Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.1.31 横綱リチェリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

朝から日差しが眩しくダイビング日和!

多少波はあったものの目指すは、リチェリューロック。

程よい流れの中ブラックフィンバラクーダ、キンセンフエダイ、ホソフエダイなどの群れが僕たちを出迎えてくれました。

マクロでは小さなミナミハコフグの幼魚を観察したり、フリソデエビやタイガーテイルシーホースをじっくり撮影できました!!!
大人気ポイントなのに、デイトリップの場合はクルーズ船と時間が異なるのでアイドルたちも順番待ちせずにじっくり観察できます。

明日は、癒しのシミラン諸島に行ってきます。

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BIG BLUE DIVINGのリピーターで構成された、水中写真部による共有ブログ!
チャバ会 水中写真部ブログ「たまには潜るんです…」



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/31(火) 22:30:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.31 群れ!群れ!群れ!ダイビング

ロケーション/タオ島
天候/雨のちくもり
水温/28 ℃
風/あり
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/5m

昨日、今日と雨が降ったタオ島。
今月あまり降っていなかったので月末にまとめて降ったのでしょうか。
雨が降ってもダイビングはします!

今日は、チュンポンピナクルに行っていました。
エントリーすると流れている・・・
水面から水深5mまでが激流。
でも、潜降していくと流れはほとんどなく透明度も抜群!!
そして、今日の群れは本当にすごかった!!

ブイの近くにはホソヒラアジの群れ。
岩を覆い隠すかのように群れており、OWの生徒さんと群れに突っ込んで遊びました。
突っ込んでも突っ込んでもまたぎゅっと集まって群れになるので何回も楽しめます。

下の方では、シェベロンバラクーダがトルネードをしています。
ぱっと目線を変えると、お次は、ピックハンドルバラクーダ。
大きな体を近くで見ると自分と同じ大きさがあるのではないかと思ってしまいます。
今日は、至る所でピックハンドルバラクーダを見ました。
まさにバラクーダ祭り。

中層には、いつも以上にユメウメイロやイエローバンドフュージューラーが密度が濃く群れています。
そうなると、ハンターのコガネアジ、ツムブリ、オオクチイケカツオ、ヨコシマサワラも
じっとしていられません。目をギラギラ輝かせながら獲物を狙っていました。

2本目は、サイリービーチへ。
流れも全くなくまったりと最後のダイビングを楽しみます。
まずは、トウアカクマノミへ!
今日は、威嚇してきたので、スレートのペン先をがぶっと噛まれてしまいました。
水底に落ちているビール瓶を覗きこむとシャコが目をきょろきょろさせながら、私達を見ていました。

ボートに上がると出航した時の天気が嘘かのように太陽が出て晴れ渡っていました。
やはり、天気がいいと気持ちがいいですね~

報告/IYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/31(火) 01:38:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.30 360度バラクーダ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度上/20m
透明度下/15m

今日は大物をを狙いに、コタチャイ&コボン!!!

ただ、大物は出なかったものの、コタチャイ、コボン共に今魚影が濃いです。

タチャイは良い感じに流れていました。
水中に入った瞬間から、クマザサハナムロやイエローバックフュージラーのものすごい群れがピナクルを覆い尽くします。
その周りには大きなロウニンアジの群れ、カスミアジの群れが優雅に泳ぎ回っていました。
何度も迫力満点な捕食シーンに出会えました。
その後に、ブラックフィンバラクーダの群れに遭遇!
数百単位で群れていて、いつも間にか360度巻かれていました!!!

360

コボンでも捕食シーンが面白い。

カスミアジにロウニンアジの捕食はもちろん。
11月から比べると少なくなってきたスカシテンジクダイですが、それでも沢山います。
そんな子たちを、ユカタハタ・アミメフエダイ・ツムブリなどが捕食 アタックをかけるシーンなどが見られます。大迫力!!!
後半何度かヒンヤリとサーモクラインが流れてきて期待したんですが、ヤツは現れてくれませんでした。。。

明日はリチェリューロックです。
ワイドにマクロに楽しんできます!
海ログをお楽しみに☆

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ブラックフィンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BIG BLUE DIVINGのリピーターで構成された、水中写真部による共有ブログ!
チャバ会 水中写真部ブログ「たまには潜るんです…」



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/30(月) 22:15:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.28 トウアカクマノミのハッチアウト!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

hattis.jpg

サイリービーチにて、トウアカクマノミの卵のハッチアウト(孵化)を見に行ってきました。
ちょっと久々だったのですが、まずは目当てのコロニーへ。

ところが!!

何と卵がもうないではありませんか。。
時間的にハッチが終わってしまっているわけではないので、ということは。。
昨日やった!
ゲストなしだったので当日の下見を怠っていたのでした。

どうしよう。。
そこで思い立ったのが、昼間に体験ダイビングで見たトウアカクマノミ。
確信は持てないものの、もしかしたらハッチするかもと思い、急いでそのコロニーに向かいました。

遠い。。遠いコロニーでしたが、透明度がよいこともあり、難なく到着。
親クマノミが一生懸命卵の世話をしています。

結果は。
ばっちり見れました!!
ちょうど到着のタイミングでチビがぴよっっと出たかと思うと、隣の子もぴよよっっ!
そうすると周りの子たちがまたぴよぴよぴよよっっっ!
その後はみんな待ちきれなかったように、どんどんハッチアウトしていきました。

大成功!

今夜初めてハッチを見たDMTの二人も感動していました!!
水温が高くなってきたので ナイトも怖くない!
卵はたくさんありますので、ハッチアウトツアー随時開催します!

報告/ASUKA
写真/トウアカクマノミのハッチアウト

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/29(日) 01:12:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.24-27 第16回PAWARA号トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

1日目

・ウエストオブエデン
・アニータズリーフ
・エレファントヘッドロック
・ストーンヘンジ

1月も半ばを過ぎて、だいぶ海況が安定してきました。
シーズン16回目のトリップは中国正月が絡むお祝いトリップ。
どんなサプライズに出会えるか、安全祈願の爆竹に、ついでに大物祈願もしつつ出港です。

hiroki_1

1本目:ウエストオブエデン。
流れはそれほどありませんでしたが、潜降直後から魚魚魚!
クマザサハナムロの群れに出迎えながら目線を中層に向けると、
大きめサイズのカスミアジがグループ捕食に来ていました。
ダイバーを気にすることなく間近に寄ったり離れたり。
ロウニンアジも数匹混ざっていて、迫力がありました。
水底ではハナヒゲウツボの成魚に若魚がいて、
そのそばではクマドリカエルアンコウものんびり散歩をしていました。

終盤まで次々とアジやイソマグロが行き来して、
1本目から調子の良いダイビングとなりました。

2本目:アニータズリーフ!
波も流れもなく、気持ちよく潜降。
深場に生息する、固有種のスパゲッティーガーデンイールを見てゆっくり砂地で泳いでい行くと、ズグロハゼが求愛中。
一見地味なハゼですが、真っ白で綺麗な背鰭と胸鰭を全開に広げてメスにアピール。
その後、ウチワを探すとクダゴンベやピンク色のイソギンチャクに住むクマノミをじっくり観察!

3本目:エレファントヘッドロック!
水中は、流れがあったので岩に隠れながら潜降して行き岩肌を縫うように泳いで行くと、比較的浅い深度に生息するクリーム色で綺麗なアケボノハゼがいました。

hiroki_3

マッコスカーズフラッシャーラスの求愛シーンを撮影する事ができました。
固有種のアンダマンダムゼルやコラーレバタフライフィッシュの群れを眺めながら安全停止へ。

hiroki_2

1日目のラストはストーンヘンジでサンセットダイブ。
中層をフュージュラーやツムブリの群れが駆け抜ける中、
サンゴに群れるスカシテンジクダイにカスミアジとマテアジの混合チームがアタックを仕掛けていました。
浅場ではコラーレバタフライフィッシュの群れにも遭遇。
サンセットをバックにのんびりと遊びました。

hiroki_5

2日目
・ノースポイント
・ブレックファーストベンド
・コボン
・コボン

1本目:ノースポイント!
ほどよい流れの中、シミラン最大級のウミウチワがある離れ根に行ってきました。
巨大なウミウチワが何枚も重なっていて、素敵な光景が広がっていました!
後半はメインに帰ってきて、日本では珍しい大きなアデヤッコや固有種のインポスターブレニー・インディアンダブルサドルバタフライフィッシュなどをゆっくり観察しました。

2本目:ブレックファーストベンド!
潜降する僕らの足元に現れたのはブラックフィンバラクーダの群れ。
大きな個体が数百匹で群れをなす姿は圧巻でした。
深度を取るとオニカマスがいたりサイズ感のあるキツネフエフキが群れていたり。
一方の砂地ではアンダマンジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビーがあちこちに。
浅場に行くと大きなアオウミガメも登場。
最後は流れが強くなってきたので、広がるリーフエリアを滑空するように流されながら安全停止。

ここでシミラン諸島に別れを告げ、PAWARA号は北上。コボンを目指しました。
お目当てはもちろんマンタ!
今日も朝からマンタが出ているとの情報があり、俄然期待しちゃいます。

3本目:コボン!
透明度は、いかにもマンタが居そうな雰囲気がムンムンしていました。(笑)
前後左右とキョロキョロ見まわしながら進んでいくと、リッジの先端で登場!
長い時間ではありませんでしたが、4m程の見応えのあるサイズで、
強烈な印象を残して去って行きました。
2日目で早くも大物に遭遇。ガイド的には、一安心。(笑)
でも次はもう少し、じっくり眺めたり撮ったりしたいなぁ。。。

4本目;コボンでサンセットダイブ!
ハナダイギンポが、サンセットの時間帯に巣穴に帰ってきて7匹も顔をちょこんと出して見惚れる光景でした。
周りを見渡すと、タカサゴの群れの中には、カスミアジがグルグルと泳いでいました。
ワイドにマクロに楽しいサンセットダイブになりました。

hiroki_4

3日目
・コタチャイ
・リチェリューロック
・リチェリューロック
・リチェリューロック

朝イチで潜ったのはタチャイピナクル。
透明度はボチボチかな。
潮の当たる方へ泳いで行くと、大きなカスミアジが編隊を組んで捕食モード。
見入っているうちにロウニンアジも捕食チームに混じり、大捕食祭り。(アジ側視点)
数千匹にもなるイエローバックフュージュラーの壁も圧巻でした。
さらに中層にはツムブリの群れも登場し、迫力満点。
クマザサハナムロの青い群れにブラックフィンバラクーダやカスミアジが混じり、
最後まで魚まみれの朝イチダイブとなりました。

2本目からはリチェリューロック。
透明度は、、、10~15m位かな。サーモも入ってなんだかモヤモヤしていました。
1本目はワイドめぐり。
シェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダを眺めたり、
キンセンフエダイの群れに巻かれたりして遊びました。
潮の当たる側では壁の様なフュージュラーにヨコシマサワラが何度もアタック。
そのたびに逃げ惑うフュージュラーの姿が大迫力でした。

マクロもネタは尽きません。

hiroki_7

タイガーテイルシーホース

hiroki_9

フリソデエビをはじめ、

hiroki_6

トマトアネモネフィッシュの幼魚

オランウータンクラブ、クロハコフグの幼魚などなど。
岩の隙間にはマツカサウオが時々見え隠れしているのですが、
この魚のタイ語の名前は“プラー・サパロット”、パイナップル魚って意味です。
日本では見慣れた方も是非ここでは“パイナップルな魚”として見てみてください。
プチパイナップルに見えてきて、可愛いですよ。

サンセットでは昼間見たものからアンコールリクエストに答えたりしたのですが、
昼間と比べて透明度が上がったためにキンセンフエダイやバラクーダの群れが見応えありました。
安全停止前にはマブタシマアジの集団放精シーンにも遭遇しました。

4日目
・コボン ウエストリッジ
・ボンスーンレック

早いもので今日はもう下船日。泣いても笑っても残すは2ダイブのみ。
程よい潮あたりのリッジでマンタ待ちを決め込んだのですが、マンタは不発。
それでも次々と現れる大振りなカスミアジやロウニンアジのグループは迫力あり。
ワヌケヤッコやアデヤッコなどの日本ではレアと言われているキンチャクダイ達も登場。
安全停止まで中層に目を凝らしましたが、大きな影を見る事は出来ず。

そしてラストはエリア屈指の魚影ポイント、ボンスーンレック。
潜降早々、足元にはヒトズラハリセンボンが6匹がブイラインの周りをグルグル泳いていました。
キンセンフエダイ・ヨスジフエダイ・カマス・ホソヒラアジの群れをかき分ける様に泳いで行くと、
固有種のセバエアネモネフィッシュ・砂地に生息するジョーフィッシュやオラウータンクラブなどを観察して安全停止。

DPP_8931.jpg

波が穏やかでマンタにも遭遇でき良いトリップになりました。
次回も穏やかなトリップになりますように!!

報告/KOKI & HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ゲストより頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BIG BLUE DIVINGのリピーターで構成された、水中写真部による共有ブログ!
チャバ会 水中写真部ブログ「たまには潜るんです…」

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/27(金) 23:55:23|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2012.01.27 あいつは・・・・

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

manta_20120127194906.jpg

今日もコボンはマンタがでるのでしょうか!?
移動中の情報に数枚のマンタが出現したらしいです。
波が全然なくスピードボートを飛ばして着くと、ほかの船からマンタサイン。
期待を大にして潜降。
リッヂに向かい直ぐに4Mくらいにマンタが登場!!
中層にはカスミアジやロウニンアジが群れています。
マンタが近くを通るとロウニンアジが一緒に泳ぎ始め、直ぐに離れるのかと思うとずっと並走していました。
流れがあるのに関わらず悠然と泳いでいます。
何度見ても感動です!!
syugo_20120127194556.jpg

出てくれてありがとう。
しかも今日は一緒に乗っていたタイスタッフもスノーケルでみていました!!
みんな見れて本当によかったです。

明日はリチェリューロック。
海ログお楽しみに。

報告/YUTAKA
写真/マンタとロウニンアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/27(金) 23:41:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.27 群れ、いいかんじです。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なしや
流れ/北東より
透明度上/15m
透明度下/5m

kinsen2s_20120128111240.jpg

今日も晴れ。
今朝もチュンポンに行ってきました。

今日は流れの中を久しぶりにチュンポンピナクル一周しました。
サーモクラインがかかって見えないところもありましたが、きれいなところは底まで見えていました。
まずは、いつものキンセンフエダイ。
ホソヒラアジ。
岩の周りはオニアジがまた増えてきました。
ちょっと下のほうでシェベロンバラクーダ。
ここまで全部群れです。

中層はイエローバンドフュージラーをツムブリとコガネアジが追い掛け回しています。
岩の上ではオオクチイケカツオがクリーニングされています。
ヤイトハタは南の岩の上にちょこんと乗っている子と、キンセンフエダイの群れの中にいる子を確認してきました。

何より、チュンポンピナクルに差し込む太陽の光がきれいでした!

報告/ASUKA
写真/キンセンフエダイとホソヒラアジの群れ(イメージ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
続きを読む
  1. 2012/01/27(金) 19:13:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.26 祝!OWダイバー誕生☆

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/程良く
透明度上/10m
透明度下/5m

今日も晴れ!!
まさにダイビング日和。
海に行かず、陸にいると暑くて暑くて・・・

今日は、OW講習でチュンポンピナクルに行ってきました。
べた凪でボート上も快適。水面を滑るかのようにポイントに到着。

潜降すると少し流れていたのでまずは、潮表へ。
さすがチュンポン。めちゃめちゃ群れています。
キンセンフエダイ、ホソヒラアジがごっちゃになってまるで黄色の絨毯のよう。
ただ、少し深かったので群れに突っ込んで遊ぶことができず残念。。。

ヤイトハタ

大きな大きなヤイトハタも下に見えます。
「もう少し上に上がって来い!!」と願いをかけるとひょろひょろひょろ~と深度を上げてくれましたが、
そのまま遠くに行ってしまいました。

中層では、コガネアジやツムブリがフュージュラーを狙い、
クロリボンスズメダイが岩を覆い尽くしていました。

2本目は、ツインズへ!
このダイブサイト名物のトウアカクマノミに挨拶に行ってきました。
今日は、少し攻撃的で近寄るとレギュレーターめがけて突っ込んできて生徒さんもビックリ。
岩の下にいるソリハシコモンエビやアオマダラエイも見ました。

OW講習

そして、最後はライセンスカードを水中に持って行って認定式。
晴れてオープンウォーターダイバーになりました。おめでとー☆
これからも世界中の海でたくさん潜ってね♪

報告/IYO
写真/キンセンフエダイとヤイトハタ、OW講習生達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/26(木) 02:24:12|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.24 絶好調の海況です。

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

天気のいい日が続いているカオラックからお知らせです。
海況は絶好調で波がないのでリチェリューロックまであっという間です。
誰も船に酔うことなく到着。

水中入って直ぐに迎えてくれたのはバラクーダの群れ。
水面近くにいるブランクフィンや尾鰭が黄色でサイズがでかいピックハンドル、サイズが小さめのシェベロンバラクーダなどが一緒に群れていました。
大きい固体が口をパクパクしているところを覗くと鋭い牙が・・・

最近ずっと同じ場所にいるヤイトハタを発見。
大きさは1M越えで全然動かないので一緒に撮ることは容易い御用。
一人一人記念撮影してさよならを。

直ぐそばにはタイガーテールシーホース。
本当にシャイなのでなかなか横から撮らせてくれません。
今日は頭を下にしたまま動きませんでした。
もっと愛嬌よくしてくれたらいいのに・・・

フリソデエビやトマトクマノミの子供もまだ健在です。

明日はシミランに行ってきます。
次回の海ログもお楽しみに。

報告/YUTAKA
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!




テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/24(火) 06:03:36|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.23 今年初のセイルロック

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/28 ℃
風/なし
流れ/東より
透明度上/15m
透明度下/5m

hosohiras.jpg

タオ島もべた凪の日が続いています。
水面は湖のようです。
今日は2012年初のフルデイトリップの日。
セイルロックへ行って来ました。

新月なので流れているだろうなと予想していましたが、本当に激流でした。
本気で泳いでやっと潮表へ。
魚はいつも通りめちゃくちゃいます。
浅場にはホソヒラアジの群れ。中層にはシェベロンバラクーダの群れ、オニアジの群れ。
離れにはキンセンフエダイが群れ、オオクチイケカツオとコガネアジがフュージラーを追いかけています。
ギンガメアジは数がちょっと少ない感じでした。

ookutis.jpg

惜しいのは透明度で、底まで見えるほどきれいだと思ったら、次の瞬間にものすごい濁った水が襲って来るという繰り返しで、安定しませんでした。

これからフルデイトリップは多くなりそうなので、また行きます!

iboyagis.jpg

報告/ASUKA
写真/オオクチイケカツオと、意外ときれいだなと思ったセイルロックのイボヤギ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/23(月) 18:33:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.23 マンタシーズン到来か!?

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m


今日もコボンでばっちりマンタを見て来ました!

実は、年末年始をはさんで三週間ほどマンタがストップしていましたが、やっぱりこの海ならではの巨大オニイトマキエイは見どころのひとつなのです。

10日前にコボンでジンベエを見て、3日前のトリップで三週間ぶりにマンタに遭遇し、そして今日も、と言う風に立て続けに大物が出没してくれています。

他にもロウニンアジ30匹、カスミアジ50匹、ブラックフィンバラクーダ300匹、ナポレオンなどなど、大物尽くしの一日でした。

これから一週間は海はべた凪の予報です。楽しいダイビングの日々が待っていることでしょう。

報告/TAKESHI
写真/オニイトマキエイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/23(月) 16:27:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.22 快晴!ファンダイブ日和です!

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/28 ℃
風/なし
流れ/北東より
透明度上/15m
透明度下/10m

めちゃくちゃ暑いです!!
こないだまで寒かったのにこの差は何でしょう!?
晴れたらとにかく暑い!海はべた凪。
というわけで、今日も潜ってきました。

チュンポンは今日はサーモクラインが22mでかかっていました。
キンセンフエダイの群れ、ホソヒラアジの群れがサーモクラインの境界線。
ちょっと見えずらい。。
コガネアジとツムブリの捕食はばっちり見えました。

安全停止中に大きなクラゲ。
光を浴びてきれいでした!

kurages.jpg

ツインズは一転マクロ。
メタリックシュリンプゴビーを色んな角度から撮って遊んできました。
浮上前にクリスマスツリーワームとタテジマヘビギンポをじっくり観察。
タオのクリスマスツリーワーム、どんどん増えている気がするのは気のせいでしょうか。

metarics.jpg

今日は旧正月ということで、お昼の時間に”ワーイルア”(ボートの神様にお祈り)をしました。
恒例の爆竹つきです。私は逃げました。

お天気良すぎです!
来たれダイバー!!

報告/ASUKA
写真/クラゲとメタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/22(日) 02:26:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.21 シノノメサカタザメ登場!

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度/10-15m

今日はリチェリューロックで大物登場!!

潜降直後、ピナクルの向こう側から何やら大きなサカナが泳いできました。
沢山のスギを引き連れていたので、もしやジンベエか?と目を凝らすと、
シルエットが全く別もの。

「あぁ~!!これ、あれじゃん!!なんだっけ、、、何とかサカタザメ」
とっさには名前が出てきませんでした。。。
それくらい、この海ではレアもののシノノメサカタザメ登場です!

まだ潜降しきっていない中での大物登場に一同アワワ状態でしたが、
なんとか無事、チーム全員がその姿を目に焼き付けることが出来ました。ホッ。

しょっぱなから大興奮でしたが、
その後もシェベロン、ブラックフィン、ピックハンドルのバラクーダ三つ巴や、
キンセンフエダイの群れに降り注いで来たクマザサハナムロのコラボ、
ヨコシマサワラの回遊など、興奮の連続でした。

もちろん、マクロも堪能しましたが、
今日はとにかく大迫力の印象が強かった!

そしてゲストのMさんが1200ダイブ記念!!
セ、センニヒャクゥ!?ファンダイブで1200本!憧れちゃいます。

1200dive_20120121232759.jpg

ご希望のジン様は出ませんでしたので、せめて旗で出してみました。。(笑)
Mさん、おめでとうございま~す!!!


報告/KOKI
写真/Mさん1200本記念

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/21(土) 07:30:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.21 タオ(カメ)ダイブ!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ時々雨
水温/27 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

最近、天気がよく夕陽・夕焼けがきれいに見えますが、たまに一時的な雨が降ります。
今日も気持ちのいい天気の中、チュンポンピナクルに向けて出航しましたが、途中で雨。
でも、ポイントに到着した時には、雨は止み、晴れ間が見えました。

1本目は、AOWのディープ講習のため水深30mの世界へ!
初めての深さに少しドキドキわくわくしながら潜降。
まずは、水底で簡単な実験をしました。

中層には、ジャワラビットフィッシュ、ユメウメイロ、イエローバンドフュージュラーが群れ、
コガネアジやツムブリが捕食のために目をギラギラさせていました。
今日もホソヒラアジやキンセンフエダイの群れが健在!
ただ、講習をしていたため少し深度を落としてゆっくり見れなかったのが残念・・・。
浮上すると大きな虹が架かっていました。

タイマイとお客さん

2本目は、AOWのPHOTOをしました。
前半は、砂地に着底し、じりじり寄りながらレッドマージンシュリンプゴビーの撮影会。
ハゼと共生しているテッポウエビもばっちり撮れました。
その後は、サンゴ地帯でタオの代表選手、ツキチョウチョウウオやワヌケヤッコ、アオマダラエイ・・・とたくさん写真を撮りました。
そろそろ、安全停止をしようかなと思っていると水面近くにタイマイを発見!
息継ぎをして私達のもとに降りてきてくれたので、生徒さんと一緒に記念写真。

タイ語でカメ島のコタオ。
最近、ホワイトロックに居付いてくれているのでよく会うことができます。
このまましばらくホワイトロックにいてほしいなぁ~~☆

報告/IYO
写真/タイマイとお客様

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/01/21(土) 00:28:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.20 久々のマンタ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/10m

今日はダブル・コボンの日。
つい先日ジンベエが出たばかりのポイントです。

今日も大物出るかな~!?と期待しながらエントリー。
ジャイアントストライドエントリーをして水面から水中を見下ろした瞬間・・・
第一声で『大物出そうな濁り方してます!』と言ってしまった僕でした。

潜降してすぐ、ナポレオンの求愛行動が見られました。
巨大な雄が婚姻色を出して雌の周りをアピールしながら泳ぎ回っていました。

今日のゲストはマクロも大好きな人だったので、
他にも、エイブルズエンゼルとインディアンミミックサージョンの擬態ネタ2ショットや、上から見たら笑った顔に見えるルボックスブレニーなどもじっくり紹介しました。

キンセンフエダイの群れで遊んで、マレーアンクロミスの群らがりやローランドドゥモアゼル幼魚などを紹介しつつ、一番の大物ポイントのウェスト・リッヂを目指します。

出ました~っ!マンタ~っ!!

manta_n

体幅4mほどの正真正銘のオニイトマキエイです。
近過ぎてコンデジの画角では入りきりませんでしたね・・・

800

今日ダブル800本記念ダイブのAさんとNさんを祝福してくれたのでしょう。

楽しい楽しい2ダイブでした。

報告/TAKESHI
写真/オニイトマキエイ、800本記念のお二人

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/20(金) 05:45:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.20 チュンポン完全復活

ロケーション/タオ
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/10m

kinsens.jpg

今日も晴れ!波なし!
タオ島は海のコンディションも日に日に上がってきています。
今朝のチュンポンは絶好調でした。

潜降してすぐに見えてきたのは、キンセンフエダイのゴールデンウォール。
海の色が青く、黄色い魚の玉が映えます。
向こう側が見えないほどのすごい群れ。

となりにはホソヒラアジの群れ。
シェベロンバラクーダの群れ。
オニアジの群れ。
上にはコガネアジ、ツムブリが捕食中。

すごい迫力でした。
そしてとにかくきれいでした!

タオ島今いいですよ!

報告/ASUKA
写真/キンセンフエダイの壁
  1. 2012/01/20(金) 02:10:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.13-17 第14回PAWARA号トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/穏やか
透明度上/25m
透明度下/15m

最新パワラ


満天の星空が広がるカオラック。
パワラ号は一路、シミラン諸島を目指します。

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
ボミーズ

1本目はアニータズリーフ。
チェックダイブは癒し系ナンバー1ポイントで本気で潜ります。

透き通るような真っ白な砂地にはガーデンイール。
深場には真っ白で長いスパゲティティーガーデンイールの姿も。

紫のソフトコーラル前にはアイドル・クダゴンベ君。
ピンク色のイソギンチャクに住むクマノミ君も女性に大人気です。

浅場には50匹ほど、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れていました。

2本目はウェストオブエデン。
今日も潮当たりばっちり。数日前にジンベエが出ているだけに期待です。

2mオーバーのウミウチワを眺めながら水深30mへと潜降。
ハナヒゲウツボ(黒2匹)やヨチヨチ歩きのクマドリカエルアンコウ(黄)
スカシテンジクダイ・キンメモドキの合体群れ。

中層がこれまたすごいのです!
60mはありそうな大きなカスミアジが30匹ほどで捕食の真っ最中。
ダイバーの目の前をビュンビュンと飛び回っていました。

浅場ではインディアンフレームバスレット、インディアンバガボンドバタフライフィッシュ、
インディアンティアドロップバタフライフィッシュとインド洋ずくし。

IMG_4458.jpg


3本目は地形ナンバー1・エレファントヘッドロック。
象さんの背中に見える岩からエントリー。

水面付近は強い流れがありますが、潜ってしまえば穏やか。
深場ではお腹の黄色いアケボノハゼや、
その美しいヒレを全開にしてメスにアピール真っ最中の、
マッコスカーズフラッシャーラス。

自然の作り出した迷路を進むとアンダマンスイートリプス、
インド洋版のワヌケヤッコにスカンクアネモネフィッシュ。
光り輝くブルーのアンダマンダムゼルも人気です。

やっぱり面白いエレファント!みなさん大満足でした!

ナイトダイビングはシミラン9番のボミーズにて。
大きなハマサンゴの周りには流星のようにスカシテンジクダイが群れ、
ハナダイギンポが並んで穴から顔を出していました。

2匹のタコが手を引っ張り合いながら、ついには穴に一緒に入っていきました。
「いいじゃん。こいよ」「え~やだ」と言っているオスとメスでしょうか。
嫌よ嫌よも好きのうちとはこのことでしょう。

その脇ではお腹を空かせたドクウツボがウロウロと徘徊中。
小魚のほうにふらふら進み、もう少し大きなお魚のほうにもふらふらと進んでいました。
エリ・チームは赤いニシキフウライウオを見つけたそうです。

2日目
・ノースポイント
・ブレックファーストベンド
・コボン
・タチャイピナクル

1本目は、ノースポイント!
水面水中ともに流れがなく、透明度もズコーンと30m抜けていたので…
巨大なウミウチワ目指して離れピナクルに行ってきました。
メルヘンな世界が一面に広がります!!!
色鮮やかなヤマブキスズメダイやユカタハタを背景にウミウチワの写真を激写!
後半は、浅場で固有種のインディアンティアドロップバタフライフィッシュ・インポスターブレニー・インディアンダブルサドルバタフライフィッシュなどをゆっくり観察しました。

2本目は、ブレックファーストベンド!
アンダマンジョーフィッシュのリクエストがあったので砂地を探しに行くと、全身出ている個体やキョロキョロと周りを警戒している個体などをじっくり撮影できました。
流れに逆らって行くと、ブラックフィンバラクーダの群れが縦に長く優雅に泳いでいて、ブラックチップシャークやナポレオンも登場!

3本目は、コボン!
もちろんマンタを狙います。ウミウチワを背景にキンセンフエダイは、すごく絵になります。
壁沿いには、イヤースポットブレニーやハナダイギンポなどのアイドルも登場!
水面近くには、ツムブリが100匹くらい群れていました。
残念ながらマンタには会えませんでしたが次回に期待…。

IMG_4469.jpg


4本目は、タチャイピナクル!
夕陽を横目にサンセットダイブに行ってきました。
クマザサハナムロ、イエローダッシュフュ―ジュラーなどのタカサゴ各種が、ピナクルに寝に帰ってくるので見渡す限り魚のオンパレード!!!
大きなロウニンアジ、コガネシマアジなどが凄い勢いで捕食していました。


3日目 
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

3日目も快晴のスタート!
1本目はコタチャイにて群れ群れダイビング。

穏やかな流れの中、青い海へと潜降です。
潮当たりはいいい感じに魚が集まっています。

ブダイが大集合していたので注目して見てみると、
オスが数匹のメスを伴って急上昇!次の瞬間にもわもわっと水が白濁します。
産卵の瞬間です。

とあるオスはアカモンガラをメスと間違えて?たまたまぶつかって?
放精していました。誰でもいいのかいアカモン君!?

今日もタカサゴの群れが大爆発!
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロが数千匹でダイバーの目の前をグルグル!

2-4本目はリチェリューロックにて。
透明度は15mほどと、まずますです。

ウミウチワというステージ前でポーズをとるタイガーテールシーホース。

DPP_0002_20120118121559.jpg


可愛さ抜群のフリソデエビ。

DPP_0004_20120118121559.jpg


サンゴの谷に住むトマトアネモネフィッシュ。
濃いブルーが美しい!タテジマキンチャクダイの幼魚。
白や赤い固体のニシキフウライウオ。写真の被写体が多すぎて困ります!

DPP_0001_20120118121559.jpg


今日は水深1mに群れてましたブラックフィンバラクーダ。
紫のソフトコーラル周りにはキンセンフエダイの群れ。
大きなジャイアントバラクーダやヨコシマサワラ。

「楽しい!」浮上後のゲストの感想が全てを物語ってます。

今日も満天の星空のアンダマン海を見ながらパワラ号はコボンへと到着しました。

4日目 
コボン
ボンスーンレック

最終日も快晴!!

3日目までコンディション最高! でも大物が出てない。。。。
という状況で、最後に1発当てたい!!
ということで、再度コボン・ウェストリッジの1本に大物遭遇の望みをかけます。

程よい流れ、肌にはちくちくとプランクトンも感じます。
期待にドキドキしながらリッジの先端に向かい、
淡い青のソフトコーラルが美しい辺りでしばしマンタ待ち。

が、残念ながら現れず。。。

しかしインド洋・アンダマン海固有種満載のコボン、
アンダマンコショウダイ、アンダマンチョウチョウウオ、
インディアンダスキラス、インディアンミミックサージョンフィッシュなどをじっくり観察。
ウミウシなども数種見つかって、じっくり潜れた1本となりました。

IMG_4440.jpg


そしてラストを飾るのはボンスーンレック。

魚影自慢かつマクロの宝庫。ただし透明度は良くないですけど。。。
と言い訳しながら入ってみたものの
これがなかなか悪くなく、いやおうにも期待が膨らみます。

砂地でメタリックシュリンプゴビーやフタホシタカノハハゼ、
セバエアネモネフィッシュが卵の世話をするところを観察し、
潮当たりのいいほうに出るともう前のダイバーが本当に見えないくらいの群れ群れ群れ!
キンセンフエダイ、 タイワンカマス、シェベロンバラクーダ、
他にもたくさんの魚が沈船を多い尽くすようです。

魚を掻き分け掻き分け探してみると、
小さな毛むくじゃらのオランウータンクラブも見つかりました。

そして今回のトリップでは
なんと5名のナイトロックスダイバーが誕生!! 
皆さん乗船してからお申し込みいただいたので、2日目午後から講習スタートでしたが、
3日目にはもうナイトロックスタンクで潜ることができました!

皆さん魔法のタンクの虜になること間違い無しです。
これからもっとダイビングの楽しみが広がりますよ~!!

あっというまのパワラ号の4日間、
お天気に恵まれたいいトリップでした。
次回もお楽しみに!!
 


報告/Hiroaki & Eri & Masaru(マサル・ブログはこちら
写真/お客様提供
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

続きを読む
  1. 2012/01/17(火) 04:40:14|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.1.16 あいつはどこへ・・・

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/10m

本日スピードボートはタチャイ、ボン島に行ってきました。
天気は晴れ、予報より波があり少し揺れました。

1本目コタチャイピナクル
潮汐表では干潮で流れが止まっているはずだったのですが、
水中は少し強く潮あたりのいいところまで移動するのに一苦労。
到着するとフュージュラーの大群!!
メタリックブルーのクマザサハナムロや黄色と青のツートンカラーのイエローバックフュージュラー、ジャイアントフュージュラーの壁です。
群れの中にはカスミアジとロウニンアジがロケットのようにビュンビュン泳ぎ回っていました。ソフトコーラルとキンセンフエダイも絵になります。
最後にはアオウミガメが近くを通ってくれました。

2本目コボンウエストリッヂ
最近マンタが出ていないので今日こそは・・・
まずはリッヂの先端に目指します。
冷たいサーモが流れてきて出てくる予感!!!
そのまま少し待ってみましたが出てこなかったので移動しながら探すことに。
ハマサンゴの周りにはキンギョハナダイ、スカシテンジクダイが群れます。
キンギョハナダイに擬態してハナダイギンポも群れに紛れます。
穴の中から顔を出すは可愛いです。じっくり観察してなかなか穴から出てこないなと思ったら中には目をギラギラさせた卵がありました。もう直ぐハッチアウトかな・・・
他にもエブルズエンジェルフィッシュに化けるアンダマンミミックサージョンフィッシュを見てきました。
今日もあいつが出てこなかったな、、、

明日はリチェリューロック。
こっちで出ちゃったりして・・・
次回の海ログもお楽しみに。

報告/YUTAKA
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/16(月) 23:20:13|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.16 快晴、波なし、くじらが出ました。

ロケーション/タオ
天候/晴れ一時雨
水温/27 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/13m
透明度下/10m

sharkis.jpg

晴れました!
ぐずぐずしたお天気がずっと続いていましたが、やっと真っ青な空が戻ってきました。
今朝は波もなく、久々サウスウエストピナクルへ。

そろそろ着くかなというころに、「ホエール!!」の声。
斜め前方に数匹のクジラが泳いでいるのが見えます。
5、6mくらいはありそうでした。
しばらくホエールウォッチングに興じたのでした。

サウスウエストピナクルに到着。
メインを一周した後、離れに向かいます。
オオクチイケカツオとピックハンドルバラクーダの群れが迎えてくれました。
中にはかなり大きな個体も混じっていました。
コバンザメつけている子がたくさんいて、かわいかったです。

2本目はシャークアイランド。
2日前にジンベエザメが出ています。
雰囲気はあるのですが、ジンベエには会えず。

でも下の方まで見えたので、砂地を這っていたらゴルゴニアンシュリンプがいました。
上を見上げるとシェベロンバラクーダ。
ソフトコーラルもきれいでした。
お食事中のタイマイにも遭遇。

kames.jpg

何だか普通にダイビングができるようになってきました!
タオのローシーズンはそろそろ終わりですよ!

報告/ASUKA
写真/シャークアイランドのソフトコーラルとタイマイ
  1. 2012/01/15(日) 23:51:21|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.1.14 マクロのアイドル達

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/5m

今シーズン初!!スピードボートの仕事するYUTAKAです。
カオラック来てからずっとクルーズに乗船していたため
今日が始めての乗船です。

行き先は大人気のリチェリューロック。
波は少しありましたが誰も酔わずに到着しました。
プランクトンが多かったので少しぴりぴり・・・
でもこんな時はあいつなんかも出てくることが多い。

とてもシャイなタイガーテールシーホース。
カメラを向けると直ぐに頭を下にして顔を隠します。
たまにこっちを見るのでそのときがシャッターチャンス!!
何回かトライして次へ。

Tiger201201142.jpg

ニシキフウライウオは岩の隙間に入るのですが、
色が黄色なので直ぐに見つかります。
いつもペアーのことが多いですが今回は会い方がどこかへお出かけ中・・・

今年に入ってから定番になったフリソデエビ。
ヒトデの上に乗ってはさみを左右に振り、ダンスをしているようでした。

Furisode201201141.jpg

子供頃しかラインがないトマトアネモネフィッシュや
ミナミハコフグの幼魚などマクロを楽しんだ後は
近くまで寄らせてくれたヤイトハタを観察したり
中層にブラックフィンバラクーダやピックハンドルバラクーダ、
小さめのロウニンアジがうろうろしていました。

明日はシミランに行ってきます。

報告/YUTAKA
写真/タイガーテイルシーホース、フリソデエビ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/14(土) 23:55:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.1.14 バラクーダの竜巻

ロケーション/タオ
天候/曇りのち雨
水温/26 ℃
風/少々
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

波が高い予報で外洋ポイントに行けたり、行けなかったりと不安定な海況が続いていました。
その波もようやく落ち着き、今日は外洋にに向けて出航です!

バンザイ号に乗り込み、水面を見渡すとそこからくっきりと水底のサンゴや砂地が見えています。

目指すは、チュンポンピナクル!!
海の色が、みるみる深みのある青に変わっていくのがうれしくてたまりません。
いち早くダイビングしたい気持ちを抑えサイトに到着。

バンザイ号から勢いよく、ダイバーが次々にエントリーしていきます。

潜行後、水面を見上げると太陽にキラキラした光が差し込みます。
透明度も以前と比べたら何倍もアップ!!
一部、サーモクラインで見えずらいところもありましたが、水底の岩がよーく見えます。

中層ではイエローバンドヒュージュラーが口をパクパク、お食事中。
食事をしながらいざ大きな魚が来たときには、球体の群れが流れ星のように
私たちの目の前を流れます。

その周りにはツムブリや大きめのコガネアジが鋭い目でその球体にアタック!!

他には、体を重たそうにアカマダラハタがゆっくりと泳いでいきました。

前よりも群れの数が倍増したホソヒラアジの群れを見ながら前へ進んで行くと突然、
頭上からの光が奪われ、辺りは、一瞬暗くなりました。

DSCF7058.jpg

上を見上げるとなんとそこにはシェベロンバラクーダの群れが
扇上に広がっています。

こんな光景を見たのは、初めて。
こんなにもいたのかと思いくらい本当にいっぱいでした。

私たちもシェベロンの群れの先端を目指し、平行に一緒に泳ぎます。
すごく近い距離で見れたのギラギラひかる体の模様もくっきり。

そしてその群れの中枢に突っ込みました。
一瞬、ばらけるもののそこからまたぐるぐるぐると渦を巻くかのようにそれは大きなトルネード。
360度、シェベロンバラクーダに囲まれました。

ド迫力!!!です。

群れは逃げ去ることなく、ピナクルの上を泳いでいたので長い時間、群れと遊ぶことができました。
気がついたらダイブタイム後半。
戻らなくてはと思いつつ、ずっと遊んでいたい思いでいっぱいでした。

2本目は、グリーンロック

少しずつ潜行していくと、はじめに迎えてくれたのはユメウメイロの群れ。
大きな魚のジュウタン。

透明度も良く、潜行しているときから岩の上の色とりどりのイバラカンザシがとても華やかに見えます。

いくつかのスイムスルーを通り抜け、トンネルの中でライト当てるとそこには3匹のセスジミノウミウシ。
ゆらゆらと綺麗な紫色のミノが揺さぶられます。

その近くでセンテンイロウミウシも発見。

深度を上げながらグリーンロックを一周し、タイワンカマスの群れを横目で見ながら安全停止。

水温が26度とやや寒い中でのダイビングでしたが寒さを忘れてしまうくらい
楽しい午前ダイビングでした。

もう少し水温が上がってくれるとうれしいな。

明日もチュンポンピナクルを目指します。
じんべぇが2日前に出ています。

明日こそ、チュンポンピナクルに遊びにきてね~と願いを込めます。

報告/EMIKO
写真/シェベロンバラクーダの群れ
  1. 2012/01/14(土) 02:38:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.1.13 2012年初!ジンベエダイブ~!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/あり
透明度/15~20m


Chiyoko201201131.jpg

カオラックのデイトリップチーム、今日目指したのはコボン。
予報では波が高かったのですが、
いざ沖に出てみると波はそれほど無く、穏やかなトリップでした。
が、水中は穏やかではいられませんでした。

海の神様、ジンベエザメ登場!!

潜降直後から、先に入っていたTAKESHIチームの大物サインが聞こえていたのですが、
流れが結構あったために潮表には出られず岩傍に待機。
でもこの時点では、まさかジンベエが出ているなんて、思いもしませんでした。

コボンといえばマンタが王道なので、
中層にマンタの影を探しながらコガネシマアジ、カスミアジなどを見て、
カクレクマノミのコロニーで撮影会をしていたその時でした。

再びTAKESHIの大物サインが耳に入り、
「皆さん、お待ちかねのマンタ登場ですよ~!」と心で叫びながら、
音のする方へマンタの影を求めて進んで行くと、、、
あれ、大きな影は見えるけど、ヒラヒラしてない???
そしてジンベエザメ登場。正直、目を疑いました。(笑)
でもそこには正真正銘、ジンベエザメが泳いでいました!
僕のチームのゲストは皆、初ジンベエ!!やりました~!!
中にはこのダイビングが水中カメラデビューのゲストも居て、万々歳!!

ファーストコンタクトはほんの数分でしたが、
しばらくして2回目の登場。こんどはじっくり撮影する余裕もありました。

更に、安全停止に入ろうとした僕らの背後から3度目の登場。
この時は僕らのチームだけの独占ジンベエ!
だいぶ余裕も出て来たので、一人ずつジンベエの横を泳いでもらって
記念撮影なんかもしちゃいました!

BB201201131.jpg

2本目は人気のワヌケヤッコやナポレオン、
ツムブリの数百匹の群れも登場したのですが、
神との遭遇を果たした後では皆小物扱い。(笑)

明日はリチェリューロック。
前回は波が高くて断念したので、明日こそ!横綱ポイントを目指します~!


報告/KOKI
写真/本日のゲストより、ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/13(金) 04:07:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.8-12 第13回PAWARA号トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/緩やか
透明度/30~10m

波は少しありますが天気は快晴!!!
今回のトリップは満月スタートなので大物が出る予感が・・・
初日は穏やかなシミラン諸島からです。
asahi.jpg
1月9日
1本目:アニータズリーフ
2本目:ウエストオブエデン
3本目:エレファントヘッドロック
4本目:ボミーズ(ナイト)

1本目アニータズリーフ
水中は水面と違って流れもなく穏やか。
砂地に行けばチンアナゴやスパゲッティーガーデンイールが首を長く伸ばして口をパクパク。
今限定のピンクのイソギンチャクに共生するクマノミやイソバナを隠れ家にしてチョロチョロ動き回るクダゴンベ
kuda.jpg
綺麗なソフトコーラルと一緒に鮮やかなヤマブキスズメダイの子供などのかわいいアイドル達がします。
ワイドはソフトコーラルの周りにスカシテンジクダイやキンギョハナダイが群れユカタハタが群れの中から登場することも。
少し離れたところにはアカヒメジとキンセンフエダイが群れます。
1本目からいろんな種類が見れお客様は満足そうでした。

2本目ウエストオブエデン
前回のトリップから黄色のクマドリカエルアンコウがいます。
体色が黄色でソフトコーラルの色も黄色なので隠れんぼが上手な個体でした。
そばにはインド洋独特の体色をもつアケボノハゼやウツボの中で一番人気のハナヒゲウツボ。
中層にはイエローバックフュージュラーやジャイアントフュージュラーが壁になるくらいに群れ、
大きいサイズのカスミアジがいました。
KENJIさん300本おめでとうございます。
301.jpg

3本目エレファントヘッドロック
穏やかな岩陰で潜降開始。プランクトンが多く少し透明度が落ちていました。
深場ではマッコスカーズフラッシャーラスの求愛ディスプレーや、
アケボノハゼを観察した後は、岩間を潜り抜けて潮あたりのいい所へ。
良い具合の潮に乗って、カスミアジやイケカツオのハンティングや、
編隊を組むイソマグロにも出会えました。
kame_20120112184151.jpg

休憩中にはカメの登場で船上が盛り上がりました。

4本目はシミラン諸島9番の島のそば、ボミーズでナイトダイブ。
夜行性のミノカサゴがでてきたり
nettai.jpg
ブダイやトリガーフィッシュの寝ている姿を覗き見していると、
岩の下に長く伸びる白い触角を発見。特大のゴシキエビでした。
更に同じ岩の下には超特大のニシキエビも!!
もちろん、いつものオトヒメエビやサラサエビなど定番も居て、
エビ祭りダイブになりました。

1月10日
1本目:ノースポイント
2本目:ブレックファストベンド
3本目:コボンウエストリッヂ
4本目:コタチャイピナクル

1本目ノースポイント
ブイがついているピナクルから300Mくらい離れたところに隠れ根があります。
そこまでたどり着くと、とても大きなウミウチワやイソバナが。
一番大きいものだと僕らの身長より大きいものも・・・
ダイバーがあんまりこないのでサンゴがいきいきしているようすでした。
浅瀬に帰るとタイマイが化石になったように全く動かず固まっていました。
ダイバーと一緒に撮ることも簡単です。
じっくり遊んで上がりました。

お昼休憩にはバランシングロックで記念撮影
syugo_20120112184241.jpg

2本目ブレックファストベンド
深場は砂地が広がっています。
キョロキョロしながらこちらの様子を窺うジョーやヤノダテハゼのインド洋バージョンのオーロラパートナーがいます。
ソフトコーラルは流れが当たってポリプ全開でした。
砂地の上でボーっとするだけでも癒されます。
アジとヒメジが群れを作ってスカシテンジクダイを食べ荒らしていました。

3本目コボン ウエストリッジ
年末からイマイチ当たりの良くないコボン。。
そろそろ出て欲しいところですが、あまりギラギラしてもいけないということで、
まずはマクロから攻めてみました。
マッコスカーズフラッシャーラスはオス同士がヒレを広げて美しさを競い合っていました。
しばらく泳いでいると、丸々と太ったブラックチップシャークが目の前を横切っていきました。
サンゴエリアでは黄色に薄いブルーが綺麗なエバンスアンティアスが群れていたり、
必死で擬態する大きなリーフオクトパスにも遭遇。
浅場ではワヌケヤッコのカップルに密着してじっくりと観察しました。
え?マンタ?ハハハハハ~。。。

4本目タチャイピナクル
今日はサンセットでタチャイピナクルに行きました。
潜ってみると程好く流れていたものの、魚影が疎ら。。
カスミアジやツバメウオ、キンセンフエダイなどを眺めて遊びました。

1月11日
1本目:タチャイピナクル
2本目:タチャイピナクル
3本目:コボンウエストリッヂ
4本目:コボンウォール

1、2本目コタチャイピナクル
流れがあったので透明度は凄くよかったです。
潮通しの良いポイントなのでピナクル周りはソフトコーラルが美しいです。
沖ではフュージュラーが群れいろんなアジが泳ぎまわります。
ロウニンアジやカスミアジ、インドカイワリ、ナンヨウカイワリなどがいました。
小群れのシェベロンバラクーダやオニカマスも散歩していました。
欧米人チームはレオパードシャークを見たそうです。
そろそろ大物でないかな???

3、4本目コボン・ウエストリッジ
残念ながら今回のトリップでは波の影響でリチェリューロックは断念。
コボンに戻って2ダイブ潜りました。
流れに乗ってリーフエリアを滑空?するのが気持ち良かったです。
キンセンフエダイ、カスミアジ、ホシカイワリなどが駆け抜けたり、
リーフオクトパス、ミナニハコフグの幼魚、アデヤッコなどを眺めました。
300.jpg

サンセットダイブではYさんが300本記念。
日本人チームみんなで記念撮影をしてお祝いしました。
その後は寝床を求めて集まってきたフュージューラーの群れにまかれたり、
ツムブリの群れを眺めたりして遊びました。

この日もマンタは姿を見せず。。。
一体どこに行ってしまったんだろうか。。

1月12日
1本目:コボンピナクル
2本目:ボンスーンレック

最終日はコボンピナクルからスタート。
まだ薄暗いながらも程好い流れと抜群の透明度。
潮表に行くとたくさんのフュージュラーが乱舞して、
そこに特大サイズのカスミアジのグループやコガネシマアジ、ロウニンアジが次々とアタック。
迫力満点でした。

ラストはボンスーンレック。
透明度は10m弱でしたが、今日も群れ群れ群れ!!
今日は特にニセクロホシフエダイが良く纏まっていました。
カマスやキンセンフエダイの濃すぎるほどの群れを掻き分けて砂地に出ると、
ハニーコンブモレイが鉄片の下に居たり、イトヒキアジの群れに巻かれたり。
ジョーフィッシュやメタリックシュリンプゴビーも元気に顔を出していました。
meta.jpg
セバエアネモネフィッシュは今回も卵を育てている最中。
一生懸命な姿にじっと見入ってしまいました。
ウミウシも充実しています。
umiushi.jpg

人気のオランウータンクラブも健在。親子でかくれんぼをしていました。

s_20120113163259.jpg
長いと思って乗船した4日間14ダイブのトリップも、
終ってみればあっという間の日々でした。
トリップ中波が高いことが多かったものの、
体調を崩すゲストも出ず、毎晩の宴会も含めて盛り上がったトリップでした。

報告/KOKI YUTAKA
写真/今回のゲストより頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/12(木) 02:50:50|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2011.1.12 ポイントの持ち味。

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/8m

満員御礼のブルードルフィン号。
本日はコタチャイとボンスーンレックにて潜ってきました。

本当はリチェリューロック目指して出航したのですが、
波が高くてあえなくポイントを変更。

1本目コタチャイ。ここの持ち味は群れ天国!
ビュンビュンと流れている時間に潜降です。
ロープ沿いに進むと・・・・流れまったく無く穏やかですけど・・

kollar-ms

快適に透明度抜群の海を進むと、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、大きなウミウチワが並び、
そうこうしている内に潮がいい感じに当たり始めて、
中層にはタカサゴの群れ群れ群れ!

カスミアジやロウニンアジも登場して、
これぞコタチャイ!群れ天国!という景色の完成です。

2本目は沈没船ボンスーンレック。
透明度は8-12mほどと、このサイトとしてはまずますです。

いつもながら2-3m先のダイバーがまったく見えなくなるほどの魚影の濃さ!
バラクーダやアジの子供、クロホシフエダイやキンセンフエダイ、
それら群れが合体してぐっちゃり。

よく卵を産むセバエアネモネフィッシュに、ジョーフィッシュ。
ウミウシ各種(クロモドーリスアンヌラータやキイロウミウシなど)やオラウータンクラブ。

「あっ!!」

という間に時間が過ぎるのがこのサイトの特徴。
ナイトロックスタンクだとよりボンスーンを楽しめますよ~。

さて、まもなく更新されるパワラ号の報告も楽しみです!!

報告/Masaru(マサル・ブログはこちら
写真/のちほど
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/12(木) 00:57:06|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.1.11 すぐそこにジンベエ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

DPP_86611.jpg

少し波がある中ブルードルフィン号は、シミラン諸島を目指します。

キャプテンに『今ウエストオブエデンにジンベエがいる!!!!』とラジオが入りました。
エレファントヘッドロックで潜る予定を変更してウエストオブエデンへ急ぎます。

ポイントに到着して、期待をむねに潜行!
透明度は15mから20mプランクトンいっぱいでジンベエがいそうな雰囲気。

中層を泳いでジンベエを捜索していると、大きなイソマグロが4匹いたり、ブラックフィンバラクーダが優雅に泳いでいました。

黄色と青のハナヒゲウツボ、黄色くて可愛いクマドリカエルアンコウ、背びれが赤くて綺麗なインディアンフレームバスレットなどの定番マクロをじっくり見て充実ダイブはあっという間に終わりました。

残念ながらジンベエには、会えませんでした…。
潜行した時に、安全停止していたショップは、出会えたみたい…。

明日は、タチャイ&コボンに行ってきます。
大物出ないかなぁー☆

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/シミランNo4
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/11(水) 23:18:00|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2011.1.10 波がややあります

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

本日のスピードボートはリチェリューロック。
やや波がありますが、水中は穏やかでした。

透明度もバッチリ。タイを代表するポイントへ潜降ですブクブクブク・・・

すぐに目の前は群れだらけ。
岩を覆い尽くすほどのバナナフュージュラーや、
大きなブラックフィンバラクーダの群れに接近して、
黄色い川に見えるキンセンフエダイ。
周りには大きなヨコシマサワラがウロウロしています。

岩肌のには紫色のソフトコーラルが一面に群生していて、極楽浄土に来たようです。

アイドルのタイガーテールシーホースや、
真っ赤なトマトアネモネフィッシュの子供、
真っ青なタテジマキンチャクダイの子供、
そして、年始から居るらしいと噂になっていたフリソデエビにもやっと年始の挨拶をする事ができました。
小さ目の個体で可愛いのです。

furi-ms

風と波があと数日続きそうな気配ですが、
水中は絶好調!
みなさん。お待ちしてます!

報告/Masaru(マサル・ブログはこちら
写真/フリソデエビ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/11(水) 06:23:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.01.08 黄色のクマドリ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

最近ダイビング日和のカオラックです!
多少波がありますが、シミラン諸島を目指します。
今日はエレファントヘッドロックとウエストオブエデンへ行ってきました。

潜行して行くと、クジャクベラのインド洋バージョンのマッコスカーズフラッシャーラスが鰭を全開に求愛中!!!
少し深場へ行くと、アケボノハゼのインド洋バージョン!背景に青や紫の綺麗なソフトコーラルが咲き乱れフォト派ダイバーにお勧めの個体。
深度を上げて行くと、カスミアジの集団捕食に圧倒され安全停止へ。

DPP_86601_20120109023015.jpg

ランチは、シミラン諸島No4の島に上陸!
真っ白なビーチとシミランブルーの海を眺めながらのランチは、最高の贅沢。

ウエストオブエデンでは、潜行早々大きなタイマイを発見!
サンゴをガリガリ食事中でした。

ピンクの綺麗なソフトコーラルに黄色の個体のクマドリカエルアンコウ!!!
クマドリカエルアンコウ

ハナヒゲウツボ!青と黄色の色鮮やかな体色でダイバーに大人気。
ハナヒゲウツボ

他にも、アカネハナゴイに似たインド洋の固有種、インディアンフレームバスレットなどをじっくり観察しました。

明日は、コタチャイ・コボンへ行ってきます。

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/シミランNo4・クマドリカエルアンコウ・ハナヒゲウツボ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/08(日) 23:55:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2011.1.3-7 新年クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れや曇り
水温/28 ℃
風/少し
流れ/穏やか
透明度上/30m
透明度下/20m

年越しクルーズが終わり、新年最初のパワラ号クルーズです。
日本からのお客様もぞくぞくと到着して、船はシミランへ出発!

1日目 
ウェストオブエデエン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ボミーズ

sada-san21

ウェストオブエデンからスタートです!
水底40mまで丸見えという抜群の透明度のなかブルーの世界へ進んでいきます。

深場では小さくて可愛いクマドリカエルアンコウ(黄色)や、
ハナヒゲウツボ、ウミウチワ前にはぎゅ!っと凝縮したキンメモドキ。

巨大なウミウチワを横目に進むと固有種がいっぱいです。
インディアンバカボンドバタフライフィッシュやインディアンフレームバスレット。

浅場では小さなカメや大きなイソマグロにも出会いました。
最高のスタートを切った新年クルーズです。

2本目は癒し系NO1ポイント・アニータズリーフ。
透き通るような真っ白な砂地を飛ぶように進めば、
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロなどのタカサゴが、
ダイバーを追い越していきます。

おなじみピンクのイソギンチャクに住むクマノミ君。
ウミウチワに擬態しているのはクダゴンベ。
アニータのアイドルたちに挨拶をして回ります。

浅場にはブラックピラミッドバタフライフィッシュ(通称ブラピ)の群れ、
シマシマのシマウミヘビ、カクレクマノミと戯れて安全停止。

水中にてビッグブルーのスピードボート・チームに出会って、
手を振り合ったりもしました。

100dive

そして!Mさん。100本記念おめでとうございました!

3本目は地形NO1エレファントヘッドロック。
巨石が連なるダイナミックな景色が広がります。

お腹が黄色いアケボノハゼのインド洋版や、
ヒレが美しいベラ・マッコスカーズフラッシャーラス。

潮当たりには既にタカサゴが大集合。
周りには大きなイソマグロもウロウロしていました。

ブルーに光り輝くアンダマンダムゼルを観察して安全停止です。

4本目はボミーズ。シミラン9番の南側のサイトにてサンセットダイブ。
のんびりと面白いものを探しながら泳ぎました。

大きなハマサンゴには鮮やかなソフトコーラルが付き、
スカシテンジクダイは雪が降っているようにも見えます。

アンダマンスイートリプスやパウダーブルーサージョンフィッシュを観察しました。

2日目
ノースポイント
クリスマスポイント
コボンウエストリッヂ
コタチャイピナクル(サンセット)

1本目ノースポイント
エントリーして直ぐにブラックフィンバラクーダを発見。
臆病だったためあんまり近寄らせてくれませんでした。

流れが緩やかだったので離れピナクルへ!!
大きなイソバナやウミウチワが群生しており、
その周りにはスカシテンジクダイやキンギョハナダイが乱舞。

帰りの途中にはナポレオンやイソマグロが泳いでいました。
浅場に戻るとカメ(タイマイ)が、がれ場に顔を突っ込み食事をしていました。

2本目クリスマスポイント
ここは地形が楽しいポイントで岩の間を通ったり穴を潜ったりします。
穴の天井を覗くと空気やガスで溜まったところがあり、
角度によっては鏡のように見える時があります。

地形で遊んだ後はスカンクアネモネフィッシュやアンダマンスィートリップス、
コラーレバタフライフィッシュなどの固有種を見てきました。

3本目コボンウエストリッヂ
まずはリッヂの先端を目指します!!

深場でキンセンフエダイの群れを撮影したり突っ込んだりして遊びました。
一番潮あたりがいいところでニザダイの仲間が集団で産卵をし、
その卵を食べようとアカモンガラが狙っていました。

エイブルズエンジェルフィッシュに化けるインディアンミミックサージョンフィッシュは
ずっとべったりエイブルズエンジェルフィッシュから離れることなく岩の間に出たり入ったりしていました。

4本目コタチャイピナクル
サンセットの時間になるとフュージュラーがピナクルにぎゅっと集まります。
昼間こんなにいたのか?と思うくらい群れます。

それを狙いにカスミアジやロウニンアジ、ヨコシマサワラがアタックをします。
群れが動くと『ボンッ』と大きな音がなります。

中層でじっくり観察をして上がりました。
明日は深場をせめてサメを探すぞ!!!

3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック(サンセット)

Mさん。300本記念!おめでとうございます!
300

1本目コタチャイピナクル
ピナクル周りには綺麗なソフトコーラルが広がります。

その直ぐそばにはキンセンフエダイが群れており、透明度もよかったので竜宮城のようでした。
流れに逆らって行くとロウニンアジやカスミアジ、インドカイワリがうろうろしてました。

浅いところにはサバヒーが群れを作り何かを狙っている様子。
サメを探して泳いでいましたが見つからず、、、
次は大物が出ますように。

taiga

2本目~4本目
今年は辰年なのでタイガーテールシーホースのリクエスト。
今回はラッキーで二匹同時に見ることができました。しかもカップル!!
熱々に二つはべったり体を寄せ合って幸せそうでした。

ニシキフウライウオは黄色個体と黒個体を発見。
おそらく周りの環境によって色が違うのかな???

昼間は群れているバラクーダは薄暗くなると単独でビュンビュン泳ぎ回りハンティング。
あの顔で近くに来ると迫力があります。

minami

顔にラインのあるトマトクマノミや小指サイズのミナミハコフグなどのアイドル達も健在です。

4日目
コボン・ピナクル
コボン・ウェストリッジ

500

Yさん!500本記念おめでとうございます!

最終日1本目はコボンピナクルで早朝ダイビングです。
少し暗さが残る深い青の世界へと潜降です。

このサイトは壁一面に黄色いソフトコーラルが群生しているのが特徴で、
エイブルズエンジェルフィッシュやイヤースポットブレニーを、
黄色の背景で撮影することが出来ます。

中層にはタカサゴが大集合。
その周りにはカスミアジやイソマグロが群れをなして、
朝ごはんを探していました。

ラスとダイブはコボン・ウェストリッジ。

スポッテドバタフライフィッシュや、
イヤースポットブレニーを見ながら西の先端へ進みます。

napo

ドクウツボやユカタハタが捕食モードでゴハンを探してウロウロ・・
小魚にゆっくり近づいては、バクッ!と行きますが、逃げられていました。
浅瀬ではナポレオンのメスも見ることが出来ました。

2012pawara

今回の新年クルーズは大物は出ませんでしたが、
最高の天気・透明度、穏やかなコンディションで素敵なトリップとなりました!
900本を迎えられたTさん。おめでとうございました!

報告/Masaru&yutaka(マサル・ブログはこちら
写真/お客様提供
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/07(土) 04:39:10|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2012.01.06 ダイビング日和コ・ボン

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/無し
流れ/無し
透明度上/25m
透明度下/20m

DSCF4035.jpg

そろそろお正月気分も終わりの今日この頃、デイトリップボートはコ・ボンにて2ダイブ。
天気は良いし、気持ち良い朝でした。
昨日よりもさらに海況は穏やかでボートは快調に到着。

当然ヤツを期待しながらエントリー。
クマザサハナムロの群れを横目にみながらゆっくりとリッジの先端へ。
ご一緒させていただいた皆様は今日が初日だったのでまずは固有種をと、コラーレバタフライフィッシュやインディアンバカボンドバタフライフィッシュなどチョウチョウウオ達や、イエローテールフェアリーバスレット、エーブルスエンジェルフィッシュなどなど。
リッジの先端まできても今日は流れも無く楽々でした。
写真に良さそうなアングルを探しながらいくと、点在するウミウチワの周りではまだアジなどに捕食されながらも少し残っているスカシテンジクダイやキンメモドキが群れています。その中にはユカタハタ。

浅瀬の棚に向かうとキンギョハナダイの群れに混じって活発に泳ぐハナダイギンポ達。
でもこの子達はやっぱり穴からちょこっと顔を出しているときが可愛いですね。

二本目では1本目とは反対側からのエントリー。
やはり360度に目を向けながら、再びリッジの方へ。
途中でキンセンフエダイの群れに遭遇。他のチームとちょうど囲むような形になったのでうまく固まってくれました。
他にもカブラヤスズメダイ、デバスズメダイの群れの中を気持ちよくながしました。

残念ながら今日はマンタは出ず。
しかし天気も良いし波も無い、勿論透明度も良。ゆったりとしたダイビングができました。

そして今回めでたく100本記念を迎えたゲストのCさん、おめでとうございます。
これからも素敵なダイビングライフを!

明日はリチリューロックです!

報告/RYO
写真/キンセンフエダイ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/01/06(金) 03:57:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.05 穏やかリチュリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m
透明度下/20m

Gost05JAN2012.jpg

今日はエリア人気No1ポイント、リチリューロック二本。
年末年始はちょっと風が強かったのですが今日は落ち着き、快適にボートも進みました。

水面から下を見ると透明度もまずまずで、フュージュラー達がびっしり群れています。
入ってみると流れもほどよくいい感じでした。
テンション上がりながら潜降していくとブラックフィンバラクーダの群れが目の前に登場。
数はさほどでもなかったですが間近までよれて写真も取り放題。
そのままピンポイント潜降で、人気者のタイガーテールシーホースへ。
見やすいところにいてくれたのでゲストの皆さんにスムーズ見ていただけました。
あちこちの岩の隙間ではミナミハコフグやクロハコフグの幼魚がチョコチョコと泳いでいました。

そして最近増えてきた感じなニシキフウライウオ。
いそうな場所をゆっくり注意深く探していくと今日もいました。
こちらも見やすい程良い大きさで写真の取りやすい固体でした。
しかし何度見ても不思議な魚です。うまく周りに擬態するものですね。
もう少しで見落とすところでした。

当然1本では足りないリチリューロック。
二本目では、フリソデエビ登場。
こちらもどしたらこんな色、柄になったのかといつも自然の造形美に感心していまいます。
その後はリクエストのあったトマトクマノミをじっくりと。
お花畑のように広がるソフトコーラル。その中にあるコロニーでは周りの背景と相まって凄く綺麗です。

他にも群れではキンセンフエダイやホソフエダイもいつもの所にいてくれました。
最後は岩壁でアンダマントリプルフィンなどを見ながら安全停止。
ゲストの皆さんもじっくりと潜れて満足していただけたようでした。

帰りのボートは港までちょうど1時間位。日帰りリチリューロック最高です。
明日はコボン、マンタに会えるかな?


報告/RYO
写真/ニシキフウライウオ(本日のお客様より)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/01/05(木) 09:46:16|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD