に大きなレオパードシャークが横たわっていました。近づいて撮ろうとしたけど・・・逃げちゃいました。と言うわけで、レオパードはリベンジせねばいけないことに。

2007.11.08

fusilier.jpg

今日から北へ移動して、タチャイ~リチェリューを狙いましたが、あいにくの悪天候で、リチェリューは断念。朝から2本、コタチャイピナクルで潜りました。程よい流れの中で、無数のフュージュラーが群れ泳ぐ中、カスミアジが元気に捕食していました。潮の当たる場所で穂場リングしていると、イソマグロ、オニカマス、ツムブリ、サバヒーなどが目の前を通り過ぎて行きます。2本目の後半、どんどん流れが強くなってきました。ツバメウオが岩陰に隠れていたので、接近して撮りたい放題。なかなか面白いダイビングでした。3本目は、タチャイリーフで。レオパードシャークを狙っていたのですが、残念ながら、リベンジならず。明日、最終日に持ち越しです。

2007.11.09

torafu4.jpg

いよいよ最終日。 最後はコボンで締めくくりです。1本目のコボンピナクルは面白かった。レオパードシャークのリベンジ成功。かなり大型のが2匹でました。しかも、ジュンペイさんのビデオライトをものともせず、かなり近づいても逃げませんでした。そして、根の周りでは、100匹近いコガネシマアジとカスミアジの群れが、根についているスカシテンジクダイを追い掛け回していて、すごい迫力でした。2本目のウェストリッジでは、アケボノハゼの接写にトライ。今、アケボノハゼの子供がいっぱいいます。これが全て大人に成長したら、アケボノ天国が誕生します。乞うご期待です。最後は浅瀬のエダサンゴ地帯でデバスズメダイに囲まれながらのんびり癒しのひとときを過ごしました。

天候には恵まれませんでしたが、まだダイバーの少ないアンダマン海のポイントを、潜りまくりのクルーズでした!

報告/TAKESHI
写真/今回のシミラントリップより

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/12(月) 16:41:48|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2007.11.6 イーストオブエデン・アニタズリーフ

ロケーション/カオラック
ポイント/イーストオブエデン・アニタズリーフ
天候/曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

indianflame-kuma.jpg

今日はシミランで一番の癒しポイント、イーストオブエデン&アニタズリーフへ行って来ました。

純白の砂底と深い青の2色のキャンバスにイエローバックフュージュラーがショッキングイエローの軌跡を乱れ描きます。水底にはオーロラーパートナーゴビー、巣穴から体を縦に揺らし、ホバリングするジョーフィッシュ達。そしてハードコーラル地帯を過ぎて現れる私の大好きな岩、人よりも大きな海ウチワが何枚も生えていて、その隙間をソフトコーラルがビッシリ埋め尽くしています。そのまわりをキンギョハナダイやインディアンフレームフェアリーバスレットが乱舞します。さらにその岩の天辺にはピンクのイソギンチャクに住むクマノミがいるんです!この岩、楽しすぎです!これだけで軽く一本終わってしまいそう!!

見所の尽きないアニタズリーフ、みなさんはどこにハマりますか?

報告/KUMA
写真/インディアンフレームバスレット

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/10(土) 11:43:06|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.5 コタチャイ

ロケーション/カオラック
ポイント/コタチャイ
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

昨日ジンベエが出たというコボン。そしてコタチャイ、コボンの両方のサイトでなんとマンタも昨日出ています。もちろん、これは行くしかない!!!というわけで行ってきました。

ゲストはもちろん、 私もBCDのポケットにはデジカメ持参。出たら私も1枚ぐらい撮れればいいかな・・・と。

そして、結果は残念・・・。出ませんでした。マンタの影もなし。残念!!!大物には出会えずでした。本当に1日違いでしたね。

コンディションも時間帯の問題もあるかもしれませんが、シミラン諸島の方が透明度は良いです。コボンは若干サーモクラインも。しかし!大物の出現がこんなシーズン始めでも結構ある、この2つのサイト。やっぱり、夢を持って次回もチャレンジしようと思います・・・。次回に期待だぁぁー!!!

報告/NAOMI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/06(火) 12:48:59|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.4 ノースポイント・ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ノースポイント・ブレックファーストベンド
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/25m

akebonoup-s.jpg

今日は私のお気に入りのサイト、ノースポイントが1本目でした。このサイトは私が初めてシミランで潜ったとき、シミラン諸島の中ではイーストオブエデンとこのサイトが一番印象に残ってるサイトでもあります。巨石がゴロゴロとある中にウミウチワがすごく綺麗なサイトです。今回は残念ながら、大物には出会えなかったのですが、リクエストのアケボノハゼで粘りました。

2本目のブレックファーストもハゼ、ハゼ。マクロ好きなゲストなので、オーロラパートナーゴビーやブラックシュリンプゴビー、アンダマンジョーフィッシュなどなど。あと、普段タオでよく見るヒブサミノウミウシがいました。シミランではあまり見ないので、なんだかタオを思い出して懐かしくもなった1ダイブでした。  

報告/NAOMI
写真/アケボノハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/05(月) 17:42:36|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.3 アニタズリーフ・イーストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/アニタズリーフ・イーストオブエデン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

eden4.jpg

今日は、2人のファンダイバーと、KUMAちゃん率いる岩手チーム6人組と一緒に、シミランへ行ってきました。目指すはシミラン#4にあるハネムーンベイ。まるで湖面のように穏やかな水面を、スピードボートが突っ走ります。気持ちよい風を受け、見る間に近づいてくる島影に期待を膨らませます。穏やかな入り江になっているハネムーンベイに到着すると、透明に透き通るシミランブルーの水に色に、ゲストからの歓声が上がります。穏やかな湾内で、KUMAチームは講習です。ファンダイバーチームはアニタズリーフへ。

透明度は20mほど。潜降し、とても綺麗なさんご礁を横目に、真っ白な砂地の斜面を下っていきます。ニョロニョロと長い首を出すスパゲッティガーデンイールに慎重にアプローチ。足元には固有種のオーロラパートナーゴビーや可愛いジョーフィッシュが砂地の穴から顔を覗かせています。シーズン初めで、まだダイバーが少なく、人気のコーラルの根の周りには私達のチーム以外誰もいない貸切状態!固有種のコラーレバタフライフィッシュがカップルで泳いでいます。背景が色とりどりのコーラルなので、どこを切り取っても絵になります。後半は、雰囲気ががらりと変わり、これまたシミランならではの巨石奇岩のダイナミックな水中風景が広がります。タカサゴキックでヒュージュラーを集めお魚に巻かれながら安全停止。満足のいく1本でした。

お昼ごはんは#4の島に上陸。みんな、真っ白なパウダーサンドのビーチに大喜び。食後は島の散策。森の中の遊歩道を突っ切って、反対側のプリンセスベイへ。童心に返って波打ち際で遊びました。

2本目は、アンダマン海を代表する人気ポイントのイーストオブエデン。世界に名だたるサンゴの美しいポイントです。これまた人の少ない海中を、自分たちのペースで気の赴くままに流して生きます。本当に美しい癒しの風景が果てしなく続きます。途中、巨大なイソマグロとすれ違いました。ぶつかりそうになるくらい近くを泳いでいったので、ちょっとビックリ。ソフトコーラルに覆われたメインの根に到着した頃、丁度、太陽の日差しが強く入ってきました。いつ見ても綺麗です。最後は浅瀬のエダサンゴ地帯で安全停止がてらのんびり窒素を抜きます。デバスズメダイが無数にいるお気に入りの場所です。

波もうねりもなく帰路も快調であっという間。4時には港へ到着しました。アフターダイブの時間はたっぷり。美味しい食事、タイマッサージ、おみやげ物、街の散策・・・。カオラックステイならではの楽しみ方です。ところで今日のゲストのテツオさん、ゴマモンガラには要注意ですよ!(笑) 

報告/TAKESHI
写真/エデンの根

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/05(月) 17:36:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.2 ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ブレックファーストベンド
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/25m

torafu3.jpg

今日は癒しのサイト、ビーコンリーフとブレックファーストベンド。ビーコンリーフはシミラン諸島の一番大きな島N08の東側にあるサイトで珊瑚が綺麗なダイブサイトです。今シーズン初めて入ったのですが、透明度も良く、コンディションは上々。シミランは海が青い!!サーモクラインも少なく良い感じですよー。

サバヒーの群れやイソマグロもビュンビュンいるし、インド洋の固有種ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れも光を浴びてすごく綺麗。コラーレバタフライフィッシュもかなりの数で群れていました。

ブレックファーストベンドももちろん透明度30m♪ナポレオンやレオパードシャークもいましたよ。

報告/NAOMI
写真/レオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/05(月) 17:33:51|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.11.2 チュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/8m
透明度下/5m

grayreefshark4.jpg

今日はアドバンスの生徒さんと一緒にチュンポンピナクルへ行ってきました。
最近は1日に一度はスコールがありますが、午前中は暑くて汗がダラダラと出てくるような太陽ギラギラの天気でした。
 
潜ってみると、透明度は天気のせいで落ちていたものの魚影が激しく濃くなっていました。潜降したらすぐ下に黒っぽい大きな影がありました。全部がイエローバンドフュージュラーだったのです!いきなり群れに突っ込んでいこうと思いましたが、今日はのんびりと潜ることにしていたので気持ちを制御しました。
 
まずは水深30mのところまで潜り、アドバンス講習の圧力実験、色実験、窒素酔い実験をしました。その間は、私達のまわりを大きなグレーリーフシャークが数匹泳ぎ回っていて、それを窺うようにオオクチイケカツオも数匹いました。その奥にはまた黒い影。よく見るとギンガメアジの大群でした。どのサカナも、透明度のせいかかなり寄ってきて、お馴染みのハナビラクマノミ畑を眺めていたら、ツバメウオの40匹くらいの群れも近寄ってきました。ツバメウオに巻かれ遊んでいたら、再び頭上をおおきなグレーリーフシャークが通過!!なんだここは!と思ってしまうような世界でした。浮上する直前、水面にはウスバハギの若魚の群れが泳いでいて、これは久々に見ました。どのサカナも透明度を利用して近寄ってくるのかな?と勝手に思いました。

タオ島は雨季になる直前ですが、魚影がかなり濃いです!まだまだシーズンか?!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/グレイリーフシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/11/05(月) 17:31:48|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD