Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2009.7.22

ロケーション/タオ島
天候/曇りのち雨
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下 /10m

kinsen 2

風と波のあるタオ島からマサルです。

1本目はがんばって外洋のサウスウェストピナクル
ここ数日の透明度を考えるとどうかなぁと思いながらエントリー。
すると・・・おぉキレイ!水底までスコーンと見えます。
今日のサウスはホソヒラアジがギュっと凝縮していて、これにはゲストも大喜び。
その左にはキンセンフエダイ・右にはタイワンカマスと、どれを指差すか迷うほどでした。

2本目はサイリービーチ。
トウアカクマノミのコロニーを巡ります。

性格がおとなしくて写真のモデルにはもってこいの個体や、ちょっと凶暴ですぐに噛み付きに
やってくる個体。
同じ魚でもここまで性格が違うのかと、ゲストも驚きのご様子。

後半は浅いサンゴ地帯をのんびりと泳いで、スズメダイ観賞。
ヤノリボンスズメダイネッタイスズメダイスズメダイモドキアツクチスズメダイ
あっという間の45分間でした。

明日はチュンポンピナクルへ行ってきます

報告/MASARU
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/22(水) 19:30:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.20

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下 /8m

風が収まりつつあるタオよりマサルです。
今日はフルデイトリップ
2時間かけてセイルロックへ向かいます。
風は少々。波はあり・・。
船は揺れますが、寝ていれば大丈夫ですよ。

セイルロックへエントリーすると、ここ数日の風の影響でしょうか、透明度はあまりよくありません。
しかし!その分、プランクトンが豊富なので魚影は濃いです!
透明度がよくないときは、魚もダイバーが見えないのか、すぐ目の前で見ることができます。(群れの全体像は見えませんが・・・)
それでも、ホソヒラアジの玉をじっくり観賞し、イエローバンドフュージュラー群れに向かって、フィンキックして魚を集めたりと、充実の45分間でした。

3本目はシャークアイランドへ。
こちらの透明度はよく、15Mほど。
砂地でフタホシタカノハハゼを見ているとゲストの足にコバンザメが気持ちよさそうに張り付いていました。
その後は小さいブチウミウシ・大きいヒブサミノウミウシオビイシヨウジをじっくり写真を撮り安全停止。

まだ少し風がありますが、これからコンディションが上がってくる予感のタオ島です

報告/MASARU

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/20(月) 21:03:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.18

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下 /15m

ツバメウオ

ちょっと風がまた強くなってきたタオ島ですが、今日も頑張ってチュンポン行ってきました。

波は高くとも海の中は変わらず絶好調。

程よい流れに逆らい潮の当る方へ向かいました。

そこはイエローバンドフュージュラーの360度、魚、魚の光景です。

そして下から何か黒い影が近づいてきたと思ったら、シェベロンバラクーダ

みるみるうちに目の前に壁ができたみたいです。

その後離れ岩ではジャワラビットフィッシュ群れオオクチイケカツオ等次から次へと登場。

終盤根の上でツバメウオと戯れたり、ハナビラクマノミ畑を楽しんで終了。

相変わらず魚影いっぱいのチュンポンでした。

後はヤツの登場を待つだけですね・・・

報告/RYO
写真/ツバメウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/18(土) 22:56:36|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.17

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下 /15m

シェベロンバラクーダ

ここ数日、風と波があります。
そんななかバンザイ号が向かうのはチュンポンピナクルです。
人も少なく、貸しきり状態の人気ポイントへレッツゴー・ダイビング!

水中は驚くほど穏やか。
程よい潮が当たっているほうへと進んでいくと・・・
中層になにやら黒い固まり。
近づいてみると、シェベロンバラクーダ
かなりの数でグルグル渦巻いている姿をじっくりと観賞。

後半はツバメウオ
クリーニングされている個体は体色を白や黒へと
変化させて、とっても気持ちよさそう。

2本目はジャパニーズガーデンにて沈潜ダイビング!
はしごを登ってみたり、トイレに入ってみたりしてみます。

砂地を進むと、トウアカクマノミオドリカクレエビコロダイ幼魚を観賞
するとコブシメが2匹、腕を絡めているのが見えました。
どうやら交接中の様子。なかなか貴重なシーンに遭遇したゲストも大感動!

海のドラマを感じる1本でした!

報告/MASARU
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/17(金) 17:49:12|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.16

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30℃
風/あり
流れ/無し
透明度上/15m
透明度下 /15m

メタリックシュリンプゴビー7

午後からの癒し系ダイビングです。
向かうポイントはラムティエンベイ
島の裏へ回ると、波もなく穏やかそのもの。

大きな岩をすり抜けながら地形を楽しんでいると、ウミウシ発見。
そり立つ壁にいたのはヒブサミノウミウシ
ミノがとってもきれいです。
そんなヒブサの写真をじっくり撮ったあとは、群れです!

ツキチョウチョウウオが40枚ほど乱舞!
あっという間の45分でした。
ああ、楽しい時間はあっという間ですね。

2本目はジャパニーズガーデンへハゼダイビング!
メタリックシュリンプゴビーの警戒心無しは本当にスゴイです。
ハゼと照らしているボクのライトとの距離は・・・3cm。
これにはカメラ派ダイバーも大満足の様子。

風はあるものの、水中はベスト並のコンディションのタオから
マサルでした!

報告/MASARU
写真/メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/16(木) 22:03:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.14

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30℃
風/あり
流れ/無し
透明度上/25m
透明度下/25m

ヤイトハタ9

強く吹いていた風が弱くなり、久々に外洋に行ってきました。
ダイブサイトはタイの海の東の横綱チュンポンピナクルです。
まずは潜降して深度をとり、フォト派ダイバーのお客様からリクエストの出ていたアカオビハナダイを見にいきます。
その周りにはホソヒラアジクロホシフエダイ群れやメートル級のヤイトハタもいて、マクロもワイドもマイペンライです。
それぞれ好みの魚で遊んでいただきました。
それから深度を上げて岩の上でもマクロにワイド。
岩一面のハナビラクマノミに最近戻ってきたツバメウオ群れ
コガネアジコバンアジ群れ
お客様はもちろんのことガイドの私も久々の外洋を満喫してしまった1本となりました。
このまま風がおさまってくれるといいなー。

報告/YUTA
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/15(水) 07:59:46|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.13

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30℃
風/あり
流れ/無し
透明度上/15m
透明度下/15m

ハープコーラル2

今日の午前はヒンウォンピナクル

流れはほとんど無くスムーズに潜降。まずは根の外側へ。
たくさんのユメウメイロ達が迎えてくれます。

ここはソフトコーラルの群生している場所。
水中ではブルーに見え、ブロッコリーやカリフラワーのような形をしてます。
ウミトサカの仲間で砂地や岩を覆うつくしています。
まさにお花畑。

岩の集まっているところへ帰ってくると、たくさんのハープコーラル
弦楽器のハープに似ているためついたこの名前。
トーチの光を当てると本来の赤色が見えてきます。

岩の上をゆっくり流しているとペアのヨロイウオがヒラヒラと泳いでいます。
特徴である泳ぎ方、逆立ち状態で体がヒラヒラするたびに体がキラキラ光るようです。

ここは魚影はもちろん、水中景色も見所です。
そして去年はジンベエも!
そんな多面性のあるポイントです。

報告/RYO
写真/ハープコーラル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/13(月) 20:21:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.12

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨
水温/29℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

ヨロイウオ

今日は昨日よりも強風で波が高いです。。
でも、ダイビングへは行けます!!
波の来ない場所があるので。。

ヒンウォンピナクルとライトハウスピナクルで潜りました。
アドバンス講習チームと一緒にディープダイビングをしました。
深場の岩肌にはものすごくキレイなブルーコーラルらフサフサに生えています。
若干の流れがあったので、ソフトコーラルのポリープが開いてキレイでした。
このものすごくキレイなブルーは、光を当てるとピンク色になります。。本当の色はピンクなのです。
そのまま見てもキレイだし、ライトを当てたピンクもキレイだし2度楽しめるこの場所が個人的に大好きです。
その周りにはお決まりのヨロイウオたちが群れになってお散歩中でした。
中層にはユメウメイロジャワラビットフィッシュがたくさん群れ、足元にはハープコーラルが並んでいてそこにパステルカラーのブラックコーラルも混ざり、『風の谷のナウシカ』の世界のように私には見えて仕方ありません。
ゲストの方も同感だと言ってくれる方々がいます!

可愛い生き物では、ワヌケヤッコミナミハコフグ幼魚ヒトヅラハリセンボン、イボイソバナガニ等がいました。

この強い風はあと数日続くとのことです。
すぐに止みますように!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ヨロイウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/12(日) 16:01:56|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.11

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

ゴマモンガラ2

今日は西風が強く、波が高かったのでタオ島の東側へ行ってきました。
東側は波も風もまったくなく穏やかでした。

1本目はヒンウォンピナクル
水面から底がキレイに見えました。
今日も私はオープンウォーターの講習生の皆様とのダイブでした。
潜る前からタオ島のゴマモンガラは凶暴だという話で盛り上がり、入ったらすぐに大きなゴマモンガラが縄張りに入ってきたサカナを思いっきり威嚇したり追いかけたりしていたので、みんな笑うことも忘れボー然と見ていました。
あのタオ島の攻撃的なゴマモンガラを見れば誰でもびっくりするでしょう。。。近づかなければ害はありません。遠くから見つからないようにみんなで見ていました。
少しスリルを感じます。

キレイなハープコーラルが生えるところでは、見えないように隠れているヨロイウオ探しをして遊びました。
平べったいので目を離すと見失ってしまうのでずっとみんなでガン見していました。
岩場にくっついたサンゴには色とりどりでキレイなクリスマスツリーワームが生え、手を近づけたりすると中に引っ込むのが面白く、見つけては全部引っ込めさせても遊びました。

私は講習チームだったので穏やかなところにいましたが、
ファンダイバーチームはチュンポンピナクルへ行っていました。
波はあっても水中はかなり穏やか&まったりです。

明日も天気は同じとのこと。。
早く回復しますように!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ゴマモンガラ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/11(土) 14:54:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/12m

IMG_1198.jpg

今日も快晴。
しかし風が吹いていたので、少し波がありました。
私は今日、オープンウォーターの講習の皆様と一緒にジャパニーズガーデンへ行っていました。
ここはいつ来てもべたなぎ。今日も穏やかで、海の色もキレイでした。

始めは足がつく場所でスキルの練習をし、
その後は沖のほうへ遊びに行きました。

浅場で、スキルをやっている私たちのまわりに集まってくるオヤビッチャ群れを見た生徒さんたちが『可愛いサカナたちがこんなにいっぱい!!!』と、
目をまん丸にして感激している様子が、私も初心に戻り見慣れた風景をまた違う目で見ることができました。
大きなハマサンゴやたくさんのヒラリュウキュウキッカサンゴ(キャベッジコーラル)、ハナガササンゴの群生など今まで水中で息をしたこともない、こんな景色も見たことがなかった皆様はビックリしてばかりいました。
その周りに大量に群れる、シルバーダムゼルヤノリボンスズメダイモンツキスズメダイなどが太陽に照らされてより不思議な世界をかもしだしていました。

同じ目線で泳いでいたら、最近見ていなかったり気にしなかったものを思い出したような気がしました。
ガイドをしてるときももちろんこんなことはありますが、
講習では、なんでも初めて体験する方々なので、毎回何かダイビングの楽しみ方の新しい発見がある気がします。

明日も引き続きオープンウォーターの講習です。
明日はどんなものに出会えるか楽しみです。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/クロテナマコ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/10(金) 22:44:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.09

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

今日の朝1本目はチュンポンピナクルでした。
場所によってはサーモがかかっていましたが、今日もキレイでした!
オニアジ群れが底の方を川の流れのように群れになり、一体どこまで続いているのかと思うくらい大きな群れに会いました。
その隣にはシェベロンバラクーダ群れが同じく底の方を泳いでいました。
底のほうだったので、これは上から見下ろすだけになり、少し残念でした。
もっと上がってこーーーい!と念力で伝えましたが。。当然無理でした。
ヨコシマサワラオオクチイケカツオなど、美味しそう(?)に見えるサカナたちは気持ちよさそうにユメウメイロを追いかけて捕食したり、ホンソメワケベラに掃除されたりしていました。
コンディションが良いと、サカナたちもウキウキしているように見えるのは私だけかな??
サカナは透明度が悪くて見えにくいほうが好きだったりするかもしれないのに勝手に考えている私です。。
その後、久々にサイリーへ行ってきました。
ここも、透明度が良くきれいでした。
久々に会うトウアカクマノミたち。
日が開いたので、コロニーによってはいるメンバーが変わっていました。
凶暴さが増していたコロニーもありました。
かと思えば気性が穏やかになっている個体もいました。
グルっとトウアカクマノミのいくつかのコロニーを周った中で1箇所だけタマゴを育てているところもありました。
タマゴラッシュの時もあれば、あまり産んでいない時もあります。
もう少ししたらタマゴラッシュになる予感?!
いろいろなトウアカクマノミに会いながら泳いでいたら、今日は手の爪ほどの大きさのタツノオトシゴがいました。
地面に張り付いてゴミにしか見えない感じで。。でも良く見ると目や口が見え、タツノオトシゴの形をしていたので気づきました。
まだ幼魚。
これからどんどん大きくなっていくところを見たいです。
ずっといてね☆

天気は良いし、べたなぎだし、海の色もすごくキレイだし、これこそダイビング日和です!!
明日も潜りまくってきますーー☆

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/09(木) 18:38:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

barrakuda1 copy

今日は七夕祭りですね!
タオ島は毎日快晴!!べたなぎの海!!
今日のチュンポンピナクルはものすんごくキレイでした!!
サーモはほとんどかかっておらず、底までキレイに見えました。

潜ってすぐに、底の方から何かの群れがこちらに向かってくるのが見えました。
ずっと待っていたら、ツバメウオ群れでした。
この前までは5,6匹しかいなかった群れ
今日はそれがいきなり増え、20匹くらいの群れになっていました。
忙しそうに泳いでいたため、一度私たちの目の前を横切ったきりどこかへ行ってしまいました。
岩の周りには、シェベロンバラクーダ群れや、オニアジ群れがグルグルと周っていたので何度も近くをすれ違いました。
中層ではジャワラビットフィッシュの群れとユメウメイウロの群れが重なるようにダイブサイト全体に群れ、キレイな海の色のまわりに色々な色のサカナの群れが広がっていました。

本当に海のコンディションが良いのです!!
潜るなら絶対に今ですーーーー!!!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/シェベロンバラクーダの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/07(火) 18:15:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.06

ロケーション/タオ島
天候/晴れ時々曇り
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

gyoei.jpg

今日はフルデイトリップへ行ってきました。
セイルロックのコンディションがぐーーーんと、上がっていました!
透明度は、言うことなし。魚影もすんごい!!

竪穴のチムニーを抜けて遊んだ後は、サカナの群れをめがけて潮あたりの良い場所へ泳いでいきました。
海の色がとてもキレイなブルーで、その中にものすごく大きなギンガメアジの玉が浮かんでいました。
その群れは大きな球の形になったり、突然忙しそうに右へ左へ泳ぎだしたり目の前を通り過ぎていったりで、じっと浮かんでみているだけで大迫力な上すごく面白かったです。

そのまわりにはキンセンフエダイがキレイに集まって群れ、更にそのまわりはイエローバンドフュージラーユメウメイロクロリボンスズメダイがすごい量群れたりですさまじい魚影でした。
群れを見ていたら足元には特大のヤイトハタがいましたが、初めは岩だと思っていたのであまり気にしていませんでした。
ゲストの方がレギュレーター越しに『ウォーーー!』と叫んで指を指されていたのでふと下を見るとすぐ足元に大きなヤイトハタがいてびっくりました。
少し移動するとこんどはシェベロンバラクーダの壁のような群れとホソヒラアジ玉に会いました。
その群れのそばにはキレイなパステルカラーのブラックコーラルが色とりどりに生え、青い海に黄色や銀色の群れ、やさしい色が集まってワイドで大迫力だけど癒される景色が広がっていました。

何度も言っていますが、今日も本当に思いました。
『セイルロック、ほんますごいなぁ~!』。。水中で独り言がもれました。

コンデョションが上がり、もうほぼ本気のセイルロックです!!
次回のフルデイトリップも楽しみです!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/クロリボンスズメダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/06(月) 00:56:36|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

シェベロンバラクーダ

久しぶりにタオへ戻っているマサルです。
昨日の余韻に浸りながら向かうはチュンポンピナクル
さて、昨日に引き続きジンベエは出るのか!?

潜降してするとユメウメイロがカーテンのように中層に群れています。
朝の外洋は透明度もよく
空を飛んでいるような気持ちになります。

サーモクラインの中から現われたのはシェベロンバラクーダ群れ
これが目の前を行ったりきたりするので、ゲストも大喜び!

さらにヨコシマサワラコバンアジツバメウオ
ハナビラクマノミのマロ・・・ かなり満足度の高い内容でした! 

報告/MASARU
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/05(日) 19:53:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.04

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

ジンベエ5

前回の海ログでは、そろそろヤツが帰ってくるかもと願望を書きましたが、本日現実となりました。
チュンポンピナクルにてジンベエ出現です。

午前中にチュンポンでジンベエが出ているとの情報が入りました。
しかし午前中の我らがビッグブルーボートはサウスウエストへ・・・

続報ではお昼になってもまだいるらしいとのこと、それならばと午後の予定を急遽チュンポンへ変更。
このフレキシブルさはビッグブルーならでは。

到着して器材装着しているところへ水面近くにジンベエが泳いでいました。
こうなると1本目テンション上げまくりで潜降しましたが、頭上を通り過ぎるジンベエをチラリと見ただけでエキジット・・・

水面休息中不安がよぎりました。

そして緊張しながら2本目エントリーすると今度はブイラインのすぐ下を泳ぐジンベエ
今度はバッチリ、いつものようにしばらくジンベエダイブを楽しめました。

4mくらいの小ぶりでしたが傷のない綺麗な個体。
後で聞くと一本目でに近くで見たチームの話では2本目は違う個体の可能性もありとのこと。
もしかすると2匹いたのかもしれませんね。

日本人チームはもとより欧米人チームもみんな見れて帰りのボート上は大盛り上がりでした。

報告/RYO
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/04(土) 23:37:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.02

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/8m

buchi_20090702235227.jpg

私は、昨日のフルデイトリップに続いて今日もサウスウエストピナクルへ行ってきました。
今、群れで遊ぶサイトとしてはここが一番旬のポイントだと思います!!
今日もキンセンフエダイのすごい群れホソヒラアジの玉が一つのかたまりになっていたり、タイワンカマスの幼魚がトルネードになって群れていたりすごかったです!!
群れの中から大きなヤイトハタも現れたりして、もうずっとこの場所にいても1本すごく楽しめる!!と思ってしまいます。
群れを作っている場所も、ピンクや薄緑、真っ白、色々なパシテルカラーで並んでいるブラックコーラル地帯だったので、私も今カメラを持っていたらーーー!!という気持ちで心のシャッターをきっていました。
2本目、流れはまったくなくサーモラインもほぼかからずキレイでした。
カラフルなウミトサカ地帯に遊びに行きました。
黄色やピンク、オレンジなど色とりどりなお花畑の上ウを泳いでいる気分でした。
ただ流れがなかったのでポリープが閉じ、しぼんでいるように見えました。。もう少し流れがほしかった!
元気よく生える大きなマバラシライトイソギンチャクにはこれまた元気いっぱいのトウアカクマノミもいました。
何人もいるゲストの皆様に向かって威嚇をしまくり、かなり怒っていました。。
カメラのほうを向いてくれるので良いですが。。

他にはフタホシタカノハハゼゴルゴニアンシュリンプ夫婦などにも会いました。
浅場ではツキチョウチョウウオが今日もかなりの量が群れていました。
黄色がヒラヒラとたくさん動く景色は本当にキレイです。
その足元には大きなブチウミウシ。。(産卵中。)と小さな子分のようなブチウミウシが2匹いました。特に大きな個体はどう見ても豆大福にしか見えないのは私だけではないのでは?!

今日もワイドからマクロまで堪能できた一日でした。

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/ブチウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/02(木) 21:50:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.7.01

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

kinsen 2

今日から7月になりました!!
早速フルデイトリップへ行ってきました。
セイルロックのコンディションは前回よりも上がっていました。
充分面白かったですが、透明度はまだあともう少し!という感じでした。

ギンガメアジの玉が以前は底の方にいましたが今日は浅い場所まで上がってきていて、すごかったです!遠くからみると黒い影に見え、近づけば近づくほど何やら動くかたまりが見え、更に近づくともう底は360度ギンガメアジでした!!
群れを動かして遊んでみたら、大きな塊が右へ左へ渦巻きーーっ!!という感じで私たちの目の前でいろいろな動きを見せてくれました。

シェベロンバラクーダ群れキンセンフエダイ群れホソヒラアジ群れ等もうどこを見ても群れ!!何度も見ていますが今日も『なんだここはーーー!!!』とビックリしました。。

セイルロック名物のチムニー潜降をし、下からチムニーをみんなで見上げたりしてキレイだなぁ。。とそれぞれで思いふけっていました。

その頃ASUKAチームはものすごいツバメウオ群れを見て遊んでいたそうです。。

その後はサウスウエストピナクルでものすごい量のキンセンフエダイの群れとホソヒラアジの群れ、バラクーダに巻かれて遊びました。
海はベタナギ!!
晴天!!
ダイビング日和な今日この頃でした!!

報告/MAYUKO (MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2009/07/01(水) 22:23:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD