Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2008.12.29

ロケーション/カオラック・ボンスーンレック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下/10m

今日ブルードルフィン号はコタチャイ/コボンへ行ってたのですが
私は6名のゲストとボンスーンレックへ。
マクロ好きのリピーターさんチームだったので、
もう、私のガイド魂にも火がつきます。

昨日透明度が悪かったと聞いていたので、
少し心配していたのですが、10mは見え、
マクロをやる分には全然問題ありません!

ウミウシはいっぱいいるし、コブシメニシキフウライウオ
マクロのオンパレード♪

あと、今ここのポイントもバラクーダ幼魚が多い!
キンセンフエダイヨスジフエダイ幼魚も多く、
ダイバーが見えないほどの群れ。。。

本当に楽しかった。。。

ゲストの感想は、、、時間が足りない!!ダイブタイムが短い!!
通常シミランのダイブでは60分潜ってるのが、
ここは水深の関係で60分潜ると窒素が・・・。

次回はナイトロックスでお願いします!!
と、言われました。
次回のボンスーンは2日です。
今から私も楽しみだ~~~!!!

報告/NAOMI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/29(月) 21:39:06|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.28

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/30m

トラフザメ

今日は、ブルードルフィン号シミランへ行ってきました。
思ったよりも波も高くなく、快適なトリップでした。
透明度は30m近く抜けていて、流れも程よい絶好のコンディション。

TAKESHIチームは、平均400~500本潜っているベテランチーム。

1本目は、普段はなかなか行けない離れの根へ行ってきて、
レオパードシャーク(トラフザメ)を2匹ゲット!巨大なナポレオンも登場!!

そして、本日Mさんは500本の記念ダイブ。
皆で水中でお祝いしました。
極めつけは、水中人文字で『五〇〇』を作ったこと。
2人がかりの漢数字の『五』はなかなかの見ものでした(笑)。

2本目はアケボノハゼマッコスカーズフラッシャーラス
アンダマンジョーフィッシュアンダマントリプルフィン
インディアンダブルサドルバタフライフィッシュなどなど、
レアものや、固有種が沢山見れて面白いダイブでした。

Mさん、500本おめでとうございます!
次は1000本目指して楽しいダイビングを続けてください。

報告/TAKESHI
写真/レオパードシャーク(トラフザメ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/29(月) 07:18:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.27

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/30m

今日は2ボートにわかれてのダイビングへ行ってきました!
私はシミラン諸島。
もう一つのボートはコタチャイコボンへ。

コボンでは、今日もマンタが出ていたとのことです!
私も見たかったーーー!!。。。が!!
シミラン諸島も負けていません!

今日はノースポイントブレックファーストベンドへ行ってきました。
ここ一番の透明度でした。
長年働いているボートクルーですら、『すんごくキレイーーー!!』と、
体をボートから乗り出して見ていました。

潜っても本当にキレイでした。
ノースポイントは、メインのピナクルからかなり離れた深場の離れピナクルまでキレイに見えました。
これは行くっきゃないと、行ってみたらちょうどロウニンアジカスミアジたちが小魚を捕食しているところでした。
サカナも大迫力でしたが、地形も太陽のまぶしい光で一層迫力がありました。

2本目のブレックファーストベンドもすごくキレイでした!
エントリーする前にボートの縁から見える海の色が私もビックリするくらいのキレイな青さでした。
良い感じに流れもあったので、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの激群れや、クマザサハナムロ、イエローダッシュフュージュラーなどが川のように流れて、またまたウットリしていました。

帰り道には、なんと水面にオキゴンドウが現れたりもしました!
最近、大物スゴイです!!
 
報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/タートルロックのウミウチワ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/27(土) 21:25:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.26

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/25m

manta3.jpg

“本日はマンタでございます”

昨日から一転、晴れのカオラックを出発して一路コボンへ。
波もなくあっという間に到着。

ここはこの海域でも一番のマンタポイント。
透明度も上々で期待に胸が高鳴ります。

そしてしっかりと期待に応えてくれました。

1本目はリッジの南側の穏やかな中層に。
2本目は北側で潜行直後から光のしっかり届く浅場で。

2本とも、4mほどの大きな個体で、
何度も旋回を繰り返してそばまで寄ってきてくれたので、
じっくり堪能できました。

ワイドが元気なこの頃ですが、もちろんマクロもバッチリ!
まさに目白押し!なダイビング。

本当に今、いい感じです!!

報告/KOKI
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2008/12/26(金) 21:58:57|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.25

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下/10m

トマトアネモネフィッシュ

今日はリチェリューロックでクリスマスダイブをして来ました。
昨日のイブはカオラックではいたるところで花火が上がりとてもきれいでした。
ちなみに大晦日はビーチ沿いのリゾートから上がる花火の数もさらに増え、街はさらに華やかな雰囲気につつまれます。
年末年始をカオラックで過ごされる方、是非お楽しみに!!

さて今日のリチェリューロック、流れは少しありましたが、その分ウミトサカ等のソフトコーラルのポリプ全開でとてもきれいでした。
また、見た魚も個性全開、固有種ばかりでした。
メタリックに輝くアンダマンダムゼル、アンダマン海固有のハギであるアンダマンミミックファイル、タツノオトシゴファンにはたまらないタイガーテールシーホース、かわいいかわいいアンダマンウバウオ、固有種クマノミのインドトマトアネモネフィッシュ、固有種ではないですが優雅に漂うニシキフウライウオ等マクロ好きにはたまらないクリスマスダイブとなりました。
ちなみにワイド派の方も心配御無用!ブラックフィンバラクーダのトルネードにオニカマスの群れやダイバーの行く手を阻む壁のように密集するキンセンフエダイとホソフエダイの群れもみれましたよー。

報告/YUTA
写真/トマトアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/25(木) 19:49:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.23

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

ジンベエ27

普段タオ島にいるKOKIです。

が、また今年も年の瀬のカオラックにやってきました。
遊びに、ではなく、お仕事ですよ、お仕事。

で、今日潜ってきたのは、大本命“リチェリューロック
そしてなんと!早速出ました!!ジンベエザメ!!!

透明度良く太陽もサンサンと降り注ぐ中、
まさに“GOD”な感じのオーラを持って泳ぐ姿に見惚れて、
うっかり追いかけるのを忘れるほどでした。。。

別チームで潜っていたMAYUKOチームは、
マダラトビエイ2匹と遭遇したとのこと。

年末に向けて、大物運が上昇中!!

皆様のお越しをお待ちしてます!!!

報告/KOKI
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/23(火) 21:55:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.22

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

今日の1本目はコタチャイピナクルで潜って来ました。
コタチャイは流れが少々強いのですが、カオラック有数の大物ポイント。
ジンベエやマンタとの遭遇のチャンスがあります。
流れがある分、潮がピナクル(隠れ根)にぶつかる所に魚が集まるのです。
TAKESHI&YUTAでゲストの皆様の前後を固め、いざ、潮とピナクルの衝突ポイントへ。
すると、いますいます、バナナフュージュラーの大群が。
そしてそこに、まるまると太った巨大ロウニンアジ群れカスミアジ群れが捕食の為、猛スピードで大群に襲い掛かります。
そしてその上方では、またまた大きなキツネフエフキがフュージュラーに狙いを定めています。
そんな大迫力シーンを目撃した後は、これまた大きなアカマダラハタとのランデブー。
そして少し泳いでいると目前をナポレオンのペアが悠然と泳ぎ去って行きました。
安全停止にはいっても気は抜けません。
いつどこにマンタが飛来するか、ジンベエが通り過ぎるか分からないからです。
きょろきょろしながらの安全停止。
海中に別れを告げ難くも浮上。
大興奮の1本が終わってしまったのでした。

報告/YUTA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/22(月) 23:57:48|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.21

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/25m

今日はシミランへ行って来ました。
シミラントリップ恒例のパラダイスビーチ上陸ランチ。
今日は4番の島のハネムーンベイでした。
ちなみに島の反対側にはプリンセスベイというのもあります。
ちょっとお洒落なネーミングではありませんか?

さて今日のランチの後の1本はウエストオブエデンで潜って来ました。
ジャイアントシーファン(巨大うみうちわ)やソフトコーラルが美しいイーストオブエデンと7番の島を挟んで西側にあるからウエストオブエデン!別名シーファンシティー(うみうちわの街)。
ソフトコーラルの美しさに巨岩のダイナミックさをミックスした素晴らしいポイントです。
まずは潜降して深度をとり、26m位でアケボノハゼ
そしてそのすぐ近くにハナヒゲウツボ幼魚を観察。
そしてカラフルなソフトコーラルにつく、スカシテンジクダイ群れにインド洋固有種のハナダイ、インディアンフレームフェアリーバスレットを観察。
透明度25mの舞台にカラフルなソフトコーラルやシーファンが彩りを添え、主役の魚達が華やかに舞う夢のような時間はあっという間に過ぎ去ってしまったのでした。

報告/YUTA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/22(月) 22:57:20|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/26℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/-m
透明度下/-m
 
クリスマスまで1週間を切りました。

タオ島ではあちこちにサンタク帽を被った欧米人が出没し、
南国の不思議なクリスマスムードが漂っています。

水中では、ここ数日“トウアカクマノミハッチアウト”が盛況。

今夜は2名のゲストとASUKA、僕の4名で鑑賞会。

まだ月が上がっていない時間なので水中は真っ暗。

呼吸音だけが聞こえるなか、静かにハッチアウトが始まりました。

最初は動作が緩慢だった親トウアカたちも、次第にエキサイト。

ゲストのマスクにアタックしてきたり、産卵床から離れて
高いところまで泳いで見たりと元気一杯すぎっ!

親に似たのか、子供達もバサバサと一斉に元気良くハッチアウト

本日も大成功に終わりました。

そしてログ付けタイムは毎度のことですが、
ビールとつまみ(今日は辛いタイ料理)に先に手が伸びてしまい、
気持ち良ーく全会一致で、明日にお預けとなってしまいました。。。

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/21(日) 16:27:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2008.12.19

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m

Sea Fan

いよいよ12月も下旬になってきました。
年末年始はにぎやかになりそうで、今から楽しみにしています☆

天気は毎日快晴です!
ただ波は少しありますが、水中は穏やか!コンディション良し!

今日はタートルロックとスリーツリーへ行ってきました。
特にタートルロックの透明度が最高でした!
個人的にナンバー1だと思っているウミウチワがここにはあり、
今日もバッサリと茂っているか見に行くと、
太陽の光がキレイに入り、大きなウミウチワが一層キレイに見えました。
やっぱりナンバー1です!

小さくてキレイなサカナ系では、アケボノハゼマッコスカーズフラッシャーラスなどアイドル的存在のサカナたちを見に行き、その道中でタテジマキンチャクダイ幼魚とも出会えました。
 
キレイなタートルロックで潜った後はスリーツリーへ移動。
少し沖の方へ行きました。

早速、大きなブラックフィンバラクーダ群れが出現!
あまり逃げることなく一緒に泳げるので、しばらく横に並んで気持ちよく泳ぎました。
底には、2匹のレオパードシャークが寝ていました。
大と小で並んでいました。きっとカップルでしょう☆

その周辺には、アンダマンジョーフィッシュ、オーロラパートナーゴビーが砂地から顔を出していて、
私達も砂地にへばり付いてしばらく見ていました。
サカナってじっと見続けていても全く飽きなくて1本ダイビングが終わってしまいそうになります。。

周りのさんご礁の景色もかなりキレイで、砂地にへばり付いてばっかりももったいないので
あとは泳ぎ回って遊びました。
今日は小さな子どものアオウミガメもいました。
小さいけどいっちょ前にサンゴをガリガリとかじっていました。
シミラン諸島、癒し系で本当にウットリする場所です!

また次回のトリップも楽しみです!
 
報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/タートルロックのウミウチワ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/19(金) 17:54:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.18

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/25m
透明度下/25m

アケボノハゼ

ユウタです。カオラックからです。
私にとって今シーズン初のカオラックダイブはコボンでした。
潜る前にログブックをみてみました。
昨年の私にとっての初コボンではマンタ大祭り。
あの御夫妻とあのリピーターの御客様と御一緒したことを思い出したりして、楽しかった出来事が脳裏によみがえります。ログブックは私の想ひで帳。
ダイビング前に想ひでに耽るのもなかなか良いものです。

さてダイビングの方はというと、抜群に良い透明度にまず感動!!
魚の方も私の好きなアケボノハゼハタタテハゼと再会し、イエローテールフェアリーバスレット群れをうっとりながめていると、そこに突然60センチ位のまるまると太ったカスミアジが捕食の為に突っ込んで来ました。
そんな大迫力シーンを目撃した後、砂地の方に大きな川の字を発見!!
何かと思って近寄ってみると、1.5メートルクラスのオニカマスが3匹サスペンドしていたのでした。
今日は残念ながらマンタは出ませんでしたが、マクロもワイドも素晴らしいダイビングとなりました。やっぱりカオラックは凄いです。

報告/YUTA
写真/アケボノハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/18(木) 19:10:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.17

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/25m

マダラトビエイ

今日はシミラン諸島No.7で潜ってきました。
1本目はウェストオブエデン、2本目はディープシックスでした。
天気も良し、透明度も良くコンディションまっちりだったのですが、特に2本目のダイビングが最高でした!
程よい潮当たりで何か大物が出るかも?!と、
潮の一番当たる所へ遊びに行きました。
するとそこは、クマザサハナムロ、イエローバックフュージュラーの激群れがいました。
これは大きなのが来る!と待っていたら来ました!大きなロウニンアジたち!
捕食しまくって去っていったあとは、今度はカスミアジのすごい群れが捕食にやってきました。

クマザサハナムロやイエローバックフュジュラーが右へ左へ逃げ回る様子が大迫力!
更にその次はなにやら大きなヒラヒラしたものがこっちに来ました。
マンタ???  ん???

マダラトビエイでした。
スイスイと泳いでこちらへ近づいてきました。
動かずに待っていると、私達の目の前までまっすぐにやってきました。
今まで臆病な個体しか見たことがなかったので、どうせまたすぐに方向転換して逃げるだろうと、
じっと見ていたら、まだ方向転換せずに近づいてきて最後は私達が体を反らすように避けたら
その真上を通って泳ぎ去って行きました。

こんなに近くで見たのは初めてでした!
感激!
明日は何に会えるか楽しみです!
海ログをお楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/マダラトビエイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/17(水) 20:21:26|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.16

ロケーション/カオラック、ボンスーンレック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/12m

ワヌケヤッコ幼魚

相変わらず毎日快晴のカオラック!
今日は近場のボンスーンレックへ行ってきました。

透明度はまずます、魚影は最高でした!
ここはいろいろな幼魚が生息している天国ですが、
今日はミナミウシノシタ幼魚がいました。
そのまま小さくなった感じで、指の爪くらいの大きさの個体が砂地を這っていました。

カサゴ系がものすごくたくさんいるところですが、キリンミノカサゴ幼魚もいました。
ミノカサゴ系の中で個人的に一番可愛いと思っているので、見つけて自己満足に浸っていました。

ミナミハコフグ幼魚ワヌケヤッコ幼魚等、宝箱のようにホイホイと飛び出してきますBrilliant.
沈船の壁の隙間には、大きなハニーコンブモレイやキングギドラのように一つの穴の中から3匹のサビウツボが顔を出していたり、ウツボ天国の場所もありました。

今日一番良かったのは、中層!
激群れのキンセンンフエダイ、ホソヒラアジ、バラクーダの幼魚が混ざり合い、視界がサカナで遮られてゲストの皆様どうし近くにいるのにサカナが多すぎてお互いに見えなくなったりもしました。
サカナの激群れに巻かれて遊んでいると突然、すべてのサカナが一方向に逃げていきました。
見守っていると、大きなヨコシマサワラが何匹かで捕食にやってきているところでした。
口をパクパクと動かしなが突然猛スピードで泳ぐ姿は本当に大迫力でした!

同じく中層には美味しそうなアオリイカの群れが泳いでいて、その下には大きなコブシメのカップルもいました。
リチェリューロックでは、三角関係の気まずい個体たちがいますが、ここは2匹でラブラブでした。
みんなで取り囲んで見ていると、恥ずかしそうに2匹そろってひと気のいない場所へ移動して行ってしまいました。
 
最近はなぜかサカナのラブラブな場面に凝っているような気がします‚ำ‚้[‚ย™‚b‚•‚Œ‚”‚‰‚–‚‚”‚‰‚‚ŽEฤทฤทสฐฤ

シーズン真っ只中!コンディションはグッド!
明日のウミログもお楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ワヌケヤッコの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/16(火) 23:04:18|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.15

ロケーション/カオラック・コタチャイ/コボン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

私にとっては、久々のコタチャイ/コボンです。

コタチャイは流れが早いことも多いのですが、
私は好きなサイトです。
やっぱり今日も流れてました。でも、体力のあるゲストだったので
潮があたってるところまで行けば、
そこは頭上でカスミアジロウニンアジがグルグル♪
ロウニンアジはサイズが小さい個体でしたが、きっと大きいのもいるはず。。。
カスミアジはサイズも大きく立派な個体がいました。

そして、オニカマス
1mオーバーのオニカマスがずーーーーっと
ホンソメワケベラにクリーニングされてました。
近くで見てると、心なしか目はこっちを見てるような・・・。
日本の海水魚には“サメより凶暴”と書いてます。
ちょっと、近づくのはビビった私でした。
そういえば、タオのサイリーにもすっごく大きなタンクぐらいの太さの
オニカマスがいるんですよね。
あれも、かなりびびります。。。。

コボンマンタがいたらしい!
私の前を泳いでたゲスト一人のみが目撃。
私はその時スレートを書いてる最中だったので
ゲストが指さしてる方に気づくのが遅れ、
私&他のゲストがダッシュかけた時には、もういなくなってました。。。
残念ですが、また次回。
でも、大きなナポレオンがいました。

昨日大物が見たい!と書いてた私ですが
今日の大物はオニカマスナポレオンでしたよ。

報告/NAOMI (NaomiのHappyLifeブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/16(火) 17:48:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.14

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/25m
透明度下/25m

no8 ver1

今日のブルードルフィン号は満員御礼のトリップでした♪
最近バンコク空港封鎖の影響で例年に比べるとゲストは少なかったのですが
今日は久々の満員御礼!

ランチタイムにはもちろんNo.8のビューポイントへ登って
記念撮影。毎回登ってる私ですが、やっぱり綺麗です。

肝心の海のコンディションはシミラン諸島は最近コンディションが安定してますよー。
透明度もまずまず、流れも良い感じです。
満月後なので、若干場所によっては、抜けが白っぽいところもありますが、
でも、透明度はもっと上がってくと思います。

最近はフュージュラーの子供が多い!!
イケカツオが捕食の余念がありません。。。
そして、アケボノハゼが今シーズンも多いです。
場所によっては去年より増えてるかも・・・。
比較的寄りやすいし、サイズもそこそこ大きいので、
被写体には持って来いですよー。

あと、今日の2本目のスリーツリーでは
サバヒーがいっぱい群れてました。
群れといえば、インド洋固有種の
ブラックピラミッドバタフライフィッシュも激群れです。

2本目は途中から結構流れてたのですが、
ほどよくドリフトで泳いでるだけで気持ちの良いダイビングでした。

明日はコタチャイ/コボンです。
大物出ろーーーーーーーーーー。

報告/NAOMI (NaomiのHappyLifeブログはこちらをクリック
写真/ドナルドダックベイにて。今日のゲストと。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/14(日) 22:46:31|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.13

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ニシキフウライウオ3

今日も行っていました、リチェリューロック
まだ北風が残っていて、多少の波があったにもかかわらず、
片道、1時間ジャストでした。
これからシーズンの中盤、後半にかけて、
どんどん波がおさまって海面が穏やかになってきますので、
これから来るゲストの皆様、快適なトリップをご期待下さい。

さて、今日のダイビングは・・・

透明度はいまいちだけど、あいかわらず魚影が濃い!
中層はブラックフィンバラクーダ群れグルクマの大群、
各種フュージュラーの渦、キンセンフエダイの壁などなど、
とてつもない魚群に圧倒されっぱなし。

アンダマン海やインド洋の固有種も盛りだくさん。
ただ今、ニシキフウライウオが大量発生していて、
適当に泳いでいるだけで何個体か見つけることが出来たり、
あと、タコも大発生していて、♂♀の絡みが見られました。

ジンベエは目撃情報が飛び交っているのですが、
なにぶん、満月の影響か、透明度が落ちているので、
なかなか見えてきません。
実はすぐ近くを泳いでいるかも・・・
もうすぐ透明度が良くなれば見られるかな!?

やっぱり面白いリチェリューロック
これからが楽しみです。

報告/TAKESHI
写真/ニシキフウライウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/14(日) 22:41:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.12

ロケーション/タオ島
水温/27℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/8m

タオ島は今日も快晴!!そして毎日本当に夕日がきれい!
今は満月なので月も超きれい!!

というわけで、波がなくなってきたタオ島、今朝もチュンポンピナクルに行ってきました。
チュンポンに行けるようになっただけで幸せな気分になっている私達。
さようなら、大雨大波のタオ島。

潜降後、すぐに迎えてくれたのはオオクチイケカツオ
ものすごく大きな個体ががんがん現れます。
さらにその横にピックハンドルバラクーダ群れがぐるぐる。
グレーリーフシャークは一瞬でしたがかなり近くまで来てくれました。

中層にはイエローバンドフュージュラーの壁、ジャワラビットフィッシュの壁です。
そこにまたオオクチイケカツオが突っ込んできます。

2本目はジャパニーズガーデン
実はこの時期風の向きの関係で波が入り、行けないことが多いこのポイント。
(ハイシーズンの風向きでは逆に波のないポイントなので下手すると毎日行くのですが。。)
私も久しぶりで新鮮でした。
そして誰もいないジャパニーズガーデン
講習生で満杯のハイシーズンには考えられません。

これがまたきれい!!
太陽の光が燦燦と降り注ぐ珊瑚たち。
キャベッジコーラル畑、ハナガササンゴ畑、誰にも荒らされていない珊瑚、素敵です。

何ヶ月か前にチビだったチョウチョウコショウダイは、、、大きくなっていました!
体長20センチくらい。
大人になりたくてまだなれないチョウチョウコショウダイのこどもは、もうあんまり踊ってはくれませんでしたが、体の模様はまだパンダちゃん。まだまだかわいいさかりです。
チョウチョウコショウダイの隣に住むスズメダイモドキも健在。
お前を見たくて近寄っているんじゃない!って言ってるのに、顔を赤くして超威嚇してきます。
はっきりいってかなり狂暴です。大きかったらトリガーより怖いと思う。

タオ島、ダイビングがかなり楽しくなってきました!!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/12(金) 15:17:02|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2008.12.11

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/10m

トマトアネモネ

今日はリチェリューロックへ行ってきました。
ここ最近、北風が吹いているので水面はギザギザと波があり、
行きはスピードを抑えての走行で1時間20分もかかってしまいました・・・。
帰りは風も止み、追い風を受けて1時間ちょうどで帰って来れましたが。
それでも、頑張ってでも行く価値のある人気のポイントなのです。

海の中は、とにかく魚影が濃い!
ウネリも入っていたので、大量の魚と一緒に洗濯機の中にいるみたい。

ジンベエなどの大物の出現も期待できるこのポイントですが、
アンダマン海ならではの生物も楽しめます。

アンダマンウバウオアンダマンチョウチョウウオ
アンダマンドティーバックアンダマンダムゼルなどなど、
名前からしてこの海っぽい奴らがたくさん見れます。
そしてトマトアネモネフィッシュスカンクアネモネフィッシュなど、
クマノミもこっちバージョンが見られますし、
固有種のタツノオトシゴであるタイガーテールシーホースも人気。

夢中になって下ばかり見てると
頭上をバラクーダ群れが通り過ぎたりするので要注意です。

報告/TAKESHI
写真/トマトアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/11(木) 23:24:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/27℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/5-10m
透明度下/5-10m

オグロメジロザメ

風が収まってきたタオから海ログです。

今日は朝から久々に外洋を目指しました。

湾を抜けると多少の波はあるものの、船酔いする人はゼロ。
太陽もサンサンと降り注ぎ、まるで小春日和。

潜ってみると。。。
うーん、透明度はやはりまだまだ厳しいかなぁ。。。

と思っていると、いきなり現れたのはオオクチイケカツオ
ピナクルの上で10匹ほどが捕食活動をしていました。

シーズン中は岩から離れていることが多いのですが、
透明度が落ちる分、魚影もギュッと凝縮中です。

水底まで行くと現れたのはシェベロンバラクーダの大群。
群れの全景はさっぱり見えませんが、途切れることなく
いつまでも目の前を流れるように泳いでいきます。

息つく間もなく、今度はオニアジ群れに囲まれました。
ぶつかりそうなほどの至近距離でこちらも迫力満点。

程よい流れに身を任せて流されていると、
足元にグレーリーフシャークが現れました。

次々に現れるサメたちにちょっとビビッていると、
今度はピックハンドルバラクーダ群れ

普段は浅いエリアにいるツバメウオコバンアジ
今日は深場でムレムレ。

もちろん、いつものフュージュラー系も凄い数で群れまくり。

今日は本当に群れ群れ群れすぎー!なダイビングを堪能しました。

天候、海況ともいい感じになってきたタオ。
クリスマスに向けて、どんどん良くなる予感です。

報告/KOKI
写真/グレーリーフシャーク(オグロメジロザメ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/11(木) 18:38:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2008.12.10

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/30m

べたなぎのシミラン諸島へ行って来ました!
透明度がかなり良く、流れもほぼなし。
太陽の光が海の底まで照らされ、すごくキレイでした!
今日はシミラン諸島No.9で潜りました。
沖の方へ大きなサカナを探しに行きましたが、残念ながら会えませんでした。。。
後で聞くと、レオパードシャークがいたのに私が駆け付けたころには泳いで行ってしまってたそうです。。。
残念orz
しかし、今日は小さな可愛い子どものタイマイに出会いました。
とても臆病そうだったので、あまり近寄らずに距離をおいてずっと見ていました。
そうすると安心したようにバリバリとソフトコーラルを豪快に捕食していました。

アケボノハゼもたくさん見られました。
つがいでいたり、独身だったり。

今日面白かったのは、私のグループではありませんが、一緒に潜っていたもう一つのチームが
安全停止中に、頭上からゴマモンガラがみんなをめがけて泳いできたそうです。
これは襲われる!!と、防御する準備をしたら、何故かフィンに頬擦りをして泳ぎ去っていったそうです。。。何がしたかったのだ!!
タオ島のトリガーフィッシュは気が荒いですが、MAYUKOブログにも載せましたが
やはりこちらの子たちはそうでないようです。

毎回何か面白いことが起こって次は何が起きるか!と楽しみになります。
明日の海ログもお楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/10(水) 19:00:53|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.09

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/8m
透明度下/8m

コブシメくん

今日は、波が高めでしたが海の中は穏やかでした。

流れが良い感じにあったので、キンセンフエダイ群れがギュっとかたまって魚影が一層すごく見えました。
スカシテンジクダイもたくさんで、岩肌のキレイなソフトコーラルを見ようと手でパタパタとサカナを払いのけたら中から人の太ももくらいはあるドクウツボがガオーッ!と顔を出していて、
ビックリしました‚ั‚ม‚ญ‚่
いつも海ログに登場していますが、あの三角関係のコブシメは今日は2匹のみでデート中でした。
今日は恨めしそうに見ているもう1匹の姿はなく、2匹は楽しそうでした。

岩陰には、ムスジコショウダイのまだ2センチくらいしかない幼魚や、指の爪くらいの大きさのミナミハコフグ幼魚、サビウツボの幼魚など、小さなカワイイ系のサカナもたくさんいました。
更に散策していたらこれまた小さなオニカサゴ幼魚もいました3‚อ[‚ฦ
水底にはいきなり大きなモンハナシャコが忙しそうに走っていったりで、どこを見ても何か面白いものがいました。

最後は安全停止をしていたらブラックフィンバラクーダ群れ
私たちを見送ってくれました。

スピードボートは去年よりも更に広くて快適です!
カオラックにお越しになる方はお楽しみにーーー!! 
 
報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/コブシメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/09(火) 17:23:10|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.08

ロケーション/カオラック・コボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m

エダサンゴたち

コタチャイコボンへ行ってきました。
コタチャイでの今日一番は、キビナゴを追い掛け回すアジの軍団!
キビナゴが大きな球になったり、川のようになったり、いろいろな形に変えて逃げ回っている様子が大迫力でした。
川のようになっている時は、キラキラBrilliantとして天の川のように見えました。
コボンには、最近カップルのナポレオンを毎回見かけます。
前回はラブラブでしたが、今日はお互いに少し距離をおいて泳いでいました。
ケンカでもしたのか、次回にまた会ったときには仲直りしててほしいです。。

最近目だっているツムブリ群れは、今日はマルクチヒメジアミメフエダイの暴走族集団に一緒に加わって小魚を捕食していました。

透明度も良いし、サカナも多いしあとはアナタ(マンタ!!)が来てくれれば”g
明日の海ログもお楽しみに☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/エダサンゴ畑

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/08(月) 17:42:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

皆様いかがお過ごしでしょうか?
タオ島店より、久々登場のYUTAです。
タオ島は晴れの日が続き、徐々に透明度が上がってきています。
今日は、ヨウジウオ科二種が魅力的なポイントで潜ってきました。         

ヨウジウオ科というとまず思い浮かぶのがタツノオトシゴ
カオラック店でボートトリップしているリチェリューロックではタイガーテールシーホースが有名ですが、タオ島店のポイントではクロウミウマを観察することが出来ます。
私が最近調査したところでは、同じポイントのある地帯、名付けてシーホースフィールド(勝手に命名)で三個体を確認しています。
また同じフィールド内に、同じヨウジウオ科のワカヨウジも三個体(一個体は極太)確認しています。
そして同フィールド内ではマバラシライトイソギンチャクにつくトウアカクマノミも観察することが出来ます。

残念ながら相手は生き物で、フィールド内を縦横無尽に動き回っている為、毎回クロウミウマに逢えるとは限りませんが、発見率を高める努力を日々している今日この頃です。
御客様と御一緒して、探検気分でクロウミウマを探しに行く楽しみはなかなかのものです。ガイドよりも先に御客様が先に発見することもしばしばあったりして・・・。

皆様もタオ島へ御越しの際は、シーホースフィールドへ是非御一緒しませんか?
タオ島から新たな魅力をお伝えしました。

報告/YUTA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/08(月) 16:51:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2008.12.07

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/快晴
水温/29℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/25m
透明度下/25m

マッコスカーズフラッシャーラス5

今日はシミラン諸島へ行ってきました。

水面は波がありましたが、水中は穏やかで、流れも程よく、
気持ちのよいダイビングができました。

1本目は地形がダイナミックなポイントで、
2本目はマクロが面白いポイントで潜りました。

クジャクベラのインド洋版であるマッコスカーズフラッシャーラス
オスがせっせとメスに鰭を開けてアピールしていました。(写真)
何度見ても惚れ惚れする美しさですねぇ。

今日は、アケボノハゼも水深22mくらいから見られました。
去年の記録は16mととても浅かったのですが、
浅ければ浅いほうが観察するのも撮影するのも有利なので、
今年も、もっと浅い場所に生息しているのを探しておきます。

ジョーフィッシュも穴から飛び出してお食事中でした。
浅瀬では、モンツキカエルウオの子供が
穴からキョロキョロ可愛い顔をのぞかせていました。

報告/TAKESHI
写真/マッコスカーズフラッシャーラス (クジャクベラのインド洋版)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/07(日) 22:26:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.06

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

ニシキフウライウオ黄色

毎日快晴です

ビッグブルーのボートは、リチェリューロックまで近い!。。ので
行きまくっています。

今日は透明度がぐっと上がって、ソフトコーラルやウミウチワ等の色が一層キレイに見えましたBrilliant
アイドルのタイガーテールシーホースやニシキフウライウオは今日も元気に目をキョロキョロと挙動不審に動いていましたjumee™whyR

これまたいつもいる大きなコブシメ、今日は5匹かたまって何かミーティングをしているようでした。
ずっと見ていたら、その中の2匹がカップルなのか離れて影へ隠れました。
いつも三角関係であるもう1匹がそれを追いかけて行きました‚ั‚ม‚ญ‚่
いつのならその後は3匹でカップルの取り合いをしているのですが、今日は違いました!
更に新たな1匹が三角関係の1匹のことが好きなのか、追いかけて来ました。
その成り行きをずっと見ていると、
3匹はその新たな1匹を完全に無視‚ฆ‚ฅして、いつもの取り合いをしていました。。スゴイ。。。これだけを見ていてもダイビング1本楽しめそうでした。

潮当たりもいい感じだったので、ブラックフィンバラクーダの群れやキンセンフエダイの群れ等がキレイにかたまって、ソフトコーラルの周りを覆うようにいたのでその中に突っ込んだりして遊びました‚ค‚ำ

シミラン諸島からリチェリューロックまでどこに行ってもキレイです!!
明日のダイビングも楽しみです☆
   。
   。
   。
シヨップはbikkuri01

shop

さぁ!
違いが分かりますか。。。?
。。。って前を知らなかったらわからないですよね‰ฦ
お店をプチ改装しました!
お店の前の石を敷いた入り口。
中も少しƒn[ƒg
カオラックにお越しになる方はお楽しみに!

pig張り切って店の前でNAOMIに写真を撮ってもらったら、手を上げすぎてお腹がドーンと出た写真になったので、これは取り直したモノですล‚้3

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/写真上:ニシキフウライウオ
写真下:ショップ前の様子

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/06(土) 10:22:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.05

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/30m

Sea Fan

今日はコボンです!!
ここ何度かですが。。。残念ながらマンタには会えませんた☆
が!!
透明度がめちゃくちゃ良く、魚影も濃くコンディション最高ーーーーでした!

早速潮当たりの良い場所へ大物探しに行きました。
まず現れたのは、マルクチヒメジとアミメフエダイが入り混じった群れ。
捕食中で暴走族のように岩肌に沿って暴れて去って行きました。
その後ろからはツムブリの群れが同じく小魚を狙って横切っていきました。
この時に逃げ回るスカシテンジクダイやキビナゴの群れが玉ほようになってすごくキレイでした。

そして、まだまだ何か来ないかと待っていたら今度は大量のジャイアントフュージュラーの群れがすごい勢いで泳いできました。
これは何かデカイのが来るかも!と待っていたら、大きなロウニアンアジたちが追いかけて捕食しに来ました!その後はもう逃げ惑うサカナを追い掛け回して一瞬にして泳ぎ去って行きました。
泳がずにこの場所でじっとしてても面白すぎる!という感じだったので、もう少し待っているとナポレオンのカップルがやってきました。
2匹仲良さそうにゆっくりデート中でした。
一緒に泳いでいたら、突然目の前で堂々と交尾をしていました!!目を覆いたくなりましたが(笑)私自身、初めてこんな瞬間を見たのでずっと見させて頂きました☆

安全停止中にはブラックフィンバラクーダの群れも現れ、最後まで盛りだくさんなダイビングでした。
今のコンディションは本当ーーーに良いです!!

明日の海ログもお楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/オオイソバナ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/05(金) 17:26:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.04

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/12m

ピックハンドルバラクーダ

12月に入ってからタオ島は快晴!
そしてやっと波も落ち着いてきました。
ここのところ、サイリーの夕日も星も素敵な日々が続いています。
というわけで、久々チュンポンピナクルに行ってきました!
今日はゲストなし、スタッフのYUTAと二人で思う存分遊んできました。
行くまではどうかな、見えるかなあと不安だらけだったのですが、潜降後すぐ、二人で「きれいだね!」と笑顔。
そして、しばらく誰も来れていなかったチュンポンピナクルは魚影が半端じゃない!
さらに、魚が近い!一番すごかったのはバラクーダ。そこら中にバラクーダの群れ群れ群れ
シェベロンバラクーダピックハンドルバラクーダがとにかく群れまくり。
その間を縫ってイトヒキアジコガネアジオオクチイケカツオとぎらぎら三昧でした。
巨大グレーリーフシャークにちょっとびっくりしながら、バラクーダロックのアカオビハナダイもちゃっかり観察してきました。

チュンポンピナクル、これからどんどんよくなりそうな予感!?

報告/ASUKA
写真/ピックハンドルバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/05(金) 12:18:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2008.12.04

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/10m

タイガーテールシーホース2

波も落ち着き、今日は1時間5分でリチェリューロックに到着した
ブルードルフィン号です♪
晴れてるし、波もなくなったし、ボートも少なかったし
良いことづくめ・・・!!

そして、空港も無事運行再開です。

プーケット空港は通常運行していたのですが、
タイ航空はバンコクを使うので、私達も一刻も早い再開を望んでました。

気になるリチェリューロック水中は、、、
透明度はベストとは言えませんが、魚影も濃く
ほどよい流れで良い感じ。

潮表で潜降した2本目は潜った瞬間ブラックフィンバラクーダのお出迎え。
その真下にはホソフエダイキンセンフエダイがぐっちゃり群れてて、
前が見えません。。。

ゲストも大興奮で撮影してました。
お馴染みタイガーテールシーホースも2色いてくれたし、
マクロも楽しいです。
ただ!残念だったのは1本目見つけたニシキフウライウオ
2本目にもう一度いったら、いなくなってた!!!
すぐ横にユカタハタがウロウロしてて食べられそうだなあ、、、と思ってたのですが
残念ながら、本当に食べられた模様です。。。
残念ーーーーーー。

写真は今日タケシが撮影したタイガーテールシーホースです。
可愛いでしょー❤
カメラ目線なところがニクイ!!!

明日はコボンです。
マンタ、マンタ出るかなあ。。。。

報告/NAOMI (NaomiのHappyLifeブログはこちらをクリック
写真/タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/04(木) 21:49:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.03

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/25m

カメとダン

波がおさまりました!!ベタベタになしました!
天気も快晴!最高のコンディションです☆
今日は体験ダイビングのお客様と一緒にシミラン諸島No.8とNo.9へ行ってきました☆
ゲストのお2人、はじめは緊張の表情でしたが、シミラン諸島のあのキレイな海を見た瞬間、そんなことは忘れてはしゃいでいました。
浅場では少しだけスキルの練習をしてから早速遊びに行きました。
浅場は幼魚の天国!
ガレの隙間には小さなムスジコショウダイ幼魚がフリフリと面白い泳ぎ方をしてこちらを伺っているようにも見えました。
そのそばにはこれまたかなり小さなアオヤガラ幼魚も数匹で群れていました。大きかったらなんだか奇妙ですが、こんなに小さいとすごく可愛い!!

テンスオビテンスモドキ幼魚もヒラヒラと漂っていました。
少し、沖のほうへ遊びに行くとトマトアネモネフィッシュが住んでいる地帯に着きました。
エアーの心配もいらないし、クマノミ好きな方は是非ここで見てほしいです。

2本目は更に沖合いに遊びに行きました。
キレイなエダサンゴ地帯には、子どものアオウミガメが捕食中でした。
私たちが近づいたのに気づき、あとは息継ぎもついでにしようといった感じで水面へ去っていきました。
見上げると、大きなイソマグロが3匹獲物を狙っている最中で、頭の上をグルグル泳いでくれたので大迫力でした。
しばらく見ていると、今度は大きなブラックフィンバラクーダの群れもこっちへ来ました!

体験ダイビングでここまでの群れ等を見れて、大満足の様子でした。
シミラン諸島のコンディションがものすごく良くなっています!

また海ログをお楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/カメとダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/03(水) 17:29:32|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2008.12.01

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/快晴
水温/29℃
風/あり
流れ/ほぼなし
透明度上/25m
透明度下/25m

マルクチヒメジ

今日はスタッフのファネットと調査ダイブ!という表向きのファンダイブ。。。へ行ってきました。
コボンで潜りましたが、残念ながらマンタには会えませんでした。。次回こそ!!

マンタはお出かけ中でしたが、コンディションは相変わらず最高でした。
魚影もすごく、泳いでいたらマルクチヒメジアミメフエダイが混ざり合った群れがドドドーっと押し寄せてきてスカシテンジクダイ群れに突っ込んで捕食をしまくってまた去って行ったりしていました。

岩の隙間散策をしても遊ぶと、メニーバンデッドパイプフィッシュが狭い場所をうまいこと泳いでいたり、巨大なドクウツボが隠れていたりもしました。
岩肌にはムカデミノウミウシ群れをつくっているかのように何匹も一緒になってかたまっていました。色がきれいなので固まっているとピンクや紫色の体色がよく見えました。

サンゴの隙間をのぞいたり、散策をしなくっていたら、背後にサカナがたくさんいる気配がしました。
振り向いたら、たすごい群れになったツムブリが固まっておかしな泳ぎをしていました。
その群れの中に大き目のサカナが見えました。サメ?!んん?!
追いかけて正体を突き止めに行くと、中にいたのは子どものナーズシャーク(オオテンジクザメ)でした!
ツムブリたちが力を合わせてサメを追い払っているような様子でした。

私自身、ナースシャークを見たのは初めて!何が出るか分かりません!
次回はどんなサカナに出会えるか、楽しみです☆
 
報告/MAYUKO
写真/マルクチヒメジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2008/12/02(火) 10:28:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD