Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2010.12.31

ロケーション/カオラック
天候/くもり
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

アケボノハゼ

大晦日のカオラックです。
2010年の潜り収めはコボンにて2本潜りました。

穏やかな流れのなか、リッジ(先端)へと進みます。

ハタタテハゼ

今日も群れが充実です。
キンセンフエダイ、カスミアジ、
イエローバックフュージュラーなどなど。

アイドル・フィッシュでは、
オレンジ色でかわいいハナダイギンポ、
黄色い身体のアケボノハゼ、をじっくりと鑑賞できました。

すると突然!目の前に黒い影!
大晦日マンタの登場です!

最近、あまり見かけなかっただけに、
この年末になって現れるスターぶりはさすがです。

1本目、2本目ともにマンタを見ることができ、
最高の2010年潜り収めとなりました。

2010年もタオ島店、カオラック店ともに、
多くのお客様にお越し頂きまして、本当に大ありがとうございました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

ビッグブルー スタッフ一同

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/アケボノハゼ、ハタタテハゼ by 本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/31(金) 21:37:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.31

ロケーション/タオ島
天候/晴れ時々曇り
水温/28 ℃
風/あり
流れ/少
透明度上/15m
透明度下/10m
シェベロンバラクーダ

大晦日のタオ島です。
島でカウントダウンを楽しもうという人たちで賑やかです。

そして今年最後の潜り収めダイブです。
やや風がありましたが、今年の締め括りは勿論チュンポンピナクルへ。

やっぱり今日もエントリーするとすぐにドーンと大量バラクーダの群れに遭遇。
根の近くでホントに数が多いのです。

キンセンフエダイたちも相変わらず鮮やかな黄色の塊を形成し、主のヤイトハタも落ち着いた様子でいつものところに。
相変わらず魚影濃いーです。

ジャワラビットフィッシュを眺めながら来年の干支を思い出しました。
なんだか魚たちみんなに今年も一年ありがとうという気持ちでした。

おかげさまで今年も無事に一年を締めくくれました。
カオラックからmasaruも書いておりますが、2010年も多くの皆様に来ていただきました。
今年も一年、本当にありがとうございました。

スタッフ一同、2011年も一層のサービス向上を目指していきたいと思いますのでビッグブルーダイビング・タイランド来年もよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年を!


報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/31(金) 18:30:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010,12,30

ロケーション/カオラック
天候/くもり
水温/28 ℃
風/ほぼ無し
流れ/ほぼ無し
透明度上/25m
透明度下/20m

少し波がありましたが晦日のディトリップは、
リチェリューにて2本潜りました。

水中のコンディションは最高。流れもとても穏やかです。

エントリーしてすぐに大きな音が!

カンカンカンカン!

クマ・チームはキンセンフエダイの上を、
通りすぎるマンタを見たそうです。

潮が当たっている方へ進むと、ピックハンドルバラクーダ、
ブラックフィンバラクーダ、タカサゴが群れています。

アイドル・フィッシュも充実です。
タイガーテールシーホース夫妻、
赤いニシキフウライウオ、トマトアネモネフィッシュの幼魚は、
イソギンチャクから飛び出して遊んでいました。

明日は大晦日!2010年潜り収め。
コボンとタチャイにて潜ります。
どんなお魚が待っているでしょうか!


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/30(木) 17:16:03|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.30

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/28 ℃
風/あり
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m

少しずつ波が治まってきたタオ島です。
雨も降らず、天気のいい日が続いています。

昨日、チュンポンピナクルでジンベエザメが出現!
私たちはニアミスで見ることができなかったため、今日こそは!
と潜りに行ってきました。

チュンポンはいつ行っても魚がたくさんいるので何度行っても
飽きません!
今日は、キンセンフエダイの群れをじっくり見ていると、
中層でヤイトハタがホバリングしていました。
見つけた時には大きかったのでもしやジンベエ!?と思ったけど、
ヤイトハタでした。
最近は、シェベロンバラクーダの群れもすごいです。
ぐるぐるとトルネードしてました。
中層にいる魚を捕食しにコガネアジがアタックする姿も見物です。

2本目はアドバンスの講習でDPV(ダイバー・プロパルジョン・ビークル)をやりました。
水中スクーターを使って楽してダイブサイトを広範囲に楽しむことが
できます。
普段のダイビングとは違ってたまにはDPVを使って潜るのも
面白いかもしれません。

今年も残すところあと1日!
昨年は、大晦日にジンベエが出ました!
今年もジンベエで締めくくるか!?
明日の海ログをお楽しみに・・・☆

報告/IYO
  1. 2010/12/30(木) 16:19:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.24-28

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m

1日目
① アニータズリーフ
② ウェストオブエデン
③ ディープシックス
④ ハネムーンベイ

スカシテンジクダイ、キンメモドキ


今回のトリップはクリスマスイヴ&クリスマス!!
サンタクロースの赤い帽子をかぶって潜ってきました。
天気も良く、海は穏やか!ダイビング日和でした。

太陽の光がサンサンと入り、
フサフサに生えるソフトコーラルは鮮やかで
その周りにはスカシテンジクダイ、キンメモドキ、
キンギョハナダイがぐちゃっと群れていました。

砂地にはアンダマンジョーフィッシュ、チンアナゴが顔を出して、
ハナヒゲウツボは黄色だった個体が,
また少しづつ青に戻ってきたような・・・・
(メスからオス????)

巣穴から出て周りを見渡しているアケボノハゼ、
オーロラパトナーゴビー。
見上げるとフュジュラーが川のように,
流れその後ろを追いかけるようにイソマグロが泳いでいました。
カメやナポレオンまで見ることができ,
これから大物がでるような気が!!!!

2日目

① エレファントヘッドロック
② クリスマスポイント
③ コボン
④ コタチャイ・リーフ

ソフトコーラル


2日目はマサルが報告します!
今日も快晴!ジリジリと暑いです。

1本目はエレファントヘッドロック。
透明度は30m以上ありそうです。
ブルーの世界へと潜降していきます。

大きなイソマグロが数匹、目の前を通り過ぎていきます。
このポイントは巨大な岩が折り重なっているので、
スイムスルーもいっぱいです。

マッコスカーズフラッシャーラスや、
女性に大人気のハナダイギンポなど、
アイドル・フィッシュにご挨拶です。

2本目はクリスマスポイント。
今回のトリップは、クリスマス・クルーズ!
もちろんクリスマスポイントは外せません。

紅白のハタタテハゼやイヤースポットブレニー、
スカシテンジクダイを捕食するイケカツオを観察していると、
大きなナポレオンが現れました。

3日目
① コタチャイピナクル
② リチェリューロック
③ リチェリューロック
④ コタチャイピナクル

ニシキフウライウオ



3日目はMAYUKOが海情報をお伝えします。
お天気も良く、午前中は風があり少し波があったのですが,
午後からは穏やかになりました。

水中は一日中流れもなく、おだやかなダイブになりました。

リチェリューロックでは、サーモがあったので,
キレイなところと白っぽい海の色にわかれていました。

ちょうどキレイなところに,
ブラックフィンバラクーダが群れていたり、
オニアジがカップルで追いかけっこをしたりしていました.

水底には大きなコブシメがいたり、
キンセンフエダイがたくさん群れたりしていました。

アイドルのタイガーテールシーホースのカップルや,
ニシキフウライウオもじっくりと観察することができました。

トマトアネモネフィッシュは大人から若魚、幼魚まで一通り見てまわり、
その途中にはすごく小さなミナミハコフギの幼魚も何度か見かけました。

サンセットダイブでは、ものすごい群れの,
マテアジやクマザサハナムロに囲まれながら泳ぎ、
ライトでチラチラと照らすと群れが,
右へ左へ動いて面白かったのでライトを皆で振って遊びました。

そうするとロウニンアジが現れたりもしたので、
次はいよいよ大きなもの!!と期待もしたのですが、
大物は現れてくれませんでした。。でも面白いダイブでした!!

3本目はコボンにて。
抜群の透明度の中、リッジ(先端)へと進んでいきます。

中層にはタカサゴやカスミアジが群れ、
浅羽ではデバスズメダイが乱舞していました。

ベラの産卵シーンも観察することができました。

4本目はコタチャイ・リーフ。
緩やかな斜面を進んでいくと、
スカンクアネモネフィッシュが寝ていたり、
大きなドクウツボが頭にエビを乗せたりもしていました。

4日目

① コボン・ピナクル
② コボン・ウェストリッジ

IMG_5728-2.jpg

最終日も快晴の朝です。
朝日が素晴らしく綺麗でした。

1本目はコボンのピナクルにて。
サメを探して深場へと進みます。

イエローバックフュジュラーの壁を見ながら進んでいると、
カスミアジの群れがこちらへと向かってきます。

水底近くにて大きな、
ブラックフィンバラクーダが渦を巻いています。

その時、チリンチリンとユタカ・チームの音が聞こえてきました。
そちらを見ると、レオパードシャークが優雅に泳いでいます。
そして、水底へと着底したので、
じっくりと眺めることができました!

4本目はコボン・ウェストリッジ。
30m以上見えてそうな透明度の中、
中層を飛ぶように気持ちよく進みます。

もう1度じっくり見たい!というリクエストで、
アケボノハゼとハナダイギンポを独占。
これでもか!というほど写真をいっぱい撮ってもらいました。

コンディションも最高。
明日からの年越しクルーズも期待大です!

報告/1日目 YUTAKA
   3日目 MAYUKO
   2・4日目 masaru (マサル・ブログはこちら
写真/ニシキフウライウオなど お客様提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2010/12/28(火) 21:45:48|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.12.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/7m

天気はいいですが、少し風が出始めたタオ島です。

今日の午前中は、またまたチュンポンピナクルに行ってきました!
やっぱりここのダイブサイトの魚影は本当にスゴイ。
今日は、下の方が少し濁っていましたが、中層では、ユメウメイロや
イエローバンドフュージュラー、ジャワラビットフィッシュが
群れ!群れ!群れ!
そして、昨日に引き続きシェベロンバラクーダの群れが
壁のようになっていました。
メインの根の上には一面にセンジュイソギンチャク+ハナビラクマノミ!
どこを見ても飽きないほどたくさんの魚がいます。

2本目は、ツインズへ!
透明度も前日に比べてよくなり、水底まで見ることができました。
名物のトウアカクマノミや、ギンガハゼ、レッドマージンシュリンプゴビー
をじっくり見ながらまったりダイビング。

タオ島も年末年始に向けて多くのお客さんが到着し、
盛り上がってきています!
カウントダウンでは花火がたくさんあがるので楽しみです☆

報告/IYO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/28(火) 13:23:48|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/北東
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/10m
ヤイトハタ


西の横綱リチェリューロックならばこちらは東の横綱チュンポンピナクルです。

昨日から到着のゲストTさんとマンツーダイブにいってきました。
今朝は少し風がありましたが、海の中は凄いことになってました。

潜降してすぐにシェベロンバラクーダの群れ。
群れの先端からどこまで続くのかというくらいその数ハンパないです。

メインの岩壁にはTさんのリクエストである巨大ヤイトハタ二匹登場。
周りにはこれまた1m弱くらいのオオクチイケカツオが捕食のためか狂ったように泳ぎまくってます。
その先には鮮やかな黄色の塊キンセンフエダイの群れ。

さらにさらに数こそ少ないもののギンガメアジ群、普段は比較的根の外側によくいるピックハンドルバラクーダ、その外側をこれまた無数のオニアジの群れがビュンビュン泳いでいたり。

水温が今年異常に高かった夏場よりも下がっているせいもあると思われますが、全体的にこれらの魚たちは普段より浅いところへ上がってきているし、みんな根のすぐ側です。

しかも潜降してさほど移動せず20分足らずでこれだけ見れちゃいました。
勿論中層ではユメウメイロやイエローバンドフィージュラーたちもグッチャリ。

今年夏場の一時期のコンディション低下を思い返すと、この年の瀬になって魚影爆発かと思っちゃうくらいです。
これであとはヤツが出てくれれば・・・

日本ではエビスザメって地方名あるくらいだし、元日あたりに縁起良くドーンと登場してくれないかなぁ。


年末年始をこちらで過ごされる方々も続々と到着予定。
タオ島も盛り上がって行きますよー

報告/RYO
写真/ヤイトハタ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/27(月) 21:45:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.26

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

今日はリチェリューロックへ行ってきました。タイで人気ナンバーワンと言われるポイントです。その魅力は、魚影の濃さ、サンゴの美しさ、固有種やレアもの、そして大物への期待などなど・・・、面白さが凝縮されたスーパーダイブサイトなのです。

さて、本日のお客様は、『チャバ会写真部』部員のBoominちゃんでした。水中写真を一生懸命撮るので、ガイドの僕らも思わず熱くなってしまいます。(笑)

透明度は良かったのですが流れが中途半端だったこともありそこまでの大きさの群れは見れませんでしたが、Boominちゃんは余白の美というか、バラクーダの群れのすき間に美しい光のカーテンを入れて撮ってくれました。

boomin1

リチェリューロックはワイドだけじゃなくマクロも面白いです。固有種のトマトアネモネフィッシュがリチェリューロックならではの元気なソフトコーラルに囲まれて生きているシーンをBoominちゃんがワイドレンズで撮ってくれました。

boomin2

このトマトちゃん、なかなかゴージャスなお住まいですね。(笑)

今年の年末年始はお天気良好、海はベタ凪、透明度良しで、水中写真を撮るにはもってこいのコンディションです。皆さん、是非、傑作を撮って行って下さいね。

報告/TAKESHI
写真/ブラックフィンバラクーダ、トマトアネモネフィッシュ (by 本日のお客様/Boominちゃんのブログはこちら)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/12/27(月) 00:45:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.26

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/7m
透明度下/5m

tao


天気は快晴!
しばらくバンコクオフィスにいたため、肌が白くなってしまったけど、
ここ数日ですぐに真っ黒になってしまうのではないかと思うくらい日差しがきついタオ島です!
年末年始をタオで迎えるお客様も徐々に到着して、ファンダイビング、
講習と楽しんでいます♪

今日は、ジャパニーズガーデンとツインズで潜ってきました。

水温が下がっているため、サンゴも少しずつ元に戻り、周りにたくさん
いるスズメダイがきれいです。
何度かタオで潜っているお客さんだったため、リクエストのあった
ケーブをくぐって遊びました。
ゴマアイゴがホンソメワケベラにクリーニングされて色が黒っぽく
変わっている所や、アカマダラハタがソリハシコモンエビにクリーニング
されて、手で触れるくらい近寄っても逃げない程
気持ちよさそうにしている所をじっくり観察しました。

最近、夕陽・夕焼けがきれいに見れます!
午後のダイビングが終わってからビーチ沿いでビールを飲むのも
最高ですよ☆

報告/IYO
写真/サイリービーチ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/26(日) 22:27:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

シェベロンバラクーダ

カオラックからタオ島に戻ったRYOです。
タオ島ではクリスマスイブの24日は夜遅くまで大騒ぎ!
欧米の人達にとってはやはり特別な日なのを実感。
翌25日は午後ボートのみでした。

こちらもBKKから戻ったばかりのスタッフIYOと二人で調査ダイブに行ってきました。
ローシーズンということで透明度は当然落ちていると思いきや、結構水底まで見えるし良さそうです。
ユメウメイロにジャワラビットフィッシュ、そしてかなりの数のシェベロンバラクーダ群。

シミランで潜ったあとですが、さすがにこの時期透明度は負けますが魚影の濃さはやはりタオ! とにかく数は多いのです。

ヤギを見て回るとゴルゴニアンシュリンプも比較的大きな個体が多く見かけられました。

深場で見つけたトウアカクマノミは卵を守ってました。
先の海ログでもお知らせしているようにこの時期はハッチアウトの季節。
水温も28℃くらいで安定しているおかげと考えられます。

水温ということで、この夏の水温上昇によるダメージも少しづつ回復してくれるかなァ?
そのあたりもこれからじっくりと見ていかなくては。

この時期のタオ島は東側からの風が強いはずですが現在穏やかで外洋にもボートは楽々でているし楽しめます。
さらにこれから新年のカウントダウンに向けて島内の雰囲気もまたまた盛り上がっていきます。

年末年始の年越し、潜り納め潜り始めをタオでいかがでしょうか?

報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/25(土) 10:54:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.23

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

richelieu

暑い!日差しのなか、
今日はリチェリューへいってきました。

少し波がある予報でしたがほぼベタ凪。
水面をスイスイと、ブルードルフィン号が進みます。

リチェリューへ到着すると、
ほとんど他のクルーズ船もいません。

なんと、ほぼ貸し切り状態です。
透明度もバッチリ。気持ちよく青い世界へと潜降します

まずは潮が当たっている方へ進むと、
ピックハンドルバラクーダが群れていました。
そのうちの1匹は本当~に大きくて、丸太のようです!

ブラックフィンバラクーダ、マブタシマアジ、
キンセンフエダイ、タカサゴの群れで、
中層はどっちを見ていいかわからないくらいグチャグチャです。

大きなヨコシマサワラが、タカサゴの群れへアタックするたびに、
群れの形が大きく変わり、ダイナミックです。

また、リチェリューのアイドル、
タイガーテールシーホースや、ニシキフウライウオ、
トマトアネモネフィッシュ、もじっくりと独占して見ることができました。

最高のコンディションのカオラック!
皆さんの、お越しをお待ちしてます!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/本日のお客様とキンセンフエダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/12/23(木) 17:55:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.19-23

ロケーション/シミランクルーズ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/30m
透明度下/20m

1日目
①アニータズリーフ
②ウェストオブエデン
③ディープシックス
④ハネムーンベイ
oyogu.jpg

晴天!穏やか!
お天気完全回復しました!
透明度は良い感じのまま、プランクトンの量が増えている気がします。手や首が少しチクチクします。大物が出る予感?!
この日は大きなイソマグロが捕食中で大迫力でした。
たくさんのイエローバックフュージラー、イエローダッシュフュージラーが同じ方向へ猛スピードで泳いでいるその後ろから何匹もの大きなイソマグロがブルブルと体を震わせて音を出しながら追いかけていました。一緒にサザナミトサカハギの群れも逃げていて、水中はイソマグロに狙われるサカナたちで大混乱状態でした。
hanahige_20101223182450.jpg

水面近くではサバヒーの群れがたくさん見られました。水底近くでは、アンダマンスィートリップス、アケボノハゼ、ハナヒゲウツボ等、シミラン諸島で人気のサカナたちにも会いました。水面休息中は、アオウミガメと一緒に泳いで遊び、とても充実した一日になりました、。

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンリッヂ
④コタチャイリーフ
day2hanadaigi.jpg

早朝に一度スコールがありましたが、その後は晴天でした。
今日は地形がダイナミックな場所で潜っていたので中層を泳いだり、スイムスルーをくぐったり、岩の穴から顔を出して遊んだりしました。
キレイな小物系では、マッコスカーズフッラッシャーラスは不発。。求愛行動を一瞬しかしてくれませんでした。
可愛いハナダイギンポやアンダマンフォックスフェイスなどをじっくり見たり、今晩ハッチしそうなクマノミのタマゴ持ちコロニーを見たりもしました。
kame_20101223183551.jpg

今日はカップルと見られるタイマイが2匹、サンゴのガレをガリガリとかじっていました。
食べるのに夢中だったので、一緒に記念撮影をしたりして遊びました。

3日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④コタチャイピナクル
kobushime1.jpg

今回のリチェリューロック、ものすごくコンディションが良かったです!
お天気も良かったので、とても明るい太陽の光が差し込み岩肌に生えるソフトコーラルたちが本当にキレイでした。
キンセンフエダイの群れの中に突っ込んで遊んだり、コブシメのカップルを尾行したりもしました。今日は、タオ島のチュンポンピナクルにいるヤイトさんこと、ヤイトハタとそっくりなリチャリューロック版ヤイトさんにも会いました。周りにコガネシマアアジに幼魚を2匹引き連れ、水底にドーンと居座っていました。近寄っても逃げないので、皆で取り囲んで見ていました。
tomato_20101223183809.jpg

他にはお馴染みのタイガーテールシーホースやトマトアネモネフィッシュ、ニシキフウライウオ、アンダマンウバウオ、アンダマンミミックファイルなどマクロものでも楽しみました。
ubauo.jpg

サンセットダイブのコタチャイピナクルでは、私チームは張り切って一番にエントリー!!したのですが、最後にエントリーしたチームがばっちりとマンタに遭遇。私チームの方Rさんはダイブ後ボートから水面近くに来たマンタを見かけたとのこと。でもマンタはまた出始めています!!次の日は見れ
るかどうかーーーーー!!!
yaito-san.jpg

4日目
①コタチャイピナクル
②コボンリッジ
day2yukara.jpg

今回のトリップはお天気に恵まれこの日も青空が広がっていました。
何かが出そうな予感ありの速い流れの中、潮当たりの良い場所で大物を待っていました。
クマザサハナムロ、イエローダッシュフュージラー、イエローバックフュージラー等がうじゃうじゃと群れ、中層、岩肌はサカナでいっぱいになっていました。その中にカスミアジの群れやロウニンアジがアタックしていて大迫力でした。
ダイビングの終わりには大きなオニカマスが中層に現れたり、次から次に現れるサカナたちを見ながら楽しんでいました。
。。この日は残念ながらマンタに会えず。。。まま終わりました。。
大物はおしくもミアミスしてしまったとりっぷでしたが、ダイビングもボート上も毎晩盛り上がり、とても面白かったです。

海のコンディションよ!このまま年末年始まで続けーーーー!!!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら)  
写真/本日のゲストより提供!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/23(木) 16:26:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.22

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

天気と海況が落ち着いてきました。
これからの予報もいい天気が続きそうです。

昼間にサイリービーチでトウアカクマノミの卵探し。
水温はハイシーズンより低いですが、それでも28℃ありました。
一定の温度が続くとトウアカクマノミは卵を産み始めます。
最近の水温は28℃をキープしているので、期待が深まります。

エントリーして透明度はまずまず!!!
移動してすぐに最初のトウアカに・・・・・
卵がありました!!!
場所は少し見えずらい場所にありましたが、3、4日後にハッチアウトが見れそうです。
幸先がいいスタートで他のコロニーへ!!

トウアカクマノミ

次に行ったコロニーは卵はなかったですが、共生しているクマノミが1匹増えていました。
その後に7箇所のコロニーを回って5箇所も卵がありました。
数日後にハッチアウトラッシュが始まりそうです。

結果は数日後の海ログをお楽しみに!!
見たい方は今すぐタオ島へ。

夕焼け

報告/YUTAKA
写真/トウアカクマノミ、本日の夕焼け

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2010/12/22(水) 18:42:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.20

ロケーション/カオラック
天候/くもり
水温/28 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m
レオパードシャーク

カオラック登場のRYOです。
本日のポイントはコ・タチャイにコ・ボン

一本目のコ・タチャイはゆるーい流れでエントリーも楽々。
魚影を期待するならもう少し流れが欲しいかなと思いながらも、透明度は良いしイエローバックヒュージュラーやイエローダッシュヒュージュラー等のタカサゴ系はしっかり群れていました。

ブイラインから泳ぎ始めると前方に優雅に泳いでいるレオパードシャークが登場。
根を回りながら深場で見れるかな思っていたので、最初っからテンション上がります。
特徴的な長い尾をゆったりと振りながら泳ぐ姿はカッコイー。

その後はゆっくり根を回っていくとブラックフィンバラクーダの群れが見えてきました。
ばらけているようで最初現れた時は数も少なかったのですが、だんだん増えてくるし、さらに外側の奥の方にも薄っすら群れが見えてきました。
いいタイミングにあえばかなりの数がまとまりそうでした。

二本目は移動してコ・ボン。

エントリーするとここでは程よい流れに乗って流します。
途中で見る岩の周りにはスカシテンジクダイやキンギョハナダイたちが彩り美しく演出しています。

人気者のアケボノハゼやハタタテハゼも近づいても結構逃げない個体をゆっくり見ることができました。
最後はブラピ(ブラックピラミッドバタフライフィッシュ)の群れに囲まれながら安全停止。

つい最近の連日マンタ出現で終始キョロキョロしてましたが残念ながらマンタは現れませんでした。
でもまたそのうちバンバンでてくれることでしょう。
次回に期待です。



報告/RYO
写真/レオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/12/20(月) 18:07:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

今日はツインズに行ってきました。

今回はいつもと違った場所に行っていろんな発見!!!
まず、トウアカクマノミを新たに見つけ、クマノミはまだ1匹しかいませんでしたが、共生しているイソギンチャクにたくさんのエビがいました

昨日KOKIが海ログでアップしていたシーホースとは
別に1匹小さな個体を・・・・
網に体を巻きつけて、擬態するためか体にコケが付いていました。
網から移動していなければこれから観察してみようと!!!
その周りを泳いでいると、
コクテンハギが水底生物を食べながらウロウロしていましした。
近づいてじろじろ見ていると、興奮しているのか、周囲の環境に擬態しようとするのか、ころころ体色が変わるのが面白いです。
コクテンハギ1
コクテンハギ
今回は黒のときと白のとき両方撮ることができました。

まだまだ潜りきれていないのでこれからいろんな場所を潜らないと!!!

報告/YUTAKA
写真/コクテンハギ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/20(月) 16:57:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/10m

ここ数日また風の強いタオ島です。
それでも晴れ間もあって透明度もまずまずなので、
午後からマクロ狙いで近場へGO。

本日最初のお目当てはクロウミウマ。
今日は水底もサーモがかかっていなかったので楽勝!
と思いきや、擬態の名手に少々手こずりました。。。

今日出会った個体はアンダマンの大本命ダイブサイト、
リチェリューロックのタイガーテイルシーホースを意識した、
虎柄の個体。

SeaHorse.jpg

負けじと頑張ったのか、しっぽだけでなく全身虎柄です(笑)。
名前も対抗してタイガーシーホースで。(駄目ですかね?)

20センチはありそうな大振りの個体で、
全身を写し込むのに一苦労。。。
最後はお行儀良くご覧の通り巻き巻きしっぽ。

お次はタオの看板甲殻類ことゴルゴニアンシュリンプ。

まだまだ大量発生中で、
今日はなんと!驚きの7連打!!!!!!!
1本のムチヤギに大小7匹のゴルゴが並ぶ姿は圧巻です。

60mmマクロでは3匹が限界でしたが。。。

Gorugo_20101220012917.jpg

夏場は忙しくて撮りたくても撮れなかったあれこれ。
今年の撮りこぼしは今年のうちに!と、
大掃除そっちのけで2010年潜り納め週間です。

撮りこぼしと言えば、、、言いませんけどアレも。。。
年末ですし、ここはドドーンと出てくれませんかねぇ。

報告/KOKI
写真/クロウミウマ、ゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/19(日) 20:12:49|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.18

ロケーション/カオラック
天候/くもり
水温/28 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

kobushime

今日はベタ凪の中、リチェリューロックへ行って来ました。

ここの見所は魚影の濃さ!
だだっ広い大海原にポツンとある根はサカナにとって絶好の
生活の場なのです。
まずは、壁一面に広がるキンセンフエダイの群れを堪能。

そのバッグでは鮮やかな紫色のソフトコーラルがお花畑
のように根を覆い尽くし、スカシテンジクダイやユカタハタが
気持ちよさそうに泳いでいます。

岩肌ではコブシメの求愛シーンをじっくりと観察しました。
今回は大きなオスの隣で、小さいオスが仲間に入れてとばかりに
寄ったり離れたり・・・
しかし全く相手にされず悲しげに周りを漂うばかりです。

その下では、幼魚から成魚になる過程でしか見ることの出来ない
困り眉毛のトマトアネモネフィッシュ、岩陰ではお馴染みの
タイガーテイルシーホースや見事に擬態したニシキフウライウオ、
最近見かける1㎝程のミナミハコフグの幼魚やワヌケヤッコの幼魚
など、マクロを中心に眺めていきました。。

途中、貫禄たっぷりのブラックフィンバラクーダが悠々と
泳いでいくシーンにも遭遇しました!

明日はシミラン諸島へ行ってきます。
海ログをお楽しみに!!

報告/MIHOKO
写真/コブシメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/18(土) 21:09:38|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.15-18

ロケーション/シミランクルーズ
天候/晴れときどき小雨
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度上/30m
透明度下/20m

2010.12.15-18 pawara


1日目
① アニータズリーフ
② ウェストオブエデン
③ ディープシックス
④ アニータズリーフ

pink_anemone


初日から晴天でした!お天気回復!
波は完全にはおさまっていませんが、
予報ではこのトリップはとてもおだやかな予定とのこと。

流れもあまりなく、とてもまったりとしたダイブを今日はしました。

中層に群れる、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュやムレハタタテダイ、
相変わらずたくさんのスカシテンジクダイを見ながら、
中層をゆっくり泳ぎました。

水底を見ればアケボノハゼ、
ハナヒゲウツボ等も元気に活動していました。

中層にしばらくいると、
ミカヅキツバメウオがこちらにやってきました。

私たちに興味があるのか(?)
微妙な距離をとって付いてきました。
可愛いなぁと思って見ていると、
突然大きなイソマグロが2匹すごいスピードでやってきて、
ミカヅキツバメウオを襲っていました。。

逃げ切ったミカヅキツバメウオは,
そのまま遠くへ慌てて逃げて行っていましました。
イソマグロは私たちのすぐ目の前まで来たので大迫力でした。

deep6


2日目
① エレファントヘッドロック
② ノースポイント
③ コボン
④ コタチャイ

今日も良いお天気。その上海も穏やかになりました。

大きな岩が重なりあう所で地形を楽しみながら泳ぎ、
岩に窓のような穴が開いているところでは,
お馴染み写真を撮ったりして遊びました。

ヨスジフエダイやキンセンフエダイが群れる中に、
クマザサハナムロやササムロが,
川のように横切っていき、とてもキレイでした。

他にはアンダマンスィートリップス、
マッコスカーズフラシャーラスなども見ました。

今日は大物も狙っていましたが、
皆でレオパードシャークにも会うことができました。
全く逃げない個体で、
ハゼのようにジリジリと寄っていって,
最後にはかなり大接近しても逃げませんでした。

沖合いでは大き目のカスミアジの群れが、
水底の何かを食べていたのか入り乱れるように泳ぎ回っていました。

そこへコガネシマアジやアカマダラハタも混ざって,
その場は大混乱のようになっていました。
この日、コボンでマンタは残念ながら見ませんでしたが、
面白いダイブでした!

トラフ&マユコ



3日目
① リチェリューロック
② リチェリューロック
③ リチェリューロック
④ コタチャイ・ピナクル

3日目よりマサルが報告します!
今日も快晴で暑いです!

リチェリューにて3本潜りました。
今日のリチェリューは最高のコンディションです。
天気よし、透明度よし、流れなし。

海のアイドルも健在です。
2匹のタイガーテールシーホス。
妊婦の個体は今日も大きなお腹をしています。

赤いニシキフライウオはシャイな性格のようで、
岩の奥のほうでユラユラと揺れています。
今日はダイバーが少なく、アイドル・フィッシュを独占でした。

美しいソフトコーラル段々畑では、
2匹のコブシメが求愛していました。
なんともロマンティックな場所を選んだものです。

トマトアネモネフィッシュの赤ちゃんは、
首周りの白いラインがとってもキュートです。
カメラ派ダイバーにはたまりませんね。

3cmほどのキンチャクダイの幼魚。
ワヌケヤッコの幼魚でしょうか、
真っ青に輝く姿を岩からチラチラとダイバーに見せてくれます。

ワイドどころではキンセンフエダイや、
ブラックフィンバラクーダ、ホソフエダイ、
マブタシマアジ、コバンアジを目の前で観察。

3本潜っても、潜り足りない、
絶好のコンディションのリチェリューでした。

4本目はコタチャイにてサンセットダイブ。
流れもなく、穏やかなコンディションでした。


大きなカスミアジが群れを成して目の前を通れば、
クマザサハナムロの群れはそのかたちを大きく変え、
ダイナミックな景色を眺めながら中層を進みます。

すると!視界の隅にサメのシルエットが!
レオパードシャークが優雅に泳ぎ去るところを見ることができました。

後半はアンダマンスイートリプスやゼブラモレイ、
コラーレバタフライフィッシュを観察して安全停止へ。

浮上すると夕日と虹が見え、
なんとも幸せなサンセットダイブとなりました。


IMG_1361 のコピー


4日目
① コタチャイ・ピナクル
② コボン 

最終日、1本目はコタチャイにて潜ります。
中層にはイエローダッシュフュージュラーや、
ササムロなどのタカサゴがぐっちゃり群れています。

カスミアジもいっぱいです。
獲物を狙って集団で移動していました。

ブダイが産卵をしていました。
その卵を狙って、アカモンガラがアタックしています。

2本目はコボンにて。
深場にてアケボノハゼをじっくりと鑑賞していると、
大量のクマザサハナムロが川のように流れていきます。

潮が当たっている場所へ到着すると、
カスミアジやイソマグロが目の前を泳いでいきます。

大物は!・・・出ませんでした。

今回は波もほとんどなく、天気もばっちり!
最高のクルーズとなりました!!

ソフトコーラル背景のアケボノハゼ

報告/1・2日目MAYUKO
   3・4日目MASARU(マサル・ブログはこちら
写真/アケボノハゼなど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/18(土) 18:03:03|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.12.17

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち雨
水温/28 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

インディアンダッシラス

カオラックの海ログを初めて投稿しますMIHOKOです。人生初のアンダマン海!潜ってきましたー!!向かう先は、マンタ遭遇率の高いコ・ボン。

エントリーした瞬間、真っ青な海と地形がくっきり広がり、まさに「泳いでいるだけで気持ちいい!」といった感じです。

まずはアケボノハゼと初対面し、実際に間近で見る体のグラデーションとアイシャドウの鮮やかさに感動!!いつまでも眺めていたくなります。

その後はのんびり泳ぎながらアンダマン固有種を拝見。ブルーの体をギラギラと光らせているアンダマンダムゼルや、タオでよく見かけるフタスジリュウキュウスズメダイに形が似ているインディアンダッシラス。白とブルーの小班がとてもキレイです。

他にも、インディアンバカボンドバタフライフィッシュ(バカボンド=放浪者の意味だそうです)が所々ペアで泳いでいたり、白い体に黒の水玉模様が特徴的なアンダマンスウィートリップス(別名アンダマンコショウダイ)など、固有種のオンパレード!

そして、期待の大物は??
残念ながらマンタには会えず・・・。

しかし!大きなホワイトチップリーフシャークが水底から沖へと泳ぐ姿を見ることができました。初めてシャークという名の付く生物を見て、内心ゲストの方より興奮していたと思います。。。

初めてアンダマン海を潜った感想を一言でいうと「色鮮やか!」個人的に一目惚れをしたのは、尾鰭まで続く鮮やかな黄色とお腹の紫がとてもキレイなイエローテイルフェアリーバスレットと、オレンジ色の
キンギョハナダイ。それぞれクリアな海のブルーにひらひら舞う蝶のようで、本当にキレイな姿をしています。


同じタイでも、タオ島とはまた違った雰囲気のカオラック・アンダマン海。どちらもそこでしか味わえない感動や楽しさ、面白さを感じる事ができます。

満月が過ぎたらマンタ出現率も高くなるとの噂!みなさんのお越しをお待ちしております☆

報告/MIHOKO
写真/インディアンダッシラス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/17(金) 22:13:05|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼ無し
流れ/ほぼ無し
透明度上/15m
透明度下/5m

ChebronBaracuda003.jpg

「梅雨明けか?」との噂もあるタオ島です。
今日も朝から快晴!絶好のダイビング日和!!

向かったのはチュンポンピナクル。
透明度も群れが楽しめるレベルになってきました。

今日はシェベロンバラクーダとコガネアジがいい感じでした。

シェベロンバラクーダはピナクル周りに3つのグループがいて、
それぞれが体格の良い成魚メインでしかも1,000匹単位の規模!!

岩肌を滝の様に流れ落ちたり、中層でトルネードをきめてみたり、
間近で見ると壁のようなバラクーダの迫力に圧倒されます。

KoganeAji_20101216175338.jpg

岩の上ではコガネアジの捕食シーンが見物!

捕食対象のイエローバンドフュージュラーは我れ先に!と一目散。
まるで鬼ごっこの鬼から逃げ回る子ども達のようです。

コガネアジもグループ捕食という頭脳プレーに出て、
朝から熱いバトルが繰り広げられています。

補修の為にドック入りしていたBANZAI号も明日戻ってきて、
明後日からは3艘体制で潜りまくります!!

フルデイトリップ開催も近い!?

報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ
   コガネアジとイエローバンドフュージュラー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/16(木) 16:16:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.15

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m

20101215.jpg

今日も青空のカオラック。だいぶ天気が安定してきました。
一本目はタチャイ・ピナクル。
マイルドな流れの中、タカサゴ達がゆるゆると川のように流れていきます。
ここはチャンスとばかり、タカサゴキックの出番です!!
みるみるうちに私達のまわりが黄色く染まっていきます。
さらに続けると、遠くからひっきりなしに集まってきて、気がつけば360度、イエローバックフュージュラーのトルネードです!!
一体何匹集まったんだろう・・・?数千匹はいたはず・・・。

群れを楽しんだ後はレオパードシャーク!!
水底でじっとしています。えらだけ動いています。
慎重に慎重にすこしずつアプローチしていくとゲストが真横にいっても微動だにしません。
私達がそーっと離れた後もレオパードはそこで寝続けていました。

尻尾から見るとカッコ良くて美しいフォルム、真正面から見るとなんともひょうきんな顔のレオパードシャークでした。

Nさん、400記念おめでとうございます!!

報告/kuma
写真/レオパードシャーク(本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/15(水) 17:34:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.14

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/無し
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/20m

IMG_0687.jpg

昨日に引き続き天気の良いカオラック。目指すは5日ぶりのリチェリューロック!!
行きは多少波がありましたが、1時間ジャストでポイントに到着。
肌にジリジリと来る陽射しがなんだか嬉しい。気がつけば水面もツルツルのベタ凪。

一本目、キンセンフエダイの激群れ地帯でじっくり写真撮影会。
思い思いのアプローチで群れの形を変えてパシャり!
魚まみれになったバディーを動画で撮るのも面白いですね。

そして、リチェリューといったら、ピナクル全体を覆う紫色のソフトコーラル。
太陽の光とスカテンが相まってこれまた美しい!
リチェリューロックの名前のもとになっている、カルディナル・ドゥ・リシュリュー、まるで紫色のバラ園のようです。
リシュリューさん、三銃士に出てきたのを覚えていませんか?

二本目は流れもなく、貸切状態で潜れたので、マクロの時間です。
じっくりとタイガーテールやゴーストパイプフィッシュ、ワヌケヤッコの幼魚や極小ミナミハコフグの幼魚等を観察。

天気も回復したのでリチェリュー攻めるぞー!!

報告/kuma
写真/タイガーテールシーホース(本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/14(火) 18:42:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.14

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/10m

天気のいいタオ島よりヒロアキです。

オープンウォーターコース最終日!
チュンポンで2本潜ってきました。

中性浮力の練習をして泳いでると、遠くから何か自分たちの方へ向かって泳いできました。
よ~く見ると、その正体はグレイリーフシャーク(オグロメジロザメ)!
これぞサメっていう風貌のサメで凄く迫力があります。

2本目は、深場にサーモクラインがあってサメに会えないかなー、って下を覗いていたら…
下から出てきて、正直食べられるかと思いました!

このまま居ついてくれるといいなぁー☆

他にも、ヨコシマサワラ・オオクチイケカツオ・シェベロンバラクーダの群れなどと一緒に泳ぎスキルをこなし、サメと泳ぎ大興奮の2本でした。

無事オープンウォーター認定となりました。
おめでとう御座います。

明日もチュンポンに行ってきまぁーす!!!

報告/HIROAKI(HIROAKIブログはこちら

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/14(火) 16:15:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.09~13

ロケーション/カオラック シミランクルーズ
天候/曇り&雨
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m

1日目
①アニータズリーフ
②ウェストオブエデン
③ディープシックス
④ハネムーンベイ
anitasreef.jpg

初日は曇り時々晴れ時々雨の不安定な天気でした。
しかし海の中は透明度も良くキレイでした!
流れはほぼなく、まったりとしたダイビングになりました。
相変わらずスカシテンジクダイの群れはたくさんで、ウミウチワやそふとコーラルのキレイさが一層際立って見えました。
カスミアジの群れがキビナゴを捕食しに来ていたり、パウダーブルーサージョンフィッシュの群れがサンゴのガレを突きに来ていたりで色とりどりサカナがたくさんな水中で、面白かったです。
可愛い生き物は、アケボノハゼ、アンダマンジョーフィッシュ、アンダマンダムゼル、ハナヒゲウツボ等、どんどん出てくる生き物に皆夢中で遊びました。
2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボン
④ビーコンリーフ
kobushime.jpg

2日目も曇り時々雨でした。
波が高かったので、一度コボンへ北上しましたがナイトダイビングはまたシミラン諸島に戻ってきました。
水中はものすごく穏やかで、流れも程よくあり面白かったです。
エレファントヘッドロックでは、トップでエントリーしたチームのみが通り過ぎるマンタに遭遇しました。私MAYUKOチームは時すでに遅し。。。でした。
その後のダイビングでは、大きなイソマグロ、ナポレオンのカップル、アンダマンスィートリップス等、次々に見ごたえのあるサカナたちに会いました。
この日は可愛い幼魚にもよく会いました。
テンスの幼魚、イロブダイの極小幼魚、タテジマキンチャクダイの幼魚など。
潜っているうちにどんどん波が高くなり、島影へ移動しました。ナイトダイビングでは穏やかな場所へ行き、じっくりとサカナウォッチングして遊びました。丸見えで眠るイロブダイやヒトヅラハリセンボンを間近で見たりしました。隠れているつもりのコブシメは、近づくと『バレた!』というような感じで逃げていきました。明日の天気\は!!?
3日目
①ノースポイント
②イーストオブエデン
③バラクーダポイント
④アニータズリーフ
akebono_20101214011557.jpg

またまた不安定なお天気でした。午後に一度晴天になったのでビーチに遊びに行きました。しかし夜はまたスコールになりました。
レオパードシャークを探しに行くダイビングをしましたが、残念ながら会うことができませんでした。。
今日は大きなイイソマグロをよく見かけました。ちょうど捕食時間だったようでイエローバックフュージラーが川のように途切れることなく泳ぎ横切っていく様子がとてもきれいでした。
小物系は、オーロラパートナーゴビー、オビテンスモドキの幼魚、イヤースポットブレニー、トマトアネモネフィッシュ等を見ました。
浅場では、タイマイやコラーレバタフライフィッシュの群れにも会いました。
この日も波が高かったので、島影でゆっくりとしていました。
4日目
①バラクーダポイント
②コボン
korare.jpg

最後の日は!!晴れましたーーーー!!!
2本ともシミランで潜る予定にしていましたが、海の調子が良くなったので急遽ダイブサイトを変更してコボンへ行きました!!
プランクトンが多い海の色をしていて、いかにも何かが出そうな雰囲気はありましたがマンタは残念ながら出ませんでした。
ラストのダイブでは太陽の光がキレイに差し込んで、数日間お天気が悪かったのでとても嬉しい気分で皆で泳いでいました。

今回のトリップで200本記念!!
tomo200.jpg

トモヒデさん!!おめでとうございました!!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/本日のゲストより提供して頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2010/12/13(月) 23:19:13|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.12.13

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/20m

400dives

青空が帰って来たカオラックです!
今日はシミランにて2本潜って来ました。

波はだいぶ収まったので、エントリー・エギジットも楽々です。
1本目はハイドアウェイ・リーフ。
波の影響で透明度が心配でしたが、抜群の透明度です。

中層にはブラックピラミッドバタフライフィッシュ、
コラーレバタフライフィッシュが群れています。

ハードコーラルの回りには、天文学的な数のスカシテンジクダイ。
最近、さらにその数が増えた感じがします。
アジやイケカツオは、それを捕食しようと、
ビュンビュンと突っ込んでいました。

深場ではマッコスカーズフラッシャーラスが、美しいヒレを全開にして、
ベラにクリーニングされています。

安全停止をしようと浅場へと進むと、ベラが産卵(放精)をしていました。
産卵直後、栄養豊富な卵を食べようとしてなのか、
タカサゴ数匹が卵へと突進していました。

2本目はアニータズリーフ。
癒し系No1ポイントにて潜ります。

色鮮やかなソフトコーラルに覆われた岩(ボミー)では、
アイドルのクダゴンベをじっくりと観察。

砂地にはスパゲティーガーデンイール、
オーロラパートナーゴビーがいました。

その後も、モンハナシャコ、オニカマス、
タカサゴの群れを見ていると、あっという間に、
安全停止の時間です。ボクに魚のエラがあったら、もっと潜れるのに・・

今日はお客様Kさんが400本記念でした!
これからも世界の海をいっぱい潜ってください。おめでとうございました!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/400本記念ダイブ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/13(月) 18:21:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.12

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

アケボノハゼ

ここ数日、波のあるカオラックよりマサルです.
今日は波にも強い大型船で、コボンを2本潜って来ました。

ポイントに到着するまでは、雨も降っていましたが、
1本目途中に上がり、水面休息中には、太陽が出て来ました。

マンタのクリーニングステーションとして、有名なコボン。
マンタ待ちをしつつも、マクロ、ワイド共に遊んでいきます。

今日のお客様は初海外ダイビングということで、
アンダマンバタフライフィッシュ、お腹が黄色いアケボノハゼ、
ブラックピラミッドバタフライなど,
日本では見ることのできないお魚を中心に紹介していきます。

中層にはクマザサハナムロが群れ、
大きなイソマグロが通り過ぎたりもします。
深場にはキンセンフエダイも群れ群れです。

今日のコボンはプランクトンが濃い感じで、
大物がいつでもおかしくない雰囲気ですが、
マンタ君はお休みでした。

安全停止中にはイエローバックフュージュラーーなどの,
タカサゴに360°囲まれながら浮上。

マンタこそ出ませんでしたが、
ワイド、マクロともに充実の2本となりました!

明日はシミランにて潜る予定です。
波よ収まれ~!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/黄色いアケボノハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/12(日) 17:46:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/12m
透明度下/3m

TouakaKumanomi004.jpg

今日は“フルデイHさん”でした。
(1日中超リピーターゲストのHさんとマンツーマンダイブ)

数日前までは考えられなかったような快晴のもと、
朝からヒンピーウィー、ツインズ、
ツインズ、ナンユアンドロップの4本立て。

今チュンポンが恐るべし。。。なコンディションなので、
いっかいお休み。マクロ大作戦でした。

深場は透明度が。。。雨の影響はいまここに。。

それでもゴルゴニアンシュリンプの赤バージョンや、
アカスジカクレエビ、タテジマウミウシ、
ヒブサミノウミウシなどマクロはいい感じでした。

ツインズは思いのほか透明度が上がって来ていたので、
だだっ広い砂地へ行きました。

暫く波や透明度の関係で全く行っていなかったので、
久々に出会うスポッテッドファイルフィッシュや、
離れのトウアカクマノミ、クロウミウマなどをチェック。

離れトウアカのいるマバラシライトイソギンチャク。
今日は3カ所チェックに行きましたが、
1カ所は独身になり寂しく年の瀬を迎えていました。
別の1カ所は空き家でブラックバンデッドダムゼルの
新居として使われていました。。。
最後の1カ所は、、、以前の若いカップルが健在でした。

クロウミウマはツガイの1匹のおなかがぷっくり。
ご懐妊かな?でもちょっと様子がおかしい。。。
なんと言ったらいいのでしょうか。
あまり具合が宜しい状況では無い様子で。
でも言葉でどう説明したらいいものか思い浮かばないので、
今度写真を撮ってきます。。。

ナンユアンではゴルゴ祭り会場へ。
1本のヤギに4匹のゴルゴニアンシュリンプが並んでいて、
間にムチカラマツエビなんかも居て、見応えがありました。

浅場のサンゴもすっかり元気!
半年前の白化が嘘のようにガンガン成長中で、
ヤスジチョウチョウウオの幼魚がやたら増えていたり、
各種スズメダイも嬉しそうに群れてました。

MetallicShrimpGoby006.jpg

午後のツインズでは午前と反対サイドの砂地へ。
オニカマスのカップルに挟み撃ちにされてみたり、
メタリックシュリンプゴビー探しをしたり、
ワカヨウジの若魚に出会ったり、刺激的でした。

明日も天気予報は晴れ。
このまま梅雨明けしてくれちゃったりして。

報告/KOKI
写真/メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/11(土) 23:54:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2010.12.11

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち雨
水温/28 ℃
風/少し
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/15m

cebae

今日は沈没船のポイント、ボンスーンレックにて2本潜りました。

ここは透明度こそシミランに劣りますが、
その豊富なプランクトンで、どこにも負けない魚影の濃さです。
魚が多すぎてバディが見えないこともあります。

砂地にはメタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼなど、
可愛くてレアな人気のハゼが見られます。

セバエアネモネフィッシュは卵を育てていました。

ジョーフィッシュは穴から身を乗り出して、
流れてくるプランクトンを食べています。

そしれ今日はイカ祭りでした。
アオリイカ、コウイカ、コブシメ次々に登場。
急にお寿司が食べたくなるのはなぜでしょう。

中層にはギンガメアジやキンセンフエダイが群れています。

安全停止をしていると、ソウシハギが目の前まで遊びに来てくれました。

ボンスーンでのダイビングは、本当にあっという間に時間が過ぎます。
水深18mくらいにずっといるので、ナイトロックスを使用すると、
よりじっくりと楽しめるサイトです!

波があるカオラックよりマサルでした。
明日は少し波がおさまることを期待して!

報告/MASARU (マサル・ブログはこちら
写真/卵を育てているセバエアネモネフィッシュのコロニー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/11(土) 15:40:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.10

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々雨
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

kohbon

最近、午後に短時間の雨が降るカオラックです。
今日はディトリップでコボンへいってきました。

波のある予報でしたが、あまり揺れずに50分程でポイントへ到着。
ボン島のダイナミックな岩肌が見えています。

潜降すると中層に、
ブラピことブラックピラミッドバタフライフィッシュや、
ハナタカサゴ、クマザサハナムロが群れています。
大きいイソマグロや、ツムブリもいます。

マクロどころでは、かわいいハナダイギンポや、
アケボノハゼをじっくりと観ました。

マクロを探している間も中層をキョロキョロして、
大物の気配を探しますが、今日は出ませんでした。
こちらタイは今日から3連休なのですが、
マンタもお休みをもらっていたりして、
と,タイ人スタッフが冗談を言っていました。

浅場ではデバスズメダイに囲まれて安全停止へ。
コボンにて気持ちのいい癒し系ダイブをすることができました!

明日はリチェリューロックへと向かいます

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/元気なイソバナと本日のKUMAチーム

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2010/12/10(金) 15:52:52|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.12.08

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

タオ島よりヒロアキです。

最近天気が不安定だったタオ島…。
久しぶりのダイビング日和♪

AOWの講習でチュンポンピナクルとツインズに行ってきました。

チュンポンは、ディープ講習
初めてのディープダイビング。
色の変化や窒素酔い実験を終え、キンセンフエダイ、ホソヒラアジ、バラクーダの群れに遭遇!
魚影の濃さに大興奮の生徒さん!

ツインズは、中世浮力の講習
輪っかをくぐったり、 宙返りをしたりと自由自在に泳ぎ、しまいには少しだけフィンを脱いで中世浮力の練習をする余裕さ!!!

6日にOWを認定し、続けてAOW講習も無事認定となりました☆
宿題にテストに良く頑張りました。

今後はアドバンスダイバーとしてで世界中の海を潜り倒してくださいね♪

報告/HIROAKI (ヒロアキ・ブログはこちら

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2010/12/08(水) 23:14:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD