Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2011.01.31

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/あり
流れ/弱
透明度上/20m
透明度下/15m 

jun-mantaIMG_3893.jpg


さー今日のコボンは見せてくれるのか!?
昨日の情報では数枚のマンタが出現したらしいです。
少々荒れ気味の海を渡ってサイトにたどり着くと、ほかの船からマンタサイン。
期待を大にして潜降。
しかし、一本目は現れず…。

気を取り直して二本目へ!!

来ましたー!!
目の前を悠然と泳いでいきます!!
何度見ても大きいですね~。
当たり前ですが私よりもはるかに大きいです。
ほとんど翼を動かしていないのに、なんでこんなに速く泳げるんだー!!

次回のコボンも期待大です。

報告/KUMA
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ! 続きを読む
  1. 2011/01/31(月) 23:41:59|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.30

ロケーション/カオラック
天候/晴れ一時雨
水温/29℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度上/25m
透明度下/15m 


本日のデイトリップはシミラン諸島へ!
朝一は曇り空でしたが、出航して間もなく晴れ間が広がり、
気持ちの良い風に吹かれながらポイントへ向かいます。

一本目のダイブサイトはタートルロック。
砂地をじっと眺めると、鮮やかな尾鰭が美しい固有種のオーロラ
パートナーゴビー、ピンと伸びた鰭と体の模様が特徴的なヒレナガ
ネジリンボウやアンダマンジョーフィッシュが見え隠れしています。

光が射したサンゴの上には、無数のスカシテンジクダイが密になり
その間を縫うようにカラフルなユカタハタやハナダイが交じり合い、
のんびりとした癒しの世界が広がります。

見所の一つである赤い大きなウミウチワには、鮮やかな黄色のヤマブキ
スズメダイの幼魚が身を潜めています。2色が互いの色を引き立て、
水中を美しく飾っています。

2本目は「マンタが出た!」との情報が入りノースポイントへ!
期待に胸を弾ませながら潜降開始です。

ここは所々ダイナミックな岩が切り立ち、周りはサカナだらけ。
どこからともなく感じる、大物を匂わす雰囲気。

・・・しかし、
残念ながら会えませんでした。

エキジットすると今度は、「コボンでマンタが3枚出てる!」
との情報が!?

そんな訳で、明日はコボンに行って来ます!
マンタに会えますように。。


報告/MIHOKO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/30(日) 20:21:42|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.29

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち雨
水温/28℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度上/20m
透明度下/10m 

tomato29jan2011_MG_1993.jpg


日中は太陽の日差しが暑いですが、朝晩は涼しく過ごし易い
カオラックです。
本日、デイトリップは人気サイトのリチェリューロックへ行ってきました!
最近は波が高くて断念していたので、実に4日振りのトリップとなります。

久しぶりに潜るリチェリューは少し透明度が落ちていましたが、
相変わらず魚影が濃いです!

エントリーした先からクマザサハナムロやイエローバックフュージュラー
が四方八方に泳ぎ回り、それらを狙ってカスミアジや大型の回遊魚が
アタックしていきます。
目の前で繰り広げられるハンティングに思わず釘付けです!

中層ではピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダが鋭い歯
を光らせながら行ったり来たり。。迫力を感じさせます。

お馴染みのキンセンフエダイも幾つかのまとまりを形成し、岩の周りを
黄色く埋め尽くしていました。
ダイバーの姿はお構いなしにすぐ側まで突っ込んでくるので、写真も
動画も撮り放題といったところです。

続いて、水底を仲良く泳ぐコブシメのカップルを発見。
寄り添いながらゆったり泳ぐ姿をじっくりと観察しました。

リチェリューロックでは、鮮やかな紫色のソフトコーラルが岩一面を
覆い尽くすポイントがありますが、そのソフトコーラルに囲まれた
イソギンチャクを棲家とする真っ赤なトマトクマノミは、薄紫色の
背景により特徴的な赤さが際立ち、更に美しく感じる事が出来ます。


明日のデイトリップはシミラン諸島を目指します。
海ログお楽しみに!


報告/MIHOKO
写真/ソフトコーラルとトマトクマノミ


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/29(土) 19:00:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.28

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/28 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/12m
透明度下/10m

Touaka_20110129012219.jpg

今日は生憎の曇り空。
波もあったのですが朝からアドバンスの講習です。

チュンポンは相変わらずの魚影の濃さで、
生徒さんたちもバラクーダの壁に見惚れたり、
巨大ヤイトハタの登場にビビってみたりのDeep講習。

ギンガメアジも増殖中で、
最近はオニアジなんかも勢力を増して来て、
益々イケテル!なチュンポンでした。

2本目はフォト講習。
ホワイトロックは魚種が豊富で人気者も盛り沢山。
水深も浅いので撮影にじっくり時間をかけられます。

トウアカクマノミのコロニーには最近新入りが。
ファミリーを形成して口をパクパク。食事中でした。

ゴルゴの森(勝手に命名)では
レアキャラのゴルゴニアンシュリンプが鈴なり!
着いているヤギによって体色も様々で見応えがあります。

そして最近定番のアオリイカの集団は、
今日も水面近くを100匹くらいで漂っていました。

メインピナクル近くのサンゴもすっかり元気に成長中です。

2本とも刺激的なプランクトンが漂ってたので、
水中全体に躍動感があって、
ジンベエがいつ出てもおかしくない状況です。

次のフルデイは1日に計画中。
この時期は講習生が多いのですが、ファンダイブも面白い!!


報告/KOKI
写真/トウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/28(金) 23:27:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.1.27

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/28 ℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m

カオラックからタオ島に戻ってきたRYOです。
そして出ました。ジンベエ。
ジンベエザメ140809
今朝はアドバンスコースのディープダイブとしてチュンポンでした。
サクッと深場に行ったあとゆっくり水深を上げながら根の上に来たところ、目の前からいきなり現れました。

まさに出会い頭状態だったので不覚にも動転してしまい、レギュ越しに「ウォー」と唸りながら生徒さんを必死で手招き。

そのまま目の前を通り過ぎて行くかと思っていたら、捕食のためと思われる口を大きく開きながら流れの向きにホバリング状態。
つまり目の前でしばらく止まっているような状態でいてくれました。
おかげでさほど泳がず間近でじっくり見ることができました。
kuni.jpg
そして本日、オープンウォーターコースから続けてアドバンスコース中だったラッキーガイのKUNIHIKO君、おめでとうございます!
人生6本目のダイビングで多くのダイバー憧れのジンベエ遭遇!
ありえるのです、タオ島では。

ちなみに年明けの前回も今回も新月前でした。
次の新月まで一週間くらいあるし、まだまだ出る可能性大です。

これからの季節、西でマンタ東でジンベエと大物狙いタイ横断ダイブもありですよー。


報告/RYO
写真/ジンベエ(講習のため写真はイメージ写真)& 本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/27(木) 22:20:39|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.1.23-27

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/緩やか
透明度上/25m
透明度下/20m 

1日目
①アニータズリーフ
②ウエストオブエデン
③ディープシックス
④ハネムーンベイ

初日はシミラン諸島へ!!
朝から天気はよく朝日がきれいでした。

サーモクラインもなく、流れもほどよく良い感じで
コンディション良かったです!!
場所によっては強い流れも・・・・・・

クマノミ

ほどよい流れの中、アンダマンジョーフィッシュが全身出して
捕食していたり、オーロラパートナーゴビーもガンガン出ていました
チンアナゴやスパゲティーガーデンイールはみんな同じ方向に首を向け
ムーミンでていた『ニョロニョロ』のようでした。

アカネハナゴイ

根にはソフトコーラルが咲き乱れ、それを覆い尽くすスカシテンジクダイ、キンメモドキ、
キンギョハナダイ、インディアンフレームフェアリーバスレットが光を浴びて群れてて、華やかでした。
すぐそばにはハナヒゲウツボがお腹が空いていたのかキンメモドキなどが通ったときには大きく口を開け食べようとしていました。
アケボノハゼもまだ健在です。

ハナヒゲウツボ

明日はコボンでマンタ見るぞー!!!

2日目
①エレファントヘッドロック
②タートルロック
③コボンリッヂ
④コタチャイリーフ
umi1.jpg

昨日、波が出てきていましたが今日は少しましになりました。
ダイナミックな地形を見ながらマクロダイビングをして遊びました。
まずは、アケボノハゼを見に行きました。周りにはソフロコーラルが生え、見える色合いがとてもキレイでした。その次はマッコスカーズフラッシャーラス。今日はオス同士でカッコ良さを競ってヒレを前回に広げて対決をしていました。比較的見やすかったのですが、写真におさめようとするには一苦労でした。
岩肌から可愛く顔を出すハナダイギンポやイソバナの隙間に隠れているヤマブキスズメダイの幼魚もいました。
マクロな目で泳いでいたらいきなり現れるマルビル(巨岩)。地形も面白ければ足元にもたくさんの可愛い系生き物がいるので時間が足りない!!と毎回思いますが今日もま思ったダイビングになりました。。
コボンでは、残念ながらマンタには遭遇しませんでしたが、大きなコガネシマアジの番を至近距離で見ることができたり、アケボノハゼに再び会いに行ったりし、充実したダイビングになりました。

3日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④コタチャイピナクル

クルーズ船が目指す先は大人気サイトのリチェリューロック!!!
少し波がある予報でしたが、穏やかでコンディションも良かったです。

taiga.jpg

アンダマン海の固有種、タイガーテールシホース・トマトアネモネフィッシュなどをゆっくり観察。
他には、フリソデエビにニシキフウライウオの幼魚を新たに発見!
furisode_20110127190127.jpg

去年もこの時期から増えてきたので今後に期待。

トマト

サンセットダイブは、コタチャイピナクルへ
潜行してイケカツオやカスミアジの捕食シーンを観察していて、ふと下を見ると足元にレオパードシャークがいました!!!
水底に寝そべる様にいて、優雅に泳ぎ去って行きました。

トラフ

①コタチャイピナクル
②コボンウエストリッヂ

kobonn.jpg

海の色も良い感じで潮もちょうど良いくらいの流れだったので、いろいろな場所へ泳いで遊びに行きました。
ソフトコーラルもポリプが満開でいつも以上にきれいでした。
大物は現れませんでしたが、のんびり潜ることができました。

次回のうみログもお楽しみに!!

報告 
   YUTAKA
   MAYUKO(マユコ・ブログはこちら
   HIROAKI(HIROAKIブログはこちら
写真/お客様提供
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/27(木) 17:06:21|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2010.01.26

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/28 ℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m

最近、雨が続いていたタオ島。
太陽の光を早く浴びたいです。

今日は、オープンウォーターの講習で潜ってきました。

1本目のチュンポンピナクルでは、到着するとボートは1艘のみ!
水中もあまりダイバーに会うことなく楽しめました。
まず、潜降するとホソヒラアジの群れ!
深度も深くないので、群れに突っ込んで遊びました。
近くではタイワンカマスが群れ、その下には、シェベロンバラクーダの
群れ+大きなヤイトハタが2匹いました。
メインの岩一面に覆われたセンジュイソギンチャクに住んでいる
ハナビラクマノミをゆっくり見ながら
安全停止をして浮上しました。

2本目は、ツインズへ!
まずは、いくつかスキルをやりました。
マスク脱着が終えた後、いきなり周りが明るくなったので、
何事か!?と見てみると、
中層全体にユメウメイロが埋め尽くされ、それを捕食し
オオクチイケカツオがアタックしに来ていました。
マスクをつけてすぐのことだったので、生徒さんもビックリ・・・
後半は、砂地にいるギンガハゼ、レッドマージンシュリンプゴビーが
テッポウエビと一緒に生活している姿をじっくり見ました。

今日もまた、新たなダイバーが誕生しました♪
講習は、随時行っているので、ダイビングを始めたい方はタオ島に
お越しください。
2月15日までならお得なプロモーションもやっていますよ☆

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/26(水) 22:31:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.26

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/緩やか
透明度上/30m
透明度下/20m 

キンギョハナダイ

快晴の空の下、本日のデイトリップはシミラン諸島へ行ってきました!

1本目はタートルロック。

潜降を始めてすぐ、水底近くを泳ぐブラックピラミッドバタフライフィッシュの姿がくっきりと見えました。抜群の透明度です!!海の青さがしっかりと感じられます。

ポイント名の由来となるタートルロックの周りは、ゴツゴツとした地形が面白く、岩の隙間を覗くとハコフグの幼魚や大き目のモンハナシャコが身を潜めています。

サンゴやウミウチワの周りは、雪のように舞うスカシテンジクダイや、鮮やかな赤が美しいキンギョハナダイ、青と黄色がキレイなエヴァンスアンティアスが彩りよく舞い群れる、絶好の癒し系ポイント。

しかし、ゆったり眺めていると突然アジが捕食しにやってくるので、それには度々驚かされます。迫力満点です!

2本目はスリーツリー。

潜降早々、カメを発見!!流れに乗りながらしばらく一緒に泳ぎました。その後は砂礫に潜むアンダマンジョーフィッシュ、ヨスジフエダイやホウセキキントキを眺めつつ、抜けるような青い海をのんびりダイビング!

今日の透明度には、みんな大満足の様子でした!

明日はクルーズ船PAWARA号が帰ってきます。
どんな4泊4日だったのでしょうか?!

海ログお楽しみにー☆

報告/MIHOKO
写真/キンギョハナダイ(♂&♀)とスカシテンジクダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/26(水) 18:59:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.1.18-22

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/日によりあり
流れ/所によりあり
透明度上/30m
透明度下/20m
SDC.jpg

今回のトリップは、SDC(シニアダイバーズクラブ)の皆様とのトリップでした。

1日目
①アニーダズリーフ
②ウェストオブエデン
③ディープシックス
④ハイドアウェイ
anita3_20110122212829.jpg

天気も良く、海の透明度も良かったです。
流れはなく癒しのダイビングとなりました。
砂地でたくさんのスパゲッティーガーデンイールを眺め、オーロラパートナーゴビーと共生しているコトブキテッポウエビをじっくりと観察したりしました。その間も見上げるとイオエローバックフュージラーが横切って行ったり、イソマグロが通ったりして水底から中層まで面白かったです。
アケボノハゼ、ハナヒゲウツボ、大きなゴシキエビ等、次々に人気の生き物にも会いました。

2日目
①イーストオブエデン
②エレファントヘッドロック
③ノースポイント
④コタチャイピナクル
umigucha.jpg

 綺麗な朝日で気持ちの良いお目覚め。
癒しのシミランとサンセットでコタチャイに行ってきました。
相変わらず透明度もよく、程よく流れもあり、コンディション良好!

深場の大きなウミウチワの周りにキンセンとハタタテダイが群れをなしていました。
ピンクの綺麗なサンゴイソギンチャクにクマノミの赤ちゃんが可愛かった。

サンセットは、潮あたりに行きカスミアジやイケカツオがフュージュラーを何度もアタックして捕食していました。

3日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック
kenji okuhara1

 三日目は一本目からサンセットダイブを含めて4本リチュリューロック。

目覚めの一本目は強い流れを避けてまずは深場へ定番タイガーテルシーホース。

さすが人気者、各チーム順番待ちでの観察。
さらにその近くにはニシキフウライウオの登場。
うまく回りに擬態しているうえに小さい固体でちょっと目を離すと見失いそう。
終盤は岩場でイヤースポットブレニーやアンダマントリプルフィンなどを眺めながら安全停止。

二本目は少し弱まった流れの表へ。
ブイラインの下にはホソフエダイの群れ。
岩を越えて潮の当っているところにはイエローバックヒュージュラー等タカサゴの仲間が群れ群れ。
水面近くでは風雅に泳ぐブラックフィンバラクーダ。

三本目はエントリー始めるころにマンタがいるとの情報。

期待して入ると直ぐに「チリン、チリン」と合図の音が。
音の方向へ向かっていくと、登場してくれました4mくらいのマンタ!
サービス満点の個体でゆっくりと我々の目の前を何度も行ったり来たり。
写真もいろいろな角度から撮り放題です。
そしてこのダイブ、ゲストのNさんにとって300本目となる記念ダイブ。
記念ダイブにマンタの登場。おめでとうございます。

最後はサンセットダイブ。
この時間帯は根の周りに魚達が集まってきます。
昼間、根の外側にいた各種フュージュラー圧倒的な魚影を見せてくれました。

4日目
①コタチャイピナクル
②コボンリッジ

最初から最後まで晴天!
ボートの上にいるのが本当に気持ちよかったです!
流れがあったので、潮あたりの良い場所へ行くと、クマザサハナムロやイエローダッシュフュージラーの群れがカズミアジの群れに追われて右往左往していました。
岩から顔を出してその景色を見て楽しみました。
ブダイたちも群れ、オスがたくさんのメスに求愛&放精を繰り返してそれもまた迫力がありました。
この日は海は穏やかで、癒しのダイビングとなりました。
kobayashi.jpg

今回、
400本記念のコバヤシ ユキエさん、
300本記念のナカジマ フミアキさん、
400本記念のホッタ ヤスマサさん、
おめでとうございます!!

報告 MAYUKO(マユコ・ブログはこちら
   RYO(RYOブログはこちら
   HIROAKI(HIROAKIブログはこちら
写真/マンタ)(本日のお客様)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/01/22(土) 19:31:58|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.01.21

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/緩やか
透明度上/25m
透明度下/20m 

天気はよかったのですが、少し波があり予定より遅く到着。
波のない穏やかな所でエントリーした瞬間、真っ青な海と地形がくっきり広がり、自分が飛んでいるような感じでとても気持ちいいです。
まずはアケボノハゼと対面し、太平洋とは違う黄色のボディーに青紫のグラデーションが鮮やか!!横にはハタタテハゼがいて、どちらもずっと観察していたいくらい美しいです。

その後はのんびり泳ぎながらアンダマン固有種を拝見。
メタリックブルーの体を光らせているアンダマンダムゼルや、見た目フタスジリュウキュウスズメダイに形が似ているインディアンダッシラス。
体色が白い体にブルーの斑点がきれい。
他にも、目の上に可愛らしいまつ毛が付いているファントムバナーフィッシュがいました。
昨日に続きマンタ見れると思いましたが残念ながら出会わず・・・・・
しかし2匹のジャイアントバラクーダに出会い、体が小さいのと1Mを超える巨大な個体ペアーでした。
大きいほうは遠くから見ても歯の牙が見て少し怖かったです。
優雅に泳ぐナポレオンも見ることができ、マンタを見なくても満足なダイビングでした。

明日はまたリチェリューロックへ。
大物が出るかな??

報告/YUTAKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/21(金) 16:05:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.1.20

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m



こんにちわ! 

今日は私ERIがリチュリューロックの海ログをお届けします。

今日のゲストは、2週間前にタオ島でオープンウォーターライセンスを取得したばかりという
スイス人バックパッカーの男性お2人。のっぽさんと小柄さんの仲よさそうなコンビです。
小柄さんが耳抜きに時間がかかるかもとのお申し出があったので、
モアリングラインにつかまってゆっくり耳抜きしてもらってる間に、
さーて、今日はどの辺りがアツイかな~?? とぐるり見渡してみると、
ジャジャーン! 水深20メートルくらいのちょっと離れたところにマンタの姿発見! 
ところが私たちははまだまだ水深3、4メートルです。
でもマンタの周りにダイバーがいなくて泡も視界に入らないとっても優雅な姿だったので、
あそこー!マンター!! と、ブリーフィングどおりに両手を羽ばたかせるマンタサインで指差すと、
のっぽさんはそれに答えるようにゆっくり大きく両手を羽ばたかせています。とっても優雅に。。。。
むむ!、彼には見えていない! もう一度思い切り大げさに、見て見て!あそこ!のサインを出すも、
今度はマンタが遠くに消えていくところ。
すると小柄さんがマンタが見えていた辺りを指差して、オッキイネ! 
のサインをしているので、お?見えてたの??やったー!
と思いきやきや、そのすぐ後にバラクーダのサイン。
たしかに立派なバラクーダだが、もっとすごいモノがいるのぉ~!!
有る程度の水深まで潜降できてからマンタが泳いでいった方向に向かってみましたが、
マンタの姿も、後を追うダイバーの姿も見えません。
やってしまったのか??

残念がっても仕方が無いので、タオ島では見られないお魚達をご紹介しつつ、、
ソフトコーラルに覆われた岩陰の甲殻類を探してみたり、キンセンフエダイの川の流れに乗ってみたりと
気持ちよい海を満喫しました。
特に気に入った様子だったのが、クルクル体色を変えるコブシメとヒレの美しいミノカサゴ。
少し流れも有るなか、人生5本目のダイビングとは思えない浮力スキルを駆使してじっくり観察していらっしゃいました。

そろそろピナクルのトップあたりで安全停止しようかと深度を上げ始めた頃、
カンカンカンカン!! 誰かが呼んでます!! ダイバー達の泡が集まる方向に私たちもダッシュ!!
すると、いました! マンタ! けっこう近いです!!
今度こそマンタマンタ! のサインを出すと、でこぼこコンビも眼を見開いてマンタマンタ!!とやってます。
よかったー! 

2本目でも間近でくるくる旋回するところをたっぷり見て、
大満足で水面に浮上してきたお2人が口をそろえていったのは、

「It was the best dive ever!! といっても今日がはじめてのファンダイブだけどね!!」

そう!最高にステキなダイビングでしたよ! 
そして彼らにははこれからも世界の海で色んなザ・ベストダイブが待っていることでしょう!
またタイの海で会いましょうねー!!

報告/ERI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/01/20(木) 19:33:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/ほとんどなし
透明度上/15m
透明度下/10m

IMG_8880小

今日も晴れです。
晴れが定着してきたタオ島。さようなら洪水の日々!
ここのところ本当に夕焼けも朝焼けもきれい!
ところで、上の写真はどちらでしょう?

今朝はチュンポンピナクル。
昨夜はフルムーンパーティだったので、ダイバーが少ないのです。
ということは魚影が濃い!

北から入ってギンガメアジ、ホソヒラアジ、キンセンフエダイの群れ。
角を回ってシェベロンバラクーダのすごい群れ!
その後オオクチイケカツオ、ピックハンドルバラクーダの群れに遭遇。

相変わらず近いです。
岩の上に戻ってきたところでまたシェベロンバラクーダ!
メインの岩の上でぐるぐるとぐろを巻いていました。

ホワイトロックはアオリイカの群れに遭遇。
ブリーフィングで、
「最近ねえ、イカがよくいるんだよ。30匹くらいいるよー。」
「えー!すごい!見たい!」
っていう会話が交わされていたのですが、今日はさらにすごかった!

潜ってすぐに発見。いっぱいいる!!
大きいのから小さいのまで背の順に並んで、数えたら96匹はいました!!

タイワンカマスも群れているし、スズメダイたちは産卵期に入ったようで卵の世話に夢中。

いいかんじの海になってきました。

報告/ASUKA
写真/タオ島と朝焼け

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/20(木) 15:35:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.19

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m

今日からデイトリップをするYUTAKAです。
今シーズン初のデイトリップのガイドは最高でした!!!

昨日は波がありましたが今日は穏やかでした。
天気は快晴、波は少しだったので、
スピードボートの船首に座るとすごく気持ち良いです。
晴れた日には是非船首へ!!でも、日焼け止めも忘れずに。

シミラン諸島に行ってきました。
移動時間はだいたい1時間で到着。
僕自身一番好きなサイトのエレファントヘッドロック!!!
名前の由来は船から見て水面から出ている岩が象の頭のように見えるからです。
ココは地形がすごーくたのしいです。
岩と岩の間(チャンネル)や岩の隙間(スイムスルー)を通ります。
上から太陽の光が射し込むので光のカーテンでき、隙間を抜けた瞬間海のブルーが広がり,時間を忘れるくらいたのしいです。
他にもクジャクベラの仲間(マッコスカーズフラッシャーラス)がお勧め!
特に雄が雌に対してヒレを広げて自分をアピールします。
名前の通り孔雀のように美しいです。
泳ぎ回るので写真に収めるのは難しいです。

明日はリチェリューロック!!
次回のうみログも楽しみに。

報告/YUTAKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/19(水) 18:19:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/南東より少し
流れ/北よりあり
透明度上/15m
透明度下/5m

晴れです。
ここのところ夕日も朝日もきれい!

今朝はトライデントレック(沈船)に行ってきました。
残念ながら船周辺は前回よりも透明度が悪く、、流れもあり。でした。
上はきれいなんですが。。

きれいだったらすごく素敵なのになー。
とイメージを膨らませながら潜りました。

船自体は新しいのでまだなーんにもついていませんが、周りのソフトコーラル(ウミトサカ)は圧巻です。
何せ深いのでやや窒素酔いつつ、ソフトコーラルとキンセンフエダイを堪能してきました!

ウミトサカ小

そのうちきっと船体にもソフトコーラルが付き始めるでことでしょう。

またリベンジします!

報告/ASUKA
写真/沈船周辺のソフトコーラル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/19(水) 17:54:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.1.17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m

今日はコボンとコタチャイへ行ってきました。
残念ながら今日もマンタには会えませんでした。。。

あぁー、そろそろマンタと一緒に泳ぎたい!!!!

最近、透明度がすごく良く水面から水底がクッキリみえます。
ワクワクしながら潜行すると、真下にキンセンフエダイの群れ!!!!
キンセンの黄色が青い海にはえます。

大きなナポレオンが優雅にサンゴの上を泳いでいました。
後は、カスミアジ・コガネシマアジがスカシテンジクダイやスズメダイを捕食する迫力のシーンにも出会えました。

のんびり景色を見ながらダイビングすると本当に気持ちが良いです♪

大物が出そうな雰囲気なカオラックです☆

報告/HIROAKI (HIROAKIブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/17(月) 19:08:23|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.1.13-17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m

1日目
①アニータズリーフ
②ウエストオブエデン
③イーストオブエデン
④ハネムーンベイ(ナイト)

_MG_4580.jpg

出発の日、カオラックの町は雨降りでしたが、シミラン諸島はとても良いお天気です。
シミランの代表する癒し系サイトで潜りました。

エントリーしてすぐに地形が分かるくらい透明度は抜群!!
水底から顔を出しているチンアナゴ。それよりもなが~いスパゲッティーガーデンイールは流れに逆らって顔を伸ばし、何かを待っている様子でした。
マクロのスターたち。
オーロラパートナーゴビー、アケボノハゼ、ジョーフィッシュ、ハナヒゲウツボがいました。
根の周りにはカラフルなスフトコーラルや小魚たちが舞うように泳ぎ、
見ているとそこだけが龍宮城のようでした。

gohan.jpg

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンウエストリッヂ
④コタチャイピナクル(サンセット)

天気はよかったですが、夕方から風が吹き始めて波がでてきました。

wanuke.jpg

透明度はどこのポイントもよかったです。
チャンネルやスイムスルーをくぐってみたり、岩の隙間から顔を出して記念撮影!!
中層にはタカサゴの仲間が壁になるくらい群れ、1M級のイソマグロが何度も目の前を通りました。
太平洋と違うアケボノハゼは体色が黄色で尾に近づくにつれて青紫のグラデーションがきれいです。
人気の魚なのでほとんどの人がカメラを向けて『バシャバシャ』撮っていました。
午後にはコボンやコタチャイに移動し大物を・・・・・
マンタ、レオパードシャークは現れず。
でも、迫力のあるオニカマスは登場しました。最近よく見かけてますが何回見ても大きさには圧倒されます。

ginnpo.jpg

明日朝一にコタチャイピナクルでリベンジせねば・・・・

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④コタチャイリーフ

paipufissyu.jpg

今日からはMAYUKOが海情報をお伝えします。
この日も一日とても良いお天気でした。
昨晩、波が少し出ていましたがまた穏やかになりました。
透明度が少し落ちてしまいました。
が、魚影は抜群でした。ブラックフィンバラクーダの群れ、シェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダと群れが次々に現れます。
グルクマも忙しそうに右へ左へ泳ぎ、キビナゴやクロリボンスズメダイの群れもキレイなソフトコーラルの周りにたくさん群れ、絵になる景色でした。
大きなコブシメが3匹、3角関係で交尾中のカップルに付きまとうオスがいて皆で取り囲んで写真を撮っていました。
他にはタイガーテールシーホース、フリソデエビ、ニシキフウライウオ、トマトアネモネフィッシュ等アイドルのサカナたちに一通り会ってダイビングを終わりました。

furisode_20110118161130.jpg

4日目
①コボンピナクル
②コボンリッジ

今回のトリップは4日間とても良いお天気でした!
海の色も良く、快晴、しかしながらマンタには出会えませんでした。。

朝一のコボンピナクルでは、ブダイたちがオスとメス入り乱れて放精をしていました。そこにジャイアントフュージラーがたかってパクパクと食べまくっていました。そして更にそこへカズミアジとロウニンアジの群れがジャイアントフュージラーの群れを追いかけて捕食していました。
朝一のダイビングはサカナたちが起き始めて忙しそうなので中層にいるだけで楽しむことができました。
太陽の光が差し込み、水中はとても明るくてキレイでした。
このままお天気が安定してくれますように!

今回、100本記念のS子さん!
sachiko100.jpg

そして200本記念のSムさん!おめでとうございましたー!!!
susumu200.jpg

報告
  1日目 YUTAKA
   2日目 
   3日目 MAYUKO(マユコ・ブログはこちら
   4日目 

写真/お客様提供
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/01/17(月) 18:11:14|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.01.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/南西より少し
流れ/北よりあり
透明度上/15m
透明度下/10m

フルデイトリップ。
今日のセイルロックもすごかったです!

若干波はありましたが、お天気はよし。
流れていましたが、魚はすごい!!

流れの向きが前回と変わっていて、チムニーを抜けるとバラクーダ全開!!
シェベロンバラクーダとピックハンドルバラクーダ。近い近い!
特に今日のピックハンドルバラクーダはものすごい群れ。
こっちの群れを見ていたら隣にまた違う群れが接近していて、気が付いたら右も左もピックハンドルバラクーダでした。
一匹ずつが大きいのです!

ツバメウオは200匹。
ホソヒラアジも、そしてツキチョウチョウウオまで全部同じところで群れています!

なんてすごいんだと思って、思わずスレートに「すごい」と書いてしまいました。
「ツバメウオとピックハンドルバラクーダの群れをバックにしたツキチョウチョウウオの群れ」
とかが撮れそうでした。撮ってないけど。

離れでは相変わらずのギンガメアジ祭り。浅いです!
下にはキンセンフエダイの黄色い絨毯。
流れていたせいか誰もいなくて二人占め!

そうこんなにすごいのにファンダイバーはたったの一人!
なんて贅沢なのでしょう。。
こんなのガイドも楽しんでしまうしかない!

報告/ASUKA
写真/ないのが残念

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/16(日) 17:31:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.15

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29 ℃
風/少々
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

tomato

ここ最近のリチェリューロックは最高のコンディションだったので、今日も張り切って行ってきましたが、出航してすぐ波がちゃぷちゃぷしはじめ、思ったよりも水も濁っていました。

それでもリチェリューロックのサンゴの美しさ、魚影の濃さ、レアものの充実度は健在です!

1本目は程よく流れが入り、ソフトコーラルのポリプも全開で、固有種のトマトクマノミ(レッドサドルバックアネモネフィッシュ)のイソギンチャクの周りはゴージャスなソフトコーラルで囲まれていました。

ニシキフウライウオやタイガーテールシーホース、フリソデエビなどのマクロの人気者も見られ、キンセンフエダイの群れやブラックフィンバラクーダの群れも楽しめました。

ブラフィン

報告/TAKESHI
写真/トマトクマノミのゴージャスなお住まい

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/15(土) 23:15:56|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.01.15

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼなし
流れ/ほぼなし
透明度上/15m
透明度下/7m

KinsenWreck.jpg

今日は朝から晴れのタオ島。

久々に「MV Trident」調査ダイブに行ってきました。
前回は沈んで6週間時点の様子を書きましたが、
今回はそれから3ヶ月後の経過を見てきました。

透明度は、、、沈船ポイントですから。
と開き直りたくなりました。。。残念。

が、キンセンフエダイの群れが急成長を遂げ、
中層にはフュージュラーやホソヒラアジの若魚が乱舞。

すぐ傍にはソフトコーラルエリアがあるので、
イメージ先行型でコラボを狙ってみました。

Kinsen001.jpg

イメージだけは良かったのですが。。。
透明度が上がればきっとそこには楽園が広がっているはず。
リベンジせねば!

その他にもオニカマスやギンガメアジも登場。

たった数ヶ月で随分いい感じになってきた沈船ポイント。

今後も見守って行きたいと思います。


報告/KOKI
写真/キンセンフエダイと沈船
   キンセンフエダイとソフトコーラル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/15(土) 17:28:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.13

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨
水温/28 ℃
風/少々
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

今日もチュンポンピナクルでした。
アドバンスコースです。
生徒さんからは「またですか?」って言われたけど、チュンポンきれいなんです!
昨日よりもさらにきれいでした。
お天気が悪かったのが残念ですが、底まで見えちゃいます。

そしてこのシーズン恒例の魚影の濃さ!
シェベロンバラクーダがすごい!すごい数です。巻かれてます。
ピックハンドルバラクーダは浅い!
18mでたくさん見れちゃいます。

いつものヤイトハタも。
最近寒いからか、よく泳いでいます。

上を見上げるとオニカマスが悠々と泳いでいました。

2本目のホワイトロックもきれいでした!
これまた底まで見えてるので、上からあっさりトウアカクマノミ発見!

トウアカ小n

南側では、少しずつ白化を生き抜いたサンゴたちが復活してきました。

サンゴ礁の魚たちも元気です。

ダブル小n

ワヌケ小n

今日はちょっと寒かった!明日は晴れますように。

報告/ASUKA
写真/本日の生徒さんによるタオのお魚たち

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/14(金) 10:58:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.08-12

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/所によりあり
透明度上/25m
透明度下/20m 

1日目
①アニータズリーフ
②ウエストオブエデン
③イーストオブエデン
④ハネムーンベイ(ナイト)

E1090119.jpg

天気も良く、海は穏やか!ダイビング日和でした。
今回は癒し系ポイント3本!!!


太陽の強い光がサンサンと入り、きれいな白い砂地が広がり、
フサフサに生えるソフトコーラル、ウミウチワの周りにはスカシテンジクダイ、キンメモドキが群れ本当にキレイでした。
透明度がよく、見上げて自分の吐いた泡を見るだけでも癒されます!!!
砂地に隠れているヤッコエイやニョロニョロと顔を出しているガーデンイール。
ダイバーに人気のアイドルたちアケボノハゼ、ハナヒゲウツボ、ジョーフィッシュ、イロブダイの幼魚、ミナミハコフグなどがいました。
中層にはイソマグロが通り過ぎたり、タカサゴの仲間が川のようにずーっと目の前を泳いでいたり、カスミアジの群れが行列になって行進。
色鮮やかなスズメダイやハナダイもサンゴから顔を出しきれいでした。

similan.jpg

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンウエストリッヂ
④コタチャイピナクル(サンセット)

この日も快晴が続き、いい天気でした。

岩と岩の間から光が射し込み光のカーテンができていました。
毎度お馴染み、『丸ビル』と呼んでいる大きな岩の周りを泳ぎ回ったり、スイムスルーをくぐりぬけたりしました。
その水底にはアケボノハゼとクジャクベラの仲間のきれいなマッコスカーズフラッシャーラスがいて、ゲストの皆様で取り囲んでの撮影大会!!

maco.jpg

午後にはコボン、コタチャイに向かい大物狙い!!!
逆らって泳げるくらい緩やかな流れだったので沖まで泳ぎ
小さめのソフトコーラルですがいろんなカラーがあり、
お花畑のようでした。
巨大なコガネシマアジのペアーがホンソメワケベラにクリーニングされ、
気持ちよかったのか近づいても逃げませんでした。
マンタに出会うことができなかったですが、
1Mくらいのマダラトビエイが見ることができました。

明日は朝からコタチャイピナクル!!
大物でるか!!

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック(サンセット)

スコールが振ったりして天気は不安定でしたが、
水中のコンディションはよかったです。

朝一のコタチャイは他のボートがいなくダイバーが少なくのんびり潜ることができました。
水底を見ながらレオパードシャーク探しましたが見つからず・・・・・
2本目から4本目までは3連続リチェリューロックで潜りました。
中層にはたくさんのタカサゴ、イエローバンドフューゾラーが群れ、
じっと見ていると大きなヨコシマサワラが数匹横切ったり、

ri_20110113125950.jpg

ソフトコーラルの近くにヤイトハタや色鮮やかなキンセンフエダイが玉になっていたり

yaitohata_20110112192908.jpg

水面近くにはブラックフィンバラクーダの群れてなどが次から次に現れる群れに皆で大興奮でした。
岩の隙間にはフリソデエビ、ニシキフウライウオ、タイガーテールシーホースなど、

ニシキフウライオウ

フリソデエビ

手の爪ほどの大きさのミナミハコフグの幼魚もガンガゼの隙間を挙動不審に行ったり来たりしてすごく可愛かったです。
トマトアネモネフィッシュの幼魚がそろそろ眉毛があるみたいなような個体もいました。
マクロのアイドルたちがどんどん出てきました。

4日目
①コボンピナクル
②コボンウエストリッヂ

朝からいい天気で日向にいると汗が・・・・・
暑いときにダイビングは最高です!!!

水中に入ってすぐにイエローバックフュジュラーとクマザサハナムロが群れ、
深場にはピックハンドルバラクーダがゆっくり泳いでいました!!
いつもは単体でいることが多いカスミアジが大きい個体から小さい個体まで合わせると
40匹くらい群れていました。

kasumiaji.jpg

近寄ることはできなかったですが、遠くのほうにツバメウオが固まっていました。

コンディションも最高。
次回のトリップも楽しみに!!!

IMG_0388.jpg

報告/YUTAKA
写真/お客様提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/12(水) 17:46:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.11

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/28 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/30m
透明度下/15m


本日はリチェリューロックへ行って来ました。
朝から穏やかな天気の中、ポイントへ向かって出発します!


エントリーして下を見てみると、なんと底の方までくっきり!
透明度がいいとそれだけでも気持ちが良いものです。


潜降して間も無く、岩沿いをびっしり覆うキンセンフエダイ
の群れが程よい流れに乗って泳いでいます。

しばらくの間、勢いよく突っ込んでみたり、じっくり写真を
撮りながら遊びました。
おススメのショットは、動画撮影!
迫力満点のシーンがばっちり記憶に残ります。
バックの色鮮やかなソフトコーラルと合わせて、癒しの動画を
撮ってみてはいかがでしょうか?

タオでも見られるキンセンフエダイですが、やはり背景が
異なるとまた違ったショットが撮れますね。


続いて、フリソデエビを観察。
他にダイバーがいなかったのでゆっくり見れました!
お互いじっと構えてポーズを取り合います。


空を見上げればブラックフィンバラクーダが悠々と泳ぎ、
岩肌にはミナミハコフグの幼魚や、キレイな色のコーラルに
囲まれたトマトクマノミがいます。

さらに、婚姻色に変わったアンダマンチョウチョウウオと
アンダマンミミックファイルの姿に遭遇!
とても珍しいシーンです。


その後はタイガーテールシーホース、ハナダイギンポ
などアイドル系のサカナをじっくり眺め、マクロから
ワイドまで盛り沢山なダイビングでした!


今回2本目では、クルーズのみなさんと海で会うことができ、
スピードボート組も大盛り上がり!
やはりPAWARA号は大きいですね。
クルーズ乗船をお考えの方!残席が残り少なくなってきています。
皆様、ご予約はお早めにどうぞ!!


明日、スピードボートはシミラン諸島へ行って来ます。
海ログお楽しみに☆



報告/MIHOKO
写真/後ほど


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/11(火) 23:22:22|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ時々曇り
水温/28 ℃
風/少々
流れ/ほとんどなし
透明度上/20m
透明度下/12m

晴れです!
ここのところお天気のいい日がずっと続いています。。
そして徐々にではありますが、透明度も上がってきました。
3歩進んで2歩下がるというかんじですけれど。

今日はオープンウォーター(OW)講習の最終日。
今回の生徒さんは元気な男4人チームです。
ボートはチュンポンピナクルへ。

みんなすでにすごく上手なのでいきなりロープなし潜降でチュンポンピナクルの岩を目指します。
そしてそして、チュンポンの魚はやっぱり多い!
OWだから深いところは行けないけれど、泳いでいるだけで気持ちいい!
ユメウメイロ、イエローバンドフュージラーの群れ、ギンガメアジ、マブタシマアジの群れが迎えてくれます。

そして下にはシェベロンバラクーダ!
横にはピックハンドルバラクーダの群れです!深度18mなのに近いです!
あれは何だ!?あれは何だ!?ってかんじで、本当、いろいろ出てきて楽しいね!

極めつけは大きいアカマダラハタ。岩の下に4匹くらいいました。

そして講習最後のダイビングはツインズ。
スキルもばっちり終えて、無事新たに4人のダイバーが誕生しました!

おめでとうございます!

0111ow小


報告/ASUKA
写真/本日のオープンウォーターダイバーズ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/11(火) 18:44:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ時々曇り
水温/28 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/12m
透明度下/7m

GingameAji008.jpg

「どやさ!どやさ!!」とはこの写真のようなシーンで使える、
どうなのよ!とか、手前味噌だけど自慢しちゃうよー、
ってな意味の京都弁です。
(京都人ではないけど使ってみました。)

ここは世界の名立たる魚影ポイントの中でも屈指の濃度で、
溢れんばかり、というか溢れてしまっている魚影ポイント。

そうです、タオ島海域の最終兵器ことセイルロックです。

今の時期はまだシーズン前なので透明度こそイマイチですが、
そんなことはお構いなしのこの魚影の濃さ。
魚の渦に飲み込まれてのダイビングはダイバー至福のひととき。

タオがいい感じだよ~!との知らせを受けて、
シーズンまっ只中のカオラックから舞い戻ったKOKIです。
(薄情者と呼ばないでね♡)

もう、何と言ったらいいのだろうか。
とにかく溢れまくっているんですよ、サカナが!!
野鳥の会の精鋭をもってしても、到底数えきれないはず。

し・か・も!
ギンガメアジだけじゃありませんよ。

ChebronBaracuda007.jpg

「どやさ!どやさ!!どやさー!!!」
野鳥の会の方のカウンターを持つ手は腱鞘炎まっしぐら!

言っておきすけど、1つのダイブサイトですよ、2枚とも。

さ・ら・に!
HosohiraAji.jpg

定番のこういう群れもいますが、もはや添え物状態。

ダイバー人生、潜れば潜る程マクロに走り勝ちですが、
こういうのが一気にどばーっ!と押し寄せる中に身を置くと、
やっぱしこういうの好きー!!と思ってしまいます。
僕が単純だからか?

この先しばらくも穏やかな海況の予報。
ということは、透明度も上がって来ちゃう感じでしょうか。

タオ島「どやさ!どやさ!!ログ」の続報にご期待下さい!


報告/KOKI
写真/ギンガメアジ、シェベロンバラクーダ
   ホソヒラアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/10(月) 23:31:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.10

海ログ、初投稿です☆

こんにちわ、まだまだ気分は明けましておめでとうございます。

そして、はじめまして。

または、お久しぶりです!

エリボウこと、ERIです。

2005年初めに3年ちょっと勤めたビッグブルーを卒業し、

バンコク、日本、オーストラリアでそれぞれ2年ずつ暮らしましたが、

本物のタイ料理と、ふらっと散歩に行くようにダイビングができる環境が恋しくなり

再びタイに舞い戻りました。 

で、クリスマスからビッグブルーカオラック店でこっそり!?働き始めてます。

よろしくどうぞ!!


さてさて、そんなワタクシが、自身初となる今日の海ログをお届けします♪

日にちは前後しますが1月10日のログです。

毎週月曜日はコ・ボン&コ・タチャイの日。 

今回の日本人ゲストは7名、に対してガイドがKUMA、HIRO、ERIの3人と

超少人数グループではりきって出発!

曇ってはいたものの波もおだやかで、船酔いしやすい私もイケイケでコ・ボンに到着♪

ご一緒したゲストはカオラック4度目のHさんご夫妻。

水中で見つけた生物をおしえあいっこする姿がほのぼのステキなおふたり。

私はというと、マンタ見たさに先を急ぎそうになるのをぐっとこらえて

ハタタテハゼのピコピコダンス、

白化したイソギンチャクにすがるように潜り込むひとりぼっちのクマノミ、

ハマサンゴの陰に大発生のムカデミノウミウシ、

のほほんと並んでおよぐソウシハギのカップルなどを観察して

気持ちよく1本目のダイビング終了。

マンタとランデブーは次回のお楽しみにとっておくとします。

2本目のタチャイピナクルは、やたらとアカマダラハタに遭遇した1本で、

とくにウケたのが、小さくてかぼそいイソバナの枝の間に挟まってるだけなのに、

おっきな岩陰に隠れてでもいるように油断しきった1匹。

ほんの数10センチのところまで寄ってガン見してやりました。あははは。

カオラックの1日は今日もすてきなのでした♪

次回は写真付きでアップできるようガンバリマス!
  1. 2011/01/10(月) 23:05:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.09

ロケーション/タオ島
天候/雨のち晴れ
水温/28 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/7m

IMG_0319_convert_20110109193850.jpg


出航まで雨が降っていましたが、その後は晴れ間が見え、
気持ちのいい天気になりました。

今日は、久しぶりにサウスウエストピナクルに行ってきました。
潜降するとすぐにシェベロンバラクーダの群れ!!
何千匹という群れがブイ周辺をグルグル泳いでいて、ゆっくりじっくり見ることができました。
少し沖の方に目をやると大きな大きなオニカマスがシェベロンバラクーダの群れに突っ込んできました。
一緒に近くを泳いでいる姿は、なかなか見応えがあります。
今日は、下の方が濁っていたため、深場には行けませんでしたが、
岩の穴を覗くと、ソリハシコモンエビやオトヒメエビ、
ヤギを探すとゴルゴニアンシュリンプがいました。

2本目は、シャークアイランドへ!
今日は、結構流れていてドリフトダイビングでした。
でも、水底まで見れて透明度はよかったです。
ここの見所は、なんといっても、ツキチョウチョウウオの群れ!
今日は100匹以上群れていて、すごくきれいでした
。最近、シャークアイランドにあまりダイバーが来ないからか、
群れの大きさが以前より大きくなったような気がします。

最後は、サイリービーチで潜り、
トウアカクマノミに会いに行ってきました。
6か所のコロニーに行き、そのうち2か所に卵がありました。
もうすぐハッチアウトをしそうな所もありました。

最近、雨が降っていましたが、タオ島の天気はよくなり、夕陽・夕焼けがキレイに見れます。
明日は、フルデイトリップに行ってきます☆

報告/IYO
写真/昨日の夕焼け

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/09(日) 17:52:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.08

ロケーション/カオラック・リチェリューロック
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/20m
透明度下/20m

カオラックよりヒロアキが海ログをお届けします。

全然波がなくブルードルフィン号は滑るようにリチェリューへ!
ちょうど1時間で到着。

いつもは、大人気サイトだけあってクルーズ船が何艘もいるのに…
何とリチェリュー貸し切り状態!!!!
もちろん水中でも他のダイバーにほとんど会うことがなく、のんびり潜れました。

キンセンフエダイの群れ、ピックハンドルバラクーダの群れ、水面近くにはブラックフィンバラクーダの群れで遊んだ後は・・・

タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、フリソデエビのペアなどをじっくり観察!!

本当にここはマクロ、ワイド、水中景観まで多彩なダイブサイト!!!!

毎日でも潜りたくなるようなコンディション!


報告/HIROAKI (HIROAKIブログはこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/01/08(土) 10:29:16|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.01.07

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/25m

オニイトマキエイ

いや~、良かった良かった・・・

何が良かったって、波が無くて良かったんです。昨日は大波でリチェリューロックに行くはずがポイント変更でコタチャイへ。それでも波が高くて2本目は港の近くの沈没船ポイントへ。船酔いした人も多かったのでした。

で、本日はというと、打って変わってベタ凪(は言い過ぎかな!?)。船酔いゼロで快適なトリップでした。午後からはお日様も出て来て、透明度も良かったです。

そして、ダイビングも最高でした!
2本コボンで潜ったのですが、2本ともマンタダイブでした。

1本目は多くのクルーズ船のスケジュールと被ってしまい、マンタは出る事は出たけれど、ダイバーの群れ越しのマンタでした。

2本目はほぼポイント貸し切り状態。ちょう接近してじっくりゆっくりマンタを見る事が出来ました。

オニイトマキエイ

ちなみに、カオラックで見れるマンタというのはオニイトマキエイのことで、今日は2枚見れましたが、2枚とも体福が4mを超えるサイズでした。

帰りも波が穏やかで滑るように水面をかっ飛ばし3時前には港へ到着。お客様も大喜びな一日でした。

報告/TAKESHI
写真/オニイトマキエイと本日のお客様たち

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/07(金) 19:13:36|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2010.01.03-07

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/所によりあり
透明度上/25m
透明度下/20m 

1日目
�タチャイリーフ
�リチェリューロック
�リチェリューロック
�タチャイリーフ

とまと隈之実


カオラックを出発した日は雨が降りましたが、今日は朝日がきれいに見れるほど晴れていました。

チェックダイブは透明度が遠くの方まで見えるくらいにスコーンとぬけていました。
癒されながら泳ぎ、マクロの魚をじっくり観察!!
安全停止する直前にカメとの遭遇・・・
小さめのカメ(タイマイ)でどこか行こうとしていたのか?止まらずに過ぎ去っていきました。

クロワッサンの形をした地形をぐるりと1週ゆっくりと泳ぎながら群れ&マクロをたくさん見てきました。
まずは最近発見したフリソデエビ2匹は二人??で寄り添って仲良く並んでいました。
次はタイガーテールシーホース!!この個体が見れるのはここだけ。
恥ずかしがり屋でサンゴの隙間に顔だけ隠してお尻を出していたので可愛いかったです。
すぐそばにはニシキフウライウオがソフトコーラルにうまく擬態していました。
中層にはキンセンフエダイ、ホソフエダイの玉やオニアジがうろうろ・・・・
ブラックフィン、ピックハンドル、シェベロンバラクーダのほかにオニカマスまでいました。

コブシメのカップルがいちゃいちゃしながらデート!!
オスはカメラを向けると威嚇してきました。

DPP_0001.jpg


明日はマンタ出るか!!?

2日目
�タチャイピナクル
�コボンウエストリッジ
�コボンウエストリッジ
�タートルロック

この日もいい天気でした。

新月が昨日ということもあり、流れが少し強かったきがします。
そのおかげで潮当たりがいいところでクマザサナムロ、イエローバックフュージュラーなどのタカサゴが集まり、
ナンヨウカイワリ、インドカイワリの大きい固体がうろうろしていました。
今回のトリップでも登場してくれました!!!
スペシャルゲスト・・・・・・・”マンタ”
IMG_3406.jpg

マンタが流れに乗ってゆっくり僕らの目の前をスーッと泳いでくれました。
何回見ても泳ぐ姿は神秘的です。
深場の華やかなソフトコーラル広がり、お花畑のようでした。
浅場のススメダイの群れたち見ながら浮上!!!
DPP_0004.jpg

次の日からシミラン諸島へ!!

3日目
� スリーツリーズ
� ノースポイント
� ウェストオブエデン
� ウェストオブエデン

3日目からはマサルが報告します!
シミラン諸島は波が出てきました。

1本目はスリーツリーズ。
3本の木を目印に潜降していきます。

透明度は抜群!気持ちのよい砂地を、
飛ぶように深場へと進みます。

真っ白の砂地ではオーロラパートナーゴビー、
アンダマンジョーフィッシュに癒されます。

所々にある岩には青や赤のソフトコーラルが、
ふさふさと付いています。

丸太のように太いオニカマスにも出会いました。

2本目はノースポイント。
こちらも透明度は最高です。
水面から水深30-40mの水底が丸見えです。

大きなイソマグロや、ツバメウオが中層を行きかいます。
ふと水面を見上げるとカメが、
クルーズ船へと近づいていくのが見えました。

3本目はウェストオブエデン。
マクロネタの宝庫ポイントです!

色鮮やかなマッコスカーズフラッシャーラス、
愛らしいアンダマンジョーフィッシュ、
紅白のいハタタテハゼ、
黒と黄色のハナヒゲウツボ、
DPP_0002_20110107204007.jpg

アケボノハゼとクダゴンベ次から次へと登場します。
AGE_0292.jpg


ちっちゃなアオウミガメを見ながら安全停止へ。
船へと戻ると大きなカメがはしごのところにいました。

4本目もウェストオブエデンにて、
サンセット・エントリーで、途中でナイト。

この時間は群れが「ぎゅ!」と凝縮しておもしろいです!
タカサゴやスカテンがなんとも幻想的でした。

4日目
� エレファントヘッドロック
� アニータズリーフ

最終日1本目はエレファントにて。
ほどよい流れの中、象の背中部分へと潜降していきます。
早朝のダイビングということで、
タカサゴなども群れが凝縮しています。

小魚を食べようと、
大きなイソマグロがグルグルと泳ぎ回り、
マッコスカーズフラッシャーラスやハナダイギンポ、
アイドルフィッシュも自信たっぷり?に泳いでいます。

2本目はアニータズリーフ。
最期はこれぞ!シミラン!
という景色に癒されました。

AGF_0040.jpg

美しいソフトコーラルの周りには、
無数のスカシテンジクダイが群れ、
お腹を空かしたギンガメアジやイケカツオが、
アタックしていました。
桃隈之実

群れにマクロに大物に、
今回も充実のクルーズとなりました。
DPP_0003_20110107204022.jpg

報告/1日目 YUTAKA
   2日目 YUTAKA
   3日目 MASARU
   4日目 MASARU

写真/綺麗な写真はチャバ会写真部の四八式潜水機さんとLapin de merさんとKOHEIさんから頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/01/07(金) 19:01:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.01.06

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/南東より
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/10m

DPP_0003小2

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、行ってきました2011年初フルデイトリップ!
初セイルロックです!

行くまでは何と雨。。
新年初の雨だったので、ちょっと落ち込みましたが、海の中はすごかった!!

本気ですごかったです。魚。魚。魚。
これぞセイルロック!!
透明度はめちゃめちゃいいとはいきません。
ですが魚が全部上に上がってきてくれていたのです!!

まず、離れ岩のギンガメアジ。
浅い!15mで十分。いつもの倍はいた!すごい玉が2個重なっていた感じです!!

そして一緒にピックハンドルバラクーダ!
これまた浅い!

シェベロンバラクーダ!ホソヒラアジ!!
キンセンフエダイ!ツバメウオ!
ぜーんぶ10mから18mくらいにいてくれるのです。

全てが激群れ。そして一緒に群れている。
そしてもちろん逃げない!!

「ギンガメアジとバラクーダとキンセンフエダイの群れの中にさらにヤイトハタが入った写真。」

とかを撮れそうでした!!
撮ってないけど!

報告/ASUKA
写真/本日のお客様による、ギンガメと私

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/01/06(木) 20:53:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD