Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2011.02.28

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/結構強め
透明度上/20m
透明度下/15m

manta!!

今日は誕生日と言う事でスタッフの皆が仕事を担当してくれ僕はカメラを持って純粋にファンダイビングを楽しませてもらったのでした。

今日のポイントはコタチャイ・ピナクルとコボン・ウェストリッジです。

1本目、何を撮ろうかな~と潜降していくと、ギンガメアジのけっこう大きな群れを発見!しかし、そのすぐ横に泳いでいるトラフザメも発見!これは動きのあるトラフを先に撮って、後でギンガメを撮りに戻る作戦で、あわよくばトラフがギンガメの方へ行ってくれればコラボ写真も狙えると、いろいろ企みつつ、プレッシャーをかけないように並走しながらトラフザメが失速するか着底するのを待ちましたが、今日のトラフ君、全く速度を落とさず泳ぎ続けます。さすがサメ!トラフ君はゆっくり泳いでいるのでしょうが、僕は全力疾走。ついに見失ってしまいました・・・気付けばポイントの遥か離れたところ、エアもいっぱい使ってしまいました。落胆しながら戻ってくると、ギンガメは既に居なく・・・。仕方なしに安全停止していると、今更、巨大マンタが出現!もうエア無いって!!

見るものは見たけど、写真には全く何も撮れなかったのでガッカリしつつも、2本目のコボンに賭けます。ポイントに到着するや否や、水面でたくさんのスノーケラーが大はしゃぎ!水面下で数枚のマンタが乱舞しているという。よっしゃっ!気持ちを入れ替えここで撮るど~!!

最初から最後までマンタ三昧のダイビングでした。合計3枚でしたが、何度も何度も回って来てくれました。一番大きな個体は5mちかくあり、しかもめちゃくちゃ近づいて来たので魚眼レンズでも画角に入りきりませんでした。

と言う訳で、今年のバースデーダイブはマンタ祭りを楽しませてもらいました。

でも、1本目のトラフザメとの追いかけっことコボンの激流の中でのマンタ撮影で泳ぎ過ぎて酸欠!?かなり疲れました・・・。こうして年をとって行くのかな!?でも良いダイブでした。

今、カオラックの海はマンタが大当たりです。今シーズンもあと1ヶ月半。まだ間に合いますよ~!

報告/TAKESHI
写真/オニイトマキエイ

。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/28(月) 23:48:48|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほぼ無し
流れ/強め
透明度上/10m
透明度下/5m

HanabiraTamago001.jpg

上がりかけた透明度がまた下がってきました。。。
あぁ、青い海で潜りたい。。(切実。。。)

とは言っても、シーズンはこれからスタート。
3月に入ればきっと青い海が迎えてくれるはず。
3月からは、いわゆるハイシーズンですからね。

さてさて、数日前の海ログでお伝えした、
トウアカクマノミの産卵/育児に続き、
今回はハナビラクマノミをチェックしてきました。

ハナビラクマノミはトウアカクマノミと比べると
かなり臆病な種。

卵もトウアカクマノミの様に大胆に
コロニーの隣に産卵床を置いて産むのではなく、
コロニーであるイソギンチャクの真下の岩にひっそりと。

なのでパッと見では気付きません。
が、やたらとイソギンチャクの下に潜り込む個体が居たら
そのコロニーの下をチェック。
そこには小さな卵達がスクスクと成長中だったりします。

こちらの卵はあと数日でハッチアウトしそうで、
親クマノミは一生懸命に育児に勤しんでいます。

が、トウアカクマノミと比べると、
少し気合いが足りない気もします。。偏見ですね。。。
命を育てる想いに優も劣もありませんからね!

明日は久々に島の東側を攻めて来ます。


報告/KOKI
写真/卵の世話をするハナビラクマノミ

。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!
  1. 2011/02/28(月) 19:19:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

27.02.2011

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/ほとんどなし
透明度上/20m
透明度下/20m

こんにちわ! 今日はワタクシERIが、
カオラック、シミラン・デイトリップの模様をお伝えいたします♪

本日のゲストは女性3名様。

今日の1本目は9番の島の北にある、ノースポイント。

流れも少なく穏やかで、これなら好きなところを好きなようにいけるぞ♪
と、わくわくしながら泳ぎ始めました。

まずは水底が28メートル位になるところまで降りて、
下からなめるように見上げて巨岩の絶景を堪能しつつ、
アンダマンジョーフィッシュをご紹介。
ん?どこどこ??と、皆さん一生懸命眼を凝らしていらっしゃいます。
と、そのとき沖側の砂地の方に大きなグレーの影、
1メートル以上はあるブラックチップシャークです!
しかし残念、眼がジョーフィッシュになってたところなので、
サメだと認識できなかったみたい。。。

気を取り直して、穏やかな流れの中を散策していると、
岩肌を覆うスカシテンジクダイなどを追うアジたちの猛攻撃がいたるところで炸裂!
まるで生け花のように奇岩に咲くウミウチワやソフトコーラルを背景に
繰り広げられる弱肉強食のドラマ。。。。
大自然を目の当たりにすることのできるダイビングってスゴイ!

安全停止に入った頃にはカメに遭遇できました!

2本目はスリーツリーズ。

ぜひぜひバラクーだが見たいなぁ!と期待しながら、
まずは砂地でオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュを観察してから、
中層をうろうろしてバラクーダ探し。
いましたいました! 
見上げると水深18メートルくらいにゆったりと泳ぐブラックフィンバラクーダたち。
そろりそろりと近寄っていくと、かなり近くまで寄れてじっくり見れました。

その近くにモヨウフグが一匹浮かんでいたのですが、
ごめんね、バラクーダに夢中でちょっとつれない私たち。。。
それが気に入らなかったのか、この子、ずーっと私たちについてきます。
ひとりずつ順番に、ねぇねぇ! ねぇってば! とでも言うように付いて回ります。
私のほうにも真正面から近寄ってきて、近寄りすぎて寄り目になっちゃったと思ったら、
・・・・ゴツン!!
マスクにぶつかったというかかぶりつこうとしてきました!
その後もひとしきり私たちについてきた後、気が済んだのか元来た方に戻っていきました。

その後、またまたカメにも会えたし、
のんびりだけどなーーんだか面白いダイビングでしたね~なんていいながらエギジットしました。

明日は我らがTAKESHIのバースデイトリップで
コボン・コタチャイに行ってきます。 お楽しみに♪
  1. 2011/02/28(月) 14:40:21|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.2.26

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

ピックハンドルバラクーダ


今日も暑~い日差しのタオよりマサルです!
いまは大学生の春休み!
今日からも4名のゲストがオープンウォーター講習をスタートしています。

そんななか、スタッフのKOKI・KATSUKI・ボクの3人で、
調査ダイブへといってきました。

1本目はチュンポンピナクル。
昨日、近場のポイントでジンベエの目撃情報があったので、
もしや・・・という期待を込めて潜降です。

落ちていた透明度もまだ不安定ではありますが、
タオ島の平均的なものに近づいてきました。

水中はプランクトンが濃い~感じ。
無数のタカサゴがダイバーのマスクの目の前で、
流れてくるプランクトンをパクパクと食べています。

今日はピックハンドルバラクーダがすごかった・・・。
1匹1匹が70cmはありそうな大きなバラクーダ。
それが、ゆーっくりとダイバーを取り囲みます。

久しぶりにレギュレーターごしに驚きの声を上げてしまいました。

オオクチイケカツオやコガネアジは、
そーっとタカサゴの群れに近づいては、
急にスピードを上げ、捕食に大忙し。

やっぱりチュンポンの魚の数は圧倒的です。

2本目はツインズ。
45分間とことんハゼを観察してみました。

赤い点がきれいなレッドマージンシュリンプゴビー。
他の個体を威嚇するように、
穴から浮かび上がりヒレを全開にしたり、
口を大きく開けています。

また、ふらふらーっと穴から出張したと思えば、
雌と思われる固体の穴へと入り込んだり。

ハゼ・ダイブ最高です。
ハゼ・フリークのみなさん、ぜひツインズで潜ってみてください。

船へと帰る途中、
ブダイが集まっていたので観察していると・・・

雄が1匹、数匹の雌を引き連れて、
痙攣するようにビクビクっとした直後、
水面近くへと急上昇していきます。

くるっ!と身体を反転したかと思うと周辺の水が白濁します。
産卵・放精の瞬間です。

すると面白いもので、その栄養たっぷりのタマゴを狙っている魚がいます。
白濁したところにユメウメイロが集まって、
パクパクと口を忙しく動かしています。

こういった魚の裏事情(?)なども、
本当におもしろいですね。

さて、近いうちにジンベエ情報をお伝えすることができるでしょうか!?


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/大きなピックハンドルバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/26(土) 17:48:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.0222-0226

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/20~30m
透明度下/20m

1日目
①アニータズリーフ
②ディープシックス
③ウェストオブエデン
④ハネムーンベイ

IMG_0243.jpg

今回のトリップも、天気予報によれば穏やかな海況になる予定。
この日はその通りの癒し系ダイブとなりました。
透明度は、少し落ちていますがサカナが多くてすごく面白いです。
キビナゴ、スカシテンジクダイは相変わらずたくさん群れ、カスミアジの群れやイケカツオの群れがハンティングをしていました。
時にはイエローバックフュージラーとイエローダッシュフュージラーの群れも川のように泳ぐ景色がキレイでした。
IMG_0221.jpg

岩場では、ワヌケヤッコ、アンダマンスィートリップス、ゴシキエビなど、色がキレイで見ごたえのある生物を見て、足元のアンダマンジョーフィッシュ、ハナヒゲウツボ、アケボノハゼ等も見て遊びました。
ナイトダイビングまで、今日はとても穏やかなダイブとなりました。
今回は4日間とも良いお天気になるかな?

IMG_0223.jpg

2日目
①エレファントヘッドロック
②クリスマスポイント
③コボンウエストリッジ
④コタチャイピナクル

IMG_0178.jpg

朝一番は、地形サイトへ!
大きな岩が折り重なっており、岩と岩の間から差し込む朝日が気持ちいいです。
潜降するとアオウミガメが食事中だったのでじっくり観察することができました。
岩陰には、タイガース柄をしたムスジコショウダイやマロ眉毛に紫色の唇をしているようなシテンヤッコが隠れていたり、
マスカラをしていようなまつ毛が印象的なファントムバナーフィッシュはウミウチワのそばでじっとしています。
ボートを別のポイントに移動している時には、イルカのファミリーを発見!
ボート上から皆で見ていると、近づいてくれたり、最後にはジャンプまでしてくれました。

午前中、コボンではマンタが出ているとの情報を得ていたので、大物狙いで潜りました。
潜降してしばらく探していると、マンタが登場!
4mくらいの個体で優雅に泳いでいます。
リッジの先端付近をぐるぐる回ってくれたので、1本丸丸じっくりとマンタを見ることができました。

IMG_0440.jpg

最後は、サンセットダイブへ!
潜降すると360°至る所でフュージュラー系の魚が群れています。
捕食しにロウニンアジやカスミアジが目をギラギラとさせています。
ここでまたマンタが出たらすごいだろうなぁ~と思っていると、出ました!マンタ!
フュージュラーの群れに突っ込んでいく姿は圧巻でした。

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック

IMG_0437.jpg

朝一番にコタチャイでエントリー!!
他の船はまだ潜っておらず魚がざわざわしていました。
昨日マンタがでたので今回も期待しましたが、現れてくれませんでした。
でも、魚の群れはすごくよかったです。
クマザサハナムロ、ササムロ、イエローバックフュージュラーなどが中層に壁になるくらいに群れその外側はロウニンアジやカスミアジ、ギンガメアジが泳ぎ回っていました。

IMG_0541.jpg

2本目からはリチェリューロック!
まずは、壁一面に広がるキンセンフエダイの群れを堪能。
群れの中に突っ込むのはサイコーです。
そのバッグでは鮮やかな紫色のソフトコーラルが群生しており
根を覆い尽くし、スカシテンジクダイやユカタハタが
気持ちよさそうに泳いでいます。場所によってはソフトコーラルに囲われているクマノミはすごく絵になります。

IMG_0495.jpg

幼魚から成魚になる過程でしか見ることの出来ない困り眉毛のトマトアネモネフィッシュ、岩陰ではお馴染みのタイガーテイルシーホースや見事に擬態したニシキフウライウオ、二匹で寄り添ってダイバーの様子を窺っているフリソデエビ。
最近見かける1㎝程のミナミハコフグの幼魚やタテジマキンチャクダイの幼魚など、マクロを中心に眺めていきました。。

IMG_0512.jpg

今回100本迎えたK.Mさんおめでとう!!
IMG_0989.jpg


4日目
①コタチャイピナクル
②コボンピナクル


2本目、潜降するとすぐ真下にはマンタの姿が!
今回のトリップで3回目のマンタ登場。
ゆっくりゆっくり私たちの周りを泳いでくれます。
すると1枚2枚と段々増えていき、3枚のマンタをじっくり見ることができました。
まるで私達に「また、遊びに来てね♪」と最後の挨拶にきてくれたみたいでした。

IMG_0412.jpg

次回のトリップもお楽しみに☆

IMG_0996.jpg

報告 MAYUKO(マユコ・ブログはこちら
YUTAKA
IYO

写真/お客様提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/26(土) 16:13:17|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.02.25

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/結構強め
透明度上/25m
透明度下/5m サモークラインのため

manta!

こちらも快晴のカオラックより、
ウハウハどころかウハウハウハウハウハなダイビングから帰ってきたばかりのERIが、お伝えいたします♪

金曜日はコボン曜日。マンタポイントとして有名なコボンでWダイブの日です。

連日目撃情報が続々届いているので、もちろん見る気満々でやってまいりました!

1本目は南側からエントリーして、島沿いにキンセンフエダイの群れや、
激増したスカシテンジクダイを捕食する迫力満点のアジなどを紹介しながらゆっくり進み、
期待と妄想を膨らませながらリッジの先端にたどり着くと、
北側からの強い流れに、リッジ辺周にとどまるには岩にしがみつかなければ無理そうな感じ。。。
今日が初日のお客様もいらっしゃるし、無理せず岩陰で楽しもうと思い、来た道を引き返すことにしました。

数分前までは底までスッキリ見えていたのに、下の方からにごった冷たい水がせりあがってきてきて、
なんだか怪しい雲行き。。。。
今日はがっかりなダイビングになってしまうのか・・・・と暗い気持ちになりそうになったところに、

出ました♪ マンタ♪ 
1匹がすーっと頭上を通り、また1匹こんどは水面ギリギリでシュノーケーラーの度肝を抜いています

が、しかし、すぐに沖のほうに泳ぎ去ってしまったため、お客様の中には、なんかよくわかんなかったかもという声もチラホラ。 見たけど、、、なんだか腑に落ちない!

お昼ごはんの後、2本目は北側からエントリーして水面で全員集合したのでさて参りますかと水中をのぞくと、

いました! 真下にマンタが! しり切れで小さめのがウエストリッジに向かって泳いでいきます。
きっとリッジ周辺でぐるぐる旋回するマンタとランデヴーできるかも! と思ってついていこうとしましたが、
むむむ、潮が垂直にあたっていたのか流れが西と東に割れていて、私たちがいるところはウエストリッジのほうではなく東に流れています。

時間差で先にエントリーしたチームは難なく西に向かっているのが見えましたが私たちは東に向かっています。
西のほうは潮当たりがよく、アジもうじゃうじゃいたのに・・・・

マンタ潜降の余韻だけで2本目を乗りきらなければいけないのか!?
と、あせりはじめたころ、

ウハ! もう1匹♪ お腹の左右対称のブチ模様が般若の面のようで、硬派なかっこいいやつです。
こいつも流れに逆らってウエストリッジのほうに泳ぎ去ります。

2匹見れたー! と喜んでたら、 まさかの3匹目! 6メートルくらいありそうなおっきな固体!!
こいつが大トリか。。。。

と思ってたら、もう1匹! お腹にぶちがいっぱいの、漆黒のマンタ!

え~!まさかの5匹目を期待しちゃうけど、さすがにもうムリー、
とおもってたら、まさかの5匹目!! これも大きくてしかもしっぽのながーい、特に美しい個体。

レギュごしにスゴーイスゴーイいいながら安全停止にはいったら頃には、
ブラックチップシャークまで見ちゃいました!

ああああ、ほんっとうにすごいダイビングだったので長くなっちゃいました。

明日はリチュリューロックに行ってきます!!

報告/ERI
写真/オニイトマキエイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ! 続きを読む

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/25(金) 23:13:23|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/8m

チュンポンピナクルもやっと透明度が戻ってきました。
一時はどうなることかと思いました。
水温も上がってきて今日は一日4本でした!

チュンポンはダイブマスタートレーニング中のSOのガイド。
流れの先まで泳いでいくと群れが集まっていました!

オニアジ、シェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダ、クロホシフエダイ、キンセンフエダイ。
根の上ではイエローバンドフュージラーをコガネアジが追いかけまわっています。
SOくんも上がってきて一言。
「すごいですね。」

さて、一本目が終わり、上がったところで、「グリーンロックでジンベエ!」との情報が。
やっと来ました!一目散に向かいます!
絶対見るぞー!!!
という意気込みで速攻エントリーしたのですが、いくら探しても見つからず。。。
残念。。
な結果に終わってしまいました。

でも、本当にプランクトンの多い今のタオ島(いつも多いけどそれより多いです)。
きっとまだいるはずです!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/25(金) 20:25:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.2.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/8m
透明度下/3m

シェベロンバラクーダ


快晴のタオ島よりマサルです。
大学の卒業旅行のゲストとフルディトリップへ行ってきました。

1本目と2本目はセイルロック。
群れの数は世界有数のポイント。

透明度は・・・五里霧中という感じですが、
元気いっぱいの大学生パワーで楽しく潜ってきました。

なぜか群れ達が浅瀬に大集合しています。
ギンガメアジの玉が水深8mに、
シェベロンバラクーダのトルネードが水深7m。

それらが目の前を通り過ぎていきます。
本当にバラクーダがからだに刺さるかと思いました(笑

3本目はサウスウェストピナクル。
ただいまサウスウェストではバラクーダ祭り開催中です。

ししゃもの様に見える1万匹位いそうな子供バラクーダは、
根を覆い隠すように見えます。
まるで富士山に掛かる雲のようです。

キンセンフエダイ・ホソヒラアジの玉に飛び込んで遊び、
ヒブサミノウミウシ・セスジミノウミウシ(SP)など、
きれいなウミウシを楽しんで安全停止へ。

ジンベエザメの目撃情報もちらほら入ってきているタオ島。
春休みシーズンまだまだ盛り上がっていきますよ!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/25(金) 11:41:02|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.02.24

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/10m

リチェリューフリソデ

今日はリチェリューロックへ行ってきました。今日は何が凄いって、ポイントにダイブボートが全然いませんでした。タイでナンバーワンの人気ポイントだけにいつもたくさんのボートで賑わうはずが、何故か今日はダイバーが少ないのでした。

相変わらず透明度はそこそこって感じでしたが、とにかく魚影が濃かった~っ!潜降してすぐ目の前には大量のスカシテンジクダイをハンティングするマテアジやアオヤガラ。少し泳ぐと行く手を遮るようにキンセンフエダイの壁。潮の当たる場所には無数の各種フュージュラー(グルクンの仲間)。程よい流れでソフトコーラルのポリプも全開でとても綺麗でした。

タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、フリソデエビ、トマトアネモネフィッシュなどマクロも堪能。

ゲストの皆様もっっても満足な2ダイブでした。

報告/TAKESHI
写真/フリソデエビ


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/24(木) 20:11:16|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

Touaka002.jpg

今日も素晴らしいお天気のタオ島。
外洋の透明度も少しずつ回復して来たようです。

が、今一番熱いのはサイリー。
そうです、この時期はトウアカのハッチアウトが
最盛期を迎えています!

そういえば去年のシーズン中は水温異常で
1回も卵を産まなかったことが頭をよぎり、
こうして命の連鎖が再会されている光景を前に
胸が熱くなります。

TouakaTamago.jpg

今日廻ったコロニーでは、昨日産んだばかりの卵、
目が爛々と輝いて今にもハッチアウトしそうな所、
昨日ハッチアウトして旅立ち損ねた卵が残るコロニー、
そして住処を獲得した若魚の居るコロニーと、
発育過程を手に取る様に見る事ができました。

もちろん親クマノミ達も、
子育てブランクを感じさせない、
逞しい動きを見せてくれています。

トウアカ巡りをするなら、
西風が入らない4月までがチャンス!!

報告/KOKI
写真/トウアカクマノミ若魚、卵

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/24(木) 19:14:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.02.23

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/10m

yellowback

今日はシミラン諸島へ行ってきました。

ちょっと透明度が濁り気味でしたが、いかにも大物が出そう~という雰囲気でした。案の定、クリスマスポイントではマンタが登場・・・って、うちのチームが浮上してからでしたが・・・

それでも、ナポレオンやロウニンアジ、透明度の端から端まで続くイエローバックフュージュラーの大群など、見どころ満載のダイビングでしたよ。

モンツキカエルウオやオーロラパートナーゴビーなどのマクロも堪能しました。

モンツキ

報告/TAKESHI
写真/イエローバックフュージュラーの群れ、巣穴からこちらを窺うモンツキカエルウオ


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/23(水) 19:36:43|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.2.22

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/有り
透明度上/20m
透明度下/15m

今日はベタ凪快晴のリチェリューロック、タイは乾季の中でも暑気と呼ばれる一年で一番暑いシーズンに近づいています。暑くてダイビングに行かないとやってられません。
昨日に続き、流れが良い感じです。何がよいかというと、リチェリューロックは岩全体をソフトコーラルが覆っています。なので流れあるときの方がポリプが全開でそれはそれは美しくなります。
そのソフトコーラルの間に色々な生物達が息づいているのです。
ソフトコーラルとトマトクマノミ、ソフトコーラルとミナミハコフグ、カクレクマノミ、フリソデエビ等々。
みなさんも色の組み合わせを楽しんで下さい!!

[広告] VPS


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


報告/KUMA
動画/トマトアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/22(火) 16:56:32|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.2.21 khaolak

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/有り
透明度上/20m
透明度下/15m

今日は満月の3日後なので楽しい流れの中ダイビング!!
潮当たりNO.1ポイントといえば、タチャイ・ピナクル。

今日もロウニンアジやカスミアジがハンティングしまくりです。
岩場の近くではフュージュラーの子供達を狙ってカスミアジがビュンビュンと飛びまくり、その上の中層ではフュージュラーの大人たちを狙ってロウニンアジがゆらーりゆらーりとタイミングをはかっています。
潮の頭に向かっていくとギンガメアジの群れも。
今のタチャイは光物が旬です!!

[広告] VPS

。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


報告/KUMA
動画/カスミアジ ロウニンアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/21(月) 20:40:38|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.2.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/3m

ワヌケヤッコ幼魚


快晴のタオよりマサルです!
昼間はすかっと晴れ・夕方は最高~の夕日が見れます。
ただ、いま透明度はいまいち、いまに・・・。

今朝は外洋のチュンポンピナクルにて潜りました!
確かに透明度は数mですが、バラクーダが旬です。

潜降ロープの真下にシェベロンバラクーダが群れています。
そして、透明度がちょっと・・・という時は、
お魚たちもダイバーが見えないのか、本当に目の前を泳いでいきます。

バラクーダの群れが目の前50cmを泳いでいく・・・
想像しただけでも、凄さが伝わると思います。

巨大ヤイトハタも突如!目の前に現れてびっくり。
サプライズ満載のチュンポンを満喫しました。

2本目はグリーンロックにて。
ポイントで言えばグリーンロックが旬です!
マクロにワイドに満載です!

真っ青な色がかわいいキンチャクダイの幼魚(ロクセンヤッコかな)
成長途中のトウアカクマノミ。

なぜか水深5mの浅瀬で群れているギンガメアジとバラクーダ!
集中してウミウシを探していたら、
目の前をかなり大きいゴマモンガラが猛スピードで通過。

驚いた・・・・・


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/キンチャクダイ幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/21(月) 18:46:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.02.17-02.21

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/20~30m
透明度下/20m 

1日目
①アニータズリーフ
②ディープシックス
③ウエストオブエデン
④ハネムーンベイ(ナイト)

sango_20110221183434.jpg

朝から天気、海況共にばっちりのコンディションでした。

隠れ根には色鮮やかなソフトコーラルが咲き乱れ、
その周りにはスカシテンジクダイ、キンギョハナダイ、ヤマブキスズメダイが
ぐっちゃり、光を浴びて群れててきれいでした。
イヤースポットブレニーやフタイロカエルウオ、ルボックスブレニーがそこらじゅうを駆け回り、
ウミウチワにはクダゴンベが恥ずかしそうに隠れていました。

kudagonbe.jpg


すぐそばには体がクリーム色でグラデーションがきれいなアケボノハゼ。
黄色から青に変化しているハナヒゲウツボがいます。
アイドルが多すぎてすぐに目移りしてしまいます。

中層を眺めているとフュジュラーが川のようにどんどん流れて、
後からイソマグロやカスミアジ、ロウニンアジが追っかけていました。

2日目
①エレファントヘッドロック
②クリスマスポイント
③コボンウエストリッヂ
④コタチャイピナクル

ユカタハタ

午前は地形、大物狙い!!
エレファントの地形は本当に楽しいです。
突き出ている岩と岩の間や岩が重なり合っている穴を潜り抜けます。
上から射し込む光のカーテンや穴の中から外を見る海の景色は鮮やかなブルーが広がります。
どこ見てもダイナミックな地形に圧倒されます。
地形を楽しんだ後はマンタを狙いコボンへ!!
水中に入って透明度は少し落ちていましたが、何かでそうな様子。
水底にいるキンセンフエダイの群れで遊び、ユカタハタとソフトコーラルの写真を撮っているときに
見上げると4Mくらいマンタがホバーリングしてました。

manta_20110221183405.jpg

捕食のためかリッヂの先端へ行き大きな口を開けたまま泳ぎ、すぐに戻ってきましたが
僕らの目の前を一度通っただけでした。
でも、お客様は見れたことに感動し水中で大騒ぎでした。
今はマンタの遭遇率が高いので明後日のコボンでも期待ができます。

koganeaji_20110221183333.jpg

3日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック

akaobi.jpg

いつもより少し早起きをして朝日を見ながらのエントリー!
海の中に入ると眠気も一気に吹き飛びます。
今日は一日丸々リチェリューロックと贅沢なダイビング。
クロワッサン形の岩の周りには紫色のソフトコーラルがびっしり覆われてまるでお花畑にいるかのよう。

タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、フリソデエビのアイドル達に会いに行ってきました。

sihosu.jpg

nisikihurai.jpg

hurisode_20110221183313.jpg


タイガーテールは大きなお腹をしており枝に尻尾を巻きつけて周りをキョロキョロ見ていました。
トマトクマノミの幼魚は目の後ろの白いラインが消えて困った顔に見える個体や
イソギンチャクに包まって恥ずかしそうにこちらを窺う個体がいてとてもかわいかったです。

サンセットダイブでは岩の周りにフュージュラー系の魚がたくさん集まり、岩が見えないほど群れていました。
それを捕食しにアジがアタックする姿は、見応えがあります。
安全停止をする前にはコビアも現れて、リチェリューロックで一日過ごせてお客さんも満足でした。

4日目
①コボンピナクル
②コボンウエストリッヂ

2日目にマンタを見たポイントでラストダイビング!
潜降するとすぐ水底にトビエイの姿が・・・
駆け抜けるように泳いで行きましたが、大物が出るかとワクワクしてしまいます。

kinsen_20110221183324.jpg


今日は、残念ながらマンタには、会うことはできませんでしたが、キンセンフエダイやフュージュラーがたくさん群れていました。

次回のトリップも楽しみです♪

。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


報告/YUTAKA
IYO
写真/お客様提供
  1. 2011/02/21(月) 17:11:35|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.02.20

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/3m 

Hagoromo001.jpg

今日も晴天のタオ島です。

が、、、
数日前からの透明度の急降下が未だ晴れず、
水中はドヨーン。。。

ワイドを楽しむことが難しいので、
水底を這うようなダイビングをしてきました。

どこかの惑星に降り立ったかのような
幻想的な風景をバックに、
ニュウドウダテハゼやカスリハゼやシマカスリハゼ、
ハゴロモハゼなどが怪しげに浮かんでいました。

ヒメハナギンチャクにはオドリカクレエビや
イソギンチャクエビなんかも付いていて、
透明度が悪かった事を忘れてしまう程の
充実の下向きダイブでした。

午後からは透明度も回復傾向。
明日のチュンポンはスコーン!と抜けてたりして!!(懇願)


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!

報告/KOKI
写真/ハゴロモハゼ属の一種


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/20(日) 23:09:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.02.20

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

pink_anemone2

今日はシミラン諸島へ行ってきました。
ちょっとだけ波がありましたが、お天気も良く、快適なトリップでした。

1本目はウェストオブエデン。
程よい流れが入り南から北へドリフとしながらポイントを流しました。
濁った冷たいサーモクラインが入りましたが、おかげでフュージュラーの群れが目の前を横切ってくれたり、カスミアジやイソマグロのハンティングが間近で見れました。
最後はブラックピラミッドバタフライフィッシュの凄い群れに囲まれて終了。

2本目はアニタズリーフ。
これまた程よい流れの中、ポリプ全開の美しいソフトコーラルを堪能しながらのドリフトダイブです。
砂地ではオーロラパートナーゴビーを見たり、メインの根ではスカシテンジクダイやユカタハタが見られました。
人気のピンク色のイソギンチャクについたクマノミもじっくり観察&撮影。
のんびりゆっくりと癒されたダイビングでした。

明日はコボン&コタチャイです。
出るかな!?マンタ!

報告/TAKESHI
写真/ピンク色のイソギンチャクとクマノミ


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/20(日) 19:30:18|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/5m 

UmieraKanidamashi.jpg

連日綺麗な夕日が落ちているタオ島です。
暑期に向けて日差しもジリジリと強くなってきました。

ここ数日は透明度の上下が激しいため、
今日はマクロ狙いでツインズに行ってきました。

水面から水底がくっきりと見える程の透明度!
と思いきや、15m辺りから深場はサーモクラインが。。

今日のヒットはウミエラカニダマシ。

実は僕が一番好きな甲殻類で、
ウミエラを見かけてはチェックをせずにはいられない程に
僕の心を鷲掴みにするこの子。

今日は赤味の強い水玉の個体を発見。
しかも恥ずかしがらないとても良い子だったので、
すっかり酔心してしまいました。

今日はこの他、
トウアカクマノミやスポッティッドファイルフィッシュ、
フタホシタカノハハゼなどもチェック。

途中ピックハンドルバラクーダの群れや、
コガネアジの群れなどにも遭遇し、
最後はワヌケヤッコの幼魚を眺めてエキジット。

明日はサウスウェストピナクルへ。
群れ三昧のダイビングに期待です!!

。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!



報告/KOKI
写真/ウミエラカニダマシ


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/18(金) 23:52:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.02.18

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

本日は、最近実力を発揮しているコボン&コタチャイ
に行ってきましたー!
お天気も良く、波もなし。滑るように走りながら1時間弱で
到着です。

まずはコタチャイへ。
潜降するなり、何やら大物が出そうな雰囲気!
噂に聞いていた通り、フュージュラーが泳ぎまわり、ザワザワ
した様子です。

その中を掻き分けて進むと、現われたのはギンガメアジの群れ!
固体も大きめで、なかなか迫力がありました。

時より、ハンティングに夢中の、カスミアジやツムブリ、ヨコシマサワラ
が目の前を泳ぎ去っていきます。

ここで噂のロウニンアジですが、本日はやや少なめと言ったところ。。
しかし、数あるアジの中でもやはり貫禄があり、人目を引きます!

続いて2本目はコボンへ。

ハマサンゴの周りをスカシテンジクダイがびっしりと覆い、
とっても可愛いバラクーダの幼魚が一緒に泳いでいました。

人気のアケボノハゼは、2匹揃ってホバリング中。
その下にいるハタタテハゼや、水底近くを泳ぐキンセンフエダイ、
固有種のインドミスジや、インディアンバガボンドバタフライ
フィッシュなどを見て回ります。

マンタこそ出ませんでしたが、今なら魚影の濃いダイビングが
出来ますよー!

明日はリチェリューロックへ行って来ます。
海ログお楽しみに☆


。・。・゚★・。・。☆3月19日出港のパワラ号は・・・
とってもお得なスペシャルプロモーション!!。・。・゚★・。・。☆
お得な料金、そして水中写真家の鍵井靖章さんも乗船します!
皆さん、要チェックです♪♪♪

プロモーションの詳細はこちらをクリック!


報告/MIHOKO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/18(金) 20:43:43|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.16

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/20m

気持ちのいい天気の中、今日はシミラン諸島のNo.8に行ってきました。

まず、1本目は、エレファントヘッドロックへ!

潜降してすぐこちらの固有種のコラーレバタフライフィッシュの群れや
スカンクアネモネフィッシュを見ました。
その後、岩と岩の間のチャネルをくぐり、丸く開いた穴から顔を
出しながら記念写真を撮りました。
このサイトは、ゴツゴツした岩がたくさんある地形サイトなので、
スイムスルーをして幾つかの岩の間を泳ぎました。
岩の間から差し込む太陽の光がとてもキレイでした。
岩の下には、タイガース柄のムスジコショウダイやタオ島とは違い
こちらの個体は背びれが棘のようになっているワヌケヤッコや
マロまゆげに紫色の口紅をしたように見えるシテンヤッコを
のんびり観察しました。
安全停止する前には、特大のウツボがいました。
あまりの迫力に近づくのが怖かったです。

昼食後は希望するお客さんと一緒にバランシングロックに
登ってきました。
何度行っても上からの景色は最高です。海は青い!
と痛感させられます。

2本目は、ノースポイントへ!

ここもゴツゴツした岩がある地形サイトです。
ブイ近くから潜降すると大きなウミウチワにスカシテンジクダイが
群れており、ユカタハタが群れに隠れていました。
色が鮮やかなパウダーブルーサージョンフィッシュや固有種の
チョウチョウウオを見ていると他のチームからアオウミガメがいるよと
教えてもらい行くと、のんびりと食事をしていました。
写真を撮っていると急に水面へ。
息継ぎをしてまた元の場所に戻ってきました。

明日は、リチェリューロックに行ってきます☆

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/16(水) 19:13:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.12-16

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/15~20m
透明度下/15m 

1日目
①アニーダズリーフ
②ディープシックス
③ウェストオブエデン
④ハイドアウェイ
DPP_37.jpg

午前中は曇り空、午後から良いお天気でした。
透明度は全体的に落ちていましたが、まさに大物が出そうな雰囲気が出ていました。スカシテンジクダイの量が激増え!!
バディーが見えにくくなるくらいの量!その中には小さなバラクーダの幼魚が混ざっていたり、バナナフュージラーの幼魚が混ざっていたり、サカナだらけでした。
そこにカスミアジとイケカツオの群れがアタックしまくっていて、大迫力でした!
流れも程よくあったので、イソマグロやロウニンアジも中層を横切っていくのが見えました。
可愛い系の生き物は、アンダマンジョーフィッシュ、アケボノハゼ、ハナヒゲウツボ、オーロラパートナーゴビー等に会いに行きました。
明日は朝からお天気になりますように!

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンリッジ
④コタチャイピナクル
DPP_1.jpg

今日は朝から快晴でした!
どこもかしこもスカシテンジクダイが山盛り!!
群れの中にまみれることができます!!面白い!!
この日に見た大物は、ホワイトチップリーフシャーク、タイマイ、ナポレオンで、残念ながらマンタには出会えませんでしたが、どのダイブサイトにも山盛り群れるスカシテンジクダイにカスミアジ、アミフエダイ、クロコショウダイ、ゴマフエダイ、マルクチヒメジなどいろいろなサカナの群れが次々に捕食に現れ、同じ場所でじっと気色を見ているだけでも楽しめるダイブでした。

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック
DPP_3.jpg

またまた今日も快晴!!今日のコタチャイは最近の中では一番のコンディションでした!
クマザサハナムロ、イエローバックフュージラー、イエローダッシュフュージラーたちが群れ、キビナゴやキンセンフエダイも入り乱れて群れ、沖合いではギンガメアジの群れ。
その中に、大きなロウニンアジの群れが突っ込み捕食しまくり、その次にはカスミアジの群れが捕食しに現れ、ツムブリの群れも一緒になり。。そしてまたロウニンアジの群れが群れをかき回して。。。!!!
ダイブ後、誰もが『なんてスゴイ場所なんだ!!!』と感激して上がってきました。
リチェリューロックのコンディションも良い感じになりました。
相変わらずの群れ、キンセンフエダイ、キビナゴ、スカシテンジクダイなど小魚が岩の周りを覆いつくしてすごいです。
キビナゴやスカシテンジクダイの群れを良く見ると、バラクーダの幼魚も混ざっていて幼魚で群れを作っている様子が可愛らしかったです。
タイガーテールシーホースはかなり活動的に目玉を動かしていました。フリソデエビ、ニシキフウライウオも元気そうでした。

4日目
①コタチャイピナクル
②コボンリッジ
rounin2_20110216195410.jpg

コタチャイが今、すごく面白い!!ということでもう一度潜ることになりました!
この日もロウニンアジの群れがピナクルに押し寄せ、クマザサハナムロを襲撃していました。
そして。今日は更にブラックフィンバラクーダの群れにも会いました。
ちょうど潮の変わり目で、群れごと移動中のところ遭遇しました。
泳ぐ私たちの頭上を右から左へゆったりと移動していったので、ゆっくりと眺めることができました。群れが行った後に1匹大きなオニカマスにも会いました。コタチャイで潜るならいまだーーー!!
この日のコボンでもマンタに会うことはできませんでした。
しかし、プランクトンも多く大物がいる気配もします!

大物には出会えませんでしたが、群れがスゴかったです!!
次回のトリップもすごいに間違いなし!!海ログをお楽しみに☆

報告 MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/16(水) 17:57:02|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.02.15

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/20m

フリソデエビ1

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
海のコンディションは良いです!
波もほとんどなく場所によっては鏡のようにベタ凪で船が浮いて走っているようでした。

流れは全くないって言っていいほど流れがなく透明度もよかったので
すごくのんびり魚を見れました。

昨日のコボン、コタチャイもすごかったですが、
リチェリューロックもスカシテンジクダイ、キンメモドキが孵化して数え切れないくらいにそこらじゅうで群れています。
その群れの中をじっくり観察してみると種類までは分からないですが
カマスの幼魚が一緒になって泳いでいました。

中層にはキンセンフエダイの玉やピックハンドルバラクーダ、ブラックフィンバラクーダが群れ水底や岩穴を覗いてみるとフリソデエビやタイガーテールシーホースなどもいます。

トマトアネモネフィッシュの子供は白いバンドが消えかけて、困った眉毛のようになっていて可愛いのでした。

リチェリューロックは2本では足りないくらい魚がたくさんいて、すごく楽しいです。明日はシミランに行く予定!!

報告/YUTAKA
写真/フリソデエビ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/15(火) 16:16:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.15

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

フリソデエビ1

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
海のコンディションは良いです!
波もほとんどなく場所によっては鏡のようにベタ凪で船が浮いて走っているようでした。

流れは全くないって言っていいほど流れがなく透明度もよかったので
すごくのんびり魚を見れました。

昨日のコボン、コタチャイもすごかったですが、
リチェリューロックもスカシテンジクダイ、キンメモドキが孵化して数え切れないくらいにそこらじゅうで群れています。
その群れの中をじっくり観察してみると種類までは分からないですが
カマスの幼魚が一緒になって泳いでいました。

中層にはキンセンフエダイの玉やピックハンドルバラクーダ、ブラックフィンバラクーダが群れ、水底や岩穴を覗いてみるとフリソデエビやタイガーテールシーホースなどもいます。

トマトアネモネフィッシュの子供は白いバンドが消えかけて、困った眉毛のようになっていて可愛いのでした。

リチェリューロックは2本では足りないくらい魚がたくさんいて、すごく楽しいです。明日はシミランに行く予定!!

報告/YUTAKA
写真/フリソデエビ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/15(火) 09:00:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.14

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少々
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/10m

いや~、凄かった!!!
今日は本気のコタチャイの実力を体験してきました。

まずは1本目、コボンです。
朝からマンタが出ているというラジオ情報でしたが、残念ながら我々はタイミングが合わずマンタは不発に。しかし、何なんでしょう!?この魚影の濃さは!いたるところにスカシテンジクダイやフュージュラーの幼魚が靄のように群れていて、場所によっては、大げさじゃなく、ゲストダイバーが見えなくなるくらいでした。そしてそれらをハンティングするためにカスミアジ、マテアジ、ツムブリ、アミメフエダイ等が猛烈なアタックを繰り返します。中層ではいつまでも途絶える事の無いイエローバンドフュージュラーやメニーラインドフュージュラーの群れが延々と続きます。もちろんデバスズメダイ&カブラヤスズメダイも群れていて、群れ、群れ、群れのオンパレードでした。他にも巨大ドクウツボや、アケボノハゼ等もじっくり観察&撮影しました。

さて、いよいよ本日のメインイベントとなったコタチャイピナクルでのログです。

ポイントに到着すると、他にはクルーズ船が1艘だけで、しかもまだまだ水面休息中で潜る気配がありません。つまり、我々だけでポイント貸し切りだったのです。

ロウニン

潜降してすぐ、50匹以上のロウニンアジの群れに遭遇!いつもは大きく見えるタチャイのカスミアジもまさに印象が霞む迫力でした。最近、ロウニンアジが以前程見れなくなっていたので、何処に行っちゃったのか?釣られたのかな!?なんて考えてましたが、こんなにいっぱいいたのですね。写真は本日のお客様に提供してもらいましたが、見て下さい!近すぎてコンデジの画角に入り切らないくらいです。そしてロウニンアジの背景は隙間無くびっしりフュージュラーの群れです。

さて、潮当りの中を進んで行くと、ブラックフィンバラクーダの大きな群れに当たりました。かるく1,000匹以上はいて、トルネードを巻いていました。

バラクーダの群れ

その下にはギンガメアジの群れも見られました。こちらは数百匹の小さな群れでしたが、個体のサイズが大きかったのと、近くで見れたのでなかなかの迫力でした。しかもその真上はバラクーダですから・・・

さて、これだけでも十分大物を満喫できるダイビングだったのですが、今日のコタチャイはこのままでは終わりませんでした。

マンタ(オニイトマキエイ)の登場です!

ロウニン&マンタ

体幅4mオーバーの綺麗な個体でした。ぐるぐるとポイントの周りを回ってくれたので、ダイビングの後半から安全停止までずっとマンタと一緒でした。

何が凄いって、ロウニンアジの群れにマンタが突っ込むと、ロウニンアジたちがマンタに追従するのです!体幅4mオーバーのマンタが体長1m近くもあるロウニンアジを沢山引き連れて泳ぐ姿はもの凄い迫力です。この写真の画角からははみ出していますが、この後ろにたくさんのロウニンアジがいるのです。しかも、我々ダイバーのすぐ目の前をゆっくりゆっくり羽ばたきながら通過してくれるのでした。

ゲストの皆様も、写真に取りたい放題だったのですが、ワイドレンズを持っていない人は、距離が近すぎるのと、マンタが大きすぎるので、全体が入りきらない程でした。ん~っ!自分もカメラを持って入って撮りたかった・・・

さあ、明日はリチェリューロックです。何が出るかな!?海ログをお楽しみに!

報告/TAKESHI
写真/ロウニンアジ、ブラックフィンバラクーダ、マンタ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/14(月) 17:41:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.13

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m


本日のデイトリップはシミラン諸島へ。
朝は少し曇り空でしたが、ポイントに到着する頃には
青空が広がり、絶好のダイビング日和となりました。

まず1本目はタートルロック。
潜降するとすぐに、ブラピ(ブラックピラミッドバタフライ
フィッシュ)の群れが、壁のようになって泳いでいました。

大きなハマサンゴの周りでは、スカシテンジクダイや
キビナゴ、更にフュージュラーの稚魚までもが入り混じり、
隙間がないくらい、辺り一面を覆い尽くしています。
まるで、水中世界で味わう雪景色のようです!

ダイビング後のランチと水面休息は、ドナルドダックベイにて。
ご飯を食べた後は、恒例の山登りに出発します。

バランシングロックからの眺めは、いつ見ても絶景で、
真っ白な砂地とマリンブルーのグラデーションが本当に
美しい!!
シミラン諸島に行った際は、是非登ってみて下さいね!

続いて2本目はスリーツリーズ。

サンゴの隙間を、インディアンティアドロップバタフライ
フィッシュやアンダマンチョウチョウウオ、インドミスジ
などの固有種が泳ぎ、中層ではクマザサハナムロやイエロー
トップフュージュラーの群れが、真っ青な川のように流れます。

最後は、バラクーダを間近で見ながらの安全停止。
迫力があります!

明日は、最近マンタの出ているコボンへ行って来ます!
海ログお楽しみに。


報告/MIHOKO
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/13(日) 19:48:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/10m
透明度下/10m 

本日はお天気もいい中、フルデイトリップです





まず1本目のセイルロック♪
潜降するとバラクーダの群が私たちを出迎えてくれました
気が付いた時には群に巻き込まれ;w私ら仲間じゃないよ~(≧▽≦)ノ
もう魚と一緒のグループで泳いじゃってるというカンジです
群をいっぱい作ってくれてたのはシェベロンバラクーダさんでしたね
ピックハンドルも水底あたりを悠々と、もしくは寝てんじゃないの的にのんびりしてました

2本目も同じくセイルへGO ミ★
相変わらずシェベロンもいーけどどこへいったの彼らは?
・・・と思ったら現れました!ここの主役ギンガメアジさんです!
岩の南の方に決起集会のごとく集まり始めておりましたw
そこにご合席しますとホソヒラアジやキンセンフエダイも大宴会状態!
さてさて、そうなってくるとやはりキラー(狩人)も登場!
大型のオオクチイケカツオ・ヨコシマサワラがビュンビュンさせてました
おまけに今日のオオクチさん、わりとサービス精神旺盛なのか近くを泳いでくれて超らぶり~

3本目は場所を一路西へ!サウスウエストピナクルです
ここもバラクーダ・・・しかしちょっとセイルとは違います!
今回はベイビーバラクーダの群!メインの根を多い尽くすほどの数!
先日もいたけど、今日は何を思ったか大集合!
便乗しますとスズメダイ達も入り混じりもはや『壁』!!
目の前が見えないくらいで五月蝿い子供を押し退けるが如くで泳ぎづらい~(ー。ー,)ちょっとゼイタクな悩みですねw

もうオンシーズンも鼻先まできてるといって間違いない♪
今日もタオの海はめっちゃらぶり~です

以上、余りの日差しに背中が日焼けでピリピリ(弱w)のKatskiでした


報告 Katski
写真/お客様提供



タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/11(金) 20:07:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.2.07-2.11

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/20~30m
透明度下/20m 

1日目
①アニータズリーフ
②ウエストオブエデン
③ディープシックス
④ハネムーンベイ(ナイト)

今回のパワラ号クルーズの幕開け、初日は朝から天気は晴れで波もなく海況は良かったです。

ほどよい流れの中、アンダマンジョーフィッシュが全身出して捕食していたり、オーロラパートナーゴビーもガンガン出てきていて、砂地ダイブ堪能できました。

yukataha.jpg

深場に行こうとした時にサーモクラインが入ってきて視界が悪くなり、
なかなかアイドルを見つけるのが難しかったですが、すぐにサーモクラインもなくなり、
その後はアケボノハゼやハナヒゲウツボが顔を出してきました。
アケボノハゼはペアーで背ビレをピコピコしながら泳ぎ、ハナヒゲウツボはお腹が空いていたのか
首を長くして口をパクパクしていました。

hutakiro.jpg

ウミウチワにはクダゴンベが恥ずかしそうに見え隠れし、
その周りにはスカシテンジクダイ、キンメモドキ、キンギョハナダイ、エバンティアンティアスが乱舞。
岩肌にはイヤースポットブレニーやフタイロカエルウオが駆け回っていました。

明日の午後にはコボンへ!!

hansuimem.jpg

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンウエストリッヂ
④コボンウエストリッヂ(サンセット)

sango.jpg

今日の目玉はやっぱりマンタです!!!
最近マンタの遭遇率が高いコボン。
エントリーして透明度はまずまずで中層に泳いでいると、
クマザサハナムロやイエローバックフュージュラーが川のように流れていて後ろから
カスミアジの群れが追っかけていました。
リッヂの先端に向かい小さなソフトコーラルの群生を眺めていると・・・・・
鈴の音やタンクをたたく音が鳴り響いて、音が鳴っている方向に行くと
マンタの登場です。
嬉しい事に今回見たマンタは去年見た個体と同じでした。
見印はお腹の白いところが般若顔で一緒に泳いでいるのが
コバンザメではなくロウニンアジがくっついていました。
『今年も僕が来たよ~』言っているかのように何度も僕らの周りを泳いでくれました。

manta_20110211203918.jpg

明日はリチェリューロック!!
前回のように透明度がスコーンとぬけてますように!!

3日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③コタチャイピナクル
④コタチャイピナクル(サンセット)

taiga_20110211204017.jpg

リチェリューロックの見所は魚影の濃さです!
マレー半島とスリン諸島の間でだだっ広い大海原ある根はサカナにとって絶好の生活の場なのです。
まずは、壁一面に広がるキンセンフエダイの群れを堪能。
突っ込んで遊んだり、いろんな角度から撮影をしました。

その背景では鮮やかな紫色のソフトコーラルがお花畑のように根を覆い尽くし、
スカシテンジクダイやユカタハタが
気持ちよさそうに泳いでいます。

その下では、幼魚から成魚になる過程でしか見ることの出来ない
困り眉毛のトマトアネモネフィッシュ、岩陰ではお馴染みのタイガーテイルシーホースや
見事に擬態したニシキフウライウオ、黄色と黒の虎模様のトラフケボリや
すぐそばには黒のシーホース、岩穴から顔を出しているフリソデエビなど、
マクロを中心に眺めていきました。

安全停止中に、貫禄たっぷりのブラックフィンバラクーダが悠々と
泳いでいくシーンにも遭遇しました!

コタチャイのサンセットはいつ見てもすごく楽しいです。
カスミアジ、ロウニンアジが捕食し始め、ロケットのようにビュンビュン
泳ぎ回り水中がそわそわします。
薄暗くなるとフュージュラーがピナクル周りに集まり360°魚だらけになります。
ギンポ達は昼間はうろうろしていますが、寝るときは穴からチョコンと顔を出していました。
kakure.jpg

明日はもう一回コボンに行ってマンタ狙い!!


4日目
①コボンピナクル
②コボンウエストリッヂ

kasumiaji_20110211204409.jpg

今日は透明度抜群のコンディション!エントリーしたら、
すぐに水底の地形がくっきりわかる程に綺麗でした。
ほどよい流れの中を少し逆らいながら、先端まで行くとカスミアジが群れになって
泳ぎ回り、岩肌にはカラフルなソフトコーラルが一面に広がっています。
残念ながらこのダイブではマンタには遭遇できずでしたが、
透明度の良いダイビングでゲストの方も喜んでいました。

今回のクルーズは天気も波もなく海況の良い穏やかなトリップになりました。
大物マンタにも遭遇でき、次回のトリップも期待大ですね。

また、パワラ号は12日から出航します。
次の海ログもお楽しみに!

報告 YUTAKA
写真/お客様提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/11(金) 18:51:14|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.02.11

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/30m
透明度下/25m

kobonn mannta

最近、マンタ遭遇率が高いコボンへ行ってきました。
透明度は良好、流れも程よくで、
青い海の中、マンタを求めて、リッジの先端へ。
その時、サーモクラインが入ってきたので、
先端へは行けなかったのですが、カスミアジの群れ、
イエローバンドフュージュラーの群れがぐっちゃりいました。

このサイトもスカジテンジクダイ、キンメモドキ、バラクーダの幼魚が
今は多く、それを狙ったアミメフエダイがさかんに捕食し、迫力満点!!

その後ちびっこナポレオンのメス、オニカマスなども現れ、
マンタが出ればこれで完璧!なシチュエーションだったのですが、
1本目は残念ながら現れず。

でも、2本目の中盤には無事マンタも現れ、
満足なコボントリップとなりました◎

今、透明度も良く、魚影も濃く、海況良いですよ!!
皆さん、ベストシーズンの今!
是非カオラック潜りに来て下さいね。

報告/NAOMI
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/11(金) 17:01:23|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.02.08

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
海のコンディションは良いですよ!
波もほとんどなく快適な船旅で、1時間でリチェリューへ到着です。

透明度もそこそこ良く、程よい流れで、とにかく魚影が濃い濃い!
群れをかき分けながら泳いでいる状態です。

バラクーダやキンセンフエダイなどの群れも凄かったのですが、マクロ好きのリピーターのF姉がフリソデエビやニシキフウライウオ、タイガーテールシーホースなどの人気ものを綺麗に撮ってくれました。

ふみえ

トマトアネモネフィッシュの若魚は、ちょうど白いバンドが消えかけて、困った眉毛のようになっていて可愛いのでした。

ふみえ2

報告/TAKESHI
写真/ニシキフウライウオ、トマトアネモネフィッシュの若魚 (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/08(火) 22:10:16|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.2.8

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/27 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

tao2011-2-9


快晴のタオ島よりマサルです。
数日前に日本よりタオへ戻ってきました。
今朝は、タオ12年ぶりというゲストの方とサウスウェストにて潜りました。

(12年前のタオはというと・・・
道路は舗装なし、電気は24時間でなく、おしゃれなレストランはなし、だったとのことです)

さて、ポイントへ到着すると他の船はおらず、
ものすごい濃い魚影を独り占めしてきました。

キンセンフエダイとホソヒラアジが合体した群れに、
360度囲まれると、やっぱり絶景です!

群れの凄さはタオ島が世界有数だと再認識です。

最近の旬はバラクーダの赤ちゃんです。
ピナクルを覆い尽くすように数千匹が泳いでいます。

まるで山に雲がかかっているかのようです。
個人的には「子持ちシシャモ」に見えてきて、
とてもお腹がすく瞬間でもあります・・・。

2本目はツインズにて。

ツインズはハゼ天国。
ひさしぶりの再会に「帰ってきたよ~」と報告してまわります。

久しぶりに会ったトウアカクマノミは、
元気に泳ぎまわっていました。

去年、白化していた彼らの家(イソギンチャク)も、
色が緑色になり、すっかり元気を取り戻しています。

季節は2月!大学生のお休みシーズンです。
これからどんどんと、盛り上がっていきます!


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/のちほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/02/08(火) 15:55:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD