Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2010.09.30

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/あり
流れ/少々
透明度上/7m
透明度下/15m

シルバーウィークも終わりのんびりモードのタオ島です。
明日から10月!
そろそろタオのシーズンも終わりに差しかかってきました。
最近はたまに一時的なスコールが降りますが天気もよく、波がほとんどありません。
今日は、虹を見ながらのんびりチュンポンピナクルに行ってきました。

iyokinsen

少し濁っていましたが、大きな大きなヤイトハタとその周りを覆い尽くすキンセンフエダイ、ホソヒラアジは何度見ても飽きません。
お客さんと一緒に群れをかき分けて泳ぐのはすごく楽しいです♪

kinsen_yaito

ヤイトハタはホンソメワケベラに気持ちよさそうにクリーニングされているため、近づいても全然逃げないので、すごい近くまで寄ることができます。

2本目は、ツインズへ!

ginga_yellow_black

ここのポイントの見所は、なかなか引っ込まないギンガハゼの黄色と黒色のペアです。
今日はギンガハゼ、タオ島で一番多いレッドマージンシュリンプゴビーにじりじり近寄りながらの写真撮影会をしました。
ハゼ1本で潜ってもまだまだ時間が足りずに楽しいポイントです。

明日は、フルデイトリップに行ってきます!海ログをお楽しみに☆

報告/IYO
写真/キンセンフエダイ、ヤイトハタ、ギンガハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/30(木) 14:22:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.29

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

hosohira_kinsen

ベタ凪が続くタオから投稿します。

今日はサウスウエストピナクルとシャークアイランドに行ってきました。
透明度はまずまずだったので泳いでいるだけ気持ちいいですが、
キンセンフエダイとホソヒラアジと一緒に泳ぐとより一層気持ちいいです。
この2種類は海のブルーとよく似合います。
360°魚だらけで竜宮城に行った気持ちになります。
水底には1M級のヤイトハタが気持ち良さそうにクリーニングされていました。
後半はハナビラクマノミとセンジュイソギンチャクの群生!!!
5、6Mくらいの浅い水深なので、ハナビラクマノミの薄桃色が美しいです。
癒されあがってシャークアイランドへ!!
ツキチョウチョウウオの群れ狙いで行きました。
前回はペアーでいる個体はいっぱいいましたが群れは見当たらず・・・・
今回こそは・・・・・・
結果は3グループに分かれて群れていました。
潮の影に隠れているグループ、流れに逆らって泳いでいるグループ、タコクラゲを突くグループ、どこも40匹くらいいたので見応えがありました。
でも、欲を言うと全部が一緒だとすごい数で見れただろうな・・・・・
他にもブチウミウシ、ヤスジチョウチョウウオの幼魚、フタホシタカノハハゼなどがいました。

明日はチュンポンピナクルに行ってきます。

報告/YUTAKA
写真/ホソヒラアジとキンセンフエダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/29(水) 08:51:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.28

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

yaito_10928

昨日のセイルロックでのジンベエ、皆さん大興奮でした。
そのテンションのまま今日はチュンポンピナクルへ。
今日はボートも少なく、ほぼ貸切状態。

まずはキンセンフエダイの群れへ突入。
群れが広がったり川の流れのようになったりと形を変え、その冴える黄色の体色が織り成すショーのようです。
しばらく見ていても飽きません。
そしてその群れの下には堂々たる貫禄のヤイトハタ。
一転してキンセンフエダイが取巻く脇役に。

流れの来ている方向に向けると、ちょっと水深が深いけどオニアジの凄い群れ。
もうちょっと近くで見たかった。

さらに流れに向かっていくと、ユメウメイロやイエローバンドフュージュラーに360°囲まれます。
うっとり眺めているとヨコシマサワラが横切って行きます。

結果ジンベエは出ませんでしたが、一度出ると続けて出ることもよくあるので今後を期待したいです。

シーズン終盤に入ってきましたがコンディション良くまだまだ魚影の濃さを楽しめますよー

報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/28(火) 17:53:35|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.27

ロケーション/タオ島
天候/曇りときどき雨
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

kyojyu 9.27


今日の海は波がなく、鏡の様に空を反射しながら、
バンザイ号はセイルロックを目指します。

セイルロックへ到着して、一番に飛び込んだ欧米人が叫びました。

そう! 

ホエールシャーク!!!!

3-4mほどの美しい水玉模様が水面に写ります。
なんとも久しぶりのジンベエ様の登場にゲストは大盛り上がり!

ダイビング中に見ることの出来たチームも、
合図とともにスノーケルを装着して飛び込んだチームも、
本当に近くで見ることが出来ました!

2本目は残念ながら見ることができませんでしたが、
ゲストのみなさんは「今日はいい日です!」と大満足の様子です。

3本目のサウスウェストピナクルは、現在キンセンフエダイがすごいです!
ダイバーが見えなくなるほど黄色の渦です。
それでも、群れの上にダイバーの吐く泡で、見失うことはありません。

IMG_1703
ショップに帰ってきたゲストの笑顔は表現しきれません!
今日のビールは最高の味になりそうです。

写真/ジンベエザメ (教授撮影)
  /笑顔のみなさん
報告/masaru

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/27(月) 21:06:16|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.26

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

午後ボートが出航する前に1時間くらいスコールが降りましたが、
出発する頃には止んで、少し晴れ間が出てきました。
波は全くなく、ベタ凪でボートの上はすごく快適でした。

今日は、ラムティエンケーブとシャークアイランドに行ってきました。

島の東側のサイトでどちらとも透明度が結構よかったです。
透明度がいいと潜降した瞬間すごく気持ちがいいです。
いくつかケーブをくぐっていると上からライトのように太陽の光が
射し込んできます。
岩の上にはチョウチョウコショウダイの子供が少しクネクネしながら
踊っている姿がすごくかわいかったです。。
少し深度が浅いところでは、タイワンカマスが川のように流れていて
じっくり観察しました。

2本目のシャークアイランドでは、このサイトの名物の
ツキチョウチョウウオの群れを見に行きましたが、
今日は少しばらけてしまっていたため、何十匹もの群れは見れません
でしたが、サイトのいたるところにツキチョウチョウウオがいました。
安全停止をする頃には、またまたタイワンカマスの大群が!
今日は常に安全停止中はタイワンカマスを見ていた気がします。

明日は、またまたフルデイトリップに行ってきます。
前回のトリップのコンディションがなかなかよかったので、
明日も楽しみです☆

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/26(日) 19:25:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.25

ロケーション/タオ島
天候/曇りのち晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下/8m

GingaHaze.jpg

午前ボートは透明度&群れが好調のチュンポンピナクルへ。

が、この日は流れがあるうえに透明度もイマイチ。。。
そしてその流れの割には群れもまとまりが無く、
骨折り損のくたびれ儲け的な印象。。。
ってのはちょっと嘘。言い過ぎました。

実際には→良いんだけどなぁ。。。
これまでと比べるとちょっと劣るよなぁ。。。ってくらい。

ここは頑張って2ダイブチュンポンで潜るよりは、
のんびり浅場のサイトで行きましょう、ということで、
2ダイブ目はツインズにて。

昨日のフルデイから外洋続きだった僕のチームにとっては、
お待ちかね!の砂地でのんびり生態観察ダイブ。

ツインズといえば岩の下のあいつも紹介したいし、
擬態しているあいつも絶対見て欲しいし、
石のサークルで囲まれたあいつもここの看板だし。。。

と、行きたいところはいろいろあったのですが、
ゲストの皆さんは最初のギンガハゼで止まってしまいました。
これ、初タオで初めてタオのハゼに遭遇すると、
良く起こる現象(?)なのです。

ガンガン寄っても逃げないし、
万一引っ込んでも周りを見渡せば、あっちにもこっちにも!

面白いように自分で見つける事が出来て、
面白いように写真が撮れる!とあっては、
ブリーフィングで聞いたあの生物を見たい!
なんて思いもすっかり忘れて没頭してしまいます。

そして40~50分では物足らず、
エキジット後は口々に次回への課題を語っている姿も。

逆に普段タオのハゼに慣れている僕らガイドは、
よその海に行くとうっかり引っ込ませてしまい、
プロなのに、、、と、赤っ恥をかく羽目になるのでした。。。

そして今日もまた、下向きダイバー(ハゼ好き)が
育って行くのであります。めでたしめでたし。

報告/KOKI
写真/ギンガハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/25(土) 20:19:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/18m
透明度下/12m

GIngameAji003.jpg

シルバーウィーク後半戦。
またしても行ってきました、セイルロック!

そして昨日の願いが通じたようで、
透明度が一昨日より断然良かったのです!!

流れが殆ど無い状態でしたが、
群れはいい感じにまとまってくれたので、
のんびりプカプカと浮遊しながら、
魚まみれになってきました。

相変わらず数々の主役級キャラの怒濤の攻撃なので、
しっかりと狙いを定めて行かないと、
欲張って地団駄を踏む事になります。
狙いを絞って潜る事を強くお勧めします。

3本目のサウスウェストピナクルでは、
透明度が少し落ちた為マクロメインとなりました。

ゴルゴニアンシュリンプやセスジミノウミウシSP、
ヒブサミノウミウシ辺りが大量発生中です。

SunSet.jpg

海はべた凪だし、
夕焼けは綺麗だし、
今日もビールが旨いはず!

報告/KOKI
写真/ギンガメアジ、ショップから眺める夕焼け

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/24(金) 20:32:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.23

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程々に
透明度上/25m
透明度下/15m

Bubble.jpg

今日のチュンポンピナクルは抜けるような青!
空を飛んでいるような開放感の中、遊んできました。

特に今年のブーム!?である、
ヤイトハタをキンセンフエダイが取り巻くシーンが、
明るい日差しの中で堪能出来ました。

周りではヨコシマサワラやオオクチイケカツオが
捕食のタイミングを狙って行き交い、
アカオビハナダイも口をパクパクさせて御飯時。

ワヌケヤッコやツキチョウチョウウオも、
光が届いている分、いつもに増して鮮やかに見えました。

でも何も居なくても、
今日くらい透明度が上がってくると、
そこを泳いでいるだけでも気持ちよくなれるのです。

シルバーウィークも後半戦に突入。
明日はセイルロックへリベンジトリップです。
透明度がビックリするくらい上がっていますように!!

報告/KOKI
写真/泳いでいるだけで気持ち良い!!の図

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/23(木) 14:42:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/4m

Tsubameuo001.jpg

今日も行ってきました!セイルロック!!

今回は前回の反対で深場の透明度が↓↓↓
所々見えるのですが全体的な印象がイマイチ。

それでも群れを求めて攻めて行くと、
所々である程度見えるエリアがあり、
そこでのんびりと群れを楽しんできました。

1週間ぶりくらいにツバメウオの壁のような群れに会ったり、
ピックハンドルバラクーダの群れに巻かれたり、
ギンガメアジの川の様な群れが傍を流れて行ったりと、
魚影は相変わらず絶好調でした。

深場が透明度がイマイチだった分、
浅場の光の射すエリアは開放感抜群。

中層のとは別グループのツバメウオが岩間に居たり、
フュージュラーが飛び交っていたりと、
最後は癒されながらダイビングを終えました。

報告/KOKI
写真/ツバメウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/22(水) 20:46:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/7m
透明度下/3m

FutahoshiTakanohaHaze002Blog.jpg

今日の午後は久々にジャパニーズガーデンへ。

この日は朝からチュンポンピナクル、グリーンロック、
ヒンウォンピナクルと回ったので、
ハゼを一つもご紹介していませんでした。。。
(僕のチームが見なかっただけですが。。。)

ハゼといえばタオの海の主役の一つなのに!
これではいけない、とばかりにハゼ三昧の1ダイブに。
なので上記の透明度でも問題ありません!
(ちなみにこの日の他のサイトは10-20Mくらい)

ギンガハゼは鮮やかなレモン色の若魚がわんさかいたり、
臆病なマスクドシュリンプゴビーもこの日はいつになく
根性を見せてくれ、赤紫のラインが綺麗な臀鰭を披露。

ジャパガといえば!のフタホシタカノハハゼや
ゴージャスな彩りのメタリックシュリンプゴビーも健在。

MetallicShrimpGoby003Blog.jpg

このエリアではどんなに近付いても逃げないハゼ多数。
カメラや指示棒で顔前数センチまで寄っても逃げません。

あっという間の50分でした。

報告/KOKI
写真/フタホシタカノハハゼ、メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/21(火) 19:31:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/5m

KinsenFedai.jpg

絶好調のセイルロックへ行ってきました。

向かう途中の水の色は真っ青!!
これは期待が持てます!とテンション↑↑↑

が、しかし。が、しかしです。
ダイブサイトにつくと一面緑の世界。。。

潜降途中のガイドの心中は穏やかではありませんでした。

ところがどっこい、予想外の展開でした。

水深15mくらいまでは透明度5mくらいだったのですが、
その下は20mオーバー!!見える見える!!

セイルロックで透明度が良い、ということは、
群れのコラボが楽しめる!ということ。

そうです、セイルロックは今、群れ群れ群れのオンパレード。

キンセンフエダイの上をギンガメアジが駆け抜けたり、
ピックハンドルバラクーダの上でツバメウオがプカプカ。

ホソヒラアジとタイワンカマスが交差したり、
時にはシェベロンバラクーダとギンガメとホソヒラの
豪華なコラボも楽しめちゃいます。

岩の上ではロクセンヤッコとワヌケヤッコと
ツキチョウチョウウオとハタタテダイとが集合。
あ、これは透明度良くなくても見えますが。。。

合間にコビアが遊びに来てくれたり、
コバンザメがくっついて来たりと、
ジンベエが近くに居るのでは!?と思わせるシーンも。

残念ながらそう旨い話とはいきませんでしたが、
それでもみんな大満足のフルデイトリップでした。

報告/KOKI
写真/キンセンフエダイ&ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/20(月) 18:48:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/10m

今日はセイルロックに負けず劣らずの魚影が自慢の
チュンポンピナクルで2ダイブ潜ってきました。

水底には靄がかかっているところもありましたが、
概ね良好な透明度の中で群れと遊んできました。

潮表で今いい感じなのがシェベロンバラクーダ。
太陽の日差しの中で、気持ち良さそうに泳いでいます。

ChebronBaracuda.jpg

傍では最近増殖中のオニアジやギンガメアジの小群れ。
そんなカッコイイ系の小群れを嘲笑うかのように、
てんこ盛りのキンセンフエダイが幅を利かせています。

中層に目をやるとイエローバンドフュージュラーや
クロリボンスズメダイを狙う捕食者達が右へ左へ。
今朝も迫力のバトルを繰り広げていました。
下の絵は我れ先に!と逃げるイエローバンドフュージュラー。

YellowBandFuejurar.jpg

2本目では中層ヤイトさん(ヤイトハタ)も登場し、
日光浴を楽しんでいました。

明日は絶好調のセイルロックへ!!

報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ、イエローバンドフュージュラー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/19(日) 16:06:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/ほぼなし
透明度上/15m
透明度下/8m

GingameAji002.jpg


今日はフルデイトリップ!
朝から超べた凪な快適トリップでした。

水中はギョエーッ!!と叫びたくなる程の魚影。

太陽に向かって昇って行くシェベロンバラクーダや
1メートル級のピックハンドルバラクーダも100匹以上!!

群れの中でもカッコイイ度が高いので、
いつもその光景には見惚れてしまいます。

キンセンフエダイやホソヒラアジも
あちこちで群れまくっていました。

そして毎回僕らを楽しませてくれる一番の群れが上の写真。

沸き上がるように現れて溢れるように去って行く様は、
心躍らずにはいられない程の絶景です。

合間にはロクセンヤッコのカップルがのんびり泳いでいたり、
ワヌケヤッコが群れていたりで彩りを添えてくれていました。

RokusenYakko.jpg

シルバーウィークはいつもより多めにフルデイを企画中!

明日はチュンポンピナクルへ。
セイルに負けず劣らずのギョエー!な魚影を楽しんできます!

報告/KOKI
写真/ギンガメアジ、ロクセンヤッコ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/18(土) 22:14:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/ほぼなし
透明度上/12m
透明度下/8m

MetallicShrimpGoby002Blog.jpg

今日の午後はのんびりとラムティエン&ホワイトロック。

ラムティエンではムチカラマツエビの行列やイボイソバナガニ、
アカスジカクレエビなど甲殻類がいい感じ。

周りにはハープコーラルやブラックコーラルなどが群生し、
なかなか絵になります。

ホワイトロックは前半濁りが酷かったのですが、
移動していくと一気に透明度が上がりテンション↑↑↑。

最近エリアを拡大し始めたメタリックシュリンプゴビーを
じっくり観察して遊びました。

このメタリック、一見すると地味なダテハゼ系ですが、
トーチの光を当てたりカメラのストロボを焚くと、
顔周りのオレンジや水色の模様が輝きます。

さらに鰭を広げてくれると、
全身に散りばめられた模様が浮かび上がって本当に綺麗!

きらびやかなアジアの寺院をイメージさせるような、
タオの代表選手のひとつなのです。

報告/KOKI
写真/メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/17(金) 21:49:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/12m
透明度下/5m

golgo

今日は午前はサウスウェストピナクル、シャークアイランド、
午後はチュンポンピナクル、マンゴーベイへ行って来ました。

1本目のサウスウェストピナクルはキンセンフエダイの大群に巻かれ、2本目のシャークアイランドではバラクーダの大群に巻かれました。

しかし、僕は今日の午前はマクロレンズ付きのカメラで撮影ダイブ。狙いは、今、大量発生中のゴルゴニアンシュリンプでした。ソフトコーラルが密集するなかにある1本のヤギに何匹も付いてました。

golgo2

そして3本目は、人気の少ない午後のチュンポンでガイド。またまたキンセンフエダイ群れに360度巻かれ、
オオクチイケカツオやコガネアジのハンティングと、逃げ惑うイエローバンドフュージュラーなどの小魚との緊迫したシーンが眼前に繰り広げられてました。

4本目のマンゴーベイではホソヒラアジのアジ玉に巻かれてきました。

と言う訳で、とことん群れずくしの一日なのでした。
でも、今日の写真はマクロですが。。。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/16(木) 23:59:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.09.15

ロケーション/タオ島
天候/曇りのち晴れ
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/程良く
透明度上/12m
透明度下/10m

SoftCoral.jpg

今日は島の東側で潜ってきました。

島周辺の数あるダイブサイトの中でも、
異色の雰囲気で人気のヒンウォンピナクルです。

水中生物も島の西側とは違った種が多く、
ヨロイウオやキハッソクの群れるシーンなども人気ですが、
それにも勝る人気物がソフトコーラル群。

HarpCoral.jpg

ウミトサカの仲間やハープコーラルの群生する水中景観は、
風の谷近くのあの世界を彷彿させるとの声も。

ここ数日は程よい流れも入っていて、
ポリプを全開にして気持ち良さそうにそよいでいます。

ジンベエザメやハゼ天国、魚影の濃さと、
タオを語る顔は数あれど、こんな幻想的な風景も、
外す事の出来ないタオの顔なのです。

報告/KOKI
写真/ウミトサカ、ハープコーラル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/15(水) 22:52:46|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.09.13

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/-
透明度上/-m
透明度下/-m

風、すっかり収まりました。

こうなると大型ボートを使ってのトリップは、
陸にいるのとほぼ同じ感覚。快適そのものです。

今日は朝トリップの王道「チュングリ」
(人気のチュンポンピナクルとグリーンロックで潜る!)

もちろん、ワイド&マクロネタの怒濤の攻撃で、
それだけでも大満足!な王道トリップだったのですが、
今日はサプライズがありました。

チュンポンからグリーンロックへの移動中、
イルカの群れ&カジキに遭遇したのです!!

Iruka1.jpg

イルカはオキゴンドウじゃないか、との噂で、
その数は20頭近く!大きな個体は3mを超えるものも!

ダイビングボートで近づいて行くと、
彼らも興味を示して手が届きそうな程まで寄ってくれ、
しばらく並走しながらその姿を見せてくれました。

Iruka2.jpg

寄って離れてを繰り返すうちに、
水面を目で追っていると何やらイルカの鰭とは違うものが。
最初はゲストと首を傾げてゴミ?人?なんて言っていましたが、
どうやらカジキのようです。

鰭に傷を負っていたようで、歪な形が水面から出ていましたが、
何度かゆっくりとボートのすぐ傍まで来てくれました。

最後は先程のイルカのうちの1匹が、
水族館のショー並みのスーパージャンプを見せてくれ、
サイービス精神旺盛な彼らにボート上は大賑わい!!

凄く得した気分の午前トリップとなりました!!

明日は期待膨らみまくり!セイルロックへ!!

報告/KOKI
写真/生イルカとロゴイルカの競演、イルカの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/13(月) 20:28:43|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2009.09.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

今日はフルディトリップ!セイルロックへ行ってきました。

行きは少し風はあるもの、まずまずの海況。
到着早々エントリーすると海の中も穏やかです。

sailrock

名物チムニー(縦穴)を抜けてみると、大量のジャワラビットフィッシュのお出迎えです。

流れの当る方へ徐々に向かっていくと、周り上下いっぱいのユメウメイロやイエローバンドフュージュラー達。
さらにはシェベロンバラクーダの登場。
目の前に壁のようになったかと思うとグルリとターン。円を描くようにゆっくりこちらにきてくれます。
そして黄色の体色が色鮮やかなキンセンフエダイの群れ。

sail_tsubame

最近のセイルロックで見ごたえあるのがツバメウオの群れです。
あちこち泳ぎ回っていますが、うまくまとまるとかなりの数。
お客様と一緒にしばし見とれてしまいます。

その他のもオオクチイケカツオに1メートル級のアカマダラハタ、タイワンカマス群などなど次々と登場。

sail_gingame

二本目はギンガメアジの群れにアタックです。
メインセイルロック周辺にも結構な数が泳いでいますが、それは序の口。
離れ岩からちょっと離れると黒い巨大な影が見えます。一見岩に見えたりしますが。。。。
近づいてみるとこれが全部ギンガメアジなのです。
もう言葉で言い尽くせない圧倒的な数でした。

透明度こそベストではありませんでしたが、さすがタイの中でも指折りの魚影サイト、セイルロック!!と思えるダイビングでした。

報告/RYO
写真/ブラックコーラル&キンセンフエダイ、ツバメウオの群れ、ギンガメアジの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/10(金) 19:02:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.09

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/ウネリ
透明度上/2m
透明度下/2m

OiranSep20102.jpg


今日はリピーターゲストの方とオイランハゼダイブ。

なんでも、今回の来タオの一番の目的がオイランハゼ
とのことで気合い十分に挑んで参りました。

潮が思った程上がってこなかったり、
さざ波と共にウネリが入って浮遊物が多かったりで、
決してベストとは言いがたいコンディションでしたが、
それでも時折見せてくれる求愛ディスプレイは豪華絢爛。

陸ではプロのカメラマンとして活躍してこられたYCさん、
濁りやウネリに翻弄されつつも、
数少ないシャッターチャンスをしっかりモノにしていました。

肝心のデータを頂きそびれたので、僕のイメージ画像で。

オイランハゼダイブご希望の方は現地にてご相談下さいね。
とっておきの瞬間をご案内します!

報告/KOKI
写真/オイランハゼの求愛ディスプレイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/09(木) 16:56:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/10m
透明度下/8m

今日はサウスウェストピナクルに行ってきました。
昨日のチュンポンピナクルが良かったので、
今日も期待してました・・・
が、あいにく透明度がイマイチでした。
でも、魚影の濃さはばっちり堪能できました。

キンセンフエダイの群れ、ピックハンドルバラクーダ、
タイワンカマスの群れ、オオクチイケカツオなどなど。

yokochin7

そして、今日はゲストのKEIさんの100本記念ダイブでした。

2本目のシャークアイランドは割と良いコンディションでした。
大量発生中のゴルゴニアンシュリンプを10匹以上見た後、
キミシグレカクレエビのペア、イソギンチャクエビのペア、
ブチウミウシの子供などなどマクロ生物を堪能。

そして、ジャワラビットフィッシュの群れと並走して
岩場の方へ移動すると、これ・・・

yokochin8

ツキチョウチョウウオの群れ!
今日はかなりいい感じで群れていて50匹くらいいました。

明日は上り調子のチュンポンピナクルです。
どんなダイビングになるか?
いまから楽しみです。

写真は、本日のゲストの横チンさんから頂きました。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/100本記念、ツキチョウチョウオの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/08(水) 14:30:50|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/18m
透明度下/5m

今日はチュンポンピナクルに行ってきました。
ここ3日間ほどお天気が荒れていたので、
一昨日チュンポンピナクルで潜った時も、
水深15~20mから下に濁りが入り、流れも入り、
もともと予定していた2ダイブを1ダイブに変更する程でした。

さて、今日はというと・・・
あれっ!?
と意外な程、穏やかで透明度も上がっていました。

yokochin4

キンセンフエダイの黄色い絨毯の中に突っ込むと、
ダイバーのまわりにポッカリと穴が開きます。
そのダイバーは360度、お魚に巻かれるのですが、
今日のチームの4人が、それぞれ別々の場所で
同時に360度巻かれる体験ができる程たくさんいました。
いました、と言うか、透明度が良くて見る事ができました。

yokochin5

巨大ヤイトハタも健在で、みんなで近づいて撮影会をしました。

yokochin6

シェベロンバラクーダの群れも凄かった!
数百匹の壁のような群れが僕たちの目の前を行ったり来たり。

コガネアジのグループハンティングや、
オオクチイケカツオのハンティングも見応え満点。

根の上のハナビラクマノミの群生も、程よい流れのおかげで
見やすく撮り易い状況だったのではないでしょうか。

今日のチュンポンピナクルはかなり満足度の高い1本でした。

写真は、本日のゲストの横チンさんから頂きました。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/キンセンフエダイの群れ、ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/07(火) 22:36:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.06

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/北西の風(午前中は強く、午後からおさまる)
流れ/程よく
透明度上/12m
透明度下/1m

行ってきました!
フルデイトリップ!!

最近お天気が崩れていて、今日も朝から波が高く、
セイルロックは中止か・・・!?と危ぶまれてましたが、
風の方向が北西からなので、タオ島からセイルロックへは
波に乗る感じで進めるので船は揺れずに行く事ができました。

ダイビングはというと・・・
やはりセイルロックは最高でした!
魚影の濃さはナンバーワンです。
いったいぜんたい1ダイブで何匹の魚が視界に入って来た事か・・・

yokochin2

まずはギンガメアジ!
数千、いや万いたかも知れません。
目の前がギンガメアジで覆われてしまいました。

yokochin3

そして最近アツいのはツバメウオ!
最初は200枚くらい固まっていたそうです。
僕のチームが見た時は100枚くらいのグループと
いくつかの数十枚のグループに分断されてましたが、
今日は近づく事ができたので、前も後ろもツバメウオでした。

他にも、キンセンフエダイの群れ、シェベロンバラクーダの群れ、
ホソヒラアジのアジ玉、ジャワラビットフィッシュの群れ、
無数のクロリボンスズメダイやタカサゴ科の仲間が舞い群れ、
どちらを見ていたら良いのか解らないくらいでした。

2本セイルロックで潜り群れに巻かれた後、
3本目はシャークアイランドでまったりマクロでも・・・
と潜ったら、またまた凄い数のシェベロンバラクーダに遭遇し、
ツキチョウチョウオの群れを見たチームもあったそうです。

yokochin

ゴルゴニアンシュリンプ(写真)やキミシグレカクレエビ、
フィラメンタスブレニー、ベニサシコバンハゼなどを見ました。

写真は、本日のゲストの横チンさんから頂きました。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ギンガメアジの群れ、ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/06(月) 22:28:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/8m
透明度下/5m


ダブルチュンポン(チュンポンで2ダイブ)予定でしたが、
全体的にモヤッとしてたので2本目はグリーンロックへ。

因みにチュンポン、魚影は相変わらず濃いです。ご安心を。

グリーンロックで最近アイドルの座を射止めているのが、
写真のロクセンヤッコの幼魚。

rokusen_yg.jpg

撮影した角度の関係で細長く写っていますが、
本当はもう少しバランスの良い、可愛い幼魚です。

ミナミハコフグの幼魚やワヌケヤッコの幼魚と共に
成長を見守っている幼魚シリーズですが、
ワヌケヤッコの幼魚なんかは根性が座って来て、
じっくりとその姿を見せてくれたりしています。

他にもワカヨウジの白バージョンがあちこちに居たり、
セスジミノウミウシやヒブサミノウミウシが居たり。

今のグリーンロックには“キレイ”や“カワイイ”が満載!

なのですが、
幼魚を見ている背後から気配を感じて振り向くと
シェベロンバラクーダの群れが現れたり、
トウアカクマノミを観察している背後から
キヘリモンガラが睨みを利かせていたりと、
スリルもしっかり味わえるグリーンロック。

今、お勧めです。


報告/KOKI
写真/ロクセンヤッコの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/05(日) 16:11:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.03

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/10m

セイルのギンガメ

今日はフルデイトリップへ行ってきました!!
今日のセイルロックのサカナの群れがすごかったです!!

遠くに大きな雨雲のように黒く見えたので近づいていくとものすごい量のギンガメアジ玉!
目の前で群れの形を色々変えながら右へ左へ私たちを取り巻いて・・・嬉しくて思わず水中で拍手をしている私がいました。
ギンガメアジと戯れるのを終え、次の群れを探して潮辺りが良い場所を泳ぎました。
今度はシェベロンバラクーダの群れが現れました。
彼らは潮に向かって気持ちよさそうにゆったりと泳いでいました。なのであまり動かない群れをじっくりと見て楽しむことができました。
そしてその上を見るとホソヒラアジの玉!
その前にはツバメウオのものすごい群れ!80匹くらいは群れになり中層にいて、30匹くらいの群れは岩肌で皆並んでクリーニング中でした。
中層の群れも大迫力だし、岩肌のツバメウオたちも皆こちらを向いて気持ちよさそうで見ていて面白かったです。

そしてそしてその先にはピックハンドルバラクーダの群れもいました。

セイルロックは、コンディションが良いとあまりにもすごすぎて、水中で「凄すぎるーーー!!」と、
何度潜っても思うのですが、今日も思いました。
中層にプカプカと浮きながら次々に入り混じるように現れる群れに感激しました。

やっぱりセイルロックはスゴイ!!!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/ギンガメアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/03(金) 20:39:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.09.01

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

yugi.jpg

今日の朝はチュンポンピナクルへ行っていました。
ダイブマスターとレーング、最後の日を迎えたユウゴと一緒に龍宮城へ行ってきました。
龍宮城は。。近くまで行くことができました。
その道中にものすごいキンセンフエダイの群れやシェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダの群れに出会い、更に泳ぎ進むとオニアジの群れやグループで戯れるオオクチイケカツオ、ヨコシアサワラなどにも会いました。
お天気も良かったので、ピナクルの上に群生しているハナビラクマノミたちもとても明るくキレイに見えました。

新しいダイブマスターたちが3人誕生しました。
この日の晩は、ビッグブルーバーでパーティーがあり大盛り上がりでした。
ダイビングで遊んで夜は陸で大盛り上がりパーティー。これぞタオ島ですね!!
明日からも新しいダイブマスターたちとガンガン潜れる日を楽しみにしています。
cms.jpg

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/キンセンフエダイとNewダブマスターYUGO。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/09/01(水) 22:58:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD