Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2010.04.30

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

今日も暑いです!
朝はチュンポンピナクルへ行ってきました。
海の色は良い感じ!
ピナクルの沖合いではたくさんのオニアジの群れが川のように右へ左へと移動しまくっていました。
オニアジを見ていたら、今度は大きなヤイトハタがやってきました。
始めは遠くの方から見ていましたが、近づいても逃げないことに気づきそろそろと近づいていって至近距離から見ることができました。
ヤイトハタはキンセンフエダイの群れの中に入って行ったり、ブラックコーラルの隣へ行ったり、写真を撮ってほしいのかポーズをとっているように見えました。
他にはタイワンカマスの群れやたくさんのハナビラクマノミ城の上を優雅に泳いで景色を眺めていました。

キレイな海、プランクトンはたっくさん!!
ここにあの大物が出たらものすごいのになぁ。。
ジンベエザメ様、タオ島に遊びに来てくれますように!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/30(金) 15:37:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

chumpon

カオラックからタオ島へ引っ越ししてきました。
カオラックでお世話になった皆様、ありがとうございました。
これから半年、タオ島で潜り倒します!
どうぞよろしく!!

さて、早速行ってきました、タオ島名物ポイント、チュンポンピナクル。
半年ぶりにご挨拶をかねて、ポイントを一周して来た。

久しぶりにエントリーしての感想は・・・水が濃い!
どういう風に濃いかというと、粘度があるというか、
プランクトン多すぎで、海水がさらさらしていない。
これは、ジンベエザメも好きそうな海水だ。
とにかく、魚影が濃さは半端じゃない。
根の潮の当たる方は、視界に魚が入りすぎて邪魔なくらいだ。(笑)

相変わらずの風景、根を覆い尽くす数千匹のハナビラクマノミ大群生。
中層を埋め尽くすグルクンの仲間たち。
チュンポンピナクルの主!?、巨大やヤイトハタも、
眉毛のハナビラクマノミのマロちゃんも健在だった。
今シーズンも宜しく!

今年、特に目立つのは、オニアジの増加かな。
もともといっぱいいたが、今回潜って、さらに数が増えた気がする。

oni

他とは異なる生態系を持つと言われるタオ島だが、
珍しいとされるオニアジがこんな数で群れるのもタオ島らしい。

報告/TAKESHI
写真/ハナビラクマノミ、オニアジの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/29(木) 22:55:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

私も3日前からタオ島で潜っています!!
スタッフMAYUKOです!
いよいよゴールデンウィークが始まります!

今日は午後のダイビングで、マンゴーベイとホワイトロックへ行ってきました。
ベタナギ!快晴!
陸にいるとすごく暑いので海にずっと入っていたい!!と思ってしまう今日この頃です。
海の水温も高く、水中もまるでプールのようです。

今日はホソヒラアジ玉とカタクチイワシの群れで遊びました。
久しぶりに潜るマンゴーベイのホソヒラアジはやっぱりスゴイ!!

大きな玉が色々な形に変わりながらうごめいていました。
群れの真ん中に突っ込んだりしましたが相変わらず全く逃げません。
ドーナツのような形になる群れの真ん中に入ったりしました。
もう、1本ずっとホソヒラアジで遊んでいたい気分になりながらも他の見どころ、ギンガハゼの子どもなどマクロも見たりもしました。

濃い魚影、タオ島のおサカナたちにまた再会できて嬉しいです!
明日はフルデイトリップへいっています!
海ログをお楽しみに!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/28(水) 22:18:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m

ここのところちょっと透明度が落ちてきたかなあ。。
と思っていたところでしたが、今日はきれいでした!!

久々チュンポンピナクル底まできれいに見えます。
オニアジが相変わらずすごい群れ。
ヤイトハタも岩の上で居座っています。

下の方にキンセンフエダイの群れ。

北の斜面にはホソヒラアジの子供たち。

中層にはものすごい数のイエローバンドフュージラーです。
今までただの雑魚だと思っていたのですが、最近結構好きです。

今年はメインピナクルの上にツバメウオの群れがいないのがちょっとさびしいですね。

2本目のグリーンロックもきれいでした!
底まで見える!

イボイソバナガニ、ヒブサミノウミウシを見た後、キヘリモンガラ地帯へ。
今日はきれいなのでキヘリもたくさん見えました。。

あんまり見えるとちょっと怖い。。あっちにも、こっちにもというかんじです。。

キヘリモンガラの隣にいるトウアカクマノミに挨拶し、ミナミハコフグの幼魚にも挨拶をして、さあ帰ろうと思ったとき、タイマイにまで出会えてしまいました。

なかなかよい朝でした。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/27(火) 13:41:13|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.26

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/10m

bara.jpg

ゴールデンウィーク前半組が続々到着のタオ島です。

今日は風があり波立っていたものの、
誰も船酔いすることなくセイルロックへ。

今日の魚影たちはなんだか落ち着き無く、
右へ左へ、上へ下へと、活発に行き交っていました。

暫らくばらけていたギンガメアジも、
今日は濃い~!!
前日のASUKAのログで叫び声をあげていたゲストは、
ここでも大声で叫んでいました(笑)

何百本というベテランダイバーも思わず声をあげてしまう、
それがタオの魚影なのです。

ツバメウオやバラクーダももちろんガッツリ!

そして今日は3本目のシャークアイランドが◎でした。

流れが無かったのでソフトコーラルは元気が無かったものの、
シェベロンバラクーダが千匹単位で群れたり、
ジャワラビットフィッシュが壁になっていたり。

ゲストと一緒になって10分くらい群れに巻かれて遊びました。

ブチウミウシ(可愛いサイズ)や、
チョウチョウコショウダイの幼魚も健在!

この先の天気予報もバッチリ!
明日は何に出会えるかな?

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/27(火) 00:10:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

午後からのんびりツインズとホワイトロックに行ってきました。
フルデイトリップチームが朝からいないので、ゲストは今朝ご到着のお一人だけでした。

ツインズ。
ちょっと透明度は落ちましたが、まあありでしょう。
タオの海、透明度は期待してはいけません。

降りてすぐ、ギンガハゼの黄色と黒ペア。
久々カメラダイバーだったので、じっくりダイビングです。

よく見ると黄色と黒はけっこうたくさんいました。
でも、大抵どちらか一匹が寄らせてもらえず引っ込んでしまって。。

「ああ!」
っていうゲストの声が聞こえてきます。
一匹引っ込んだらただの黒かただの黄色ですもんね。。

ホワイトロックは岩の下に巨大なジェンキンスレイを発見。

ワヌケヤッコ、ツキチョウチョウウオ、ナンヨウツバメウオ、タイワンカマスなどもゆっくり見られました。

そろそろジンベエ出ないかなあ。。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/25(日) 17:18:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.23

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/5m

ガビーン。。。
天気最高!波も穏やか!!

なのに、透明度が落ちました。。。
サーモクラインが、ガッツシ。

浅場のダイブサイトでは日によって水温33℃を記録してるので、
その関係だと思いますが。。。

でも、魚影は相変わらず!というか、益々パワーアップ中!!

透明度が落ちた分、ピックハンドルバラクーダは岩傍で群れるし、
オニアジのシャワーを浴びながらシェベロンバラクーダの群れは
日を追う毎に巨大化してます。

重鎮ヤイトハタももちろん健在です。

そして周りはひっきりなしに、イエローバンドフュージュラー。
相変わらずのグチャグチャ感!今日も魚まみれ!!

2本目のグリーンロックも透明度は落ちていたものの、
丸々と太ったイソギンチャクエビやトウアカクマノミ、
これまでとは別個体のミナミハコフグ幼魚などなど。

この先も天気は良好との予報だし、
透明度の早期回復に期待したいところです!!

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/23(金) 14:30:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/18m

カオラックに引き続きヒロアキがタオ島より海ログをお届けします。

最近移動続きですがやっと目的地タオ島に辿り着きました。
午前便で到着して午後早速海へ…

一本目は、ホワイトロック!!!
水面から見てみると地形やら小さな魚やら全てが丸見えといった感じです。
海の中に入った瞬間、ものすごい量のタイワンカマスが私たちを迎えてくれました。
深場の砂地に行って、岩場を覗きこむと…。
数えれる限りクリーナーパイプフィッシュが21匹もいました!

2本目はタオ近場の本命、ツインズ!
ギンガハゼ黄色と黒のペアやレッドマージンシュリンプゴビーなどをじっくり観察。
目の前に大きなキツネフエフキのペアが目の前を泳ぎ去って行きました。
ヤノリボンスズメダイ、ユメウメイロの数も半端なくたくさんの魚に囲まれながらのダイビングになりました。

久しぶりのタオの海でしたが、相変わらず面白い海です!
コンディションのいいタオ島でお待ちしてまぁーす。

報告/HIROAKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/21(水) 20:19:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

今日もチュンポンピナクルは絶好調!!

サーモの「サ」の字も見当たらず、
30m以深の水底まで丸見え!

調子に乗ってピナクルを思いっきり外して潜っても、
水底の傾斜もはっきり見えるので安心です。

そんな行け行けゴーゴーチームを出迎えてくれたのは、
ピックハンドルバラクーダの大群。しかも大きめ個体。
彼らも油断していたのか、正面衝突寸前でした。
いつも出会う群れの数倍の数で真正面から迫られると、
正直怖いです。

そのまま突き刺さってきませんように。。。
と祈ってしまいました。。。(笑)

深場の岩傍では、
通常ガッツリ密になって群れるキンセンとホソヒラですが、
今日はなんだかバラバラと締まりのないキンセン、
ホソヒラは若魚がパチンコ玉のように弾け回り、
その上をオニアジが奇麗なラインを描いていて駆けていき、
そんなこんなで巨大な3層構造の魚群になっていました。

上から銀色(オニアジ)、薄い黄色(ホソヒラ)、
濃い黄色(キンセン)のグラデーション。お見事。

2本目のグリーンロックも奇麗で良いのですが、、、
最近はモンガラーズ(ゴマ&キヘリモンガラ)が、
かなり太々しくなってきていて気が抜けません。。

襲われても撃退すれば、
ちょっとしたヒーロー気分に浸れて悪くないのですが。

これからお越しの皆様は、
くれぐれもタオのモンガラーズを甘く見ませんように。

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/19(月) 17:38:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

フルデイのセイルロックも上々だったようですが、午前のチュンポンピナクルも上々でした!
今日はオープンウォーターコースの最終日。

昨日はジャパニーズガーデンでマダラトビエイ2匹に遭遇!
ここのところ、住み着いているようなのです。
キャベッジコーラルの上を悠々と泳ぐマダラトビエイに並行してトビエイごっこで遊びました!
いえ、中世浮力で泳ぐ練習をしました!

まさに、「気持ちはエイ☆(CHABA語録より)」
エイnaomi小

今日のチュンポンはイエローバンドフュージラーだらけ。
いつもなんですが。
流れもなく、海の中本当に気持ちがいいです。

というわけで昨日に引き続き、トビエイで泳ぎました!!
今日の生徒さん、本当に水中を泳ぐのが上手なんです!
トビエイ効果でしょうか?

2本目のホワイトロックも水がきれい。
タイワンカマスが満載です。
スキルも無事(!?)全て終了し、見事にOWダイバーが誕生しました!

OWnaomi小

おめでとうございます!!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/18(日) 19:28:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/10m

セイルロックに行って来ました。
なかなか透明度がいい日に当たらなかったですが、
今回のフルデイトリップは大当たりでした。

サーモクラインがかかっておらず、エントリーして顔をつけてみると水底の地形がわかるくらいキレイでした。

すぐに迎えてくれたのはピックハンドルバラクーダ、シェベロンバラクーダがすごい近くまで寄ってきてくれました。
最近なかなか見ていなかったツバメウオの大群!!
数は100以上いたと思います。
みんなでいれば怖くないと思っているのか、今日は近づいていっても逃げませんでした。
少し離れたところではキンセンフエダイが群れいて、海の色にとてもよく似合います。
セイルロックの一番の見どころは・・・・・
『ギンガメアジの玉』
数千匹くらいの数が集まっていて、
うろうろしていました。

ワヌケヤッコの輪が抜けているところがハート型の固体もいました。
少しですが幸せな気分になれました。

明日は何がみられるかな。


報告/YUTAKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/18(日) 09:00:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

リチェリュー

今日は、今シーズン最後となる、カオラック発のデイトリップでした。
予定通り、本日をもって、デイトリップを終了しました。
今シーズンを振り返って、天気も荒れること無く、波風も無く、
透明度も概ね良くて、本当に恵まれた良いシーズンでした。

強いて挙げれば、ジンベエザメが不毛なシーズンでしたが、
ジンベエ以外の大物はバッチリでした。

今日も快晴ベタ凪で、リチェリューロックまで1時間ジャストで到着。
シーズンも終盤に近づき、例のバンコクのデモの影響もあり、
ポイントは他のダイバーも少なくて、ゆっくり気持ちよく潜って来ました。

タイガーテールシーホース、トマトクマノミ、ニシキフウライウオ、
フリソデエビなどの人気マクロにも、お別れを言う如く見て回りました。

太陽光も入り、流れも程よくてソフトコーラルのポリプも全開だったので
僕はワイドレンズを付けたカメラを持って潜ってきました。
ソフトコーラルに絡むキンセンフエダイの群れが綺麗でした。

キンセン&コーラル

こんなにコンディションが良いのに、何でこんなに早く閉めるのか!?
毎年聞かれる質問ですが、それは、タオ島のベストシーズンが控えているからです。

タオ島のゴールデンウィクは、毎年ジンベエザメが出没し、
ジンベエだけのフォトコンテストが開けるほどじっくり観察&撮影させてくれます。
去年のフォトコンの様子はコチラ

という訳で、潔く、カオラックのシーズンは〆て、
スタッフ一同、ゴールデンウィークはタオ島で頑張らせてもらいます。

皆様のおかげで、本当に良いシーズンを過ごせることができました。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。
これからシーズンインのタオ島、もしくは来シーズンのカオラックで
お会いできることを楽しみにしております!

報告/TAKESHI
写真/ユカタハタ、キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/17(土) 23:37:10|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.04.13~17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々雨
水温/29℃
風/少し
流れ/所によりあり
透明度上/30m
透明度下/10m 

syyugoo.jpg

1日目
①イーストオブエデン
②ウェストオブエデン
③エレファントヘッドロック
④ビーコンリーフ

yamabuki.jpg

ついに今シーズン最後のトリップになりました!(ヨーロピアンチームは今月末までやっています。)
ゲストの方は今シーズンだけでPAWARA号に3度目の乗船、T・Oさんとのバディーダイブでした。
いつもキレイな巨大ウミウチワやエダサンゴ地帯をゆっくりと泳いで遊びました。その中にタイマイが現れたり、カスミアジの群れが通り過ぎて行ったり、次から次へといろいろな生物にも会いました。
マクロ物では、アケボノハゼ、ハナヒゲウツボ、マッコスカーズフラッシャーラス、アンダマントリプルフィン等を激写して遊びました。
この日、熱かったのはナイトダイビング!
まずはお馴染みの黒いクマドリカエルアンコウを見に行きました。
前よりも少し大きくなった気がします。
1度、捕食シーンを見ることができました。ずっと写真を撮っていたら、何やらクマドリちゃんの頭の上に動くものが見えました。よく見ると、極小のアデヤカミノウミウシがくっ付いていました。こんなコラボすごい!と、更に興奮したTさん、私は写真を撮りまくっていました。
次は甲殻類探しでサンゴの隙間を覗いていたら、たくさんのタマゴを抱えたサンゴガニの仲間がいました。見ていると、なんとハッチアウトが始まりました!抱えたタマゴをバフバフと揺らして新鮮な海水を送り込むとタマゴたちがプルプルと震えて中からカニの赤ちゃんたちが飛び出し始めました。「スゴーーーーイ!!」と水中でTさんと喋りながら見ていました。良いものが見れました☆

2日目
①クリスマスポイント
②ブレックファーストベンド
③コボンリッジ
④コタチャイピナクル

pink anemone

今日はプランクトンが多いせいか海の色が白っぽくなっていました。
まずは沖合いに大物を探しに行きました。
ホワイトチップシャークがまず現れ、その次には水底にゴロンと寝そべるレオパードシャークに会いました。
その後、砂地散策をし、オーロラパートナーゴビーやモンハナシャコを見て、アンダマンジョーフィッシュは縄張り争いで喧嘩をしているところ等を見ました。
コボンでは、残念ながらマンタは現れずでした。海の色はキレイで、スカシテンジクダイや
カスミアジの群れ、キンセンフエダイの群れがキレイでした。
ここにマンタが出たら完璧なのですが!!!
ナイトダイビングではあまり行かないコタチャイピナクルで潜りました。
岩肌には無数のジャワラビットフィッシュが眠っていました。
中層にはものすごい数のクマザサハナムロ、イエローバックフュージラーがいました。
昼間よりも更にサカナの密度が高く、面白かったです。流れがあまりない時はこれからもやってみたいと思いました☆


3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック

nishiki_20100424230046.jpg

昨晩は、少し波が出ていましたが朝はベタナギ!
透明度も良く、エントリーする前に水面からツバメウオが群れているところが見えたりしていました。
レオパードシャーク探しをしました。しばらく泳いでいると、水底で眠っている個体を見つけました。その後はジリジリと寄って写真をたくさん撮りました。しばらくすると私たちが近寄っていることに気づいたのか、寝床を移動させるため泳ぎだしました。
泳いでいる姿も写真を撮っていたら、他の方向からも違う個体が泳いでやってきました。
他にはナポレオンやロウニンアジ等にも遭遇しました。
リチェリューロックへ行ってもベタナギでした。
始めのダイブは穏やかでしたが、繰り返し潜った時は流れが出てきました。
今日は岩の周りに一段とたくさんのジャイアントフュージラーが群れていました。ものすごい群れで、時々一緒に潜っているバディが見えなくなるほどでした。その群れと一緒にキンセンフエダイも群れ、その中にロウニンアジの若魚の群れもやってきたりして、中層はグッチャリ状態でした。
もちろん、お馴染みのアイドルにも会ってきました。
タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ等、今シーズン終わるまでに会っておきたい生物に一通り会うことができました。
サンセットダイブでは、たくさんのイエローバンドフュージラーの壁、それに突っ込むヨコシマサワラ、グルクマのすごい群れ、カスミアジ、ロウニンアジの捕食アタック等、大迫力シーンをたくさん見ました。

4日目
①コボンリッジ
②ボンスーンレック

hiraryukyu.jpg

昨晩、スコールが降りましたが朝には天気も回復し、穏やかな海況になりました。
1本目はコボンピナクル組とリッジ組に分かれてのダイブ。
私たちはコボンリッジへ行きました。。。ところが、
コボンピナクルでマンタが出ました!!
私たちは水中でマンタサインをしている人はみたのですが見れず。。。
残念。。
潮あたりの良い場所は、サーモクラインが行きかいいかにも何か大物がいそうな雰囲気でした。
サーモから逃げるイエローバックフュージラーの群れ、サバヒーの群れ、ナンヨウツバメウオの群れなど次から次にいろいろな群れが通り過ぎて行きました。オニカマスやナポレオン、オオテンジクザメ等にも遭遇しました。
大物、群れに満喫して上がったらマンタを見ているチームもいて私たちは羨ましがっていました。。
2本目、これで私も今シーズンのクルーズラストダイブになりました。
バラクーダの若魚の群れ、ヨスジフエダイ、キンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ等、群れ群れでした。
ネズミフグも集会のようなことをやっていて、中層で何匹も集まって追いかけっこのような行動をとっていました。
沈船の壁をウミウシ散策もしました。キイロウミウシ、クロモドーリスアンヌラータ、フジナミウミウシ、ヒブサミノウミウシ等、次から次へとキレイなウミウシが見つかりました。

これで、今シーズンのクルーズが無事に終了しました。
大物祭りであったトリップ、小物祭りであったトリップ、いろいろありましたがとても楽しいクルースばかりでした。
来シーズンもまた楽しみです!!

今シーズン、カオラックに遊びにいらっしゃったゲストの皆様、本当にありがとうございました!またお待ちしていますので、是非とも遊びに来てください!

報告/ MAYUKO
MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/17(土) 15:59:16|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.4.16

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m 

昨日に引き続きヒロアキが、カオラックよりお届けします。

今日のデイトリップは、コタチャイ、コボン!

20100416leopard.jpg


一本目のコタチャイでは、レオパード祭り!!!!!
先行して深場へ行くと、水底にドッシと構えたレオパードを発見。
横にあった、岩裏をのぞいて見ると。。。
なんと寄り添うように2匹のレオパードがいました。

水面休息中には、ボート近くに数頭のイルカがいたので。。。
何の迷いも無く、シュノーケルでイルカの元へ行けたのですが、
すぐに深場へ潜って行ってしまいました。。。

二本目は、コボン。
ボート上で『シーズン最後にマンタみたいよねー』何て言ってたら。。。
幸運にも先行早々大きなマンタに出会えました☆

今シーズン最後のコタチャイ、コボンでレオパード、イルカそしてマンタと大物目白押しのトリップで、
お客さんも大満足な一日でした。

HIROAKI
  1. 2010/04/17(土) 00:14:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.4.15

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m 

カオラックよりヒロアキが海ログをお届けします。

今朝カオラックについてそのままダイビングへ。
目指す先は、リチュリューロック!!!!!

スピードボートであっという間に到着!
海は、リチュリューブルーとでもいいましょうか!
コンディションが良く泳いでるだけでも幸せなリチュリュー。

マクロも健在!!!
フリソデエビ、ニシキフウライウオ、タイガーテールシーホース、トマトアネモネフィッシュなど書ききれにぐらい充実しています。

こんなにもコンディションがいいのにシーズンが終わってしまうのがもったいない。
残り少ない、カオラックを潜り倒します。

明日は、何に出会えるか楽しみ。


報告/ HIROAKI


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/16(金) 23:36:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/10m

今日も暑いねぇ!去年はこんなに暑かったっけ?
という会話が最近の恒例の挨拶です。。。タオ島です。

夏い!(←死語)タオ島から海ログです。

今朝はチュンポンで遊んできました。
ブリーフィングでも、「本当に!魚まみれになりますよ!!」
と、自信を持って言えるくらいに、魚影が凄いんです。

久々にカウントしてみたところ、
オニアジ3,000匹、ホソヒラアジ4,000匹、
キンセンフエダイ5,000匹、タカサゴ系20,000匹。。。
まるで「餃子の◯将」のCMのような状態。(関西ローカル?)

その他にも、
バラクーダ1,000匹、ヤイトハタ100キロ、(キロ?)
ギンガメアジ300匹(増殖中)、クロリボンスズメダイ50,000匹、
ハナビラクマノミ3,000匹その他諸々。。。

このダイブサイト、ひょっとしてガイドは安全管理さえしてりゃ、
大満足のダイビングが成立しちゃうんじゃないの?ってくらい。。

いえいえ、そんなことはありません。
それぞれの魚達には特徴があり、見方、撮り方、近づき方と、
いろいろ事情があるのです。

最高のコンディションの海を最大限いい状態でお見せしたいと、
日々試行錯誤を繰り返しゲストとご一緒しているのですが。
たまに大ハズシなんてことも。。。今日は大丈夫でした!
きっと明日も大丈夫!!

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/16(金) 19:50:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.13

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

kujira.jpg

今日は、チュンポンピナクルでクジラを見てきました!!

まず、1本目
キンセンフエダイ、ホソヒラアジの群れは健在で近くには1M級の大きなヤイトハタがいました。
ピックハンドルバラクーダ、シェベロンバラクーダの群れや
オニアジの群れ等たくさん魚の群れを見ました。

1本目を終えてボートに上がってきたら、クジラがいるぞ!
と船の上で大騒ぎ。
ボート上で、何回か潮を吹く所や水面に上がっている所を見ました。

そのため、2本目もチュンポンピナクルでダイビング!
先程、クジラがいた辺りで探してもいません。
諦めかけていた頃、カンカンカンカンと誰かがタンクを叩く音が
聞こえてきました。
その方向を見ると黒い大きなシルエットが!
近づいてみると7~8Mくらいのクジラがいました。
すごく大きな体で優雅に泳いでいました。
泳ぐスピードが早かったため、あまりじっくり見ることはできませんでしたが、お客さんはすごく喜んでいました。

今日は、ソンクラーンの水かけ祭りの日でした。
朝から水鉄砲を持ったスタッフもおり、どこに行ってもびしょびしょに
なりました。
今は、タイで1番暑い日なので冷たくって気持ちがいいのですがいきなり掛けられるのでビックリします。

最近、タオでは、ジンベエザメやマダラトビエイ、クジラと大物が出ているので、毎日、何が見れるか楽しみです☆

報告/IYO
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/13(火) 20:56:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.4.12

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

wataru.jpg


本日はフルディトリップ、めざすは勿論セイルロックです。
タオ島周辺サイト、さらにはタイのダイビングサイトの中でも魚影の濃さは指折りのポイント。
個人的には今年初、楽しみです。

サーモクラインがややあるものの、エントリーした瞬間からユメウメイロやイエローバンドフュージュラーなどタカサゴ系の魚達に囲まれました。
最初に定番チムニー(縦穴)を出るといきなりシェベロンバラクーダーの登場。
数も結構な量で、グルグルとトルネードを描いていました。
サーモクラインの直ぐ下にはオニアジの群れがビュンビュン泳いでいます。

さらに根を回り込みながら進んでいくと、オオクチイケカツオの群れ、ツバメウオ等次々と登場。
岩壁にはギンガメアジ、マブタシマアジなどがいっぱい。

二本目には離れ岩へ直行。
こんどは1m級のピックハンドルバラクーダの群れに遭遇。
こちらもなかなかの数でギラギラする体側を見せながら悠々と泳いでいます。

三本目はサウスウェストピナクル。

こちらも離れ岩に行ってみました。
期待どおりもの凄い数のキンセンフエダイ。
周り一面黄色が広がります。

透明度もいいので日光が下までとどいて明るく綺麗です。
ここでもシェベロンバラクーダが登場してくれたりスマの群れなど魚影いっぱいで締めくくることができました。




報告/RYO
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/13(火) 12:51:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/20m

出ましたカジキ!!
前日のジンベエに引き続き、今日はカジキの日でした!

午後1本目のホワイトロック。
透明度は上々。
なかなかいいかんじと潜降後すぐになんと超巨大なオニカマスに遭遇。
歯をぎらぎらさせながらしかもこっちに向かってきます。

不安を感じた瞬間でした。
ものすごい速さでこっちに来た!
と思ったら私たちのすぐ近くの砂地に突進。
その後、矢のように去っていきました。

私たちでなく、そこにいた魚を狙っていたようです。
よかった。。

今日のホワイトロックは太陽が入って気持ちよく、タイワンカマスの群れ、ハナビラクマノミたちがきれいに見えます。
岩の下にはアオマダラエイが眠っていました。

さて、山場はそろそろ安全停止かなという時に来ました。

ゲストの一人が私の後ろを指差します。
何?と振り返るとすぐ後ろにカジキがどどーん!!
しかも停まっています。。

急いでちゃらちゃらを鳴らして他のゲストにも知らせます。
全員唖然。。

いつものように超高速で迫ってきて超高速で過ぎ去るカジキではなく、こんなにのんびりしているカジキはものすごく珍しいです!

今なら写真を撮れる!
と思ったのですが、残念なことになぜか私のチーム今日は誰もカメラを持っていませんでした!

しっかり目に焼き付けたところでカジキさんはゆっくり去っていったのでした。
尻尾も格好よかったです!

報告/ASUKA
写真/ないのが残念!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/13(火) 10:22:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.08~12

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/所によりあり
透明度上/30m
透明度下/20m 

shugo_20100413012333.jpg

1日目
①イーストオブエデン
②アニータズリーフ
③ウェストオブエデン
④イーストオブエデン

クルーズ、あと2トリップになりました。
天気予報では、最後までお天気も良く海も穏やかな予報です。
シミラン諸島は海の色がとてもキレイで、透明度が良いところは少なくとも30mはありました。
この日は、アオウミガメ、タイマイによく会いました。水中、そして水面で浮かんでボートの迎えを待っているときにアオウミガメも一緒に浮かんで待っていました。人間が好き?なのかずっとボートに上がるまで一緒にいました。
どこも大きなカスミアジがたくさんいて、イエローバックフュージラーやクマザサハナムロの群れを追いかけ回していました。水面近くではサバヒーの群れもいました。
毎回会いに行くアイドルの大きなピンク色のオオモンカエルアンコウは今日は見えにくいサンゴの隙間に隠れて顔だけ出していました。
砂地では、アケボノハゼ、ハナヒゲウツボの黒と黄色い個体、スパゲッティーガーデンイール、ニシキフウライウオ等を見ました。
4本目はサンセットダイブチームとナイトダイビングチームに別れて潜りました。
私は、ナイトダイビングチームで潜りました。小さな岩の塊のまわりにたくさんのスカシテンジクダイ、タカサゴ系のサカナが群れていて、ライトで照らすと群れが右へ左へ動いて面白かったです。ブダイ各種、キンギョハナダイ、インディアンダッシラス等が眠っているところをライトを照らして少しお邪魔したり、ファイヤーコーラルの上に何匹ものコクテンフグが乗ってじっと眠っていて可愛かったので、皆で写真を撮ったりしていました。

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③ブレックファーストベンド
④コタチャイリーフ

1本目、2本目は岩場の地形派ダイブサイトで潜りました。
窓のようにポッカリと開いた穴を覗いたり、スイムスルー、チャネルをくぐって遊びました。
今日はマッコスカーズフッラッシャーラスが、求愛行動をしまくっていてヒレを前回に広げまくっていました。可愛いハナダイギンポ、ピンク色のサンゴイソギンチャクに住むクマノミを見てマクロで遊んだり、中層に群れるブラックフィンバラクーダ、水底に眠るレオパードシャークを見たり大物でも遊び、盛りだくさんなダイブでした。
ブレックファーストベンドでもブラックフィンバラクーダの群れを見ました。
トルネードを巻いていて大迫力でした。
他は、パウダーブルーサージョンフィッシュも群れになって捕食タイムのようでした。
その隣ではアンダマンフォックスフェイスが横切って行ったり、サバヒーのものすごい群れが頭上を通り過ぎて行ったり、次から次へと色々現れて面白かったです。

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック

今日は朝はベタナギ、夕方から波が少し出てきました。
1本目は水底に2匹並んで寝ているレオパードシャークがいました。
アゴの辺りにコバンザメがくっ付いていて、顔面が更にマヌケな顔で可愛かったです。その上ではブラックフィンバラクーダも群れていました。
ロウニンアジの群れがイエローバックフュージラーの群れを追いかけていて大迫力でした。透明度も良い感じだったので中層をぼんやりとしているだけで楽しかったです。
その後はリチェリューロック3本立て。
キンセンフエダイの群れがキレイでした!岩を覆いつくすように群れ、その周りにはウミウチワ、ソフトコーラルがお花畑のように咲き乱れ、色とりどりでした。いつも見に行く大きなフリソデエビは今日は1匹加わり、小さな可愛い個体も一緒にいました。
ニシキフウライウオは黄色い個体のカップルがいました。もう少ししたらまたメスのヒレの間にタマゴが産みつけられるかな?
プランクトンがかなり豊富で、今にもシンベエザメが出そうな感じでしたが残念ながら出会うことはありませんでした。近くにはいたのかも?!

4日目
①コボンピナクル
②コボンリッジ

今日も朝から良い天気でした。
1本目は深めのダイブでした。
水底近くの岩場ではものすごい量のキビナゴの群れがいました。
カスミアジの群れがグチャグチャとその群れの中に入って捕食していました。
見上げるとレオパードシャークが浅いところを泳いでいました。
その後、水底で眠っている個体もいました。
岩肌にはモルディブズスポンジスネイルが張り付いていました。
今回のトリップでは、残念ながらマンタには会うことができませんでした。

クルーズはあと1トリップのみとなりました!
最後のトリップは明日からです!
海ログをお楽しみに☆

報告/ MAYUKO
MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/12(月) 16:48:59|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.0410

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/10m

IMG_3727_convert_20100410224315.jpg

出ました!出ました!ジンベエザメ!!

今日は、フルデイトリップに行ってきました。
天気もすごく良くてボートの上は気持ちが良かったです。
外洋ポイントでは、魚がたくさん群れていてすごく楽しいダイビングが
できました。

3本目のシャークアイランド
安全停止を終えて、そろそろ浮上しようかなと思っていたところ、
お客さんの横からドドーンっとジンベエザメが現れました。

思わずうわぁ~っと叫んでしまいました。
やっぱりジンベエザメを見つけると興奮してしまいます。

エアーもあまりない状態だったけど、
まずはジンベエと一緒に泳ぎました。
安全停止くらいの深度だったため、近くでじっくりと見ることができました。
あまり長い間はジンベエダイブをできなかったけど、
近くでじっくり見れただけでお客さんも自分も大興奮です。

もうすぐタイではソンクラーンのお祭りがあります。
この時期はたくさんのお客さんがいらっしゃるのでまた皆で
ジンベエザメを見たいなぁ☆

報告/IYO
写真/本日のお客さん

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/10(土) 20:59:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.08

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m 

天気予報では、このままビッグブルーのカオラックシーズンは海は穏やかお天気も良し!!とのことです。
今日はリチェリューロックへ行っていました。
ベタナギ!!
海の色は、青い中に白っぽいプランクトンがたくさんいる色も入っていてまさにジンベエザメが出そうな雰囲気があります!この辺にはいるはず!!
魚影が多くて良い感じです!
まずはロウニンアジの子どもの群れに会いました。その周りにはオニアジがたくさんペアを作って泳いでいました。
岩を覆うようにいるキンセンフエダイ、そこを横切るツムブリの群れ、たくさんのイエローバンドフュジラーの幼魚。同じ場所でぼんやりしていても1本楽しめる群れ祭りでした。

今シーズン大発生しているフリソデエビも今日は新たに小さい個体が加わりますます増えていました。
白や黄色のニシキフウライウオやタイガーテールシーホース、トマトアネモネフィッシュなどマクロも相変わらず熱いので、岩肌を見たり中層を見たり、とても忙しいダイブでした。

今日からクルーズに乗船してきます!
大物の出るコンディション!!さて、トリップでは何に遭遇するかーーーー!!?

報告/ MAYUKO
MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/08(木) 17:04:49|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.4.6

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m 
海ログshinichiro2

真夏に突入したタオ島です。
今朝の一本目はチュンポンピナクル。
ボート上から見た水面の色は濃いブルーで透明度も期待しちゃいます。

入ってみるとサーモクラインがあるものの良いかんじ。
程よい流れは西側から。
ならばと離れ岩へ一直線。

まずはオニアジの登場。
あいかわらずおびただしい数が目の前を横切って行きます。
離れ岩の外側、つまり流れの当っているところではピックハンドルバラクーダ群れが行ったりきたり。
これまた結構な数です。
かなり間近まで寄ってきて、ギラギラした歯まで良く見えました。
その横にはシェベロンバラクーダも。

そしてハンティングに夢中のオオクチイケカツオの群れ。
深場では片方は婚姻色になってるイトヒキアジのカップル。
さらにキンセンフエダイにホソヒラアジの群れ。
圧倒的魚影の一本でした。




報告/ RYO
写真/本日お客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/06(火) 18:33:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

10.04.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m 

セイルロックへ行ってきました!
セイルロックだけどうしても透明度が上がらず、困った状態だったのですが、回復してきました!

見えさえすれば魚影はタオ島ナンバーワンポイントです。
今日も群れオンパレード。

ピックハンドルバラクーダはどれくらいすごいかというと、自分の向こうが全部バラクーダなくらいすごい。

IMG_3202web2.jpg

写真のバラクーダ、一匹一匹が1m以上あるのです。
いやあ、すごいです!

オニアジ群れまくり。
シェベロンバラクーダ群れまくり。
ギンガメアジも群れまくり。

ヤイトハタ、アカマダラハタ、ゴマフエダイなどの大型さんもたくさん。

ツキチョウチョウウオはそこら中で群れ。

お天気もよく、海況もよく、いいかんじでした!

報告/ ASUKA
写真/本日のAOW生徒さん

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/06(火) 11:37:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.04

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/-m
透明度下/-m 

IMG_3099sango小

サイリービーチで珊瑚の産卵を見てきました!!

これまで予測してタオ島で珊瑚の産卵を見たことはなかったのですが、今回はちょっと予測していました。
どうかなあと水面を眺めていたら。。

「おお!!」

ピンクの粒粒が浮いてくるではありませんが。
早速潜ります!
もちろん潜ります!!

キクメイシの仲間がぽわぽわ卵を出しています。

「おおお!!」

2時間も潜ってしまいました。。
手軽に潜れるサイリービーチ。

素敵でした!!

報告/ ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/05(月) 18:59:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.04

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m 

DPP_28 copy

今日は、KUMA・MASARU・と三人でノースポイントとスリーツリーズへ調査ダイブという名のファンダイブへ行ってきました。ノースポイントでは、少し離れた隠れ根へ行って遊びました。
ここは巨大なウミウチワがたくさん、地形もダイナミック、誰もいない穴場な場所です。
人があまり来ないので、水底にはレオパードシャークがゴロゴロと眠っていました。
そのうちの1匹の写真を撮って遊んでいたらその隣に私たちとレオパードシャークに威嚇のようなことをしているアケボノハゼがいました。
横にレオパードシャークが寝転がっているので当たらないように気をつけてアケボノハゼの写真を撮って遊びました。
なんて贅沢な!!と、自分でも思います。

blog_20100404205931.jpg

2本目はほとんど砂地で遊びました。
オーロラパートナーゴビーをじっと観察したり、アンダマンジョーフィッシュを少しおちょくって遊んでみたりしていました。最近は、大物三昧だったのでこんなに水底のマクロを見て遊んだのはしばらくぶりでした☆

海のコンディションは相変わらず良いです!!
このままシーズンの最後まで続きますように!!

報告/ MAYUKO
MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/アケボノハゼ・オーロラパートナーゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/04(日) 19:06:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.04.04

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m 

今日はサウスウエストピナクルでした。
やっぱり群れがすごすぎる!!

キンセンフエダイ、ホソヒラアジがものすごい数。
増えているのではないでしょうか。
突っ込みまくって遊んできました。

シェベロンバラクーダもすごい数。

岩のまわりはクロリボンスズメダイがこれまた異常な数。
この中にがんばって目立とうとしているアカオビハナダイが健気です。

最後は頭上にアオリイカがたくさん。
おいしそうでした!

報告/ ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/04(日) 18:41:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.403

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m 

IMG_6325.jpg

今日はデイトリップでリチェリューへ行ってきました。
波もほとんどなく約1時間で到着。

最近のリチェリューは本当にコンディション最高。
魚影・マクロ・透明度どれもバッチリです。

オニアジ・キンセンフエダイ・ホソフエダイの
群れへ突っ込んで遊びました。

いまリチェリューにはフリソデエビが大量発生中!
ニシキフウライウオもいっぱいいますので、
他のダイバーを気にすることなく、
じっくりと写真が撮れるのもいいですね。

浅い岩場でイヤースポットブレニーの可愛さに癒され、
ベラの産卵に感動して、安全停止へ。
シーズン終了まで2週間ですが、最後まで絶好調です!

報告/ masaru
写真/イヤースポットブレニー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/03(土) 22:59:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.04.03

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/10m 

今日も晴れ!
ボートから眺める水の色も青くなってきました!

今朝のチュンポンはまた一段と透明度が上がってきました。
潜降直後から水底まで見えるし、
キラキラと輝くフュージュラーに囲まれて、早速幸せ気分に。

足下から沸き上がるように現れたのはオニアジの大群。
このあと15分くらい、ずーっとオニアジまみれでした。。

そんなアジまみれの僕たちを出迎えてくれたのは、
ピックハンドルバラクーダの群れ。
日ごとに数を増しているようで、今日は軽く100匹オーバーです。

そしてそれに紛れてなんだか違うシルエット。。
オオクチイケケツオです。
ここ数日は数十匹で群れていたのですが、
今日はピックの群れと一体化!!
しかも大きめの個体が中心の群れだったので、本当に大迫力!!

イトヒキアジもカップル毎に右へ左へ。
バードクイーンフィッシュも群れ群れ。
コバンアジも水面近くでキラキラ。

YUTAKAチームはシェベロンバラクーダにも会ったそうです。

この調子で行くと数日後には、
ダイブサイトから魚が溢れてしまいそう!!

もちろん近場もいい感じです。
今朝のグリーンロックはサーモも25mまで下がり、
マクロも群れも楽しめました!!

特に真っ青な水を背景に泳ぐスマの群れや、
2cmほどのミナミハコフグの幼魚が印象的!

ヒブサミノウミウシも色味のしっかりした大きな個体がいました。

ついでにトリガー達も元気いっぱい!
今はまだ日向ぼっこを楽しんでいるのですが、
もう少し経つと、、、ずーっと日向ぼっこしてて欲しい。。。

カオラックチームにあやかって、
こっちでもそろそろ大物!見たい!!!!

報告/ KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/03(土) 13:59:01|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.04.02

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m 

leo1_20100403002025.jpg
毎日大物出現のカオラック、
一昨日はマンタ、昨日はジンベエザメ、今日は一体何が出るのか??ボートの上で皆と一緒に、「今日はもうクジラしかないね!」と、話して笑っていました。
しばらくボートを走らせていると、キャプテンが急にボートの速度をゆるめて、
「大きなサカナが見えた!!」
と、言ったので慌ててボートの外を見ました。
なんと、本当にクジラが潮を吹いていました。。
少し距離がありましたが、ミンククジラであると思います。
しばらくボートを一緒に走らせて追いかけました。。。。。!!!!なんなのだ毎日!!

コタチャイでは、レオパードシャークと遊びました。
どこまで近づけるかゲストの方と試して遊んでいました。
結局、この写真を撮っていても全く逃げませんでした。。

leo2.jpg

その後、じっと見ていたらレオパードシャークが「そんなに見ないで☆寝れないでしょ☆」と、
言ったように泳いで遠くへ泳いで行きました。
顔面のマヌケ顔、格好良い後姿、前と後ろでこんなに極端に雰囲気が変わるサカナ、面白いですね☆

もちろん、今日もベタナギ!!コンディションは超良い感じです!!
もうここ数日でお腹いっぱいを通り越してしまいました。

さて、明日以降は何が出るかーーーー!!!

報告/ MAYUKO
MAYUKOブログはこちらをクリック
写真/レオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/04/02(金) 22:29:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD