Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2009.4.30

ロケーション/タオ島
天候/---
水温/---
風/---
流れ/---
透明度上/---m
透明度下/---m

キンセンフエダイ9

毎日暑ーいGWのタオよりMASARUでございます。
今年のGWは本当に天気がよい!ジリジリと肌が焼けていきます

本日の午後はサウスウェストピナクルへいって来ました!
少し波はあるものの、水面はとっても穏やか、午後の「のんびり」感いっぱいです

潜降するとまずはタイワンカマスの赤ちゃんがお出迎え
形はそのままに、ミニチュアみたいでとってもかわいいんです

水深20mで待っていましたキンセンフエダイホソヒラアジのごちゃまぜ群れ
ゲストが写真を撮ると、それだけの群れだけでは絶対に撮れません。
数種類の群れが交わりあっている、なんともタオらしい写真の完成です

群れを求めて泳ぎ進むと現われましたシェべロンバラクーダ!
かなりの規模の群れで、一緒になって泳いでいると
いつの間にか360度囲まれていました・・・ これにはゲストも大喜び!

2本目はシャークアイランド(東)
目指すは、旬でもある「ツキチョウチョウウオ群れ
今日もいました!2・30枚ほど。近くよっても逃げないので
近くでマジマジと観察することができました。

イバラカンザシ

浅場では、エダサンゴやイバラカンザシが元気に咲き誇っていて、
のんびり美しい風景を眺めながら癒されました。

安全停止をしていると、ものすごい数のキビナゴの群れ!
そこにマテアジがアタックしていて、キビナゴの群れが、すごい勢いで
逃げ回る景色はダイナミックそのもの。
安全停止も楽しいタオなんです。

明日はフルデイトリップ!いまから楽しみです!

報告/MASARU
写真/キンセンフエダイ、エダサンゴとイバラカンザシ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/30(木) 22:22:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.29

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

200904300003426c7_20090501013325.jpg

タオから今シーズン初の海ログです。
カオラックシーズン最後はマンタで締めくくり、引越しも終わり、
カオラックメンバーもタオで毎日元気に潜ってます。

そして、今日はセイルロック

1本目はチムニーを抜けると、ツバメウオ群れシェベロンバラクーダ群れ
クロホシフエダイ群れ群れ群れ。。。
潮が当たってるところは本当に群れています!!!
ヨコシマサワラオオクチイケカツオも健在で群れにまかれた1ダイブでした。

そして、2本目。
ギンガメアジと戯れながら、ふと横を見ると、
出た、、、、ジンベエーーーーーーーーーーーー!!!!
私より先に気づいていたゲストはレギュ越しに叫んでました。
体長5Mはある個体で、ゆーーーーーくっり、私たちの廻りを15分ほど泳いでくれ、
カメラを持っていたゲストは皆さん写真撮りまくりです。
しかも、水深も15Mから17Mぐらいをずっと泳いでくれ、
私達にとっては、とっても優しい良い子でした。

横から、正面からそして上に上っていく様など
本当にゆっくりジンベエスイムを楽しめた至福のひと時でした・・・。

3本目もジンベエを狙って再度セイルロックへ。
3本目は安全停止をする頃に登場!!
今度はギンガメアジを引き連れて、ドラマティックに現れてくれました。

本当にジンベエでお腹いっぱいになる
大満足の1日でした。

実は4月29日毎年ジンベエ出ています。
今年もこの4月29日神話は引き継がれました。

来年の4月29日もまた会えるかな??
今から楽しみです。

報告/NAOMI
写真/ジンベエザメ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/29(水) 21:44:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

ヒロカズヤイトハタ

晴天!陸にいるとものすごく暑いです!!
これはダイビングをしたほうが良いです!
今日はチュンポンぴピナクルとグリーンロックへ行ってきました。

チュンポンはジンベエこそ出ませんでしたが、ものすごい魚影の濃さでした。シェブロンバラクーダの群れ、ジャワラビットフィッシュの壁、岩のような巨大ヤイトハタなどなど。

グリーンロックでは、キヘリモンガラの巣だらけの場所から入りましたが、今日はみんなお出かけ中だったため、巣の中に入って泳ぎ回ってもまったく大丈夫でした。その巣にまぎれているマバラシライトイソギンチャク。可愛い若いトウアカクマノミを見に行きました。けっこう攻撃的でゲストの方の出す手を噛んだりしていました。(痛くはないです。。)
そのイソグンチャクには小さなニセアカホシカクレエビも隠れていました。
グリーンロックの岩の周りに生えているヤギにはイボイソバナガニがついていたり、岩肌には特大のブチウミウシが歩いていたりしました。かなり活動的で、体を反り返らせたりしていたので見ていて面白かったです。

キミシグレカクレエビ

上の写真は、キミシグレカクレエビ。ゲストのナオコちゃんが見つけ、ヒロカズさんが撮ってくれました。

岩が重なり合うようにあるここでは、スイムスルーをいくつもくぐりまくって遊ぶのがすごく楽しいです。
今日は。。。ジンベエザメの情報がいまのところ入っていませんが、必ずまだ近くにいあるはずです。
明日も大物狙って外洋へ行ってきます!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ヤイトハタ・キミシグレカクレエビ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/28(火) 15:28:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

フルデイトリップへ行ってきました!!
1本目はセイルロック
透明度も良く、魚影も多かったです!
ギンガメアジ群れシェベロンバラクーダ群れツキチョウチョウウオ群れなど毎回のように会えるサカナたち、セイルロックの周りには黒く影のように見えるすごい量のクロリボンスズメダイ群れ、その更に周りにはイエローバンドフュージュラー幼魚が膜のように群れていました。
その中から大きなヤイトハタ、アカマダラハタが飛び出してきたりして私たちを驚かせていました。
「良かったー、最高―!」と言いながらボートへ上がると、ビッグブルーのもう1艘のボートから、「今チュンポンピナクルでジンベエ見てきましたー☆」と連絡が入りました。。。
2本目はチュンポンピナクルへ。。。しかし、残念ながら私の乗っていたボートのみんなは見ることができませんでした。まだ近くにいるはず!
3本目はツインズへ。
小物散策をして遊びました。可愛いクロウミウマ、子どものワカヨウジ、巨大なヒラムシ、見たことのないウミウシ。。。(今確認中!!)
探せば探すほどいろいろ出現しました。
小物散策は4本目のサイリーダイブまで続きました。
私は今シーズン初のトウアカクマノミ巡り!早速タマゴを産んでいるコロニーが数箇所ありました。ハッチアウトの日は今日!という目玉がギョロギョロと見えるタマゴを育てているコロニーや、あと一息!明後日ハッチアウトのコロニーもありました。かと思えば、タマゴも産まず、イソギンチャクの隙間に入り、顔だけ出してすごく気持ちよさそうにしている固体もいました。今は子作り休憩中だったのかな?

波もまったくなく、快晴!コンデョションは上がってきています!!
明日もガッツリ潜ってきますよーーーー!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/27(月) 14:46:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.26

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

ツキチョウチョウウオ

ご無沙汰しております。カメラマンのテツです。
約2年ぶりにタオ島にて潜っております。
今回はゲストの皆さんとGWにご一緒するのとともに、某媒体の取材もかねて5月上旬まで滞在します。
今はタオ島でのブランクを埋めるべく潜り込みの日々。
今日の朝一番はサウスウエストピナクルシャークアイランド
どのぐらい潜ったかわからない自分の庭のようなタオの海ですが、2年ぶりともなれば新鮮な喜びが湧き上がってきました。

どちらも透明度がよく、流れも比較的おだやかでGW中も期待できそうです。
写真は長期滞在でタオの海をとりまくっているヒロカズさん作。
シャークアイランドでの一枚です。
さすが陸上ではバリバリのプロフェッショナルカメラマン、まだ150本そこそこのダイビング本数とは思えない写真の数々!
午後もボートをご一緒し、マンゴーベイでは下のような信じられないような数のホソヒラアジをばっちり押さえていました。

ホソヒラアジの玉2

僕はというと・・・
テストカメラをマクロ仕様にして持ち込み。
思わず途中のムチカラマツエビに夢中になってしまい結局ホソヒラまではたどり着かず。
久々に泳ぎまくったので足は吊るし、ホソヒラをあきらめて散々な結果に。
まあ、初日の馴らし運転ということで!
先は長いのでゆっくりとエンジンをかけていきます。

ジンベエも出てるし幸先良し!
今回も撮りまくりますよ~!
期待していてくださいね。

_MG_0274.jpg

報告/TETSU
写真/ツキチョウチョウウオ群れホソヒラアジ群れムチカラマツエビ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/26(日) 23:48:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

サダジンベエ

カオラックからタオ島に戻ってきました!!MAYUKOです。
ゴールデンウィークがスタート☆
早速チュンポンピナクルでダイビング☆
まさかとは思いましたが、出ました!!
ジンベエザメ!!
1本のダイビング、ずっと一緒に泳ぐことができました!
ということで、写真も撮り放題!!

アキコジンベエ

ジンベエザメも、ここがお気に入りになったのか、
居ついている様子でした。
近くで見ると目玉をキョロキョロとさせていました。
何度か目が合った気がします!

遠藤ジンベエ

ピナクルの周りをグルグルと何度もまわるジンベエ。
私たちは先回りして正面から、横から、上下、もう全身をゆっくりと見ることができました。
スギコバンザメがたくさんついていて、下から見上げると飛行機のようにも見えました。
まだまだゴールデンウィーク始まってばかりです!
毎年この時期は必ず出現するジンベエザメ
目立ちたがり屋なのかもしれません。。
明日から更にゲストの皆様でにぎやかになります!
タオ島、熱いですーーーー!!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ジンベエザメ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/25(土) 22:11:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

風が少しおさまって来たタオ島。

今朝は島南で潜ってきました。

2日前にジンベエ情報も届いており、
ちょっと期待しながらのダイビング。

残念ながら、そう都合良くは出てくれませんでしたが。。。

それでも透明度も上々、ワイドもマクロもいい感じでした。

最初はハゼやエビカニを探索。
今日は爪楊枝級の細いゴルゴ4兄弟(ゴルゴニアンシュリンプ)に出会いました。

岩場ではツキチョウチョウウオが50匹以上の群れをつくり、
壁のように泳いだり、珊瑚の上で弾ける様に散ったり、
華を添えてくれました。

前回出会えなかったタイワンカマスも、
その規模を増して登場。いい感じに群れてます。

2本目はシェベロンバラクーダの激群れに遭遇!!
本当に視界の限り、水の奥から湧き出るように、
次々と溢れ来るバラクーダに息を呑みました。

帰る頃には風もだいぶ収まった様子。

SHOPに連絡を入れると、午後はチュンポンに行く予定とか。

行きたい気持ちに後ろ髪を引かれながら、
渋々陸仕事についた今日の午後でした。

GWに向けて、段々賑やかになってきたタオから海ログでした。

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/22(水) 21:31:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

風っ吹きのタオ島から海ログです。

昨日より幾分収まった感のある西風ですが、
まだまだ穏やかとは言えない感じなので、
朝から島東のサイトに行ってきました。

1本目は心の片隅で『ジ』のつく大きな魚を期待しながら、
マクロを堪能。

この時期の定番ゴルゴニアンシュリンプや、
オドリカクレエビカニダマシSPなど甲殻類から、
ヨロイウオロクセンヤッコなどちょいレア系などを楽しみました。

2本目はエビカニ系の他、綺麗なハゼを撮る!
をテーマに砂地や岩場にベッタリ張り付きダイブ。

ネオンピグミーゴビーや紫色の海綿の中のカクレエビなど、
探せばどんどん出てきます。

マクロにハマルと本当に1ダイブはあっという間。

波はありますが、太陽は降り注いでるし、水中も明るい今のタオ。
ジンベエザメ情報もちらほら。

明日は何が見れるかな?

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/21(火) 20:04:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

本日はフルデイトリップセイルロックです。
昨日から吹き出した風で海上ではちょっと揺れましたが、我らがBANZAI号難なく到着です。

早速エントリーすると海の中は水面に反して穏やかー。透明度もいい感じです。
まずは名物チムニー(縦穴)潜航。
下から見上げると穴の上の水面が日光に照らされ幻想的です。
そこから出て行くと、魚達がどっと迎えてくれるかのように視界が広がっていきます。

ゆったーりと泳ぐピックハンドルバラクーダがまずは登場。
1mくらいはある大きさで、数も多いです。
どこが先頭でどこが最後尾か直ぐにはわかりませんでした。
その下にはシェベロンバラクーダです。
こちらはぐっと魚どうし集まった濃い群れでグルグル巻いてます。
その背後には大量のオニアジ群れがビュンビュン音が聞こえてきそうな泳ぎっぷりを見せてくれます。

岸側ではツバメウオ群れがこれまた優雅に泳いでいます。

さらに何か捕食しているのか行ったいりきたりするイケカツオ
一番沖側の方ではヨコシマサワラもウロウロと、見渡すと一度にこんなにもの光景をみることができました。

2本目は離れに集まるギンガメアジを堪能したりと二本続けて群れ群れダイブ。
さすがタオ三大ポイントの一つ、魚影&コンディションは文句無しでした。

報告/RYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/20(月) 08:23:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

暑ーいタオ島に戻ってきているマサルです。
バンコクオフィスで白くなった肌が、また真っ黒になります。

今朝は日本人ファンダイバーのみの貸切状態で
外洋のサウスウェストピナクルへと行ってきました。

到着すると、そこに他のボートはいません!
こんなにコンディションの良いポイント貸切状態!

潜降してすぐに群れていそうな場所へ向かいます・・・すると
いますいますキンセンフエダイの大群、そしてホソヒラアジ
最近は日差しが強いので水深20m位まで光が届いて本当にキレイ!
なんとも幸せな気分になります。

ふと横を見るとシェベロンバラクーダが近づいてきます。
タオの魚は逃げないどころか、警戒心ゼロで向かってきます。
群れも内容も濃い1本目でした。

2本目はシャークアイランド
ブラックコーラルやハープコーラルの独特な雰囲気を楽しみながら泳いでいるとイエローバンドフュージュラーキビナゴ・それらを捕食しようとコガネアジ
ここでもシェベロンバラクーダが渦巻いていました!

海のコンディションも最高!魚影もぐちゃぐちゃ!
みなさんタオ島でまっています!GWまでもうすぐ!

報告/MASARU

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/19(日) 15:31:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.17

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/15m

ロウニンアジ3

ついにこの日がやってきました・・・
今シーズンのカオラックで、最後のダイビングの日です。

1本目は、コタチャイ
程よい流れのなか、もの凄い魚影の濃さです。
あたり一面、フュージュラーに視界を覆われたところに、
ロウニンアジカスミアジ群れがアタックします。
まさに"野生"を感じさせるシーンです。

そして、いよいよ最後のダイビング。
ポイントはコボン
マンタに会えるかな!?

マンタ12

出ましたーっ!

何枚もの巨大マンタが行ったり来たり、
ダイバーの目の前でグルグルと回転したりして、
まるで我々にお別れを言いに来てくれるようでした。

タイが何かと世間を騒がせた、カオラックの今シーズンでしたが、
皆様の応援のお陰で、無事に、大きなトラブルも無く
いい形でシーズンを終えることができました。
ブルードルフィン号も大活躍で、この厳しいシーズンにありながら、
一度も欠航することなく、連日大人気のトリップを開催できました。

カオラックに来てくださった皆様、
いつも応援してくださっている皆様、
心よりお礼を申し上げます。
また、来シーズンのカオラックでお会いできることを
スタッフ一同、心より楽しみにしております。

ありがとうございました。

報告/TAKESHI
写真/ロウニンアジマンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/18(土) 11:15:51|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/10m

シェベロンバラクーダ

毎日暑い暑いタオ島です。
今朝はアドバンスコースのためサウスウエストピナクルに行ってきました。
昨日のFDTでもいい感じだったようで、今日も期待しながら行ってきました。

エントリーすると若干の流れがあるものの下まで見えるしいい雰囲気です。
その流れの先には魚達が集まってるはず。

ゆっくりと流れに逆らっていくと、次から次へと魚達の登場です。
水底近くで現れたのはクロホシフエダイ群れ、さらに進むと行く手を阻むかのようなホソヒラアジ群れ

その先になにやら黄色い塊が視界にはいってきます。キンセンフエダイです。
サウスウエストピナクルといえばこのキンセンフエダイ群れは代表的なもの。
ここ最近は安定して見られ数も増えてきました。

根の一番外側まで来ると圧倒的な数のオニアジ群れ
しかも、手をのばせば触られるくらいの至近距離。
そして最後はシェベロンバラクーダと大忙し。
締めにふさわしく、これまた凄い数の群れを楽しむことができました。

まさに今のサウスウエストピナクル群れ、群れ、群れです。

このままゴールデンウイークに向けて続いて欲しいですね。

報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/17(金) 15:34:43|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/10m

ギンガメアジ2

ソンクラーン明けのタオ島からKOKIです。

ここ数日のタオ島は今年一番の暑さに見舞われ、
せめて半日は水に浸かっていないと干物になりそうな陽気です。

今日はフルデイトリップ、セイルロック方面に行ってきました。

少し波はあったものの、
ダイブサイト一番乗りGETで幸先良くダイビングへ。

数日前より格段に透明度が上がった水中は、
真夏の日差しが降り注いで、それだけで幸せです。

が、そこはセイルロック。もちろん魅せてくれます。

チムニー潜降直後に現れたのは、クロホシフエダイ
1000匹程の群れがのんびり泳いでいました。

その傍から現れたのはシェベロンバラクーダ。
大きな群れではありませんが、いい感じにトルネード。

潮の先に行くと、
ピックハンドルバラクーダオニアジ群れ
ヨコシマサワラツムブリバードクイーンフィッシュも登場。

テンションも上がりさらに進んでいくと、
ツキチョウチョウウオ群れやワヌケヤッコ、ロクセンヤッコなど、
タオを代表する花形たちが乱れ咲いていました。

2本目も群れ群れ
ギンガメアジの大群や150枚程のツバメウオの壁、
アカマダラハタなども登場し、群れの多さに魚酔い寸前状態でした。

3本目はのんびりと、と思ったら、
キンセンフエダイやホソヒラアジ、シェベロンバラクーダ、
スマの編隊、キンセンフエダイやホソヒラアジ、シェベロンバラクーダ、
スマの編隊、イトヒキアジなど、息つく間もなくとは、まさにこのこと。

今日は残念ながらジンベエには会えませんでしたが、
ゲストの皆さんからは、ジンベエ抜きでもこれは凄い!との声。

正直、僕もそう思ってしまいました。
群れ、いい感じです。

そして、そうは言ってもやっぱりジンベエでしょう!
なんと今日も、夕方に別のポイントで出ていたようです。

明日は朝からジンベエリベンジダイブです。

報告/KOKI
写真/ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/16(木) 20:37:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.16

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

トマト

今日は、今シーズン最後のリチェリューロックへ行ってきました。
波もなく、シーズンの最後だというのにラストにはもったいないコンディションの良さでした。
プランクトンが今日もチクチク。
最後にもしかして!!?出るかも?!
と思いましたが、ジンベエザメとは出会えませんでした。
でも、近くにはいる気配がありました。
何か?!クジラ?!の鳴き声もしました。近くを泳いでいたはず!!

根から少し離れたところには、イエローバンドフュージュラージャイアントフュージュラータカサゴなどの群れが壁のようになっていて、その壁に大きなヨコシマサワラ群れがアタックしまっくっていました。
群れは壁になったり、私たちの下を通りじゅうたんのようになったりしました。

今日は最後のリチェリュー、ということでいろいろなサカナたちに別れを告げてきました。
トマトアネモネフィッシュたち、キンセンフエダイの玉などみんなに手を振ってきました。(他人が見たらあやしいですね。。)

今シーズンは、ここでジンベエも何度も見ることができました。
次に潜るのは、半年後になります。
また次に潜る日を楽しみにしています!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/トマトアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/16(木) 18:50:31|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.15

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/10m(サーモクラインの中)

kame

今日は今シーズン最後のシミラン諸島トリップでした。

道中2分位だけ小雨が降ったのですが
それもすぐに止み、シミラン諸島に到着する頃には
いつもの青空が広がっていました。

今日はシミラン諸島NO9でダイビング。

1本目のノースポイントは前半激しいサーモクラインに覆われ
透明度が悪い部分もあったのですが、
レオパードシャークが目の前でクルクル泳いでくれたり
中層にはイソマグロが横切って行ったりと
NO9らしい光景です。
体長50cm弱のホワイトチップシャーク
岩の下にいたり、後半はタイマイと戯れたりと
あっという間に終わりました。

2本目のスリーツリーは良い感じで流れています。
気持よくドリフトができる流れです。
それでも、砂地のオーロラパートナーゴビー
アンダマンジョーフィッシュなどをじーっくり見て、
そして後半は浅瀬のデバスズメダイが河のように群れ
サンゴエリアを流し、タイマイにもまた遭遇し、そして
安全停止の時にはずっとブラックフィンバラクーダ群れが。

水面でエギジットする時にもまた大きなアオウミガメが
ずーっと近くにいて、
今日はカメ三昧でした。
イルカも移道中に見れました♪

最後シミラン諸島を出発する時は寂しい気持ちになりましたが、
また半年インターバルを経て、この海に戻ってくるのが
今からとても楽しみです。

そして、明日はラストリチェリューロック。
何が出るか!!??
今から楽しみです・・・。

報告/NAOMI
写真/タイマイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2009/04/15(水) 23:12:27|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.14

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

ハナダイギンポちゃん

今日は、スタッフTAKESHIのカメラをお借りして、ファンダイブへ行ってきました!
1本目はワイド!2本目はマクロで!
夢中になって泳ぎ回っていたらシャッターをきる右手が痛くなってきて最後は筋肉痛になってしまうほど撮りまくって遊びました。

今日もプランクトンがかなり豊富にいて、いつジンベエザメが出てもおかしくないコンディションでしたが、残念ながら会えませんでした。
しかし、リチェリューロックお馴染みのブラックフィンバラクーダ群れや、キンセンフエダイ群れが今日も晴天の太陽に照らされてキレイでした。
流れが良い感じにあったので、ソフトコーラルもお花畑のように咲き乱れていました。
ここのダイブサイトは、ワイドでもマクロでも両方かなり遊べ、どちらも時間が足りないぐらいに面白いのでレンズをどっちでいくかで迷いますが、
両方あるなら両方で遊ぶのおすすめです!!

マクロの時は、ジンベエに出てほしいような出ないでほしいような複雑な気分で遊ぶことになりますが、今日はハナダイギンポトマトアネモネフィッシュタイガーテールシーホースなどを撮って遊びました。
その間も、ジンベエザメが後ろを通らないか時々振り返りながらダイビングをしていました。。

透明度は上がっていて、大物もいる!!
あと数日しかありませんが、存分に楽しむぞーーー!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ハナダイギンポ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/14(火) 21:06:57|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.13

ロケーション/カオラック・タチャイコボン
天候/うす曇時々晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ウネリあり
透明度上/20m
透明度下/15m

トラフザメ6

バンコクでの赤シャツデモ隊の話が新聞の一面を飾り
日本の皆さんも心配されていると思いますが、
こちらタイはソンクラン連休が始まり、
カオラックやタオ島はバンコク在住のゲストで賑わい、
地元民とともにのんきに水掛け祭りを楽しんでおります。

今シーズンのカオラックも残すところあとわずか・・・
名残り惜しい気持ちをかみ締めながら潜る今日この頃。
スタッフ同士、交代で仕事&休みを回しながら、
今期潜り納めとなるそれぞれのポイントを堪能してます。

今日は僕とクマちゃんがカメラを持って潜ってきました。
狙うはジンベエ&マンタの2ショット!
・・・だったのですが、得てして、カメラを持って行っているときに
大物が都合よく出るものではありません。

でも、今日は、プチ・大物のオンパレードでした。
コ・タチャイで潮当たりで頑張っていると、
ロウニンアジの編隊が目の前でフュージュラーをアタック。
横を見ると、マダラトビエイが悠然と泳ぎ去ります。
足元にはナポレオンレオパードシャーク(トラフザメ)が。
巨大なウミガメ(皆にガメラと呼ばれてました)が登場。
常連のオニカマス(MAYUKOがオニカマ子と呼ぶ)も健在。

おなかいっぱいのダイビングだったのですが、
今日のMVPは、ウミウチワの前でポーズを決めてくれた
レオパードシャーク君に決定!

報告/TAKESHI
写真/レオパードシャーク(トラフザメ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/13(月) 19:40:21|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.12

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/20m

今日からタイは連休です。
シミラン諸島にはたくさんのタイ人の観光客でにぎわっています。
タイでお勤めの日本人の方々もダイビングをしに足を運んでくださっています。

今日はシミラン諸島のNo.9へ行ってきました。
1本目はノースポイント
ダイナミックな地形、巨石がゴロゴロとある中にスカシテンジクダイキビナゴがたくさん群れていて岩の周りに膜のように覆っている群れ
太陽の光がそれに反射してボケーっとみているだけで1本楽しめそうなキレイさでした。
大きなチャネルと抜けたりケーブをくぐったりしながら泳ぎ回って遊びました。
コラーレバタフライフィッシュ群れが皆同じ方向に向いて、何を見ているのかが気になりますが、カメラをもし持っていたらここで激写したい!!と思う絵になる光景でした。
足元を見ると、まだえんぴつよりも小さくて細い、ハナヒゲウツボの幼魚も小さな穴から一生懸命顔を出して活動していました。
天気もものすごく良いし、海の中もサカナがすごく多い今日の2本目は
スリーツリーズ
気持ちよい流れがあり、ハードコーラルの上を泳ぐアオバスズメダイカブラヤスズメダイたちがものすごい量群れ、玉のようになったり、かと思ったら川のように流れて泳いだりで、色とりどりのサンゴ礁と青や黄色、いろいろな色のサカナたちが群れ、現実なのですが夢のような世界が広がっていました。
見上げるとものすごい量のサバヒーが群れ、みんなで忙しく上や下や前をキョロキョロと見ていました。

最後は2匹のタイマイと一緒に泳ぎ、ボートに上がると
なんと、ついさっきまでここの少し沖合いにジンベエザメがいたとのこと!!

残念ながら今日は見ることができませんでしたが、今はダイブサイトの北から南のほうまでジンベエザメが何個体かいるようです。

どこで会えるかわからない?!
毎回のダイビングがワクワク☆
明日はどうかーーーーー!!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/12(日) 21:24:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.11

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ジンベエ28

今日の海は、いかにも大物が出そうな雰囲気のするコンデョションでした。
プランクトンが多いし、何やらサカナたちも大物がいるよー、と話しているようでした。

中層をキョロキョロと見渡しながら、本日のお客様のリクエスト、タイガーテールシーホーストマトアネモネフィッシュ等を見に行ったりして1本目は終了。
2本目、やっぱり何かいそうなんだけど気のせいかな。。。と潜降して行ったら、タンクを激しくたたいて指をさすTAKESHIの姿を発見!!
その先には大きな尻尾がチラっと見えました。

出たーーーーーー!!!!
ジンベエザメ!!
ゲストの方々とジンベエザメのいるところへ直行しました。
前回に出た個体と同じ個体でした。

2本目のダイビングはずっとジンベエザメと一緒に泳ぎました。
ゆっくり泳いだり、ホバリングするように静止したり、そして追いかけなくてもジンベエザメからこちらへ来てくれたりで、もう見放題、写真も撮り放題状態でした。

ダイビングが終わってボートに上がっても、まだボートのすぐ横の水面でジンベエザメがじっとしてたりだったので、みんなでスノーケリングでも一緒に泳ぐことができました。

私たちと一緒に泳ぐのが楽しかったのか、「そろそろボートに上がろうか。」と言い合うまで
ずっと側の水面を泳いでいました。

ここ毎週土曜日にジンベエザメが出てます!
みんなでホエールシャークサタデイ(土曜日はジンベエの日)と、
最近では呼んでいます。
大物もラストスパートのように出ています!!
さぁ、今シーズンあとどれだけ大物に出会えるかーーーー!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/11(土) 19:14:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ/曇り
水温/30℃
風/若干
流れ/若干
透明度上/15m
透明度下/10m

ジンベエ2

東京からタオ島に戻ったKOKIです。

イベント会場・オフ会でお会いした皆さん、
楽しい時間をご一緒させて頂き、本当に嬉しかったです。

次はタイの海でまたご一緒しましょう!

さてさて、相変らず熱い暑いアツーイ!タイの海は、
今日もバッチリ魅せてくれました。

朝イチのチュンポンジンベエザメ登場です。

今日は申し合わせたかのように沢山のボートが居合わせる中、
登場したのは4m弱くらいのかわいいジンベエ。

沢山のダイバーに囲まれても全くお構いなしで、
水面近くをのんびり泳いでいました。

下から見上げるダイバー達のはく泡も、
まるでジャグジー風呂を楽しんでいるかのような表情。

何度も泡の中に突っ込んで、
前から横から、その姿を惜しげもなく披露してくれました。

明日はフルデイトリップでセイルロックへ。
ジンベエ目撃情報多発のイチオシポイントです。

今年は本当に当たり年!
ソンクラーン(タイ正月)&GWに向けて、
エンジン全開のタオです。

報告/KOKI
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/11(土) 13:22:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.10

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

ロウニンアジ

今日も、夕方までは晴天!
その後は雨降りでした。
ダイビングには何も支障がなく、カオラックに帰ってきてからなので私たち女性にとっては日焼けも少しは防止になると、プラス思考でやっている今日この頃です。

近頃、毎回大物を見ているので今日もマンタが出るとおもったのですが残念ながら会うことはできませんでした。
しかし!今日はロウニンアジ祭りでした。
相変わらず、岩を覆いつくすようにいるタカサゴクマザサハナムロ
いつも出現する1匹大きなロウニンアジがちょうど食事の時間のようでした。

始めは岩場でクリーニングをしてのんびりしていましたが、しばらくしてから中層を巡回し始めました。
そうすると、他のロウニンアジたち、カスミアジも集まってきて、タカサゴたちを追いかけ始めました。
こうなったら後はホバリンして中層でじっとしていたら右へ左へロウニンアジたちが捕食しているシーンを眺められます。

大きなロウニンアジは、小魚に襲い掛かる前にホバリングして体をブルブルと震わせてから食らい付いていました。この時体を震わせている音は私たちにも聞こえます。ちょっと不気味です。

そうしたら近くにいたオニカマ子さん(オニカマス)もまねをするようにブルンっと体を震わせて音を出していました。。。もっと不気味でした。

もしこの中にジンベエ、マンタが出現したら。。。??
考えただけで胸がワクワクしてきます。

あとシーズン約1週間!あと何回大物に出会えるかーーーー!!?

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ロウニンアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/10(金) 19:12:29|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.09

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ&雨も少々。
水温/29℃
風/なし
流れ/なし→弱
透明度上/15m
透明度下/18m

クダゴンベ

帰って来ました、カオラックへ!
日本滞在中も海恋しかったですー。
この海ログを見てると、私達がいない間に大物出まくり・・・。

今日も期待をむねにリチェリューロックへ行って来ましたー。
行きは最後の20分ぐらい波が出てきてたのですが、
1本目潜ってる間に波も落ち着き、
そしてなんとボートは私達のボートだけ!!
まさしく、プライベートダイブサイトです。

透明度は15mから18mぐらいとそんなによくはないのですが、
栄養がいっぱいーーーといった感じでジンベエがいそうな雰囲気。
相変わらず魚影は濃く、イエローダッシュフュージュラーなんかも
ぐっちゃーーーーり群れています。
そして、その周りはヨコシマサワラがビュンビュン泳いでます。

ニシキフウライウオフリソデエビクダゴンベなどの
定番マクロものもきっちり見ながら、
ブラックフィンバラクーダ群れをすぐ近くで見たり、
コブシメの求愛シーンを見たり、
充実ダイブはあっという間に終わりました。

残念ながらジンベエには私達は会えなかったのですが、
朝8時ごろはいたそうです・・・。
ニアミスでした・・・。

ジンベエはまた土曜日に期待したいと思います!!

報告/NAOMI
写真/クダゴンベ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/09(木) 18:19:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

キンセンフエダイ9

毎日暑いタオ島です。
昨日に引き続き今日も朝から外洋ポイント、サウスウエストピナクルです。

今朝は風も控えめでボート上も快適。
到着後、一番乗りで潜降開始。

まず迎えてくれたのはクロホシフエダイ群れたち。
いつになく数多くまとまり、しきりに泳ぎ回ってます。
その先からこんどはシェベロンバラクーダの登場です。
昨日のチュンポンでは少しバラけ気味でしたが、今日はきれいにトルネードを描きながらグルグルと。

さらにメインの反対側へ回り込むように進んでいくと圧倒的な数のキンセンフエダイ群れです。
大きな塊のようになったかと思えば川のように形を変えたり、見ていて飽きません。
その周辺には入り交ざるかのよにいるホソヒラアジたち。

そしてここでも1mくらいの大きなヤイトハタ出現。しかも4匹も。

メインの根には数々のスズメダイ、お馴染みのイソギンチャクビッシリなところへハナビラクマノミのダイ群生。
その周りを囲むかのようなユメウメイロたち。
水面を見上げると日光に照らされた魚達のシルエットは幻想的。

まさにアクアリウムとはこのこと!ってかんじな一本でした。

報告/RYO
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/08(水) 14:05:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.07

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし→弱
透明度上/15m
透明度下/20m

20090407jinbe.jpg

昨日の大物シリーズに続き、今日も出でましたー!!
ジンベエでーーーす!!
今日もプランクトンがいっぱいのリチェリューロック、チクチクと肌に少し刺激がありますが、これぞジンベエの呼び水です。
どうかな~?と期待しながら半周したところ、中層の真正面からジンベエが現れました!!
4m程の若い個体で、好奇心旺盛というかサービス精神旺盛で、根の周りを行ったり来たりしてくれます。
通り過ぎていって、ありがとう~!!って手を振ったらまた急にクイックなターンをして私たちの方へ向かってきてくれたり、水面近くに行って帰ってきたり、ゆ~っくりと泳いで見せたり。
安全停止をしていてもまだすぐ下で泳ぎまわってくれています。終わってみれば30分程のジンベエダイブ♪こんなにじっくり見れたのは久しぶりです。ありがとうジンベエ!!

シーズン終盤、大物達のカーテンコールのようです♪

報告/KUMA
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/07(火) 23:30:06|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ヤイトハタ

久々のタオ島からの海ログです。
今朝はチュンポンピナクルに行ってきました。
他のボートもなく一番のりです。

風は少しあるものの海に入れば中はなかなかのコンディション。
イエローバンドフュージュラー群れに導かれながらまずは根の外側へ。
最初に目の前に現れたのはオニアジ群れ
もの凄い数で目の前を横切って行きます。

そうするとこんどはシェベロンバラクーダ群れたち。
相変わらず密度の濃い群れをつくりゆっくりと旋回していきます。
去って行ったかと思うとまたこちらに戻ったりと、ゆっくりと観賞できました。

離れ岩にたどりつくと、おなじみの巨大ヤイトハタがホバリング。
その上ではオオクチイケカツオが数匹泳ぎ回っています。

さらにその外側にでてみるとピックハンドルバラクーダ達がゆったりと泳いでいました。

今日も相変わらずな群れ群れの一本でした。

4月に入り気温、水温ともに一年で最高なこの季節。
毎日良いかんじですよー。

報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/07(火) 20:02:12|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.4.06

ロケーション/カオラック・コタチャイコボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m



今日はコタチャイコボンに行ってきました。
天気は快晴&ベタ凪、陸に帰ってくると夕立がありますが、日中の海は天気が良いです。
1本目のコタチャイ、エントリーして水面を覗くとクマザサハナムロが激群れています!!
掻き分けるようにして進んでいくと、それらに向かってカスミアジ群れがハンティング。
さらに進んでいくとブラックフィンバラクーダの巨大なトルネードが!!
ゲストのマサオさんも大興奮でトルネードの中心に突っ込んでいっていました。
メインの根に帰ってくると2mほどのレオパードシャーク!!
マクロに没頭しているダイバーの背後をゆらーりゆらりと泳いでいきました。

20090406leoprd.jpg

そして1本目が終わってボートの上でランチタイムでのこと。

キャプテンが『あそこに何かデカいのがいる!!』

早速ボートを動かして水面をみんなで眺めていると、すぐ近くに大きなが出現!!
何のかはわかりませんでしたが、巨大でした・・・。

2本目のコボン、今度はマンタです!!
今日のマンタは5mくらいの大きな個体!!
枝サンゴの上を旋回したり、急に上に向かって翻ったり、リッジの先端に行ってホバリングしたりと色んな表情を見せてくれました。
シーズン終盤ですが、まだまだマンタ出てますよー!!

報告/KUMA
写真/マンタレオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/06(月) 17:31:24|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.05

ロケーション/カオラック・シミラン諸島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

ブラフィン

今日はノースポイントとスリーツリーズへ行ってきました。
透明度は、抜けてはいないですがすごく良い色!ベタナギ!
そして、いかにも大物が出そうな雰囲気でした。

ノースポイントでは、水面近くでけっこう大きなブラックフィンバラクーダ群れがいたので、水面から見たりダイビングで水中から見たりいろいろな角度から見て楽しみました。
最近は、どこのサイトもスカシテンジクダイ、キビナゴの量が増えてきていて、すごい所は岩が全く見えなくなるほど群れていました。
この群れマテアジや、カスミアジ等が群れになって捕食している様子が、太陽で反射して本当にキレイ!
今日はカメともよく会いました大きなタイマイ、小さなアオウミガメ

スリーツリーズでもスカシテンジクダイやキビナゴの群れがすごく、その中にバラクーダの幼魚群れも混じっていました。
キレイなコラーレバタフライフィッシュの群れやイエローテールフェアリーバスレットの群れを眺めていながらふと足元を見ると、不自然な地面がありました。
良く見ると、サカナでした。
あまり普段見ない、巨大なテンジクガレイがいました。
大きな人のお尻くらいの大きさでした。珍しかったので、私自身はバラクーダの群れを見るよりも食いついて見ていました。。お客様よりも興奮していた私です。。

その頃、ノースポイントでマンタが出ていたそうです。。
今日は超ニアミス!!
明日は大物に出会えますようにーーー!!

そして!!

今日はビッグブルースタッフのRYOくんが誕生日でした!!

おめでとうーーー☆アラフォーっていうんでしょ??(アラウンド40)
歳はヒミツということで☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ブラックフィンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/05(日) 21:17:32|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.04

ロケーション/カオラック・リチェリューロックボンスーンレック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

nisikifurai090404.jpg

今日も夕方までは晴天でしたが、夕方からは雨降りでした。
しかし、今日もダイビングには支障ありません!!

今日は2ダイブリチェリューロック、そして3本目にボンスーンレックへ行ってきました。
波はまったくなくベタナギ。
透明度は。。。良い場所で20m!プランクトンがかなり多く、チクチクと時々しました。
大きなヤツ(ジンベエザメ)がいつ出てもおかしくないコンディションだったのですが、残念ながら会うことはできませんでした。

kudagonbe090404.jpg

お馴染みのアイドルたち。
タイガーテールシーホースニシキフウライウオクダゴンベ等、
一通り会いに行き、あとはものすごい魚影の中層で遊んでいました。

イエローバンドフュージュラーのすごいかたまりが、ドカーンと右へ動き、次は左へ動き、その後ろからは大きなヨコシマサワラ群れが通り過ぎ、すごい迫力満点でした。
その周りにはジャイアントフュージラーの激群れ、ウメイロモドキ等体がサカナに当たってしまわないかと思うくらいサカナで埋めつくされていました。

その群れたちがいっせいに何かを追いかけて行ったときがありました。
大きなサカナがいるときにとる行動。。もしや!と思って、追いかけて行くと、とてつもなく大きなオニカマスが泳いでいました。サメに見えるくらいの胴回り!そいつがたくさんのサカナを引き連れて泳いでいました。
やっぱりオニカマスは私には不気味に感じてしまいます。

hanadaiginpo090404.jpg

魚影で遊んだ後は、
更に魚影が濃い、ボンスーンレック
透明度はここにしたら良い、15m前後!
バラクーダ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、ヨスジフエダイ等のものすごい群れが私たちを迎えてくれました。
どちらを見ても何かの群れがいて本当にスゴイ!
今日は大きなネズミフグ群れていました!!
泳ぎが鈍いので、こちらが避けないと当たってしまいそうになりました。。

小さな生き物は、メタリックシュリンプゴビー、ジョーフィッシュ、ウミウシたくさん、ワヌケヤッコの幼魚など、探すといくらでも出てきました。

これにあとは大きなジンベエザメが出たら!!
もうスゴすぎてどうにかなってしまいそうです。。

今シーズン、まだまだ大物狙って行きますよーー!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/上:ニシキフウライウオ・中:クダゴンベ・下:ハナダイギンポ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2009/04/04(土) 21:52:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.03

ロケーション/カオラック・コボン
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

manta20090403.jpg

今日はコボンマンタマンタマンタ!!
3匹のマンタが出ていました!
私が個体識別できた範囲で3匹。
しかし、4、5匹はいたとのことです!!

潜り始めてすぐに出現したのは、
時々コタチャイにも出現している固体でした。
クリーニングをしに来ていたようで、ハードコーラル地帯の上でゆっくりと泳いだりホバリングをしたりして気持ちよさそうにずっといました。

流れもなく、穏やかな水中をゆっくりまったりと泳いでいると、また違う個体のマンタもやってきました。今度は体色のほとんどが真っ白のホワイトマンタが現れました!
去年も現れていたこのマンタ、久しぶりに会うと少し大きく成長しているように見えました。

whitemanta.jpg

そして、私たちがホワイトマンタを見ていた時、KUMAチームはブラックマンタを見ていました!

最後には、マンタたちがグルグルと仲良く泳ぎ回ったりクリーニングを再びしたりで、
ずっとマンタと一緒に泳ぐことができました。

blackmanta.jpg

またまたマンタ祭りです!!
シーズンはまだまだ終わらないですーーーー!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/03(金) 22:23:33|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2009.4.02

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

Newタイガー

ここ数日は、朝から夕方にかけては晴天!
夕方はスコール!といった天気です。
ダイビング中は良い天気なので、問題はないでしょう!

今日のリチェリューロックも、プランクトンが豊富で今に大物が出そうでしたが残念ながら出ませんでした。。
今日はスタッフのリックにデジタルカメラを借りて、調査ダイブ!。。。という名のファンダイブへ行ってきました。
まずはキンセンフエダイ玉を激写!
群れで視界が暗くなるほど今日も群れていました。

中層にはイエローバンドフュージュラーが激群れ
これもまたリチェリューロックの岩が見えなくなるくらいに群れている場所もありました。
ブラックフィンバラクーダ群れも、とても見やすい潜降ロープの横でキレイに列になって群れていたので、みんな安全停止をしながらゆっくりと眺めいました。

最近のアイドル、小さなタイガーテールシーホースは今日も岩陰に隠れてとても見にくい場所にいました。。写真を撮るのはかなり困難な場所で、もうあきらめようかなぁ。。と、他に気をとられて泳ぎ回って遊んでいたら、他の岩陰に黄色いものがチラっと見えました。
この雰囲気はもしや!と思い、見てみると少し小さめ、中学生くらいのタイガーテールシーホースが隠れていました。
個体数が減ってきているように思っていましたが、探すといるものです!!
きっと私たちの知らないところで産まれて増えているのでしょう!
この個体は、カメラを向けるとこちらを意識しながらちゃんと取りやすいようにポーズもとってくれている気がしました。
可愛い!!

これはまた調査ダイブ!(ファンダイブ??)せねばーーーー!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/04/02(木) 18:47:22|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD