Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2010.10.28

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/2m

フタホシタカノハハハゼ白

朝晩涼しく感じる日が増えてきたタオ島です。
今朝は外洋のチュンポンピナクルへ行ってきました。

キレイな水と濁った水が交互に流れて来て、
少し不思議なコンディションです。
キレイな水と群れを求めて進んでいきます。

数日前よりも少しコンディションが回復したようで、
深場まで潜降しても、群れをしっかりと見ることが出来ました。

キンセンフエダイとホソヒラアジの群れ。
大きなアカマダラハタも見ることができました。

2本目はホワイトロックにて。
本日のお客様はハゼがお好きとのことで、
深場へハゼを見に行きました。
フタホシタカノハハゼは、ほっぺたに2つヒゲのような模様があり、
なんとも愛嬌のある顔をしています。

昨日、ここホワイトロックでアオマダラエイを5匹!見ましたが、
今日も・・・2匹でした。
後ろ向きに泳いでいたら、ぶつかりそうになって驚いてしまいました。

マクロどころでは、ホソハスエラウミウシを観察。
体長1センチあるか無いかという小さな個体ですが、
これから大きくなれば、見やすく、写真も撮りやすくなるかと思います。

雨が降ることもありますが、
いまのタオはマクロが熱いです!


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/フタホシタカノハハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2010/10/28(木) 18:29:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.27

ロケーション/タオ島
天候/雨
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/8m

風向きが変わったタオ島です。
今日は生憎の雨模様でしたが、はりきって潜ってきました。

向かったのはマクロネタの宝庫と化しているグリーンロック。

中でも今絶好調なのがセスジミノウミウシです。
夏場も居たのですが、
最近は更に成長して5cm近い体長の個体も見かけます。

SesujiMinoUmiushi003.jpg

綺麗!見易い!!撮り易い!!!
そのうえこのウミウシ、結構群れてくれるので、
大きさ、ミノの綺麗さ、バックの配色など、
お気に入りを見つけて観察することが出来ます。

そしてこのグリーンロックでは、
イボ系の中では綺麗目で可愛らしいキイロイボウミウシや、
ミノ系で人気のヒブサミノウミウシもあちこちに。

そうやって下向きダイブをしていると、
イロウミウシなんかが登場することも。

今日はセンテンイロウミウシが居ました。

SentenIroUmiushi.jpg

図鑑などでは普通種扱いですが、タオでは稀。
触角が欠けていたのが残念でしたが、
嬉しかったので記念に撮ってきました。

次回も新たな発見を求めて潜ってきます。

報告/KOKI
写真/セスジミノウミウシ、センテンイロウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/27(水) 19:02:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.26

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/5m

メタリックシュリンプゴビー7

快晴のタオからマサルです。
とっても久しぶりにマンゴーベイで潜ってきました!

水面から水底が見えるほどキレイです。
期待しながらエントリーすると水中もまずまずの透明度。
砂地を飛んでいるように気持ちよく進んでいきます。

マンゴーベイにいるギンガハゼは小ぶりのかわいい個体が多いです。
親指の爪ほどの固体もいて、なんとも可愛らしいのです。

おなじみホソヒラアジの玉へ到着すると、
他のダイバーは見当たりません!
アジ玉を独占という、なんとも贅沢な時間です。

久しぶりのマンゴーベイだったので、
タツノオトシゴがまだいるか不安でしたが、
発見したその姿は、とっても大きなお腹!
いつかハッチアウト(孵化)の瞬間を見てみたいものです。

2本目はジャパニーズガーデンにて。
タラコ唇のアツクチスズメダイに癒されながら砂地へと進みます。

砂地ではメタリックシュリンプゴビー・
アカスジカクレエビ・タコクラゲの仲間などが、
つぎつぎと現れます。

ヤノリボンスズメダイに囲まれながら安全停止へ。

タオ島店は1年中オープンしていますが、
11月からはカオラック店が営業を開始します(4月までの期間限定)
透明度のいい海・キレイなソフトコーラル・・・マクロに群れ!
今シーズンも期待大です!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/26(火) 21:10:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.23

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/西から少々
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/25m

潜って来ました!今シーズン発のシミラン諸島。
ポイントはアニタズリーフ。
ドキドキしながら潜って行くと、透明度は25m、青く抜けていました。
半年ぶりに会う懐かしいアンダマン海の魚たちが次々に登場。
やはり心配していたサンゴの白化は進行していて、
浅場のハードコーラルはずいぶんやられていました。

それでも、ご覧下さい!
この華やかさを!!
これは本日撮りたてホヤホヤの水中写真です。

anita_20101023

水中に咲き乱れるソフトコーラルにウットリ・・・。

anita_20101023_1

ビッグブルーのボートは11月3日からです。
しばらくは陸での仕事が続くので海からのリポートは
ちょっと間が空くかも知れませんが、
カオラックの陸情報も含めて報告して行きたいと思います。
お楽しみに!

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/アニタズリーフのソフトコーラル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/23(土) 21:19:12|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.10.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/5m

Wreck001.jpg

僕らはMASARUの講習チームとは別ボートで、
タオ島のNewダイブサイトに調査に行ってきました。

昨シーズンまでテクニカルダイビングの専用ボートとして、
タオ島周辺で活躍していた“MV TRIDENT号”が、
先月魚礁及びスペシャリティーコース向けに、
エンジンや備品などを取り除いた状態で沈められました。

沈められて間もないのでまだまだ水中生物は期待薄ですが、
劇的ビフォアーアフターのビフォアーを見よう!的なノリで。

Wreck002.jpg

案の定、人工物が水中に沈んでいるだけのものですが、
タオ島ではこれまでに無い規模のレックで、
島周辺でも流れの入り易いエリア。

残念ながらサーモクラインがガッツリかかっていましたが、
近くにある岩はソフトコーラルが凄い密度で群生していて、
既にキンセンフエダイが群れを作り始めていました。
そのうち沈潜にも群生エリアが広がってきそうです。

ウミウシなんかも付きそうなエリアなので、期待大。

そして水底は砂泥なので、泥系のハゼも楽しめそう!

なんだか将来が楽しみなポイントなのですが、
残念な事に、深い。。。
なんせボトムが36mでトップが29mですから、
ディープSPとナイトロックスが欲しいところです。。

次回は周りの地形を調査してみますので、
30m以浅のエリアが近ければ、
SPライセンス無しでも楽しめるかも。

続報をお楽しみに!

報告/KOKI
写真/MV TRIDENT号

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/22(金) 19:38:50|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/12m
透明度下/8m

yaito_kinsen

ここ数日、とても天気のよいタオ島からマサルです。
海のコンディションもまずまず良好です。

昨日、オープンウォーターの講習が終わった生徒さん2人と一緒に、
サウスウェストピナクルへ行ってきました!

2人には人生初の外洋でのダイビング。
巨大なヤイトハタを目の前にして、目が点になっていました。

キンセンフエダイ・ホソヒラアジに360度囲まれ大興奮!
初心者から外洋での群れ群れダイビングを体験できるのは、
流れのほとんど無いタイ島ならではという感じです。

2本目はホワイトロックにて。
2人は見るものすべてに感動しっぱなしです。
初めてみるエイに驚き、
初めてトリガーフィッシュに襲われ
初めて綺麗なウミウシに大興奮。

これからも、世界中の海でいっぱい潜ってくださいね!
そして、タオでまた一緒に潜りましょう!


報告/masaru
写真/ヤイトハタとキンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/22(金) 16:14:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.21 FDT

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/12m
透明度下/3m

PicHandleBarracuda001.jpg

海ログに初めて投稿しますMIHOKOです。

タオ島らしい気持ちの良いお天気が続いている中、
久しぶりにセイルロックへ行って来ました!!

このポイントはタオ島3大外洋の1つで、
タオ島とパンガン島の間に位置します。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
最後にあのお魚に会えたポイントはここ、
セイルロック☆

言うまでもなく期待に胸がふくらみますが、
あまりギラギラしているといけないので、
平常心を装いつつボートへ乗り込み出発です!

セイルロックまではボートで約2時間ほどかかりますが、
みんなで朝ごはんを食べた後は
気持ちの良い潮風に当たりながらのんびり海を眺めたり、
お客さんといろんなお話をしているうちにポイントへ到着。
さっそくエントリー開始です!

潜降すると、たくさんのイエローバンドフュージュラーや、
ユメウメイロが中層でお出迎え。
その群れの中を通りながら、まずは離れ根へ向かいました。

離れ根に着くと、さっそく根の上をキラキラしたものが・・・。
そうです!セイルロックの見所の一つギンガメアジの登場です!!
シルバー1色の体からは他の群れとは違う力強さが感じられ、
何度見ても圧巻!!
しばらくギンガメアジの群れを堪能していると、
今度は真横をピックハンドルバラクーダの群れが
悠々と泳いでいきました。群れの規模も大きく、これまた圧巻!!

他にもキンセンフエダイやホソヒラアジの群れ、
大きなハタやツバメウオなど、
泳いでいく先々でタオ島ならではのサカナ達と出会いました。

場所によっては流れや濁りがありましたが、さすがセイルロック!
1本目、2本目ともに魚影の濃い見応えたっぷりのダイビングで、
他のポイントでは味わえない面白さを堪能することができました!

そして、フルデイトリップ3本目はサウスウエストピナクルへ。

ここの見所はキンセンフエダイの群れ!
至る所の岩を覆いつくし一面黄色い絨毯のような光景が広がります。
とにかく数がすごく多いので、群れに突っ込んで遊んだり、
近くを泳ぐ群れをじっと眺めたり、写真を撮ったり・・・、
みなさん思い思いの楽しみ方が出来ます!

群れと遊んだ後は、カゴについているセスジミノウミウシSPや、
かわいらしいオイランヤドカリなどをじっくり観察。

今回あのお魚には会えませんでしたが、
迫力満点のワイドやマクロを思う存分
満喫できたフルデイトリップになりました!

タオ島はこの所お天気も良く、
南の島らしい日差しがサンサンとしています。
海も見所満載です☆
まだまだ十分楽しめますよー!!

さて、明日は最近沈んだ沈船を見に行ってきます。
何がいるかな!

海ログお楽しみに~☆


報告/MIHOKO
写真/ピックハンドルバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/21(木) 19:19:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/7m

Taimai 27MAY2010GR

ただいまオープンウォーターの講習を開催していますマサルです。
今日は講習ダイブNO1・2としてジャパニーズガーデンへ行ってきました!
天気がとてもいいので、早く海に入りたくなります。

ジャパニーズガーデンはサンゴが豊富なポイントです。
椎茸の様な形のクサビライシサンゴ。
ふわふわと気持ちよさそうなハナガササンゴ地帯を泳ぎます。
見るものすべてが初めての生徒さん2人。
水中の表情がなんとも楽しげです。

2本目はツインズにて。
砂地にてマスククリアなどのスキルが終わると、
サカナ達と遊ぶ楽しい時間の始まりです。

ふと、目の前にカメが現れました。
このサプライズに生徒さん2人は目を丸くして大興奮!
2人は大物運のあるダイバーへとなること間違いなしです。

ツインズのアイドル・トウアカクマノミに挨拶をして、
ハゼ地帯にて、じっくりとハゼと観察していると、
もう浮上する時間です。
楽しい時間はなんで早く過ぎてしまうのでしょう・・・
浮上して開口一番 「気持ちいい!!!」

とても楽しく充実したオープンウォーターコースとなったと思います。
2人の新しいダイバー誕生です!


報告/masaru
写真/タイマイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/21(木) 16:56:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.19

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/29 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/8m
透明度下/5m


オオクチイケカツオ

ここ数日で風も穏やかになり晴れ空なタオ島です。

お客様Kさんと、この時期ならではのマンツーマンダイブでした。

今朝の1本目はチュンポンピナクルに行ってきました。

エントリーすると満月前の影響か、濁りあり流れありでしたが潮のあたる根の上ではたくさんの魚達が入り乱れていました。

ユメウメイロやイエローバンドヒュージュラーがグッチャリと群れている周りをコガネアジやイケカツオ等がグルグル泳ぎ回っていました。

流れ向かってハナビラクマノミたちも多くがイソギンチャクの上に出てきています。まさに大群生!というシーンでした。
 
2本目はホワイトロック。

今度は穏やかで、砂地からじっくりと。
定番のハゼたちであるレッドマージンシュリンプゴビー、ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビーを観察。

ふと、通りかかったヤギに10センチくらいのゴルゴニアンシュリンプがいました。

最近また増えてきてるかな。



フルムーン前のタオ島。満月前後はヤツの出現率も高くなります。
去年も10月末ごろ出てますし期待したいですねー


報告/RYO
写真/オオクチイケカツオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/19(火) 18:30:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.18

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/29 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/8m
透明度下/5m

hibusa


少し波がありますが、外洋のチュンポンピナクルへ行ってきました。
透明度はあまりよくありませんが、
その分、お魚たちはダイバーを気にすることなく、
目の前を通り過ぎていきます。

大きなコガネアジ、オオクチイケカツオが、
目の前を通る様子は大迫力というよりも、
突然目の前に大きなものが現れて、
お互いにビッックリ!という感じです。

潮当たりにはキンセンフエダイ、コバンアジ、
そしてギンガメアジも少しですが群れていました。

多少、透明度がよくなくても、
やっぱり大迫力のチュンポンです!

2本目は久しぶりにグリーンロックへ。
水面は流れていますが、海の中はいたって穏やか。

ウミウシをいっぱい見るダイビングとなりました。

キイロイボウミウシ・ヒブサミノウミウシ2匹
ヒブサミノウミウシ(大)
ウミウシ好きにはたまりませんね!

ふと水面を見上げると、
巨大なダツが10匹ほどで群れていました。
普段はスポットライトが当たらないダツですが、
大きな固体が群れていると、なんとも言えない迫力があります。

群れにマクロに盛りだくさんでした!

報告/masaru
写真/ヒブサミノウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/18(月) 17:16:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/8m
透明度下/4m

風がだいぶ落ち着いてきました。
ということで、暫く行っていなかったサウスウエストピナクルへ。

ここのところ毎日のように降ったスコールや風のため、
まだまだ透明度は上がってきていません。

なので今日はサウスであいつを狙ってきました。

OrangeReefGoby005.jpg

「オレンジリーフゴビー」

見難いところに居る個体が多いのですが、
1匹見つけると回りに数個体はいることが多いので、
中には撮り易い位置をキープしてくれる個体も居たりします。

アイドル的カラーリングと第一背鰭からピンッと伸びる棘、
鰭を飾る水玉模様と揃えば、ハゼ好きで無くても要チェック!

OrangeReefGoby003.jpg

一度目にしたらとことん粘りたくなる被写体なので、
フォト派の方はガイドとマンツーマンで潜るのがベスト。

年末年始やゴールデンウィークなどはその意味で狙い難いので、
お休みをずらして狙いに来てください。

あ、今月ですか?全然オッケーです!!

報告/KOKI
写真/オレンジリーフゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/17(日) 18:22:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.16

ロケーション/タオ島
天候/曇りのち晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/8m
透明度下/5m

GingaHaze001.jpg

風が収まって来たタオ島です。
今朝はチュンポンとツインズに言って来ました。

チュンポンは昨日より潮当たりが良かったのですが、
透明度がイマイチ。イマニ。イマサン。。。

深場は更にイマヨン。イマゴ。。。

その分オオクチイケカツオやコガネアジの捕食が、
至近距離で見れて迫力がありました。

ヤイトハタやアカマダラハタも今したが、
今日は警戒心が強く近寄らせてもらえませんでした。。。

2本目はツインズでのんびりマクロダイブ。

クリーニングエリアでソリハシコモンエビを観察していると、
ツキチョウチョウウオやゴマアイゴが次々にクリーニングに
訪れてきました。

ゴルゴニアンシュリンプやアオマダラエイも定位置、
後半はギンガハゼの黒黄ペアで根性のあるのが居たり、
岩肌にネオンピグミーゴビーが集まっていたりと、
綺麗どころを観察して戻ってきました。

報告/KOKI
写真/ギンガハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/16(土) 19:05:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.13

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下/10m

アカオビハナダイ


このところ風のため島の東側で潜っていましたが、今朝は風も少なく波も比較的穏やか。

ならばとボートはチュンポンピナクルへ。

さすがに雨と風の影響であろう透明度は落ちましたが、他のボートはまったくいなく貸切状態。
水中は魚でゴッチャリ感たっぷり。

キンセンフエダイの群れに囲まれたと思ったら、その下には大量のホソヒラアジの群れ。
おなじみユメウメイロやイエローバンドヒュージュラーも当然360°いっぱいでした。

岩壁沿いではアカオビハナダイが元気に泳ぎ回っていました。
名前の由来である雄の赤い帯模様はくっきり鮮やか。
何度見ても可憐です。



二本目グリーンロック。

水面の流れに注意しながら潜降すると、まずミナミハコフグの幼魚発見。
結構成長していて大きくなっていましたが、まだまだあの黄色の体色で可愛く泳いでいます。

その後はロクセンヤッコ幼魚の登場。
成魚とはまったく違う模様で特にブルーのラインの発色がとても綺麗です。

岩壁や隙間ではノコギリウミヤッコやオビイシヨウジ、クリーナーパイプフィッシュなどやたらヨウジウオの仲間を発見。

いつも立ち寄る場所では、これも色鮮やかなセスジミノウミウシ、そしてヒブサミノウミウシが見つかりました。

最後はトウアカクマノミのコロニーをまわってエキジット。

久々の西側ポイントを楽しめたダイビングでした。

報告/RYO
写真/アカオビハナダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/13(水) 16:26:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.12

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/西から少々
流れ/程よく
透明度上/8m
透明度下/8m

sairee_touaka

今日の午後はお天気も悪くなって、ゲストのキャンセルが入り、ポッカリ空いた午後の時間、そう言う事ならと、スタッフ数名でカメラを持ってショップ前のサイリービーチで潜って来ました。もちろん多少の波はありましたが、スタッフだけなので何の問題もありません。

僕は最近手に入れた新兵器ノーチカム7D+虫の目(魚の目?)レンズを試し撮りに行きました。そして一緒に潜ったMIHOKOはコンデジのデビュー戦。他にもKOKIやYUTAKAが一デジを持って潜り、MASARUは病み上がりの体調確認ダイブ・・・

改めて思いましたが、サイリービーチはじっくりゆっくり写真を撮ったり、新しい機材で試し撮りしたり、練習したりするのにもってこいですね。あっ、体調確認するのにもね。(笑)

皆さんも、タオ島に来たら、一度サイリービーチでゆっくり潜ってみて下さい。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/トウアカクマノミとコンデジデビュー戦のMIHOKO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/12(火) 20:41:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.11

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/10m

ここ数日波が高くなってきたタオ島よりヒロアキが今日の海ログをお届けします。

昨日に引き続き朝は、島の東側のラムティエンと南にあるシャークアイランドに行ってきました。

1本目は、エビカニでマクロダイブ!

潜降早々、イソバナにいる透明の体に赤い筋の入った綺麗なアカスジカクレエビを観察。

その後は、ヤギに住んでるイボイソバナガニ、ゴルゴニアンシュリンプ、ガラスハゼ…
岩肌にミナミハコフグの幼魚や大きなワヌケヤッコなどいました。

2本目のシャークアイランドは、水面は流れがありましたが中に入ってしまえば穏やか。

透明度が安定していて、15-20メートルくらい抜けています。

砂地には、背鰭と胸鰭にブルーのラインが綺麗なフタホシタカノハハゼ。
背鰭をピコピコ可愛いヒレフリサンカクハゼ。

ここにもゴルゴニアンシュリンプもいました。

午前からまったりのんびりなダビング!!!!

明日は、外洋のチュンポン行けます様に。。。

報告/HIROAKI(HIROAKIのブログはこちら!)
  1. 2010/10/11(月) 17:30:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.10

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

ゴルゴニアンシュリンプ


今朝は島の東側へ。一本目はラムティエン。

潜降ロープを降りた直ぐ側でゴルゴニアンシュリンプを発見。
10センチ位の個体で浅いところなのでとても見やすいです。

さらに進んでいくとトウアカクマノミのコロニーに到着。
こちらを警戒して二匹で威嚇してきます。その姿がまた可愛い。

岩場ではちょうど潮があたってユメウメイロやジャワラビットフィッシュがたくさん集まっています。

最後はいくつもあるケーブのひとつをくぐって安全停止。

二本目はシャークアイランド。

少し流れはありましたが透明度はまずまず。

やはり最初に目についたのはハープコーラルについていたアカスジカクレエビ。
一匹見つけると回りにも無数にいました。

水底も結構抜けていて遠くまで見えます。
なので砂地で目立つ黄色のフタホシタカノハハゼがすぐ見つかりました。

結構強気の性格なのか、周りのダイバーを気にせず全身だしてヒレを全開にしていました。

その上では、ユメウメイロがいっぱい。

水深の浅いところにいくとタイワンカマスの群れに遭遇。
岩場の少しくぼんだところに集まっていたので、なかなか密度の濃い群れで見ごたえ十分でした。

最後は浅場のサンゴ地帯で癒されてエキジット。

群れとマクロと両方楽しめた2本でした。






報告/RYO
写真/ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/10(日) 18:46:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.09

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ハナビラクマノミ

今日はチュンポンピナクルに行ってきました。
移動中にいいサプライズがありまして、
チュンポンピナクルに到着する直前にイルカが泳いでいました。
前回見た時のように遊んではくれませんでしたが、
見れただけで船上は盛り上がりました。

水中ではもしかしたらやつが出ないかな?とワクワクしながらエントリー。
最初に歓迎してくれたのはキンセンフエダイの大群!!
いつ見てもあの数には圧倒されます。
その群れの下にはヤイトハタがど~んといました。

少し深めですが、タオ島唯一のハナダイでアカオビハナダイがいます。
今日はすごく興奮しているのか、とても色鮮やかでした。

ピナクルのトップにハナビラクマノミとセンジュイソギンチャクが群生しています。ハナビラクマノミを1匹で撮るのもいいですが、写真のように群れている写真もきれいです。

明日もチュンポンピナクルに行ってきます

報告/YUTAKA
写真/ハナビラクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/09(土) 17:29:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/5m

sail_naomi

しばらく雨が多かったタオ島ですが、また穏やかになりました。今日はフルデイトリップに行ってきました。カオラックへ引っ越しするので、もしかしたらこれが今シーズン最後のセイルロック!?という訳で気合いを入れて潜って来ました。

今日の担当は平均ダイブ本数が数百本というベテランさん5名のチーム。潜降してすぐ、透明度の良いところと悪いところがあるのが見えました。ちょうど潮が当たって魚が集まる方が透明度が良いので良かったです。

透明度が悪いのを承知で離れ根のギンガメアジの大群を狙いに行きましたが、やはりあまりよく見えませんでした。気持ちを切り替え、透明度の良い方へ移動すると、そこはめくるめく魚群のオンパレード!透明度が15mほどあったので、手前の群れの奥の他の群れまで見えます。タイワンカマスの群れの奥にホソヒラアジの群れがいて、さらにその奥にギンガメアジの群れが見えます。反対側にはシェベロンバラクーダの群れが通り過ぎ、頭上は何十枚ものツバメウオの群れが・・・

足下では体長が1mをゆうに超える巨大ピックハンドルバラクーダが気持ち良さそうにクリーニングされています。もちろん、ピックハンドルバラクーダの群れにも巻かれました。

中層のタカサゴの仲間や岩沿いに群れるスズメダイの仲間まで合わせたら、トンでもない数の魚を見た事になります。。。やっぱりセイルロックは凄い!と何度潜っても思い知らされるのでした。

セイルロックで2本潜った後は、3本目はシャークアイランド。大量発生中のゴルゴニアンシュリンプやイボイソバナガニなどマクロ甲殻類を見つけた後、ツキチョウチョウウオの群れを見に行きました。

さあ、カオラック引っ越し組は、残すところあと数日の今シーズンのタオ島です。最後まで潜りまくるぞ~!

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ホソヒラアジとギンガメアジの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/09(土) 10:25:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.06

ロケーション/タオ島
天候/雨のち曇り
水温/31 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

yaitos_kinsen

タオ島よりヒロアキです。

朝から雨が降っていました。

1本目は、チュンポンピナクルへ行きました。

水面をみると真っ青なブルー。

期待に胸膨らませながらエントリーすると、水底が丸見え。
タオブルーにキンセンフエダイの黄色が凄く綺麗でした。

キンセンフエダイの群れの中には、チュンポンの主。
大きなヤイトハタがクリーニングされていました。

オオクチイケカツオやツムブリが、タカサゴを捕食するシーンが迫力ありました。

2本目のホワイトロックも水面から水底がクッキリ!!!!
テーブルサンゴには、可愛いヤスジチョウチョウウオの幼魚がいました。

透明度がよく、泳いでるだけで幸せな午前のダイビングでした!

明日は、サウスウエストに行ってきます。

報告/HIROAKI(HIROAKIのブログはこちら!)
写真/2匹のヤイトハタとキンセンフエダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/06(水) 17:07:48|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.05

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/5m

tsubameuo_100905

今日はフルデイトリップでセイルロックへ行ってきました。
透明度が良いところと悪いところがくっきり分かれてましたが、潮が当たって魚が集まる場所が透明度が良かったので、気持ち良く魚に巻かれて楽しみました。

特にツバメウオの群れが凄かったです。
残念ながらギンガメアジは透明度の悪い場所でした。

他にはキンセンフエダイ、ホソヒラアジ、ピックハンドルバラクーダなどの群れ、そして名物の縦穴『チムニー』にはワヌケヤッコやツキチョウチョウウオなどのレア&カラフルな魚も登場!

wanuke_100905

途中には雨も降りましたが、水中は良い感じです。プランクトンも多く、いかにも!?ジン○エがいそうな感じです・・・

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ツバメウオ、縦穴『チムニー』とワヌケヤッコ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/05(火) 23:17:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.03

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

今朝はサウスウエストピナクルへ行ってきました。
お天気は今日は良かったです!
太陽の光がさすと、一層海の中がキレイに見えます。

ピナクルの周りで群れを探していると、まず現れたのは2匹のヤイトハタでした。
どちらも大きく、そのうち1匹はその名もブラックジャックと呼んでいる個体で、顔の半分が黒くまるでお面をつけているように見えるからです。

ヤイトハタと一緒に泳いでいるうちに、お馴染みのキンセンフエダイとホソヒラアジの群れに遭遇しました。
日に日に量が更に増えている気がします。
川のようなキンセンフエダイ、壁のようなホソヒラアジ。
群れに突っ込んで遊んでもキレイ。そのまま眺めていてもキレイ。
皆、群れとしばらく遊びました。

時々大きなコガネアジが群れの中に入り、キンセンフエダイの群れが急に渦を巻いたりしてすごく面白かったです。
やはり今のタオ島の群れで特に量がすごいのはキンセンフエダイ、ホソホラアジの群れです!!
明日はチュンポンピナクルへ行ってきます。
またまた群れに巻かれてきますーーー!!!!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら!)
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/03(日) 23:27:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.02

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

今日もチュンポンピナクルに行ってきました!!

魚影も濃く、ユメウメイロとジャワラビットフィッシュとササムロが中層を埋め尽くすように群れていました。
かなり近寄っても、魚はこっちを気にすることなく口をパクパクしながら泳いでいます。

ヤイトハタ

今日も逃げないヤイトハタは健在です。
写真ようにかなり近づいてもクリーニングが気持ちいいのか逃げません。
正面から近づきすぎると口が大きいので食べられそうな感じがします。

キンセンフエダイ

その周りにはキンセンフエダイの大群、大きなオオクチイケカツオとコガネアジがユメウメイロを狙って泳ぎ回り、もう水中は大賑わいでした。

プランクトンはかなり豊富でやつが出そうな雰囲気は本当にあるのですが・・・・・

報告/YUTAKA
写真/ヤイトハタとキンセンフエダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/10/02(土) 17:14:33|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.10.01

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/10m
透明度下/15m

gingameaji

早いもので、今日からもう10月ですね。
今日はフルデイトリップでセイルロックへ行っていました。

ギンガメアジの群れ、ツバメウオの群れ、バラクーダの群れ、キンセンフエダイの群れ、ホソヒラアジの群れ、イエローバンドフュージュラーの群れ、ジャワラビットフィッシュの群れ・・・
相変わらずの群れ群れ群れ尽くしでした。

キンセンフエダイの群れを撮っていたら、いろんな魚が群れの中に突っ込んで来ました。

tsukityou

タオ島らしい魚その1、ツキチョウチョウウオ。

wanuke_kinsen

タオ島らしい魚その2、ワヌケヤッコ。

koganeaji_kinsen

元気にハンティングを繰り返すコガネアジ。

pick_kinsen

ピックハンドルバラクーダも登場。なかなかの貫禄です。

後はジンベエが出てくれれば言う事なしなのですが・・・
今日は出ませんでした。

もうすぐ始まるカオラックのシーズン。
引っ越しまで後わずか。
来るカオラックの海に期待が高まりつつも、名残惜しいタオ島の海で潜りまくっておこう。

報告/TAKESHI (TAKESHIブログはここをクリック
写真/ギンガメアジ、ツキチョウチョウウオ、ワヌケヤッコ、コガネアジ、ピックハンドルバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/01(金) 23:21:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD