Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2009.6.30

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ヤイトハタ

しばらく吹いてた風もおさまり、本来の穏やかな海況を取りもどしたタオ島です。
そんな今朝の一本はチュンポンピナクル

水中もほとんど流れもなく穏やかです。なので魚達は極端にかたまらず、根の周りにまんべなくいるかんじです。

それでも離れ岩の方外へ外へと出て行くと、もの凄い数のオニアジ群れが突進してきました。
ギラギラと体側を光らせ泳いでいきます。
その下にはバラクーダ、目線の高さにはジャワラビットフィッシュ群れ

さらに外側へ目を向けると、ヨコシマサワラ達の群れに遭遇。これも結構な数です。

一番外側の岩の上にはふんぞり返っているかのような1m級のヤイトハタ
なんと今日は3匹同時出現。
久しぶりのヤイト3兄弟勢ぞろいです。

根の上では名物ハナビラクマノミ畑。
少しづつですがツバメウオも帰ってきました。

さぁ7月です。そろそろヤツも帰ってくるころかも・・・

報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/30(火) 20:22:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.29

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ツキ

今日は午後のダイビング、ラムティエンベイとヒンウォンベイへ行ってきました。
どちらもベタナギ、ここまで癒されて良いのか!!というくらいのまったりダイブでした。
たくさんのツキチョウチョウウオ群れに囲まれ幸せな気分になっていたら、『私たちも見てー。』と、大きなユニコーンフィッシュ(テングハギ)の番も群れに紛れて泳いでいました。
砂地にはたくさんのギンガハゼレッドマージンシュリンプゴビーメタリックシュリンプゴビーにどれだけ近寄れるか顔を近づけて遊びました。
オスは臆病なのですぐに引っ込んでしまいます。。メスは肝が座っているのか、触ってしまうよ。。。というくらい近寄っても平気でした。
見た目も動きも可愛いハタタテサンカクハゼを見ていたら、オシャレカクレエビもワサワサと穴から出てきて、ハゼやらエビやらでにぎやかな砂地になり、そのたくさんいる中をよくみたら、なぜかノコギリウミヤッコも混じっていました。。。なぜここに!?
と、思いましたが可愛いので見れてラッキーだなぁと思い、ずっと観察していました。

他には、サンゴ礁地帯で可愛いヒレナガスズメダイの幼魚がたくさんいたり、動きが速いアツクチスズメダイとカメラで格闘したり、チョウチョウコショウダイの幼魚を見たり、可愛い小物がたくさんいました。

毎日天気も良いし、穏やかだし、こんな日は一日4本潜るのがおすすめーー!!
一日中海の中でまったり楽しみたいです☆
明日は何に出会えるかなぁー☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ツキチョウチョウウオ群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/29(月) 21:54:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

今日はチュンポンピナクルへ行ってきました。
天気もすごく良いので、海の中が明るくてよりキレイに見えました☆

チュンポンピナクルは、今日もプランクトンが多かったのでウェットスーツから出ている肌がチクチクとしました。
こういう時はアレが近くにいるかも?!(ジンベエザメのこと)とかなり期待をして潜っていましたが、会うことはできませんでした。
近くにいる気配はするのですが・・・!!
大物を気にしつつもまずはキレイなアカオビハナダイを見に行きました。
群れになったオスたちがカッコ良さを競い、時々メスにナンパをしていました。
フラれる時もありますが、今日はメスもなんだか嬉しそうに一緒に泳いでいるように見えました。
中層はユメウメイロがどっさりと群れ、ずっと見ていたら突然ジャワラビットフィッシュのものすごい玉が忙しそうに横切っていきました。
その後を追うようにオニカマスが現れ、引き続きジャワラビットフィッシュを追いかけて行ってしまいました。
その状況をフワフワと浮かびながら見ていたら、次はオニアジ群れが横切って行きました。
彼らもかなり急いだ様子で(いつもですが。。)私たちの前を通り過ぎて行きました。
その奥に大きな長いサカナの群れが見えました。
追いかけて行くと、ピックハンドルバラクーダ群れでした。
近づけば近づくほど全貌が見え、大きな群れだと言いうことがわかりました。
大きなヨコシマサワライトヒキアジも出現したりで、中層を見るのが忙しくダイビングの後半になるまでずっと岩から離れたところで遊んでいました。

ピナクルの上では、今日も6匹のツバメウオがいました。
少しづつ増えてきていますが、6匹からなかなか増えません。
次に行った時はまた増えてるかな?

今日も一日中良い天気で、うみの色もとても良い感じです!
こういう時はダイビングしかないでしょーーーー!!!
明日も楽しみです☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/28(日) 16:30:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

ギンガメアジ6

今日はフルデイトリップでセイルロックに行ってきました。
個人的にも久しぶりで、ご一緒のお客様も今回初めての方ばかり。
期待が膨らみます。

ついて早々エントリーすると、やはり最初はは名物チムニー(縦穴)潜降です。
出口を出たとたん魚達の群れが視界に飛び込んできます。
ジャワラビットフィッシュクロホシフエダイなどが目の前を一面被いつくしていました。

さらに若干の流れに逆らいながら外側へいくと、ピックハンドルバラクーダ群れに遭遇し
ました。
お客様に報せようと振る向くとこんどは後ろにはシェベロンバラクーダ群れ
両方の群れに挟まれながら、どっちを向いていいのか忙しい!

そのさらに外側にはかなりの数のツバメウオ達が流れに向かって泳いでいました。
その後もオオクチイケカツオヨコシマサワラ、岩場に寄って行くと大きなアカマダラハタ、そいて中層には常にイエローバンドフュージュラーやユメウメイロの群れ

離れ岩に行くと鮮やかな黄色の群れをつくるキンセンフエダイ、さらにその外側に行くと黒い影。
その方向には岩は無いはず。
それは圧倒的な数のギンガメアジの群れでした。
しばらく見ませんでしたが、また帰ってきたようです。
まさにアジ玉。
みるみるるうちに辺りはギンガメアジに囲まれてしまいました。

透明度はいつもよりちょっと落ちてるものの魚影はいつもどおり。
かつてあるゲストの方に言われた「ここはシバタンやパラオにも負けてませんよ」という言葉を思い出しました。
ホントに魚を見ているのに忙しい!そんなダイビングでした。

報告/RYO
写真/ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/28(日) 11:17:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

キンセン1

今日はサウスウエストピナクルへ行ってきました。
一緒に潜ったのはアドバンスコースのゲストの皆様。
ディープダイビン講習でした。
入ってすぐにものすごく大きなヤイトハタに会いました。
同じ場所をグルグルと繰り返しまわり、落ち着きのないヤイトさんでした。

群れは相変わらずの魚影。
キンセンフエダイホソヒラアジが混ざり合って群れになっています。
真ん中にかき分けて入っても全く逃げず、かき乱した方が群れが渦を巻いたり川のようになったり壁になったりして面白いのでみんなで群れの中に入って泳ぎ回って遊んでいました。
一緒になってツムブリ群れの中に入りたそうに外を様子を伺って泳いでいました。

その他岩場では、ツキチョウチョウウオ、ニセフウライチョウチョウウオ、ワヌケヤッコたちが優雅に泳ぎ、その岩肌ではセンジュイソギンチャクの大群生の中にハナビラクマノミがどっさりといてピョコピョコと飛び出しては隠れていました。

サウスウエストピナクルは、ダイナミックな地形でありながら、雰囲気は癒し系でキレイな群れでいつも遊べ、時にはジンベエザメにも会うことができます。
今頃ジンベエザメはどこにいるのでしょう。。。?

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/27(土) 15:56:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.26

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

今日は午後のまったりダイビングと、ナイトダイビングへ行ってきました。
ナイトダイビングは、ホワイトロック。
今日一緒に潜ったゲストの皆様はアドバンスコースの方々。
潜る前は、『暗いしお化け屋敷みたいだし怖そう。。』
と、かなり心配な顔をしていましたが、潜ってからはそんなことはすっかり忘れて遊んでいました。
始めから最後まで、アオマダラエイ祭りでした。
大ぶりな個体から目玉焼きほどの大きさの可愛い個体までたくさん活動的に泳いでいました。
ヒトヅラハリセンボンもこちらに顔を隠してお尻を岩から出して何やら動いていました。。何がしたかったんだろう。。
砂地では、コウイカや大きなコモンヤドカリが歩いていました。
ライトで照らすとライトが気になるのかこちらに寄ってきては警戒したような行動をとっていました。
中層にはユメウメイロがたくさん泳いでいて、光に反応して群れが右へ左へ動いてキレイでした。

ホワイトロックはいつもすごいのですが、今日もすごかった!
ピックハンドルバラクーダの捕食シーン。
目の前を泳ぐユメウメイロをバクッっと食いついて捕食していました。
岩の隙間に顔を突っ込んで中に住むサカナを食べたり、捕食するごとにみんなでライトを振って知らせあっていました。
最後はお馴染みの夜光虫ダンスをみんなで踊ってダイビングを終わりました。
手や体を動かすとキラキラと輝く夜光虫。神秘的です。

タオ島に遊びに来た時は、ナイトダイビングもお勧めですよ☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/26(金) 15:33:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

ヨロイウオ

今日はヒンウォンピナクルラムティエンベイへ行ってきました。
ヒンウォンピナクルは、今日は流れが強かったです。
私と一緒に潜ったゲストの皆様はオープンウォーターを取得したての方々でしたが、うまく岩陰に隠れて流れを避けたりしてとても上手に楽しんでいました。
こういう日はソフトコーラルのポリープが開いてとてもキレイです。
他のチームで、深場のウミトサカの群生地帯へ行ったグループはまさにお花畑のようでとてもキレイだったと言っていました。
ハープコーラルやヤギに紛れてヨロイウオも泳いでいました。
横を向いていると見えやすいのですが、体を違う方向へ向けると平べったいので見えにくくなります。
今日は群れでいたのですぐに分かりました。
最近はキヘリモンガラの成魚の体の色になりたての個体もいます。
手のひらほどの大きさなので、タオ島のモンガラは凶暴と言っていますが、これなら勝てそう!と、みんなで囲んで見ていました。
あとはキハッソク群れもいて、相変わらず1匹1匹の泳ぐ感覚は微妙に離れているので群れも微妙。。。なのですがいちを群れということで見ていました。

ラムティエンベイでは、ツキチョウチョウウオ群れで遊びました。
今日は少なくとも60匹は群れていました。
みんなで何匹群れているか数えてみましたが、ツバメウオのように泳ぎがゆっくりではないので、数えた匹数はそれぞれバラバラに終わりました。。

今は毎日快晴!!
ダイビング日和です!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ヨロイウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/25(木) 09:16:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

オコゼ

今朝はなんと!!
ホワイトロックジンベエザメが出ていました!!
ビッグブルーダイビングの皆さんは、ギリギリ見た方と残念ながら見れなかった方いろいろいました。
私は朝店番をしていたので、もちろん見ていません。。
6月はしばらくジンベエザメが出ていませんでしたが、やっと出現!!これからまたタオ島にいついてくれたら良いのになぁと思います。

午後のダイビングで、もしかしたら見れるかも?!少し期待を持ってホワイトロックへ行ってきました。
しかし。。。その後ホワイトロックで出ることはありませんでした。
中層を気にしながら水底や岩場で遊びました。

砂地では、フタホシタカノハハゼの黄色個体、白色の個体、黒っぽい個体など色々な色を探して遊びました。
その周りには、ゴルゴニアンシュリンプや、イボイソバナガニ等の甲殻類もたくさん見られました。
そして今日は砂地にヒメオニオコゼもいました。
ちょうどヒレを広げて威嚇しているところだったので、キレイなヒレの色が見えました。
ゆっくりノロノロと歩く(泳ぐ?)様子はまさにネジ仕掛けのおもちゃのようでした。

キレイなサンゴ地帯では、ツキチョウチョウウオタイワンカマス群れ、色とりどり。
その周りで大きなゴマモンガラ3匹も群れ?ていました。。
天気は快晴!!
波もおさまりました。

どんどんコンディションが上がっていくでしょう!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ヒメオニオコゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/24(水) 11:24:50|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.23

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

ブチ

今日はチュンポンピナクルグリーンロックへ行ってきました。
天気は今日は曇り空。。
しかし、今日も海の中はすごくキレイでした!
サーモもかかっていなくて、底まで見えます。
プランクトンもかなり豊富で、ウェットスーツから肌の出ている場所がチクチクとしました。
今月はまだジンベエザメは出ていません。
ジンベエザメも少しお休み中なのかな?
また次にドカーンと出まくる時を狙っているようです。

2本目のグリーンロックも透明度が良く、底までキレイに見えました。
なので、底の砂地に広がるキヘリモンガラの巣が一面によく見えました。
幸いキヘリモンガラたちはお出かけ中だったようで、みんなみごとに巣の中は空でした。
こういう時は、巣の中に入ってしまっているマバラシライトイソギンチャクと可愛いトウアカクマノミを見に行きます。
キヘリモンガラの近くで住んでいるからなのか、ここのトウアカクマノミはかなり凶暴です。
少し近づいただけで、突進してきて時には手に噛み付いてきます。
痛くはありませんが、ものすごく怒っている様子にこちらも後ずさりしてしまいます。

グリーンロックと呼んでいる岩を中心に広がる岩が重なり合った地形。
その岩の隙間をくぐりまくって遊び、岩場に住む、ロクセンヤッコワヌケヤッコ等キレイなサカナを見たり、岩肌につくウミウシを探したり、色々遊びました。
どこのサイトも、最近よくブチウミウシを見かけます。
一見、豆大福のように見えますがよく見たらちゃんとウミウシの体をしています。

食べたら甘かったりして・・・?!
と、一人で考えたりしてしまいます。
天気予報では、曇りは今日だけ!明日からはまた快晴だそうです。
明日はキレイな夕日が見れるかな?

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ブチウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/23(火) 18:03:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/8m

ハナビラクマノミ5

フルデイトリップへ行ってきましたーー!!
しかし。。。セイルロックは。。透明度が落ちていました。
ホソヒラアジの激群れは相変わらずすごく、ツキチョウチョウウオ群れにも会いました。

2本目はチュンポンピナクルへ行ってきました。
ここはとてもコンディションが良かったです!
最近、カジキが出ているということで前半はみんなで中層で待ったりもしていました。
ユメウメイロジャワラビットフィッシュ群れが突然一斉に動くと、「出たかーー?!」と、
思って探し回りましたが、大きなヨコシマサワラだったりで、残念ながらカジキには会うことができませんでした。
ヨコシマサワラが捕食している時の群れたちは、一気に全部が同じ方向へかたまって逃げるので迫力があり、見ていてすごく面白いです。

あと、今日は大きなオニカマスにも会いました。
全く逃げず、ホンソメワケベラに掃除をしてもらいながら不気味にホバリングしていました。
丸太のような体に近づいてみると、
突然顔をこちらに向けたりするので、何もされないと分かっていながらも後ずさりしてします不気味さでした。

ここ毎日天気が良く、チュンポンピナクルにたくさんいるハナビラクマノミ、そのお家のセンジュイソギンチャクにたくさんの太陽の光が当たって、とてもキレイです。
その上を気持ちよく泳いでいる時にスタッフのTAKESHIが写真を撮ってくれました。
あまり自分の写っている写真ってないので、とても嬉しいです☆

ここで潜った時はハナビラクマノミ畑の上を優雅に泳ぎましょう☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ハナビラクマノミとMAYUKO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2009/06/22(月) 19:38:55|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

今日はチュンポンピナクルと、ナンユアンケーブへ行ってきました。
相変わらず良いコンディション!

チュンポンピナクルでは、
今日も魚影が濃すぎました。
潜ってすぐにはシェベロンバラクーダのトルネードが待っていました。
しばらくグルグルと群れで渦を巻いて、そして一方向に壁のようになりながら去って行きました。
その群れは行ったり来たりしていたので何度もシェベロンバラクーダで遊びました。

中層ではユメウメイロのすごい群れがソワソワとしながら泳いでいました。
雰囲気はカジキがいる!!
・・・しかし、今日は残念ながら見ることはありませんでした。きっと近くにいたはず!
天気も良いし、海の中も良いし、潜るなら今ですーーー!!

ナンユアンケーブでは、
まったりと地形と小物で遊びました。
メインのケーブの中はアトヒキテンジクダイダマシ群れが私たちを迎えるように入り口にたくさんいて、その中にまぎれてツバメウオもなぜかいました。
ケーブをくぐっている途中、後ろをダルマさんが転んだゲームをするように、振り返ると他の方を向き、泳ぎだすと付いてきて私たちと遊んでいるようでした。
でもケーブの出口に近づくとまた入り口の方へ向かって帰って行きました。
次に通る人をまた待つのかな?
岩の隙間、ガレ場などを散策しているとアオマダラエイや大きなジェンキンススティングレイが隠れていたりシマウミヘビがニョロニョロと泳いでいたり等、ゲストの皆様も一緒になって夢中に散策していました。
中層には突然ジャワラビットフィッシュの群れが横切ったり、大きなコガネアジが慌てるように泳ぎ去って行ったりして水底に中層に見るのが忙しいダイブでした。

今日もどこのサイトも良い感じ☆
明日はフルデイトリップへ行ってきますーー!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/21(日) 18:09:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

今日はシャークアイランド、サウスウエストピナクル、サイリーへ行ってきました。
シャークアイランドは、底までキレイに見えていました。
沖のほうへ遊びに行ったら、程よく潮も流れていたので、砂地のピンクや青、黄色やオレンジ、色とりどりのソフトコーラルたちがふさふさに生えていてお花畑のようでした。
まわりにはフタホシタカノハハゼの白色、黄色、その中間色の個体たちが砂から顔を出して、砂地を気持ちよく泳ぐ私たちを見ていました。
タイワンカマス群れも、最近ものすごい量で、太陽に反射した時にキラキラと中層が光ってとてもキレイでした。
水底に、大きなヤイトハタが寝そべっていて、みんなで近づいて行くと重たい体をダルそうに動かして『もう、写真はちょっとだけよ。。☆』と言っているようにノソノソと動いてカメラ目線を送っていました。

2本目はサウスウエストピナクル。
今日も群れがすごかったです!!
キンセンフエダイホソヒラアジバラクーダの幼魚が全部一塊になって群れています。
群れの中に入って遊んでも全く逃げないので追いかけたりして遊ぶゲストもいればカメラで激写し続けているゲストもいて、みんなそれぞれの場所から群れを見て楽しんでいました。
ピナクルのほとんどに群生しているセンジュイソギンチャク、そしてそれに住むハナビラクマノミのまわりにはたくさんのクロリボンスズメダイ、イエローバンドフュージュラーが群れ、どこもかしこも群ればかり。幸せな空間です。
海から上がった後も、みんなで「いやぁ、すごかったなぁ。。」と、
しみじみ語り合っていました。

3本目はサイリー。
私自身、ここで潜ったのが久しぶりだったので、長らく会っていなかったトウアカクマノミたちに会えて満足でした。。
少し潜らないだけで、コロニーによっては個体数が変わっていたり大きなメスがいなくなり次に大きかったオスがメスに変わって他の未成熟たちの中の大きな個体がオスになりかけていたりと、いろいろ変わっていることがありました。
あぁ、、毎日潜りたい。。

天気予報では風が止むとありますが、ましにはなってもまだ少し風があります。
毎日言っていますが、
でも!海の中は本当に熱いです!!
天気も良いです☆

明日は何に出会えるかな?お楽しみに☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/20(土) 19:17:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.19

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/10m

風と波は少しおさまりました。
海の中のコンディションは良いです!!
今日は、チュンポンピナクル、ツインズ、ホワイトロックの3本立で潜ってきました。

最近のチュンポンピナクルは、シェベロンバラクーダ群れがすごいです!!
ものすごい密度でものすごい量が群れ、トルネードになったり壁のようになったり、色々な形になって面白いです。
下から見上げると、群れが大きく凝縮しているので頭の上が大きな影に覆われたようになります。
いつまでもここにいたい、と思ってしまいますが他の場所でもサカナがぐっちゃりと群れているので、次見に行かなきゃ!と、根の周りを泳ぎ回って遊びました。
一時見なくなり、また最近帰ってきたツバメウオ
まだ小さな群れですがこれからどんどん大きな群れになっていくことを祈っています。
まだ子どもたちなので、ダイバーが気になるのか逃げずにひらひらと動かしているフィンについてきたりして、可愛いです☆
最近、ちらほら目撃されているカジキは、今日は残念ながらいる気配がありませんでした。。
また会えるかな。。?

近場のホワイトロックとツインズでは、
主に小物散策をして遊びました。
ギンガハゼの黄色と黒色のペアの写真を撮ろうとジリジリと寄って頑張るゲストの皆様。
写真を見せていただくのが楽しみです☆
他にはゴルゴニアンシュリンプミナミハコフグ幼魚など人気者の生き物をじっくりと見て楽しみました。
今日はツキチョウチョウウオの群れが突然現れたり、
3匹の大きなゴマモンガラが追いかけっこをしていたりで中層も次から次へと面白いものが通り過ぎて行きました。
海はキレイだし、あとは。。ジンベエザメは今頃どこを泳いでいるのかな?
明日に期待!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/19(金) 16:56:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

久々の海ログを書くNAOMIです。
そして、そんな久々なのに私すごいもの見てしまいました・・・。
それは"クロカジキ!!!!"
何日か前のTAKESHIが書いた海ログでも書いてますが、
その時私は潜ってなかったので、もちろん見てませんでした。
しかし、今日は、チュンポンで1ダイブのうち2回も遭遇。
しかも、、、近かった!!!5mぐらいの距離でしょうか。
確かに、カジキの出そうな雰囲気があったので、潮表の中層でちょっと粘ってみたところ、
魚の動きが変わり、見ると、いるではありませんか!!!
しかも、何回かグルグルしてくれ、浅いところの移動していった時には
下からのカジキのシルエットもバッチリ見えました。

その後も中層の魚の群れの中を泳いでいくと、
またまた登場!!!!!
今度はユメウメイロを口に咥え、グルングルンと体を振っていました。
超!!!!大迫力です。
鳥肌が立ってしまいました・・・・。

今月になって、ジンベエザメはとまってしまってますが、
カジキが出ていますよ!!!!!

何度かタオでカジキは見たことありますが、
今日のようにゆっくり見れたのは初めてでした。

今でも想い出すと興奮します。。。。

報告/NAOMI (NAOMIブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/18(木) 23:29:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

ホソヒラアジ

少し穏やかな海になってきたタオ島。
今日は、マンゴーベイジャパニーズガーデンへ行ってきました。
これらのダイブサイトは風や波が来ない場所にあるので、ベタナギのまったりダイブで楽しんでいました。
マンゴーベイでは、まずお馴染みのホソヒラアジ群れを見に直行しました。
今日もものすごい勢いの群れでした。
大きな玉に突っ込みまくってもすぐにもとの玉に戻るホソヒラアジたち。
何回この光景を見てもスゴイーーーと、感激します。
その足元の砂地では小さな子どものギンガハゼたちがたくさんいて足元も気になりながらホソヒラアジも見ている、とても贅沢な気分になります。
いくつもの場所でタイワンカマス群れも見かけ、近場でまったりと群れて遊ぶ、最高です☆
ジャパニーズガーデンでは、
色々なハードコーラルの群生の上をゆったりと泳いでいました。
いつも怒っているスズメダイモドキ、今日もカンカンに怒っていて私が近づくと大きさが全然違うにもかかわらず私に猛攻撃をしていました。
顔の色をオレンジっぽい色に変えて、突進。このサカナのサイズがもし大きかったらゴマモンガラよりも凶暴だったりして。。?小さくて良かったぁ、といつも思います。
エダサンゴの隙間でちょこまかと動き回っているアツクチスズメダイ幼魚から成魚なんでも見れますが、やっぱり幼魚が一番可愛いです。
どんな大きさでも口はアツクチで本当に可愛い☆
スズメダイ、ハゼで遊んでいたらもうキリがないジャパニーズガーデン
今日もたくさん遊びました☆
明日はもっと良い天気になりますように☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ホソヒラアジ群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/17(水) 00:01:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.16

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/10m

シェベロンバラクーダ

今日はフルデイトリップへ行ってきました。
波があったので、セイルロックへ行くのは断念。
1本目はチュンポンピナクル、2本目3本目はタオ島の東側で潜りました。
波はあっても、水中はすごくキレイです。
流れもほとんどなく外洋でも大物や群れをまったりと探して遊ぶことができます。
中層にものすごい量で群れているユメウメイロを捕食しようと、大きなオオクチイケカツオヨコシマサワラコガネアジイトヒキアジがそれぞれでチームを組むかのように右へ左へユメウメイロたちを追いわまし捕食していました。
青い海をバックにたくさんのユメウメイロの黄色が流れていく様子がとてもキレイでした。

底の方にはサーモがかかっていましたが、そのサーモの中からシェベロンバラクーダ群れが突然浮き上がって出てきたり、ジャワラビットフィッシュの群れが現れたり、このサーモの中にはどれだけ群れが隠れているのだろうと、ドキドキとスリルを味わいながら泳いでいました。

タオ島の東側のダイブサイトも、すごくキレイでした!
巨大なタイマイ、巨大なゴルゴニアンジュリンプ、巨大なワカヨウジ等、何度も『デカイ!』とビックリするダイビングでした。

2本目と3本目はマクロ系で。。とブリーフィングで言っていたのに、
ダイビングが終わってみると、大きなものや群ればっかりを見て遊んでいたように思います。

こんなに良い感じの水中☆
波が落ち着いた時には、タオ島が本気のコンディションになる予感?!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/シェベロンバラクーダの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/16(火) 18:03:48|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.14

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/15m

アカオビハナダイ

今日はチュンポンピナクルに行ってきました。
透明度も上がってきました。
潜降して、潮の当たる方へ進んでいくと、
突然、ドーン!という音がして
上方からすごい数のユメウメイロが降ってきました。
ほぼ同時に、巨大な黒い影がその群れに突っ込みました。

体長2mオーバーのクロカジキです!

見事にハンティングに成功したクロカジキ
一匹のユメウメイロを口にくわえたまま、
ちょうど我々のすぐ目の前でしばらくモグモグしながら
ホバリング状態に。
おかげでジックリと見ることができましたが、
ゲストの誰一人、写真を撮ることを忘れてました。(笑)
我に返ったときは、すでに悠然と泳ぎ去った後でした。

その後も、リクエストあったアカオビハナダイ
コロニーで、1人一匹ずつ雄の個体を撮影したり、
巨大ヤイトハタを間近で見たり、
眉毛のあるハナビラクマノミ(通称:マロ)を見に行ったりして、
最初から最後まで堪能できた1本でした。

これから透明度が上がってくればいいなぁ。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはこちらをクリック
写真/アカオビハナダイの雄

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/15(月) 10:02:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.13

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/15m

ハシナガ&ツキ

今日はフルデイトリップでセイルロックへ行って来ました。
ちょっと、透明度が落ちていたセイルロックですが、
マシになってきて、15mほど見えるので、魚影の濃さを
堪能できるコンディションでした。

今日は、ガイドとしてではなく、個人的に写真を撮りに行っていたので、
狙いのワヌケヤッコやツキチョウチョウオをワイドマクロで狙うには、
十分な状態でした。

ワヌケヤッコもツキチョウチョウウオも、和名はあるけど
日本ではほとんど見られない珍しい種ですが、
それが群れるのがタオ島の凄いところです。
そんな写真を狙っていたら、これまた珍しいとされる、
ハシナガチョウチョウウオとツキチョウチョウウオが
急接近したので、2ショットを撮ってみました。

一風変わっていると言われるタオ島の海では、
他ではあまり見られないものが見られるのも魅力です。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはこちらをクリック
写真/ハシナガチョウチョウウオ & ツキチョウチョウウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/13(土) 19:19:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.12

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

キンセンフエダイ5

本日はサウスウエストピナクルで潜ってきました。
風も止んで、ダイブボートも全く揺れません。
お天気も良く、かなり気持ちのよいトリップでした。

先行してすぐ、巨大なシェベロンバラクーダの壁に遭遇。
パシャパシャ撮ってみるが、バラクーダは難しい・・・。

それに引き換え、根の周りに居ついているキンセンフエダイ
逃げないし、色鮮やかで、被写体には絶好だ。

近くを泳ぐダイバーの動きにあわせて
群れ全体の形が刻一刻と形を変わるので、
近づいてくるダイバーの動きを先読みしておくといい。

ここにジンベエが突っ込んできたらいいのになぁ!

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはこちらをクリック
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/12(金) 22:17:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

シェベロンバラクーダ

快晴!!
海も穏やかになりました☆
外洋も近場も透明度が上がってきているし、海が盛り上がってきました!
少しサーモがかかっていて、水底は白っぽくなっていますが、
上のほうは青くてとてもキレイな色をしています☆
プランクトンも良い感じにいて大物はいつでるか?!とあたりをキョロキョロと見渡しながらついつい潜ってしまいます。

今日のチュンポンピナクルでは、シェベロンバラクーダ群れが捕食中であったのか、いくつかに群れが分かれていて、ピナクルの周りをけっこう速いスピードで泳ぎ回り、小魚を追いかけていました。
足元にいたイトヒキアジの番をゆっくり眺めていても、突然シェベロンバラクーダ群れが押し寄せてきてイトヒキアジを追い払うように群れで迫っていました。

その横では、何事もないような顔をしてタイワンカマス群れでゆったりと潮に当てっていました。同じバラクーダでもこんなにやってることが違うんだなと、面白くなりました。

ユメウメイロジャワラビットフィッシュも中層ですごい量群れていて、ヨコシマサワラが捕食しようとしているところでした。
昨日、タケシの海ろぐでも言っていますが、魚影が本当にすごいです!!
サカナで人がお互いに見えなくなるっていうのが本当に体験できます。

この中にジンベエザメなんか出たら。。。。!!!
そろそろダイブサイトに立ち寄ってくれるかな?

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/11(木) 14:49:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

クロリボンスズメダイ

タオ島の海は魚影が濃い。
魚が多すぎてバディを見失うくらいの密度で群れています。

今日は、チュンポンピナクルに行ってきました。
チュンポンピナクルには、タオ島名物とも言える、
ハナビラクマノミの大群生が見られます。
巨大な隠れ根を覆い尽くすように群生するイソギンチャクに
何千匹(万?)というハナビラクマノミが共生しています。

それをを撮ろうと思っていたのですが、
中層のクロリボンスズメダイが多すぎて、
写真の主役が代わってしまいました・・・。

イソギンチャクの主人であるハナビラクマノミもタジタジ・・・

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはこちらをクリック
写真/クロリボンスズメダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/10(水) 19:12:56|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

DSCF1686_20090610202901.jpg

ダイブサイト全体的に透明度が上がったように思います。
今日はナンユアン島付近で潜ってきました。
砂地、岩場、泳ぎ回りました☆
砂地では、水底に体をつけたら必ずどこかのハゼの穴をふさいでしまうくらいのハゼ密集地帯でレッドマージンシュリンプゴビーギンガハゼメタリックシュリンプゴビーを順番に見て回りました。
ムチヤギがぼうぼうと生えた地帯では、1本のヤギにものすごい量のムチカラマツエビが付いていました。
ざっと数えると、なんと30匹以上も付いていました!!
ちゃんと数えたらもっといるのは確かですが、おまりにもたくさん付きすぎていたので、ざっとで終わりました。。これはムチカラマツエビ群れ!!と言って良いでしょう!

岩場では大きなサカナの影が見えて行ってみると、大きなゴマモンガラが出てきました。
大きなガレを丈夫なあごを使って上手にくわえてはひっくり返し、ガツガツとかじっていました。近づいたら『邪魔をするなーー!!』と、威嚇しそうになったので静かにその場を去りました。。

他には、夜でもないのにアオマダラエイが元気に泳ぎ回っていたり、巨大なネズミフグが大きすぎて入れない。。といった感じで岩の隙間に頑張って頭だけを入れようとしていて可愛い場面を見ることができました。

海は少し穏やかになり、透明度も上がってきました。
明日のダイビングも楽しみですーー☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/メタリックシュンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/10(水) 18:29:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.09

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/5m

タイワン

今日はフルデイトリップへ行ってきました!!
昨日もそうでしたが、午前中は波があり午後になるとおさまってきました。
セイルロックは、下の方にサーモがかかっていましたが、上のほうはサカナ、サカナ、サカナーー!!ですごかったです☆
お馴染みの竪穴、チムニーから潜降しセイルロックを1周しました。
チムニーを抜けたら。。。
前回まではいなかったのに、突然ものすごい量のホソヒラアジ玉が私たちを迎えてくれました。
玉になってじっとしてるかと思えば、突然ものすごいスピードで激流の川のように流れていったり、群れが動き回っていたので見ていてとても面白かったです。
その周りにはオオクチイケカツオヨコシマサワラ群れもいました。
更にコガネアジ群れは、小魚(イエローバンドフュージュラー)を捕食しまくっていて、小魚は逃げ回り、タイワンカマスはみな同じ方向を向いて気持ちよさそうに流れに当たっていたり目の前にいろいろなサカナが群れで通り、ぐっちゃりとした魚影でした。
今日は久しぶりに、ワヌケヤッコ群れも見ました。
群れ。。。といっても6匹がクルクルと何かコンタクトを交わすようにしていました。
ワヌケヤッコがこれだけ集まったら、群れと言って良いのではないでしょうか?

その他には、岩場で大きなヤイトハタ、アカマダラハタ、ゴマフエダイがじっと何かを見つめていたり大物、群れ三昧でした。
このどこかにジンベエザメもいたの。。。かな??
明日の外洋ダイビングに期待したいと思います☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/タイワンカマス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/09(火) 17:39:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ヤイトハタ5

まだ少し風のあるタオ島ですが、それでも余裕で今朝はチュンポンピナクルに行ってきました。

ロープつたいに潜降するといきなりシェベロンバラクーダの登場。

良いタイミングでターンしてくれて、その群れの全容をしっかり見せてくれました。

そこから程よい流れに逆らっていくと相変わらずのイエローバンドフュージュラーユメウメイロ群れ

魚影の濃いタオという特徴を演出してくれています。

そして根から外側へ外側へと頑張って行くと、オニアジ群れが見えてきました。

持っていたトーチでチカチカ照らしてやると、どんどんこちらに向かってきました。

ドルフィンスイムのような特徴のある泳ぎ方で行ったり来たり。

さらに離れ岩の外側までくると1mくらいはありそうな大きなヤイトハタが岩の上でホバリングしています。

何年生きてるのでしょうか、岩の上にデーンとふんぞり返っているかのようで全然動きません。

その周りにはジャワラビットフィッシュマブタシマアジ

最後は根の上をゆっくり流して安全停止。

多少水面は風があるものの海の中は相変わらずでした。
報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/08(月) 14:18:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ゴルゴニアン

午後はのんびりダイビングにホワイトロックマンゴーベイに行ってきました。

まずはホワイトロック

根の集まっているところから砂地へ降りていくとそこはハゼ地帯。

ギンガハゼレッドマージンシュリンプゴビーマスクドシュリンプゴビーなど辺り一面ハゼだらけ。

ヤギの多い場所に来ると今日もいっぱいゴルゴニアンシュリンプ

ここ最近は大量発生なのかあちこちで簡単に見つけられます。

今日は一本のヤギにゴルゴニアンシュリンプイボイソバナガニ、さらにムチカラマツエビまでついていました。

浅瀬に戻ってくると大量のタイワンカマス群れや、サンゴの上ではスズメダイたちが群れています。

2本目のマンゴーベイでは名物ホソヒラアジの群れ

ちょっと砂が舞い上がっているのか濁っているのが残念でしたが、それでも圧倒的な数は相変わらず健在。

ご一緒した皆さんも上から下から横からとあらゆる角度から写真を撮ったり群れに巻かれて見たりと楽しんでおられました。

報告/RYO
写真/ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/07(日) 15:09:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.06

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

IMG_0437 copy

今日は快晴。
外洋の海の透明度が上がってきました。
波はまだありますが、海の中がキレイなので気になりません!!(船酔いする方は酔い止めを・・)
今日はサウスウエストピナクルへ行っていました。
バラクーダ幼魚の数がものすごく増えた気がします。
いたるところで群れています。少し成長しているので、どこからかやってきたのか、時には玉になっている時もあります。
太陽の光がキラキラと反射して、一層キレイです!
その群れを割って入ってくるイトヒキアジの番、ツムブリ群れを動かしてくれてすごい迫力でした。
その側ではお馴染みのキンセンフエダイホソヒラアジ群れがうじゃうしゃといて、もう右も左も群れづくしでした!
大きなヤイトハタは4匹でかたまって、何か話し合いをしているようでした。

近いバラクーダ

そんな中を気持ちよく泳いでいたら、今度はすごい量のシェベロンバラクーダ群れが私たちの前に来ました。すごい大きな壁!
ずっと見ている私たちの周りをグルっと一周回ってくれてて、遠くの方へ消えていきました。

こんな中にジンベエザメでも出たら本当にスゴイ!!!と、思いましたが今日は出ませんでした。
プランクトンも豊富☆
近くにはいるはずです!!
コンディション上がってきてますーー!!
明日も楽しみです☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/上:キンセンフエダイ
     下:シェベロンバラクーダ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/06(土) 14:34:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/8m
透明度下/10m

コガネアジ

今日の午後は波が落ち着きました。。。
が。。!!スコールはありました。
幸い潜っている途中だったので、上がってきたらボートが濡れていました。
近場のサイトの透明度は少し落ち気味ですが、こういう時はサカナにすごく近づくのが簡単です。
だからというわけでなく、他の日もそうなのですが大きなコガネアジの銀色の個体と黄色の個体は、私たちの影に隠れ、コバンザメのように泳ぎ、隙を見つけて小魚に飛び掛って捕食をしていました。

砂地では、フタホシタカノハハゼレッドマージンシュリンプゴビーギンガハゼ等を見に行き、岩場ではアオマダラエイジェンキンススティングレイが狭いところで並んで眠っているの等を見ていました。
今日は目玉焼きくらいの大きさの可愛いアオマダラエイもいました。体はすごく小さいのですが、尻尾は立派に大人なみに長く、アンバランスサがまた可愛かったです。

最後はタイワンカマスと一緒に泳ぎ、まったりとしたダイビングでした。
今日はキレイな夕日が見れるかなぁ?

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/コガネアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/05(金) 14:21:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.04

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

kuroumiuma

今日は近場で砂地散策をして遊びに行ってきました。
が、、、まずは大きなゴマモンガラの襲撃にあってしまいました。
1匹顔なじみの凶暴な個体を見かけたので、今日のゲストの方にスレートで『あそこにいるゴマモンガラは凶暴なので注意!』と結構な距離を保って指を指したら。。目が合いました。
そのまま突進してきました。何度戦っても最後は私が逃げて終わるので、今日はゲストの方といちもくさんに逃げました。
しつこく追ってきたので腹が立って、ダークバスターの強力な光を浴びせるとゴマモンガラはビックリして逃げて行きました。ざまぁ見ろーーー!!!

その後は平和に砂地で遊びました。
フタホシタカノハハゼ地帯では、黄色い個体や白い個体をじっくり見ていました。
今日はタオ島では少し珍しいハチマキダテハゼも砂から顔を出してこちらを見ていました。

小さな子どものメタリックシュリンプゴビーも発見しました。
小さいから臆病だと思い、ゲストの方と遠くからかなり慎重に近づきましたが、最終的には10cmくらいまで寄ってもまだ引っ込みませんでした。
引っ込むどころか外に出て砂を口に入れたりしていました。
小さな頃からこんな調子だったら大きくなったらもっと根性がすわってしまうのでは?!と思う将来有望な個体でした。
ハゼの写真を撮っている間、ふと後ろを振り返ると、人影のような大きな塊が泳いでいるのが見えました。近づくと、特大のオニカマスでした!
きっと大きくなりすぎてお友達がいなくて寂しくなり一緒にハゼを見ていたのでしょう。。
オニカマスってなんでこんなに不気味なのでしょう。。

その他、クロウミウマメイタイシガキフグコンゴウフグなど可愛いものが次から次へと登場し最後まで夢中になって遊びました。
砂地も熱い!!タオ島に潜りに来たときには是非とも砂地散策もしてみてください☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/クロウミマ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/04(木) 14:31:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.03

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

仲良しアカオビ

今日も波があります。
スコールは時々降りますが、それ以外で天気はすごく良いです☆
外洋の魚影もすごいです☆
ピナクルの周りに群れる、クロリボンスズメダイは潮あたりの良い場所に集まっているのでその中に泳いで入っていくと、視界が遮られるほどの量が群れています。
その周りにはジャワラビットフィッシュイエローバンドフュージュラーユメウメイロ群れ、時々ヨコシマサワラコガネアジが捕食にきて追い回していました。
その時のサカナたちが一気に動いて逃げるので、水中でも音がして迫力がありました。
今日はアカオビハナダイを見に行って写真を頑張って撮っていました。
ブレた写真ばかりになってしまいましたが、数を打てば数枚はましなのがあったかな?
ちょうど2匹のオスが『オレ様の方がカッコイイんだ!』と体を見せ合っているところでした。
肉眼で見るよりも、ライトで照らしたり、写真のフラッシュをたいて見た方が色がとてもキレイです。
ものすごく動き回るので、最終的にいつも遊ばれて終わる気分になってしまいます。。
2匹は写ったのですが、オスの睨み合いというよりも仲良く並んで泳いでいます。。というような感じになってますね。。

外洋は、大物、群れがメインですが、マクロもとても面白いです!!
またチャレンジしに行こうと思います。。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/アカオビハナダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/03(水) 21:58:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.6.02

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

ホソヒラ

今日はヒンウォンピナクルマンゴーベイへ行ってきました。
タオ島から見て西側から風が吹き、波だっていますが東側はいたって穏やか。
あと数日間はこの海峡が続くようです。。
1本目はエビ、カニを主に探して遊びました。
一つのヤギにざっと見ても、少なくとも大小合わせて7,8匹はいるムチカラマツエビ住宅や同じくイボイソバナガニ住宅で、何匹いるのか数えている何度数えても数が同じにならなく、一体何匹ついてるのだろうとみんなで感心していました。
他のヤギには、ものすごく大きなゴルゴニアンシュリンプが付いていました。
10cmはありました!
手で測っただいたいですが。。お腹にはたくさんのタマゴも持っていて、もうすぐ産まれそうな雰囲気でした。
いつも挙動不審に見えるヨロイウオ群れもいたるところで見かけました。
遠目で見ているときは体をしっかりこちらに向けて堂々と泳いでいるのに、少し近づこうとしたとたんに体の向きを変え、平べったい体を生かして私たちに見えにくい方向へ向いてしまいます。
写真を撮りたいゲストの方はとても苦労している様子でした。。
2本目はお馴染みの、ホソヒラアジの玉を見に行きました。
遠くから見ると、何か岩の塊のように黒く影に見えるホソヒラアジ
近づくにつれて群れの全貌が見えてきて、最後はその中に突っ込んで行くことができます。
逃げないので、玉の真ん中に突っ込んでは巻かれて見とれてボーッとするというのを何度もゲストの方と一緒にやって遊びました。
ダッシュで突っ込むと、群れが勢い良く割れてホソヒラアジたちが慌てて泳ぎ回ったり、群れの中に入って下からあおると、玉の真ん中に自分の吐くエアーが上りぽっかりとそこだけ穴が開いたようになり、群れがドーナツ型になったりで泳ぎ回ってホソヒラアジと一緒に遊びました。
何回見ても『この群れすんごいなーー!!』と独り言を言っている自分がいます。

数日間、波があっても海の中は穏やかで群れもすごいです!!
早く波が穏やかになりますように!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ホソヒラアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/06/03(水) 00:16:50|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD