Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.03.31 コラボダイビング

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10~20m

最近のタオ島は、透明度もよく、水温も上がってきてまさにダイビングにぴったりのコンディション。
今日は、セイルロックに行ってきました。

ここ数日、ジンベエ目撃情報が多発しているセイルロック、透明度もばっちりとのことなので、
期待してLET'S GO DIVING!!!

潜降すると水底までばっちり見えます。
今年潜った中で一番のコンディションです。
こんなに透明度のいいセイルロックはいつぶりでしょうか??

ChebronHosohira31032012.jpg

まずは、離れにいくと出迎えてくれたのは、キンセンフエダイの群れ!
ゴールデンウォールが私達の進行方向を塞ぎます。
ブルーウォーターに黄色いお魚の群れ、色が映えてとてもきれいです。
しばらくじっくり写真を撮っていると、ちょうどキンセンフエダイとコラボするかのようにシェベロンバラクーダの群れが登場。
シルバーの体が太陽光にあたり、きらきら輝きとてもきれいでした。

Chebron31032012.jpg

離れの名物、ギンガメアジの群れも健在です。
少しせわしなく泳いでいましたが、またもシェベロンバラクーダとコラボってくれました。
今日は、シェベロンバラクーダの群れがすごかった。
その後もホソヒラアジの群れに遭遇すると「俺も撮ってくれ~」と言わんばかりにまたまたコラボ。
安全停止する前のツバメウオともコラボ。
一体、セイルロック周辺にどれだけのシェベロンバラクーダがいるのか?と思う程色んな所で見ることができました。

400本記念

今日、400本記念を迎えたゲストと共に記念撮影。
でも、ログ付けをしていると記念ダイブが1本早かったことが発覚。
前祝いだったってことでおめでとうございます!!

3本目は、シャークアイランドへ!
ここの目玉は、ツキチョウチョウウオの群れ。
若干、ばらついていましたが全部合わせると70匹程いました。
小さくてかわいいガラスハゼやヤスジチョウチョウウオの子供、まだまだシャークアイランドに大量発生中のブチウミウシを見て、
安全停止に入る前には、浅瀬にタイワンカマスの群れ!
今日1日で大量の魚をみました。

ただ、1つ心残りが・・・
ジン○エはどこにいったんだろうか??

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
4月8日(日)にはTAKESHIも所属するガイド会のイベント『ガイド会ライブ』が開催されます。世界中から集まる名物ガイド達がステージ上で大暴れします。爆笑必至!お申し込みはお早めに。
詳細はこちらをクリック

報告/IYO
写真/シェベロンバラクーダとホソヒラアジ、シェベロンバラクーダ、400本記念

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/31(土) 16:47:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.30 壁ダイブ。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/ 30~31℃
風/少々
流れ/なし
透明度/10~25m

今日も晴れ!そしてチュンポンの透明度、中層から上は25m!!

あ、下の方はまだサーモクラインが。。。
表層部の水温がどんどん上がってついに31℃を記録してるので、
いつまでたっても水底の水温が追いつかずサーモクラインが蔓延っているのです。。。

ま、そんなことはさておき、今日は壁ダイブ(マクロ探しダイブ)!!

背後に次々と迫り来る群れには目もくれず、
ひたすら壁に張り付いて「小さいモノはいねぇかぁ!?」とナマハゲ並みの形相で。。。
マクロ探しってどうしても眉間に皺が寄ります。
(僕の場合は普段から寄ってますけどね。。それは言わない約束で。)

ヒブサミノウミウシが大発生していたり、
Goniodoridella sp.、カメキオトメウミウシ、キイボキヌハダウミウシなど、
今日はTheウミウシEye!!炸裂でした。(笑)

Gonidoridella-sp-30032012.jpg

Kamekiotomeumiushi-sp-30032012.jpg

Goniodoridella sp.やカメキオトメウミウシはどちらも超小さくて、、、要ルーペです。。
あ、僕いっぱい持ってるので、借りたい人は言ってくださいね。。

そしてワヌケヤッコの幼魚も登場!
3cmくらいの可愛い個体で、ちょこまかと泳ぐ姿がたまりません!

Wanuke30032012.jpg

天気は良いし透明度も上がって来たしワイドもマクロも充実してきました!
あとは水温が上がり過ぎません様に!と祈るばかり。
来月のソンクラーン(タイ正月、水掛祭り)に向けて、ヒートアップ中です!


~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
4月8日(日)にはTAKESHIも所属するガイド会のイベント『ガイド会ライブ』が開催されます。世界中から集まる名物ガイド達がステージ上で大暴れします。爆笑必至!お申し込みはお早めに。
詳細はこちらをクリック

報告/KOKI
写真/Goniodoridella sp.、カメキオトメウミウシ、ワヌケヤッコ幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/30(金) 04:19:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.29 タオで続々NEWダイバー誕生

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/10m

絶好の天気!タオ島よりマサルが報告します。
カオラック店・日本・バンコクオフィスにいましたので、
約5ヶ月ぶりにタオの海ログを書いています。

さて、今朝はオープンウォーター講習のダイブ3-4。
最近は講習も多く、この1週間で9名のNEWダイバーが誕生しています。

早朝、バンザイ号が目指すのはチュンポンピナクル。
群れがすごい大人気サイトにて講習をする生徒さんは幸せです。
人生初めての外洋ダイビング。ロープ沿いに潜降していくとそこはお魚の町。

10匹ほどのツムブリが縦横無尽に走り回り、
大きめのコガネアジは集団でグループハンティングの真っ最中。
無表情でモグモグと口を動かしています。

masaru-oniaji

潮当たりへと移動すると大きなピックハンドルバラクーダの群れ。
中層には「どれだけ一杯いるんだ!?」という程のオニアジ群れ。
警戒心ゼロのツバメウオがマスクの目の前を通り抜けます。

「昨日のダイビングの100倍はお魚がいますね!!」
講習中のYさんの言葉が印象的でした。

2本目はホワイトロック。
水中でマスク脱着やコンパスなどの練習をしてスキル練習は修了。
その後はファンダイブのように、サイトの魅力を楽しむことができました。

岩の下にはアオマダラエイ。
もう1匹のアオマダラエイがやって来て、2匹でどこかへ消えていきました。

中性浮力もばっちり! スイスイと水中を泳いでいくと、
宝石箱をひっくり返したような青いソラスズメダイのコロニー。
初めてみるウミウシにも興味深々でした。

お店へ帰ってきてライセンスカードを片手にアイスティーで乾杯!
今日も新しいダイバーが誕生しました。
これからも世界の海を潜ってもらいたいと思います!

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
4月8日(日)にはTAKESHIも所属するガイド会のイベント『ガイド会ライブ』が開催されます。世界中から集まる名物ガイド達がステージ上で大暴れします。爆笑必至!お申し込みはお早めに。
詳細はこちらをクリック

報告/Masaru (マサル・ブログはこちら
写真/オニアジ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/29(木) 01:15:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3,23-3,27. PAWARA第28回トリップ報告

3月24日

1本目ウエストオブエデン
2本目アニターズリーフ
3本目エレファントヘッドロック。
4本目タートルロック

スタートはウエストオブエデンから。
エントリー直後からカスミアジやロウニンアジの捕食シーンに遭遇。
深場では人気者ハナヒゲウツボをチェック。
アフターダイブは島に上陸して楽しみました。
bigbluelog_MG_9305b.jpg
二本目は癒しポイント・アニターズリーフ。
浅場のサンゴの棚を抜けていくと美しい砂地が広がります。
bigblue_umilog_MG_9469b.jpg
ピンクのイソギンチャク&クマノミ、クダゴンベなど点在するサンゴの根をじっくり見ていると時間が足りないくらい。
ナイトロックスタンクがお勧めです。

ダイナミックな岩が大迫力なエレファントヘッドロック
まずはインド洋のクジャクベラ、マッコスカーズフラッシャーラス。
今日も全開でフラッシングしていました。
マッコスカーズ2
潮あたりのいいところではイエローバック、クマザサハナムロなどのフュージュラーが群れ群れ。
カスミアジにニジョウサバ、最後は極太のオニカマスと今日一番の魚影でした。

最後はタートルロックでサンセットダイブ。
この時間帯は昼間活発に動いていた魚達が岩場や岸辺近くに集まってくる時間帯、帰宅ラッシュです。
クマノミたちもイソギンチャクにくるまれて、おやすみなさい

3月25日
1本目ノースポイント
2本目コ・ボン
3本目コ・タチャイ
4本目コ・タチャイ

岩場からゆっくり沖側へいくとやはりクマザサハナムロなど各種フュージュラーがいっぱい。
そこへ、いかつい顔したイソマグロが間近に。
岩の隙間では固有種のアンダマンスイートリップス。
アオウミガメ

コボンはやはりマンタを期待しつつリッジへ。
周辺に気を配りながら岩場ではイヤースポットブレ二ー、ルポックスブレ二ーやハナダイギンポなどの可愛い姿を見ながらマンタ待ち。
リッジの周りではカスミアジなどがフュージュラー達を狙ってハンティング。
粘ってみましたがマンタは出ず。
最終日に期待です。

三本目とサンセットダイブ2本はコタチャイ。
ちょっと濁ってましたが、流れは思ったよりは強くなく頑張って潮表へ。
各種フュージュラーがぐっちゃり。その周りにカスミアジやロウニンアジがウロウロ。
外側ではピックバラクーダの群れ。
サンセットダイブではマテアジの集団が迫力ある捕食シーンを見せてくれました。

3月26日
1本目コ・タチャイ
2本目リチリューロック
3本目リチリューロック
4本目リチリューロック
朝一のコタチャイからスタート。
昨日よりも透明度も少しアップしてます。
レオパード
流れに向かって根の外側ではバラクーダの群れが登場。
上を見上げるとクマザサハナムロやイエローダッシュフュージュラーがびっしり。
さらに昨日にもましてカスミアジやロウニンアジ、マテアジが追っかけまわしていました。
360度魚に囲まれた状態です。
最後にクマチームからサメサイン。
ここの本命レオパードシャーク登場。

二本目からの三本はエリア人気NO1ポイント、リチリューロック。
ここは水底まで良く見える透明度。
フリソデエビ
最初は定番タイガーテールシーホース、トマトクマノミ、フリソデエビなどをじっくりと。
bigbluelogIMG_5136b.jpg
流れが出てきた三本目は群れを求めて潮表へ。
各種フュージュラやブラックフィンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダ、キンセンフエダイ、オニアジなど群れがいっぱい
サンセットでは魚たちがさらに根によってきて、濃厚な魚影でした。

3月27日
コ・ボン二本

マンタを期待してトリップ中、最後のチャンス。
一本目はピナクルからエントリー、二本目はリッジからと粘ってみましたが出ず残念。

bigblue_MG_9829.jpg


今回のパワラトリップもお天気にも海況にも恵まれ、クマさん率いる三陸ボランティアダイバーズの皆さんやリピーターさん達で賑やかなトリップとなりました
ご乗船いただいた皆様ありがとうございました。

写真/お客様から頂きました。

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック


  1. 2012/03/27(火) 07:49:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.26 祝!OWダイバー誕生!!

ロケーション/タオ島
天候/雨のち晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10~15m

集合写真

出航前には雷&大雨が降りましたが、出航と共に雨が上がり晴れ間が見えてきました。

今日は、オープンウォーター講習、最後の日。
まずは、チュンポンピナクルに行ってきました。
エントリーと共に水底までしっかり見えます。
以前まで、深場はくっきりとサーモクラインがかかっていましたが、今は透明度抜群で水中にいるだけでも十分楽しめます。

そして、チュンポンといえば群れ!
中層には、オニアジの群れがジグザグ方向に泳ぎながらダイビングの始まりを盛り上げてくれます。
ユメウメイロやイエローバンドフュージュラーを追いかけるようにツブムリやコガネアジが団体でアタックしています。
数は、少なかったですが、ツバメウオも岩の上で気持ちよさそうにクリーニングされていたのでゆっくり見ることができました。

2本目は、ツインズへ!
ボートの上から水底が見えるほど透明度も良し!
まずは、砂地でスキル練習をします。

いつも講習をしていると見学に来てくれるヤシャベラやレッドマージンシュリンプゴビーとテッポウエビの共生シーンを見ていると
水底でだるそうにぐったりしているモヨウフグを発見。
近づいてもなかなか逃げないので、生徒さんとじりじり近寄って観察。
後半は、ボイヤンシーワールドに行って少し遊びながら記念撮影。
カメラを向けると色んなポーズをとってすごく楽しそうでした。

明日からのAOW講習も楽しんで行きましょう☆

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/IYO
写真/集合写真

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/26(月) 00:57:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.24 手強いからこそ燃える・・・!?

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 28℃
風/無し
流れ/なし
透明度/10~20m

プラウェーラスは動きがとんでもなく早く、かつ鰭が開いている時に撮ってなんぼという魚なので、難易度がかなり高い被写体です。
でも、だからこそ燃えるのです・・・

第一背鰭第一棘を立てて腹鰭を半開にした状態で、猛烈な勢いで泳ぎさるプラウェーラスの行動の意味は何だろうか?

そんなシーンを7Dに100mmマクロレンズを付けたマシンでシューティング・・・
すると、たまたま後ろでマッコスカーズフラッシャーラスも鰭全開でディスプレイしているのが写りました。
(ピンぼけやけど・・・)

べラ二種

別種を1枚の写真に載せて撮るっていうのも難易度が高くて面白い!

と言う訳でさらに粘ってみまたところ、プラウェーラスとブルーノーズラスとマッコスカーズフラッシャーラスが1枚に載っかりました!
(マッコスカーズはあっち向いちゃってるけど・・・)

べラ三種

今度は三種の全部の鰭が開いている1枚の写真を撮ってみたいっ!
ホンソメワケベラのクリーニングステーションで待ってたら・・・
あると思います!

そんな楽しいべラゾーンに行ってみたいマニアックな人は遠慮なくリクエスト下さいませ。笑

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
4月8日(日)にはTAKESHIも所属するガイド会のイベント『ガイド会ライブ』が開催されます。世界中から集まる名物ガイド達がステージ上で大暴れします。爆笑必至!お申し込みはお早めに。
詳細はこちらをクリック

報告/TAKESHI
写真/インディアンフレームバスレット
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/24(土) 22:03:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.3.24 タオ島、天気最高!透明度上昇中!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼなし
透明度/5~20m

Mijin20120324.jpg

タオ島、本格的に透明度が上がってきました!

今日は午後からシャークアイランドとアオルークの2ダイブ。

まずシャークでは潜降直後から怒濤のシェベロンバラクーダの群れ!
すっかり青くなった水の中をそれはそれは大きなウネリとなって
僕らの前を優雅に泳いでくれました。

この巨大な群れが旋回するとさらに見応え抜群!
マクロ派ダイバーも息を飲む程の迫力です!!

合間にツキチョウチョウウオの群れやマテアジの群れ、
そして中層にはスマの群れも登場し、思いがけずワイドな1ダイブでした。

続いてのアオルークは僕自身今シーズン初潜り。
水面休息する船上からも水底がはっきりくっきり!
気持ち良過ぎて休息せずにボートの2階から飛び込み大会も開催!

いざ、潜ってみると、今シーズン一番の透明度。
浅い砂地のダイブサイトですが、20mくらいは優に見える感じ。
これまで透明度がイマイチな中で潜り続けたガイド陣にとっては、
20mが100mにも感じられ、もうどこをどう泳いでも余裕!

まずは近場のエビカニハゼエリアを散策し、
その後はググッと遠回りで泳ぎまくりました。

点在するトウアカクマノミのコロニーを廻ったり、
ミナミウシノシタやハチマキダテハゼなんかも観察しました。

道中落ちていたペットボトルには黄色い影が。
そう、ダイバーのアイドル、ミジンベニハゼです!

僕らが覗いた場所では2個体が仲良くボトルの口から出入りして、
それはそれは可愛い姿を披露してくれました。

まだ小さ目の若い個体だったので、今後の成長に期待です。

やっとハイシーズンらしい透明度になってきたタオ島。
まだ深場にはサーモクラインが残っていますが、
これも日ごとに下へ下へと下がっているみたい。

こうなるとワイドもマクロもすこぶる気持ち良い~!!
明日のダイビングが待ち遠しい!!
そんな今日この頃のタオ島です。


~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/KOKI
写真/ミジンベニハゼ

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/24(土) 08:17:43|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.18-3.22 PAWARA第27回トリップ報告

3月19日
1本目:ウエストオブエデン
2本目:アニータズリーフ
3本目:エレファントヘッドロック
4本目:ドナルドダックベイ

1本目ウエストオブエデン
やや流れがあったのでハナダイが必死に泳いでいましたが、
インディアンフレームフェアリーバスレットとキンギョハナダイのオスはヒレを広げてメスにアピールをしまくりでした。
ブラックピラミッドバタフライフィッシュはいつもよりぎゅっとまとまり見応えがありました。
一番大きい岩の先端にはフュージュラーが群れそこへカスミアジ、ロウニンアジが回遊していました。

DPP_8957.jpg

2本目アニータズリーフ
ボミーと言っている一番ソフトコーラルが綺麗な岩。
ウミトサカ、イソバナなどいろんなサンゴが付いています。
その周りにはクダゴンベ、スカシテンジクダイ、キンギョハナダイ、ヤマブキスズメダイの幼魚が乱舞。
守護神のユカタハタとクロハタはスカシテンジクダイを狙ってくる魚たちを何度も追い出していました。
浅い水深には水色が綺麗なデバスズメダイ、クジャクスズメダイなどがいます。
浅いと強い光が射し込むのでいろんな魚達がとても美しいです。

水面休息中にシミラン諸島に上陸して撮影大会!

DPP_8948.jpg

ファイト~、一発!!!!笑

DPP_8950.jpg

3本目エレファントヘッドロック
まずは記念撮影スポットで一人ひとり写真を撮り、
クジャクベラ畑へ行って求愛行動やオス同士のケンカなど魚の人間関係みたいな行動を見ました。
丸ビルに潮が当たりその回りには半端のない数のフュージュラーが群れていました。
そこへイソマグロ、サバヒー、ロウニンアジ、カスミアジなどがハンティングしていました。

4本目ドナルドダックベイ(ナイト)
アンダマンスィートリップスは寝ぼけて何度も岩などにぶつかっていましたが熟睡で僕らが近づいても何も反応がなかったです。
サンゴの間にコクテンフグがすっぽりはまり心地良さそうに寝ていました。
他にはエビ、カニなどの甲殻類を見て上がりました。

3月20日
1本目:ノースポイント
2本目:コボンピナクル
3本目:コボンウェストリッヂ
4本目:コタチャイピナクル

1本目は、シミラン諸島最北端のノースポイント。
水面水中ともに流れが無くエリア最大級のウミウチワが群生している隠れ根へ行ってきました。
まずは、大きさを比較するために記念撮影!

DPP_8947.jpg

浅場ではタイマイと一緒に泳ぐ事が出来ました。

DPP_8951.jpg

2本目は、コボンピナクル
少し流れがありブイ潜降!ピナクルまで頑張って泳いで行く途中に100匹以上のカスミアジがタカサゴに向かって泳いでいました。

流れがあったので岩場につかまり回遊魚を眺めていたら後ろから大きなオニイトマキエイが向かってきました。
ピナクルの周りをのんびり優雅に泳ぎ約30分一緒に泳ぐ事ができ色々な角度から撮影する事が出来ました!

DPP_8954.jpg

2本目は、コボンウエストリッヂ
マンタを狙います!ゆっくりリッジまで泳いで行って岩につかまってマンタ待ち。ハナダイギンポやワヌケヤッコなどを観察しながら待ってみたが、今回は現れず。

3本目は、コタチャイピナクル

DPP_8953.jpg

夕陽を横目にサンセットダイブ!
水中は、程よく流れていてロープを掴みながら潜降
周りを見渡すと、タカサゴの群れの中には、カスミアジがグルグルと泳いでいました。
恥ずかしそうにちょこんと顔を出しているイヤースポットブレニー。
楽しいサンセットダイブになりました。

3月21日
1本目:タチャイピナクル
2本目:リチェリューロック
3本目:リチェリューロック
4本目:リチェリューロック

1本目タチャイピナクル

DPP_8963.jpg

水面はやや流れていましたが、水中に入ると程好い流れだったので
潜降してから潮あたりのいい所へ。
中層には大きなヨコシマサワラやロウニンアジ、カスミアジが回遊しています。
沖にゆっくり泳いでいると後ろからレオパードの登場です。
長い尾鰭を左右に動かしながら泳ぐ姿は本当に格好いいです。
2,3度僕らの前を通った後深場へ逃げていきました。

2本目~4本目リチェリューロック

DPP_8965.jpg

大海原にポツンとあるリチェリューロックは本当に魚影が濃い!!
岩の回りには美しいウミトサカが群生します。
海は青、ウミトサカは赤、黄色のキンセンフエダイが群れると色具合が凄くきれいです。
いろんな魚がいますが、今回は固有種攻め。
インディアントビーに化けるアンダマンミミックファイルや
ガンガゼの中にひっそり隠れているアンダマンウバウオ。
岩肌で産卵するアンダマントリプルフィンなどなど。
安全停止中にはモブラ(ヒメイトマキエイ)の登場があり、
定番アイドルから大物まで見られみんな満足でした。

水中でバースデイダイブをお祝い!!!

DPP_8960.jpg

毎晩宴会で大盛り上がり

DPP_8962.jpg

3月22日
1本目:コボンウエストリッヂ
2本目:ボンスーンレック

1本目は、コボンウエストリッヂ
程よい流れ、肌にはプランクトンも感じます。
期待にドキドキしながらリッヂの先端に向かい、
リッヂの先端でマンタ待ち。

DPP_8959.jpg

イケカツオなどの捕食シーンを眺めていてゆっくりと湾の中に戻ると、下からヤツ現れました!!!!
真っ黒のブラックマンタ!!!

2本目は、ボンスーンレック
ヒトズラハリセンボンが6匹がブイラインの周りをグルグル泳いていました。
ミナミギンガメアジ・キンセンフエダイ・ヨスジフエダイ・カマス・ホソヒラアジの群れをかき分ける様に泳いで行くと、
固有種のセバエアネモネフィッシュ・砂地に生息するジョーフィッシュやオラウータンクラブなどを観察して安全停止。

syugo_20120322153105.jpg

今回のトリップはバースデイダイブ・大物・群れ・マクロ・生態観察と盛りだくさんの内容となりました。
次回の海ログもお楽しみのに!!!!!

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/Yutaka & Hiroaki
写真/本日のお客様からいただきました。 

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/22(木) 23:18:36|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2012.03.22 セイルロックに行ってきました!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/5~15m

今日は、フルデイトリップに行ってきました。
最近、気温と水温が上がってきたタオ島、ダイビングは心地よくできてありがたいのですが、
サーモクラインがくっきりとはいっています。
セイルロックの透明度はどんな感じかな~とドキドキしながら出航!

潜降してみると水が澄んでいます。
少しずつ透明度が上がっているのでこのまま続くか!?と期待しましたが、下の方はガッカリ・・・
でも、浅い所にたくさん魚が群れていたので無問題でした。

ホソヒラアジ

久しぶりのセイルロックで数が増えたなと感じたのがホソヒラアジの群れ。
前回潜ったときより数倍増えており、巨大な群れになって岩を覆いかくしていました。
群れの中に入って360°囲まれて満喫。
浅い所にいたので光も差し込んできらきら輝ききれいでした。

離れに行ってみるとセイルロックで定番のギンガメアジもたくさん群れています。
少しせわしなく泳いでおり、いきなり水底から上がってきた時には少し驚きました。
近くには、ピックハンドルバラクーダが群れていたり、中層にいる魚を捕食しに
大きなオオクチイケカツオやヨコシマサワラ、コガネアジがびゅんびゅんアタックしていました。

そして、ツバメウオの群れも戻ってきていました。
300匹くらいいるのではないか!?と思う程巨大な群れが、浅瀬にいました。
ただ、写真を撮ろうと近づいていくと沖の方にいってしまうシャイな群れでした。
もっと近くで姿を見たかったな・・・。

記念ダイブ

3本目は、サウスウエストピナクルへ!
ここも上の方は、きれいでした。
今日の目玉は、シェベロンバラクーダの群れ!
メインの岩の周りをぐるぐる回っていました。他の魚を探しながらどこに行っても出会うことができました。
今日、1000本記念を迎えたゲストNさんもシェベロンバラクーダと記念撮影。
おめでとうございます♪


~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/IYO
写真/お客さんからいただきました 
  1. 2012/03/22(木) 04:52:04|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.22 リチユーロックでアドバンスコース。

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 28℃
風/無し
流れ/なし
透明度/10~20m
フリソデエビ

クマさん率いる三陸ボランティアダイバーズのメンバーの皆さんで賑わってきているカオラックです。
今日は大本命ポイントリチリューロック。
今朝は予報よりも波は穏やかで楽々到着。
本日担当させていただいたお客様はアドバンス講習ダイブ。
リチリューロックでディープ講習です。
ボート上で説明の後、いざ水中へ。
タイドテーブル通り流れもほぼ無く透明度も良いかんじです。
早速現れたブラックフィンバラークーダを横目に見ながらまずは水深30m近くまで。
サックっと圧力の実験や窒素酔いチェックを済ませたら、直ぐ側でタイガーテールホース。
今日はちょっとうつむきぎみ。
固有種トマトクマノミのコロニーを眺めていると、直ぐ真上でカスミアジたちの猛烈なアタックが始まりました。
アジが突っ込むたびに逃げ惑うフュージュラー達が目の前にいっぱいに。
浅場でとても見やすいところにいるフリソデエビ。
今日も定位置でムシャムシャとヒトデを食べている様子でした。

明日はコ・ボンです。


報告/RYO
写真/フリソデエビ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/03/22(木) 03:37:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.22水も暖かくて、いいかんじです。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/5~15m

アドバンスチームはチュンポンピナクル、ホワイトロック、サイリービーチに行ってきました。

チュンポンは、「上はすごいきれいだけど、サーモクラインの下がものすごい濁っている。。」
状態が続いています。
でも今日はアドバンスディープ講習なので、どんどん深度を下げていきました。

濁っているけど魚はすごい!
キンセンフエダイはものすごい群れ。
その中にヤイトハタが今日も動きません。

深度を上げていくと、水がきれいになったところに、ピックハンドルバラクーダの群れ!
オニアジの群れ!
イエローバンドフュージラーもすごい!

sujiaras.jpg

2本目、ホワイトロックはきれいです。
今の旬はキビナゴの群れ。
そこにマテアジ、コガネアジが突っ込んでいます。
初カメラの生徒さんは、はぐれそうになるくらい夢中で写真を撮っていました。
スジアラの大きい個体が何匹も中層を泳いでいました。

3本目はサイリー。

珊瑚の上をのーんびり。
砂地の上ものーんびり。

nanyous.jpg

また最近増えてきたナンヨウツバメウオの若魚。
ツバメウオのかなり小さい個体も現れました。

touakatos.jpg

トウアカクマノミで記念撮影。

上がってきて、
「オレ、ここけっこう好きっすわ。」

こういう言葉がうれしいですね。

報告/ASUKA
写真/生徒さんの初水中写真他


~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック


  1. 2012/03/22(木) 02:10:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.21 タオ島、透明度回復傾向です。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/ 29℃
風/少し
流れ/なし
透明度/8~12m

ChebronBaracuda_20120321235709.jpg

タオ島周辺海域、ようやく透明度回復の兆しが見えてきました。

そしてシェベロンバラクーダがあちこちのダイブサイトで群れまくり!
裕に1000を超える個体数で水中を所狭しと泳ぐ姿が圧巻なのです。

今日はラムティエンベイで遭遇しました。

潜降してみると思いのほか、視界が明るくて一安心。
そう思った直後、前方に黒い影が。もしや、濁りか!?はたまた群れか!?

半信半疑に近付いてみると、後者の方でした!(喜)

水底から水面近くまでビッシリと、幅も視界の限りガッツリと!
これは絶対に1,000匹超えだわ!とほくそ笑みながら、
みんなでじっくり観察&撮影会。
僕らの目の前を何度も行き来する大群に、
マクロダイブの予定だったことをすっかり忘れていました。

午前の外洋ポイントも昨日より水がきれいになってきたし、
もちろん群れ群れ攻撃は健在。

明日はセイルロック!!どうか透明度と魚影に恵まれます様に!!


~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/21(水) 08:00:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.19 大物運ってあるんですね

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 28℃
風/無し
流れ/なし
透明度/10~20m

今日は大物狙いポイント、コタチャイとコボンへ行ってきました。
狙いはマンタとレオパードシャーク、そしてあわよくばジン○エ!?

今日のゲストは自称マンタ運有り!という強者。これまでにもマンタポイントでは外した事が無いのはもちろん、マンタが出ないと言われるところでもマンタが出ると言う実績有り。これはコボンで出ない訳がない。

そして・・・やっぱり出ました!出まくりました!!
体長4~5mのオニイトマキエイが2個体、ロウニンアジを引き連れて泳いでいました。

manta_hiroki

大物運ってあるんですよね~。その逆も・・・!?笑

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/TAKESHI
写真/マンタ(オニイトマキエイ)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/19(月) 09:48:52|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.3.19 背景も大事!!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/5~10m

朝から曇りがちで時より雨が降ったりとすっきりしないタオ島です。
午後からゲスト一名様とマンツーマンダイビングに行ってきました。

1本目は、ジャパニーズガーデン

サンゴ地帯を楽しんできました。
幻想的な景色が広がるハナガササンゴ、光が差し込むとすごくキレイです。
今日は、残念ながら光の差込みがいまいちででしたがダイビングに途中から光が差し込み、
ぱっと周りが明るくなりました。

クサビライシ地帯を覆うようにヤノリボンスズメダイやモンツキスズメダイが沢山。

キャベツのような形のキャベッジコーラル地帯。
無数の数が広がります。

ヒブサミノ

壷のような形のカイメンをのぞくとヒブサミノウミウシがいました。
カイメンの中は、かわいらしいピンク色。
ヒブサミノウミウシ自体もキレイですが、背景の色も大切でいい柄となりました。

2本目は、ツインズ

まずは、ギンガハゼ。
黄色と黒色のペア、2匹の様子がじっくり観察できるまで寄ることができます。

ギンガハゼ

トウアカクマノミのいるサークルの中にも黄色と黒色ペアのギンガハゼがいます。
トウアカクマノミが背景となって写真がとれたら面白い!
ゲストにリクエストしちゃいました。。

ツインズは私の中でですが、今とっても面白いところ☆
なぜならそれは、シュリンプワールド!!

IMG_3047.jpg

岩の下にいる、魚をクリーニング中のソリハシコモンエビや光を当てると赤くキレイにうつるスザクサラサエビ、
他にもたオシャレカクレエビを見ることができます。

針金のように細い、クリーナーパイプフィッシュの親子もいますよ。
子供は、極細です。

岩の下でじっくり動かずそれらを観察。

そこを通りすぎた周りのダイバーはきっと首を傾げているのでは??

まったりのんびりした午後のダイビングでした♪

報告/EMIKO
写真/本日のお客様からいただきました。

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック



タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/19(月) 03:23:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.19 NEWダイバー誕生!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/5~15m

オニアジ

最近、連日オープンウォーター講習が開催されているタオ島。
大学生達が春休みを利用してたくさん遊びに来てくれています。

学科、テスト、プールでのスキル練習、海洋実習を順調にこなして、今日は講習最終日。
1本目はチュンポンピナクルに行ってきました。

水面はすごくきれいだな~と思いながら潜降していくと、
あれ?あれれれれ?????
どんどん濁っていきます。メインの岩の上にたどりついた時には水面の透明度が嘘かのように濁っていました。

うまく中性浮力をとって泳ぎながら魚を探していきます。
濁っていてもさすが、チュンポンピナクル。
魚はめちゃめちゃたくさんいます。

シェベロンバラクーダが岩の上をグルグル回っていたので至近距離でじっくり観察。
生徒さん達は、初めて見る魚だったので、目をきらきら輝かせながらゆっくり群れを堪能。
ツバメウオもしっかりまとまってくれていたので、見応えがありました。
ブイに帰ろうとするとなにやら大きな影が近づいてきます。
ピックハンドルバラクーダの群れでした。
ギラギラした目といかつい牙に少し生徒さん達もビックリしていました。

安全停止のために少しずつ深度を上げていくと、オニアジがビュンビュン泳いでいます。
中層にいるユメウメイロやササムロを見ながら安全停止。

2本目は、ホワイトロックへ!
まずは、砂地でコンパス往復ナビゲーションの練習をしました。
あれ?こっちであってるっけ?こっちの方角だよね?とバディ同士進行方向を確認しながら泳いでいきます。
スキルが終わったら、後は水中を楽しみだけ!
ツキチョウチョウウオやワヌケヤッコを見たり、色が鮮やかでとてもきれいなクリスマスツリーワームと一緒に写真を撮ったりして遊びました。

集合写真

おめでとう!!NEWオープンウォーターダイバー誕生☆
これからも色んな所でたくさん潜ってね~~~


~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/IYO
写真/オニアジ、OW講習生 

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/19(月) 02:14:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.18 全開でいきたいんですけど・・・

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 28℃
風/無し
流れ/なし
透明度/10~20m

相変わらずの晴れ&ベタ凪の海をかっ飛ばし、シミラン諸島へ行ってきました。
今日の8番の島はハイシーズンにしては珍しく人が少なくて気持ち良かったです。

今日は日本人ゲストで賑わっていて満員御礼だったのですが、ガイドはスタッフに任せて僕はカメラを持って撮影目的で潜りました。

狙いはプラウェーラス。べラ同士の威嚇などのディスプレイで他の個体と一緒にヒレ全開のところを撮りたかったのですが、残念ながら今日は激しく開いてはくれないコンディションなのでした・・・。いつもガイドしている時(カメラを持っていない)は数個体でガンガン開きまくるのに・・・。それでも粘っていると何とか1回ヒレを開いてくれたのですが角度が悪く正面カット・・・泣

プラウェーラス

くっそ~、懲りずにまたリベンジし、今シーズンが終わるまでには納得のいく写真を撮るのだ~っ!

気を取り直して浅場でアカネハナゴイのインド洋バージョンであるインディアンフレームバスレットを狙いました。やっぱりハナダイの方がイトヒキべラよりも簡単。あっさりばっちりヒレも口も全開の写真が撮れたのでした。

インディアンフレームバスレット

と言う訳で、これからも難易度の高い被写体に挑戦し続けるのです。チャレンジしたい物好きなゲストはリクエスト下さいませ~w

~お知らせ~

4月7日(土)に恒例のビッグブルーの東京オフ会を開催します。スライドショー、三陸ボランティアダイバーズ(くまちゃん)からの報告、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。
詳細はこちらをクリック

報告/TAKESHI
写真/インディアンフレームバスレット
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/18(日) 05:05:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.03.17 満員御礼リチリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/ほど良く
透明度/15~20m


ディトリップボートは人気ポイントリチリューロックとういことで今日もおかげさまで満員御礼です。
人気の秘密は群れありマクロあり、そして時には大物もやってくるマルチポイント。

到着してみると、クルーズ船が何艘かいましたがエントリーするタイミングが良く海の中は空いていました。
今日のお客様は初日ということで、まずは定番どころを。
ポリプ全開のソフトコーラルに囲まれたトマトクマノミは今日も元気。
トマトアネモネフィッシュ
他にもフリソデエビやタイガーテールシーホースなどレギュラーたちをご紹介。
マツカサウオ幼魚
このところすっといるマツカサウオの幼魚も。
ブラックフィンバラクーダ
潮あたりのいいところでは各種フュージュラーたちが上から降ってくるかのように。
さらに今日も、ピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダの優雅な群れも間近に。

今日のお客様は皆さんナイトロックスの使用で余裕がありじっくりと楽しんでいただけました。
アンダマン海で潜るならナイトロックスタンク是非お勧めです。

明日はシミランです。

報告/RYO
写真/本日のお客様より

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/03/17(土) 03:56:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.13-3.18 PAWARA第26回トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼ無し
流れ/場所によりあり
透明度/10~25m

3月14日
1本目:ウエストオブエデン
2本目:アニータズリーフ
3本目:エレファントヘッドロック
4本目:ドナルドダックベイ

1本目ウエストオブエデン
シミランの西側にあるダイブサイト。
所々に大きい岩がありその岩にはソフトコーラルが群生しています。
今回初めてインド洋で潜るお客様が多かったので、固有種を。
鮮やかな色があるパウダーブルーサージョンフィッシュ最初はペアーだったのが
どんどん集まって最終的に群れを作っていました。
ソフトコーラルの周りにはインディアンフレームバスレット、エバンスアンティアス、キンギョハナダイが群れていました。

2本目アニータズリーフ
真っ白な砂地からチンアナゴとスパゲッティガーデンイールが首を伸ばし、
流れてくるご飯をパクパク食べていました。
ヤノダテハゼのインド洋のオーロラパートナーゴビーは綺麗なコトブキテッポウエビと共生しています。
ピンク色のイソギンチャクと共生するクマノミは
kumanomi.jpg
こちらを伺いながらイソギンチャクの周りを泳いでいました。

3本目エレファントヘッドロック
シミランの中で1番を争う地形で人気のダイブサイト。
岩の間を通るチャネルは光のカーテンが入り美しいです。
チャネルの抜けた後は記念撮影スポット。
定番のクジャクベラ、アケボノハゼを見た後はスイムスルーを楽しみました。
SIMILAN1.jpg
バランシングロックがでかいので人が凄く小さい

4本目ドナルドダックベイ(ナイト)
ナイトはライトの光だけで見るので、昼間でみる魚より綺麗に見られます。
真っ赤になるクマザサハナムロやサンゴの間にすっぽりはまっているブダイなど。
budai.jpg
ゴマモンガラが口を空けたままポカーン寝ている姿が少し怖いです。
夜光虫など見て上がりました。

3月15日
1本目:ノースポイント
2本目:コボンウエストリッヂ
3本目:タチャイピナクル
4本目:タチャイピナクル

1本目ノースポイント
砂とがれが入り混じった水底にはヤッコエイが隠れます。
ここでもスイムスルーやチャネルなどがいくつかあり地形が楽しいです。
ワヌケヤッコやアデヤッコなど日本で珍しいキンチャクダイの仲間の登場。
adeyakko.jpg
浅瀬に戻ると高確率でカメが出てきます。
今回は1回呼吸する為に水面まで行きましたが直ぐにボクら前を優雅に泳いでくれました。
kame_20120317150341.jpg

2本目コボンウエストリッヂ
入った途端激流に流されあっという間にリッヂに。
岩を持って体を支えるのが精一杯・・・
20分ほどマンタを待ちましたが現れず。
あきらめて固有種のインディアンミミックサージョンフィッシュとエイブルズエンジェルフィッシュの違いを見比べたり
ハマサンゴに大量のスカシテンジクダイが居ついているところなどを観察して安全停止へ。
manta2_20120317150214.jpg

全員のダイブコンピューターが安全停止サインが終ったときにマンタが登場!!
本当にびっくりしました。僕らの前をグルグル回ってから去っていきました。
manta_20120317150214.jpg
マンタが見られたので記念撮影

3、4本目タチャイピナクル
やや流れていましたが潮の上手に行くと、
フュージュラーが大群を作りそれを目掛けてカスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロがアタック。
大迫力のシーンを見ることができました。
少し移動したところに1000匹くらいブラックフィンバラクーダが群れ、
写真にしても入りきらないです。
所々でギンガメアジのペアーが見られました。
サンセットではまたマンタの登場もあり大物づくしでした。

3月16日
1本目:タチャイピナクル
2本目:リチェリューロック
3本目:リチェリューロック
4本目:リチェリューロック

1本目タチャイピナクル
朝日を見てからエントリー!!
asahi_20120317150339.jpg
水中は程好い流れでピナクルに魚が集まります。
竜宮城に行くとスカシテンジクダイ、バナナフュージュラーの子、イワシなどが居ついてます。
ソフトコーラルだけでも綺麗なのに小魚まで群れると美しさ倍増!!
沖合いにはクマザサハナムロ、イエローバック、イエローダッシュ、ジャイアントフュージュラーが群れの壁を作ります。
インドカイワリ、ロウニンアジ、カスミアジもグループを作りハンティングしていました。

2本目~4本目リチェリューロック
前回のトリップのように透明度が抜群。
流れもありリチェリューロックの外側にあるソフトコーラルもポリプ全開でした。
水底や岩肌にはタイガーテールシーホースやマツカサウオ、アカオビハナダイ、
フリソデエビ
hurisode_20120317150340.jpg
トマトアネモネフィッシュがいます。
tomoto.jpg
中層には1mを超えるピックハンドルバラクーダ、ヨコシマサワラが泳いでいました。
キンセンフエダイはソフトコーラルの群生しているところで群れていたのとても絵になります。
リチェリューロックは何度潜っても飽きない。
明日はもう一度マンタ狙い!!!

3月18日
1本目:コボンウエストリッヂ
2本目:ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
ラストチャンスのマンタ!!
エントリーして水中は少し濁りプランクトンが多い・・・
まず深場にいるキンセンフエダイで突っ込んで遊び、
そのままリッヂの先端へ!!
前回と違い緩やかな流れだったので中層を覗きながらマンタ待ち。
潮の下手からあいつがやってきました。
manta3_20120317150214.jpg
しかも大きいロウニンアジをつれて!!
マンタの邪魔にならないようリッヂの岩を掴みながら見ることに。。。
そしたら僕らの周りをなんどもグルグル泳いでくれました。
最後までマンタがいたのですがエアーがなくなり安全停止して上がりました。

2本目ボンスーンレック
いつも以上に群れが集まり、大群に巻かれました。
シェベロンバラクーダ、タイワンカマス、キンセンフエダイ、ホソヒラアジ、クロホシフエダイ、ニセクロホシフエダイなどなど目の前が魚だらけで近くにいるダイバーが見えなくなります。
水底にはセバエクマノミ、メタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼなどを見てきました。
syugo_20120317150215.jpg
今回のトリップはマンタ三昧でクルーズに乗船した皆様が満足。
次回のトリップもでますように。

報告/YUTAKA
写真/ゲストに頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/16(金) 23:16:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.03.16 マンタ記念ダイブ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

今日もダイビングサークル東京大学海洋研究会の皆様とコ・ボンへ。
当然マンタを期待しちゃいます。

一本目は流れも穏やかで楽々リッジまで。
途中でメンバーのSさんがめでたく100本記念で全員で記念撮影。
100dives.jpg
リッジ周りではカスミアジの大群に遭遇。
イケカツオも集団で捕食のため、ビュンビュン泳ぎまわっていました。
岩場を覗くとこちらでは比較的見ることが少ないハダカハオコゼがいました。カラーバリエーションの多彩な魚ですが本日のは白い個体でした。
しばらくリッジ上で粘ってみましたが現れず、浅場へ移動。
上や沖の方など周辺を警戒しつつハマサンゴの周りでは今日もたくさんのスカシテンジクダイ。
ハナダイギンポも隠れている穴から顔を出しこちらを窺がってキョロキョロしてます。
残念ながらマンタに会えずエキジット。
上がってみると、欧米人チームがリッジから離れたところで見たとの事。

ランチを終えて、リベンジ二本目。
一本目とは反対側からエントリー。つまり欧米人チームが見たとういう側からです。
二本目でもめでたくメンバーのKさんが150本記念で皆で撮影タイム。
150dives.jpg
その後水深を浅めにキープしながらゆっくりと。
途中でツムブリの群れが大移動のように通り過ぎていきました。さらにキンセンフエダイ群のかたまりも。
イエローダッシュフュージュラー、クマザサハナムロなどもいぱい。
すると突然タンクの叩く音、振り向くとゲストの皆さんガッツポーズ、マンタを見たとのサイン!
実はこの時先頭でガイドの私だけ見てませんでした。直ぐに沖の方へ消えていったようです。トホホ・・・
しかし、ゲストの皆さんは見れたようなので良かった。
まだこのあたりにいるはずと思い周りを窺がっていると、こんどはHIROAKIチームから「チリン、チリン」と合図。
沖側からマンタがヒラヒラとやって来ました。またまた皆さんガッツポーズです。
全員一緒に見ることができて良かった!
しかも本日はメンバーのお二人がそれぞれメモリアルダイブでした。
マンタ出現の記念ダイブ、忘れられない記念になりましたね。
おめでとうございます。

ダイビングサークル東京大学海洋研究会の皆様、ありがとうございました。
是非またタイの海へ遊びに来てくださいね。
お待ちしております。


報告/RYO
写真/Sさん100本記念&Kさん150本記念

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/16(金) 04:18:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.17 祝!! OWダイバー誕生☆

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/ほぼなし
透明度/10m

オープンウォーターコース最終日。
本日、無事に2人のダイバーが誕生しました☆

最終日の1本目は、チュンポンピナクルへ。

ちょうど2日前、2人が学科講習をしているころ、チュンポンピナクルでは、ジンベエザメが出現!!!

その知らせに2人は胸を躍らせました。

最終日の今日、ジンベェザメに出会えることを夢見て一日一日頑張ってきました。

サイトに到着する前に海洋自習で行う内容の再確認。
緊張と不安、そして楽しみが入り混じった表情の2人。

エントリー後、魚影の濃い魚達を見て2人のマスクの中の瞳は、キラキラ、満面の笑みです。

ピックハンドルバラクーダが2匹、すぐ横を泳いで行きます。

オニアジの群れもビュンビュン、跳ねるように泳いでいました。

最近、深いところに行ってしまっていたホソヒラアジの群れもいい感じの深さに戻ってきてました。

ツムブリや大きなコガネアジがの小魚にアタックする迫力あるシーンが目の前で見れます。

岩の上に移動し、センジュイソギンチャク畑のハナビラクマノミを見ながら中性浮力を上手く使って
じっくり観察。

中性浮力がとっても上手になったS君、Kちゃん。

最後は、ツバメウオの群れを近くで見ながらタイムアップ。

講習をこなしながらファンダイビング気分で1本目終了。

残すはあと1本です。

2本目は、ホワイトロック。

みるみるスキルを習得し、ホバリングもばっちり極めます。
初めての直線往復コンパスナビも無事終了。
最後の水中ツアーへ出かけました。

太陽の光が水中へまぶしいほど差込み、キビナゴの群れがキラキラと川のように流れていったり
私たちの周りを取り囲みます。

あっという間に時間は過ぎ、2本目終了。

NEWダイバーの誕生です!! S君、Kちゃん、おめでとう~~~~!!
これからもダイビングを楽しんでください♪

報告/EMIKO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/16(金) 03:52:54|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.15  コンディション上々リチリューロック。

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/有
透明度上/25m
透明度下/20m
タイガーテールシーホース

本日ディトリップボートはダイビングサークル東京大学海洋研究会の皆様とご一緒させていただきました。
初日からエリア人気NO1ポイント、リチリューロックです。
1本目は馴らしも兼ねてということで流れの影に隠れるようにゆっくりとスタート。
透明度は良好でイエローバンドフュージュラーなどがビッシリ群れていました。
皆さんこれで最初からテンション上昇。
最初に人がいない空いているうちにとフリソデエビへ。
まだ見たことがないというメンバーの方もおられて大喜び。
そして深場にてタイガーテールシーホース。いつもの場所にいてくれましたが、今日はかなり見えやすい表側へでてきてくれていたので皆さんにしっかり見てもらえました。
さらにトマトクマノミやアンダマンバタフライフィッシュ、アンダマントリプルフィンなど固有種を紹介。

二本目は慣れてきたところで流れのあたっている側で群れ狙い。
キンセンフエダイは今日も鮮やかな黄色の群れを作っていました。
そして群れといえばバラクーダ登場。
今日は上からブラックフィン、ピックハンドル、シェベロンという混合で登場。
至近距離に寄ってきて、皆さん大興奮でした。
根の外側ではギラギラ光るオニアジも。
ソフトコーラル地帯では流れのお陰でポリプ全開のお花畑でした。

初日からちょっと流れのある中のダイビングでしたが皆さん楽しんでいただけたようです。
明日はコボン!皆さんにマンタを見ていただけるかな?


報告/RYO
写真/タイガーテールシーホース。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/15(木) 11:25:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.14 ジンベエに会えた!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10m

WhaleShark14MAR20121.jpg

今日は、今年1月にOWを取得したT君のアドバンス講習。
今回戻ってきた目的は、『アドバンスのライセンスを取りたい!』
そして、『ジンベエザメに会いたい!』の2つ。
ついに、夢が叶いました。

ディープ講習の説明をしていると、キャプテンからジンベエサインが!
無線でジンベエ情報が入った模様。
ディープダイビングの説明をしつつ、ジンベエブリーフィングもします。

潜降すると透明度がイマイチ。
とりあえず、講習です。
水深30mの所で簡単な実験をしながらも気持ちは少しそわそわ。

オニアジがびゅんびゅん泳いでいたり、大きなピックハンドルバラクーダがいたり、
ホソヒラアジの群れがいたり・・・。
水中はいつも通り群れ群れだけど、肝心のジンベエの姿がない。

今日は、あまりタンクの叩く音もしないし、もういなくなってしまったのでは!?と諦めかけていると、
欧米人スタッフからジンベエ見たよ~のサイン。
マジで!?と思いながら、目撃したという方向に探しに行きます。

そしたら、いました!!

WhaleShark14MAR2012.jpg

約3mくらいの個体で私達のすごい近くを泳いでくれています。
生徒さんも初めてのジンベエザメに大興奮。
しばらくすると深場に行ってしまったため、一緒に泳げた時間は長くなかったけど、
ジンベエザメに会えただけでとても幸せな気持ちになりました。

ダイビングを初めて8本目でのジンベエザメとの遭遇。
タオ島ではありえるんですよね。
明日は、セイルロックでまた群れを堪能しましょうね♪

報告/IYO
写真/本日のゲストよりジンベエザメ!頂きました!!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/14(水) 00:44:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.3.8-3.12 PAWARA第25回トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/ほぼ無し
流れ/場所によりあり
透明度/10~25m

3月9日
1本目:アニータズリーフ
2本目:ウエストオブエデン
3本目:エレファントヘッドロック
4本目:タートルロック

1本目アニータズリーフ
少々雲が多いお天気でしたが、透明度はばっちり!
ハマサンゴに群生するソフトコーラルやウミウチワはいつ見ても癒されます。
sango3.jpg
その周りをキラキラとしたスカシテンジクダイやキンメモドキが覆い、
ウミウチワの隙間では小さなクダゴンベが元気に泳いでいました。
今限定ピンクのイソギンチャクをじっくり眺め、異様に長く伸びたスパゲティー
ガーデンイールを紹介していると、遠くからマルコバンが5匹揃ってやってきました。
安全停止中には、ササムロやサバヒーの群れが目の前を通り過ぎて行ったりと、
最後までサカナだらけの1本でした。

2本目ウエストオブエデン
通称シーファンシティーと名前が付くほどウミウチワが綺麗です。
sango2.jpg
岩と岩の間や潮当たりのいいところに群生し、そこにキンメモドキとスカシテンジクダイが群れます。
すぐ傍ではハナヒゲウツボやクマドリカエルアンコウがまだ健在です。
浅瀬に戻ってきてキンギョハナダイと一緒にいるハナダイギンポやチョウチョウウオをみて上がりました。

3本目エレファントヘッドロック
まずはクジャクベラのいる場所へ・・・
今回は意気のいい個体でそこらじゅうを駆け巡り、ナンパをなんども繰り返しヒレをバンバン開いていました。
akebono_20120312145232.jpg
アケボノハゼも度胸の良い個体でなかなか引っ込まず写真撮影は簡単にできました。
岩と岩が重なり合っているスイムスルーを通って遊んだり、潮あたりのいい所でフュージュラーの大群を見ました。

4本目タートルロック(サンセット)
湾内のサイトなので穏やか。
パウダーブルーサージョンフィッシュが数十匹群れるシーンや
インポスターズブレニーとスミスズブレニーのコラボ。
ワヌケヤッコ、サザナミヤッコ、アデヤッコなどキンキャクダイの仲間がたくさんいました。

3月10日
1本目:ノースポイント
2本目:スリーツリーズ
3本目:コボンウエストリッヂ
4本目:タチャイピナクル

1本目ノースポイント
ウエストオブエデンのウミウチワも凄いですが、
ノースポイントの離れ根にあるウミウチワがかなりでかいです。
ダイバーがあんまり行かないこともありサンゴがイキイキしています。
ウミウチワにはガラスハゼやクダゴンベが隠れ家にしていました。
浅瀬には小さめのタイマイがもりもりご飯を食べるのに夢中でこちらを気にしません。
かなり近い距離でカメラを向けたらご飯の邪魔をしないで!!って言っているかのように睨んでいました。

シミランラストダイブの前に記念撮影
syugo_20120312145432.jpg

2本目スリーツリーズ
水底はサーモクラインがかかっていましたが、まずは砂地にてオーロラパートナーゴビーや
ジョーフィッシュ、クジャクベラを観察。
bera.jpg
インディアンフレームフェアリーバスレットは数個体同時にヒレを開き、勢い良く泳ぎ回っていました。
後半はブラックフィンバラクーダ3匹やサバヒーの群れなどを見ながら安全停止に入りました。

3本目コボンウエストリッヂ
シミランを離れてコボンへ。
最近出現率の高いマンタを狙ってエントリーを開始します。
リッヂ先端では、カスミアジやイケカツオが小魚を狙ってビュンビュン泳ぎ回ります。
岩肌のソフトコーラルやウミウチワに癒されながらマンタを待ちますが、現れず・・・
ナポレオンフィッシュのペアが仲良く泳いで行きました。
最終日に期待!!


4本目タチャイピナクル(サンセット)
sango4.jpg
流れは程好く、潜降も楽々です。
まずは大きくて綺麗なウミウチワとソフトコーラルが群生するポイントへ。
その周りではイワシやキビナゴ、フュージュラーの子供などが元気に泳ぎ、
前が見えなくなるくらい一面を覆っています。
ライトを当てるとよりキラキラと輝き、本当に美しい光景でした。


3月11日
1本目:タチャイピナクル
2本目:リチェリューロック
3本目:リチェリューロック
4本目:リチェリューロック

1本目タチャイピナクル
sango5.jpg
今朝もお天気が良く、太陽がしっかり顔を出しました。
水面と潜降する際に流れが強く入りましたが、水中は程好い流れです。
潮あたりの良い場所では、ロウニンアジが泳ぎまわり、カスミアジやマテアジは
ハンティングの真っ最中。朝からビュンビュン泳いでいました。

2本目~4本目リチェリューロック
今回のリチェリューは透明度抜群!!
なのに魚影の濃さはいつも通り、、いやそれ以上かも!?
浅い根の上では、数十匹のロウニンアジの子供がフュージュラーを追い掛け回し、
潮当たりの良い場所はキンセンフエダイで埋め尽くされ、沖合いではピックハンドルバラクーダ、
安全停止中に巨大なブラックフィンバラクーダの群れ!
マクロも充実のリチェリューでは、トマトアネモネフィッシュを始め、タイガーテールシーホース、
フリソデエビ、マツカサウオ、ニシキフウライウオ、トラフケボリと盛りだくさんです。
matu.jpg

3本では物足りない程ベストなリチェリューロックでした。
明日は最終日。大物に出会えますように~!!

3月12日
1本目:コボンウエストリッヂ
2本目:ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
マンタが出るラストチャンスです。
水中は大物が好きそうな濁りでプランクトンが多く少しピリピリします。
今日こそはと思いながらリッヂの先端へ・・・
kasumi_20120312145232.jpg
バナナフュジュラー、イワシ、キビナゴなどがイケカツオに追い込まれ大きい玉になっていました。
少し大きいフュジュラーにはカスミアジ、ロウニンがアタックしていました。
リッヂから離れるとハマサンゴの周りにスカシテンジクダイがぐぢゃりと群れていました。
マンタは出なかったですがとても楽しいダイブになりました。

2本目ボンスーンレック
水底ギリギリは少しサーモがかかっていましたが、透明度がめちゃめちゃよかったです。
ここの群れは何度潜っても魚の量に圧倒されます。
キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ホソヒラアジ、タイワンカマス、シェベロンバラクーダなどが群れます。
水底にはセバエアネモネフィッシュやメタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼが生息しています。
まだ大人になりきれていないワヌケヤッコの子供も健在です。
syugo2_20120312145433.jpg
今回のトリップは大物がでなかったですが、
お客様に恵まれとてもたのしいトリップになりました。
次回の海ログもお楽しみに。

報告/TAKESHI YUTAKA MIHOKO
写真/ゲストに頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/12(月) 23:18:26|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2012.03.12 レオパードシャークの交尾!?

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28 ℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

カオラックよりHIROAKIがお届けいたします。

本日のコタチャイピナクルは、大忙し!笑

水面から水底が、丸見えで水中も程よい流れ!!!
コンディション良好!期待に胸膨らませ潜降して行きます。

中層には、イエローバックフュージュラー・イエローダッシュフュージュラー・バナナフュージュラーなどの、mタカサゴ各種がグッチャリ群れていて、巨大なロウニンアジとカスミアジが集団捕食!!!
迫力あるシーンにも出会えました。

真下にドーンとレオパードシャークが登場!!!
1.5mの雌の個体が水底にいました。
僕たちが近づいても微動だにせず、写真撮り放題!

DPP_8942.jpg

ふと目線を上げると、目の前から2mくらいの大きな雄のレオパードシャークが登場。

DPP_8943.jpg

すると、2匹が追いかけっこするかの様にグルグルと回り終いには、体を寄せ合い交尾と思われる行動をして別々の方向へ優雅に泳ぎ去って行きました。

DPP_8944.jpg

こんな素敵なシーンに出会えてゲストも大喜び!!!

明日は、リチェリューロック!
海ログお楽しみに☆

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/レオパードシャーク

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BIG BLUE DIVINGのリピーターで構成された、水中写真部による共有ブログ!
チャバ会 水中写真部ブログ「たまには潜るんです…」


  1. 2012/03/12(月) 10:27:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.12 ジンベエに会いたいよ~

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/なし
透明度/7m~15m

最近、ジンベエ情報がちらほらあるタオ島。
昨日は、ナイトダイビングでジンベエザメが出現したみたいです。
ナイトで見るとどんな感じなんでしょうか??

まだタオ島周辺にいるから今日はチャンスがあるかもしれない!と
期待を膨らませながら、潜ってきました。

1本目は、チュンポンピナクルへ!
潜降するとすぐにいたのは、ホソヒラアジの群れ。
周りにはダイバーが誰もいなかったため、私達だけで群れを独占。
大きな塊になっており、近づいても群れが散らずに同じ大きさをキープし続けていました。

ヤイトハタ

そして、今日もいました!チュンポンの主、ヤイトハタ。
普段とは、少し別の場所にいましたが、いくら近づいても逃げようとせず、堂々としている姿は、
いつ見ても貫禄があります。

ツバメウオ

最近、復活したツバメウオの群れ。
今までは、1匹、2匹がちらほらいましたが、約50匹程が群れていました。
これだけ群れていると見応えがあります。
ホンソメワケベラにクリーニングされている個体もおり、とても気持ちよさそうにしていました。

2本目は、ホワイトロックへ!
普段は、あまり行かないケーブを久しぶりにくぐりました。
オレンジ色と青色がとても色鮮やかなクリーナーパイプフィッシュがたくさんいたり、
オビイシヨウジが目をキョロキョロさせながら辺りを窺っている姿がとてもかわいかったです。
個人的にお気に入りのヒレフリサンカクハゼも背びれをフリフリしながら岩陰にいました。

結局、ジンベエには会えませんでした・・・。
ジンベエよー、どこに行ったんだーー??

報告/IYO
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/12(月) 03:01:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.11 快晴のシミラン

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/15m

本日のディトリップボートはシミラン諸島の北側へ。
一本目のノースポイントではサーモクラインが入り込んでちょっと濁ってました。
最初の登場はインド洋の代表的な魚、パウダーブルーサージョンフィッシュ、コラーレバタフライフィッシュ。
さらに深い場ではインド洋のクジャクベラことマッコスカーズフラッシャーラス。
しかし今日の個体は泳きがめちゃめちゃクイックで動きが速く目で追っかけるのも大変。
アオウミガメ
最後は小ぶりのアオウミガメの登場

ランチタイムではシミランNo8の島に上陸し、名所バランジングロックのビューポイントへ。
今日もお天気が良く最高の眺めでした。
ドナルドダックベイ

二本目はスリーツリー。程よい流れに乗ってドリフトダイビングです。
砂地では、こちらもヤノダテハゼのインド洋版オーロラパートナーゴビー。
ガレの水底を注意深く探すとアンダマンジョーフィッシュが穴から顔をだして目をきょろきょろさせています。
後半は浅場の棚の上を流しながら、ハナダイキンポやルボックスブレニーなどの愛嬌のある表情を見たり。

明日はコ・タチャイ&コ・ボンの予定です。


報告/RYO
写真/アオウミガメ&ドナルドダックベイ(本日のお客様より)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/11(日) 22:03:16|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.10 透明度良好

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/ 30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/20m
ホソフエダイ

濁る時は濁っちゃうリチリューロックですが今日はボート上からも下が見えるくらい抜けていました。
流れもさほど無く、楽々エントリー。
いつもの定位置で見慣れているホソフエダイの群れも透明度が良いので光が入りとても綺麗。
深場では定番トラ柄尻尾のタイガーテールシーホース。
今日はペアではなく少し離れたところに二匹。
もう一つ、トラ柄のトラフフケボリタカラガイを見たり、その側ではトマトクマノミのコロニーも。
ガンガゼが入り込んでいる隙間を覗けば固有種アンダマンウバウオ。
さらに同じくアンダマンシリーズのアンダマンミミックファイルフィッシュ。
ニシキフウライウオ
二本目は群れをメインにと一本目とは反対回りに流れの当っているところへ。
その途中ではいつものところにニシキフウライウオ。
今日のキンセンフエダイは少しばらけてましたが、黄色が冴えてとても綺麗です。
浅場へ上がってくるとフュージュラーの幼魚がビッシリ群れてます。
そこへアジたちがガンガン突っ込んでいく迫力の捕食シーン。
最後にこれも人気者のフリソデエビのペアをじっくりと見ていただきエキジット。
穏やかに潜れた二本でした。


報告/RYO
写真/ホソフエダイ&ニシキフウライウオ(本日のお客様より)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/10(土) 04:00:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.09 コ・ボンで今日もマンタです

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/ 30℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度/15m~25m


manta naomi.morita

金曜日はコ・ボンの日!ということでディトリップボートはコ・ボンへ。
前回同様、やはりマンタ狙い。
情報では昨日も現われたとのこと。

一本目はタイドテーブルの予報通りほほ流れはなし。リッジへ向かいました。
途中の岩壁では、黒斑点が名前の由来のイヤースポットブレニーがいっぱい。
臆病さんで近づくと警戒してチョコマカと動き回りすばしっこい。
穴に入り込んで顔をだし、キョロキョロとあたりを警戒している様子がなんとも可愛いです。

再び増えてきたスカシテンジクダイの群れも。
すぐ近くで見ているとあまりの多さに目がチカチカしてきます。
そこへカスミアジやイケカツオが狂ったようにアタック。
さらに個人的に久しぶりに見かけたナポレオンフィッシュも登場。

そんなこんなでリッジの周りでウロウロしていたら見上げるとすぐそこにマンタ!
岩壁に目がいっていて不意だったので思わずのけぞってしまいましました。
微妙にある流れにむかってしばらくホバリング状態。
その後ぐるーっと旋回してきてまた私達の目の前へ。そのまま沖側へ消えていきました。

二本目も期待して再びリッジ周りでゆっくりしながら待機。
その間、エイブルズエンジェルフィッシュやそれにそっくりに擬態するインディアンミミックサージョンフィッシュを見比べたり。アンダマンバタフライフィッシュや通称「ブラピ」のブラックピラミッドバタフライフィッシュ、ハナダイギンポなどなど。

その後、待てどマンタは再びは現れず。
しかし最初の一本で間近でしっかり見ることができました。
3月に入ってからマンタ率上昇中です。

明日はリチリューロックです。



報告/RYO
写真/オニイトマキエイ(本日のお客様より)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/03/09(金) 05:50:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.08お休みの日もダイビング

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度/13m

ここのところ毎日潜っていたので、今日はお休みにしようと決めていました。
でも暑い。。
と思っていたところに同じくお休みのスタッフエミコから電話が。
「サイリー潜りませんか?」

というわけで、サイリーダイブに行って来ました。

2010年に作った育成棚の珊瑚たちはどんどん大きくなっています。
魚たちもたくさんついていますが、なかでもナンヨウツバメウオの若魚は26匹でピラミッドみたいな形の群れを作って泳いでいます。

トウアカクマノミも元気です。
もうすぐハッチアウトしそうな卵のあるコロニー、産卵しそうな気配を見せているコロニーなどなど。
約12箇所のコロニーをざっと回ってきました。

その他、ワヌケヤッコとチョウチョウコショウダイのかなり大きくなってしまった個体、ギンガハゼの黄色と黒のペアなど、なかなかバリエーション豊かなダイビングでした。

いつでも気軽に潜れるのが、サイリービーチ最大の魅力です。

報告/ASUKA
写真/

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/03/08(木) 17:54:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.03.08 透明度良好リチリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/ 30℃
風/少し
流れ/少し
透明度/15m~20m
フリソデ


行ってきましたリチリューロック。
このとこころ透明度イマイチ続きでしたが今日の一本目は透明度も良好で流れもほぼ潮どまりで楽々エントリー。

本日のお客様のリクエストの一つは群れ!
流れが止まっているのでさほどでもないかなと思っていたら、やはりここはリチリューロック。
まずはいつもの場所で群れているホソフエダイの群れから、ピックハンドルバラクーダ、キンセンフエダイ、アジに追っかけまわされている各種フュージュラーなどなど次々と登場。

少しは可愛いものもとニシキフウライウオや固有種トマトクマノミ、今日も定位置にいたフリソデエビなどもご紹介。
ミナミハコフグの幼魚や毒を持つフグを真似て擬態しているとされるアンダマンミミックファイルフィッシュなどのコミカルな泳ぎを見たり。
浅場の岩壁ではイヤースポットブレニーや婚姻色のアンダマントリプルフィンなど。

二本目では流れがではじめてサーモも入り水が少し冷たく感じましたが、その分魚影も多くなってきました。
途中「カンカンカン」とタンクを叩く音が鳴り響き、おおっと思い辺りを見渡しましたがどうやら他のダイバーを呼んでいる合図。紛らわしい・・・

安全停止後、浮上しようと少しつづ根から外へ。
するとブラックフィンバラクーダの群れが手を伸ばせば届きそうなくらいの至近距離に。


明日はコボンです。またマンタ祭りになるか?


報告/RYO




  1. 2012/03/08(木) 09:48:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD