Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2011.04.29

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/18m
透明度下/10m

今日もいっぱい潜ってきました。朝からチュンポンピナクル、サイリービーチ、昼からサウスウェストピナクル、ツインズ、そしてナイトでサイリービーチと、最大5本潜ったゲストもおられます。

チュンポンは相変わらずの魚影の濃さでした。サイリーは人気のマクロ生物や生態観測を楽しみました。

kinsen_jun

午後のサウスウェストは程よく流れていたのでいつにも増して魚影が濃くて楽しめました。ツインズではのんびりまったりダイビングを堪能しました。

ginga_jun

写真は本日のゲストのジュン君が撮ったギンンガハゼです。黄色個体と黒個体のペアで、しかもテッポウエビも一緒に映っています。

そして、このゴールデンウィークは毎日トウアカクマノミのハッチアウトフィーバーとなっていますが、昨日に続き今日もハッチアウトツアーを開催していました。
タオ島のキレイな夕日を見ながら水中へ入りました。
ハッチアウトが毎日あるということで、コロニーによっていろいろな成長段階のタマゴを見ることができます。その成長によってトウアカクマノミの親たちがしている行動も微妙に変わってきます。
まだ少し赤いタマゴを持つコロニーの親は、メスはもう就寝。。オスは寝そうになる体を奮い立たせてタマゴのお世話をしていました。
今日、ハッチアウト予定のコロニーではオスもメスも一所懸命に最後の力を振り絞ってヒレを動かし、口も使い新鮮な海水をタマゴに送り込んでいました。

hatchout_jun

ハッチアウトの時間になると、タマゴが震えだしました。
タマゴがたくさんあったので、シュポシュポシュポーーっと次々に産まれだして水面に上がっていくをじっくりと見ることができました。
本当に神秘的です。
この光景が今ならほぼ連夜見ることができます。

明日も予定通りハッチアウトしそうであれば開催する予定です~!!
興味のある方は是非ともリクエストを!!

写真は本日のハッチアウトダイブに参加されたお客様が撮ったものです。3匹の仔魚が飛び出しているのが映っています。

報告/TAKESHI & MAYUKO
写真/トウアカクマノミのハッチアウト (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/29(金) 22:33:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.28

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/20m
透明度下/15m

チュンポン1_28apr

今日もチュンポンピナクルへ行ってきました。相変わらずの魚影の濃さで、360度魚群に囲まれます。

チュンポン2_28apr

ツバメウオの群れも戻ってきました。個体も小さく数も少ないですが、深場でいろんな群れに巻かれた後、根の上でちょっと一息のんびり癒してくれる存在です。

グリーンロック_28apr

2本目のグリーンロックでは珍しいノコギリウミヤッコの黄色個体が2匹いました。

報告/TAKESHI
写真/シェベロンバラクーダの群れに囲まれるダイバー、ツバメウオ、ノコギリウミヤッコ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/28(木) 16:35:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.27

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/20m
透明度下/15m

昨日、カオラックからタオ島に移動して来て、早速、今日から潜ってきました。いや~、ゴールデンウィークを直前に控え、タオ島の海は絶好調じゃないですか!これからタオ島を目指す皆さん、楽しみにしていて下さいね。

さて、以下、今日撮って来たホヤホヤの写真とともにリポートです。

チュンポン4.27

チュンポンピナクル
群れが濃いっ!特にシェベロンバラクーダはこの10年内でトップクラスの数じゃないでしょうか!?ホソヒラアジが根の上まで上がって来てくれているので二つの群れを同じ画角に入れる事も可能です。この写真に写っているのは群れ全体のほんの一部です。他にもオニアジの凄い群れやツバメウオの群れもいました。もちろん千匹単位のハナビラクマノミの大群生も健在です。

ホワイトロック4.27

ホワイトロック
ゴルゴニアンシュリンプが大量発生していました。

サイリー4.27

サイリービーチの透明度も上がって来ています。今、ミジンベニハゼが大量発生中!お腹に卵を持つペアも見られます。

卵を世話するトウアカクマノミ

そして、トウアカクマノミが卵を産みまくっています。ゴールデンウィーク中はほとんど毎日ハッチアウト(ふ化の瞬間を見に行く)ツアーを開催できそうです。参加人数に限りがあるので興味のある人はお早めのご予約をお願いします。って、毎日あるからたくさんの人が見れると思いますが・・・

快晴、べた凪、透明度も上がって来ていて、最高のゴールデンウィークを迎えられそうです。
今日の夕焼けも奇麗でした。夜はゲストと一緒に美味しいもの食べて盛り上がります。
あとはジンベエが出てくれれば言う事ないのですが・・・

報告/TAKESHI
写真/シェベロンバラクーだとホソヒラアジの群れの共演、ゴルゴニアンシュリンプ、ミジンベニハゼ、卵の世話をするトウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/27(水) 19:37:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/20m

本日の海ログはHIROAKIがお届けいたします。

バンコクから今朝帰ってきて、午後からRYO・EMI・HIROAKIの3人で調査ダイブに行ってきました。

『ラムティエンベイ』

ボートからでも水底がクッキリ見え、エントリーした瞬間真っ青なコタオブルーが戻ってきたと思った瞬間でした!

どこまでも広がる白い砂地では、フタホシタカノハハゼの星がはっきり見え、メタリックシュリンプゴビーもその名の通りキラキラと輝いていました。

深場へ泳いでいくと、綺麗なハープコーラルやイソバナが程よい流れでポリープが開いて可愛らしげに咲いていました。
透明度と景色が色鮮やかだったのでタオ島の普通種のワヌケヤッコ・ロクセンヤッコ・ハシナガチョウチョウウオもいつも以上に綺麗に優雅に泳いる様に見えました。

岩肌から出る無数のヤギには、イボイソバナガニ5匹・ガラスハゼ4匹・ゴルゴニアンシュリンプ2匹が流れに負けまいとイキイキとしていました。

マブタシマアジとユメウメイロは、外洋ほどの数ではないが、互いが混ざり合い群れを主調し迫力があり見どころ満点。

そして!!!
世界で唯一群れるツキチョウチョウウオの群れ!
一匹でいても珍しいのに群れるというタオ島ならではの最大の魅力。
青い海に黄色の個体が生えて見ているだけでウットリ。

外人チームによると、すごく大きなタイマイもいたみたいです。

お腹一杯の一本になりました。

間もなくGWの幕開けです。
タオ島の海を潜り倒しましょう!!!!
魚達が待っています。

報告/HIROAKI『HIROAKIのブログ
写真/明日必ず!掲載します。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/25(月) 21:45:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.25

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/10m

hibusa-abetomo



最近、快晴続きのタオ島です!
波もなくすごく穏やかな中、AOWの講習にフルデイトリップに
行ってきました。

今日も群れフェスでした!
まずは、深場で講習を行いました。
近くには1mくらいあるでっかいヤイトハタが砂地でのんびりしていたので、じっくり観察することができました。

離れ根に近づいてくると、大きなピックハンドルバラクーダの群れが
こちらに近づいてきます。
こちらから逃げないといけないほど近くまでやってきました。
そばにはシェベロンバラクーダの群れも!

これが祭りの幕開けのように離れ根の上は賑わっていました。

まずは、セイルロック名物のギンガメアジの群れ!
これでもか!っていう程、群れています。2本目は、カメラだったため、
色んな角度から群れに突っ込んだりして何枚もじっくり写真を撮って
楽しみました。

ホソヒラアジもキンセンフエダイもごっちゃになって群れており、
中層では、フュージュラーを捕食しに
ツムブリ、オオクチイケカツオ、コガネアジが目をギラギラ輝かせて
アタックしまくっています。
もう、どこを見たらいいのか迷うほど。

セイルロックの群れフェスはいつ行っても楽しいです。
生徒さんは上がると興奮して「このポイントめっちゃ楽しいですね♪」
と一言。
このポイントで講習ができるとは、すごく羨ましいです。

3本目は、サウスウエストピナクルへ!
潜降するとすぐにバラクーダの若魚がブイ周辺で群れています。
ホソヒラアジも群れていたけど、メインは岩の穴を覗いて
ソリハシコモンエビ、オトヒメエビ、アカスジカクレエビや
ちょこちょこ泳いでかわいいオレンジリーフゴビー、
ヒブサミノウミウシといったマクロを中心で楽しみました。

ゴールデンウィークまであと少し。
もう少し透明度がよくなりますよ~に☆

報告/IYO
写真/本日のお客さん


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/25(月) 19:23:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.24

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/7m
透明度下/5m

行ってきました。サイリービーチ。
トウアカクマノミのハッチアウトツアー。
トウアカクマノミの卵が孵化する、まさにその瞬間を見るために潜ります。

今年は3月の季節外れの寒気と洪水のせい(おかげ)で水温が低いのです。
例年ですと、この時期のサイリービーチは水温が高すぎて、トウアカクマノミが卵をあまり産んでくれませんが、今年はトウアカや珊瑚たちには心地よい水温なのではないでしょうか。
何とGWを前にしてたくさんのコロニーで卵が見られます。

今夜はN5のトウアカクマノミ。
さあ、見るぞと精神集中して出かけます。

N5のコロニーに到着。
待つこと10分。。

出ました!!

今夜のコロニーは両親とも一生懸命、激しく卵を煽り、ハッチアウトを促します。
健気な親クマノミ、必死で上へ上へ登っていくチビクマノミ。
いつ見ても感動的なひと時です。
そして、あっという間ににハッチアウトしました。

見せてくれてありがとう。
とつぶやいて帰ってきたのでした。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/24(日) 22:37:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.23

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/8m

touaka-ms


今日もとっても暑いタオです!
天気もとてもよく、海のコンディションも上がってきている感じがします。

1本目は外洋チュンポンピナクル。
今日はお客様とマンツーマンでのダイビングでした。
見える範囲で自由にどうぞと伝えてエントリーです。

深場も透明度はまずまず良し。
ホソヒラアジ、オニアジが湧き上がってきます。

キレイなアカオビハナダイを観察していると、
なにやら黒い塊が近づいてきます・・・。

それは全部シェべロンバラクーダ!
ピナクルの上でグルグルと渦を巻いています。
タオではあまり渦巻きしないので、驚きました!
数は・・・1200匹くらいでしょうか。

チュンポンの実力発揮という感じです。

2本目はツインズにて。
お客様の希望もあり、砂地へタツノオトシゴ探しツアーへ出発。
4分後・・・10cmほどの赤茶色の個体に出会いました。
よく見ると、お腹がパンパンに膨れています。
孵化の瞬間を見てみたいですね。

すぐ近くにトウアカクマノミの家族も住んでいました。
彼らはマバラシライトイソギンチャクに住んでいるのですが、
この家がなんとも森っぽく見えるのはボクだけでしょうか。

その後、浅場の岩場へと進むと・・・
海が青い!透明度良し!
よくぞここまで回復してくれましたタオ島・・・(涙

アカマダラハタや、エイ、
フィラメンタスブレニーを鑑賞して安全停止。

あと1週間でGW本番。
みなさんのお越しをお待ちしています!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/トウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/24(日) 10:46:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.23

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/32 ℃(何せ水深70cmですから。。。)
風/なし
流れ/なし
透明度上/3m(これも水深70cmなもんで。。)
透明度下/3m(同上)

OiranReinbow002.jpg


ゴールデンウィークに向けて着々と準備を進めている方も
多いかと思いますが、いかがでしょうか?

タオ島も着々でございます。

午前の外洋チームによると、
サーモクラインが下がり、群れ群れ群れで、
気持ちの良いダイビングが出来たとのことです。

この先1週間の天候も安定の予報。
ジンベエ情報もちらほら。

そんな中、僕は今日は午後からちょっと浅場へ。
いや、ちょっとどころじゃなく浅場でした。

潮が思ったほど戻らず、
寝そべってもタンクの頭が水面に顔を出すほどの
激浅ダイブでしたが、これがかえって奏功しました。

浅すぎた割には透明度も良く、
そこはまさにオイラン銀座!
寝そべって見える範囲で10匹くらい居ます。

そして浅いが故に水面の揺れが織り成す光の帯が、
そのオイランハゼにも絡みつき、
只でさえ超一級の華やかなオイランハゼに、
一層の彩りを添えてくれていました。

そして求愛ディスプレーのお披露目。
「美し過ぎるハゼ」決定です。
誰がなんと言おうともっ!!

超浅瀬で砂を舞い上げないスキルと、
浮気などせず1匹とずっと向き合う忍耐が必要ですが、
その先に見える「花魁さん」には、
心震えずには居られません。

我こそは!という方は是非リクエストを。

報告/KOKI
写真/明日必ず!掲載します。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/23(土) 23:06:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.18-22

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/30m
透明度下/20m

今シーズン最後のPAWARAトリップではジンベエザメとマンタに遭遇しました。
umi-logjinbe.jpg

1日目
①アニーダズリーフ
②ウェストオブエデン
③エレファントヘッドロック
④ビーコンリーフ

スコールはありましたが今回もほぼ良いお天気でした。
アンダマンスィートリップス、アンダマンジョーフィッシュといった、アンダマン海個有種の生物にお別れを告げながら見ていました。
今回は大潮に当たっているため、良い感じで流れがありロウニンアジやカスミアジの群れをいたるところで見かけました。
可愛い生物にはお別れを告げたので明日は大きな生き物に・・・?!

2日目
①クリスマスポイント
②コボンリッジ
③コボンリッジ
④コタチャイピナクル
DPP_3 copy

大物もお別れを告げに来てくれました!
朝一からジンベエザメに会いました。5mくらいの大きさでした。
岩場の浅い場所をグルグルと回遊していました。
そして次のコボンではマンタの乱舞。
ダイブサイト周りにいったい何個体いたのか?!
少なくとも4匹。1ダイブずっとマンタと一緒にいました。
そのお隣には大ぶりのブラックチップリーフシャークがグルグルと泳いでいたり、大物三昧でした。
そして、なんとナイトダイブでは、スカンクアネモネフィッシュのハッチアウトまで見ることができました。
大潮、おそるべじ!!内容が濃すぎる一日でした。

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック
DPP_49 copy

この日は一日流れのある中でのダイビングになりました。
岩陰に隠れながら少しだけ潮が当たる所へ顔を出すと、ロウニンアジやカスミアジがクマザサハナムロの群れの中で泳ぎ回っているのが見えました。
リチェリュロックは透明度が最高!青いし流れがあったのでソフトコーラルもすごくキレイでした。
バナナフュージラーの群れが玉のようになって群れ動き、その周りにはキンセンフエダイやピックハンドルバラクーダの群れもいて、同じ場所でじっとしているだけで群れが次々と現れました。
今シーズン最後になるここに住むアイドルにも別れを告げてきました。タイガーテールシーホース、トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ、ニシキフウライウオ等、来年まで元気にしていておくれ!と願いを込めて潜りました。

4日目
①コボンピナクル
②ボンスーンレック
DPP_19 copy

この日も朝からマンタに遭遇したチームもありました。
今シーズン最後を飾るダイブサイト、ボンスーンレック!!
大物は一通り見たので、コボンを離れ、沈船ダイブをすることになりました。透明度もなかなか良く、ギンガメアジとホソヒラアジ、キンセンフエダイ、ヨスジフエダイがごちゃごちゃに群れている中を泳いで遊びました。
魚影はやっぱりすごいです!
中層は群れの他にネズミフグもチームのように集まり泳いでいたり、とても忙しそうな状態でした。
水底は、メタリックジュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼ、ジョーフィッシュ、セバエアネモネフィッシュ等、全部見ていたら時間がすぐに過ぎてしまいました。

今シーズンは、ほぼPAWARA号担当で乗船していました。
ボートでご一緒した皆様、どうもありがとうございました!!

ではチームカオラック、タオ島へ移動します!!!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/ ジンベエザメ・オニイトマキエイ
  1. 2011/04/22(金) 16:54:08|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.04.21

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/13m
透明度下/5m

出ましたジンベエ!!
セイルロックです。

今日はフルデイトリップ。
波もなく、陽射しも強い中、セイルロックに到着。

1本目、サーもクラインがかかっているものの、かなり下でしたので、激群れダイブでした!
ギンガメアジはセイルロック中どこでもいます。
ホソヒラアジもどこでもいるかんじですね。
キンセンフエダイ、バラクーダと群れ祭りです。

そして水面休息中にジンベエが出た!
もちろんスノーケルで見に行きます!
まずは水面からジンベエの背中を観察。

2本目。
まずはギンガメジンベエ狙いでギンガメ玉を目指します。
「この玉の中からジンベエが出てくるのだ。。」
と見つめていたのですが、出てこない。。
しかたなく南の方に回っていくと。。

いました!!

見て見てみてー!!
と叫んでいました。

ギンガメアジを引き連れて太陽の光をたくさん浴びて素敵でした!
何度も何度も戻ってきてくれたので、何度も正面からのジンベエに出会えたのでした!

きっと今日の夢にも出てきます。

報告/ASUKA
写真/ないのが非常に残念

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/21(木) 18:55:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.19

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

tatsunootoshigo


毎日、燃えるような夕日のタオ島よりマサルです。
今日は午後のダイビングへ行ってきました。

1本目はツインズ。
砂地へとタツノオトシゴ(クロウミウマ)を探しに出発。

・・・15分後。

赤茶色の個体がポテっと倒れていました。
目をクリクリさせて、なんとも可愛らしいのです!

トウアカクマノミの大家族にもご挨拶。
小さい赤ちゃんクマノミが、成魚の裏に隠れながらも、
ダイバーに興味深々の様子でした。

2本目は魅惑のマクロ天国ジャパニーズガーデン。
少し深場の砂地へと進みます。

すると、最近、数が少なくなったなと思っていた、
メタリックシュリンプゴビーが4匹ほど住んでいました。

あまりダイバーを見たことがないのか、
おどおどとした緊張感がこちらにも伝わってくるようです。

また、ここのところ、ヒレナガスズメダイの幼魚も良く見ます。
阪神タイガース柄がとってもお茶目な幼魚くんです。

亀を見たチームもあったようです。

GWに向けてコンディション、少しづつ・・上昇中です!
さあ、あとは、あのお魚の登場を待つだけです。

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/のちほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/19(火) 19:06:35|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/無し
流れ/中
透明度上/20m
透明度下/15m

今日は最後のデイトリップの日、目指すはリチェリューロック。
私KUMAも岩手から参戦です!!
やはり、魚影の濃いタイの海、どこを見ても魚だらけ。
潜降してフュージュラーの群れの中に突っ込みながらピナクルへ向かいます。
チャネルの中にはキンセンフエダイの群れが流れの影に入ろうと黄色く固まっています。
群れは後半に楽しむべく、まずは外側のマクロのアイドル達へ!!

タイガーテイルシーホースは相変わらず鮮やかな黄色で目立ちまくりです。
フリソデエビも大きいサイズのペアが岩の表に出てきていました。
そしてニシキフウライウオのペア、黄色と黒の派手なカラーリング、まわりのソフトコーラル、ウミウチワと相まってかなりビビッドです。

20110417ghostkuma.jpg

そして、おなかのあたりを良く見てみると、目がハッキリとした卵がギッシリです。
というか、すでにハッチアウトした殻もあります。ハッチの瞬間を見たかったー。

20110417ghost02.jpg

内側に戻って、キンセンフエダイの群れを楽しんでいると、そのすぐ近くでコブシメが産卵していました。一つずつ一つずつ、丁寧に岩の隙間に産み付けていました。外敵からの危険も顧みず産み付ける姿に感動です。

richelieu_17mar2011

デイトリップにご参加された皆様、まことにありがとうございました。
皆様のおかげで今シーズンも無事にデイトリップを終了することができました。
また来シーズンもブルードルフィン号で皆様をお待ちしております。
パワラー号も残りあと2クルーズ、海ログも発信しますので最後までお付き合いいただければ幸いです。

私、クマ自身はすぐに日本に帰って、また復興への道を目指します!!
沢山の義援金、救援物資、ボランティアへの参加、本当にありがとうございます。
また海でみなさんの笑顔に会えるのを楽しみにしております。

報告/KUMA(ハゼはあけぼの
写真/ニシキフウライウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/18(月) 16:10:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.04.18

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼなし
流れ/なし
透明度上/あと一息で20m超え!?
透明度下/10m


「本日も!晴天なり。」です。
そして水中のコンディションも上昇中!

先月末の洪水以降、
回復傾向と言い続けてきましたが、
もう回復というより上昇っていう印象。

深場にはまだサーモクラインがかかっていますが、
その上では気持ちの良いダイビングが出来ています。


洪水後の透明度数10センチから2週間程でよくぞここまで!

「さよなら、第2の暗黒時代!」です。

そして嬉しい事に群れ達は中層に上がって来ていて、
僕ら同様に透明度の上がって来たことを楽しんでいるみたい。
もちろん、透明度が良いと捕食者に狙われ易いので、
大きな群れになることで威圧感さえ漂わせています。

ChevronHosohira.jpg


特にシェベロンバラクーダはチュンポン史上最強クラスの群れ!
「世界(?)史上最大のシェベロンフェス」好評開催中なのです。

そしてその勢いに負けまいとアピってるのがホソヒラアジ。
縄張りを争うのではなく、コラボという活路を見出した様です。

しかもこの周りではオニアジもいつもより浅めに泳いでいるので、
タイミングによっては豪華3種盛り的シーンも!!

いいね!いいねぇ!!その調子!

ゴールデンウィークに向けてこの流れ、キープお願いしまーす!!


報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダとホソヒラアジのコラボ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/18(月) 16:04:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.13-17

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/30m
透明度下/25m
syugou_20110417194749.jpg

1日目
①アニータズリーフ
②ディープシックス
③ウェストオブエデン
④ハネムーンベイ
DPP_10 copy

いよいろPAWARAも最終に近づいてきました。
お天気は絶好調!透明度も上がり、もとのキレイなシミランに戻りました!
イエローバックフュージラー、イエローダッシュフュージラーのすごい群れが、ロウニンアジとカスミアジの群れに追われてすごくキレイでした。
近寄ってもお構いなしのカスミアジたちは捕食しまくり!
P4152005 copy

マクロ系では、アケボノハゼ、クダゴンベ、ハナヒゲウツボ、カエルアンコウ等、周りの華やかな景色を見ながらもアイドルたちに会ってきました。

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンリッジ
④タチャイピナクル
P4151950 copy

この日は、ゲストのTさんとマクロメインで遊びました。
再びアケボノハゼに会いに行ったり、ウミウチワやイソバナ等キレイな色のサンゴに付くガラスハゼ、ヤマブキスズメダイの幼魚、シテンヤッコの幼魚等の写真をたくさん撮りました。
その写真を撮りまくるTさんの背後にはまたまたものすごいロウニンアジとカスミアジの群れが近くまで押し寄せてきたりして大迫力でしたがTさんはマクロに熱中!されていました。どちらも面白い!!

3日目
①タチャイピナクル
②リチェリューロック
③リエチェリューロック
④リチェリューロック
DPP_40 copy

今日はタチャイで体が白っぽい色のマンタに遭遇しました。
ギンガメアジの群れと一緒に現れたマンタ、しかも神々しい白っぽい色。
優雅に何度が私たちの周りを周って、どこかへ泳いで行ってしまいました。
この個体には去年も同じくらいの時に会ったことがあったので、再会できて嬉しかったです。
P4162079 copy

リチェリューロックも絶好調でした!
ブラックフィンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダやキンセンフエダイの群れと遊び、良い感じで流れがあったのでフサフサに咲いたソフトコーラルの上を気持ちよく泳ぎました。
P4162111 copy

タイガーテールシーホーズ、フリソデエビ、ニシキフウライウオ、トマトアネモネフィッシュ等、ここのアイドルにも会いに行き、他は岩場を散策して遊びました。ダイビングの最後には、ゲストのTさんが、小さなムスジコショウダイの幼魚を発見。激しくフリフリと泳ぎ回る様子がなんとも可愛すぎて、ダイビングの時間を延長して見ていました。

4日目
①コボンリッジ
②コボンリッジ
DPP_70 copy

少し雲が出てきましたが、同じく快晴。
透明度も絶好調。
1ダイブ目には水底で眠るレオパードシャークに会いました。
近づいてもびくとも動かず、じっとしていました。
二日目のコボンの時と同じく、カスミアジ、ロウニンアジがまた捕食タイムでした。
マンタ現れないかなぁ。。。と期待しながら泳いでいましたが、この日は現れてくれませんでした。

この四日間、お天気も良し海も良し、大物にも遭遇しとても満足トリップとなりました。

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/ 本日のゲストより提供
  1. 2011/04/17(日) 23:10:02|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.04.17

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼなし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ChevronBarracuda002.jpg


今日も夏い!タオ島です。
朝からチュンポン&ツインズで潜ってきました。

ポイントへ向かうボートから見る水の色も、
だんだん青色が主張し始めました。


今日のチュンポンも昨日同様に「群れフェス」でした。

サーモやプランクトンの影響で
視界がモヤモヤするところもありますが、
とにかくそこらじゅうで群れまくりなので、
飽きることなく楽しめます。

各種バラクーダにオニアジ、ホソヒラアジがイチオシ。
イケカツオやヨコシマサワラも飛び交っています。

ワイドの写真は、、、もう一頑張り抜けて欲しいところ。
コンディションは日々上昇中なので、
綺麗なワイドの画が撮れる日も近い!?


2本目のツインズも透明度が上がってきたので、
今日は砂地で小物探しをしました。

お目当ては擬態上手のクロウミウマだったのですが、
序盤に2個体登場してくれました。
(1個体はゲストのHさんが発見。コップンカップ!)

スポッティッドファイルフィッシュのカップルや、
トウアカクマノミの大家族(子供5匹!+親たち)、
コロダイの幼魚は今日も踊っていました。

最後はギンガハゼの色違いカップル探しをしたりと、
ワイドもマクロも十分楽しめた2ダイブでした。


報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/17(日) 17:39:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.16

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

シェベロンバラクーダ

暑い!暑い!暑い!最近、すごい暑い!
波もなく海も穏やかです。
やっとこの時期本来のタオ島が戻ってきました!
夕方は、足が勝手にビーチに向かってしまい、毎日、きれいな夕陽が
見れます。

今日のチュンポンピナクルはすごく良かった!
エントリーするとすぐブルーウォーター!
潜降していくと群れ!群れ!群れ!

今日の離れ根は、本当のバラクーダロックでした。
岩全体を浅いところは、シェベロンバラクーダが、深いところは、
ピックハンドルバラクーダがこんな所に岩があったっけ!?
と思う程群れまくっています。
時には、トルネードになったりして私達の周りをグルグル
泳いでくれます。
もう、1本丸丸バラクーダだけでいいかも!?と思う程です。
周りでは、オニアジが沸いて出てくるかのように勢いよく
ジグザグに泳ぎまくっています。

今、ホソヒラアジの群れもなかなかすごいです。
突っ込んで泳いでもすぐに玉になるため、何回も何回も突っ込んで
遊ぶことができます。
深度もメインの根の上で浅いため安全停止前まで楽しめます。

ツバメウオもいつもの定位置にいます。
ちびっこから大きめの個体まで、近寄ってもなかなか逃げません。
手の上に乗っかってくるんじゃないかと思う程近づいてきてくれます。

今日の透明度にジ○ベエが出てきたら、さいこーでした。
でも、最近、水中でチクチク感じるのでそろそろヤツも現れそうな気が・・・

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/16(土) 14:56:46|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.4.14

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/13m
透明度下/10m

ChebronBaracuda007(1).jpg


毎日、晴天続きのタオ島!

昨日は、ソンクラーンの水かけ祭りのため、ボートを降りた瞬間から
一斉に水を掛けられたり、童心に戻って水鉄砲で色んな人に掛けて
楽しい1日でした。

今日は、朝からダイビング♪
外国人は、昨夜たくさんお酒を飲んで朝はゆっくりしているため、
日本人のお客様だけで、BANZAI号を貸し切って、
チュンポンピナクル2本立てで潜ってきました☆

ポイントに着くとまだ他のボートは着いておらず、私達だけ!
いつもはたくさんいるダイバーもおらず、のんびりダイビングできました。

まず、潜降するとホソヒラアジの群れ!
浅い所で、以前よりもたくさん群れています。
少し深場では、シェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダも
川が流れているかのように群れていました。
中層では、コガネアジやオオクチイケカツオがフュージュラーを
追いかけています。

透明度が日に日に良くなってきているので、たくさんの魚に囲まれて
楽しい!と感じられるようになりました。

最近、夕陽がきれいだし、このままの勢いでGWまでコンディションが
良くなり続けて欲しいものです。

報告/IYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/14(木) 15:18:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.12

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/20m
透明度下/15m

richelieu_12mar2011

今日はリチェリューロックへ行ってきました。相変わらずのベタ凪で、スピードボートでビューンと1時間足らずで到着しました。

ソフトコーラルの群生や魚影の濃さで定評があり、どっちかと言えばワイドレンズで撮る事が多いのですが、たまにはマクロレンズで潜ってきました。いい感じでソフトコーラルのポリプが開いているので、マクロでも綺麗な背景を切り取る事ができます。上の写真はミナミハコフグの幼魚。ちょうど良いところに来た瞬間に撮った、というより、どこもかしこもこんな感じなので、普通に撮ったら自動的に背景がこうなった、というのがホントのところです。

richelieu2_12mar2011

そして、砂地にはタイガーテールシーホースの黄色が鮮やかな個体がいました。他にもハナダイギンポやトマトクマノミの幼魚、アンダマントリプルフィンの産卵などを狙ってみました。

リチェリューロックはマクロも楽しいですよ。

報告/TAKESHI
写真/ミナミハコフグの幼魚、タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/12(火) 21:31:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.4.11

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/7m
透明度下/3m

hibusa


スカッと!快晴のタオ島です。
波もほとんどなく、船は滑るように進みます。

1本目は外洋のチュンポンピナクル。
今朝はお客様とマンツーマンダイブ。
バラクーダをじっくりという作戦でいくことに。

潜降してすぐにピックハンドルバラクーダの群れに遭遇です。
1匹1匹が1mほどの大きなバラクーダが目の前を泳ぎます。

ふっ!と、とても大きな影が・・・
1m以上ありそうな、オオクチイケカツオが、
背中にコバンザメを付けていました。
朝食を探しているのでしょうか。

ブイへと帰ってくるとロープの真下に、
ホソヒラアジが玉になって群れていました。
そこへ突進して遊んでいると、
28匹のツバメウオが近づいてきて、
「遊んでー」と言っている様な顔で、こちらを見つめてきます。

2本目はツインズ。
浅場へと進んでいくと、
ハクセンタマガシラの群れがお出迎えしてくれました。

キレイなウミウシを探す!というテーマを決めていたので、
壁をじーっと見るめるボクとお客様。

3分後・・。
極彩色が美しいヒブサミノウミウシと出会えました。
比較的に大きく、観察しやすい個体でした。

ツインズのアイドル・トウアカクマノミに挨拶をして、
フィンキックでタカサゴやスズメダイを集めて遊び、
気がつくと47分経過していました。

かなり集中していたようです。

透明度はサイトや時間帯によって、だいぶ幅があるように感じます。

さて、明日からタイはソンクラーン(水掛祭り)です!
タイ全土で人々がひたすらに水を掛けまくります!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/のちほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/04/12(火) 21:12:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011,04,08-12

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/15m
透明度下/10m

一日目
①アニターズリーフ
②ディープシックス
③ウエストオブエデン
④ハネムーンベイ
コラーレバタフライフィッシュ群れ

今回は中国からのお客様によるチャータートリップ
先月までの雨はすっかり収まり水面も穏やかで良いお天気。
初日一本目はシミランにてのんびりダイブ。
本調子ではないものの思っていたよりも透明度は上がっていました。
徐々に回復してきている様子です。

二日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コ・ボンーウエストリッジ
④コ・タチャイリーフ
マッコスカーズフラッシャーラス5

二日目は癒し系からダイナミックな地形へと変わってきます。
エレファントヘッドロックではガレ場でインド洋のクジャクベラ、マッコスカーズフフラッシャーラス。
スイムスルーではアンダマンスイートリップス。
潮あたりの良いところで魚影を楽しんでいたら、タイマイ登場。
ノースポイントではイヤースポットブレニーや岩の隙間では小さなニシキフウライウオを発見。
コ・ボンでは残念ながらマンタは出ず最終日に期待。

三日目
①コ・タチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック
ロウニンアジ3

朝一番、まだどこのボートも来ていないコ・タチャイピナクル。
潮あたりの良いところでは各種フュージュラー達を狙う、大量のカスミアジや巨大ロウニンアジに圧倒されました。
ギンガメアジも大量ではないですが大きな個体が群れていました。
大本命リチェリューロック。
マクロではアンダマン海有種タイガーテールシーホースやトマトクマノミ等、根の周り魚影を楽しめました。

四日目
①コ・タチャイ ピナクル
②コ・ボン ウエストリッジ
ブラックフィンバラクーダ

最終日、朝イチのタチャイピナクルは、昨日までと比べて透明度がぐっと良くなっていました! 
流れに逆らって泳げる程度で、潮あたりの良い方へ良い方へガンガン攻めていくと、群れ群れの連発!
ブラックフィンバラクーダの群れ、ピックハンドルバラクーダの群れ、個体の大きいギンガメアジの群れ、
タカサゴ科の群れを追い回すカスミアジ、ロウニンアジももはや群れといっていいくらいの大迫力です。
安全停止のときには巨大オニカマスまで現れて、大物好きの中国からのゲストの皆さんも大満足。
コボンではマンタこそ出なかったものの、透明度の上がった海で気持ちよいラストダイブで締めくくる事ができました!

中国初のPADIコースディレクター率いる20名様のチャータートリップは、
みんな明るく賑やかで、良く食べ良く笑った素敵なトリップでした!
また来年もお待ちしております!


報告/RYO&ERI
  1. 2011/04/12(火) 16:55:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.11

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/20m
透明度下/10m

ロウニンアジのハンティング

今日はデイトリップでコタチャイとコボンへ行ってきました。相変わらずのベタ凪で快適な船旅でした。

透明度も良くなってきました。コタチャイはちょっと流れがきつく入っていましたが、その分魚の動きがあって面白かったです。特に凄かったのはロウニンアジとカスミアジ。トータル100匹はいたでしょう。中層のフュージュラーの大群を追いかけまわしていました。

報告/TAKESHI
写真/ロウニンアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/11(月) 23:09:49|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.04.10

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/15m
透明度下/10m
syako.jpg

今日はデイトリップでシミラン諸島へ行っていました。
ダイブサイトはクリスマスポイントとスリーツリーズ。
透明度はまだ回復していませんが、お天気は予報どおり安定していて海は穏やか快晴でボートに乗っていてとても気持ちが良いです。

良い感じで潮が当たる場所では、イソマグロやカスミアジが横切っていくのが見え、イエローバックフュージラーの群れも相変わらずすごい量が通っていきました。
今日は大ぶりのマルコバンのカップルが同じところをクルクルと周って泳いでいました。
近寄ってもその泳ぐコースを変えないので近くでも見ることができました。

最近、またスカシテンジクダイやキビナゴが少し増えてきました。
場所によっては岩肌やサンゴが見えないくらい群れが大きい場所もあり、との中で時々ユカタハタが捕食をしているところも見ました。

水底に住む、オーロラパトナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュを見ていたら、大きな穴がり、そこには大きなトラフシャコが住んでいました。
近寄ると引っ込むどころが威嚇をし、目をギョロギョロと動かしているのが面白かったです。

お天気はまだまだ安定予定☆
大物もこの気持ちが良いコンデョションの海へ遊びに来てくれるかな?!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/ トラフシャコ
  1. 2011/04/10(日) 22:19:02|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.04.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少々
流れ/ところによりあり。
透明度上/10m
透明度下/3m

晴れです!これぞタイの4月!
暑い!!

久々朝のダイビングに出かけてきました。
チュンポンピナクルです。
波もなく、穏やかです。

なのになぜか流れています。。水面。
一時に比べればましになりましたが、やはり水面はどこのポイントも流れているようです。

今日はアドバンスのディープ講習です。
にごり流れありの層を抜け、中に入ると「お。きれいだ。」という層があります。
青いです。見えます。ハナビラクマノミ城。

30mを目指して行くと、また濁りの層。。その後見える層。。
なんと今日のチュンポンは4層立てでした。

それぞれに水温、流れの向きが違います。
魚は各層を行ったりきたりで見えたり見えなかったり。。

なかなかガイド泣かせのコンディションですが、しばらくダイバーが入っていなかっただけあり、魚はやはり多い!
ピックハンドルバラクーダは岩の上まで上がってきていますし、コガネアジはタカサゴたちを追い掛け回しています。

そして中層にツバメウオがいてくれるのがうれしいです!
おかえり!ツバメウオ!

2本目のグリーンロックのギンガメアジも健在です。
きれいだったらすごい群れだと思います!

透明度は日々一歩ずつ前進中です!

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/10(日) 16:50:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.09

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少々
流れ/少々
透明度上/8m
透明度下/5m

UmieraKanidamashi_20110414192716.jpg


タオ島周辺の透明度、引き続き回復傾向です。

2桁はまだ言い過ぎかなぁ?という感じですが、
日毎確実に回復してきています!!

表層部は暖かいものの白く濁ってテンションが↓↓↓。。
でも潜降していくと視界が開けてきて、
下向きマクロダイブが楽しめます。
(心は上向きですっ!!)←ここ重要!!

鰭の模様が綺麗なメタリックシュリンプゴビーや
水玉模様が可愛いウミエラカニダマシを観察しました。

通称「ゴルゴの森」では、
1本のヤギに8匹!!!ものゴルゴニアンシュリンプ。
傍のヤギも合わせると3本で合計12匹!!
まさにゴルゴフェス!!
昨年までは「ゴルゴ祭り!」と称してましたが、
ナウなヤング気取りでフェス!(フェスティバルの略)

トウアカクマノミやハナビラクマノミも、卵フェス!

途中オニカマスが登場したり、
コガネアジに追われてフュージュラーが逃げ惑ったりと、
ワイド系も観察できるようになって来ました。

こうなってくると期待したいのがジンベエザメ。

近いうちに綺麗な水をバックにした、
ジンベエフェス!!の報告が出来るといいなぁ。


報告/KOKI
写真/ウミエラカニダマシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/09(土) 23:11:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.09

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/無し
透明度上/10m
透明度下/10m

ここ1週間程日本へ一時帰国しておりました。帰国中は4つのチャリティーイベントに参加しましたが、その際にお世話になった方々、改めて深くお礼を申し上げます。簡単ではありますが昨日の海ログでその時の様子をリポートしていますのでご覧下さい。

さて、久しぶり(1週間ぶり!)のダイビングで緊張しました。(笑)行って来たのはリチェリューロック!お天気が良くベタ凪なのでスピードボートでひとっ飛び、1時間ジャストで到着しました。

タイで最も有名と言われるスーパーポイントです。ソフトコーラルが元気でびっしりなのでとてもカラフル。季節柄、桜のお花見をイメージして撮ってみました。

richelieu5_09mar2011

日本は大震災の影響で自粛ムードですが、カオラック津波被災~避難生活~復興~自粛ムードや風評被害による二次災害・・・を経験してきた者の意見としては、自粛で経済を停滞させても復興への応援にならない、それどころか復興の足を引っ張る事になるので、どんちゃんバカ騒ぎではなくチャリティーをするなど主旨を変えてマナー良くお花見を開催するのは問題ないと思います。一人100円ずつでも募金しないよりは良いし、東北のお酒を飲んであげたら良いと思います。皆さんは如何お考えでしょうか?

トマトクマノミもお花見してました。

richelieu2_09mar2011

フリソデエビも見てきましたが、もともと大きい個体が2匹いたところに小さいのが1匹入ってきてしばらくは3匹いたのが、今日は大きいのが1匹いなくなっていました・・・

フリソデエビのペア

今日はいい感じで流れていたので、潮当りにはフュージュラーなどの小魚が集まり、それをハンティングするホシカイワリのアタックが凄かったです。

richelieu3_09mar2011

明日はシミラン諸島です。海ログをお楽しみに!

報告/TAKESHI
写真/リチェリューロのソフトコーラル、トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ、ホシカイワリのアタック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/09(土) 17:33:24|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

東日本大震災チャリティーイベントの結果報告

東日本大震災を受け、当初予定されていた『マリンダイビングフェア2011』が7月に延期し、それに伴い4月あたまに予定されていたたくさんのイベントが中止、または延期となりました。
その中で、いくつかのイベントは、大震災へのチャリティー目的と主旨を変えて開催されました。
ビッグブルーからはTAKESHIが帰国し、一連のイベントに参加してきましたので報告します。


4月1日(金)~2日(土)新橋BOXにてガイド会WEB-LUEの共同チャリティーイベントが開催されました。

1

参加者は予定していた募集人数を大幅に上回る178名もの人が集まりました。スライドショーでは、ガイド会メンバー佐藤長明さんの活動拠点であり今回の被災でも特に被害のひどかった宮城県志津川をテーマにしたものや、古見きゅうカメラマンの『Smile for all』をテーマとした見ているものの気持ちがホッコリするもの、そしてタイからは大村と鍵井靖章カメラマンとのコラボで津波被災経験のあるカオラックからの応援をテーマにしたものを流しました。
そしてビッグブルーのクマちゃんの地元岩手での活動も紹介させて頂きました。

2

下着類やお菓子などたくさんの支援物資が集まり、大きな寄せ書きを作ったり、義援金とチャリティーTシャツや古見きゅうさんの写真集からの売り上げで751,505円が集まりました。
皆様のご協力ありがとうございました。


4月2日(土)は東京で、4月3日(日)は大阪でビッグブルー主催のチャリティーイベントを開催しました。

4

自粛ムードが漂うなかでの開催でしたが85名(東京65名+大阪20名)もお集まり頂けました。
3.11の被災のニュースを聞いて緊急帰国し、地元岩手で復興支援のボランティア活動をしているクマちゃんを応援することと、2004年に津波被災経験があるタイ、カオラックから今度は日本を応援したいという思いを届けるという主旨で開催しました。

6

クマちゃんからスライドを使った現地リポートがあり、現地の惨状やどのようなサポートが必要なのかを説明してもらいました。
楠哲也カメラマンからは被災前の美しい岩手の海や川や人や景色を紹介してもらいました。
そしてビッグブルーからはタイから応援メッセージを届けるスライドショーを流しました。

7

下着類やお菓子などたくさんの支援物資が集まり、2日間で約60万円の義援金が集まりました。
皆様のご協力ありがとうございました。
このお金はクマちゃんが岩手を中心とした被災地での復興支援活動の資金として、そして岩手の海や川で再びダイビングが出来るようになるように復興活動を続けるために使われます。

3

クマちゃん曰くメッセージ付きの物資がとても喜ばれるとの事で、ポラロイドカメラで撮った写真付きのメッセージカードを物資と一緒に送りました。


4月5日(火)はタイ政府観光庁が主催する『大阪、タイランド・ダイビング・セミナー』に出席してきました。

9

ジンベエザメで有名な水族館『海遊館』のホールで、ダイビングドットコミュの和尚が司会進行をし、私を含む3名のゲストパネラーがタイの海の魅力を語ります。
私の番では、カオラックの海と街がどのように津波被災を乗り越えて復興して来たか、たくましい自然の姿をご紹介させてもらいました。

10

ステージイベントの後は、VIPルームを貸し切ってのお食事会で、すぐ後ろにジンベエザメが泳ぐ場所にブースを出させていただき、皆様のご質問にお答えさせて頂きました。


以上、駆け足で4つのチャリティーイベントに参加してきました。
節電の必要性や自粛ムードなど、当初は開催の是非を悩んでおりましたが、チャリティーという主旨もあり結果的には主催者も参加者もやって良かったと思えた価値あるものとなったと思います。
自粛、自粛で何もしないよりも、例えばチャリティーという前向きな目的を持って行動を起こすべきなのではないでしょうか。

被災の瞬間を生き延びれば終わりではありません。
これから復興という長い戦いが始まります。
これからも引き続き被災地を、そしてクマちゃんを応援して行きたいと思います。

今回のチャリティーイベントにご賛同いただきました全ての人々に深くお礼申し上げます。


クマちゃんからのコメント

『ビッグブルーチャリティーイベントにご賛同頂いたみなさま、ありがとうございました。沢山の義援金・支援物資が集まりました。みなさんと一緒に一歩一歩復興へ向けて歩いていきたいと思います。これからも引き続き、ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。』

クマちゃんのブログ『ハゼはあけぼの』で現地情報を発信中です。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/08(金) 10:56:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2011.04.03-07

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27℃
風/なし
流れ/所によりあり
透明度上/15m
透明度下/2m
ryuten.jpg

1日目
①アニータズリーフ
②ディープシックス
③ウェストオブエデン
④ハネムーンベイ
お天気が回復しました。
海も穏やか。ただ先日の悪天候が続いたため透明度が落ちていました。
魚影は濃く、いつものように遠くの方は見えませんが群れでも遊びました。大きなカスミアジたちの捕食シーンや、中層にあやしく浮かぶオニカマスにも会いました。

ナイトダイビングでは眠るブダイたちやチョウチョウウオの仲間たちなどを見たりしながら遊んでいたら、岩肌にリュウテンサザエがくっついていました。
色がキレイで動きが活発だったのでしばらく見ていました。
夜光虫もこの日はギラギラと光とてもキレイでした。

2日目
①エレファントヘッドロック
②ノースポイント
③コボンリッジ
④コタチャイリーフ
hanadai.jpg

ベタナギの晴天。水面ではイルカの群れがボートの隣に来てくれたり、アオウミガメが遊びに来てくれたりして、水面休息中も皆でずっと海を見ていました。
前回に発見したシテンヤッコの幼魚は今日も元気にチョロチョロと泳いでいました。
昨日も見ていたのですが
今日もまた2つのダイブサイトでニシキフウライウオを見ました。
最近は大発生しているのかな?
今日はマンタに会うことはありませんでしたが、巨大なオニカマスがいました。不気味にゆっくりと泳ぎ過ぎて行くところを見ていました。
コボンもコタチャイも残念な透明度でしたが、サカナはたくさんいる!!
ぼんやりとカスミアジとコガネシマアジの群れがイエローバックフュージラーを捕食しているシーンが見えたりしましたが、これで透明度がもう少し良かったらなぁ。。と思いながら遊んでいました。

3日目
①コタチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④コタチャイリーフ
furisode ebi

この日もベタナギ!晴天!!
海に空に浮かぶ雲が鏡のように映っていました。
コタチャイでは潮が良い感じに当たり、ロウニンアジとカスミアジの群れとギンガメアジの群れが同時に現れたり、クマザサハナムロのものすごい群れ等、魚影で遊びました。
リチェリューロックは、時間が経過するに従い透明度がアップしていきました。
ピックハンドルバラクーダが突然現れたり、マブタシマアジやオニアジが元気良く泳ぎ回っていました。
トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ等いつものアイドルも見に行きました。水中のコンディションも上昇中です!

4日目
①コボンリッジ
②コボンリッジ
keiko san

今回のトリップは毎日が良いお天気!!
ラストのダイブまで残念ながらマンタには会えませんでした。
クマザサハマムロの群れを捕食しに、カスミアジとロウニンアジたちがハンティングに来ていて大迫力でした。

水面休息中には、水面にオキゴンドウの群れが現れ、皆で写真を撮ったりして大盛り上がりでした。ボートのすぐ近くまで来てくれ、鳴き声まで聞こえました。

4日間ベタナギ!快晴!
水面のコンディションは完璧!
あとは水中の透明度が上がれば言うことなしです!!!
次回のトリップに期待!

報告/MAYUKO(MAYUKOブログはこちら
写真/ オキゴンドウ(本日のお客様)
  1. 2011/04/07(木) 18:14:36|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.04.07

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/6m
透明度下/3m
SeaHorse001(0).jpg

少しずつですが、コンディション回復基調のタオ島です。

本日も流れておりました。
しかも今日は水面から水底までしっかりとした流れ。(笑)

流れに任せて潜降していくと、程なくクロウミウマが登場。
近くを探してみると5m程は慣れた先にもう1匹。

数日前までの透明度では出会うのは事故のような確率だったので、
確実に透明度が回復してきています。

コロダイの幼魚も流れに逆らって踊っていました。

2本目のジャパニーズガーデンも、
中層(水深10m)くらいまでは濁りが酷いものの、
その下は放置プレイでハゼ遊びが出来る程になってきました。

もちろん、こんな程度で満足するわけにはいきませんが、
それでも日に日にコンディションが回復してきています。

タイ正月まであと6日、日本のGWまであと3週間。
やり過ぎぃ!!なんて絶対に言いませんから、
ガンガンにコンディションが良くなります様に!!!!


報告/KOKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/07(木) 17:09:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.06

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/無し
流れ/水面のみあり
透明度上/5m
透明度下/2m

今日も本当によいお天気です。
陸にいると暑いです!

午後のチュンポンピナクルは流れが強すぎて断念。
ナンユアンケーブに行ってきました。

水面はかなり流れがあるものの、少し深度を下げると流れもなく、透明度もよくなっていました(注:前に比べると)。
よくなったと言ってもまだまだ悪いのですが、最悪の状況は脱したように思えます。

ナンユアンケーブの中まで太陽の光が射し込み、アトヒキテンジクダイダマシの群れがきらきらしていました。

夕方のサイリーは夕焼けがとてもきれいでした。
ビーチ沿いはまだお店が完全復活していないところが多く、欧米人も少なく、静かです。
海も穏やかで、ビーチでぼーっとしていると気持ちも穏やかになってきます。

海も陸も、日本もタイも、これからどんどん元気になりますように。

報告/ASUKA

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/04/07(木) 14:20:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.04.05

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/8m
透明度下/5m

トマトアネモネフィッシュ

本日はリチェリューロック2本のデイトリップでした。

先月の雨の影響と思われ透明度はダウン。
でもそこはマルチポイントのリチェリューロック。

ワイドはダメでもでもマクロも充実しているのがここの魅力です。
特に浅場は比較的日光も入りマクロなら問題なし。

定番固有種トマトアネモネフィッシュ。
特に成魚になる前の白線の残っている個体を探しました。

ヘビギンポの仲間でこちらも固有種アンダマントリプルフィン。
いわゆる黒マスクといわれる仲間で雄の婚姻色である黒い顔が特徴です。

他にもイヤースポットブレニーなど各種カエルウオ達。

現在は青空の広がるいいお天気。透明度も回復してくると思われます。



報告/RYO
写真/トマトアネモネフィッシュ
  1. 2011/04/06(水) 13:39:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD