Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2011.09.30 まだまだ

ロケーション/タオ
天候/晴れのち曇り
水温/28 ℃
風/すこし
流れ/少しあり
透明度上 15m
透明度下 10m

タオ島のシーズンも終盤に近づいてきましたが、海の中はまだまだいい感じです。
風も落ち着いて、お天気も少し雲があるものの青空も見えて明るいです。
そして今朝は、あいおかわらず魚影の熱いチュンポンでした。

入るとちょっと流れがありましたが、おかげですぐに魚たちに囲まれました。
まずはレギュラーメンバーのギンガメアジから攻めてみました。
流れの当たっている向きに塊になって群れています。
そこへ目指している途中、真下に突然ヤイトハタ。もう少し先の岩場と予想していたのでふいをつかれてちょっとびっくり。
さらにはキンセンフエダイとホソヒラアジの上下二重の群れを眺めながら、周りでやはり大量のオニアジ達があちこちから行ったりきたり。

オオクチイケカツオ
そして今日一番迫力のあったのはオオクチイケカツオ。
目の前をぐるっと回って私たちのすぐそばまで近づいてきて、シャッターチャンス!
ギラギラしたいかついボディをしっかり見ることができました。

二本目は、ゆっくりとマクロダイブ。
最初はハープコーラルに擬態しているイソバナカクレエビやウミウサギ(巻貝の仲間)などじっくり観察。
岩陰では大きなジェンキンスウィップレイ(アカエイの仲間)がいました。

hiroshi

タオの岩場はイバラカンザシがたくさんいて色も青に黄色、オレンジと実にカラフルです。
そんな中でも密集しているところではタテジマヘビギンポがちょこんと乗っかって綺麗で可愛いシーンが見られます。
それを狙った写真が上の写真。こちらも本日のベストショット。

早いもので明日からは10月ですが、まだまだタオ島シーズンは終わっていません。
魚影濃いーですよー!

報告/RYO
写真/オオクチイケカツオ&イバラカンザシに乗っかったタテジマヘビギンポ(本日のお客様より)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/09/30(金) 01:06:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.29 いつでも

ロケーション/タオ
天候/晴れ午後から小雨
水温/28 ℃
風/すこし
流れ/ほぼなし
透明度上 25m
透明度下 15m

久々に晴れ、暑いタオからお知らせです。

今朝はチュンポンピナクルに行ってきました。
透明度が遠くにいる魚が分かるくらいスコーンと抜けていました。
全然逃げないヤイトハタはまだ健在です。
IMG_4951.jpg

毎回潜るといるのでペットのように可愛く見えてきます。
ブラックコーラルの隙間から顔を出したり、近づいても動くことなく
目をキョロキョロしています。
その周りにキンセンフエダイやホソヒラアジが群れていて
写真にするとバックがすごくきれいです。
潮当たりのいいところにはオニアジがジグザグしながら泳ぎ、
深場ではシェベロンバラクーダやピックハンドルバラクーダの群れていました。
クロリボンスズメダイやユメウメイロ、イエローバンドフュジュラーが視界の邪魔になるくらいぐちゃりと群れていました。
何回入ってもチュンポンは楽しいです。

明日もチュンポンに行ってきます。

報告/YUTAKA
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/29(木) 04:36:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.28 やっぱりセイル

ロケーション/タオ
天候/晴れのち曇り
水温/28 ℃
風/あり
流れ/ほぼなし
透明度上/20m
透明度下/10m

今日はフルディトリップ!
最近は透明度も魚の量も良い感じなので、フルディトリップを3・4日に1回開催しています。

やはり何と言ってもギンガメアジの大玉です。
潮あたりの中層になにやら黒い影。
近づくと直径15mはありそうな大玉がグルグル巻いています!

コガネアジは5匹ほどでタカサゴなどを狙い、
朝ごはんの真っ最中。
外側には大きなヨコシマサワラの姿も見えます。

今日はピックハンドルバラクーダが凄かった・・。
1匹の大きさは約1mと大きいので、
その群れが近づいてくると本当にドキドキと興奮します。
胸の前でパチパチと拍手をしているお客様も。

3本目はサウスウェストにて。
ここ最近、シェベロンバラクーダの数が増えて来ている感じがします。

masaru-koban

「コバンザメかわいかった~」
女性に意外と人気なのがコバンザメ君。
ダイバーのフィンやタンクについてきます。
ジンベエがバラクーダに突っ込むシーンが見たいですが、
今日はコバンザメが群れに突っ込んでいました。

小さくて可愛いのも見たい!というリクエストにお答えして、
トウアカクマノミ・アカオビハナダイ・ヒブサミノウミウシと観察して、
ワイドにマクロに充実の1本でした。

報告/マサル (マサル・ブログはこちら
写真/コバンザメとシェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/09/28(水) 20:38:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.27 スーパーダイブサイト

ロケーション/タオ
天候/晴れ午後から小雨
水温/28 ℃
風/強い
流れ/ほぼなし
透明度上 20m
透明度下 15m

shebron-ms

風と波があるタオ島よりマサルです。
今朝は横綱ポイント・チュンポンにて2本潜りました。

ここ数日、頻繁にジンベエザメが出現しているとあって、
ゲストも余裕のコメントです。

「今度は群れと絡めて撮りたいな」
「私とジンベエ撮って~」 などなど 笑

水底までスコンと抜けた最高のコンディションのなか、
大物の期待をこめて潜降です。「レッツゴーダイビング!」

潮の流れを確認しながら進むと群れがバンバン現れます。

グルグル巻いているギンガメアジ。
黄色の大河に見えるキンセンフエダイ。
その河がさーっと分かれて1mオーバーのヤイトハタ登場。

水底から湧き上がるシェベロンバラクーダ。
目の前が黒一色になるほどの数、クロリボンスズメダイ。
無数のユメウメイロを狙いヨコシマサワラがアタック!

そうです。ご想像の通り、凄いんです。

「タオ島をあなどってました!こりゃ世界屈指の魚影だねぇ~!!」

お客様の興奮した声が耳に蘇ります。

明日はフルディトリップ!
風よ収まって~。

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/シェベロンバラクーダ。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/27(火) 03:24:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.26 やったー!ジンベエ参上!!

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/ほぼなし
透明度上 20m
透明度下 10m

じゃーん!!!
チュンポンにまたまたジンベエザメ~!!

おとといの朝に続いて今朝も登場! 
なかなかの出現率。

ゲストの会話の中でもジンベエの言葉が飛び交う中、ほぼ一番乗りで
チュンポンピナクルに到着。

今日は向かう途中で「出ている」との情報が無線で流れてきましたが、
到着するなり船上が一気にざわざわし始めました。

海面を見ると、一艘の船のまわりで数人がスノーケルをしています。

・・・まさか!?

そう、そのまさかです。
その下には確実にジンベエが~!!

焦る気持ちを精一杯抑えながら、私たちも次々にエントリー。

するとまもなく、じゃじゃーん!!
水面を優雅に泳ぐジンベエを発見!!

水面ジンベエ

透明度も良く、見上げれば真っ青な海に浮かび上がる大きなシルエット。
近寄ると更に迫力のある体に、大きな口とかわいい目。
そして水玉模様がとても美しい。

まさに、感無量!!!!

今日のジンベエはしばらく水面を泳いだ後、水深30mまで一気に急降下。
お陰で、真横も真上からも全部の角度からじっくり見ることが出来ました。
大きさは約4m程。

その後ゆーっくりと泳ぎながら深度を上げ、また水面へ行ったかと思うと、
今度はたくさんのサカナを引き連れてサーモクラインの中へ消えて行きました。
[広告] VPS

約25分程ジンベエと一緒! 水中はガッツポーズや拍手で賑わい、
浮上後もゲストの笑顔が溢れました。

ジンベエ記念

「やったー!!おめでとうございます!!」

大自然の中で出会う、世界最大の魚類「ジンベエザメ」!!
遭遇出来た今日は本当にラッキーDAYです☆

明日も行き先はチュンポンピナクル。

またまたジンベエに出会えますように!!

報告/MIHOKO(ミホコ・ブログはこちら
写真/ジンベエザメ、ジンベエザメ記念写真
動画/色々な種類の魚の群れに突っ込むジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/26(月) 01:44:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.25 最近透明度いいです!

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/少し
流れ/やや有り
透明度上 20m
透明度下 15m

タオ島よりヒロアキが今日の海ログをお届けします。

今日は、フルデイトリップでセイルロックへ行ってきました。
エントリーして水面から覗きこむと、水底がクッキリ丸見え!!!
期待に胸を膨らませてレッツゴーダイビング!

潜行すると海が青い!コタオブルーが広がります☆

水底近くにでは、シェベロンバラクーダが迎えてくれました。

ギンガメアジを探しに行く途中、キンセンフエダイの群れの中に大きなヤイトハタが2匹一緒にいました。
ゲストは、色々な角度から写真を撮っていました。

そしてセイルロックのメインと言えば、ギンガメアジの壁!!!
数千匹くらいの数が集まっていて迫力あります。

gingame

2

1

他には、ホソヒラアジ、ピックハンドルバラクーダなどの群れ、そして名物の縦穴『チムニー』には、太陽の光がさして綺麗でした。

3本目のサイスウエストに移動してくと、何だか雲行きが怪しくなり東側のラムティエンベイポイント変更!
ここでは、マクロで遊びました。

タオ島を代表する、メタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼ、ギンガハゼの黄色と黒のペアなどを撮影して、、他には、レアなオレンジリーフゴビーも見に行きました。
近づいてもあまり逃げず、じっくり観察することができました。

orenji1

帰りの移動中には、サプライズなプレゼント!
オキゴンドウの群れなんかも登場してゲストも大喜び☆

明日は、チュンポンピナクルで潜ります!!!
海ログをお楽しみに☆

報告/HIROAKI
写真/ギンガメアジ、キンセンフエダイとダイバー、ピックハンドルバラクーダ、オレンジリーフゴビー(by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/25(日) 05:04:01|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.24 ジンベエ光臨!

ロケーション/タオ
天候/晴れのちちょっと雨
水温/28 ℃
風/少し
流れ/やや有り
透明度上 20m
透明度下 10m

天気予報は大雨、でも空は晴れ。
なにやら起きそうなタオ島の朝でした。

週末ということもあり、バンコク在住のお客様で賑わうバンザイ号です。
向かうは外洋のチュンポンピナクルです。

到着して海を覗き込むと真っ青で透明度も抜群です。
気持ちよく潜降しようとすると、隣の船から何やら歓声。

なになに? サメ!? 
つまりジンベエ・・?

深場でがっつり群れに巻かれる予定を変更して、
中層にてジンベエ待ちをすること10分。

でた~! ジンベエ~!!

2

1

巨大なジンベエザメがダイバーと魚を引き連れて登場です!
キレイな水玉模様が神々しさを演出します。

「本当にいるんだ~!!!」 

ゲストはみんな満面の笑みです。
今日のは大きい個体で4-5mはあったと思います。

「やりましたね!おめでとうございます」
お客さんと握手する時がガイドをしていて最高の瞬間です。

毎日出ればいいのに。ジンベエザメ。笑


ジンベエ余韻が覚めやらぬ中、沈没船sattakutにて潜ります。

第2次世界大戦では硫黄島の作戦にも参加したこの船。
歴史の重みを感じずにはいられません。

水底には大きなエイ、ジェンキンスウィップレイが主のように、
いつも居座っています。

後半はきれいなヒブサミノウミウシを観察して安全停止へ。

今日はこれからジンベエ乾杯!
ゲストと夜ご飯へ行ってきます~。


報告/MASARU(マサル・ブログはこちら
写真/ジンベエザメ(by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/24(土) 05:44:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.23 風はあれどもチュんポンです

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度/10~15m
ギンガメアジ7

また少し風がでてきた本日ですが、難なくチュんポンピナクルへ行けました。
透明度もまずまずでちょっと流れはありましたがおかげで根の周りには魚がいっぱいです。
本日はアドバンスコースも兼ねてなので、まずはDeepで水深30m付近まで潜降。
途中休んでいるところをびっくりさせてしまったのか急に目の前を1m級のアカマダラハタが泳ぎ去っていきました。
突然だったのでこちらもびっくりでした。
その後ゆっくりと水深を上げながら流れのあたっている方へ。

やはり今日も群れ群れのギンガメアジ。
セイルロックほどではありませんが、今のチュンポンのみどころの一つ。
さらにオニアジもその周りでビュンビュン群れていました。
他のチームでは巨大ヤイトハタのトリオも見たそうです。

二本目はツインズにてのんびりフォトダイブ。
カメラを持って入り撮影大会。
タオのハゼは近くに寄れることで知られていますが、中でもここは一番寄れるポイントではないでしょうか。
その距離20Cmくらいは当たり前。
なのでコンパクトデジタルカメラの内臓ストロボでも十分明るく撮れちゃいます。
そしてここ最近ギンガハゼの黒固体と黄固体のペアが増えているようです。
他にもトウアカクマノミや定番レッドマージンシュリンプゴビー等、格好の練習被写体になってくれました。

連休も終わりましたがまだまだタオはシーズン中、風よ止め!

報告/RYO
写真/ギンガメアジ


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2011/09/23(金) 01:58:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.22 のんびりフルデイトリップ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/5~20m

今日はお天気も持ち直し穏やかな海でフルデイトリップに行ってきました。セイルロックで2本潜りました。上の方は透明度が良く15mくらい見えていましたが、下の方はサーモクラインが入り5mのニゴニゴ。相変わらずギンガメアジの群れが凄かくいつも紹介しているので、今日は他の魚にも登場してもらいましょう。

キンセンフエダイの群がりに突っ込むコガネアジの編隊。

1

1匹だけ黄金色になっているのが解るかな?補食の瞬間に黄色が濃くなることから、小魚をかく乱するために1匹だけ目立つ黄色になっているのではないかなぁと考えています。

お次ぎはオニアジの群れ。

2

ただ今大量発生中でキラキラと太陽光を反射させながらダイバーの目の前を流れて行きます。

他にもピックハンドルバラクーダやシェベロンバラクーダ、ツバメウオ、イエローバンドフュージュラー、ユメウメイロ、クロリボンスズメダイなどなどの群れ三昧でした。

3本目はサウスウェストピナクル。上の方は透明度良く20m近く見えていました。潜降してすぐにシェベロンバラクーダの群れに遭遇。スマの群れ、オオクチイケカツオの群れなどを追いかけているうちに離れの根に到着。天文学的な数のタイワンカマスの幼魚の群れ、キンセンフエダイの群れ、ホソヒラアジの群れに巻かれて遊んで来ました。
[広告] VPS

明日はチュンポンピナクルです。良いお天気が続くと良いのですが。

報告/TAKESHI
写真/キンセンフエダイ、コガネアジ、オニアジ
動画/タイワンカマスの幼魚、キンセンフエダイ、ホソヒラアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/22(木) 08:08:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.21 天気予報はハズレて晴れ。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ(午後から雨)
水温/29 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度/15m

Tategin.jpg

今朝のタオ島は予報に反して晴れ/曇り。
Webでの予報は雨だったので、
こういう‘ハズレ’は大歓迎です!(笑)

波も昨日と比べると落ち着いていたので、
チュンポンピナクルで潜ってきました。

流れがあるなかで、透明度も少し落ちていたものの、
サーモクラインが殆ど無かったので、
まずは水底近くで群れ探し。

最初に登場したのはシェベロンバラクーダ。
潮の上手から川の流れのように僕らのそばを駆け抜けていきました。

続いてキンセンフエダイとホソヒラアジのコラボ。
水深が深かったので‘ゴールデンウォール’というよりは、
‘ゴールデンフロア’といった感じでした。

中層のギンガメアジは今日は縦長の群れを形成していて、
旋回する様子が見応えあり!でした。

2本目のグリーンロックでは、マクロ中心のダイビング。

ワカヨウジ、オビイシヨウジ、クリーナーパイプフィッシュ等の
通称‘紐系の魚’を観察したり、
岩の隙間でゾロゾロとうごめくスザクサラサエビの集団や、
手の上に乗ってきて遊んでくれるソリハシコモンエビの集団をチェック。

超巨大!なヤイトハタのかくれんぼを覗き見した後には、
食事にいそしむタイマイにも遭遇しました。

岩の上では大福サイズのブチウミウシやその卵、
タテジマヘビギンポとイバラカンザシの‘絵になるシーン’など、
のんびりと癒し系で〆。

陸に戻ってのランチタイムからは巨大な雨雲に覆われたタオ島。

「さっきまでの太陽はどこへ!?」と嘆きながらも、
明日のフルデイトリップに期待を込めます。


報告/KOKI
写真/タテジマヘビギンポ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/09/21(水) 03:37:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.20 水中は穏やかです

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/15~20m

ちょっとお天気が曇りがちですが、午後からも元気に2ダイブしてきました。西風の影響で島の西側のポイントは水面がちゃぷちゃぷしてますが、水中に入れば至って穏やか。島の東側のポイントは水面もベタベタです。

ツキチョウチョウの群れ

今日の3本目(午後からの1本目)はラムティエン・ベイ。
潜降してすぐヒメアイゴの大群に遭遇。その後砂地へ行ってオレンジリーフゴビーやメタリックシュリンプゴビーを観察。今日のメタリックは全く逃げない強者でした。中層のフュージュラーを見上げながら岩場へ移動してハープコーラルやワヌケヤッコ、ハシナガチョウチョウウオ、そして最後にボートの下でツキチョウチョウウオの群れ、ヤノリボンスズメダイの群れを見て60分のダイブが終了。

ホソヒラの群れ

今日の最後のダイビングはマンゴーベイ。エントリーしたら真下にホソヒラアジ玉が!突っ込んで遊びました。他にはタイワンカマスの群れや、砂地でサラサハゼ、ギンガハゼなどを観察。そう言えば大きなロクセンヤッコもいました。のんびりしたダイビングで一日の締めくくり。

明日は雨の予報です。早くスカッと晴れてくれないかな~。

報告/TAKESHI
写真/ツキチョウチョウウオの群れ、ホソヒラアジの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/20(火) 04:43:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.19 朝からダブル・チュンポン

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/15~20m

シェベロン

今日は朝からチュンポンピナクルで2本潜るスペシャルトリップでした。曇り空で少し水中が暗かったですが透明度自体はそこそこ良かったです。潜降してすぐフュージュラーの群れに巻かれ見蕩れていたらツムブリがハンティングで突っ込んで来ました。見事!補食は成功でした。その後ギンガメアジの群れを見て、深場へキンセンフエダイのゴールデンウォールを見に行きました。途中、オニアジの凄い群れに出くわしました。

2本目はシェベロンバラクーダの群れを狙いに行きました。潜降してすぐに巨大な群れを発見!しばらくバラクーダを堪能し、窒素が溜まって来たので深度を上げて中層のフュージュラーや根の上のクロリボンスズメダイやハナビラクマノミをゆっくり観察。

朝からチュンポンで2本と贅沢なダイビングでした。

報告/TAKESHI
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/19(月) 08:20:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.17 大どんでん返し!で神様降臨!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/あり
透明度/5~12m

Jinbee201109171.jpg

今月もジンベエ様は微笑んでくれました!
これで無事、3ヶ月連続ジンベエです。(本当に一安心!)

今年は奇数年(奇数年は当たる!というジンクスが。。)
その割には日本出張のジンベエザメが多いみたいで、
思う様に遭遇出来ず、やきもきする日々。


ドラマは朝から始まりました。

今朝のチュンポンで怒濤の群れを堪能して、
今日も勝ち組!(古い?)と思っていた矢先、
反対サイドのサウスウェストでジンベエ出現の一方が。。。

Oh! My Buddha!!!(アジア人ですから。) なんと間の悪い。。。

ここ最近でも最高の群れ攻撃に悩殺状態だった脳天に、
衝撃の情報が飛び込んできました。。。

本当に、今朝のチュンポンは最高だったんです。
キンセンフエダイ&ホソヒラアジの群れに
オニアジ、ギンガメアジ、シェベロンバラクーダの群れが
同時に絡んで、本当にどこを見たらいいんだか!?

浮上後のゲストも、
言葉に出来ないくらいの大大大満足のダイビングをしたのです。
が、かたやジンベエザメ。。。敵いません。。。

ゲストに何と言おうか?いや、黙っておこうか?

しかしこのタイミングでは向かえないサウス。。。
そして、なかなか居着かない例の多いサウス。。。
果たして。。。

それでも僅かな可能性に願いを込めて向かった、
午後のトリップ。

透明度は、イマイチ。。。
そして、お目当てのジンベエザメは見る影も無く。。。

まさかの負け組!?

苦虫を噛んだような渋い顔のスタッフの向こう側で、
水面がやたらと賑わっています、、、もしや!?

じゃじゃーん!!このタイミングでの登場!神様、降臨です。

スクーバを背負って潜ってみると、
4m弱の綺麗な個体が泡をがぶ飲み状態で遅めのランチタイム。

通常、ダイバーのはく泡を嫌うと言われるジンベエザメですが、
ここタオ島のジンベエザメはナウでヤングな個体が多い為か、
楽して餌をがっぽり頂くという、一攫千金タイプが多いのが特徴。

この日の個体も、
水面近くで下から上がってくるダイバーの泡を全身に受け、
海水をがぶ飲みしまくる新世代でした。
いわゆる「ジャグジンベエ(ジャグジー状態のジンベエザメ)」。

Jinbee20110917.jpg

スノーケルチームもバッチリ、というか、
水面チームこそ至近距離で堪能出来た、今日の個体。

泡まみれになって気持ち良さそうに泳ぐジンベエザメ、
これが王道!タオのジンベエなのです!

大どんでん返し!で掴んだ、勝ち組でした。

明日はまたまたフルデイトリップ!
セイルロックのギンガメアジに突っ込むジンベエの夢を見て、
明日に備える事にします!!


報告/KOKI
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2011/09/17(土) 23:53:42|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.16 No Dance, No Life !?

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/5~10m

午後は島の東側で潜ってきました。

ラムティエンではゴルゴニアンシュリンプや
イボイソバナガニなどのエビカニ系が元気!

のんびりよ泳ぎながらムチヤギをチェックすると、
結構な確率で着いています。

今日は流れは仄かに、という程度でしたが、
浅場のハープコーラルのポリプが開いていました。

それ自体が綺麗で被写体として使えるのですが、
ここにワヌケヤッコやツキチョウチョウウオなどの
色物系が重なると、いかにもタオらしい風景になります。

CyoucyoukoshoudaiYG20110802.jpg

後半の岩場では、
岩を洗う重低音の波音をBGMにして、
チョウチョウコショウダイの幼魚がリズムを刻んでいました。

この魚、成魚は地味で見向きもされないのですが、
子どものうちは頭を下にして一心不乱に、
それこそトランス状態で踊り続けるのが特徴で、
しかも大きなヒレと水玉模様がトレードマーク。
その姿の愛らしさといったら、右に出るものはいません。

岩間から差し込む光や、
頭上の岩を駆け上るダイバーの吐いた泡なども、
異空間の様な景色で一見の価値ありです。

2本目はゲストKさんの50本記念ダイブ。

マンゴーベイのホソヒラアジをバックに記念撮影。
次回は100本記念。記念写真で狙うバックはジ、あっ。。

これからも素敵なダイビングライフを!!

報告/KOKI
写真/チョウチョウコショウダイ幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/16(金) 08:11:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.16 群れ絶好調

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/15~20m
オニアジ2

そろそろシルバーウイーク、タオ島もまた賑やかになってきました。
このところ、風も無く海も穏やかです。

今日も行ってきましたチュンポンピナクル。
サーモもなくボトムまでよく見えました。
ユメウメイロの群れをかき分けるように深場をめざすとしょっぱなからシェベロンバラクーダの群れが登場。
ビッシリとした群れで目の前までやってきて、お客様もかなり近くで見ていただけました。
さらにその外側では右から左からとオニアジの群れがやってきてユメウメイロの群れと上下二層の光景でした。

ギンガメアジも健在です。
散ったかと思うと、また固まったりと群れの形を変えながら楽しませてくれます。
いつもの所にはいなかった重鎮ヤイトハタはちょと離れた岩の上に鎮座しておりました。
あいにく水深を上げた後だったので上から見下ろすかたちで見ましたが、それでもサーモが無いお陰でよく見えました。
最初とは別のシェベロンバラクーダの群れがやってきて、アジの群れやヒュージュラー達とあっちもこっちも群れ群れ。
見るほうも忙しい状態です。

二本目はホワイトロック。
今度は砂地からゆっくりとスタート。
フタホシタカノハハゼやギンガハゼ、レッドマージンシュリンプゴビー等、タオではおなじみにのハゼたち。
皆さん、共生しているテッポウエビとハゼの2ショットを狙ってじっくりと撮影。
その後は岩場をゆっくりと回りながらエキジット。

明日からもたくさんの皆さんとダイビング予定。
そろそろあいつ登場てくれないかなァ

報告/RYO
写真/オニアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/16(金) 07:18:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.14 レアもの登場!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/15~20m

今日はフルデイトリップ。
朝から穏やかな海をの~んびりとセイルロックを目指します。

1本目、予想以上に透明度が良く、キレイにギンガメアジの群れやキンセンフエダイのゴールデンウォール、ツバメウウオの群れが見られました。

3

2本目もセイルロック。1本目に勝るとも劣らない素晴らしいダイビングでした。

3
[広告] VPS

これは"ウケグチノホソミオナガノオキナハギ"日本一長い名前の魚。

4

報告/TAKESHI
動画/ギンガメアジ
写真/キンセンフエダイ、ギンガメアジ、ウケグチノホソミオナガノオキナハギ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/14(水) 08:50:56|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.13 天気回復!海、絶好調!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/ほぼ無し
透明度/10~20m

風っ吹きのお天気が回復!
今日は張り切ってダブルチュンポンでスタートです。

雨の影響も思ったほどではなく、
水底にうっすらとサーモがかかっている程度で、
コンディションは上々です。

Gingame20110913.jpg

チュンポンピナクルの最近の定番、
ギンガメアジとツバメウオは健在でした。

セイルロック程の規模ではないものの、
岩に寄ったり離れたりを繰り返しながら群れる様子を、
じっくりと堪能出来ました。

シェベロンバラクーダもいい感じに群れています。

最近はオニアジの勢力が日増しに盛り上がりを見せていたり、
コガネアジやツムブリ、ヨコシマサワラなどの
捕食シーンが次々に繰り広げられる光景に、大満足。

午後はシャークアイランドとツインズ。

シャークはここの所、ワイドとマクロのバランスが◎。

シェベロンバラクーダにツバメウオ、
定番のツキチョウチョウウオの群れで楽しんだり、
ゴルゴニアンシュリンプやムチカラマツエビ、
ニュウドウダテハゼやメタリックシュリンプゴビーなどの
マクロネタも充実です。

Futahoshi201109131.jpg

ほんの少しですが流れも入ってるタイミングだったので、
捕食に勤しむフタホシタカノハハゼが
共生するテッポウエビと共に巣穴から出まくり!
何かに挑むかの様にも見える姿がかっこ良かった!

Tarumino20110913.jpg

ラストのツインズでは、窒素を気にしつつも、
最近また増えて来たタルミノウミウシを観察してきました。

見れば見る程気持ち悪い!?容姿ですが、
タオでは他に無いミノ?を背負っているので、
ついつい見入ってしまいました。

ギンガハゼも最近特に黄色&黒色のペアが増えているので、
カメラを持って来たゲストは釘付け状態必至です。

暫くは天気も安定する予報だし、
明日のフルデイトリップも期待大!!

海ログをお楽しみに!!


報告/KOKI
写真/ギンガメアジ、フタホシタカノハハゼ
   タルミノウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/13(火) 23:38:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.12 OWダイバー誕生

ロケーション/タオ島
天候/曇りのち晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/10m

タオ島よりヒロアキが今日の海ログをお届けします。

ここ数日風が強く海が荒れていたタオ島ですが、波はあるものの太陽が眩しくテンションあがります!!!
そんな中、オープンウォーターコースの最終日でもあります。

OWHR1

一本目は、東側のラムティエンベイで潜りました。
マスククリアやコンパスナビゲーションのスキルをこなして、ハゼやツキチョウチョウウオと遊びました!

二本目は、マンゴーベイ!
全てのスキルを終えて、後は遊びまくりました!!笑
泳ぎの練習を兼ねて、タオ島名物のホソヒラ玉に突っ込んで遊び、ハゼのパプローチ方法までマスターしました!!!

OWHR2

バンザイ号の三階で、海風を感じ日焼けしながらサイリーへと帰ります。
前半は、厳しい環境でしたが良く頑張りました!!!
三人のオープンウォーターダイバーが誕生しました。おめでとう!

明日からアドバンスも楽しもう!!!

報告/HIROAKI
写真/生徒さん

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/12(月) 22:55:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.11 今月も・・・

ロケーション/タオ
天候/曇りのち雨
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

このところ風の続いているタオ島です。
今朝は波を避けて、島の東側ヒンウォンピナクルに行ってきました。

お客様からのリクエストは美しいソフトコーラル。
ここヒンウォンピナクルにはウミトサカの大群生地帯があります。
ならばと目指しました。

途中、名物のハープコーラルに目を凝らしてみるとアカスジカクレエビがいっぱいついていました。
岩場を抜けて降りていくと見えてきましたウミトサカ地帯。
まさにラベンダー畑のように広がるお花畑です。
ちょっとサーモがかかっているのが残念でしたが、それでも岩の上にビッシリと埋め尽くす景色は近くで見ると本当に綺麗です。
ヨロイウオ

水深を上げていくとこれもここでよく見かけるヨロイウオ登場。
ヒラヒラと逆立ちした状態で泳ぐ姿はユーモラスです。
同じくあちこちのヤギで見られるガラスハゼも元気いっぱいにに上へ下へ動き回っていました。

二本目はなんとジンベエ出現の情報が入り、グリーンロックへ急遽ダイブサイト変更。
荒波にも負けずエントリー後、どこから出てくるかと期待しながらスイムスルーを抜けたり岩場を観察。
アデヤカミノウミウシやヒブサミノウミウシなどを見つけながらゆっくりとあたりをうかがいましたが結局でずでず。

しかし7月、8月とここ毎月ジンベエ出現。
月も変わったことだし、この満月後これからまだまだ期待大です。

報告/RYO
写真/ハープコーラル&ウミトサカ、ヨロイウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/11(日) 05:08:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.10 やっぱりセイルロック

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/曇りのち雨
流れ/適度に
透明度上/15m
透明度下/12m

やや風の波が出てきたタオよりマサルです。
今日はフルディトリップ、セイルロックを目指します。

群れが凄いポイントなので濁りが入りやすい場所でもあるのですが、
今日の透明度は上々!気持ちよく潜降していきます。

始めにダイバーを迎えてくれたのはギンガメアジの壁。
玉というよりは縦にも横にも幅広く、まさに壁。
最近、スタッフのユタカが開発したガイド技(アジを集める)を、
自己流にアレンジして行えば、
その1万匹のアジが一斉にダイバーへ向かってきます!

kinsen-masaru

キンセンフエダイは黄金の川のように見えます。
水中では特にその黄色い姿が映えますね。

普段、深い場所が好きな大きなピックハンドルバラクーダ、
今日は水深15mほどの見やすい深度にいてくれました。

ツバメウオは水面付近に100枚ほど、
1mオーバーのとても大きなヨコシマサワラは、
ボクとゲストの間をすり抜け大迫力。

かなり本気のセイルロックでした。
やっぱり凄いサイトです。

3本目はシャークアイランド。
最近、よく見るカメ君が登場しました。
サンゴの隙間に入っていったと思ったら、じーっとして動きません。
どうやらお家訪問したようです。
今度から、この隙間覗いたらいるかな・・。

水面付近にはキビナゴの群れです。
キラキラとしてとてもキレイで、女性ゲストは「今日1番感動しました!」と笑顔。

群れ満載のフルディトリップでした!


報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/キンセンフエダイの川

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/10(土) 07:53:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.09 やっぱりチュンポンがいいね。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/15m

久々のチュンポンピナクルに行ってきました。
流れが早かった事や波が高く行けない日がありましたが
今日はチュンポンで2本のスペシャルトリップ!!

波は少しありましたが、誰も酔うことなく到着。
直ぐにエントリーして北側方面へ・・・
最初に迎えてくれたのはシェベロンバラクーダの群れ!
浅めの水深でゆっくり泳いでいたのでじっくり撮影できました。
そばにはギンガメアジの群れ。
前回と同じくらい群れていたので見応えありました。
yaito_10928.jpg

その後深場へ移動し巨大ヤイトハタに遭遇。
肝が据わっているので、いくら近づいても逃げません!!
いろんな角度から撮影させてくれるので、カメラ派には最高です。
時にはキンセンフエダイの群れが近くを通りバックが華やかになります。

他にもオニアジが目の前に川のように泳ぎ、
ツバメウオの群れは決まった場所から動かずのんびり泳いでいました。
コガネアジはグループを作り、そこらじゅうをビュンビュン駆け回りハンティングしていました。

チュンポンはいつ潜っても楽しませてくれます。
明日はセイルロックに向かいます。
波がありませんように。

報告/YUTAKA
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/09(金) 03:07:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.08 アドバンス講習報告

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/少々
透明度/10~14m

アドバンス講習中のヒロアキが今日の海ログをお届します。

今朝は、風が強く白波が立っていたので本来予定していたチュンポンピナクルから
東側の穏やかなヒンウォンピナクルにポイント変更!

まずは、DEEP講習。

深くに潜ると色々な変化があります…
水深30mでは、色・圧力・窒素酔い実験を行いました。

水中では、赤色から失われます。
パッケージが赤色のお菓子を水中に持って行くと…
水中では、赤茶色に見えトーチで照らすと元の赤色に見えます。
ボート上では、パンパンだったお菓子の袋は、圧縮袋に入れた様にペッチャンコ。
最後に窒素酔い実験、深くに潜ると体内には多くの窒素が溜まります。
どんな実験かと言うと『足して11ゲーム』1ケタの数字を足して11になる様に出題します。
もちろんボート上では即答!!!
水中では、少し緊張していたのか酔わずに全員全問正解。

2本目は、魚の見分け方!
『お魚見分け方スレート』を持って行き、魚を指さし科を当てる問題を出し、スレートに好きな魚をスケッチしてもらいました。

アドバンスダイバーまで、あと1本。
ナイトダイビングに行ってきまぁーす!!!!

明日は、風止んでチュンポン行けると良いなぁー☆

報告/HIROAKI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/08(木) 03:18:46|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.07 肝心なのはバランス。ワイドもマクロも盛り沢山。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/少々
透明度/10~18m

今日はサウスウェストでスタート。

ここの所流れが強くて行けなかった
離れ根に行って遊びました。

今日もホソヒラアジとキンセンフエダイの
二層構造は健在で、
360°魚に巻かれる、タオらしいシーンを
堪能してきました。

近くにはピックハンドルバラクーダの群れや
オニアジのビッグウェーブもあり、
道中にはシェベロンバラクーダの大群や
スマの群れなども登場して、
迫力の朝イチダイブとなりました。

2本目のホワイトロックでは、
フタホシタカノハハゼの黄色&白の観察にはじまり、
マクロ中心のダイブに。

ヒブサミノウミウシやブチウミウシも登場し、
のんびりまったりの1ダイブでした。

午後はシャークアイランド。

ChebronBaracuda008.jpg

潜降早々からシェベロンバラクーダの大群に遭遇。
ド迫力の壁に圧倒されながら、
色とりどりのゴルゴニアンシュリンプや
ムチカラマツエビなどマクロも堪能。

ツキチョウチョウウオの群れは、
いつもより控え目でしたが、
水が綺麗だったので日の光も入って綺麗でした。

ラストはツインズ。
砂地でのんびりマクロダイブ。

トウアカファミリーwithイソギンチャクエビの
コロニーをけんがくしたり、
キミシグレカクレエビを激写して遊びました。

シロガヤには大振りのタルミノウミウシがいたり、
アカスジカクレエビがいたりと、
あっという間に時間が過ぎていきました。

数日後に波が立つ予報がありますが、
どうか大はずれしてくれますように!!


報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/07(水) 08:30:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.06 のんびりダイビング三昧

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/10~15m

波もなく良いお天気のなか、フルデイトリップへ行ってきました。

1本目はセイルロック。下の方はサーモクラインで濁ってましたが、上の方は透明度もそこそこ良く、ギンガメアジの群れやツバメウオの群れ、ピックハンドルバラクーダやシェベロンバラクーダの群れなど楽しめました。

ギンガメアジの群れ

魚影の濃さだけじゃない、地形も面白いセイルロック。2本目は名物のチムニー(縦穴)をくぐって遊びました。

チムニーをくぐるダイバー

3本目はサウスウェストピナクル。流れが出て来てちょっとしんどいダイビングでした。根の周りにはタカサゴ科の幼魚が大発生していました。この子達が大きくなったら、ただでさえ魚影の濃いポイントがさらに賑やかになることでしょう。

のんびりとダイビングを楽しんだ一日でした。

報告/TAKESHI
写真/ギンガメアジの群れ、チムニー(縦穴)をくぐるダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/06(火) 23:33:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.06 ド根性ハゼ、健在。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/10m

今朝はセイルロックへ向けて
フルデイトリップチームが出航して行きました。

フルデイガイド落選の僕は、
今日の午前中に到着したゲストと共に、
島周りのポイントでのんびり2ダイブ潜ってきました。

1本目のマンゴーベイでは、
ここの看板のホソヒラアジの大屋根の下で、
ギンガハゼやムラサメハゼの撮影会。

ここのギンガは小さい個体が多いのですが、
同時に色味の綺麗な個体が揃っていて
しかも白砂がバックなので良い絵になります。

更に、タオのハゼは寄りまくれるので、
楽しすぎてあっという間に時間が過ぎて行きます。

Metaric011.jpg

メタリックシュリンプゴビーも、
ここでは水深9mで観察する事が出来ます。
が、こちらは色黒が多くて絵的にはイマイチかな。。

2本目はハゼの大本命、ジャパニーズガーデンで。

1本目のリベンジとばかりに、
色味のしっかりと出ているメタリックを狙いました。

こちらも小さ目個体が多いのですが、
根性は大人並みに座っていて、
ハゼとダイバーの睨み合いが日常光景です。

ギンガハゼも黄色と黒色のペアが、
なかなかの根性で顔を出し続けてくれたので、
今回のタオでのお題の一つだったというゲストも、
じっくり撮る事が出来た様です。

Futahoshi010.jpg

そしてその近くには、
最近いつにも増してド根性なフタホシタカノハハゼも。

どれだけ寄れるか大作戦を決行したところ、、、
なんと、指を噛まれました。。。
彼の辞書に「恐れ」という言葉は無い様です。(笑)

ド根性ハゼ、健在です。


報告/KOKI
写真/メタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/06(火) 06:48:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.05 生まれ変わったH.T.M.S. SATTAKUT

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/10~15m

今日は朝からチュンポンピナクルへ行って来ましたが、あいにく流れが強すぎるため、泣く泣くポイント変更しました。仕切り直して潜ったグリーンロックは透明度もそこそこ良く、地形からワイドまで楽しめるダイビングでした。

名物でもあり要注意であるキヘリモンガラの大群生地帯では産卵期と言うことで、かなり危険なことになってました…。遠巻きにキヘリモンガラを避けながら、先ずはハープコーラルに着くウミウサギの仲間やイソバナカクレエビを見に行きました。相変らずの完璧な擬態でした。スイムスルーをいくつかくぐった後、アデヤカミノウミウシとセスジミノウミウシを発見!それぞれ大きな個体で見ごたえがありました。トウアカクマノミのいるイソギンチャクの直ぐ隣でキヘリモンガラが卵を育てているのでビクビクしながらアプローチ。最後はイバラカンザシに乗っかるタテジマヘビギンポを観察&撮影し、アオリイカの群れと並走しながら安全停止。楽しい一本でした。

2本目はNEW沈船ポイント『H.T.M.S. SATTAKUT』です。

sattakut1

水中は濁りのあるサーモクラインが入らず船の全体像がキレイに見えました。

sattakut3

最近沈めたばかりの船ですが徐々に魚が付き始めています。中層にはユメウメイロの群れやそれを追いかけるクロヒラアジの編隊が見られ、船の周りにはタイワンカマスの幼魚やクロリボンスズメダイが群がっています。船のところどころに空いた穴にはニジギンポなどの生物が住み始めています。

sattakut2

艦橋の天井にはダイバーの吐いた空気が溜まり、まるで鏡の様に景色を映し出していました。

さて、午後からは再度チュンポンピナクルへリベンジです。流れがおさまっていれば良いのですが・・・

報告/TAKESHI
写真/H.T.M.S. SATTAKUT

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/04(日) 20:04:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.02 赤ちゃんクマノミの運命や如何に!?

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/m

今晩もサイリービーチのトウアカクマノミのハッチアウト(孵化)のシーンを見てきました。
コロニーが沢山有って、バラバラの周期で卵を産むので、しょっちゅうチャンスがあるのです。
今日はスタッフに声をかけてKOKI、RYO、MIHOKOと一緒にスタッフ同士のお気楽&練習ハッチアウトでした。

さて、件のハッチアウトですが、これはもう大成功でして、予測よりも少し早いタイミングで始まったと思ったら、ドバドバ~ッと一気に出て行き、あっという間に500個以上の卵が無くなってしまいました。おかげでゆっくり落ち着いて撮影している暇が無く、こんな風に撮ろうとか、あんな風に撮りたいとか、いろいろ企んでましたが、そんな暇は無い程でした・・・

撮影したムービーを見ていたら、親クマノミが産まれたばかりの自分の子をパクッと口に入れちゃいました!

赤ちゃんクマノミの運命や如何に・・・!?

動画でご覧下さい。
[広告] VPS

報告/TAKESHI
動画/トウアカクマノミのハッチアウト(孵化)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/02(金) 23:33:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.02 流れ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/あり
透明度上/12m
透明度下/10m

Itohiki-Aji.jpg

今日も暑い!タオ島よりマサルです。
今朝は人気NO1ポイント、チュンポンピナクルです。

日本人ゲストで貸切のビッグブルー号が水面を走ります。

ポイントへ到着するとなにやら流れていそうな気配。
いかに楽に泳いで、群れを楽しむか考えならが潜降ブクブクブク・・

タオ島は普段、普段流れがまったく無いのに、
群れが凄い!ということで知られています。
たまに流れがあると、違う楽しみ方があります。

群れを目の前で堪能

深場から湧き上がるようにダイバーへ向かってくるツバメウオ。
大きなイトヒキアジはダイバーの周りをぐるぐる旋回。


キンセンフエダイ・ホソヒラアジの混合玉も普段に増して、
ぎゅーっと凝縮しゅて群れています。

さすが横綱ポイント。群れを堪能です。

2本目はツインズ。

もう数ヶ月同じところに住んでいるチョウチョウコショウダイ幼魚くん。
幼魚とは言えないほど成長しました。もはや若魚さん。

ギンガハゼの黄色・黒ペアはご飯が流れてくるたびに、
穴からホバリングして、それをパクっ。

女性に人気のヒレフリサンカクハゼは、
今日も背びれをフリフリしています。
よーく見ると、とても美しいハゼなので、
カメラ派ダイバーにもお勧めです!

hirefuri-masaru



マクロにワイドに充実の朝ダイビングでした!
今夜はナイトダイビングに行ってきます。
浮上後の星空(特に天の川)が最高ですよー!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/イトヒキアジ、ヒレフリサンカクハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/09/02(金) 02:09:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.09.01 かつてない・・

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少々
透明度上/15m
透明度下/5m

久しぶりのフルディトリップです!
波が収まってよかった~

昨日のジンベエ・フィーバー覚めやらぬまま、
ジンベエまた出たらどうしよう?なんて声がゲストから聞こえてきます。

1・2本目はセイルロック。
今日、凄かったのはなんと言ってもギンガメアジ!
今年1番と言っても過言で無いほどの数・近寄りです。

gingame_sail

普段は1万匹くらいの大玉と説明していますが、
今日はその倍くらいいた・・・

さらに! 逃げない・・・ギンガメの壁が360度!

いやあ久しぶりに海の中で唸りました。すごいの一言。

最近の外洋ポイントはヨコシマサワラが面白いのですが、
今日もダイバーの近くをとても大きな個体が通りぬけます。

透明度はいま1歩でしたが、
魚影でいったら「旬」ですセイルロック。

3本目のサウスウェストへの途中、
タイ?米軍?の戦闘機が(わりと)低空飛行でタオ周辺を行ったりきたり。
そんな低空飛行でタオに接近!?と思っていたら、ほぼ90度に急上昇。

ど迫力シーンにゲストも釘付けでした。

さて3本目のサウスウェスト。

TAKESHIチームは頑張って離れ根まで行ってキンセンフエダイやホソヒラアジ、タイワンカマスの幼魚の群れに突っ込んで遊んだそうです。

MrWataru

潜降するとすぐにシェベロンバラクーダ。
巨大なヤイトハタ2匹。
妖艶な美しさアカオビハナダイ。
個人的に大好きヒブサミノウミウシ。
イソギンチャク畑で癒されながら安全停止・・・・

4本目はサイリービーチで潜りました。
今にも孵化(ハッチアウト)しそうなトウアカクマノミの卵。
新しい生命の誕生の瞬間は今夜のようです。

tamago

明日はチュンポンピナクル行ってきます!

報告/masaru (マサル・ブログはこちら
写真/ギンガメアジ、キンセンフエダイ、トウアカクマノミと卵

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/01(木) 06:50:46|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD