Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.06.30 チクチク、濃いプランクトン。

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度/10-15m


Hosohira.jpg

またまた風が少しでてきたタオ島ですがボートは予定通りチュンポンへ。
潜降したとたんに顔がチクチク。プランクトンが濃くなってきているようです。
当然、今日も濃い魚影を期待しちゃいます。あわよくばヤツの登場も・・・

相変わらず水深20m位でサーモクラインはあるもののその上は良いかんじに抜けています。
最初に目に入ってきたのはアジ玉。ホソヒラアジです。
サーモの上にいて見渡し良いし、さほど散らばらないのでなかなかいい眺め。
もちろん定番レギュラーのユメウメイロやイエローバンドフュージュラー達も上から下までびっしり。
サーモクラインの中から飛び出してきたジャワラビットフィッシュの群れ。
その周辺では今日もヨコシマサワラやツムブリ。コガネアジが5、6匹で編隊を組んでハンティングモード。
最近たまに現れるイトヒキアジの成魚もウロウロ。
最後にハナビラクマノミの大群生地帯を流しがら、さらにその上に群れている無数のスズメダイ達で視界を覆われました。

今日で6月も終わり。そして、もう少しで満月です。
チクチク、プランクトンも多いし、この満月前後そろそろ登場してくれないかなァ。

報告/RYO
写真/ホソヒラアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/30(土) 08:30:35|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.29 今日もいい天気!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度/10-15m

今日も天気のいいタオ島です。
本日1本目はチュンポンピナクル。
潜降すると、20mから上はキレイなブルー!!
下はサーモクラインで濁っていましたが、大き目の
ピックハンドルバラクーダが群れを作っていました。

潮当たりのいい場所では、オオクチイケカツオや
ヨコシマサワラを発見。
コガネアジやツバメウオも健在です。
中層は無数のユメウメイロで覆われ、ジャワラビットの大群は
壁のようになり、海のブルーを埋め尽くしていました。

2本目は沈船ポイント。
まずは大きな大砲前で記念撮影。
サーモクラインが前回よりも下がっていたので、
船全体の形も見ることが出来ました。
フィンを履きながら階段を登ってみたり、
船内をじっくり覗いてみたり、群れるサカナを背景に
沢山遊びました!

Rabit.jpg

最後はヒンピーウィーに戻り、キレイなヒブサミノウミウシを
観察して安全停止。

夕方から少し波が出てきて心配ですが、
明日の朝には落ち着きますように!


報告/MIHOKO
写真/本日のお客様より

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/29(金) 04:14:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.27 ガンバレNewダイバー

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度/10~12m

本日もタオは朝から晴天で穏やかな海です。
そんな中、オープンウォーターチームで外洋チュンポンへお魚の群れを探しにいってきました♪
今日の本が終われば4人とも無事Newダイバーの仲間入りということで皆張り切っていましたよ
この数日間何度となくしてきたので機材セッティングもバッチリ!

umilog270612_a.jpg

準備万端でいざチュンポンピナクルへ!

海に入るとまず現れたのは大きなアカマダラハタです。
ちっちゃなスズメダイを衣の様に纏う姿に最初は気づかない生徒さんたち
やっと気づいたときにはもはや1mもないくらいの距離です。
思いがけず現れた大きなお魚にみなびっくりです。多分お魚もずんずん近づいてくるからビックリしたでしょう。

次に出てきたのはきれいなツムブリです。最近は中層をふらふらしているので大きな姿が間近で見れます。
その横をチュンポン定番のコガネアジの行軍が通り抜けていきます。
コガネアジがアタックするとあわてて逃げるイエローバンドフュージィラーの動きも爽快です。
最後はハナビラクマノミの群れを見つつ安全停止へ。
安全停止中も水面近くを泳ぐコバンアジの群れを堪能できました。

2本目はホワイトロックで講習のラストダイブです。
プールではなかなかうまくいかなかったホバリングもみんな上達しました!
三角ずわりからあぐらや十字架のポーズなどみんなうまい!
しっかりスキルもできるようになりましたねー

その後は水中散歩です。
ナンヨウツバメウオの子供や砂地のレッドマージンシュリンプゴビー、珊瑚に集まるフタスジリュウキュウスズメダイなど。
あと変り種ではキビレブダイにくっついたコバンザメなんてのもいました。
そういった魚たちを見ていると気がつけば40分です。名残惜しいですがダイブ終了。

無事4本のダイブを終え4人とも立派なダイバーとなりました。
船に戻ってからはCカードをみんなで手に手にとって記念撮影です。
みんなおめでとーがんばったねー

umilog270612_b.jpg

みなさんこれから色んな海で潜っていくんでしょうね。
私も負けてられないな♪以上、今回のコース担当しましたKATSKIでしたっ!
あしたも良いダイブ、したいですね!

報告/KATSKI
写真/講習風景より

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/27(水) 22:46:35|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.26 久々、朝一サウスウエストピナクル

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度/10~15m
yaitohata_20120626222706.jpg

今朝も穏やかなタオ島。
久々の朝一サウスウエストピナクルです。
まずはロープ下でクロホシフエダイの群れ。
上から中層にかけては降ってくるようなユメウメイロ。
そうこうしているとジャワラビットフィッシュの大群、スマの群れも次々と登場。
欧米人チームが指差す先には1m級のヤイトハタ。まるまると恰幅の良い個体でした。
比較的浅いところでアカオビハナダイも。数は少ないですがチュンポンよりも浅く20m弱の水深なのでじっくり写真が撮れますね。
メインの上で安全停止に入る頃、ツバメウオの群れもゆらーりと現れました。
下のほうはあいにくのサーモクラインでもやもやでしたが、連なるカクレ根があたかも雲海を突き抜けた山脈のような景色に見えました。

二本目はレックからヒンピーウィーへ。
ここでも、もの凄い数のユメウメイロやイエローバンドフュージュラーが群れています。
さらにマブタシマアジの群れ、捕食モードのコガネアジ、最後にオニカマスの登場でした。
明日はフルディトリップです。


報告/RYO
写真/ヤイトハタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/26(火) 06:29:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.25 グリーンロックでクネクネ祭り

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28-29 ℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度/5~20m

今日もスタートはチュンポンピナクルから。

うぅ~、、透明度ぉ~。。。
見えない事は無いんだけど、モヤモヤ~。。。
それでも、腐っても鯛ならぬ腐ってもチュンポン。
今日はキンセンフエダイ&バラクーダの子どもの群れや、
ホソヒラアジ、シェベロンバラクーダにピックハンドルバラクーダと
群れを巡回してきました。

道中出会ったヨコシマサワラの群れはなかなかの迫力!
捕食のタイミングだったので、
逃げ惑うフュージュラーに巻かれたりして爽快感を楽しみました。

次に向かったのはグリーンロック。
こちらも抜けてはいませんでしたが、昼前という事もあって明るい感じ。
岩の上にユメウメイロが異常な程に群れていました。

更にジャワラビットフィッシュもまさに壁!出だしなかなかです。

しかしサーモクラインが上がって来ていたので、
得意?の砂地散策は早々に切り上げて岩場へ。

ワヌケヤッコの子をチェックした後は岩にへばりついてマクロダイブ。

Adeyaka201109151.jpg

Hibusa11APR2012.jpg

模様の綺麗なヒラムシの他、最近居着いているアデヤカミノウミウシ、
ヒブサミノウミウシ、ブチウミウシを発見。
クリーナーパイプフィッシュやハシナガウバウオも観察。
クネクネ系生物のオンパレードとなりました。。
クネクネ祭りが好きならグリーンロックです!!(笑)

明日は久々の朝一サウスウェストの予定。
素敵な出会いに巡り合えます様に!


報告/KOKI
写真/アデヤカミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/25(月) 03:06:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.24 ホワイトロックがいい感じでした。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28-29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/5m

今日も朝から晴れのダイビング日和。
午前のトリップは定番のチュンポン&ホワイトロック。

ここのところ調子の良かったチュンポンですが、今日はmmm。。。
これまで20m以深にビシーッと張りつめていたサーモクラインが
上の透明度の良い層と混ざり合った様に、全体的にドンヨリ~。。。

限られた視界での水中散策となりましたが、
ホソヒラアジやシェベロンバラクーダの群れ、
ツバメウオのクリーニングシーンやツムブリの捕食を観察出来ました。

続くホワイトロックは一転してコンディションばっちり!

調子に乗ってガンガン泳ぎまくりました。(笑)
イソバナにつくムチカラマツエビを見たり
卵を抱えた大振りなゴルゴニアンシュリンプを観察していると
ゲストのHさんがタンクを鳴らして呼んでいます。
指差す方を見上げると大中サイズのオニカマスが4匹!!
迫力ある顔つきと貫禄のサイズで一瞬こちらに向きを換えた時は、
正直焦りました。。あれに勝負を挑まれたらやばい。。。

心を落ち着けてさらに砂地散策。
そこに現れたのはジェンキンスウィップレイ。
横幅1mオーバーの大きな体が1、2、3匹。。こちらも大迫力!

後半には中層にスマの群れも登場!

予定では甲殻類を見てハゼを見て、というマクロダイブの予定でしたが、
なんだか迫力系ダイビングになりました。(笑)


報告/KOKI


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/24(日) 22:18:43|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.23 驚いたダイビング。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/5m

暑い日差しの中、バンザイ号は外洋へと進みます!
昨日のジンベエフィーバーのなか、今日も出ないかなと期待が膨らみます

1本目チュンポンピナクル。

今日はシェベロンバラクーダがすごかったです!
数は1000匹くらいでしょうか、ありがたいことに、
サーモクラインの上を行ったり来たりしているので、
向こうからダイバーに近づいてきてくれるサービス精神!!ありがたい!

masaru-yaito22

大きなアカマダラハタやヤイトハタは貫禄たっぷり。
「こんなに魚影濃くてもいいですか?」と言わんばかりはタカサゴたち。
ユメウメイロなどが壁のようにダイバーを360度取り囲みます。

その周りには1mありそうなツムブリ、
サーモクラインのちょっと下・・にはピックハンドルバラクーダ。
オオクチイケカツオはコバンザメをお供に中層に浮かんでいました。

2本目はグリーンロック。ワイドにマクロに満載のポイントです。

ここのところ水深20mにあるサーモクライン。
山に雲が掛かるように、くっきりと層が出来ています。

目元がキュートなオビイシヨウジにご挨拶、
スイムスルー内で隙間を覗くと・・・おびただしい数のスザクサラサエビ!

最近、出会う大きくて立派なアデヤカミノウミウシ。
ボクの様にウミウシ好きにはたまりません!

浅瀬は抜群の透明度。気持ちよく泳いでいると、
タイワンカマスがいっぱい群れています。
のんびり眺めていると、サメの(様な)シルエットが横を通ります、
おもむろに見てみると1m以上あるスギ!びっくりしました。
(写真がないのが残念です!)

今朝の気持ちのよいダイビングをすることができました!!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ヤイトハタ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/23(土) 04:55:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.22 久々のセイルロック、そしてジンベエ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/10m

ようやく穏やかな本来のタオ島に戻ってきた今日この頃。
6月に入って風が強くずっと行けていなかったセイルロックですが、
本日約一月ぶりのセイルロックは・・・

他のボートはまだいない一番乗りのBNZAI号。
到着早々、先にエントリーした欧米人スタッフから
「Whaleshark!!Everybody Come on!」

WhaleShark22JUN20121.jpg

ボート上は大歓声。
エントリーすると水中ではすでにお祭り騒ぎ。
3mくらいの小柄な個体でしたが、
ダイバーの吐いた泡で遊んでいるかのように
何度もグルグル泳ぎまわってくれてサービス満点。

しかも水深も比較的浅いところを泳いでくれるので
ダイバーにとってはまさに理想的。
ものすごく近くまで寄ってくるので、
こちらがよけてあげないとぶつかってきそうな勢いです。
そのままずーとダイビング一本まるまるジンベエダイブ。

水面休息中も水面近くまで上がってきたジンベエをボート上からも見ることができ、
2本目でもしっかり見ることができました。
波が続いて誰も来ない間もずっと居座っていたのかもしれませんね。

Chebron22JUN20121.jpg

正直、透明度は本調子ではありませんでしたがそれでも周りを見渡せば、
トルネードしているシェベロンバラクーダ、
数百はいるであろうツバメウオの群れ、定番ギンガメアジ等。
普段の主役級がオンパレード。

Collabo22JUN2012.jpg

あちこちで群れ同士のコラボなんかも繰り広げられて興奮しっぱなし。
その上ジンベエの出現となるとやはりここはタイ最強ポイントかも。
久しぶりのセイルロックということだけでも楽しみでしたが、
新月後だしひょっとしていたりしてと密かに期待していましたが、
実現と相成りました。


報告/KOKI、RYO
写真/本日のジンベエザメ、シェベロンバラクーダ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/22(金) 22:03:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.20  今日も魚影ぐっちゃりです

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度上/15m
透明度下/10m
海ログ用

今朝もゲストのMさんと昨日に引き続きチュンポンピナクルへ。
せっかくなので昨日とは違うものをと、まずはこの海域で唯一のハナダイ、アカオビハナダイ。
婚姻色バリバリで名前の由来の赤い帯模様がくっきり出ていました。

そして今日はサーモクラインよりちょっと上にでていたキンセンフエダイの群れも確認。
その後は潮あたりの方向へ。
いつもよりちょっと大胆に外側にでてみると、ヨコシマサワラ、オオクチイケカツオ、イトヒキアジ、ピックアンドルバラクーダの群れ等がどんどん登場。
シェベロンバラクーダも勿論登場。
周りを見渡せば、上から下までササムロ、ユメウメイロ、イエローバンドフュージュラーなどでいっぱい。
360°どこを向いてもぐっちゃり魚だらけのチュンポンでした。

波が落ち着いてきたので、明日は久々のセイル・ロックへフルディトリップです。


報告/RYO
写真/アカオビハナダイ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/20(水) 22:26:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.19風は少しづつ穏やかに。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度上/15m
透明度下/10m
chevron

少しづつ風の弱まっているタオ島です。
今朝も、チュンポンピナクルへ難なく到着。
中は相変わらず穏やかですが、サーモクラインが水深20mくらいまでくっきり上がってきていてちょっと残念です。
しかし、その上はそこそこの透明度でユメウメイロやジャワラビットフィッシュがびっしり群れています。
その周りでヨコシマサワラやツムブリがウロウロ。
そしてバラクーダ。
以前よりちょっと数が減っていますが、相変わらず密度の濃い群れで目の前で何回もグルグルと巻いてくれました。
最後にホソヒラアジの群れと、今日も魚影の濃さを楽しめた一本でした。
本日初のゲストのMさん「いつもあんなかんじで群れがいっぱいなんですか?」と驚かれていました。

二本目はグリーンロック。
ここでもユメウメイロが大量に群れています。
無数にあるヤギにはガラスハゼ、ソフトコーラルをよーくみるとアカスジカクレエビなどがいっぱいいます。
岩場をじっくりと見て回ると綺麗どころのウミウシ、アデヤカミノウミウシやヒブサミノウミウシ、豆大福みたいなブチウミウシ。
根の上の浅場では大量のタイワンカマスがゆったりと群れていました。
予報では今後さらに風は穏やかになるそうです。

報告/RYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/19(火) 10:03:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.18 群れ群れ外洋ダイビング

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/10m

今日もなかなかの風と波のなか、がんばって外洋に行って来ました!

1本目は横綱ポイントのチュンポンピナクル。
最近、コンディションが良いので期待も膨らみます!

穏やかな流れを感じつつ深場へと進みます。
昨日よりサーモクラインが上がっていたので、キンセンフエダイは雲の中・・
それでも、とっても濃い魚影・群れを楽しむことができました。

シェベロンバラクーダの群れがボクとゲストの間を行ったりきたり、
ホソヒラアジは今日も「ぎゅ!」っと凝縮して見ごたえばっちり。

masaru-ikekatsuo

潮当たりまで来ると、タカサゴがカーテンのように群れ、
その周りにはヨコシマサワラが捕食のチャンスを虎視眈々と狙っていました。
姿のかっこいいオオクチイケカツオも登場。

2本目は沈潜サタカット号。
太平洋戦争に参加したという船の内部を窓から覗いたり、
主砲の座席に座ることも出来ます。

気が付くと目の前はタカサゴ一色。
やっぱりお魚に囲まれると気持ちよいのです。

岩の隙間にはオトヒメエビ。
コガネアジは朝ごはんを求めてウロウロしています。
透明度もばっちりで、飛ぶように気持ちよく泳ぐことができました。

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/オオクチイケカツオ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/18(月) 00:59:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.17 今日も元気に4本!

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

風と波が出てきています。タオからマサルが報告します。
今日は元気に4本潜ってきました。

1本目は外洋のチュンポンピナクル。
波を縫うように頑張ってなんとかチュンポン到着です。

潜降するとコンディションは良し。
昨日より若干サーモが上がって来ている感じですが、群れ群れです。

キンセンフエダイはほとんどサーモの中ですが・・
シェベロンバラクーダやホソヒラアジの壁がダイバーに迫り、
大きなアカマダラハタに、存在感たっぷり丸太のような特大オニカマス。
今、とっても絶好調のチュンポンピナクルです。

2本目はナンユアンケーブ。
ケーブに入ると、アトヒキテンジクダイダマシがびっしりと群れ、
出口から差し込む光がとっても幻想的な景色でした。

シマウミヘビやロクセンヤッコも登場しました。

午後になり3本目はラムティエンケーブで入りマオ・ベイで上がる珍しい組み合わせ。
ダイナミックな岩やケーブを楽しみながら進みます。
地形派にはたまらないサイトです。

masaru-garasu

ハープコーラルを眺めながら進み、
特大のイボイソバナガニや、かわいいガラスハゼを鑑賞。

アデヤカミノウミウシやタテジマヘビギンポなどのマクロ生物も堪能です。

本日4本目はジャパニーズガーデン。
今年、とあるサイトのランキングで世界のサイトTOP50にランクインした、
このジャパニーズガーデン。(日本からは与那国・海底遺跡がランクイン)

とてもサンゴが豊富なサイトで、クサビライシ、ミドリイシ、ハナガササンゴ・・・と、
どんどんと風景が変わっていくのがわかります。

美しいサンゴの上に群れるヤノリボンスズメダイやタイワンカマス。
ゴマモンガラに恐れながらも楽しんだ1本でした。

夕方も風と波が残るタオ。明日も外洋で潜れますように・・・

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ガラスハゼ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/17(日) 06:47:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.12 いろんなダイブに挑戦!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/あり
流れ/すこし
透明度上/15m
透明度下/10m

本日はアドバンスドダイバーコース最終日

海の調子も穏やかになってきたので昨日はナイトダイブを楽しんだお2人
今日は初めての30mへの挑戦です♪

目指すはチュンポンピナクル!ディープダイブの定番ですね!
エントリーしてまずは深度下での水中環境の観察です。
圧力でベッコベコに潰れたペットボトルやケチャップで赤色の変化などを体感します。
その後はお待ちかねのお魚タイム!

まずは衰えを知らないキンセンフエダイの群れに突っ込んで遊びます。
私たち3人のダイバーのアタックに驚き右に左に逃げ回ります。
その動きをチャンスと見たのかツムブリが周りの小魚を狙って私たちの目前まで来たりしました。
普段少し離れたところで見ることが多いので近くで見るとちょっととぼけたカオですよね。

その後は水深を上げてコガネアジの行軍やボーっとユメウメイロ、びゅんびゅんイエローバンドフュージュラーなどとご対面♪
最後はハナビラクマノミとミツボシクロスズメダイでいっぱいのセンジュイソギンチャク畑を堪能しました。

アドバンスダイバーコース最後のダイブはお魚のスケッチです。

umilog_a120612.jpg


のんびりホワイトロックでエンピツ片手にいろんなお魚を模写します。
オウムみたいなキビレブダイやへんてこな形のソウシハギ、奇抜な模様のヤシャベラなどスケッチします。
2人ともヒレや色合いの特徴などキレイに仕上げてくれました。

最後は水中でカード贈呈式~無事2人のニューアドバンスドダイバー誕生となりました
Mさん、Sさんお2人ともおめでとーございます

明日ははてさてどんなダイビングになるかな?
お楽しみに~~、以上KATSKIでしたっ

報告/KATSKI
写真/お魚スケッチより

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/06/12(火) 05:18:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.10 ワイドもマクロも好調です!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/ほぼなし
透明度上/15m
透明度下/10m

まだまだ穏やか!とは言いがたいタオ島ですが、
空はすっかり晴れ渡って日差しが南国らしくなってきました。

今日の1本目はチュンポンピナクル。
今の一番熱いのはシェベロンバラクーダの群れ!
鋭角のシルエットが足並み(鰭並み?)揃えて旋回する風景が大迫力!
うまく正面に陣取ると、こちらに向かってきた無数の鋭角が、
ぶつかる直前で左右に分かれる臨場感は鳥肌モノ!

yumeumeiro

今日はそのほか、左手にユメウメイロの壁、
右手にジャワラビットフィッシュの壁という魚の回廊を泳いだり、
ホソヒラアジのアジ玉で遊びました。

2本目のホワイトロック。

まずは1mオーバーのジェンキンスウィップレイ(エイの仲間)を観察。
クリーニングフィッシュに啄ばまれながら心地良さそうに横たわっていました。

続いてヨロイウオの群れに遭遇。
タオ島西側のダイブサイトでは比較的珍しい魚種ですが、
今日は14匹の群れで登場。警戒心が強いのですが、
今日は近くでじっくり観察できました。

ゴルゴニアンシュリンプやメタリックシュリンプゴビーもここの定番。

filamentedflasher

更に最近大発生中のフィラメンテッドフラッシャーラス(クジャクベラの仲間)もチェック。
動きが早くて観察が難しいのですが、
今日は運良く、求愛モードでヒレ全開の固体に遭遇出来ました。

ワイドもマクロも充実の午前トリップでした。

報告/KOKI
写真/ユメウメイロの群れ、フィラメンテッドフラッシャーラス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/10(日) 04:06:13|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.9 午後の癒しダイブ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/12m
透明度下/5m

天気が回復してきたタオ島よりマサルです。
今日は午後からの2本癒し系ダイブをしてきました。

1本目はラムティエンベイ。
ワイドもマクロも楽しめるポイントです。

takigawa-san1

朱色のかわいいオレンジリーフゴビー。
本当に逃げないメタリックシュリンプゴビー。
すぐ隠れてしまった恥ずかしがり屋のフタホシタカノハハゼ。

岩の隙間には透明なソリハシコモンエビがびっしり!
手をそーっと差し出すと、クリーニングしてくれるのです。

浅場では群れるツキチョウチョウウオを鑑賞して浮上。

2本目はシャークアイランド。
サメのヒレの形をした小島を見ながら潜降です。

takigawa-san2

蛇のようにちょろちょろ動くオビイシヨウジ。
後を付いて来て常に横にいるツバメウオさん。

愛嬌ある顔が人気ですカエルウオのフィラメンタスブレニー。

本日のお客様とマンツーマンでのダイビングでした!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様提供(オレンジリーフゴビー・オビイシヨウジ)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/09(土) 19:43:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.08 波、少しつづ弱まってます。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ曇り
水温/29 ℃
風/あり
流れ/無し
透明度上/15m
透明度下/5m

barakuda-ms

まだまだ風のあるタオ島ですが,
昨日に引き続き今日もチュンポンピナクルへ行って来ました。

他のボートはどこも来ておらず、貸切状態でした。
朝一番で、まだダイバーの入っていないダイブサイトはなんて良いのでしょう。
おかげで根の周りにぎっしり魚が集まったそんな状態に見えました。

下から上まで360°ユメウメイロがビッシリ。
さらにジャワラビットフィッシュの大群。
その周りにはペアのツムブリやオオクチイケカツオがウロウロしております。

外では、まばらでしたがピックハンドルバラクーダ、ヨコシマサワラも。
そしてさらに進むとこれも久しぶりに見たツバメウオ登場。
10匹位の群れをつくりゆったりと泳いでいました。

ハイライトはシェベロンバラクーダ。
数が圧倒的で前面で壁のようになったり巻いたりと。
やっぱり朝の一本はこうでなくっちゃ!というダイビングでした。
予報ではこれから数日で風は落ち着いてくる見込みです。

報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/08(金) 02:53:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.7 久しぶりの外洋へ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ曇り
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

風と波はありますが青空!を見ながらの出航です。
久日ぶりの青空で気持ちも晴れ晴れです。

波はありますが、船長の判断は・・・外洋OK!
ということで、久日ぶりの外洋でのダイビングとなりました。

1本目チュンポンピナクル。
最近のタオ島周辺サイトは波のせいで透明度が落ち気味ですが、
チュンポンに到着して水面を見ると・・・青い!

大きくでっぷりとしたアカマダタハタや、
グルグルと回るシェベロンバラクーダの壁。

中層には数えられないほどの数のユメウメイロ。
大きなツムブリやコガネアジ、タイワンカマスも登場です。

外洋でのダイビングが久しぶりだったので、
群れを見ながら中層を泳ぐだけで本当に幸せなのです。

じゅうたんのように広がるイソギンチャクにはハナビラクマノミ。
もしかしてジンベエザメが出るかも!?なんて雰囲気もありました。

船に戻ると、みなさん素敵な笑顔!!
やっぱりチュンポンはおもしろい!!

2本目も久しぶりホワイトロック。
少し流れを感じますが、まずまずのコンディション。

砂地ではレッドマージンシュリンプゴビーを観察。
背びれの赤い点が綺麗です。

ms-gorgo

大小2匹のゴルゴニアンシュリンプ、写真を撮ろうとするとヤギの裏へクルクルと回ります。
ハシナガチョウチョウウオや、カメも登場。

本日まで潜って頂きました「マリンステージ」様、ありがとうございました。

お天気回復してほしい!!
タオ島からマサルでした。

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ゴルゴニアンシュリンプ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/07(木) 00:46:41|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.06.05 今日も波高し

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30 ℃
風/あり
流れ/ほぼ無し
透明度上/10m
透明度下/5m

ワッキーBirthday

うーん、今朝も西からの風により波の高いタオ島。逃げるように島の東側へ。
しかし島影に入ると一転、穏やかな水面です。
今日の一本目もヒンウォンピナクル。
かつてジンベエも出現したこともある侮れないポイントです。
点在する複数の岩で形成される地形ポイント。そしてここの特色であるハープコーラルもいっぱい。
透明度はイマイチでしたが、初っ端にジャワラビットフィッシュの大群に遭遇。
その後もワサワサと集まっているユメウメイロなどタオらしい魚影です。
マクロではヤギにいっぱいついていたムチカラマツエビ、逆立ち泳ぎがコミカルなヨロイウオ。
安全停止中にはアオリイカの群れがゆらゆらと泳いでいました。
本日はリピーターのSさんのお誕生日でした。
ささやかながら水中でボート上でお祝いです。Sさん、おめでとうございます。

報告/RYO
写真/本日のお客様より

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/06/05(火) 04:08:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.04 波よ、おさまれ!!

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨
水温/30 ℃
風/あり
流れ/あり
透明度上/10m
透明度下/5m

最近、天気が荒れ気味のタオ島。
少し波が高い日々が続いています。早く落ち着いて欲しい!!

今日は、外洋のダイブサイトチュンポンピナクルに行く予定でしたが、キャプテンの判断で断念。
1本目は、波を避けるために東側のヒンウォンピナクルで潜ってきました。

シェベロン

エントリーしてみると少し流れている。。。
しかし、潜降と同時にシェベロンバラクーダの大きな壁に遭遇。
チュンポンピナクルの群れに負けないくらいの迫力で充分見応えがありました。

このポイントは、他のダイブサイトと違って水中の景観が独特です。
今日は、流れがあったためハープコーラルやウミトサカのポリプがひらいて水中お花畑を見ることができてとてもきれいでした。
ヤギには、ゴルゴニアンシュリンプや小さなガラスハゼがちょこちょこ動いていてすごくかわいかったです。

2本目は、ラムティエンベイへ!
前回、調査ダイブで見つけた恥ずかしがりやのトウアカクマノミに久しぶりに会いに行ってきました。
以前行った時には、近づくとすぽっとイソギンチャクの中に隠れて全く出てきてくれませんでしたが、
今日は、たくさんのお客さんに会って大興奮のご様子。
また、次回も会いに行こうと思います。

報告/IYO
写真/シェベロンバラクーダ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2012/06/04(月) 04:04:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.6.03 6月初のフルディトリップは・・!

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

まだ風と波の残るタオからマサルが報告します。
今日は波にもまけずフルディトリップへと行って来ました!

前回のフルディでは透明度がとても悪かったこともあり、
おっかなびっくりで潜降してみると・・・・意外と良いコンディション!

1・2本目はセイルロックにて。

takigawasan-ms

ギンガメアジの数も申し分なく、キンセンフエダイと、
ホソヒラアジの合体した群れ、渦を巻くシェベロンバラクーダ、
特大ピックハンドルバラクーダの群れはカッコイイながらにも、
距離が目の前なだけに、キラリと光るその歯がちょっと怖い。

ツバメウオの群れやタカサゴたちの壁、
筋肉隆々のオオクチイケカツオがダイバーを取り囲みます。

群れ群れダイビングを堪能したあとはシャークアイランド。

深場には色とりどりのソフトコーラルたちが群生してカラフルな世界。
最近とっても数が多いシャークのツキチョウチョウウオ群れ。
見ごたえあるので、じっくりと時間をかけて鑑賞します。

やや波がありましたが、海のコンディション良しのフルディトリップでした!!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様提供(キンセンフエダイとホソヒラアジ)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/03(日) 08:55:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.06.01 大忙しのチュンポンピナクル

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/30℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/25m
透明度下/15m

今日も行ってきましたチュンポンピナクル。
サーモもなくボトムまでよく見えました。
深場を目指し潜行すると、お馴染みキンセンフエダイとホソヒラアジが出迎えてくれました!
群れに突っ込んで遊んでいると、背後に何かの影を感じて振り向くと。。。
シェベロンバラクーダの群れが大接近!!!!
こんな群れ中心にチュンポンの主ヤイトハタ登場。
ヤイトハタを囲むかのように、キンセン、ホソヒラ、バラクーダが群れ群れ。
イエローバンドフュージュラーを追いかけまわしているツムブリとコガネアジ!
最近のチュンポンは、見所満点で大忙し!

masaru-adeyaka

2本目は、グリーンロック
流れも無く、透明度もいいです!
のんびりと砂地ではフタホシタカノハハゼやメタリックシュリンプゴビー、
岩場ではアデヤカウミウシやワヌケヤッコ幼魚とマクロダイブ!!!
後半は、浅場に群れているタイワンカマスの群れと一緒に安全停止。

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/アデヤカミノウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BIG BLUE DIVINGのリピーターで構成された、水中写真部による共有ブログ!
チャバ会 水中写真部ブログ「たまには潜るんです…」

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/06/01(金) 02:52:09|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD