Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2010.07.31

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/8m
透明度下/5m
DPP_20 copy

快晴です!!
一日とても良い天気でした。海は穏やかでした!!
今朝はチュンポンピナクルで2本潜ってきました。

透明度は場所によっては少し上がっていました。
ユメウメイロやイエローバンドフュージラーがぐっちゃりと群れ、大きなオオクチイケカツオやコガネアジが追い掛け回していました。
アスカチームはピックハンドルバラクーダの群れやホソヒラアジの群れとも一緒に泳ぎ、ものすごい魚影を満喫していました。

キレイなアカオビハナダイやミナミハコフグの幼魚にも会いに行きました。

天気予報ではしばらく晴れるとのこと。
さて、海は更に良くなってくるのかーーーーーーー!!!?
明日に期待☆

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/ミナミハコフグ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/31(土) 17:38:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.30

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/5m

ChouChouKoshoudaiYougyo001Blog.jpg

皆さん、夏してますかぁ!?
夏と言えば海!夏と言えばアイドル!!

と、無理矢理ハイテンションな幕開けですが、
夏の海でアイドルと出会う!をテーマに考えてみると、
やっぱしアイドルといえば幼魚。

可愛かったり、可愛かったり、可愛かったり。。。

そうです、他に言葉はいりません!

今日は写真のチョウチョウコショウダイの幼魚をガン見!
してきました。
手のひらサイズどころが、指先サイズです。

しかも!ダンスィング!!!
“NO DANCE NO LIFE”なのです。
頭を下にトランス状態で踊りまくる姿は、
もうっ、たまりませんっ!!“可愛い”×100!!!

これは可愛いとしか言いようがないです。

最近のタオでは他に、
ミナミハコフグの幼魚やワヌケヤッコの幼魚、
ツバメウオの若魚(元幼魚)やコガネシマアジの幼魚、
モヨウフグの幼魚(モヨ子←アスカ命名)など、
「かわいいったらありゃしない」なアイドルがあちこちに!

時には、双子で現れてくれてもさっぱり可愛くない、
オニダルマオコゼの子供(幼魚と言いたくない)なんかも。

アイドルマニアの皆様、
この夏タオでアイドルの追っかけしませんか?


報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/30(金) 22:11:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.29

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/3m

朝の天気は曇っていましたが、少し波がおさまってきたので、
ポイントへの移動が楽でした。

今日は、オープンウォーターの講習でラムティエンケーブと
ホワイトロックで潜りました。

2日前にスキルの練習をして、昨日が人生初めてのダイビング。
今日もスキルの練習をしましたが、初めの頃と比べると
とても上手になっていました。
スキルをした後は、遊びながら泳ぐ練習です。
ジャワラビットフィッシュやクロホシフエダイ、タイワンカマスの群れを
見ながらたくさんの魚と一緒に泳いですごく楽しんでいました。

午前中2本潜って、晴れてオープンウォーターダイバーに!

その後、サイリービーチでファンダインビングをしてきました。
サイリービーチのアイドル、トウアカクマノミを見に行ったり、
砂地でギンガハゼを見たり、珊瑚地帯でまったり泳いだり・・・
講習とは違ったダイビングで色んな魚に興味をもって、
ログづけの時に図鑑を広げながら魚の名前を調べました。

講習をしていると今までなんとも思っていなかったことに気づかせて
もらったり、すごく勉強になります。
もっともっと、色んな海で潜って、ダイビングを楽しんでほしいです☆

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/29(木) 17:13:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/3m

DMT


天気がよくなりました!!!
久々の太陽はまぶしいです。
上の写真は天気がよかったので、ダイブマスタートレーニング中の3人を入れて撮りました。
トレーニングは後半に突入していて、約2ヶ月前にスタートした時よりもとても逞しくみえます。
立派なプロを目指して頑張っている真最中!!!

さて、今日はヒンウォンピナクルに行ってきました。
ヒンウォンピナクルは他のサイトに比べて流れがあることが多いですが、今回は緩やかな流れでした。
ロープを持って潜行していくとすぐにコガネシマアジの幼魚がいました。
ロープから絶対に離れようとはしなかったので、じっくり観察することができました。
深度をとっていくとハープコーラルの群生が広がっています。
その上にはジャワラビットフィッシュやユメウメイロ、スズメダイの仲間が群れていました。
数匹の群れで木八束(キハッソク)所々で見かけたり、岩が重なり合っている薄暗いところをライトで照らして見ると、ソリハシコモンエビやクリーナーパイプフィッシュが自分より大きな魚を掃除してます。
サンゴの間にはヤスジチョウチョウウオがこっちを伺いながら出たり隠れたりしていました。

明日はもっと海況がよくなりますように!!!

報告/YUTAKA
写真/サイリービーチ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2010/07/28(水) 15:28:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.27

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/8m
透明度下/3m

今朝も波がありましたが、チュンポンピナクルに行けるくらいでした。
しかし。。
チュンポンは透明度が悪く、残念。。。

今日は2本目3本目の方がよかったです。

2本目はジャパニーズガーデンの沈船。
1年前に沈んだやつですね。

久しぶりに行ったのですが、いいかんじで魚がついています!
ツバメウオは普通のと、ナンヨウツバメウオ。
どちらも若魚でまだブーメラン型をしています。

キンセンフエダイがどこからともなく現れたようで、ここでも群れ始めました。
キンセンフエダイがいるとなぜかいつも一緒にいるのがホソヒラアジ。
というわけで、ホソヒラアジの幼魚も現れました。
そのうちここでもすごい群れを作ることでしょう!

船の横でちょろちょろしているハタタテダイの幼魚、ミナミハコフグの、いつからいたんだかわからないくらい大きくなってしまった幼魚。

船の下ではコロダイとヒトヅラハリセンボンが暮らしているようです。

船の上にはオニカサゴが擬態中でした。

3本目はサイリーに行ってきました。

サイリーは比較的きれいなのです。
入ってまずは恒例の珊瑚観察。
ハマサンゴ、キクメイシが白化からかなり復活してきました。
ミドリイシの仲間はだめになってしまったものが多く、悲しいです。。

サイリーのトウアカたちは今日も元気です。
水温が下がってきましたので、「そろそろ卵を産まないかな」
と思ったのですが、波で産卵床にしていたビンなどが埋もれてしまっていました。。

そして今朝の一番のヒットがモヨウフグの赤ちゃん!
モヨウフグといえば、ものすごく大きくていかつい顔をして暗がりにいたりするのですが、赤ちゃんはものすごくかわいいのです!!

今日の子は体調10センチにも満たない子どもです。
砂地の海草の色に擬態してきょろきょろしているところを私に見つけられてしまいました!!
逃げるに逃げられず、仕方なくゲストに撮られまくるモヨ子(今、命名)。
ずっといればいいのに!本当にすごくかわいいです!

波があるからいろんなところから流れ着く生物も多いはず!
これからいろいろ変なものが見られるかも!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/27(火) 17:03:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.26

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/5m

最近のタオ島は、天気がイマイチ。
今日も風が吹いていました。
先日までは、午前中に陸にいたら早く海に入りたいくらい暑かったのに、
今は、ダイビング後は少し肌寒く感じます。
早く天気がよくなってほしいものです。

今日は、ツインズとジャパニーズガーデンに行ってきました。

まずは、砂地に行って、ギンガハゼやレッドマージンシュリンプゴビーを見に行ってきました。
ここのハゼはなかなか逃げないのでじっくり観察できます。
岩場をライトで照らすとソリハシコモンエビやスザクサラサエビ、
クリーナーパイプフィッシュ、アオマダラエイと色んな生物を発見できて
宝探しをしているみたいでとても面白いです。
最後は、ツインズ名物のトウアカクマノミを見に行ってきました。
周り石のサークルで囲まれていて、中に入ることができないので、
いつもは少し距離をとってみないといけないけど、
今日は、すごく近寄ってきてくれたので、すごく見やすかったです。
赤ちゃんトウアカもいてかわいかったです。

2本目は、ジャパニーズガーデンに行ってきました。
最近、水温が下がってきているので、少しづつ珊瑚も
復活してきています。

早くタオ島の天気が回復して、いいコンディションになりますように!!

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/26(月) 20:37:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.24

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/3m

今日も風っ吹きでしたが、
昨日より幾分落ち着いたのでビーチから出航。

目指したのはチュンポン&ジャパガドロップ。

1本目のチュンポンピナクルは、
波を嫌って他のボートが来なかったため貸し切り状態!

と言っても透明度が相変わらず厳しいので、
誰もいない青い水中を開放的に漂うのは叶いませんでしたが、
人が入っていない分魚影が濃い!!

視界の届く半径5mの閉鎖的な狭いところを、
捕食者たちが縦横無尽に駆け巡り目が回りそうなほど。
オオクチイケカツオ、ツムブリ、コガネアジ、ギンガメアジ。
ビュンビュン逃げ惑うフュージュラーの陰がまたかっこいい!

ミナミハコフグの幼魚がカップルで登場したり、
卵の世話をするハナビラクマノミなども、
周りにダイバーが少ないのでじっくり堪能出来ました。

2ダイブ目のジャパガはここ数日行きまくっていたので、
今日は沈船近くで落としてもらってプチレックダイブ。

久々に行ったのですが、
ミナミハコフグやヒトヅラハリセンボンが追いかけっこをし、
ツバメウオの若魚がのんびりクリーニングしていたり、
ガザミの仲間がライトに照らされて慌てて右往左往したりと、
和み系ダイビング。

最後は最近僕の中でヒット中のヒラタブンブクが登場。
本家のブンブクチャガマでないのが残念ですが、
動きが激かわいい!シャイなところも超かわいい!!
本気で家で飼いたいくらい!!(飼えないけど)

最近の透明度にすっかり濁り気味の僕の心を、
今日もマクロ生物達が癒してくれたのでした。

でも、やっぱし青い海で潜りたい!!
明日に希望!!奇麗な水!お願いしまーす!!!

報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/24(土) 22:16:55|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.23

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨
水温/29 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/5m
透明度下/5m

ug.jpg
お天気が悪い今日。波と風がありました。
午後はラムティエンベイとジャパニーズガーデンへ行ってきました。
タオ島の東側とナンユアン島の東側は風がない場所に位置しているため、ダイブサイトはとても穏やかでした。

今日の海の中はなんと!
水温がグっと下がり29度、時々28度を示していました。

砂地では、ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビー等のハゼを見て遊びました。
久々にメタ子と呼んでいるメタリックシュリンプゴビーに会いに行きました。
相変わらず寄れます!
共生しているエビたちも私が近くで見ていることはお構いなしひたすら穴を掘っていて笑えました。

ヤギには大きなゴルゴニアンシュリンプが付いていました。
お腹にはタマゴがありました。その個体をじっと見ている時に
にRYOチームは数個体のゴルゴニアンシュリンプに出会っていたそうです。最近また増えてきています!

お馴染みのツキチョウチョウウオの群れは今日も優雅に泳いでいました。

今日は浅場にシェベロンバラックーダの群れがドバーっと通って行ったり、ジャワラビットフィッシュの群れがドドドーーーっと現れたりでマクロも面白ろければ、突然の群れとも遭遇もありとても面白いダイブでした。

天気予報によれば明日も波、風がある予報。。。
水温は良い感じ!風よ早く止んでくださいーーーーー!!!!!(願)

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/23(金) 22:13:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/5m

ホソヒラアジ

ちょっと透明度が良くなりました。
ここ最近、本当に透明度が悪かったのですが、
今日のマンゴーベイはボートの上から水底が見えていて、
水中は10m近く見える場所もありました。

マンゴーベイと言えば名物のホソヒラアジのアジ玉!
あいにく、アジ玉の場所はちょっと濁ってましたが、
それでもすぐ近くまで寄れるので、大迫力の魚群に巻かれる体験ができます。

ゲストダイバーとみっちり事前の打ち合わせをし、
360度、群れに巻かれるテクニックを伝授。
初めての感動体験をしてもらいました。

写真では魚の数が少なく見えるかもしれませんが、
これは群れが二つに分かれてしまったときの、
小さい方の群れで遊んでいるところなのです。

さあ、このままコンディションが良くなって行くのかな?

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ホソヒラアジのアジ玉 (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/21(水) 23:21:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/少々
流れ/ほぼ無し
透明度上/5m
透明度下/5m

トウアカ


天候のいい日が続いているタオから投稿します。
これから風も治まり波も低くなる予定なので、
あとは透明度がよくなる事を祈ります。

今日はグリーンロックに行ってきました。
私のチームは一眼レフでカメラ派ダイバーだったので、
じっくり撮影会をしていました。
被写体はトウアカクマノミ!!!!
まず日本では珍しいトウアカクマノミですが、
タオ島にはコロニーがたくさんあります。
日本では共生しているイソギンチャクは触手の短いイボハタゴイソギンチャクです。
でも、グリーンロックにいるイソギンチャクは触手の長いマバラシライトイソギンチャクです。
1ヶ月前まで水温が高くサンゴもイソギンチャクも白化していて、
今は蛍光色のブルーに変化しています。
写真に撮ってみるとバックがブルーでトウアカがすごく綺麗に写ります。
この写真が撮れるのは今限定です。
これからサンゴやイソギンチャクも元気になって戻っていく予定です。
これからお越しの方はリクエストしてみてください!!!

明日はフルデイに行く予定です。
水が綺麗でみれを見に行きたいな・・・・・

報告/YUTAKA
写真/トウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/19(月) 21:46:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/少々
流れ/ほぼ無し
透明度上/10m
透明度下/5m

オオクチイケカツオ

今朝はチュンポンピナクルです。
「今日の透明度はどうだろう。。」
と、びくびくする毎日です。。

絶好調だったチュンポンピナクルですが(他のサイトに比べて。。)本日は少し濁り気味。
なのですが、「あんまりきれいに見えすぎるより、これくらいの方が落ち着いていいかも」と思ってしまうのは私だけでしょうか。

魚は十分見えます!
今日はオオクチイケカツオ祭りでした。

ここのところイエローバンドフュージラーへのアタックで存在感を示し始めていたオオクチイケカツオですが、今日はかなりいいかんじで近くまで寄ってきてくれました。

1匹でクリーニングされている個体、3匹くらいの編隊を組んでぐるぐる回っている個体などなど。
なかなか迫力があり、見ごたえがあります。

その他、久々登場のピックハンドルバラクーダ、アカオビハナダイ、ツバメウオの群れなどを満喫してきました。

イソギンチャクが白化から復活してきました。
うれしいですね!早くみんな元気になってね!

そして、おまけ。

タオ島への帰りの道のりではカジキが出現!!
2個体が並んで水面にヒレを出してくれました。
なんと紫色の背びれです!きれい!!
2度3度と出てくれましたのでみんなで見ることができました!!

報告/ASUKA
写真/オオクチイケカツオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/17(土) 17:03:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/少々
流れ/ほぼ無し
透明度上/15m
透明度下/5m

GingameAji001Blog.jpg

今日のセイルロックはコンディション上々。

一部には水面からも確認出来る程の濁りが残っていますが、
それ以外の所はワイドを楽しむのに十分な透明度です。

潜降したラインの袂は透明度が厳しかったので躊躇したのですが、
意を決して向かった先に待ち構えていたのが写真のギンガメアジ。

今年は根から離れている事が多くて、
なかなか満喫出来なかったアジ玉ですが、
今日はたっぷりと、その渦に巻かれてきました。

普通種だけどやっぱりあんたは主役級だよ、
と思ってしまう程、何度見ても大迫力のギンガメアジ玉。

こんなに凄いんだから、もちろん2ダイブ目もセイルロック。

いつもの定番の他、
超巨大ドクウツボやジャワラビットフィッシュの壁も登場し、
群れ!群れ!群れ!のセイルロックらしいダイビングでした。

明日はチュンポンに行ってきます!

報告/KOKI
写真/ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/16(金) 21:31:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.15

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m


ツバメウオ

こんにちは。
天気のいいタオ島から投稿します。
朝出発した時は少し肌寒く感じましたが、太陽が出たとたんに急に暑くなります。
ダイビングはそれのおかげで気持ちいいです。
あとは午後のダイビングが終わってログ付けの時間になると、
夕日や夕焼けがみられます。

さて、今日はチュンポンピナクルに行ってきました。
最近はどこのサイトよりも水がまだきれいです。
ピナクルの半分はきれいで、反対側がサーモで濁っていました。
中層を眺めるとイエローバンドフュジュラー、ユメウメイロ、ジャワラビットフィッシュがどこ見てもいます。この群れが一気に動いた時にボンッ!!と音がなります。
音をなったときに群れの外側を見てみるとオオクチイケカツオやホシカイワリがすごい勢いで泳いでいました。おそらくアタックしている様子でした。深いところにはピックハンドルバラクーダ、シェベロンバラクーダ、キンセンフエダイが群れていました。
後半はピナクルにびっしりのセンジュイソギンチャクとハナビラクマノミを観察したり、いつもゆっくり泳いでいるツバメウオを見て浮上しました。

お客様全員今日のチュンポンの良さに満足した様子でした。
明日はフルデイトリップ群れを見に行こうっと・・・・

報告/YUTAKA
写真/ツバメウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/15(木) 17:19:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.14

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/5m

白化サンゴ

今日も晴れのタオ島よりMAYUKOです。
朝はサウスウエストピナクルとサイリービーチダイブへ行ってきました。
朝一の外洋はここ最近のタオ島のコンディションから見て良い方だったのですが、今日は濁っていました。
少し流れがあったので、潮あたりの良い方へ行くとものすごい量のジャワラビットフィッシュが横切っていったかと思うと今度はユメウメイロの群れが横切っていき、見えにくい視界の中でもものすごいサカナの多さを感じました。
毎度お馴染みのキンセンフエダイ、ホソヒラアジの群れは潮に向かってギュッとかたまって群れていました。
これでもう少し透明度が良かったら!!!!!どんなにキレイか!!!と思いながらその群れを眺めていました。

2本目のサイリーはタオ島周辺の中では比較的見え、10メートルくらいの透明度でした。
浅場のハードコーラルたちは若干回復の兆しがあり、白いサンゴに少し色が戻っているものがありました。

砂地に住むトウアカクマノミたちは相変わらず元気でした。
ただ水温がまだ31℃くらいあるので暑くてタマゴを産む気が全くないように見えました。
ハッチアウトを見るのももう少し後かな??

さて!!
明日の海はいかにーーーーー!!!!?

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/白化したサンゴに色が戻り始めました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/14(水) 22:12:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.13

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/31 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/5m

しばらくタオ島を出ていて今日からダイビングに復帰しましたMAYUKOです!
タオ島を出ている時にいつも海ログをチェックしていましたが、いつもコンディションが。。。
ここしばらく良くないとのことでした。

今日の朝はチュンポンポナクルで2ダイブしてきました。
透明度は、上記の通りなのですがサカナたちがすごく近くに寄ってきて面白かったです。
ピナクルの周りを泳いでいると、たくさんのイエローバンドフュージラー、ユメウメイロが群れ、オオクチイケカツオやヨコシマサワラが口をパクパクと動かして捕食しまっくっていました。

相変わらずキンエンフエダイの群れやホソヒラアジの群れも大きな玉になっています。全貌は見えませんが。。
ハナビラクマノミ地帯のイソギンチャクは日に日に水温のため白化していたものが色づき始め、潜るたびに嬉しくなります。

お天気は良いので、あとは透明度が回復してくれたら完璧なのですが、
いつ良くなってくれるのでしょう。。
毎日それを願って潜っている今日この頃です。

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/13(火) 22:11:50|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.09

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/5m

ナンユアン島

毎日お天気がよいです。
海も穏やか。
相変わらず、島まわりのポイントの透明度がイマイチですが、
チュンポンピナクルやサウスウェストは20mほど抜けた青い海!
タオ島らしい魚影の濃さを堪能できるダイビングです。

白化したサンゴたちも、水温の低下とともに
みるみる元気な色を取り戻しています。
サンゴが死滅する前に水温が戻るのが間に合って良かった。
今となってはとても貴著なシーンとしてネタになっています。

さて、お天気が良いのでナンユアン島に撮影に行ってきました。
3つの島が1つの三つ又のビーチで繋がっている面白い地形です。
写真は2番目の大きさの島の頂上まで登って撮りました。
左にボートが浮かんでいるところがTWINSです。

タオ島に遊びにきた方、時間があれば、
是非ナンユアン島にも行ってみて下さい。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ナンユアン島

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/09(金) 12:16:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほとんどなし
流れ/ほとんどなし
透明度上/20m
透明度下/8m

IMG_5414ca.jpg

来ました!!
やっといい海がやってきました!

今朝のチュンポンはこれを待ってましたとばかりの透明度!
潜った瞬間、あ、岩が見える!というのが最初の印象。
魚が全部見えるのです!!

まずはツバメウオ。きれいに10匹で群れています。
底にシェベロンバラクーダを発見!!

中層にはものすごい数のユメウメイロ、イエローバンドフュージラー。

そして圧巻はジャワラビットフィッシュ。
普段は数がそこそこ多くても無視されがちですが、今日は壁でした。
海の一角が全部ジャワラビットフィッシュ。
これだけいればログブックにも書いてしまいます!

キンセンフエダイ、ホソヒラアジはもちろん、今日はその上にイトヒキアジ、オオオクチイケカツオがぐるぐる。
全部見えます!

まだ完全復活ではありませんが、透明度がいいってこんなに素敵なんだと改めて感じさせられた今朝のダイビングでした。

これからきっともっともっとよくなります!
ように!

あ、今日は七夕でした。
短冊を作らなければ!!!

報告/ASUKA
写真/本日の(!)チュンポンピナクル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/07(水) 17:31:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほとんどなし
流れ/ほとんどなし
透明度上/15m
透明度下/8m

キンセンフエダイ

このところ、夜や朝方に雨が降ります。
少しづつですがおかげで水温も下がってきているのか、白化したサンゴの復活の兆しも見えます。

そんな今日の一本目はサウスウエストピナクルへ。
だんだんと透明度も回復しつつある感のタオ島ですが、今日は水面からの見る海の色も濃いブルー。
エントリーしてみると下はやはり濁りはあるものの上の方は良く見えます。

早速、キンセンフエダイの群れへ直行です。
ホソヒラアジの群れと共に混ざり合ってまさに魚の壁!
皆さん思い思いの角度から撮影しまくり。

水深を上げると中層にはユメウメイロやイエローバンドフュージュラー達もごっちゃりと。
群れ群れダイブをたっぷり楽しめました。

二本目はビッグブルーのお膝元、サイリービーチ。

トウアカクマノミのコロニーをいくつか周りつつ、ギンガハゼの黒と黄色のペアなどもいっぱい見つけらました。
最後は大量のタイワンカマスに見送られながらエキジット。

少しづつコンディションは回復中ですよ。



報告/RYO
写真/キンセンフエダイ


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/04(日) 18:13:55|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.03

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/南から少し
流れ/ほとんどなし
透明度上/5m
透明度下/5m

ヒメダテハゼ

こんにちは。
今日は午前にホワイトロックに行ってきました。

天気は曇っていた為上がってから肌寒かったです。
透明度がまだ回復してきてないので、
マクロを中心に見てきました。

深場の砂地に行くとギンガハゼやフタホシタカノハハゼがいました。
ギンガハゼの頬はいつ見ても美しいです。
フタホシタカノハハゼはギンガハゼと比べて臆病なので、
近くによるのにも難しいです。
ギンガハゼと同じく頬が美しいですが、第1背びれのグラデーションもきれいです。
よく見かけるヒメダテハゼ。
見た目は地味なハゼなので興味をもつダイバーは少ないです。
でも、目をじっくり観察すると・・・・・
サッカーボールのような模様をしています。
岩と岩の間に隠れながらこちらを伺っているミナミハコフグの幼魚や
ハナビラクマノミの正面の顔がマロの固体やイソギンチャクが白くなってピンク色が引き出される固体。
マクロの魚を見て満喫した一本でした。

もっと海況がよくなりますように!!!!

報告/YUTAKA
写真/ヒメダテハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/03(土) 16:46:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.02

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/西から少し
流れ/ほとんどなし
透明度上/10m
透明度下/6m

こんにちは。ワールドカップ日本代表も帰国しましたね。
多国籍なスタッフが揃う我がビッグブルーでも
ワールドカップは盛り上がるに盛り上がっています。
本当に残念ながら日本は負けてしまいましたが、
ヨーロピアンのスタッフからも
日本はすごくいいチームだ!!
パラグアイ戦も日本が勝つと思ってた!すごく応援していた!と、
未だに声をかけられ改めて今回の日本代表の頑張りを実感しています。

さて、今日の海ですが、サンゴの白化がサイトによって
戻りつつあります。
特にチュンポンピナクル。
根の上のセンジュイソギンチャクで真っ白だったものが
本来の色のピンクっぽくなってきていたり、
枝サンゴもつい数日までは真っ白だったものが、
うっすらサンゴの色が戻ってきたり。
褐虫藻よ、早く帰ってきておくれ!
サンゴの白化の様子は昨日アップされた
写真家・吉野雄輔さんの豪海倶楽部に
タケシが記事をアップしています。
こちらも是非見てみて下さい。

魚影は相変わらず濃く、後は透明度のみです!
ギンガメアジの群れなども出始めてきているし、
深場では、キンセンフエダイなどぐっちゃり群れています。

島周りもナンユアン島近辺は透明度回復の兆しです!
今日潜ったグリーンロックでは、セスジミノウミウシ、ヒブサイノウミウシ
ゴルゴニアンシュリンプなどマクロで攻めた1本でした。

報告/NAOMI

ゆうすけの豪海倶楽部はこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/02(金) 15:44:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.07.01

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/西から
流れ/少し
透明度上/5~8m
透明度下/5~8m

キンセンフエダイ

久々に投稿させていただきます。YUTAKAです。
最近の天候、海況は不安定で悩まされます・・・

今日はフルデイトリップに行ってきました!!!
目指すはセイルロック。
波が高かった為いつもより時間がかかりました。
透明度はあんまりよくなかったですが、
魚を近くで見ることができました。

ギンガメアジはいつ見ても数が半端ないです。
壁のようなシルエットが見えたと思ったら、ギンガメアジの玉でした。
目の前を通ったときは視界がアジでいっぱいです。
他にもイエローバンドフュージュラーやユメウメイロ、ジャワラビットフィッシュも邪魔って思うくらいにどこ行っても群れていました。
キンチャクダイの中では大型のロクセンヤッコやワヌケヤッコがペアーで海草やホヤを食べながらデートしていたり,100匹くらいの群れで泳ぎ回っているツバメウオ、セイルロックの周りにはホソヒラアジがたくさんいました。

3本目はサウスウエストピナクル。
キンセンフエダイ、ホソヒラアジの群れは数も減らずにまだいっぱいいます。泳いで追っかけ回して遊んで後はマクロで満喫。
小さな穴に多く住んでいるソリハシコモンエビ、籠を見るとよくいるアデヤカミノウミウシ、ここのポイントでは浅い場所で見られるアカオビハナダイ。
ピナクルの上にはハナビラクマノミとセンジュイソギンチャクが群生を見て上がりました。

これから波が落ち着く予定なので、透明度もよくなってこないかな・・・・

報告/YUTAKA
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/07/01(木) 15:19:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD