Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2009.3.30

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

KANA ZINBE 2


タオも負けてませんよ、前回に引き続きセイルロックでまたもやジンベエです。

フルデイトリップの一本目、皆エントリーを始めているときに先陣をきって行った欧米人チームから雄たけびのような叫び声で「WHALESHARK!」
ボート上は大騒ぎ。

僕達も早速潜航してみると、探すまでもなくたくさんの人だかりが目に入ってきます。
その中をかきわけて出て来るかのようにジンベエの登場でした。

ゆうゆうと泳ぐその姿は何度見てもやっぱり惚れ惚れしちゃいます。
こちらも4mくらいの傷のない綺麗な個体です。

しかも今日のこの個体、あまり広範囲を泳がず、しかも比較的浅いところで何度もターンを繰り返し僕達の前に来てくれます。なので常に見ていられます。
まさに水族館の水槽の中を泳いでいるかんじです。

今日は透明度も良く下や周りを見渡せばバラクーダ群れギンガメアジ群れツバメウオ群れツキチョウチョウウオ群れと実は普通にダイビングしても最高な状況でしたが、今日ばかりは皆さんそんなの目に入りませんよね。

今までローシーズンの濁ったタオしか知らなかったリョウスケさん&ヨシエさん、そしてタオ島到着後初のダイビングで見事ジンベエに当ったシュウヘイさん&カナさん、本当におめでとうございました。

終わってみれば2本とも最初から安全停止中までも最後までジンベイダイブでした。

このところの大物続き。どこまで続くかタイ東西対決!

今後も期待大です。

報告/RYO
写真/ジンベエザメ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/30(月) 19:31:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.30

ロケーション/カオラック・コタチャイ
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/15m

マンタさん

最近、大物が出まくっているコタチャイ
今日も何か出るかなと、ロープから潜降している時にもう現れましたマンタ
少なくとも2個体はいました。
ロープのまわりが好きだったのか、私たちがダイビングをしている間ずっとロープのところを右へ左へ泳いだり、ホバリングしたりしてずっといました。
なので、私たちの行動範囲は半径10メートルくらいだけで1本が終わりました。

流れもあったので、マンタが気持ちよさそうに流れに身をまかせていました。
その真下から見たり、横から、上から、もう見放題でした。

2本目はコボンへ行く予定でしたが、行くのをやめて2本コタチャイで潜ることにしました。
1本目でマンタは大満足だったので、次は少しウロウロと泳ぎ回って遊びました。
ピナクルの周りは今日もタカサゴクマザサハナムロが覆うように群れていました。

潮あたりの良い場所では、大きな数匹のロウニンアジが獲物を狙うように中層でじっとサカナの群れを見つめ、その横には大きさなら負けないオニカマ子さん(オニカマス)も並んで中層にいました。
最近のコタチャイは、毎回大物に出会っています!

シーズンも終わりに近づいてきていますが、海はまだまだ熱いです!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/30(月) 16:38:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.28

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/弱→中
透明度上/25m
透明度下/15m

jinbe1

強運は続く!!
そうです、出ました!!
ジンベエです!!
どんだけラッキーなんだー!!もちろん期待はしていましたが、まさか本当に出るとは・・・。

マユコチームのラッキーガールズ、キヨコさん&ハルコさんも4日間のうち3日はマンタジンベエに遭遇、タオからのラッキーガールズ達に至っては4回目のジンベエだそうです。
世の中にはこういう人たちもいるんですねー。

今日のジンベエは体長4m程のかわいらしい個体でした。
かわいらしいとはいっても巨大は巨大、迫力も満点です。
ピナクルの浅いところにいるトマトクマノミのすぐ上をゆっくりと掠めていくジンベエ
トマトアネモネフィッシュも巨大な影にさぞびっくりしたことでしょう。

yusukejinbe.jpg

カメラチームも素晴らしいダッシュでジンベエの前に回りこんで良い写真を撮っていましたよ~!!
ちなみにジンベエが出た時はガイドの指示する方向にダッシュしてみてください。
真正面からジンベエと対面できるかもしれませんよ!!

jinbe2

そして、今日はタチャイ島でもジンベエ、コボンではマンタが三枚出現していたそうです。最近どこもかしこも大物づいてます!!シーズン終盤の大盤振る舞いです!!

報告/KUMA 
写真/ジンベエザメ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/28(土) 22:18:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.27

ロケーション/カオラック・コタチャイ
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/弱→中
透明度上/20m
透明度下/15m



今日はタオ島からハシゴしてくれているラッキーガールズのクミコさん、ミナさん、アサミさん、そしてリピーターのトモユキさんと共にタチャイ島へ。
なんと彼女達はタオ島で3回もジンベエに出会っているという強運の持ち主!!これは期待大です!!今日も大物を呼び寄せてくれそうです♪しかも今日はベタ凪快晴。

透明度が少し落ちてはいるものの、それでも十分いつものクマザサハナムロの大きな群れイエローバックフュージュラー群れを見渡すことができるほど。
それらの群れロウニンアジカスミアジ達に追い回されて一斉に向きを変えてあたり一面青紫にフラッシュします。
タカサゴキックにも反応が良く私たちのまわりがどんどんタカサゴだらけになっていきます。
そして、その後、彼女達の強運が回り始めます!!
チリンチリンと遠くから鳴り響く音、これはマユコの鳴らす音、何かでかいものが出た音です!!
しかし今日の透明度ではマユコがどこにいるかわかりません。
ぐるっと遠くを見渡しているとレオパードシャーク発見です!!
ゆらりゆらりとダイバー達を燻かしみながら泳いでいきます。

その頃マユコチームはなんとマンタと遭遇中でした!!
貸切状態でじっくり写真も撮れていました。

そんなこととは露知らずブイラインでマユコチームと落ち合った私たち、マンタの出現を伝えられ、ラインにつかまりながらマンタを待ちます。
まだかー、まだこない。遠くへいってしまったのだろうか・・・、と思っていたところに、
マンタ出現です!!
しかも4mの大きな個体と3mの小ぶりな個体が交互に出現。
ブイラインからすぐ近くの岩場がクリーニングステーションになっているのでそこでゆったりとホバリングをしてくれたり、ダイバーのまわりを大きく旋回してくれたりです。
2本目も潜降開始直後からマンタが出現!!終わってみればマンタは全部で三枚でした。
これで彼女達はタイの大物三種の神器!?を手に入れたことになりますね。
ジンベエ、マンタ、そしてレオパードですよ!!
世の中にはこういう強運の持ち主もいるものなんですね~。
この勢いで明日のリチェリューロックもヤツが出るかもしれませんよ!!

報告/KUMA 
写真/マンタ(オニイトマキエイ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/28(土) 07:22:10|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.27

ロケーション/カオラック・コタチャイ
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m
mantaray2
今日のコタチャイの水中は入ってすぐに予感しました!
大物がいる!!
プランクトン、海の色、海の中の雰囲気、何かいそうな感じでした。

水面近くには、お馴染みのオニカマスのオニカマ子さんという個体が今日も
下を見下ろして不気味に浮かんでいました。
その下の岩肌には、覆うようにクマザサハナムロタカサゴがものすごい量取り囲んでいました。
大きなカスミアジ、大きなロウニンアジもグルグルと捕食するのは今かと狙っていました。

沖のほうをずっとチェックしながら泳いでると、大きな影が見えました!!
やっぱりいました!マンタ!!
今日は少なくとも3枚のマンタがいました。
1本目も2本目も貸しきり状態でマンタと一緒に泳ぎました。

マンタも休みにきていたようで、同じ場所にずっとヒレをバタバタさせながら気持ちよさそうに浮かんでいました。なので写真も撮り放題!!
宙返りをしたり、タテ向けでじっとしたり横向けになったり、私たちに色々な格好を見せてくれました。
mantaray1

そして、本日のお客様はラッキーな方たちばかりなのです!
シミランでもマンタを見て引き続き今日もマンタを見たゲストの方々や、
タオ島でジンベエザメを見た後にカオラックに遊びに来て、いきなりマンタも見てしまった方々、皆様女性です!まさにラッキーガールズの皆様です!

これはまだまだ何か起こりそうです!!
明日のダイビングも楽しみです!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/27(金) 22:54:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.26

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ→曇り
水温/28℃
風/なし
流れ/中
透明度上/15m
透明度下/10m



今日のリチェリューロックは船が少ない!!
1本目は5艘いたのが2本目にはうちを入れて2艘のみ。
貸切のリチェリューロックをじっくりと攻めます。
まずはここのところ人気NO.1のタイガーテールシーホース探しからスタート。
まだ5cm程の若い個体なので元気にそこかしこを動き回っているのでいつも探すのが一苦労。
しかし、今日はツイてます、1分もしないうちに発見、写真が撮りやすい外側のほうまで出てきてくれていました。
黄色と黒の縞模様はまさにタイガーテール、鮮やかな色合いは若さの特権、写真を狙うなら今ですね~。
その後はクダゴンベニシキフウライウオトマトアネモネフィッシュの大所帯、ハナダイギンポミナミギンポイヤースポットブレニーアンダマントリプルフィンスミスズブレニー、ミナミハコフグの幼魚、等などマクロ攻めで終わってしまいそうでしたが、しっかりキンセンフエダイの巨大な群れも堪能してきました。
リチェリューロックはジンベエ情報が大きく前に出てしまいがちですが、大物や群れだけではなく、いやむしろマクロが熱いポイントであるといえます。
(と言いながらも背後の中層にも気を配ってしまうのがリチェリューロックですね・・・)

報告/KUMA 
写真/タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/27(金) 07:32:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.25

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

P3250037harukomanta.jpg

こちらカオラックでもジンベエ情報が連日飛び交っております。
が、しかーし、今日はマンタです!!しかも4m超の大きな個体!!

今日は少しばかり透明度が落ちていたノースポイントでしたが、水面近くにいたタイマイを見ながら潜降、この亀はダイビング半ばまで私たちの頭上を泳ぎまわっていました。
ノースポイントといえば、地形のバリエーションに富んでいるポイント、深場の巨岩と砂地からスタートし、大きなウミウチワやイソバナがついたチャネルを通り抜け、浅場の枝サンゴ地帯に出てイエローテールフェアリーバスレット群れコラーレバタフライフィッシュ群れと戯れていたら、ぼやーっと大きな影が近づいてくるではありませんか!?
あの動き、あの羽ばたく姿は・・・、マンタです!!
こんな浅いところでマンタが出るとは!?
まったく予想外の登場だったので一瞬目を疑いました、が、すぐにダッシュ!!
遠ざかるように泳いでいたマンタですが、急に身を翻し私たちの真正面に!!
私たちのすぐ横をかすめて通り過ぎていくマンタ、枝サンゴの上を大きく翼をはためかせながら飛んでいきました。
その後も安全停止間際に姿を見せてくれたマンタ、浅場だけに私たちと同じ高さを真正面から向かってくる姿は迫力満点でした。

ちなみに今日はシミランの手前でイルカの子供達に遭遇!!船の航跡で遊んだり、ボートのまわりで飛び回る姿、可愛いかったですよ~。

IMG_1655 コピー

報告/KUMA
写真/マンタ (by 本日のお客様)+イルカ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/26(木) 00:27:56|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.24

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

出ましたジンベエ!!!
今日はフルデイトリップの日。
ここのところ目撃情報が飛び交っていましたが、なぜか見れなかった今年の私。。
ですが今日はすごかった!
めちゃめちゃいいダイビングをしてしまいました。
ゲストは数日前にサウスウエストピナクルでもジンベエを見てしまったくみこちゃんとみなちゃん、昨年のGWでホワイトロックで一緒にジンベエを見ただいすけさんです。

まずはチムニー潜降から始まり、出たところにシェベロンバラクーダ!!
そのあとピックハンドルバラクーダ!!ツバメウオ!!ヤイトハタ!!
などなどもう書ききれないくらいたくさん魚を見た後、離れ岩へ。
そしてギンガメアジを見よう!!と思ったのです。
離れの上にはやっぱりギンガメアジが満杯。
でもあっちにもっといるよ!と指した瞬間。。。
何か違うものがいる。。

出た出た出た!!!
来た来た来たー!!!

いやあ、素晴らしかったです。理想的なジンベエでした。
それからずーっとずーっと一緒に泳ぎまくって、だいすけさんのカメラでみんな記念撮影しまくり。
逃げない逃げない。全然逃げないし。しかも誰も来ないし。
結局最後は私達のエアがなくなってきて、泣く泣く安全停止に。

でも2本目もいました。
3本目のサウスウエストピナクルもものすごいきれいだったし。

素敵な素敵なフルデイトリップでした。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/25(水) 22:22:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.24

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れのち雨
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

タオ島ではセイルロックでジンベエが出たとのことですねーーー!!
カオラックは。。。
今日は残念ながらジンベエザメに会うことはできませんでした!!
しかし、プランクトンはかなりいます!出そうな雰囲気です!

午後からは天気が崩れましたが、海の中はキレイです!
今日もお決まりのキンセンフエダイの群れをかきまわして遊んだり、ブラックフィンバラクーダ群れと一緒に泳いだりして遊びました。
小さなタイガーテールシーホースは、今日は極度に恥ずかしかったのか、陰に隠れて顔だけ出していました。
隠れてはいるけど外が気になっているようで、ずっと待っていたらヒョコヒョコと出てきてサンゴに尻尾を巻きつけてキョロキョロとしていました。何度見ても可愛い!!

今日のサカナたちはイライラしていたのか、喧嘩をしているとことをよく見ました。
大きなアカマダラハタタテジマキンチャクダイの激しいバトル。
アカマダラハタタテジマキンチャクダイに噛み付き、負けじとタテジマキンチャクダイは突っつきまわっていました。
どちらも互角という感じでした。
アカマダラハタの方が強そうなのに、最後はとんずらして行きました。
すごい!!タテキン強い!!
次はニシキフウライウオエビの戦い。
どっちが強いかと見ていたら、ニシキフウライウオの勝利でした。
あの薄っぺらい体で体当たりして攻撃していました。やるなーーー。。

最後はハナダイギンポ
2匹が同じ穴に入っていたので、可愛いと思って顔を近づけたら1匹が『ガオーー!!』と、
大口を開けて威嚇してきました。
あまりの怒りようだったので、私が退散しました。。負けました。
次回、あの固体を見たら私がもっと威嚇して勝利するぞーーーー!!
向こうにとったら必死なんでしょうけど。。。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/24(火) 20:52:51|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.23

ロケーション/カオラック・コタチャイ&コボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

今日のコタチャイはすごかったです!
流れは全くなさそうに見えて微妙にありました。
ベタナギ!
ピナクルの周りがすべてイエローバックフュージュラークマザサハナムロタカサゴに覆われていました。
泳いでいて群れをかき分けるたびによけいにサカナたちが集まってきて、すごいことになっていました。
どこまで泳いでもタカサゴ、かと思えばイエローバックフュージラーが大群で流れてきたり、中層を漂ってその様子をみているだけで面白かったです。
時々、そこに大きなロウニンアジたちが捕食をするためにアタックしていました。
それに連なってカスミアジの大群も狩をしていました。
その様子をずっと見ていたら、なんだか視界がすこし暗くなりました。
地上が曇ってきてしまったのかな?と思っただけでしばらく泳いでいましたが、ふと見上げると、頭上がブラックフィンバラクーダのトルネードでした!
まったく気づかずにしばらく泳いでいました。。。

叫んだ私の声を聞いて見上げたゲストの方もビックリ!!

ここ最近の中では1番のブラックフィンバラクーダの量でした!
もうこんなにすごい群れがいたので、あとは
ずっと群れと一緒に泳いで遊びました。

視界が暗くなったときは要注意です!!
時々、KUMAが上を通ってもなりますが(笑)。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/23(月) 20:18:31|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.21

ロケーション/タオ島
天候/雨→虹→晴
水温/29℃
風/少々
流れ/若干あり
透明度上/20m
透明度下/15m

そうなのです。タオもジンベエ、カオラックもジンベエ
東西両横綱揃い踏みといったところでしょうか。

今日のタオチームは、本当にドラマチックなジンベエダイブでした!

昨日夕方の時点で、
今日のAMトリップは2艘出航の予定。

1艘はコンディションのいいチュンポンピナクルへ、
もう1艘は最近ジンベエ情報の多いサウスウエストピナクル。。。

悩ましいところです。

ガンガンに狙いたい気持ちもあるけれど、
ギラギラに狙うと見れないというジンクスも。。。

意見は分かれましたが、最終的には可能性に賭けてサウスへ。

そして今朝、怪しい雲行きは出航直前に土砂降りの雨に。。。
2艘は同じ出航時間。
そこが運命の分かれ道となりました。

道中、雨もやみ、雲間から日差しが出てきました。
そして、完璧な虹が僕らのボートのすぐ傍から伸びています。

これは何か良い事が起こりそうな予感、とゲストと話しての潜降。

10分後、そろそろ凄い群れをお見せしますよ!と、
クエストに書いてお客さんのOKサインを貰い、前を向いたそこに!!

出ました!ジンベエザメ!!!

シェベロンバラクーダ群れがトルネードを決め、
キンセンフエダイが黄色い滝のようにピナクルから流れ落ち、
オオクチイケカツオの舞うそのど真ん中を、
貫禄と神々しさを身にまとい泳ぐ姿は今も目に焼き付いています。

ゲストの中には経験本数20本のビギナーダイバーも居たのですが、
タオのジンベエはサービス精神旺盛なのが常なので心配無用。

特に今日はなんと、同じボートの他のチームとタイミングをずらして
エントリーしていた為、ずーっと完全独占状態!!

群れの間を何度も旋回するジンベエザメを、
手を伸ばせば簡単に触れてしまうほどの距離で、
上から、下から、前から、後ろから、世界最大魚を堪能。

最後は深場へ泳いでいったジンベエザメ

水面に戻ったゲストの口からは歓声とともに、
『ジンベエの後に紹介してもらった魚、全然覚えてません!』の声。

今朝の虹が呼び寄せてくれた幸運の贈り物は、
心の真ん中を痺れさせたまま、いつまでもその余韻を残しているのでした。

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/21(土) 22:18:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.21

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/雨
水温/29℃
風/なし
流れ/若干あり
透明度上/20m
透明度下/15m

P3210601 コピー

今日はマレー半島を挟んで東西同時ジンベエです!!
カオラックだけではなくてタオでも出ていたそうです!!

空模様はぐずついていますが、海の中のコンディションは最高。
潜降してすぐ下にはどこまでもつづくタカサゴの壁、時折カマスやサワラがアタックして大きく壁がうねります。
水面近くにはブラックフィンバラクーダ群れ、それから深場に向かおうとしていたら、元スタッフのカナちゃんが両手を合わせて頭の上にのせながらダッシュで私たちの方へ向かってきます。
そうです!!ジンベエサインです!!
それからダッシュすること3分間、上下左右360度、全身をレーダーにしながら探しまくります。
するとタカサゴ群れを掻き分け掻き分け、巨大な影が迫ってきます!!

来ました、ジンベエです!!

真正面からドンピシャで迫ってくるジンベエ、圧巻です。
サービス精神旺盛なジンベエ、その後も何度かピナクルのまわりを優雅にまわってくれました。
大興奮のジンベエダイビング、やはりジンベエはタイですね!!

それと、私事ですが今日はクマの誕生日でした。
ジンベエさん素敵な誕生日プレゼントをありがとう!!

報告/KUMA
写真/ジンベエザメ (by本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/21(土) 18:43:11|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.20

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れのち小雨
水温/29℃
風/なし
流れ/若干あり
透明度上/30m
透明度下/20m

マダラトビエイ

最近私の中でアツイダイブサイト、コタチャイに行って来ました。
前々回はマンタグルグル、前回はマンタはいなかったけど
魚影が濃い!!!!!のです。

期待を胸に膨らませ潜降すると、、、まず、泳ぎだして結構すぐ足元には
レオパードシャークがいるではありませんか!
と、いうかレオパードシャークは見たい!というリクエストもあり探してたのですが
灯台下暗し、その先を探してたのに、
足元にいたので相当驚き体がビクッとしてしまいました・・・。
しかも、全然逃げない良い個体で、ゲストの方も写真撮リまくり♪

そして、その後は潮当たりの良い方向へグングン進んでいくと、
ロウニンアジカスミアジ群れがグルングルン中層を泳ぎまわってます。
その廻りにはクマザサハナムロイエローダッシュフュージュラー
群れ群れでトルネード。
魚影濃いですーーーーーー!!
そのほかにも1m近くあるロウニンアジがクリーニングされてるのを
間近で観察したり、かなり太いオニカマスが現れたりと
大満足のダイビングでした。

コボンは残念ながら今日はマンタには出会えず。
でも、マダラトビエイが泳ぎ回ってました。
遠くから見た時は一瞬マンタかと思いました。。。
マンタよりはかなり小さいけど、私たちにとっては
マンタの方がしょっちゅう見かけるのでマンタよりレアなんです。

報告/NAOMI (NAOMIブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/21(土) 09:55:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

シェベロンバラクーダ☆

風は無し。ベタ凪のなかボート走ります。
ボート上から見た海の色も良いかんじです。
潜降してみると期待どおり水底までよく見えます。
それならばとまずは離れ岩を目指しました。

そこにはキンセンフエダイ群れが川の流れのように目の前に広がっています。
さらにその上にはタイワンカマスの若魚の群れホソヒラアジ群れ
それら全てがまるで岩に絡みついているかの様でした。

これだけでは終わりません。
メインの岩の方まで帰ってくると、今日もいまいしたシェべロンバラクーダ群れたち。
体側をギラギラとさせ、もの凄い数で近寄ってきます。

クライマックスはバラクーダ群の横には大量のスマ群れが横切っていき、そのバックにはオニアジがこれまた大量に泳いでいるというもの凄い光景。
そかもかなりの至近距離。

一面、群れ群れ群れ!これでもかー!っていうほどの圧倒的魚影ですた。

報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/18(水) 14:24:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.17

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/25m

クダゴンベちゃん

今日もボートの上から水底がキレイに見えますリチェリューロック!
流れはほぼなし。
ベタナギ。
ゲストの皆様以上にスタッフがはしゃいでいます!!
思わず潜らない時間もマスクをつけて水中をみに海に飛び込んでしまいます。

そんなキレイな水中で、キンセンフエダイの群れやマブタシマアジの群れ、ピックハンドルバラクーダの群れ、見上げればアオリイカの群れがいて、いろいろな群れを追いかけて遊びました。
イエローバンドフュージュラーも大きな群れで、ヨコシマサワラに食べられないように逃げ回っている様子が迫力ありました。

群れがすごい中、ピナクルの岩肌にはいろいろなマクロも熱く、
どこを見て遊んで良いかゲストの皆様も私もキョロキョロと見回してばがかりいました。

最近のアイドル、タイガーテールシーホースの子どもは隠れながらも今日も元気そうでした。

P3170255 copy

小さいけど見やすく、本当に可愛い!!
クダゴンベも負けじとキレイなウミウチワでポーズをとっていました。
他には、
アンダマンウバウオ、ニシキフウライウオ、トラフケボリ等、小さなものともたくさん会えました。
毎日ロチェリューロックへ行っても良い!行きたい!!
と思うようなコンデョション。

明後日に再び行きます。
こんなキレイな中にヤツ(ジンベエ)も出るかも?!
楽しみですーーーーー!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/上:クダゴンベ (by 本日のお客様)
     下:タイガーテールシーホース (by 本日のお客様) 

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/17(火) 23:40:56|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.17

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

絶好調の透明度とはいかないのですが、相変わらず群れまみれのチュンポン。
ここのところ、すごいのがバラクーダロックのバラクーダ。
今日もシェベロンバラクーダピックハンドルバラクーダがぐるぐる巻きでした。
いつもは大体分かれて泳いでいるのに、今はピックハンドルのふりをしているシェベロンとか、シェベロンのふりをしているピックハンドルがいるのです。
しかも結構な数がいる上、追いかけても戻ってきます。素敵ですね。

バラクーダを堪能した後は、上にいるギンガメアジ、なぜか最近チュンポンにいついたソウシハギの夫婦、アオリイカ群れに遭遇しました。

メインピナクルの上は、イエローバンドフュージュラーがものすごい群れ
コガネアジオオクチイケカツオのアタックに、黄色い帯が一斉に向かってきたり、横切ったり。

2本目のホワイトロックは、タイワンカマスの群れが相変わらず。
こちらは小さいバラクーダながら、浅いところにいるのでこれまたきれいです。
そして、全然逃げないので、巻かれて幸せになれるのです。
ツキチョウチョウウオも群れてくれてさらに幸せでした。
タオ島、ツキチョウチョウウオが増えてきている(前から多いけど)気がするのは気のせいでしょうか。

楽しかった。と帰ってきたら、違うポイントでジンベエが出たとか。。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/17(火) 16:02:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.16

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/30m

マンタ7

今日はオープンウォーターの講習で、
コタチャイコボンへ行きました。
時にはオープンウォーターの講習では行けない海峡になってしまうこともありますが、今日は波なし!流れほぼなし!透明度最高!!といったコンディションだったので、余裕で潜ることができました。

しかも!!
まだダイビングのライセンスを取っている途中なのに、会ってしまいましたマンタ!!
すごく出そうな雰囲気だったので、これはもしかしたら見ちゃうかも?!
と思いながらマスク脱着、中世浮力の練習、コンパスナビゲーションをしていました。
ちょうどスキルを全部クリアーしてあとは泳いで遊ぼうと泳ぎだしてすぐにマンタは現れました。

始めは私たちの頭上に現れ、横切って行きました。
今のデカイのがもしかしてマンタですかーーー!!?という顔で生徒さんお二人はマンタを眺めていました。
少ししたら、またマンタが戻ってきました。
今度は少し流れのある場所で、ずっとホバリングをするように、浮かんでいました。
じわじわと近づいていくと、こちらに気づいたのかまた距離のある場所へ移動してしまいました。

そして、マンタとお別れして気持ちよく泳いでいると、またまた同じマンタがやってきました。
私たちに付いて来たかったのか?!
今度は更に近くでお腹や背中をモデルのように全部見せながら私たちの回りをグルっと1週回って去っていきました。
生徒さんも、
『本当にマンタを見ちゃった!!』と大興奮!!
人生で初めてのオープンウォーター講習ダイブで見れるなんて!!
うらやましい。。。。
カオラック、まだまだコンディション良し!!大物あり!!です。
あと約1ヶ月、潜りまくるぞーーーー!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/巨大マンタとダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/16(月) 18:17:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.15

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/ほとんど無し
透明度上/30m以上
透明度下/25m

ヤマブキスズメダイ

今日はシミラン諸島、癒しのダイブサイト2本立て
アニタズリーフイーストオブエデンです。

それにしてもお天気が最高で気持ちいい!
海はベタ凪で、スピードボートでぶっ飛ばすのが気持ちいい!
透明度も極上で、30m以上先まで見える、シミランブルーの中、
空を飛ぶように泳ぐのが気持ちいい!

1本目のアニタズリーフは、オープンウォーターコースを担当。
とても人生初のダイビングとは信じられないほど上手な
生徒さんMちゃんと一緒に水深12mの世界へ。
中世浮力もばっちりの余裕のMちゃんは、ほとんどファンダイブ状態。

ハゼとエビの共生やホンソメワケベラのクリーニングや、
フグやウツボの仲間、無数のスズメダイやハナダイ、
そして元気なサンゴやカラフルなイバラカンザシを鑑賞し、
レアもの固有種、アンダマンフォックスフェイスまで。。。
1本目から、こんなに楽しんでいいのか!?
というくらい、余裕のダイビングでした。

2本目は、Mちゃんはマユコチームに合流し、僕のバディはカメラに。
サンゴNo.1ポイントの、イーストオブエデンです。
魚眼レンズを覗きながら、なんとかこの美しいサンゴを
表現しようと、試行錯誤の繰り返し・・・

と、ちょろちょろレンズの前にでてきて、撮影の邪魔をする魚が。
よく見ると、すぐ近くで、サンゴに産み付けた卵を守っている
ヤマブキスズメダイの威嚇行動でした。
上の写真、魚の後ろのウミウチワが破れて棒状になっている場所に、
沢山の卵が産み付けてあるのです。

ごめんごめん、子育ての邪魔をするつもりは無かったのだよ。

名前のとおりの鮮やかなヤマブキ色で水のブルーに映える。
カラフルなサンゴの周りをさらに艶やかに彩ってくれる。
無事、卵が孵って、ヤマブキスズメダイが増えたらいいなぁ。

報告/TAKESHI
写真/卵を守るヤマブキスズメダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/15(日) 19:30:22|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.14

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/1本目は中、2本目は無し
透明度上/25m
透明度下/20m

タイガーテール

今日はタオ島でOW&AOWコースを終えてカオラックにハシゴ潜りしてくれているジュンイチ君とレイちゃんを連れてリチェリューロックへ。
ジュンイチ君は去年私がメキシコに旅している時にばったりと出会った友達で、それが縁でタイまで遊びに来てくれたのです♪

そんな二人の為にリチェリューもパワー全開です。
透明度がかつてないほど良い!!
ただでさえ魚影が濃いのに、どこまでも魚達の群れが見えてます。
キンセンフエダイ群れも今日は一段と黄色が鮮やかだし、ブラックフィンバラクーダ群れもベタ凪の鏡のような水面に反射してます。
タカサゴササムロ達も川のように流れてきてはダムのように溜まっていきます・・・。
今日は一体何匹魚を見たのやら。

しかし、群れだけではなくしっかりマクロも楽しんできました。
ニシキフウライウオトマトアネモネフィッシュミクダゴンベ、そして今日は新たなタイガーテールシーホースを発見!!
黄色と茶色の縞模様、まさにタイガーです。
しかもまだ若魚なのでかわいいです、今のサイズが一番良い!!

リチェリューロック、ワイドからマクロまで揃ってます、しかも今コンディションいいですよ~♪

報告/KUMA
写真/タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/15(日) 17:02:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.13

ロケーション/カオラック・コタチャイ
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/1本目はなし、2本目はあり
透明度上/25m
透明度下/20m

IMG_0595 コピー

コタチャイに行って来ました。
最近、コタチャイのコンディションが良く週2回行ってます。
今日は昨日までに比べると若干波はありましたが、
でも、白波もなくあっという間にタチャイに到着。

先にエントリーTAKESHIが“水、綺麗やでーーーー”と。
早速エントリーしたら、本当に綺麗です。
水面から全部、水底まで見渡せます!
そして、流れもなし!!!

イエローバックフュージュラーの壁に巻かれ、
そしてロウニンアジ5,6匹がひっきりなしに捕食をしている
迫力シーンもかなり近くでじっくりと観察でき、
さあ、そろそろ浅瀬に、、、と思った頃に
カンカンカンカンカンカン!!!とタンクを叩く音が!
ジンベエ。。。マンタ!!??
この音はクマちゃんに違いないと、クマちゃんが泳いでいった方向へ
ダッシュをかける私たち。

そうすると、目の前に
タケシ&マンタが現れました~~~~~~~~~!!

今日のマンタは4M級!!

そして、ロウニンアジを引き連れて悠々とずーっと根の周りを泳いでくれました。
今日は3枚のマンタが同時に見れましたよ。
しかも、水面からスノーケルでもバッチリ見え、
ボートクルー3人もスノーケルをつけて大興奮。
“あ、いた!いた、あ、2枚いる!!3枚いる!!!”
水面で大喜びの3人。

2ダイブ目もエントリーをしてた瞬間私の5m先にはマンタが!!
ただ、2ダイブ目は流れが強く、
潜降中はロープから手を離すことができなかったのですが
途中まではマンタと共に潜降し、
その後は流れが強かったので、流れを避けながらのダイビングでしたが
その後もマンタは私達の廻りを泳ぎにきてくれ、
マンタでお腹いっぱいのダイビングでした。

マンタのことばかり書きましたが、
大きなオニカマスも健在だし、イソバナは綺麗に咲いていて
水中風景は美しいし、今コタチャイ超!!!オススメです。

報告/NAOMI (NAOMIブログはこちらをクリック
写真/マンタ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/13(金) 19:04:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.12

ロケーション/タオ島
天候/晴れと満天の星空
水温/30℃
風/
流れ/
透明度上/  

「夏の日のあの陽」

7年の時を経て、高校の同級生が再開した。
その舞台はタイの南の島、タオ島。
オープンウォーターコースで懐かしい夏休みの再現。
学科講習はクラスルーム。
久々の海。
そして初めてのダイビング。
最初は緊張気味の3人も、コースが進むにつれてリラックス。
濃密な時間を共有することにより7年というタイムラグもあっという間に埋まります。
ボートの2階から海へ飛び込む姿はまさに少年少女。
夕陽の沈むレストランで感動の認定式。
満天の星空の下、ビーチレストランでのディナータイム。
そして皆さんの春からの新しいスタートに乾杯!!

P.S 皆さんのことちょっとウラヤマシカッタです。

報告/YUTA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/13(金) 11:29:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.11

ロケーション/タオ島
天候/快晴&満月
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

学生シーズンで講習の日々でしたが、今日は久々丸々一日ファンダイブガイドでした!
しかも、最近イベント好きなダイブマスターチームが今日企画したのは、サンセット&ナイトダイブ
チュンポンピナクルでサンセットダイブ、その後グリーンロックナイトダイブという素敵な企画。

サンセットチュンポンは、サンセットを水中で見るのか、水面で見るのか、ボート上で見るのかで悩んだのですが、結局潜降が17時55分と夕日前。
西日を意識しながらピナクルの東側をまわっていきました。
チュンポンピナクルをシルエットに夕日がきらきら。
ここにジンベエが出たら最高にきれいだろうなあと想像しつつ。。
出ませんでした。。

ジンベエはいませんでしたが、魚たちも夕方はまたすごいです。
オニアジジャワラビットフィッシュ群れまくり。
バラクーダもギンガメアジ群れまくり。
超でかいジェンキンススティングレイが泳いで行き、イトヒキアジの巨大なのが6匹くらいぐるぐる。
安全停止中には、うじゃうじゃいたユメウメイロが、どかーん!!という音ともに一直線に下に降下していきます。きっと近くにカジキがいたのでしょう。見たかった。。

浮上したら素敵な夕焼け(めちゃくちゃきれいではなかったのが残念。)!
そして、東の海からは巨大な、真っ赤な満月がぽっかり。

ナイトダイブグリーンロックでエビカニ祭り。
グリーンロックの岩はトーチで照らすと本当にきれいなんです。

これからタオはファンダイバーシーズン突入です!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/12(木) 11:53:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.11

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

コラーレバタフライフィッシュ群れ

ベタナギのシミラン諸島へ行ってきました!
今日は体験ダイビングのゲストの方と一緒に潜りました。
始めはかなり緊張しているように見えましたが、No.4のハネムーンベイを見た瞬間そんなことは吹っ飛んだようでした☆
始めは浅いところで遊んでいました。
そこにはたくさんのギンガメアジ群れがいました。
一緒に泳いだり、群れの中に突っ込んだりして泳ぎ回っていました。
泳ぎに慣れたところで、
2本目はイーストオブエデンで潜りました。
天気も透明度も最高!
こんな日の浅場は特に色がとろどりで美しいです!
エダサンゴが広がる地帯にたくさんのアオバスズメダイや、コラーレバタフライフィッシュ
たくさん群れていました。
水面近くには大きなサバヒー群れが横切ったり、突然スノーケラーが潜って手を振ってきたり。。
初めてのシミラン諸島で体験ダイビングをしたお客様は、
あまりのキレイさに驚くばかりだったそうです。

シミラン諸島は体験ダイビング方からガッツリダイバーの方まで、
誰もが楽しめるダイブサイトだと思います!

シーズンも残りあと1ヶ月ちょっと!
海はまだまだ絶好調です!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/コラーレバタフライフィッシュ (by 先日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/11(水) 18:11:18|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.10

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/27℃
風/なし
流れ/中
透明度上/20m
透明度下/15m

DSCF6338 コピー

今日はゲストのユリコさんのお誕生日♪バースデイダイブです。
しかもユリコさん、今日のダイビングが記念すべき100本目!!おめでとうございます!!
それを祝福するようにリチェリューロックは快晴のベタ凪。
そしてほぼ貸切です!!
ニシキフウライウオやトマトアネモネフィッシュ、クダゴンベなどをじっくりと観察できました。
キンセンフエダイ群れも独り占めして記念写真です。
水面近くではブラックフィンバラクーダ群れに大接近。
群れの中のバラクーダ同士が小競り合いをしていて、何匹かでビューンと群れの外に出ては中に戻るシーンが何度か見られました。

DSCF6500 コピー

そして、船に戻るとジンベエ情報が・・・。
私たちが潜っている時に、ピナクルから少し離れた水面を泳いでいくのが目撃されたらしいです!!
最近目撃情報が多いので次回も楽しみです。

報告/KUMA
写真/水中の様子 (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/10(火) 19:06:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.09

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

ゆりこさんマンタ

今日はコボンマンタと一緒に泳ぎました☆
一緒に潜ったゲストの皆様はなんとみんな初マンタ
そのお客様のうちの一人、ユリコさんが撮った写真がこれです。
いきなり初めて見て大接近!

このマンタは、お腹にスマイルの柄がある固体でした。
ここほとんど毎日この個体はコボンにいついているようです。
大きさは約4mくらいでした。

もう1匹いたそうなのですが、私たちが見たマンタはこの個体のみでした。
浅場のキレイなサンゴ畑の上で、ゆっくりと気持ちよさそうに泳いでいました。

その横を私たちも一緒になって泳いでいました。

マンタはいろいろなダイブサイトで出現しています。
シミラン諸島、コボンコタチャイ、リチェリューロック。
いつ出るかはマンタ次第!!

次はどこで会えるかなぁ。。楽しみです☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/マンタ! (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/09(月) 22:14:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.08

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/30m
透明度下/30m

カエルアンコウ大口

今日のシミラン諸島は、雲が少しかかっていましたが、天気は晴れ!
そして、今日も透明度、コンディションが抜群でした。
今日の水温!30℃!暖かい☆
海の中で時々寒くなる寒がりな私ですが、今日は全く感じずの1日でした。

最近見に行ってなかったピンクのオオモンカエルアンコウ
今日も中層を見つめて同じいでたちでいました。
あまり動かない個体なのですが、今日はゲストの方!カオリさんが
大口を開けた瞬間の写真に成功しました!
この前、私もこの瞬間を待っていたのですが待てども待てども
動きませんでした。
今日はラッキーです!

しばらくオオモンカエルアンコウを見つめた後は、
マッコスカーズフラッシャーラス幼魚探しをして遊びました。
幼魚は成魚の近くにはおらず、すこし離れたところにいました。
追いやられるのかな?

マッコスカーズフラッシャーラスの成魚は思いっきり求愛行動中。
ライトを照らしながらみると、体の模様がクッキリと見え更にキレイ!!
透明度が良く大きなカスミアジクマザサハナムロにアタックしている
水底で、私たちは張り付いて地面を見てばかりいました。。。

同じく、この写真の提供者のカオリさんが水底に張り付いた私たちの
写真も撮っていて、ログ付けのときにみんなで笑っていました。。

毎日海がキレイですーーー!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/オオモンカエルアンコウ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/08(日) 23:17:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

kinsen.jpg

今日はフルデイトリップで外洋3ダイブをして来ました。
潜ったポイントはセイルロック・サムランピナクル・サウスウエストピナクルでした。
どのポイントも魚影が濃かったのですが、なかでもサウスウエストピナクルが1番でした。
潜降するとすぐに、数千匹のシェベロンバラクーダに巻かれます。
本当に今のサウスウエストのシェベロンバラクーダのトルネードは
見ごたえ十分です。
みなさんも是非、巻かれに来て下さい。
そしてシークレットピナクルに向かうと、キンセンフエダイの巨大な玉
(のような群れ)が待ち受けていました。
お客様も大興奮です。
そこで撮影タイムをとった後にメインの水中山脈に戻ると、
今度はオニアジの大群です。
そしてそしてハナビラクマノミ城とクロリボンスズメダイを堪能して
あっという間にタイムアップをむかえたのでした。
今のサウスウエストいち押しです。

報告/YUTA
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/08(日) 22:11:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.3.07

ロケーション/カオラック・リチェリューロックボンスーンレック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/12m

ちびトマトちゃん

今日はリチェリューロック2ダイブ、ボンスーンレック1ダイブの3本立てへ行ってきました。
一度、雲が出てきて雨が降りそうになりましたが、持ちこたえ良い天気へ回復しました。
程よい流れがあってソフトコーラルは全開!お花畑のようでした☆
根の周りには、今日もイエローバンドフュージュラーとジャイアントフュージュラーが激群れ
その周りにはブラックフィンバラクーダ群れ、スマの群れ、マブタシマアジの群れ。。。群れ群れ
右も左も上も下もサカナがグッチャリと群れていました。
そんな中、岩肌に住むサカナたちは隠れるように泳いでました。
群れを恐れているかのようなアンダマンウバウオ、ウミウチワに隠れるアンダマンミミックファイル等。。。
群れも面白いけど岩肌のマクロも面白いのであちこちと泳ぎ、忙しいダイブでした☆

リチェリューロックで2ダイブの後は、カオラックに帰ってくる時間が早すぎるので最近は希望者のみボンスーンレックへ3本目に行っています。

ここの魚影はリチェリューロック以上にスゴイ!!
本当に、サカナが多すぎて横にいるバディが見えなくなったりするのです!
今日も激群れのホソヒラアジやバラクーダのかたまりの中に突っ込んで遊んでいたら、時々自分のグループ人たちが見えなくなってしまったり、沈潜の船がサカナの群れのに隠れて見えなくなったりもしました。スゴイ。。。
この群れに時々大きなヨコシマサワラが突っ込んで捕食しに来たりします。
その時、サカナたちは一斉に同じ方向へ逃げるので海の中で
『ドーーーーン!!』という音がします。
音にもびっくりしますが大迫力です!

このボンスーンレック、そんな魚影ではありますがマクロもかなり面白く、今日はウミウシ探し&砂地散策もしました。
砂地はものすごい量のメタリックシュリンプゴビーがいます。
その周りにはフタホシタカノハハゼ白、黄色個体、ヒレナガネシリンボウ等キレイな色のハゼも見られます。
その隙間に大ぶりのジョーフィッシュがいました。
写真もかなり寄れます。

ジョーーーーーー

何か喋っているみたいですね(笑)。
ログ付けのときにいろいろなジョーフィッシュの顔写真を見て笑い転げました。
この間抜けな顔、最高です!
今日は群れで遊び小さな可愛いサカナを見て
お腹いっぱいのダイブでした。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/上 トマトアネモネフィッシュ (by 本日のお客様)
     下 ジョーーーーフィッシュ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/07(土) 00:13:11|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.06

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

狙うオニカマ子

今日はスタッフ、TAKESHIのカメラをお借りしてコタチャイコボンへ行ってきました。
しかもカメラはあの5D!!
憧れのカメラ。。。
持ってるだけでドキドキしてしまいましたが、水中に入ってからはとにかく夢中にシャッターをきりました。
水中での写真を撮るTAKESHIや、今まで一緒に潜ってきたゲストの方々の見よう見真似をしてみました。
まず今日撮りたかったのは、オニカマ子さん(オニカマス)。
どこまで近寄れるか。。。?
彼女は探そうと思う前に見つかりました。。。今日はなんと!!恋人連れでした!!
じりじりと近寄って行くと。。。オニカマ子の恋人は臆病なのか、すぐに逃げて行ってしましました。
近くで撮りたかったのでゆっくり泳いで寄っていくと。。。逃げません。
更に寄っても。。。逃げません。
じゃぁ、これだけ寄ったらどうだ!!と触る直前ぐらいに寄っても不気味にじっとしていました。。。
何もしない事はわかっているのに
私の方がオニカマスの目とパクパクする口を見ていたら怖くなってきて、
最後はカメラだけ近づけて自分はオニカマ子と目が合わないように目をそらして撮っていました。

後で見た写真は、オニカマスの尻尾ばかりでした。。。
ビビリダイバーの私にワイドは向いているのか。。。?!と考えさせられました。

今日は残念ながらマンタに会うことができませんでした。
しかし、そのことに関して以外はものすごくコンディションが良いです!!

近々カオラックへ遊びに来られる皆様!お楽しみに!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/不気味に浮かぶオニカマ子(オニカマス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/06(金) 18:31:36|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.3.05

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ピックハンドルバラクーダ

今日は午前ダイブのサウスウエストピナクルに行ってきました。
水面は風も無く水中もほとんど流れはありません。
潜航していくとブイラインの下にはクロホシフエダイたちが漂っています。
まずは離れ岩をめざします。

途中、スマ群れがもの凄いスピードで通りすぎていったと思ったら、
その次はイルカのように泳ぐオニアジ群れ
離れ岩に着くと岩の周りにはキンセンフエダイ群れホソヒラアジ群れがビッシリ。
岩の外側へ出るとピックハンドルバラクーダたちがゆったりと間隔をあけた群れで泳いでいます。
メイン近くまで帰ってくるとこんどはシェベロンバラクーダ群れ
眺めているとみごとなトルネードを描きながら僕達の周りを巻いてくれました。

今日も濃いー群れ群れダイブでした。
圧倒的な数の魚影はタオ島ならではです。

報告/RYO
写真/ピックハンドルバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/03/05(木) 22:00:56|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD