Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.07.30 NEW DIVER誕生!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/あり
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

OW1.jpg

今日は、OW講習最終日。
ジンベエザメを見るぞ!と意気込んで出航。
しかし、波が高いため講習用ボートのキャプテンの判断により、チュンポンピナクル行きが断念。

気を取り直して、1本目はホワイトロックへ!
潜降すると中層には、ユメウメイロが埋め尽くされてとても色鮮やか。
最近できたダイビング後の日本人の溜り場CHABAにある本の中でもウミウシの専門書に興味を示した講習生達。
今日は、ブチウミウシの小さくてかわいいサイズから豆大福のように大きな個体、そしてひらひらレースのような卵まで
じっくり観察することができました。

2本目は、ジャパニーズガーデンへ!
まずは、マスク脱着。水中にも慣れてきて初めてプールで練習した時は少し怖がっていましたが、
4本も潜ると余裕の表情。
ラストはホバリングで講習の成果をみせます。ぴったりと中層に浮かぶことができました。

OW2.jpg

後半は、皆で水中組体操をしたり、いっぱい魚を見て全員満面の笑みで浮上。

明日から引き続きAOW講習頑張りましょう!!

報告/IYO
写真/OW講習生
  1. 2012/07/30(月) 04:07:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.29 大家族!!

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/30 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度/15m

こんばんわ。
久しぶりに投稿するゆたかです。
さぼっていた訳ではないですよ(*^◯^*)
日本に帰国してたり、VISAの更新などありバタバタしてまして、、、笑

今日の午後はラムティエンベイとツインズに行ってきました(#^.^#)
ラムティエンベイは最近見つけたトウアカクマノミが大家族になっていて、
お母さんも大きくなってビックリしました(((o(*゚▽゚*)o)))
このまま子供も大きくなって卵産まないかな、、、

Touaka_20120730003550.jpg

タオのハゼは本当に近くまで寄れるのでいろんな角度から撮影が簡単です。
本日のお客様はカメラ派ダイバーだったのでみなさんハゼに釘付けでした。

明日はチュンポンに行ってきます。ジンベエがでますように☆~(ゝ。∂)

報告/YUTAKA
写真/トウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/29(日) 08:40:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.27 ハゼ天国?ハゼ地獄?

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/30 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度/5-15m

午後はガイドの予定だったのですが、
人数調整があり急遽体が空いたのでカメラを持って潜ってきました。

タオ島といえばジンベエザメ!とか、群れ三昧!とか。
そんなイメージを持つ人も少なくないのですが、
やっぱり一番面白いのはハゼで決まり!(今決めました。)

例えばアジアを代表するハゼ、メタリックシュリンプゴビー。

Metaric2012003.jpg

顔や体にラメのように散りばめられた青やオレンジのキラキラ模様が、
アジアの寺院の装飾をイメージさせると人気のハゼです。

興奮してヒレを全開にするとこんな感じ。

Metaric2012001.jpg

この華やかなヒレを巧く捉えて撮ってみたい絵があるんですが、
まだまだ修行が足りないようです。。。
でも、そんなプレッシャーをかけて巣穴に引っ込ませてしまっても、
周りを見渡せば至る所にお目当てのハゼがいるので、
果敢に攻める事が出来るのもタオの魅力です。

ダイブタイムは74分でしたが、全然物足りない!もっと粘りたいっ!
でも窒素がぁぁぁ!!

ハゼ天国はある意味ハゼ地獄。。。

報告/KOKI
写真/メタリックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/27(金) 22:57:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.25 予定変更で朝から東側へ!

ロケーション/タオ島
天候/くもり
水温/30 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度/5-15m

本日、王族ご一行様はチュンポンピナクルで潜るということで
私達のボートはサウスウエストピナクルを目指します。
が、波が高くキャプテンの判断で行けないとのことでシャークアイランドへ変更!
そろそろ、ブリーフィングでもしようかなと思っていると
「今、プリンスがシャークアイランドで潜っている」との無線が。
またまた、予定が変更になり1本目は、ラムティエンケーブへ!

Futahoshi201109131.jpg

初めは、深場へフタホシタカノハハゼを見に行ってきました。
サーモクラインがかかっていて下は少し濁っていましたが、フタホシの黄色固体は色鮮やかで
水中でもとても目立っていました。
近くのヤギには大きなイボイソバナガニがついていました。

後半は、いくつかケーブをくぐって遊びました。
太陽の光が差し込んできてとてもきれいでした。

2本目は、ジャパニーズガーデンへ!
タオ島では、珍しいミノカサゴが最近いるとのことで探してみると岩のそばで発見。
全身がひらひらしていて豪華な装いをしていました。しばらくここに居ついてほしいものです。
砂地では、ギンガハゼの黄色と黒色のペアやライトで照らすと顔がキラキラ輝くメタリックシュリンプゴビーを
じっくり写真撮影して浮上。

明日は、チュンポンピナクルに行ってきます。

報告/IYO
写真/フタホシタカノハハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/25(水) 00:17:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.24 今日も魚まみれ!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/あり
流れ/ほんのり
透明度/10-20m

Kuroribon2012001.jpg

またまた急遽のダイブサイト変更。 orz...
今日は王族の方がサウスウェストピナクル及びセイルロック周辺に
いらっしゃるということで、周辺ダイブサイトがクローズ。

サイトチェンジでチュンポンピナクルへ。

昨日と比べるとサーモクラインが分散された感じで、
20m以深はモヤモヤ。上の方は綺麗なんですけどね。。
それでも最近のチュンポンは透明度の良い所に魚がぐっちゃり!と居るので問題なし!
1ダイブずーっとタカサゴ類に囲まれながらの魚まみれダイブでした。

ずっと僕らを取り囲んでいたメンバーは、
ユメウメイロ、ササムロ、イエローバンドフュージュラーにジャワラビットフィッシュ。
他の群れを見ようと思っても視界を遮りまくり。。。贅沢な悩みです。

特にここ数日はキンセンフエダイが好調です。
今日は黄色い絨毯のように敷き詰められたキンセンの傍を、
オオクチイケカツオやツムブリ、ヨコシマサワラが駆け抜ける姿も見れました。

シェベロンバラクーダは昨日から落ち着き無く広いダイブサイトの北から南まで
駆け巡っていました。何か大物が近くに居るのかもしれません。

他にホソヒラアジやクリーニングされるアカマダラハタなど、
見所があり過ぎて1本目から窒素溜まりまくり。。

岩の上に上がってきても魚まみれ攻撃は収まりません。
ほんのりと当たる潮に向かって、
無数のクロリボンスズメダイが乱舞しています。
単体だと地味なスズメダイですが、これだけの数が集まると迫力満点!

多分この1ダイブで10万匹くらいの魚を見たかも。(笑)

続くホワイトロックではマクロダイブ。
鈴生りのゴルゴニアンシュリンプをパシャパシャ、
でっぷりと太ったイボイソバナガニをパシャパシャ、
砂地ではメタリックシュリンプゴビーをパシャパシャ、
マスクドシュリンプゴビーやギンガハゼもパシャパシャ。。。

マクロ大好きチームで潜るとなかなか前に進めませんが、
そんなダイビングが一番楽しかったりするんですよね。

30分もそんな感じに過ごしたので窒素カツカツ。
中盤に回る予定だったところはすっ飛ばして一気に浅場へ。
レアといわれるキハッソクを観察したり、
卵を育てるオヤビッチャを激写して、あっという間に50分経過。
ワイドもマクロも絶好調です。

報告/KOKI
写真/クロリボンスズメダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/24(火) 02:43:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.23 祝OWダイバー

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

OW HR

最近すごく天気の良いタオ島よりヒロアキです。

本日は、オープンウォーターコースの最終日!
終わりと思うと何だか寂しく感じますね…

バディーチェックを済ませてエントリー、ゆっくりとロープ沿いに耳抜きをしながら潜降していきます。

透明度も良く、何処を見ても魚だらけのチュンポンピナクル!
バラクーダの群れに突っ込んで遊んでみたりツバメウオと一緒にホバリングしてみたり…

初日とはうって変わり、最終日ともなると生徒さんのスキルも上達します。

OW HR

スキルも無事全て終了し、見事にOWダイバーが誕生しました。
おめでとう御座います!

そして、明日からのアドバンスも楽しんで行きましょう☆

報告/HIROAKI『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/講習生

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/23(月) 02:15:58|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.21 ジンベエニアミス、、、気を取り直してマクロダイブ!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

本日午後のトリップはシャークアイランド。
バラクーダの群れやツキチョウチョウウオの群れも見たいし、
ハゼや甲殻類なんかのマクロもはずせない~!
と、期待しながら出航、、、と思ったら減速しだしたバンザイ号。

???忘れ物か?トラブルか?
なんとジンベエ情報が飛び込んできたのです。

速攻で目的地変更。いそいそとチュンポンピナクルを目指しました。

潜ってみると午前と比べてサーモクラインが上がり、
なんだかドンヨリした雰囲気。
シェベロンバラクーダやスマの群れを眺めつつ、
ジンベエサーチをしましたが、気配無し。。。一足遅かったようです。

気を取り直してツインズへ。
砂地を這う様にマクロダイブを楽しみました。

Ginga003.jpg

タオ島の看板的人気のハゼといえばギンガハゼ。
ブルーの星を散りばめたような模様がその名の由来で、
ノーマルタイプとされる黒色個体の他、黄変個体も多く、
中には黒と黄色のペアのコロニーも。

ツインズでは足の踏み場も無い程の勢いでギンガハゼが大群生。
一人1ハゼといわず、一人四畳半ずつ割り振れる程の贅沢。

他にも人気のメタリックシュリンプゴビーやヒノマルハゼ、
ムラサメハゼやレッドマージンシュリンプゴビーなんかも群生していて、
ハゼだけで1ダイブ、いや、マニアには1日中でも飽き足りない程のハゼ天国なのです。

岩場ではスザクサラサエビの群生やクリーナーパイプフィッシュの居るクリーニングスポット、
アオマダラエイとサビウツボの珍獣コラボなんかも見れました。

明日はまたまたフルデイトリップ!セイルロックのコンディションはどうかなぁ??

報告/KOKI
写真/ギンガハゼ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/21(土) 22:13:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.21 ワイドも好調です

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

朝からチュンポンピナクルへ行って来ました。
深場は濁っていましたが中層より上は透明度もよく相変わらずの魚の大群に巻かれて贅沢なダイビングでした。

最近、イトヒキアジの雄が婚姻色を出し黒光りしながら雌を追いかけ回す行動をしています。ダイバーのことなど気にせずビュンビュン泳ぎまくるのですぐ近くで迫力ある勇姿を拝めます。

イトヒキアジ

報告/TAKESHI
写真/イトヒキアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/21(土) 04:45:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.20 元祖海の日のタオ島は晴れ渡る絶好の海日和でした。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

昨日はジンベエダイブで盛り上がったチュンポンピナクル。
今日も期待を胸に潜って来ました。

が、期待しすぎると出ない、、、というジンクスか、
残念ながらジンベエは現れませんでした。

そして昨日からは一転してサーモクラインが濃くなっていました。
それでも群れはなかなか見応えあり。

Chebron001.jpg

特にシェベロンバラクーダはピナクルの上の透明度の良い所でグルグル!!
数はそれほど多くはなかったのですが、
差し込む朝日をバックに迫力ある弧を描いてくれました。

中層ではユメウメイロやイエローバンドフュージュラーの奥から
ピックハンドルバラクーダも登場。
ツムブリの捕食も見ものです。

2本目はのんびりとマクロ。
先シーズンにゲストやスタッフが競って撮っていた“イバラカンザシと何か”シリーズ。
今年はイマイチ調子が上がってきませんが、
今日はフィラメンタスブレニーとのコラボが見れました。

Firamentas001.jpg

このフィラメンタスブレニー、もちろんイバラカンザシとのコラボが華やかですが、
単体でもよく見ると顔に赤い斑模様が入っていて通好みなのです。
結構臆病な種ですが浅場に生息してるので、安全停止がてらで狙えます。

今日はその他、ブチウミウシの産卵シーンやオビイシヨウジなども観察。
充実のAMトリップでした。

報告/KOKI
写真/シェベロンバラクーダ、フィラメンタスブレニー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/20(金) 04:39:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.19 やりました☆久々ジンベエ!!

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/29 ℃
風/あり
流れ/少し
透明度/10m

最近、少し風が出てきたタオ島。
今日も朝からBANZAI号はチュンポンピナクルを目指します。

ブリーフィングをしていると隣で別のチームが一生懸命ジンベエブリーフィングをしています。
あれ?無線で情報があったのかな??と思いながら到着すると私たちは1艘目。
まだ、他のダイバーが入っていないポイントに新月の後だしもしやジンベエ出るかな??と期待しながら潜降。

しばらく泳いでいると奥からなにやら大きな物体が。
出ました!!!ジンベエザメ☆
一人興奮して思わず『おおーーーーーーー』と叫んでしまいました。
お客さんも始め見たときには何か分からなかったけど、ジンベエと分かった瞬間に大喜び♪
jinbei_20120721112241.jpg
第一発見者だったため、しばらく独占してじっくり見ることができました。
4mくらいの個体でゆっくりゆっくり根の上を回ってくれます。

合図を送っていると他のチームもやってきました。
ボート一番乗りだったため、
周りにダイバーがたくさんいない状態で堪能することができました。

明日もまたチュンポンにいてくれないかな~

報告/IYO
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/19(木) 23:59:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.16 天気最高!夏らしい毎日です。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

今日のチュンポンピナクル、また少しサーモクラインが薄まりました!
良い傾向です。

ホソヒラアジやキンセンフエダイはいつもの如く岩傍に群れ、
中層には大型のオオクチイケカツオ、ヨコシマサワラが飛び交っていました。

深場ではホンソメワケベラに身を委ねる巨大ヤイトハタが居たり、
その背後をイトヒキアジが駆け抜けたりと、モヤモヤながらも見所たくさん!

後半は濃過ぎる程の魚影のクロリボンスズメダイに巻かれたり
忙しく駆け回るツバメウオの群れを観察しました。

2本目のホワイトロックはサーモクラインが少し上がっていました。 orz...
今日も狙いはフィラメンテッドフラッシャーラス。

FilamentedFlasherWrass002.jpg

相変わらずの暴走っぷりでなかなか手強い相手ですが、
今日はいつもより多めにフラッシングをしてくれたので、
綺麗なヒレを楽しむ事が出来ました。写真は激難しいですが。。。

窒素がたっぷりと溜まったので後半は超浅場で日向ボッコをしながら
エダサンゴに棲むヤスジチョウチョウウオの幼魚を観察。

Yasuji001.jpg

親指の爪よりも小さいながらも立派に成魚柄を見に纏い、
ピコピコとサンゴの合間を駆け巡る様が可愛いアイドルです。

天気最高!で波も穏やか!
明日のフルデイトリップも天候に恵まれますように!


報告/KOKI
写真/フィラメンテッドフラッシャーラス、ヤスジチョウチョウウオの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/16(月) 16:02:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:1

2012.7.14 チュンポンのサーモが薄まってきました!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-20m

今朝のチュンポンはサーモクラインがほんの少し薄まっていました。
まだまだ本調子とは言い難いですが、良い傾向です。
いつものサカナ達はちゃんと居るので、
この調子でサーモが消えて行けばバッチリなはず。

一方の中層はタカサゴ祭り開催中!
ユメウメイロ、イエローバンドフュージュラー、ササムロが乱舞!
ヨコシマサワラの捕食が入る度に音を立てて逃げ惑い、
その後にできる綺麗な3層の黄色いグラデーションが見物です。

2本目の沈船は予想外の透明度。良い意味で!
でも流れが入っていて沈船まで中層を泳ぐのは大変だったので、
一旦砂地へ降りてマクロで遊びながら沈船を目指しました。

砂地のイソバナにはゴルゴにアンスリンプが鈴生り!
大中小に卵持ちまで、成長過程を図鑑で見ている様でした。

続いて泥エリアではリクエストのあったハゴロモハゼ属の1種。
ドンヨリとした泥を背景に、妖艶に漂っていました。

Hagoromo001_20120715193807.jpg

ニュウドウダテハゼもあちこちに。
タオ島周辺では最大のハゼで、ヒレに走る赤紫のラインが綺麗です。

中盤からは沈船“サタクット号”へ。
サーモクラインが無く透明度が良かったので、
砂地に鎮座する巨大な人工物の独特の雰囲気を楽しめました。

終盤はお祝い!
このダイビングでなんと1400本目を迎えたリピーターゲストのYさん。
ファンダイブで1400本とは羨ましい限りです!
節目の1500本記念も是非!一緒にお祝いしましょう!!

報告/KOKI
写真/ハゴロモハゼ属の1種

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/14(土) 22:47:51|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.13 セイルに行ってきました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/8-15m

満員御礼のフルデイトリップはセイルロックを目指してきました。

水底近くはサーモクラインが濃く漂っていましたが、
その境目から水面にかけては群れ群れ群れ~!

ギンガメアジはサーモの中と上を行ったり来たりで
慌ただしく動いていました。
キンセンフエダイやシェベロンバラクーダ、
ホソヒラアジも異種同士がコラボしながら押し寄せて来ました。

SailRock_20120714190237.jpg

岩場ではロクセンヤッコやアカマダラハタのツガイを眺め、
中層には飛び交うマブタシマアジやヨコシマサワラも登場。

安全停止前には久々にミナミイケカツオの群れも姿を見せてくれました。

3本目はサウスウエストピナクルで。
他のチームがワイドネタで遊んでいるのを横目に僕らはマクロダイブ。

リベンジリクエストのあったオレンジリーフゴビーは、
ツガイで仲良く並んでいる巣穴も確認出来ました。

OrangeReefGoby007_20120714190236.jpg

岩の周りではイソギンチャクエビが小さなイソギンチャクに棲んでいたり、
アカオビハナダイがクロリボンスズメダイに混じって群れていたり、
ハナビラクマノミが卵を育てるシーンを観察したりと
『かわいい』や『きれい』をのんびりと観察。

充実のフルデイトリップでした。


報告/KOKI
写真/ホソヒラアジとシェベロンバラクーダ、オレンジリーフゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/13(金) 22:26:02|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.12 今日はWチュンポン!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度/10-15m

今朝のファンダイブボートは豪華にWチュンポン
一本目、ディープ講習も兼ねてのダイブでした。
潜降してまずは水深30m近くまで。
お連れの方は途中にいるアカオビハナダイを撮影しながら待ってもらい、その間すぐ下で深場を体験。
圧力実験や窒素酔いチェックをしたあとはみんなでファンダイブ。
ツバメウオが今日もまとまりよく、ゆっくりと漂っていたので数えてみると50匹はいました。

二本目ではイトヒキアジのペアがクルクルとダンスをしながら私たちの前へ。
何度も目の前でクルクルと、まるで写真をとってくれといわんばかりの近さでした。
途中にタンクを継続的にたたく音が響き、一瞬もしやと思いましたが単に他のダイバーを呼ぶ合図のようでした。
まぎらわしい...

今日のタオ島は曇っていてちょっと波もありましたが、水中はいつものとおり穏やかさ。
明日はフルディトリップです。晴れるといいな。

報告/RYO
写真/のちほど
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/12(木) 01:26:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.10

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/5-15m

今朝も海況は穏やか、そしていいお天気です。
そんな今朝のダイビングはチュンポンピナクル。
透明度に関しては少し浮遊物が多くなったようですが、そのぶんヤツのでそうな雰囲気はプンプンです。
ツムブリに追っかけまわされている、フュージュラーや今日もいっぱい群れているジャワラビットフィッシュなど潜降直後から群れ群れでした。
ツバメウオも根の上でゆらーりと気持ちよさそうに群れています。

2012.07.10_ツバメウオ

岩壁では1m級のアカマダラハタやヤイトハタも見られました。
シェベロンバラクーだも相変わらずで、あちこちで現れてはグルグル巻いていました。

2012.07.10_バラクーダ

今日も圧倒的な魚影を楽しむことができました。
夏休みシーズン到来のタオ島、海も穏やかで天気も良好です。

報告/RYO
写真/ツバメウオの群れとオープンウォーター・コースの生徒さん、シェベロンバラクーダの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/10(火) 04:22:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.05 NEW OW DIVER 誕生☆

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度/5-15m

午後からは少し風が出てきますが、天気が回復し青空がまぶしいタオ島。
今日も朝からチュンポンピナクルに行って来ました。

エントリーをして下を見るときれい☆
最近までサーモクラインがかかっていましたが、水底までくっきり見えます。
まずは、ゆっくり耳抜きをしながらゆっくり潜降。
初めに出迎えてくれたのが、ツバメウオの群れ。
数日前から復活して、30~40匹くらいいるので十分見ごたえがあります。

ツバメウオとシェベロン

ゆっくり見ているとそばからシェベロンバラクーダの群れが!!
どどっと押し寄せてきて生徒さん達も少しビックリ。
シェベロンバラクーダとツバメウオのコラボもしっかり観察することができました。
最後は、岩の上一面にいるハナビラクマノミを中性浮力をうまくとりながらじっくり見て浮上!

浮上と同時に「すごくきれいでめっちゃ楽しい!!」と大興奮でした。

2本目は、ホワイトロックへ!
初めにホバリングやマスク脱着、コンパスを使ったスキルをしたら後は遊ぶだけ。
タオ島の代表選手のツキチョウチョウウオやワヌケヤッコをゆっくり見て、晴れてOWダイバーになりました。

認定

すっかりダイビングにはまった2人は午後からもファンダイビングへ。
1日、がっつり4本のダイビングを楽しみました。
これからも世界中の色んな海でたくさん潜ってねーーー♪

報告/IYO
写真/シェベロンバラウーダとツバメウオ、NEW OW DIVER

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/05(木) 19:39:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012,07.05  帰ってきたツバメウオ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度/10-20m

今朝もちょっと風があるタオ島ですが外洋には支障なく出航。
本日のチュンポンピナクルもいつものとおり濃い魚影でした。
まずはリクエストによりアカオビハナダイから。
サーモクラインで見えにくいかと心配しましたが、上の方で泳いでいるオスたちをすぐに見つけることができました。
数も多く、今日も婚姻色バリバリです。
さらにホソヒラアジの群れや、各種フュージュラー、ジャワラビットフィッシュの群れ、オオクチイケカツオ、ヨコシマサワラといつものメンバーがつぎつき登場。
そして久しぶりにツバメウオの群れも登場。
20匹~30匹くらいのまとまりで根の上を行ったりきたり。
以前はこのチュンポンピナクルの上でよく群れていて、見どころのひとつ。
しかし、このところご無沙汰でした。
彼らもここでは欠かせない出演者。
出演者といえばあの主役もそろそろ登場しないかな。

二本目では一転してマクロモードでじっくりと。
注意深く岩場を見て回っているとワヌケヤッコの幼魚や、アデヤカミノウミウシなどの綺麗どころを見つけることができました。


報告/RYO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/05(木) 03:16:37|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.7.03 今日はゲストの記念ダイブでした!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少々
透明度/10-15m

外洋が復調傾向です。
1本目のサウスウエストピナクルでは、
シェベロンバラクーダの大群で遊びました。

Chebron31032012_20120706201553.jpg

ここのところ濃く居座っていたサーモクラインも、
今朝はかなり薄くなり、水底近くの少しのエリアを除いて良い感じの透明度。

そんな中を山のようなバラクーダの群れが迫ってきて、
僕らの前で後ろで、何度も旋回してくれました。

タオならでは!の大迫力シーン復活です。

岩肌に群れるクロリボンスズメダイの大群も見もの。
太陽をバックにするとそのシルエットがかっこよくて僕個人的にもお気に入りのシーン。
そこにダイバーを入れて撮影するのも良い絵になります。

大振りなヤイトハタのつがいに出くわしたり、
ツバメウオの群れにも遭遇。

もちろんマクロも健在。
婚姻色の濃く出たアカオビハナダイやエビ穴のエビ達もチェック。

そして光の差し込む浅場ではゲストの600本記念のお祝いも!

Miyukis600thDive.jpg

2本目のシャークアイランドでは流れが入っていましたが、
前半は水底を這うようにしてマクロダイブ。

あちこちに散らばる色違いのゴルゴニアンシュリンプを見比べたり、
メタリックシュリンプゴビーに大接近を試みたりして遊びました。

中盤からはマブタシマアジの群れやアオウミガメ、
ツキチョウチョウウオの群れなど、ワイドも堪能。

ラストは流れに乗って過ぎ行く景色を眺めながら安全停止。


コンディション、上がってきましたよ~!

報告/KOKI
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/03(火) 10:08:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.02 今日も期待して!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/ほぼ無し
透明度/10-15m

昨日、ジンベエ出現に沸いたチュンポンピナクル。
今日も再びと期待します。
ショベロンバラクーダ
やはりサーモクラインはあるものの上は良く見えます。
このところサーモの下に隠れていたのか見かけなかったシェベロンバラクーダの群れも現れてくれました。
グルグル巻いていると思ったら突然こちらに向かってきたりとさまざまな動きで楽しませてくれました。
中層で漂っていると、何かが捕食のためにアタックしたのか「ブォーン」という音とともにフュージュラー達が一斉に動きました。
周辺を見渡せば、ツムブリ、ヨコシマサワラ、オオクチイケカツオ、イトヒキアジなど。
結局、出そうな雰囲気は十分でしたが残念ながらヤツは現れず。

二本目はホワイトロック。
まずはじっくりとハゼ。
砂地に無数にいるタオのハゼたち。
フタホシ
特に今日のフタホシタカノハハゼは警戒心が薄い固体で20cmくらいの距離まで近寄っても全然逃げない。
じわじわと距離をつめて撮影できて、ゲストの方もビックリされていました。

タイマイ
そしてこのところよく現れるカメも登場。
今回はタイマイでしたが岩場でウロウロいているのを眺めていると、なぜか突然猛ダッシュ。
普段はゆったり泳いでいることが多いですが、本気を出すとかなり速く泳ぎますね。
その後もあちこちでダイバーに愛嬌を振りまいていました。

心配した風ですが予報も穏やかになりそうです。
そしてこの満月前後、引き続きヤツの登場を期待したいです。


報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ、フタホシタカノハハゼ、タイマイ(本日のお客様より)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/02(月) 01:02:17|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.07.01 今日はダブルチュンポン!!! なぜならば・・・!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29 ℃
風/少し
流れ/少し
透明度/10-15m

少し波が高くなる予報が出ていますが、今朝はそんな予報を感じさせない穏やかな海況の中、
目指すは人気ポイント☆チュンポンピナクルへと出発です!!
船から見下ろす水面は、真っ青。太陽の光がサンサンと降り注ぎ、より一層青さが引き立ちます。

水深20メートルあたりで、そこから下はサーモクラインの層。
その上は、透明度良好でくっきり水中が2層に分かれていました。

中層には、無数のユメウメイロや流れ星玉のようにキラキラと目の前を通りすぎる、
イエローバンドヒュージュラー。ジャワラビットフィッシュの群れも沢山。
視界を埋め尽くすかのように魚影の濃い光景を楽しみました。

沢山の魚に囲まれながらのんびり泳いでいるとその魚の群れが突風に吹かれたかのように
一揆に左右に凝縮して目まぐるしく泳ぎ回ります。
その群れの中をヨコシマサワラやツムブリといった大きな魚が鋭い目つきで狩の真っ最中。

他にはシェベロンバラクーダが縦長に並んでピナクルの上を行ったり、来たり。
こちらから近づかなくともぎりぎりのところまで群れが真正面から向かって来たり、
突然目の前で90度に方向転換したりと、じっくり見ることができました。

沢山のお魚にまみれて、お腹いっぱいの1本目を終了。

ボートに上がってみると欧米人がなにやらガッツポーズ。。。
そしてあのポーズ。。。

ま、まさか。。。

そうなんです、ジンベエザメを見たチームがいたのです。
そうなったらやっぱり、絶対見たい!!ということで2本目もチュンポン決定!
今日は、スペシャルダブルチュンポン☆

潜行後、深度13メートルあたりでコバンザメや大きめコビヤを引き連れて優雅に泳ぐ
ジンベエザメに遭遇。
あたりを見渡すとダイバーは、私たちのみ、まさに貸切ジンベエダイブ。
贅沢です!!

whaleS01jul12.jpg

ピナクルの周りをゆっくりと大きく円を描くように泳いでくれました。
無数に群れる魚の中を泳ぐジンベエザメ。
ジンベエと平行に水中を泳ぎながら、まるで一緒に水中散歩♪

ダイブタイム中ほとんど、一緒でした☆

もちろん、明日も行ってきます、チュンポンピナクルへ。
明日も会えるかな?


報告/EMIKO
写真/本日のジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/07/01(日) 03:17:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD