Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2011.10.28 妖艶な美しさ

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

雨が降ったり、晴れて暑くなったりと忙しいタオです。
今朝は外洋チュンポンピナクルへ。

カオラック店がオープン準備で忙しそうですが、
こちらタオもまだまだコンディションGOODです。

IYOチームは大きなヤイトハタと遊んだそうですが、
ボクは妖艶な美しさアカオビハナダイへ。

星の数ほどいるクロリボンスズメダイの群れの中に、
うす桜色が見えます、アカオビハナダイのオスやメスです。

masaru-akaobi

なんとも上目がちで、こちらを覗くその姿は色気満天(オスです
「1本ずっとアカオビでいい!」なんてマニアックな声が聞こえてきそうです。
チュンポンやサウスにいますので、リクエストしてくださいね。

2本目はホワイトロック。
レアなエビ、ゴルゴニアンンシュリンプが群れる(?)という噂の、
通称「ゴルゴの森」へと潜降です。

今日もいますいます、特大の個体を含め、3個体を確認。
特大の個体(5cm程)にカメラを向けますが・・・大きすぎて可愛くない??
大きいので見やすいし、写真も撮りやすいのですが、
なんとも贅沢な悩みです。

その後はヒブサミノウミウシ・ハシナガチョウチョウウオを観察し、
大きなゴマモンガラを回避しながら安全停止へ。

まもなくカオラック店がオープン!
11月3日出向のクルーズ船にはボクも乗船予定です!

みなさん、カオラックにてお待ちしております!

報告/MASARU (マサル・ブログはこちら
写真/アカオビハナダイとゴルゴニアンシュリンプ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/28(金) 09:10:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011,10,29 波あれどチュんポン!

ロケーション/タオ
天候/晴れときどき曇り
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m
masaru-yaito.jpg

そろそろ11月。
本格的にローシーズンインのタオ島ですが今日もチュンポンピナクルへ行ってきました。 
今日はリピーターYさんとマンツーマンダイブです。

海上は少し風があり、ゆっくり揺られながらもチュンポンピナクルに到着。
透明度もハイシーズンほどではないですが、まだまだそれほど落ちておらず水底がうっすら見える状態です。
最初はここの主のヤイトハタにご挨拶。って思ったらいつものところにはいなくて代わりにものすごい数のキンセンフエダイの群れに囲まれました。

その外側では相変わらずのオニアジ軍団がビュンビュンと泳いでいます。
潮当たりのいいところで楽しんだ後、根にもどってくるとここにいましたヤイトハタさん。
前から横からアプローチしても微動だもしない貫禄、さすがです。

岩壁沿いを進むとアカオビハナダイが雄だけで群れるクラスターリングとよばれる生態行動も見られました。
体色は薄いですが比較的地味なクロリボンスズメダイの群れに混じりながら集まっているのでひときわ綺麗です。

二本目はグリーロックでゆっくりとマクロダイブ。
タテジマへビギンポなどマンツウマンダイブならではのじっくり撮影、ねばりダイブを楽しんでもらいました。

タオ島はローシーズンに入ってきましたが、いよいよ11月からカオラック店がオープンです。



報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/28(金) 03:06:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.25 講習終了!

ロケーション/タオ
天候/晴れ時々雨
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

emiko-masaru

やって来たのはチュンポンピナクル。
今日はオープンウォーター講習の最終日です。

講習中のTさんは中性浮力もバッチリなので、
外洋を思いっきり楽しんでもらいました。

水深18mの中層からですが、水底にいる大きなヤイトハタに感動し、
シェベロンバラクーダ、オニアジ、ギンガメアジといった、
群れも次々に登場します。

ダイビング3本目にして魚まみれ。タオならではの体験です。

2本目はツインズにて。

初めて見るエビは透明なソリハシコモンエビ。
今日もツインズのアイドル・トウアカクマノミは元気です。
最近はちっこい赤ちゃんだった個体が少しずつ大きくなり始めています。

コンパス・ホバリングなどの練習が終わり、
新しいダイバーが誕生しました。

これからも世界の海をいっぱい潜ってくださいね!

報告/MASARU (マサル・ブログはこちら
写真/のちほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/25(火) 19:41:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.24 プライベートピナクル

ロケーション/タオ
天候/晴れのち曇り
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ローシーズンに入り、雨が一日に一回は降るようになりました。
今朝は、まぶしい太陽まではいきませんでしたが、雲の切れ間からうっすら青空が見え
海はべたなぎの中、MAYA号で出航です。

目指すは、昨日じんべぇ出現の噂があったサウスウエストピナクル。
MAYA号がきらきら光る水面を滑るすべるように進んで行きます。
気持ち良い風を前から受けながら進むこと30分、あっという間に到着です。

ダイビングボートは、私達ともう一艘のみ。
早々到着でダイビングスタート。

まずは、サウスウエストの魅力のひとつ、シークレットピナクル・離れに行きました。
離れに到着するころ、離れた場所からでもひときは目立つ黄色のキンセンフエダイの群れが存在を
遠くからアピールするかのように岩の周りを取り囲み、ものすごい数が群れています。
そのなかにホソアジの群れも混ざり、群れの大きさが倍増。
こんなすごい群れをみたらやっぱり突っ込みたくなります。
ということでもちろん、突っ込んできました。
突っ込んでも突っ込んでもまたひとつのおおきな群れになり、
散らばる様子が感じられません。

離れに来てるのは私達のみ、まさにプライベート・ピナクル。

その周りには、3,4匹まとまって狩りをするイトヒキアジや
オオクチイケカツオ、おおきなコガネアジが小魚に向かってアタックします。
中層を取り巻くユメウメイロやササムロ、イエローバンドフュージュラーの
逃げ回る様子は、みてるこちらにも危機感を伝えます。

山脈のように聳え立つ岩の岩肌にはびっしりと真っ黒なクロリボンスズメダイ、
小さい赤ちゃんサイズも混じって黒いカーテンのようです。

そしてメインの岩には、センジュイソギンチャクがこちらも隙間なく群生中。
太陽の光が入り、生き生きと見えます。ハナビラクマノミもあちこちからかわいい顔を出していました。

すっかりじんべぇのことを忘れてしまっていた一本でした。

2本目 シャークアイランド

透明度良好の中、ダイビングスタート。
流れもほとんどなく楽チンのんびりダイビング。
タオ島おなじみのワヌケヤッコにロクセンヤッコがツガイで仲睦ましく
泳いでいきます。
そしてツキチョウチョウの群れ。今日は、結構な数がいて、
岩場の上を横に広がりながら、足早に動きまわっていました。
最後は、浅場で安全停止しながら戻ってきました。
すごくのんびりしたダイビング、気がついたら60分ちかくのロングダイビングでした。

明日は、フルディトリップ。
じんべぇに会いたいな。

報告/EMIKO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/24(月) 01:41:13|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.20 出ましたー!

ロケーション/タオ
天候/曇りのち晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

前々回のフルディトリップの報告では、まだまだなにが起こるかわからないタオ島と書きましたが、ほんとうに起こっちゃいました。本日フルディトリップ・セイルロックにてジンベエです。

このところ段々と風向きも変わってきて徐々にローシーズンに入ってきた感のタオ島ですが、今朝は風もなくベタ凪。さほど揺れる事も無く楽々セイルロックに到着。

1本目はやはり名物ギンガメアジ。
今日も水底から一斉に駆け上がってくるギンガメアジを楽しめました。
他にも大量のシェベロンバラクーダに巻かれたり、ツムブリやコガネアジの迫力ある捕食シーンなども見れました。
水面休息をとってそろそろ二本目のブリーフィングをはじめようとしていたら何やら欧米人スタッフ達がざわめいています。
他のショップのボートからジンベエが出ているとの話!
ブリーフィングも急遽ジンベエブリーフィングに変更です。

はやる気持ちを抑えながらもやはりどこから出てくるか、そわそわキョロキョロ。
しかしエントリー場所からほぼ半周するまで、その気配なし。うーん、ガセネタかすでに去っていった?などとだんだん不安になってきたところ「カンカンカン」とタンクを叩く音。真下にジンベエ!
見るところ6m前後位の個体。
mic-san1
上がって来い、上がって来いと心の中で叫びましたがそのままゆっくりと外側へ去っていきました。
しかし、一度出るとまた戻ってくる可能性大なのがタオの海。気を取り直して根の近くでエアーを温存しながら待機しているとちゃーんと帰ってきてくれました。
mic-san3
今度はゆっくりとターンしながらちょうど潮あたりの良い場所へ。そこは各種フュージュラーやギンガメアジ等が群れ群れ状態の場所・・・
群れの中をかきわけながらその存在をアピールしているかのように見えた今日のジンベエは格別でした。
ジンベエ出現だけでもすばらしいですが、この群れに囲まれたシーンはひときわジンベエの迫力がひきたちます。
その後もゆっくりとターンを繰り返し私達を楽しませてくれました。
mic-san2
本日ご一緒させていただいた元ビッグブルースタッフのSO君率いるチームMic21の皆様、そして2年連続ジンベエ大当たりの快挙を成し遂げたリピーターのUご夫妻、おめでとうございました。


報告/EMIKO&RYO

写真/群れの中を優雅に泳ぐジンベエ(本日のお客様より)&本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/20(木) 03:34:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.19 今シーズン初潜り!

ロケーション/カオラック
天候/曇り時々晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

タオ島のシーズンが落ち着き、カオラックへ引っ越してきました。カオラックへ到着して翌日、さっそく今シーズンの初潜りに行ってきました。

ポイントはカオラックの港からすぐ近くにある沈船ポイント『MV Sea Chart 1』です。良く潜っている『ボンスーンレック』とは別のポイントです。

mv_sea_chart_1

MV Sea Chart 1は2009年8月に大量の木材を積んでミャンマーからマラッカ海峡を通りベトナムへ向かう途中にタイ沖で嵐に遭遇し沈んだ船です。乗組員は全員救命ボートで非難しタイ海軍により救助されています。全長84mの巨大な船体が水深40m程の海底に横たわり既に多くの水中生物がついていて沈船ポイントとなっています。

海は穏やかでほぼ凪ぎに近い状態で既に季節が変わった感があります。透明度は15mほどでこのポイントにしてはまあ良い方でした。

潜降してすぐにその巨大な船体が見えてきます。あまりにも大きいので全体像を写真で取る事は出来ませんので、雰囲気をムービーで押さえてきました。
[広告] VPS

さあ、いよいよカオラックのシーズンが始まりますよ~!既にリチェリューロックやシミランで潜った人の話によると、リチェリューロックは魚影が濃過ぎて岩の根が見えないほどだったと言う事です。今から潜るのが待ち遠しい!

ビッグブルーカオラック店は11月1日オープン。クルーズは11月3日から、デイトリップは11月10日からスタートします。皆様のお越しをカオラックでお待ちしております。

報告/TAKESHI
写真&動画/MV Sea Chart 1

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/19(水) 21:16:27|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.10.18 今日も暑い!

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

今日も暑くて、べた凪のタオ島です。

1本目はサウスウェストピナクルにて。
最近、本当にコンディションの良いタオの外洋ポイントです。

中層にはユメウメイロやジャワラビットフィッシュなどが群れ、
岩の陰にはクロホシフエダイもけっこう群れていました。

岩の隙間を覗くと、透明なソリハシコモンエビやオトヒメエビなども観察できます。
エビ好きの方はぜひサウスでリクエストしてくださいね。

そして、最近の旬といえば、クロリボンスズメダイ。
普段はまったく注目してもらえない彼らですが、最近は本当に数が多いのです。
岩に黒い雲がかかっているかのように、天文学的数字で群れているのです。

魚が多すぎて、前が見づらい!
なんて、タオらしい嬉しい悲鳴も聞こえてきます。

キレイなッヒブサミノウミウシを見てから安全停止へ。

2本目はツインズへ。
ウルトラ・ハゼポイントのツインズということで、
おなじみギンガハゼを見ていると、その隣にオニハゼがいました。
わりと久しぶりに見つけたので、じっくりと見たかったのですが、
恥ずかしがりようで、穴からちょっとだけ顔をだして、
ダイバーの様子をうかがっていました。

masaru-oni


その後は岩・サンゴ地帯にて、
ニセフウライチョウチョウウオや、ワヌケヤッコ、
かなり大きなゴマモンガラを見て安全停止へ。

11月からはビッグブルーカオラック店がオープンしますが、
タオはまだまだ絶好調ですよー!

報告/MASARU (マサル・ブログはこちら
写真/オニハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/18(火) 00:26:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.17 ヤイトハタDAY

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

天気は快晴!波も全くなくべた凪でまだまだハイシーズン中のタオ島!
最近は、夕陽、夕焼けもすごくきれいです。

今日は、NEWボートMAYA号でチュンポンピナクルに行ってきました。
あまりにスピードが早すぎて、ブリーフィングが終わらないうちにポイントに到着!

早速、潜降していくと透明度もよく、泳いでいるだけですごく気持ちがいい!

shunsuke-san-yaito


まずは、チュンポンの主、ヤイトハタに会いに行ってきました。
いつもほぼ同じ場所におり、今日はドドーンと2匹が貫禄のある姿で待っていてくれました。
すごい近くに寄っても全く動じずいつでも撮影大歓迎!といった感じです。

周りにいるキンセンフエダイやホソヒラアジ、ギンガメアジの群れと戯れていると、まだまだ俺を撮ってくれ!
とアピールしているかのように私達の方に近寄ってきて、ブラックコーラルの前でポーズを決めてくれました。

明日は、サウスウエストピナクルに行ってきます!

報告/IYO
写真/ヤイトハタ(本日のお客様より)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/17(月) 14:34:02|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.16 ツバメウオ絶好調!

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

maribu-san1

前回に引き続き今日もまたまたフルディトリップ。

本日は茨城のダイビングショップ「マリブ」さん、
そして2日前にタオ旅行を決めたというSさんとご一緒させていただきました。
RYOとMASARUが報告します。

暑い!日差しの中、バンザイ号は進みます。
水面はほぼべた凪。まるで鏡のようです。

1・2本目はセイルロックにて。
多少の流れを感じつつ深場へと潜降です。

潮当たりにはもの凄い数のユメウメイロやタカサゴなどが、
カーテンのように群れ、かき分けるように進めば、
目の前は一面、黄色一色!キンセンフエダイの登場です。

流れがあるから、なかなかギンガメアジに近づけないかな・・と思っていると、
深場から沸きあがるように、ギンガメアジの大群がダイバーの目の前へ。
圧巻!の光景が広がります。

そして、本日の目玉はこちらツバメウオ。
前回のトリップでは根の外側にいて、なかなか近づけなかったのですが、
今回は・・・その距離1m!

maribu-san2

200枚程の大編隊で悠々と泳ぐその姿は絶景です!
ゲストのみなさんも大興奮。

今日もセイルロック絶好調。
気持ちよく2本潜ることが出来ました。

3本目はサウスウェストにて。
MASARUチームは離れ根へ行って来ました。

そこはお魚の楽園。
キンセンフエダイ・ホソヒラアジの合体群れ、
その手前にはクロリボンスズメダイの赤ちゃんが天文学的数字で群れ・・・
もうマスクの前は魚・魚・魚。

少し移動してシェベロンバラクーダの渦の中にも入って遊びました。

「本当にすごいですね!!感動しました。」
浮上後のお客様、とっても楽しそうな笑顔で言っていただきました。

今日も最高のダイビングとなりました。
マリブの皆さま、Sさん、ありがとうございました。

報告/RYO , MASARU (マサル・ブログはこちら
写真/ツバメウオ、チムニー内のダイバー(本日のお客様より)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/16(日) 07:58:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.15 大群!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし 
透明度上/15m
透明度下/10m

昨日に引き続きゆたかが投稿します。

今日もチュンポンに行ってきましたが、昨日より魚が多かったです。
バラクーダ
まず迎えてくれたのはシェベロンバラクーダのトルネード!!
数が半端なく群れの大きさに圧倒されます。
中層で固まって泳いでいるギンガメアジ。
ゴールデンウォールに見えるキンセンフエダイ。
壁に突っ込んでさーっと分かれて1mオーバーのヤイトハタ登場。
ギンガメアジ
中層で固まって泳いでいるギンガメアジ。
目の前が黒一色になるほどの数、クロリボンスズメダイ。
無数のユメウメイロを狙いツムブリがアタックしていました。

2本目はアドバンスコースのナビゲーション。
コンパス
コンパスを使って往復ナビゲーション、四角形ナビゲーションはスムーズに終わり
ナチュラルナビゲーションはトウアカクマノミ探し。
大体の角度と距離を教えてから捜索開始して少し迷うところがありましたが
無事に見つかり今回でAOW終了!!
S・A君おめでとう!!
テンツキチョウチョウウオ

その後ゆっくり泳いでいたら久しぶりにテンツキチョウチョウウオを見つけました。
図鑑で調べたところ日本では小笠原しかいないそうです。
タオでもたまにしか見られないので発見すると嬉しいです。

明日はFDT(フルデイトリップ)でセイルロックまで行ってきます。

報告/YUTAKA
写真/シェベロンバラクーダ、ギンガメアジ、テンツキチョウチョウウオ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/15(土) 02:51:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.14 群れの中に。。。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし 
透明度上/15m
透明度下/10m

いい海況が続いているタオ島から投稿します。
キンセンフエダイ

今日はチュンポンピナクルに行ってきました。
今は魚が集まる場所が決まっていて、潮あたりのいいところに行けばほとんどの群れが見られます。
まずキンセンフエダイとホソヒラアジの群れは遠くの方に泳いでいても鮮やかな黄色しているので直ぐに目に入ります。
その中に突っ込んで遊んだりカメラを持っている方はいろんな角度から試すことができるので楽しいです。
その群れの中に巨大ヤイトハタ!!いつもどんなに近づいても逃げることがありません。
yaito_20111014183211.jpg

今回も3人で近づきましたが怖がることなくドーンと構えていました。
オニアジは川のようにそこらじゅうを駆け巡り、横から見るとすごくきれいです。

明日もチュンポン!!
そろそろあいつがでますように。。。。

報告/YUTAKA
写真/キンセンフエダイ、ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



  1. 2011/10/14(金) 02:40:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.13 まだまだ行ってます、セイルロック

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし 
透明度上/15m
透明度下/15m

10月に入ってもまだまだ穏やかなタオ島です。
そんな今日はフルディトリップ、セイルロックです。
チムニー13OCT2011
気になる透明度も到着して水面を見ると濃いブルーでテンションあがります。
実際に入ってみると、穏やかで水底までよく見えました。
やはりこれを見なければセイルロックへ来たかいがない!!ということでまずはギンガメアジの群れ。
透明度良いし流れもほとんどないので楽々離れ岩をめざすとそこには今日もいてくれました。
何度見てもこの数には圧倒されます。
群れの奥の奥まで魚が続き反対側は完全に見えません。

そしてギンガメだけではありません、その後もキンセンフエダイ、オオクチイケカツオにシェべロンバラクーダ、ホソヒラアジ等次から次へと登場。
1m級のピックハンドルバラクーダの群れや普段は単体か2匹くらいで見かけることが多いヨコシマサワラも群れていました。
根の外側で十分楽しめた後、岩壁に戻ってくるとヤイトハタ登場。
チュンポンの主に比べるとやや小ぶりですが、なんと続けて5匹登場。

2本とも人が少なく今日はほとんど貸切状態のセイルロックを楽しめました
ギンガメアジ13OCT2011
3本目はサウスウエストピナクルでしめました。
こちらも流れも穏やかで離れ岩へ直行。
おそらく今タオ周辺エリアで一番量が多いであろうキンセンフエダイの群れが楽しめました。
まさにゴールデンウォール!と思いきや眼下に広がり絨毯のようになったりとどんどん変形。しかも一定の場所にいついているのでじっくり楽しませてくれました。

タオ島はこれからの季節、徐々にローシーズンに入っていくわけですがその直前にメチャメチャコンディションの良いときがあったりするので侮れません。
そして現在、満月後。。。アイツもそろそろ。。。
まだまだなにが起こるかわからないタオ島です。

報告/RYO
写真/セイルロック名物チムニー(縦穴)&ギンガメアジの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/13(木) 19:29:42|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.09 ベストコディション

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし 
透明度上/18m
透明度下/15m

天気のいい日が続いているタオから投稿です。

今日はサウスウエストピナクル、シャークアイランドに行ってきました。
サウスウエストピナクルはメインの岩から5分くらいにある隠れ根に大群がいます。
その群れは少し深めにいるので隠れ根まで行くときは中層を移動していきます。
移動中にはユメウメイロやイエローバンドフュジュラー、ササムロが群れているので泳ぐのにあきません。
到着するとキンセンフエダイとホソヒラアジが黄色の絨毯のように一面びっしりいます。
そこに突っ込むのは本当に贅沢でたまりません。
群れの反対側にいるダイバーが見えないくらい密度が濃い!!
集まる場所は決まっているので上や下からいろんな角度から見ることができます。
透明度がよかったので海によくあってきれいでした。

シャークアイランドも透明度がよくエントリーしてそこを見れば、
水中地形がくっきり分かるくらいよかったです。
hutahosi.jpg

深場ではフタホシタカノハハゼやゴルゴニアンシュリンプをじっくり撮影し、
その直ぐそばではシェベロンバラクーダが群れていました。
浅場に戻ってからサンゴの間に隠れるヤスジチョウチョウウオの幼魚やイバラカンザシの上に乗るタテジマヘビギンポ、フィラメンタスブレニーなどマクロ三昧でした。

明日はフルデイトリップ!!
あいつが出てこないかな??

報告/YUTAKA
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!




  1. 2011/10/10(月) 01:30:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.08 新たなダイバー誕生

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし 
透明度上/12m
透明度下/8m

ここ数日天気が安定してきたタオ島よりヒロアキがお届けします。

本日は、オープンウォーターコースの最終日!
サタクット号(沈船)とホワイトロックで潜りました。

バディーチェックを済ませてエントリー、ゆっくりとロープ沿いに耳抜きをしながら潜降!!!

HR OW SATTAKUT

全長45mの大きな軍艦に生徒さんも驚きを隠せない様子。
もっと下に行きたい気持ちを抑えて水深18mをキープ!!!!

最終日ともなると生徒さんの泳ぎも安定します。
スキルも無事全て終了し、見事にOWダイバーが誕生しました。おめでとう御座います!

HR OW

早速アドバンスをスタートして、今晩からナイトダイビングに行ってきます。

報告/HIROAKI (HIROAKIのブログ いつまでも残したい海がある)
写真/本日のお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/08(土) 02:56:12|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.07 風が止まり、快晴のタオ島です。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28~29 ℃
風/ほぼなし
流れ/ほぼなし
透明度/10~15m

Oniaji20111007.jpg

風が止まりかけています。
この先数日はべた凪の予報が出ています。
そう、季節が変わり始めています。(しんみり。)

んがっ、まだまだ潜り倒しのビッグブルーです。
今日も張り切ってセイルロックを目指しました。

空は晴れ、海は凪。
サイコーじゃないですか!まさにフルデイトリップ日和。

水中はというと???
今日はセイルロック周辺は大量の藻のような浮遊物が流れ、
スコーン!とは行きませんでした。

それでも、魚影の濃さは相変わらず。
特にいつにも増して密度の高いオニアジの群れと、
岩傍をうねる様に流れるシェベロンバラクーダが印象的。

魚影の濃さは相変わらずなので、
透明度さえ回復してくれれば、最高なんですけどね。

2ダイブ終えてサウスウェストピナクルへ。

こちらは透明度も上々。
数日前と比べても良くなって来ています。

キンセンフエダイ、ホソヒラアジ、バラクーダの
トリプルアタックは今日も健在。
この魚影、本当に向こうのダイバーが見えなくなります!
魚影の壁でかくれんぼとか、出来るんじゃないだろうか。。

メインピナクル付近では、
このところクロリボンスズメダイの幼魚&若魚が濃い!
陽炎の中に居るような錯覚に陥る程ですので、
魚酔いには注意が必要です。。

明日は、イェーイ!ダブルチュンポンです!!
10月に入っても相変わらず行け行け!GoGo!です。


報告/KOKI
写真/今日のオニアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/07(金) 09:41:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.06 冒険心

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/7m

暑い!タオ島からマサルが報告します。
今朝は沈船SATTAKUT号にて潜ってきました。
男の冒険心がくすぐられるサイトです。

ショップから船で5分という好立地にあるこの沈船。
いろいろな楽しみ方があります。

1 硫黄島の作戦に参加したこの船に歴史を思う。
2 船首でおきまりのタイタニックのポーズ。
3 主砲の座席にすわって、戦争ごっこ。
4 船の窓を覗いて、内部のお魚を鑑賞。
5 などなど・・

後半はお隣のサイト「ヒンピーウィー」へ移動してあそびました。

朝ごはんの真っ最中コガネアジはタカサゴへアタックし、
黄色くて可愛いのはミナミハコフグの赤ちゃん。
岩の隙間を覗けばオトヒメエビがいて、
壁をじーっと見つめてきれいなヒブサミノウミウシにご挨拶。

沈船とマクロのダブル見所でした。

2本目はタオが誇る地形ポイント・グリーンロック。
スイムスルー好きなら是非リクエストしてくださいね。
今日は3回違うところを通りぬけました。

masaru-tatajima


妖艶な美しさアデヤカミノウミウシ。
色とりどりのイバラカンザシに乗るタテジマヘビギンポ。
写真の背景にこだわるフォト派にはお勧めです。

明日はフルディトリップ!
どんなドラマが待っているのか楽しみです。

報告/マサル (マサル・ブログはこちら
写真/タテジマヘビギンポ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/06(木) 02:55:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.05 流れ!!

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/15m
透明度下/10m

最近、絶好調のチュンポンピナクル。
今日は魚たちのどんなドラマを見れるかななどと考えながら青い海へと潜降です。

・・・ん? 進んでない?

どうやらかなり潮の流れがあるようで、あまり前に進んでいない様子。
深場からアプローチしてなんとかポイントへ到着。

タオは「変わった・変な海」と言われますが、
今日は新月と満月との間で、そんなに流れないはずなのに、
さすがタオ。潮も予測不能です(笑

それでもお魚はいっぱい!
流れがあるせいで、ダイバーの目の前を魚たちがビュンビュンと飛んでいきます!

視界を埋め尽くすほどのスズメダイとタカサゴたち。

ちょっと潮あたりまでは行けなかったですが、
荒れた後は、あ・の・大物が登場することも多いので、
明日以降に期待です。

2本目はツインズにて。
こちらは流れ・透明度ともに上々のコンディションです。

最近、熱いのは美しいギンガハゼの黄・黒ペア。
なんといってもその数、過去最高値(ボク値)です。

masaru-ginga

とにかく、あっちにも、こっちにもいるのです。
なので、個体選びにも迷ってします。

「体色はあっちがいいな」
「逃げないのはこっち!」
「撮りやすいのはこれでしょう」

いまのツインズは黄・黒ペアが旬ですので、
じーっくりと撮影したい方はぜひリクエストしてください!

その後は、トウアカクマノミ・アオマダラエイ・スザスサラサエビなども、
観察して安全停止へ。

午後はレスキューダイバーコースで海へ行ってきました。
あ、講習を教えたのではなくて、おぼれ役・けが人役でした。

いかに本当に溺れているように見えるかが、この講習が成功するかどうかはそれにかかっています。

この講習は、自分がトラブルにあわないようにという所から勉強して、
最終的には行方不明ダイバーの捜索を指揮するというところまで行うのですが、
本日の講習では無事にすべて完了!

新たなレスキューダイバーが誕生しました!

報告/マサル (マサル・ブログはこちら
写真/ギンガハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/05(水) 05:51:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.03 大忙しのチュンポン

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/28 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度/10~15m

今日も行ってきましたチュンポンピナクル。
サーモもなくボトムまでよく見えました。
深場を目指し潜行すると、真下に巨大なヤイトハタが2匹並んで僕たちを迎えてくれました。

yaito
[広告] VPS

その上には、キンセンフエダイやホソヒラアジに突っ込んで遊んでいると、背後に何かの影を感じて振り向くと。。。
目の前にシェベロンバラクーダの群れが大接近!!!!
見上げるとギンガメが優雅に泳ぎ、イエローバンドフュージュラーを追いかけまわしているツムブリとコガネアジ!
最近のチュンポンは、見所満点で大忙し!笑

2本目は、沈潜ポイント「SATTAKUT号」!

SATTAKUT

約40mの大きな軍艦には、大砲があり記念撮影や砲台のシートに座ったり、船内を覗きこむなど興味津々。
すぐ隣のヒンピーウイーに移動すると、外人チームが「岩の裏に亀いるよ」のサイン!!!
珊瑚をガリガリと食事中の可愛いタイマイ。
お客様も大喜び!!!

明日は、セイルロックを目指します!

報告/HIROAKI (HIROAKIのブログ いつまでも残したい海がある)
写真/ヤイトハタ 沈潜 

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/03(月) 04:38:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.02 ワイドにマクロに大忙し

ロケーション/タオ
天候/晴れ時々あめ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

今日も元気に外洋にて潜ってきました。
マサルが報告します。

1本目はチュンポンピナクルにて。
まず深場にて群れに巻かれました。

キンセンフエダイの群れと合体しているホソヒラアジ。
魚影が濃すぎて、なかなか前が見えません。

「前にダイバーがいるのかな・・?」

すると、その黒い影が少し動きました。
1mオーバーのヤイトハタの登場です。

本当に警戒心の薄い個体で、ダイバーとの距離およそ30cm。
目の前でストロボを炊いても動じない大物ぶり。

ゲストTさんのガブリ寄り&激写の動画とその時の写真です。
[広告] VPS

takigawa1

中層には川のように流れ来るオニアジ、
下のほうをグルグルと巻くシェベロンバラクーダ。
ギンガメアジも健在です。

コガネアジやツムブリが朝ごはんの時間になったようで、
タカサゴなどの群れが逃げ回ります。

2本目は魅惑のハゼポイント・ツインズ。

警戒心ゼロのギンガハゼ・レッドマージンシュリンプゴビーの巣穴では、
テッポウエビが砂や小岩を穴からかき出しています。

ゲストのTさんがマクロレンズで激写している動画とその画像です。
[広告] VPS

takigawa2

「エイが見たい!」とのリクエストがあったのですが、
45分間に3回もアオマダラエイを見ることが出来ました。

ツインズの人気者・トウアカクマノミ。
大き目のメスと、本当にちっこい赤ちゃんの2人住まいだったのですが、
今朝に見たところ、3匹に増えていました。

定点観測することの出来る現地ガイドとして、
親心?ではないですが、少しうれしく感じる瞬間です。

あと1ヶ月でカオラック店のオープンです。
アンダマン海の魚たち、元気にしてるかな・・・。

報告/マサル (マサル・ブログはこちら
写真/ヤイトハタ、ギンガハゼ (by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/02(日) 00:53:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.10.01 流れのセイル

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/7m

今日はフルディトリップ!
少し波はありますが、セイルロックへ向けてバンザイ号は進みます。

潜降すると真下にギンガメアジの大玉を発見!
しかし・・・タオではなかなかない流れの強さです。

魚たちは潮が流れてくるほうに頭を向けてラクラク泳いでいるのに、
ボクはみるみるうちに後退していきます・・・。

それでも潮あたりには大きなピックハンドルバラクーダ。
200枚ほどのツバメウオの群れ。
群れは健在です!

2本目はサウスウェストにて。
「流れはどうかな・・・」おそるおそるエントリすると、
透明度抜群!流れまったくなし!最高のコンディションです。

masaru-kinsen


離れ根へと移動すると、そこはお魚の楽園状態です。
ぎゅーと固まって群れているキンセンフエダイと、
ホソヒラアジが合体していて、その後ろにはバラクーダの子供が、
雲のようにかかっています。

ダイバーを入れて写真を撮ろうとしても、
魚影が濃すぎてダイバーが見えない・・・なんてうれしい悲鳴も聞こえます。

メインピナクルとの間では2000匹はいそうな、
シェベロンバラクーダに遭遇。
これぞサウス!というダイナミックなダイビングとなりました。

3本目はシャークアイランドにて。
ここでの見所はもちろん黄色いツキチョウチョウウオの群れです。
小さくてかわいいブチウミウシもいました。

ボートへと戻る途中にササムロの大群に遭遇し、
安全停止中も魚のカーテンに包まれました。

最近はコンディションが良いので、
3・4日に1回はフルディを開催しています。
次のフルディも楽しみです!

報告/マサル (マサル・ブログはこちら
写真/キンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2011/10/01(土) 20:47:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD