Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2007.12.31 コタチャイ・コボン

ロケーション/カオラック
ポイント/コタチャイ・コボン
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

kasumi-atack.jpg

2007年のしめくくりは、つい先日ジンベエ&マンタがダブルで登場したという旬なコタチャイへ行ってきました。今日も何か大物は出るかな?

程よい流れの中、透明な暖かい水の層と、濁った冷たい水の層とがぶつかり合っています。いかにも大物が飛び出しそうな雰囲気。と、期待しながら潮表で粘ります。中層を埋め尽くすフュージュラー(タカサゴの仲間)をカスミアジやツムブリが追い掛け回します。大物狙いの岩のポイントですが、場所によってはカラフルなウミウチワやソフトコーラルが付いています。そこに大量のスカシテンジクダイが絡むので、とっても美しいのです。そんな風景を楽しみつつ、大物の登場を待ちます・・・、が、今日は出ませんでした。

結局最後まで、イロカエルアンコウやイヤースポットブレニーなど、マクロで遊んでいるうちに終わったのでした。

報告/TAKESHI
写真/カスミアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/31(月) 12:07:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.23 コボン

ロケーション/カオラック
ポイント/コボン
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

manta3.jpg

タオ島でDMTをやっていたユウタです。今カオラックに遊びに来ています。

今日は人生で初めてが2つもありました。1つはマンタさんとの初対面。出会いの場所はコボンです。2本のダイビング、その間の水面休息時間中のシュノーケリングで計3回のご対面。気分は巨人の捕手じゃないけど「最高!」でした。

それからもう一つの初めてはアケボンハゼさんとの御対面。あんなレインボーなハゼを初めて観ました。元首相じゃないけど「感動した!」でした。

カオラックから行くダイブサイトは、同じポイントでダイナミックもマクロも楽しめちゃいます。人生初を体験したい方は是非カオラックへ。

PS.昨日はスリーツリーでレオパードシャークさんとの出会いも人生初でした。しかも2匹も待っていてくれたのでした。

報告/YUTA
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/25(火) 15:40:10|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.22 エレファントヘッドロック・スリーツリー

ロケーション/カオラック
ポイント/エレファントヘッドロック・スリーツリー
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/25m

毎日快晴!海へ行かなきゃ暑い今日この頃です。

今日の1本目はエレファントヘッドロックへ行ってきました。大きなアーチをくぐったりケーブで遊んだり流れがあまりなかったので泳ぎ回っていました。このサイトで一つ名物になっている、岩にポッカリと空いた穴。ここから顔を出して記念撮影をしてみました。それがこの写真です。順番に顔を出している様子が面白かったです。ここに来たら是非一度!

その後は、おサカナウォッチングをしました。ケーブの中は、アンダマンスウィートリップスの中に混ざってなぜかアカククリがかくれていました。そしてケーブを抜けると今やお馴染みの大きなオニカマスが待っていました。相変わらず全く逃げないので、接近して見に行ってみましたがやはり今日も怖い顔をしていました・・・。そして可愛い真っ白のオオモンカエルアンコウは、顔を下に向けて隠れているふりをしていました。地形も楽しいけど、サカナも面白いのがたくさんいます!

2本目はスリーツリーへ行きました。景色は癒し系ですが、運が良ければ大物にもバンバン会えます。今日は潜降してすぐにアオウミガメが迎えに来てくれました。サンゴの周りにはスカシテンジクダイがたくさんいて、場所によってはまるで雲の上を泳いでいるようでした。そして今日は2匹のレオパードシャークがきれいに整列して眠っていました。ゲストのトシオさんは、カメラを持って、もう手が届きそうなところまで接近して激写していましたが、まったく逃げることもなくじっとしていました。大物を満喫して、最後はキレイなハードコーラル畑の上をゆっくりまったり泳ぎました。

コンディションは更にアップしています!次回の海ログもお楽しみに! 

報告/MAYUKO
写真/Coming Soon!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/25(火) 15:36:40|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.21 コボン

ロケーション/カオラック
ポイント/コボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

baracuda-s.jpg

今日は新しいボートでは初めてとなるリチェリューロックに行ってきました。一昔前なら、長期のクルーズでしか到達できない伝説?のポイントでした。それが、カオラックの開発のおかげで日帰りトリップでいけるようになりました。それでも、既存の港&ボートでは片道2時間かかっていました。が、今期から始まったビッグブルーの新しいオペレーションでは、港の立地の良さと、ボートのスピードが速いので、ポイントまでの所要時間が約半分になるはず、という計算でした。さあ、果たしてその結果は・・・?

快晴青空の下、予定通り9時にバンナムケム港を出航。海面はベタ凪ではなく、少しだけ波がありギザギザしています。それでも、クルージングスピードで軽く32ノット以上(時速60kmくらい)は出せます。というわけで、あっと言う間にリチェリューへ到着。これには、スタッフ一同大感動!所要時間は1時間強でした。ベタ凪なら1時間を切るでしょう。

さて、ダイビングはというと。ジンベエこそ出ませんでしたが、何時にも増して、魚影の濃さはピアカイチ!ポイントの真ん中にはブラックフィンバラクーダの群れが陣取っています。足元には美しいキンセンフエダイの巨大な群れの塊が。お天気もいいので、光が差し込み、リチェリューならではのソフトコーラルがびっしり付いた、ダイナミックな地形が映えわたります。

マクロでは、固有種でおなじみのトマトアネモネフィシュはもちろん、最近異様に増加中のニシキフウライウオなどを堪能。たくさんいるニシキフウライウオは白や赤や黄などのカラーバリエーションを楽しめるばかりか、美しいソフトコーラルに着いているので、水中写真では背景がキレイに色が出せます。

いよいよ始まった、新しいビッグブルースピードボート(名前はブルードルフィン号)で、アンダマン海を縦横無尽に潜り尽くします!お楽しみに。

報告/TAKESHI
写真/ブラックフィンバラクーダの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/24(月) 10:57:20|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.20 コボン

ロケーション/カオラック
ポイント/コボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

manta-akiko.jpg

今日は今シーズンから始動のビッグブルースピードボートに乗ってコボンへ行ってきました。新しい港からコボンヘはなんと、50分で到着しました。(今までは1時間以上かかっていた)

到着してすぐに、水面に浮かんでいるダイバーが、「この下にマンタがいるぞーー!!」と興奮気味に知らせてくれました。

すぐにエントリーして潜降した瞬間、いきなり2枚のマンタが回遊していました。泳ぎもゆっくりで、深度も浅くなんと見やすいんだ、と思いながら見ていました。今日のゲストのお客様アキコさんもいろいろな角度からマンタを激写。その中で一番の写真がこれです。太陽がすごく良い感じに照らされていて、マンタのシルエットがカッコイイ!マンタに興奮しながらの水面休息。ランチを食べたらすぐにスノーケリングをして遊びました。水底を見ながら泳いでいたら、水底ではなく同じ水面の真正面から大きなマンタが現れました。カメラを持っていたので写真を撮りまくりました。

マンタがずっといたので、2本目を潜るまでずっとスノーケリングをしていました。

そして再び2本目潜ったのですが、2本目はさらにすごかったです。2枚のマンタがずっと乱舞していました。それにくっつくように大きなコビアが2匹付いて泳いでいました。コボンの中でもキレイなエダサンゴ地帯では、たくさんのデバスズメダイとスカシテンジクダイがいて、見とれているとそこに1枚の特大マンタが現れました。

今日はマンタ祭りでした。マンタシーズン到来ーーーー!!

報告/MAYUKO
写真/マンタ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/21(金) 09:36:22|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.17 イーストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/イーストオブエデン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

akebono.jpg

今日は波が少しありましたが、水中は流れもなく超穏やかです。イーストオブエデンでは、まず深場の大きなウミウチワがいっぱい並んでいるところへ遊びに行って、カメラ激写大会をしました。みんなでモデル役をしたりしてステキな写真が撮れたと思います。

その周辺には可愛い小さなアケボノハゼがたくさんいました。今サカナの旬はスカシテンジクダイ!!もう景色が見えにくくなるくらいビッシリといます。その中から、1匹のアオウミガメがいきなり飛び出てきました。雲の中からカメの顔だけ出ているような感じで面白かったです。メインの「エデンの根」はもちろんのこと、すさまじいスカシテンジクダイ!圧巻でした。ゲストの皆様も、写真をいくら撮っても足りない!と大興奮でした。今はどこのサイトも魚影が特にスゴイです!

次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/アケボノハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/21(金) 09:35:44|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.15 エレファントヘッドロック・スリーツリー

ロケーション/カオラック
ポイント/エレファントヘッドロック・スリーツリー
天候/晴れ
水温/27℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

andamansweetlips.jpg

今日はシミラン諸島の北の方へ行ってきました。

エレファントヘッドロックでは、エントリーする前からアオウミガメが水面まで上がってきて、私達を迎えに来てくれました。今日はケーブをくぐりまくって、地形で遊びました。中層にはたくさんのイエローバックフュージラーが泳ぎ、大きなカスミアジもたくさんいました。このサイトにいついている大きなオニカマス、今日はケーブの中にいました。全く逃げようとしないので、カメラを撮るにも寄りまくることができます。ケーブの中には、アンダマンスイートリップスや、大きなクロコショウダイたちがたくさんいるので、トーチを持って探検するのが面白いです。終盤に、安全停止をしようと思ったらまたまた水面に先程のオニカマスがいました。きっと見送りに来てくれていたのでしょう・・・。

2本目はスリーツリーへ行ってきました。入ってすぐにまたまたアオウミガメが出お出迎えに来てくれていました。沖のほうへ前半は大物探しへ行きました。早速、大きな物体が見え、追いかけていってみると丸々と太ったホワイトチップシャークがいました。私達と一定の間隔を保って泳いでいました。1本目で岩場のダイナミックな地形で遊んでいたので、ここではキレイなサンゴたちに癒されました。ハードコーラル畑は何度見てもキレイです☆そして今日はアオウミガメ祭り。この後、2匹で仲良くしているのもいたり、1匹でサンゴをガリガリとかじっているのもいたりしました。こんなにアオウミガメばかり見れるのもスゴイ!最後は中層でブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れに囲まれて終了しました。

波もなく超穏やか。今日は癒しのダイビングでした☆

報告/MAYUKO
写真/アンダマンスウィートリップス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/21(金) 09:35:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.14 クリスマスポイント

ロケーション/カオラック
ポイント/クリスマスポイント
天候/晴れ
水温/27℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

hanahige1.jpg

今日から私は久々の講習です。アドバンス講習は久々だなあ。海も実は3日ぶりです。ちょっと新鮮。

ダイブサイトはもうすぐまたクローズするというクリスマスポイント。今日はカズミアジのかなり大きな群れがすごい勢いで捕食をしていました。そして、ちょっと笑えたのがそのカスミアジの中にナポレオンも1匹いて、一生懸命ついて行ってました。でも、泳ぐスピードはかないません。後ろから一生懸命頑張ってる姿が可愛いかった。そして、ここも今ハナヒゲウツボの真っ黒幼魚がいます。サイズも人差し指ぐらいのサイズです。その後はホワイトチップシャーク2匹に遭遇しました♪

2本目のダイブは何といってもレオパードシャーク!!最初は砂地に寝ていたのですが、一度泳ぎだしたあとは、私達の仲間かのように、ずっと付いてきてくれました。最後はカメにも遭遇し、何とも贅沢な!?アドバンス講習1日目だったのです。

報告/NAOMI
写真/ハナヒゲウツボの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/21(金) 09:34:18|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.12 チュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
ポイント/チュンポンピナクル
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

baracuda2-s.jpg

タオ島、ハイシーズン到来か!?しつこいようですが晴天続きのタオ。風も収まり、Shopの目の前のサイリービーチはもちろんベタ凪。そして今日はついに、外洋チュンポンピナクルまでがベタ凪状態に。船上から見る水の色もみるみる良くなっていきます。これは期待大!とハイテンションで潜ってきました。

潜降開始直後、あれ?期待はずれか?と一瞬不安に刈られましたが、それはごく一部に限られた靄でした。明らかに透明度が上がってきていて、それだけで僕なんかは心躍る気持ちなんですが、前日にも同じポイントで潜っているゲストも同じ様子で、マスク越しに笑顔が窺えます。

そんな中、今日の社長賞(←勝手に作りましたが僕は社長ではありません。)はシェベロンバラクーダ。とにかく数が凄いんです!普段からタオで潜っていると、少々の群れでは物足りなさを感じてしまうのですが、まさに怒涛の攻撃!体格のしっかりした大きな個体が大河の如く流れるさまは、横綱ポイントの花形!よっ!社長賞!!です。

足元を泳ぐグレーリーフシャークも今日は主役の座を奪われ少々寂しげ。負けじと数で攻勢をかけてきたのか、12匹見たチームも。社長賞の座を狙って日々競い合う主役級の水中生物達。ピックハンドルもギンガメもヨコシマサワラも、Next社長賞を狙って着々と準備中の様子。今後も彼らの活躍から目が離せません。

報告/KOKI
写真/シェべロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/13(木) 15:55:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.12.10 エレファントヘッドロック

ロケーション/カオラック
ポイント/エレファントヘッドロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

irokaeruankou_toshiyasu.jpg

今日はダイナミックな地形のサイトといえばここ!と断言できるエレファントヘッドロックへ行ってきました。大きな岩のアーチを超え、大きなケーブをくぐって遊びました。

岩場にはキレイなサザナミヤッコとワヌケヤッコのペアがなぜかいました。この2匹は一体どんな関係?と気になりました。ケーブの中には大型のサカナがたくさんいます。クロコショウダイ数匹がみんな同じ方向を向いてホバリングしていました。その横にはアンダマン海の固有種アンダマンスウィートリップスもいました。

そして最近アイドルになっている真っ白のオオモンカエルアンコウもペタっと一点を見つめてじっとしていました。向きが顔の見えにくい方向だったので、ゲストの皆様は写真を撮るのに体をひっくり返したり逆立ちしたり、すごい格好になっていました。その時の一枚がこの写真です。顔を写すのに苦労しています・・・。

その周りでは応援してくれているかのようにガーデナーズバタフライフィッシュがつがいで泳ぎ回っていました。後半は再び岩をくぐりぬけまくって遊びました。見上げると大きなイソマグロがいたり、ブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れになっていたりで、中層を漂うように泳いでいるのがすごく楽しかったです。

やっぱりここのサイトはダイナミックです。なのに足元を見ると珍しい小物もいたりして面白い!
明日は海の中で何に出会えるか楽しみです!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/オオモンカエルアンコウ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/11(火) 10:14:31|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.9 ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/ブレックファーストベンド
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

torafu_toshiyasu.jpg

波が穏やかになってきました。今日はシミラン諸島No.9へ行ってきました。

はじめは少し深場で大きな岩がたくさんある場所へいき、大物を探しました。この辺りには大きなアカマダラハタがたくさんいて、岩場でじっと眠っているかのように動かなく、気づかずに近寄ったらいきなり目の前から飛び出てくるので何度も驚いてしまします。

散策していると、いましたレオパードシャークが!気持ちよさそうに水底で眠っていました。カメラを持ったお客様のトシヤスさんがジリジリと近寄って激写していました。慎重にゆっくりと寄っていく様子はまるでハゼを撮る時のようでした。あまりにも慎重でそして最終的にはくっついてしまうくらい近づいているのを見て、もう一人のお客様のタカフミさんと笑って見ていました。私も近寄ってみたくなったので一緒になってチャレンジしてみました。2人にプレッシャーをかけられたレオパードシャークはやっと動き出し、私たちの前を泳いで寝る場所を数メートル移動しました。その時の写真がこれです。私とのツーショットがすごく良い感じなのでとても嬉しくなり、速攻で写真を頂きました。

その後はキレイなハードコーラル畑で遊びました。捕食に来ているアオウミガメやカスミアジたちにも会いました。最後は見上げるとブラックフィンバラクーダたちが悠々と泳いでいました。

トシヤスさん!ステキな写真をありがとうございました!

報告/MAYUKO
写真/ レオパードシャーク (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/11(火) 10:13:55|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.8 イーストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/イーストオブエデン
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

yellowback.jpg

波がまだありますが、海の中は穏やかです。今日はファンダイバーのトシヤスさんとミツナガさんと一緒に行ってきました。

今シーズン、どこもかしこにもいるアケボノハゼをまずは見に行きました。何度見ても色がキレイなので飽きません。その近くに何やら見慣れない物体が動いていました。近寄ってみると、それは大きなシンデレラウミウシでした。ウミウシ図鑑で見たことがあっただけなのでゲストの方たちよりも興奮して息を荒くして見ていました。そんな中ふと自分の足元を見たら、もう1匹シンデレラウミウシがいたのです!更に興奮した私は「トシヤスさん!!写真撮ってくださいーー!!」と叫んでたのが聞こえたのか雰囲気で感じ取ってくれたのか、激写してくださりました。その後はお馴染みエデンの美しい根をグルリと一周して気持ちよく泳いでいました。終盤に、ガレ場の隙間にグニャグニャと動く物体が見えました。覗いたら、大きなタコでした。しかも2匹!喧嘩しているのか、色をコロコロと互いに変えながら攻撃しあっていました。その周りはたくさんのイエローバックフュージュラーが取り囲み、本当にキレイでした。

明日もシミランへ行きます!海ログをお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/イエローバックフュージュラー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/10(月) 09:23:27|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.6 ウェストオブエデン・タートルロック

ロケーション/カオラック
ポイント/ウェストオブエデン・タートルロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/12m

akebono.jpg

今日は私にとってマクロがアツイ!2大サイトに行ってきました。本当は他のサイトに行くはずだったのですが、風が強く、波が高かったため西側のサイトに変更。でも、今日のゲストは超マクロ好きな方達だったので、私もすごーーーーーく楽しいダイビングでした♪

リクエストのアケボノハゼは今シーズンはシミランはとっても多く、場所によってはアケボノ団地ができていて、後からお客さんの撮った写真を見せてもらったら、なんと1枚の写真に6、7匹写ってる!しかも、水深も30m以浅にいるので良いんです。ジョーフィッシュ、アケボノハゼを撮影した後は真っ黒なハナヒゲウツボの幼魚。しかも、今はすぐ近くに2個体いるので、一人一ハナヒゲ。お互い気にせずゆっくり撮影できますよー。

タートルロックは正直透明度は悪かったのですが、マクロは関係ありません。イヤースポッテッドブレニーなどのギンポをじっくり激写していました。そうそう、この日マンタも出ていたんです・・・。他のチームで見ているチームがいました。でも、私達は残念ながら遭遇できず。もしかしたら、頭上を通っていたのかも・・・。

大物、マクロも今のシミラン諸島アツイですよ!!

報告/NAOMI
写真/アケボノハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/10(月) 09:22:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.5 エレファントヘッドロック

ロケーション/カオラック
ポイント/エレファントヘッドロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

hanadaiginpo.jpg

最近のエレファントヘッドロックは透明度が良いーーーー。去年のあの緑で寒ーーいエレファントはもうありません。ただ、今シーズンは常連だったロウニンアジがほとんど見当たらずなのはとってもとっても残念なのですが、でも、透明度の良いエレファントヘッドロックはまるで水中遺跡を潜っているようです。エレファントはキンチャクダイの種類なども多く、フィッシュウォッチングにもお勧めです。

そして、2本目のブレックファーストベンドは若干高波の影響で砂がまってて、透明度が落ちているものの20mは見えます。レオパードシャーク、バラクーダが今日も元気、元気。岩場はなぜか?アカマダラハタがいっぱーいいました。

今日のマクロはカエルアンコウ(旧:イザリウオ)、ハナダイギンポ、オーロラパートナーゴビーなどなど。

早く風がおさまってくれれば、快適トリップになるのになあ。あと、4日ぐらいで収まるそうです。

報告/NAOMI
写真/ハナダイギンポ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/10(月) 09:21:53|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.4 アニタズリーフ

ロケーション/カオラック
ポイント/アニタズリーフ
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/25m

tomato3.jpg

最近は、波が高いのですが天気も海のコンディションも良いです!今日はアニータズリーフへ行ってきました。

まずは沖の方の真っ白な砂地へ行きました。沖の方はスパゲッティーガーデンイール畑が広がっています。今日もたくさん砂地から体をたくさんだして動いていました。チンアナゴよりも長く体を出しているので、本当にスパゲッティーの麺のように見えます。その中にまぎれるように、大きな個体のバリアブルージョーフィッシュも顔を出していました。このサイトには、最近子供のトマトアネモネフィッシュもいついていて、毎回元気かなと様子を見に行くのも楽しみです。

後半は岩場へ行きました。突然たくさんのクマザサハナムロが私たちを取り囲み、巻かれている状態になりました。ちょうどカスミアジたちが捕食しているところだったようで、目の前でカスミアジとクマザサハナムロが泳ぎまわり、迫力満点で見ごたえがありました。最後は安全停止の時にタイワンカマスの群れが現れ、再びたくさんのサカナに巻かれました。

魚影も濃いし、透明度も良いです!次回の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO
写真/ トマトアネモネフィッシュの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/07(金) 12:38:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.11.30-12.3 シミランクルーズ

ロケーション/カオラック
ポイント/シミラン~リチェリューロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/25m

flasher-s.jpg

クルーズへいってきました!シミラン諸島の天気は毎日晴天で、夜はものすごくキレイな星空が広がっています。今回は、お客様のテイイチさん、ジュンイチさん、ヤヨイさんと一緒にシミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチュリューロックへ行ってきました。

初日の第1本目はイーストオブエデン。まずはインド洋バージョンの黄色いアケボノハゼを見に行きました。偶然私が見つけるのかわかりませんが、前シーズンよりも個体数が増えているように感じます。見上げると大きなイソマグロが数匹、何度も横を泳いで私達の様子を伺っているように見えました。次にマッコスカーズフラッシャーラスを見に行きました。今日はオスがたくさんのメスたちにバンバンとヒレを前回に開き、求愛行動をしまくっていました。浅場ではたくさんのコラーレバタフライフィッシュが群れを作り、キレイでうっとりとしていました。

タチャイリーフでのナイトダイビングでは、夜のサカナたちの観察にみんなで夢中になっていました。昼間キレイに中層で群れているブラックピラミッドバタフライフィッシュは夜になると、前身が真っ黒になりサンゴの影に隠れていました。コラーレバタフライフィッシュは背中が白くしてつがいで泳いでいました。大きなゴシキエビはサンゴの隙間から長いヒゲだけを出し、何かを探っていました。いたるところにミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、ハナミノカサゴが捕食をするためにサンゴのてっぺんにいすわり、獲物を狙っていました。ナイトダイビングはクルーズでしか行く機会がないので、存分に潜ってきました。楽しかったですーー!! 

minamihakofugu.jpg

リチュリューロックは、ジンベエは出ませんでしたがコンディションはかなり良かったです。アイドルのタイガーテールシーホースは今日は岩影からヒョッコリと顔を出していました。何度見ても可愛いです☆岩陰散策をしていると、今日は小さなマツカサウオの幼魚がいました。カメラを向けるととまどったようにお尻を向けて隠れているふりをしていました。そして極小のミナミハコフグの幼魚も一緒にいてずっと岩の隙間に顔を突っ込んでいました。最近名物の大きなコブシメ3匹は今日も仲良くホバリングをしていました。最後は最近かなり浅いところに群れているブラックフィンバラクーダの群れと一緒に泳ぎながら安全停止をしました。

今回のクルーズは波が多少はありましたが、海の中のコンディションは良かったです!明日からはデイトリップへガンガンと行ってきます。次回の海ログもお楽しみにーー☆☆

報告/MAYUKO
写真/マッコスカーズフラッシャーラス、ミナミハコフグ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/07(金) 12:36:45|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2007.12.3 ウェストオブエデン

ロケーション/カオラック
ポイント/ウェストオブエデン
天候/快晴
水温/28℃
風/北東
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

hanahige2.jpg

相変わらず風が吹いています。が、ダイビングのコンディションは良いです。道中、ちょっと揺れますが、スピードボートなので、時間が短いので、一気に到着して、後はシミランの島影に隠れて、穏やかなダイビングと、楽しいビーチ上陸が待っています。

今日はウェストオブエデン(別名:シーファンシティ)で潜りました。No.7の西に位置するポイントで、島の東にある名物ポイントのイーストオブエデンに掛けたネーミングなのです。ここがまた面白い。ダイナミックな地形と、その名の通りウミウチワが所狭しと付いていて、なおかつ生物層も豊富。一般種の種数も多く、人気の固有種から、レアものまでなんでも登場します。

穏やかな水面から潜降し、まずはウミウチワの林立する深場へ直行。ウチワ越しにムレハタタテダイの群れがきれいで、思わず見惚れてしまいます。足元をみると、アンダマンジョーフィッシュが穴からキョロキョロと可愛い顔を覗かせています。その横では、今年大発生中のアケボノハゼがピコピコと鰭を動かしながらホバリング。ソフトコーラルの脇には、ハナヒゲウツボの幼魚がニョロニョロ。ガレ場に移動すると、クジャクベラのインド洋版のマッコスカーズフラッシャーラスのオスが熱心にハーレム内の雌たちに求愛しています。何だかんだで、あっと言う間に時間が経ってしまいます。

窒素が溜まってきたので、そろそろ浅場へ。切り立った巨石のキャニオンをすり抜け、サンゴ礁のエリアに来ると、たくさんのチョウチョウウオの仲間や、タカサゴの仲間が見られました。サンゴの根の上には可愛いイヤースポットブレニー(固有種)もいました。

報告/TAKESHI
写真/ハナヒゲウツボの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/07(金) 12:31:14|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2007.12.2 サイリービーチ

ロケーション/タオ島
ポイント/サイリービーチ
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

touaka3.jpg

涼しい時期になったとは言っても、1日海に行かないと干からびてしまいそうな程に天候に恵まれているタオ島。今日はサイリービーチの「トウアカクマノミ調査ダイブ」報告です。

ここ数日は日毎に透明度が上がってきているサイリービーチ。まず最初に向かったのはツバメウオの若魚、通称"ツバスチャン"が居付いているロープ。体高10センチ弱の弧を描いた若魚独特のシルエットは、昼下がりのマッタリとした日差しを浴びて気持ち良さそうに水面を漂っていました。

サイリーには確認しているだけで50箇所を超えるトウアカクマノミのコロニーがあるのですが、今日は最近調査を入れていなかったエリアへ。1箇所目、産み付けられて数日のオレンジ色の卵を、親クマノミが健気に世話しています。2箇所目、あと数日でハッチアウトしそうな卵。3箇所目、産卵の気配なし。4箇所目、ハッチアウト間近の卵・・・。

今日回ったコロニーは全部で20箇所程度ですが、その半数以上で各成長過程の卵達が確認できました。そう、サイリーのトウアカコロニーではこれからハッチラッシュ。近々産卵しそうなコロニーもあるので、産卵から孵化までの各段階が、いとも簡単に観察できるスペシャルウィークがはじまります!

報告/KOKI
写真/トウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/03(月) 16:02:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2007.12.1 タートルロック・ブレックファーストベンド

ロケーション/カオラック
ポイント/タートルロック・ブレックファーストベンド
天候/快晴
水温/28℃
風/北東
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

torafu2.jpg

ちょっと風が強くなっているカオラックから。多少船が揺れますが、それでも潜ってみれば、水中は最高のコンディションです。

まずは1本目はタートルロック。No.8の島の有名なドナルドダックベイの横に位置するポイントです。ここはちょうど島影になっていて波風の影響はありません。あまりメジャーなポイントではありませんが、結構日本人ダイバー好みなポイント、と勝手に思っているポイントです。私、個人的には、かなり好きなポイントです。特徴は、シミランらしい岩のダイナミックな地形、そして多種多様なお魚たちがいます。穏やかなコンディションの中、巨石をすり抜け潜降していくと、足元の砂地に、アケボノハゼが大量発生。今年、本当にアケボノが多いです。今日は3名のゲストと一緒に潜りましたが、1匹を順番待ちして見る、撮る、のではなく、一人につき、一塊ずつ紹介できます。そして、浅場へ戻ろうと泳いでいると、大きなナポレオンが登場。この海ではシャイな性格のナポレオンが多いのですが、この個体はゆっくりぐるぐると我々の周りを泳いでくれました。後半は、アンダマンチョウチョウウオ、トライアンギュラーバタフライ、イエローテイルフェアリーバスレットなどなど、キレイどころの固有種の数々をご紹介。道中の波風が嘘のような、まったりしたダイビングでした。

水面休息は、ドナルドダックベイで、絶景ポイントへ登り、今日のゲストも大喜び!何度来ても感動を覚える、すごい景色ですねえ。

2本目はブレックファーストベンド。とてもキレイなコンディションで、これまた気持ちよく潜れました。特に凄かったのは、レオパードシャーク。3匹登場しましたが、最後の2匹は、なんと求愛中。2mほどの大型の個体体が絡まるようにぐるぐるとじゃれあっていて、我々ダイバーが近づいたことなどまるで気に留める様子も無く。我々のチームはもちろん、後から来た欧米人ダイバーのチームも、皆とてもマナーがよく、誰も不用意に近づかないので、15分くらいは超至近距離でじっくり観察&撮影ができました。

報告/TAKESHI
写真/レオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2007/12/01(土) 15:59:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD