Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2013.01.31 流石のリチェリュー!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程々
透明度/15m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
波も無く、片道1時間であっという間に到着です。

圧巻の魚影の濃さ、華やかなコーラルびっしり、固有種やレアな人気者も次々に登場して、ゲストの皆様も大喜び!

DPP07DD0201161435.jpg

DPP07DD0201132253.jpg

トマトアネモネフィッシュ、タイガーテールシーホース、ハナダイギンポ、ビオラリボンスズメダイ、ヤマブキスズメダイの産卵、トラフコウイカ、アンダマンへビギンポの婚姻色、ブラックフィンバラクーダの群れ、キンセンフエダイやホソフエダイの群れ、各種フュージュラーの群れ、ツムブリの群れ、スカンクアネモネフィッシュ、フリソデエビなどなど、いっぱい見ました。

報告/TAKESHI
写真/キンセンフエダイの群れ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/31(木) 21:40:40|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.30 ワイドもマクロも!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程々
透明度/20m

今日はデイトリップでシミラン諸島へ行ってきました。
透明度も良く、ワイドもマクロもじっくり堪能できる一日でしたよ。

アケボノハゼが二匹仲良くホバリング。

P1300559.jpg

ロウニンアジのアタックが目の前で!

DPP07DD011F001232.jpg

人気急上昇中のシシマイギンポ!

P1300572.jpg

パイナップルウミウシみたいなやつ。

P1300591.jpg

クジャクスズメダイが穴の中で卵を育てていました。

P1300593.jpg

報告/TAKESHI
写真/ロウニンアジ、シシマイギンポ、Halgerda sp、卵を育てるクジャクスズメダイ(by 本日のお客様)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/31(木) 00:21:10|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.23-27 ハレルヤ号クルーズ 群れが満載!!

ロケーション/カオラック
天候/曇り晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-25m

1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

今回も花火を上げてからシミランへ!!
ほとんど波がなくて、揺りかごに乗ってる気分で皆さん爆睡、、、

1本目アニータズリーフ

DPP07DD011B093846_20130128162809.jpg

1本目から癒し系の砂地ポイントから始まります。
真っ白の砂地には細長いスパゲッティガーデンイールがみんな同じ向きで顔を向けてます。
ヤッコエイは砂に隠れて周りを伺っていました。
大きなハマサンゴの岩にびっしりソフトコーラルが群生し
キンギョハナダイ、スカシテンジクダイ、フュージュラーの子供などが群れます。
浅場で固有種のチョウチョウウオを見て上がりました。

2本目ウエストオブエデン
通称シーファンと言われるほどウミウチワが綺麗です。
流れが緩やかだったのでポリプが気になりましたが、
全開に開いていたので美しかったです。
ハナヒゲウツボはまだ健在で黒と青がいて
お腹が空いていたのか巣穴から体を伸ばしてスカシテンジクダイを狙っていました。
獅子舞ギンポのリクエストがあったので安全停止しながらじっくり観察しました。

3本目エレファントヘッドロック

DPP07DD0118141843.jpg

シミランの中で1番地形が面白いと思うダイブサイト。
名前の由来は水面から出ている岩が像に見えるからです。
水中は岩が重なり合っているので潜って遊んだり
岩の間を通ったりします。光が上から差し込みカーテンのように綺麗です。

4本目ウェストオブエデンにてナイトダイブ
ナイトダイビングは昼間と違ってライトを持って入り
照らすので水中生物の色がとても綺麗に見えます。
ソフトコーラルの間に隠れて寝ている小魚や巨大なゴシキエビと遭遇しました!!


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
前日の夜は雨が降りましたが朝には雲の間から太陽が顔を出していました。
まずは離れ根向かい巨大イソバナやアケボノを見てからメインに戻ります。
メインの根にはスイムスルーやチャネルを通り、景色を楽しみました。
浅場では固有種のエバンスアンティアスやコラーレバタフライを見て上がりました。

2本目スリーツリー

DPP07DD011B0A0328.jpg

シミラン最後のダイビングは癒し系のスリーツリーズ。
真っ白な砂地にアンダマンジョーフィッシュが穴から飛び出したり
綺麗なコトブキテポウエビと共生するオーロラパートナーゴビー。
すぐそばにはブラックフィンバラクーダの大群がいました。
ソフトコーラルの群生している近くにキンギョハナダイ、スガシテンジクダイが群れます。
浅い棚の上にはカメと遭遇。優雅に僕らの前を泳いでくれました。

3本目コボン・ウェストリッジ
マンタ狙いでいざエントリー!
水中入って抜群の透明度だったので少し嫌な予感。
プランクトンが多いときの方が出る確率が高いので、、、
リッヂの先端ではニザダイの仲間が集団産卵していました。
少し待ってマンタが出そうになかったので綺麗な珊瑚エリアへ。
珊瑚が綺麗なので珊瑚に住む魚も美しいです。

4本目コタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ
サンセットは魚が寝始める時間なので中層にいたフュージュラーなどが
ピナクルへどんどん帰ってきます。
真っ赤になって寝てるのもいますし、目の周りがくまの様に黒くなって寝床を探す個体も。
カスミアジ、ロウニンアジがチームププレイでハンティングしていました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目タチャイピナクル
潜降すると結構な流れていました。
頑張って潮表に向かって泳いで行くと、キンセンフエダイの群れがお出迎え!
もう少し泳いで行くとロウニンアジやカスミアジがハンティング中!
イソバナ、ウチワ、ソフトコーラルが綺麗な竜宮城に行って撮影会。
大物には、また振られてしまいました・・・

2.3.4本目リチェリューロック
タイ最北端のポイント、リチェリューロックに到着!
色鮮やかなホフトコーラルに覆い尽くされたポイントで、ワイドもマクロも面白くタイで一番人気のポイントです!
クロワッサン型のピナクルの内側に無数のキンセンフエダイの群れ!
中層には、ブラックフィンバラクーダが群れをなして優雅に泳いでいました。
このポイントのアイドルのタイガーテールシーホース

DPP07DD011B093316.jpg

新たに発見したフリソデエビ

DPP07DD011B093209.jpg

黒と黄色が綺麗なトラフケボリ

DPP07DD011B093036.jpg

天使の輪っかのトマトクマノミなど…。
サンセットナイトでは、帰宅ラッシュのフュージュラー各種・オニアジ・マブタシマアジなどの群れで遊びました。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンピナクル
いつもより少し早く起きてマンタ・レオパードを狙います!
潜降して、早速捜索開始!!!
すると、遠くの方から優雅に泳いでくるレオパードに遭遇!!!!
あの滑らかな曲線、あの優雅な泳ぎ方、かっこよすぎますね…。

2本目ボンスーンレック
魚が群れすぎていてダイバーが見えなくなるほどの魚影のポイント!!!
群れを堪能した後は、ジョーフィッシュのジャンプシーンや黄色の可愛いフタホシタカノハハゼをじっくり撮影!

S10088.jpg

あと、今回のトリップはTAKESHIのガイド会仲間の『屋久島ダイビングライフ』の
オーナー高久至さんとゲストの方がいらして下さってました!!
皆さんも屋久島へお越しの際は是非行ってみて下さい!
アツイ、生物好きな高久さんが屋久島の海の魅力を紹介してくれますよ~~。

屋久島ダイビングライフのHPはこちら


今回のトリップは、海況にも恵まれゲストの皆さんも大満足のトリップになりました!

報告/TAKESHI HIROAKI YUTAKA (ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/トリップでみた魚たち

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/27(日) 23:38:42|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.01.26 今日も穏やか、チェリューロック!

ロケーション/カオラック
天気/晴れ
水温/29℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10−15m

chikage Hirobe

前回の海ログから少し間が空いてしまいましたが、連日コンディション良好のアンダマン海です。

今日もディトリップボートはリチェリューロックへ行ってきました。
予報通り、波は穏やかでシューっと1時間ほどで到着。

一本目はほぼ潮止まり。それでもジャイアントフュージュラーやイエローバンドフュージュラーたちが上から中層にかけて群れています。

水深を深く行こうとすると不意に目の前に大きなオニカマスが登場。
ぶっとい胴体、どこを見ているのかわからない目、ちょっと不気味な感じがするのは私だけでしょうか。
迫力満点でした。

二本目ではいつものところで群れている大量のキンセンフエダイに囲まれて、さらにその上ではブラックフィンバラクーダがグルグルと。

マクロではまずはタイガーテールシーホース。
ゲストがカメラを向けると恥ずかしがるようにうつむく様子が可愛いです。
他にも眉毛のように両目の上に白点のあるスカンクアネモネフィッシュや人気のフリソデエビもしっかりチェック。

そしてトマトクマノミももちろんご紹介。両サイドに白線の残るちびっ子も元気いっぱいでした。

安全停止前に現れたのはコブシメ。今日はお目当てのメスがいないのか一匹でふらふらしておりました。

終日穏やかなコンディションでの2ダイブでした。
明日は癒しのシミランです。

報告/RYO
写真/タイガーテールシーホース(本日のお客様より)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/01/26(土) 21:55:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.01.22 今日も盛り沢山のデイトリップでした。

ロケーション/カオラック
天気/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/少し
透明度/10−15m

デイトリチームはリチェリューロックへ行ってきました。

予報より少し波がありましたが、1時間程で到着。
透明度は、、、モヤモヤが入って見通しが良くありませんでした。。。

それでも視界いっぱいに広がるキンセンフエダイやホソフエダイ、
ニセクロホシフエダイにロクセンフエダイが群れていたり、
降り注ぐようなフュージュラーの群れの下を泳いだりと、
360°サカナサカナサカナ〜!!な2ダイブでした。

深場の岩陰ではハナヒゲウツボが小魚をハンティングしているシーンや、
ゴーストパイプフィッシュが一生懸命擬態している姿に遭遇。

タイガーテイルシーホースは留守でしたが、
イヤースポットブレニーやタテジマキンチャクダイの幼魚、
トマトアネモネフィッシュの幼魚など可愛い系が健在。

Tomato20131.jpg

プチトマトは今日もお口をパクパク食べ盛り。
写真は少し前のものですが、そろそろカチューシャ卒業のようで、
白いリングが途切れそうな気配です。

ミナミハコフグの幼魚やサビウツボの若魚はそれぞれカップルで登場。

コブシメの求愛やオトメベラの集団放卵/放精シーンなどの、
生態観察も出来ました。

明日のデイトリップはシミラン方面へ。
好評の上陸ランチにプチ登山も!明日も晴れます様に!!


報告/KOKI
写真/トマトアネモネフィッシュの幼魚

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/22(火) 22:19:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.18-22 ハレルヤ号クルーズ 賑やかなトリップ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/緩やか
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

今回はど~んでかい花火を上げてから出航!!

1本目ウェストオブエデン
まずは深場にいるハナヒゲウツボやアケボノハゼを目指します。

DPP07DD0116172F31.jpg

近くにはスカシテンジクダイ、キンメモドキ

名称未設定-2

キンギョハナダイやイエローフレームフェアリーバスレット達が鮮やかに群れています。
比較的浅いところでマッコスカーズフラッシャーラスがフラッシングしていました。
岩の上ではカスミアジや小ぶりのロウニンアジ、イソマグロの超ダッシュな捕食シーンも見れました。

DPP07DD0116073758.jpg

最後は安全停止しながらシシマイギンポを見つけました。一匹見つけるとここにもあそこにもといっぱい。
流れも穏やかで、慣らしにちょうどいい感じでゆるーく一本目を終了。

2本目アニータズリーフ
この時間になると日が差してきて海の中も明るい。
まずは砂地でオーロラパートナーゴビーにスパゲティーガーデンイール。続いて、アンダマン海固有種のアンダマンバタフライフィッシュ。
さらにイエローバックフュージュラーに囲まれながらこのポイントのハイライトである根へ到着。
美しいソフトコーラルの周りにスカシテンジクダイやキンギョハナダイ達が群がりいつ見てもうっとりです。
イソバナの隙間を覗くとクダゴンベもいました。

DPP07DD0116073622.jpg

他にもピンクのイソギンチャクにいるクマノミなど、やはり今日も癒された一本となりました。

3本目エレファントヘッドロック
ここでも緩やかにクマザサハナムロの群れをかきわけるように潜降。
その周りにはカスミアジやロウニンアジも。
水底に着くとメタリックブルーが眩しいアンダマン海固有種のアンダマンダムゼルを見つけたり、深場でアケボノハゼもじっくり見ることができました。

DPP07DD0115172606.jpg

さらに再びマッコスカーズフラッシャーラス。
ここで出会ったた固体は、さきほどより長めにヒレを全開にしてくれてなおかつ近くにきてくれました。
スイムスルーを抜けて最後は水中から見上げるようにそびえたつ岩の周りで安全停止。

4本目ウエストオブエデン
最後はウェストオブエデンに戻ってナイトダイブ。
サンゴの隙間やウミシダなどに隠れている甲殻類をじっくりと見て回りました。


2日目
ノースポイント
スリーツリー
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
ちょっと風のある朝でしたが、水中はいたって穏やか。流れもほとんどなかったので離れ岩へ直行です。ここは見事なウミウチワが群生しています。じっくり楽しむにはナイトロックスがお勧め。
しばらく楽しんだ後はメインへ戻りながら、クマザサハナムロ、イエローバックフュージュラー岩場では固有種アンダマンスイートリップスなどを。

2本目スリーツリー 
シミラン諸島最後のポイント。
その名のとおり三本の木を目印にエントリー。
すぐにツバメウオがお出迎え!!

DPP07DD0116080F38.jpg

砂地に下りて徘徊していくと、オーロラパートナーゴビーやガーデンイール。
ソフトコーラルの周りにはインディアンフレームフェアリーバスレットなどのハナダイが群れています。

DPP07DD0115172722.jpg

固有種アンダマンジョーフィッシュも巣穴から飛び出し捕食していました。
サンゴの棚では今日も亀がいました。

DPP07DD0116081033.jpg

3本目コボン・ウェストリッジ
やはりマンタを期待したいところ。
リッジを目指してピンポイント潜降。
いつものサンゴの周りにはキンメモドキやスカシテンジクダイがいっぱい。
ハナダイギンポもかわいらしい顔を覗かせていました。
しばらくリッジ周辺で待ってみましたがマンタはでず。
最後にナポレオンフィッシュと出会って安全停止。。

4本目コタチャイピナクル
サンセットダイブはいつもよりちょっと遅い到着になりましたがこれが結果的にグッドタイミング。

DPP07DD0116081129.jpg

先に潜っていた他のクルーズ船と入れ替わりにエントリー
おかげで、ツバメウオ、各種フュージュラーやアジ、フエダイなどぐっちゃりな魚影を貸切状態で楽しめました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目タチャイピナクル
今日もそこそこの流れでロープつたいに潜降。
岩陰を縫うように頑張って潮表へ。
泳ぎ進むにつれてだんだんと魚影が濃くなってきます。
ソフトーラルもいい感じに。

DPP07DD0116080E07.jpg

一番潮あたりのいいところに来ると、フュージュラーが入り乱れたりその上にはカスミアジやロウニンアジ。さらにブラックフィンバラクーダの群れも
ツバメウオも岩壁に集まっていました。
朝一、目の覚める一本でした。

2.3.4本目はリチェリューロック
1本目は緩やかな流れで楽々潜降。
根の外側からソフトコーラルの綺麗な場所を泳ぎながら、群れを楽しみました。
各種フュージュラーはもちろん、キンセンフエダイやオニアジ、バラクーダなど濃い魚影でした。

DPP07DD0116081219.jpg

深場ではハナヒゲウツボにコブシメなど。

2本目も穏やかで今度は反対側からのコースどり。
マクロメインで、トマトクマノミ、タイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、フリソデエビと順に見ていきました。

DPP07DD0116080B04.jpg

3本目はサンセットダイブ
特に根の内側でキンセンフエダイをはじめ、バラクーダやギンガメアジ群れ
フュージュラーもどんどん根に帰ってきます。
イソギンチャクがしぼんでしまいクマノミがかわいそうなことに、、、

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンピナクル
お客様のリクエストでレオパードシャーク狙い!!
他のボートよりも早く行くためいつもより起床を早めに、、、
エントリーしてそこにいるサメを探します。
ぐる~と一周してみたのですが、見つからず。
中層いるフュージュラー群れとカスミアジ、ロウニンアジの群れを見て上がりました。

2本目ボンスーンレック
水底にいるジョーフィッシュ、フタホシタカノハハゼを見て
群れはギンガメアジ、キンセンフエダイ、イトヒキアジ、ニセクロホシフエダイなどがいました。

DPP07DD01160A0D35.jpg

今回はお客様が多く船上でも賑やかでした。
次回の海ログもお楽しみに!!

報告/TAKESHI RYO ERI YUTAKA (ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/トリップで見た魚達
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/22(火) 12:26:53|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.01.21 お花畑

水温/30℃
風/あり
流れ/程よく
透明度上/18m
透明度下/15m

カオラックは毎日いい天気が続いています。
今日はデイトリップでコタチャイとコボンに行ってきました。
波もなくあっという間にポイントに到着!

魚影を狙うには、もう少し流れが欲しいと思いながら泳いで行くと…
キンセンフエダイの群れがお出迎え!

大きなイソバナ、ウミウチワ、色鮮やかな珊瑚を眺めていると竜宮城のようにみえてきます。
ストロボをしっかり当てて撮影すると本来の色が浮き出てきます!

HR

シーズン始めと比べると数が少なくなってきましたが、スカシテンジクダイも健在です!

HR

色々な角度から眺めると普段見えてこない様な絵にも出会えます。

HR

いつもの場所にツバメウオが群れをなしていて、その周りにはタカサゴの仲間が無数に群れていました!

HR

安全停止をしようと深度を上げて行くと・・・
水面近くにブラックフィンバラクーダの群れが登場!!!

水面休息中にコタチャイからコボンへの移動中には、イルカの群れにも出会えました!
ボートの近くまで遊びにきてくれました。

2本目は、コボンウエストリッジ。

もちろんマンタ狙いです。
程よい流れの中、リッジ目掛けて泳いで行きます!!!
岩を掴みながらマンタ待ち。

バナナフュージュラーやクマザサハナムロが無数に群れていて、
彼らを捕食しに大型のカスミアジやロウニンアジがバンバン追っかけ回していました!
途中何度も、サーモクラインが流れてきてマンタの期待が高まりましたが今回は、現れてくれませんでした・・・。

エイブルズエンゼルとインディアンミミックサージョンの擬態ネタや固有種のイヤースポットブレニーを観察して、
後半は、浅場に群生しているリュウキュウキッカサンゴ地帯でまったり遊んで安全停止

HR

マンタは、次回に期待!

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/風景写真

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/22(火) 00:17:25|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.1.13-17 第14回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/15-25m

kn1.jpg

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

目が覚めるとそこは美しいシミラン諸島。
第14回ハレルヤ号クルーズの始まり始まり。

yumiko-san1.jpg

チェックダイブは癒し系NO1のアニータズリーフ。
美しすぎる根ではシミランのアイドル達にご挨拶周り。
シャイなクダゴンベにピンク色イソギンチャクに住むクマノミ君。

ウミウチワの前のスカシテンジクダイ、真っ赤なユカタハタが通れば、
「これぞシミラン!」という景色の完成です。

yumiko-san3.jpg

2本目はウェストオブエデン。
大きなイソマグロにタカサゴたちの大行進。
真っ赤なモヒカンのインディアンフレームフェアリーバスレット。
キンメモドキも満員電車のように「ぎゅ!」と凝縮して群れていました。

3本目は地形NO1、エレファントヘッドロック。
強い流れを感じつつ巨石を眺めていざ進みます。

yumiko-san2.jpg

アケボノハゼにクダゴンベ、美しいマッコスカーズフィラッシャーラス。
女性人気NO1ハナダイギンポの愛らしい笑顔に癒されました。

kn2.jpg

サンセット~ナイトダイブはウェストオブエデン。
タカサゴの群れにロウニンアジがアタック!する度に「ドン!」と魚の動く音がします。

浮遊するスカシテンジクダイが雪のように舞っていました。

3日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン ウエストリッジ
コタチャイピナクル

ノースポイントでは、巨大ウミウチワの美しい離れピナクルへ。
下からあおって見上げるとダイバーがこんなにちっちゃいっ!
大きな岩の間を通り抜けて浅場にいくと、エバンスアンティスやパウダーブルーサージョンフィッシュなどの綺麗な魚が群れていました!

kn3.jpg

昼食の後はドナルドダックベイに上陸して、ホワイトサンドビーチでグラビア撮影大会でした。

no8_20130118113546.jpg
9番の東側のポイントで綺麗な白砂が広がる癒しポイント!
スリーツリーズではバラクーダの群れの隣にツバメウオの群れ!
豪華な群れを堪能してさてちょっと浅場へと戻り始めると、
人懐っこいツバメウオがもう行っちゃうの?と、コミカルな変顔をすり寄せてきます。
頬にオレンジ色の斑点が綺麗なオーロラパートナーゴビーや、体色がスカイブルー色のアンダマンジョーフィッシュなどなど。。。
珊瑚エリアには、小さくて可愛いタイマイがゆっくりと僕達に向かって泳いできてくれました!
その後も近くにいてくれてじっくり撮影できました。

yumiko-san4.jpg

シミラン諸島でのダイビングを終えたあとは一路コボンへ!
マンタ遭遇の期待に高鳴る胸を押さえつつ、ウエストリッジ辺りでマンタ待ち。

しかしマンタはあらわれてくれませんでした。。。
気を取り直してフィッシュウォッチングしたり、
美しいキャベツコーラルの園での水中散歩を楽しみました。

kn4.jpg

2日目のラストダイブはコタチャイピナクルでサンセットダイブ。

タカサゴの帰宅ラッシュはまるで冬のブリザードのように私たちのほうに吹きつけてきます。
そこを掻き分け掻き分け潮あたりに向かっていくと、バラクーダの群れにも遭遇。
ビュンビュン飛び回るロウニンアジの迫力にも圧倒されます。

3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロックx3

朝イチのコタチャイはマイルドな流れの中スタートです。
ウミウチワやヤギの美しいエリアは早朝の深い青につつまれてキンセンフエダイの黄色が映えます。。
ツバメウオの群れは昨日に引き続きたくさんの変顔をこちらに向けて近づいてきてくれましたし、
シェヴェロンバラクーダのボリュームタップリな群れのおかげで朝から贅沢な気分です。

2mika_kitagawa.jpg

そしてお待ちかねのリチェリュー3本勝負!!
大人気のタイガーテイルシーホース、今日も沢山のダイバーに見つめられて恥ずかしそう。。

ハナヒゲウツボの幼魚、トラフケボリ、フリソデエビ、
白いカチューシャつけたトマトクマノミの幼魚など、マクロアイドル達にご挨拶まわりします。
コブシメのカップルたちは最近特にラブラブで、
ついつい見いってしまいますがその手つき。。ちょっと照れます(笑)

yumiko-san5.jpg

yumiko-san6.jpg

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日1本目はサメ狙いでコボン・ピナクルに飛び込んだのですが、
流れが強すぎて断念。移動してウェストリッジにて潜りました。

泳ぎまわるタコ君にインディアンスモークエンジェルフィッシュ、
浅場ではアンダマントリプルフィンの産卵も観察しました。

ラストダイブは沈船ボンスーンレック。
透明度はいまいちですが、圧倒的な魚影が待っていました。
前が見えなくなるほどのキンセンフエダイやミナミギンガメアジ、
キイロウミウシやクロモドーリスアンヌラータなのの綺麗なウミウシ、
愛くるしいジョーフィッシュにも癒されました。

お天気に恵まれ、朝日、夕日、満天の星空も楽しめたトリップとなりました!
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

hl14photo.jpg

報告/Masaru Hiroaki Eri
写真/お客様からたくさん頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/18(金) 09:13:08|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.01.17 マクロ三昧!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/少し
透明度/15m

こんばんは。
今日はリチェリューロックへ行ってきました。
今回はお休みをいただきカメラダイブです。
レンズはマクロで!!もし大物がでればコンデジで準備してます笑
タイガーテールシーホース

DPP07DD0111110C12.jpg

トラフケボリ(ソフトコーラルがポリプを開いて綺麗です)

DPP07DD0111110E04.jpg

スカンクアネモネフィッシュ(イソギンチャクから飛び出して来ました)

DPP07DD0111110F31.jpg

流れが当たっているところはフュージュラーの壁!!
ソフトコーラルも綺麗でした。

報告/YUTAKA (ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/タイガーテールシーホース、トラフケボリ、スカンクアネモネフィッシュ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/17(木) 18:05:26|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.15 穏やかにリチェリューロック2ダイブ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10m

本日のデイトリップボートはリチェリューロックへ。
波はほぼなく快適に1時間ほどで到着。 

海の中は程よい流れのおかげでソフトコーラル地帯はポリプ全開でお花畑のようでした。
ご一緒したゲストの方もその美しさに感心されていました。

yutaka e0027447_19233085

深場では今日もいつものところにニシキフウライウオがいてくれました。
近くのヤギと同色に上手く擬態しています。
もちろん定番トマトクマノミも元気に泳いでいました。

yutaka2 e0027447_19233085

その他、ワヌケヤッコの幼魚をみつけたりキンセンフエダイの群れに突っ込んだりと。
最後に小柄な女性の太もも位はありそうなオニカマスも登場。間近で見るとちょっと怖かったかも。

終始良いお天気で、波もなく2本とも穏やかにもぐることができました。


報告/RYO
写真/ニシキフウライウオ、トマトクマノミ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/01/15(火) 19:07:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.01.14 今年初のフルディトリップへ行ってきました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/ところによりあり
透明度/10m

IMG_0243as.jpg

行って来ました♪今年最初のフルディトリップ!!!
数ヶ月ぶりのフルディトリップに誰もが胸躍らせて乗船です。

朝に雨が降りましたが、すぐに止み、まぶしい朝日を背に受けて向かうセイルロックへ出発です。

一番乗りでポイントへ到着。
水面から見る海の青さは、まぁまぁ良さげ。
さぁ、ダイビングスタートです。

水中は、ところによりさんさんと太陽の光が差し込み、目の前がパット明るくなり、透明度良好☆

やや強い流れの先に向かって進んでいくとまずは、シェベロンバラクーダの群れがお出迎え。
メインの岩と離れの岩の間でぐるぐる大きな円を描いて回旋中。

それを横目に目指すは期待大の離れ

ひと際目立つ、黄色の群れのキンセンフエダイがいつもところで群れていました。
隙間を与えないほどびっしりの群がり様。

そしてそしてなんといってもセイルロックの見所ナンバーワン!!
ギンガメアジの群れ。
高さも幅も十分の巨大な群れに久々に感激しました。
本当にすごい!!

水面からの太陽の光が奪われるしまうくらい、巨大な群れによって視界は暗闇のようです。
群れに向かって突入、かき分けて泳いでも泳いでもまったく光が見えてきません。
360度、ギンガメアジの群れに囲まれます。
一度見たら忘れられないほどすごい光景です。

十分に離れで時間を費やし、メインの岩をぐるり回ります。
イエローバンドフュジュラーのちびっ子が沢山いました。
その群がり方を見てすぐ頭に浮かんだのはさくら吹雪みたいだなと。
水中のさくら吹雪。。。綺麗です。
太陽の光を浴びながら無数の数が元気に泳いでいました。

他には、でっぷりしたアカマダラハタやヤイトハタ。
中層の小魚をハンティング中の大きなオオクチイケカツオにコガネアジ。

久しぶりのセイルロックを十分に楽しんできました。

次のフルディトリップも楽しみです!!!

報告/EMIKO
写真/本日のギンガメ達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/15(火) 13:59:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.01.13 シミランデイトリップ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m

ナポレオン

本日のディトリップボートはシミランへ。
一本目のノースポイントでは水面で少し波があったものの潜降すれば快適でした。
各種フュージュラーの群れを楽しんだあとは岩場をゆっくり見て回りました。
コラーレバタフライフィッシュ、インディアンダッシラス、アンダマンスイートリップスにアンダマンバタフライフィシュなどインド洋、アンダマン海固有種を次々と。
浅場では真上から見るとスマイル顔に見えるルポックスブレニーを見た後安全停止。

シミラン諸島に上陸してランチの後はスリーツリーで2本目。
潜降するとほぼ同時にタイマイが登場してくれました。
小ぶりサイズで私達ダイバーには目もくれず捕食に夢中になっていました。
砂地に下りてはオーロラパートナーゴビーやジョーフィッシュ。その頭上ではバラクーダが。
最後に浅瀬のサンゴの棚にもどると大きなナポレオンフィッシュが登場。

年が明けてかずっと穏やかな海況&いいお天気が続いているカオラック、アンダマン海です。
これからまさにハイシーズン突入です。

報告/RYO
写真/ナポレオンフィッシュ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/01/14(月) 15:06:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.01.12 ネタが盛り沢山

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m

今日はリチェリューロックへ行って来ました。
レアもの人気者のオンパレードでした。

フリソデエビ

DPP07DD010C121152.jpg

ニシキフウライウオ

DPP07DD010D001E55.jpg

他にもワヌケヤッコの幼魚、タイガーテールシーホース、トマトアネモネフィッシュ、アンダマンウバウオ、ハナヒゲウツボの幼魚などなど盛り沢山な内容でした。

生態ネタではコブシメの1匹のメスをめぐる3匹のオスのバトルも見応えありました。

もちろん魚影の濃さは抜群で、中層でフュージュラーの群れにアタックするアジの仲間を間近に見たり、キンセンフエダイの壁の様な群れに突っ込んで遊びました。

報告/TAKESHI
写真/フリソデエビ、ニシキフウライウオ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/12(土) 16:49:13|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.08-12 ハレルヤ号クルーズ 群れが満載!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

1本目ウエストオブエデン
流れも程よく、透明度も上々。
エントリー直後の浅瀬からイエローテールフェアリーバスレットの群れがカラフルです。
沖側にはクマザサハナムロなどフュージュラーたちもいっぱい。
深場でアケボノハゼを見た後は、浅瀬に戻って獲物を狙っているカスミアジやロウニンアジを眺めながら安全停止。
ちょうど良い慣らしダイブとなりました。

2本目アニータズリーフ

DPP07DD010B092745.jpg

こちらはさらに透明度良く、気持ちの良い潜降でした。
メインの根では相変わらず、スカシテンジクダイやキンギョハナダイ、インデアンフレームフェアリーバスレットなどが群れて華やか。

DPP07DD010B092951.jpg

大きなイソマグロが登場したと思ったらものすごいスピードでフュージュラーにアタック。
大迫力でした。

3本目エレファントヘッドロック
いつものようにチャンネルを抜けて記念撮影!!

DPP07DD010B092B60.jpg

そのあとマッコスカーズフラッシャーラス。
今日も元気ヒレ全開でした。その後、再びアケボノハゼを。
ここの固体は近づいても、全然引っ込まない根性の持ち主。おかげでインド洋バージョンの特徴である黄色みがかった体色がよーく見えました。
潮あたりのいいところではやはり各種フュージュラーが入り乱れ状態。
先シーズンから売り出し中のシシマイギンポ君もしっかりチェック。

4本目ウエストオブエデンにてナイトダイブ
サンゴの隙間やウミシダなどを隠れ家とする甲殻類をじっくり観察。
夜光虫も綺麗でした。


2日目
ノースポイント
スリーツリー
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
綺麗な朝日を見ながらブリーフィングをした後にエントリー!!
透明度が凄くよかったので地形がくっきりわかりました。
岩が重なり合って隙間ができているところを潜ったり
岩の割れ目を通りました。

DPP07DD010B092D11.jpg

今回100本目を迎えられたゲストをお祝いして安全停止。

朝ご飯食べた後はバランシングロックで記念撮影

DPP07DD010B092E10.jpg

2本目スリーツリー 
シミラン最後のポイントとなるスリーツリー
今日も晴天で海の中も明るい!
まずは砂地にてヤノダテハゼのインド洋版といわれる赤いほっぺのオーロラパートナーゴビー。一匹見つければその周りにもいっぱいいました。
アンダマンジョーフィッシュもいたるところで顔を出しこちらをうかがっている様子が可愛いです。

DPP07DD010B093115.jpg

深場の美しいウミウチワやソフトコーラル地帯ではツバメウオの群れも。
最後にサンゴの棚に水深を上げていくと小さなタイマイに遭遇。

DPP07DD010B092A59.jpg

おいしいご飯を食べながらコボンへ。

3本目コボン・ウェストリッジ
入ったとたんにプランクトンでぴりぴりしていたのでマンタの期待大!!
ワヌケヤッコやアンダマンスィートリップを見ながらリッヂへ目指します。

DPP07DD010B093222.jpg

先端にはカスミアジ、ロウニンアジがタカサゴを狙おうとウロウロしていました。
水底にはソフトコーラルにタコが擬態していました。

DPP07DD010B093323.jpg

マンタは待っても出てこなかったので最後はリュウキュウキッカサンゴの群生を見て上がりました。

4本目コ・タチャイにてサンセットダイブ。
今日も強い流れでしたが、ここは流れがあってこそのポイント。
おかげで、日が暮れるにしたがって集まってきた魚達が潮表に密集して凄い魚影でした。
この調子で明日の朝も期待です。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目タチャイピナクル
強い流れのためブイラインを使ってがんばって潜降。
潮表はクマザサハナムロなどフュージュラー達がびっしり。

DPP07DD010B093624.jpg

根の下の方ではバラクーダの群れも。
いつも群れているツバメウオたちは強い流れから逃げるように岩の間に集まっていました。

DPP07DD010B093458.jpg

ソフトコーラルもポリプが開いて綺麗でした。

2.3.4本目リチェリューロック
さすが人気ポイント、今日もたくさのボートが集結しています。

DPP07DD010C081830.jpg

一本目、二本目はバラクーダやキンセンフェダイなど根の周りの魚影を楽しみつつ

DPP07DD010C081B13.jpg

人気のニシキフウライウオ、トマトクマノミやハナヒゲウツボなどをしっかりチェック。
そして今日一番は最後のサンセットダイブ。
ブラックフィンバラクーダから始まり、各種フュージュラー達が根の周りにびっしり。
そこへギンガメアジ、マブタシマアジ、オニアジなど集まって圧倒的な魚影にダイバーがお互いに見えなくなるほど。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンピナクル
今回最後のマンタ狙い!!
他のボートも止まっていなかったので入る前には情報はなし、、、
入ってみるとフュージュラーの群れが迎えてくれました。
いろんな種類がいたので華やかです!!
水底にサメがいないかと探したのですが見当たらず、、、
マンタも、、、次回にリベンジです。

2本目ボンスーンレック
何度も潜っても魚影の濃さがすごいです。
群れが1種類だけでなくいろんな種類が群れます。
水底にはハゼやジョーフィッシュなどがいました。

今回は大物が見れなかったですが
海況に恵まれいいトリップでした。

DPP07DD010C0B0510.jpg

報告/RYO YUTAKA (ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/トリップで見た魚達
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/12(土) 12:48:27|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2012.1.9 マクロでカメラダイブ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m

暑い!カオラックよりマサルが報告します。
今日はシミランにてカメラダイブをしてきました!

1本目クリスマスポイント。
ここは巨大かつ変わった形の岩が特徴のポイントです。
その形はまるでガウディーの作品のようにも見えます。

tatekin-masaru.jpg

大きなナポレオンが2匹が通り過ぎ、中層にはタカサゴがいーっぱい。
インディアンティアドロップバタフライフィッシュや、
赤ちゃんから成長途中のタテジマキンチャクダイにも出会いました。

浅場ではおどけた表情が愛くるしいシシマイギンポにカメラをロックオンです。

bera-ms.jpg

2本目スリーツリー。
淡いピンクの前にはホワイトスポッテッドラス幼魚が泳ぎ回り、
ハナダイギンポ、アンダマンジョーフィッシュ、
紫が美しいエバンスアンティアスと次々に写真を撮っていきます。

evans.jpg

ファインダーからイヤースポットブレニーが消えてしまったので、
なんで?と思い視線を上げると、目の前にカメがいました。

今日は2本ともマクロレンズでのダイビング。
可愛く色鮮やかな魚たちをクローズアップした1日でした!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/タテジマキンチャクダイ、ホワイトスポッテドラス、エバンスアンティアス
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/10(木) 06:51:39|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.03-01.07 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/曇り晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-25m

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

2013年、新年最初のトリップです。
程よい流れでソフトコーラルのポリプが開きとても美しかったです。
朝から快晴で海の中も明るいので、砂地やソフトコーラルの群生している根はこれぞシミランという華やかさでした。

IMG_4024.jpg

まだまだスカシテンジクダイが沢山群れています。
写真の背景を暗めにするとストロボの光を浴びたスカテンが星空のようにキラめいて綺麗です。

DPP_0412.jpg

シンミラン上陸の後の2本目は通称シーファンシティー、ウエストオブエデン。
西側に面しているここは岩々に群生するウミウチワが見所。
深場では、アイドルのアケボノハゼやハナヒゲウツボを順番に見ていき、浅瀬ではカスミアジやロウニンアジの捕食アタックを見ながら安全停止。

3本目はダイナミックポイント、エレファントヘッドロック。
今回のゲストはマクロ撮影に拘る人が多かったので、同じポイントでもマクロネタ重視で回りました。

この海のアケボノハゼは体色が黄色くてゴージャスなのです。

DPP_0414.jpg

クジャクベラのインド洋版のマッコスカーズフラッシャーラスもバッチリ撮って下さいました。

DPP_0415.jpg

とっても小さいシシマイギンポもピントバッチリで撮って頂きました。
鼻毛(の様な皮弁)もしっかり写っています。

DPP_0417.jpg

最後はウエストオブエデンに戻ってナイトダイブ。
ナイトダイブでは寝ているブダイの美しい模様をじっくり撮影できました。

DPP_0421.jpg

本日はめでたくそれぞれ100記念、200本記念を迎えられたゲストも!
皆様、おめでとうございます!

DPP07DD01080C0456.jpg

2日目
ノースポイント
スリーツリー
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

ヤマブキスズメダイの幼魚が綺麗な場所で泳いでいました。

DPP_0419.jpg

上から見ると笑っている人の顔に見えるルボックスブレニーが3匹並んでいました。

DPP_0422.jpg

コ・ボンではマンタを待ちつつ愛嬌のある顔のハナダイギンポ、エーブルスエンゼルフィッシュに擬態しているアンダマンミミックサージョンフィッシュなどを見つけつつ・・・残念ながらマンタは現れず。
後日に期待です。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

朝一本目は、昨日に引き続き強い流れのコ・タチャイピナクルからスタート。
流れの中、岩影や岩の隙間をうまく泳ぎながら潮の一番当たっている場所へ。
見上げると、ブラックフィンバラクーダのトルネード。

激流のコタチャイピナクルで頑張った後はいよいよ人気ポイントのリチェリューロックです。

お正月らしいお目出度い名前のフリソデエビ。
背中のハートマークも写っています。

IMG_9042.jpg

コーラルに隠れているニシキフウライウオを発見。

IMG_9034.jpg

同じくコーラルの奥深くに隠れているカエルアンコウも見つけました。

DPP_0440.jpg

そして!ボロカサゴも登場!!
この海域では珍しい種です。

DPP07DD01080A0148.jpg

他にもタイガーテールシーホースやトマトアネモネフィッシュ、マツカサウオの幼魚などのマクロネタからキンセンフエダイの壁のような群れ、超巨大なバラクーダ、各種フュージュラーの群れに突っ込む中型〜大型のアジなどなど、相変わらずネタがいっぱいの流石のリチェリューロックでした。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

今回のトリップはまだ大物が出ていません。
最後の望みをかけてコボンピナクルでもぐりました。
でるかな〜マンタ!?

潜り始めてすぐ、トラフザメが登場!

DPP07DD0108000142.jpg

残念ながらマンタは出ず・・・

クルーズの最後のダイビングは沈船ポイントのボンスーンレックです。
相変わらずのもの凄い魚影の濃さです。

日本一長い名前の魚、ウケグチノホソミオナガノオキナハギがいました。
名前が5・7・5になっています。

DPP07DD0108091F52.jpg

砂地には可愛いミジンベニハゼもいました。

DPP07DD0108092154.jpg

他にも卵を加えるジョーフィッシュや、イトヒキアジの求愛行動などじっくりゆっくり潜りました。

楽しいメンバーでお天気にも恵まれたトリップでした。
ご参加頂いたゲストの皆様ありがとうございました。
また、素晴らしい写真のご提供ありがとうございました。

DPP07DD0108000631.jpg

報告/TAKESHI、RYO、HIRO
写真/お客様提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/08(火) 09:30:53|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.01.04 丸々ジンベエダイブ。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほとんどなし
流れ/なし
透明度/15m

IMG_3724s.jpg

お天気良し。
波なし。
透明度も上がってきたタオ島です。
今日のジンベエザメは素晴らしくいい子でした^_^

潜降後、すぐに最近流行りの新しいジンベエサインを送ってくる他のお店の欧米人ガイドに会いました。
「変なサイン。でももう騙されないぞ。」

「いるみたいです。」
「うんうん」
年末年始組、最後に残ったDさんとは、もう目線で会話できてしまいます。

信じて、落ち着いて、待ちます。
この何とも言えない緊張感みなぎる時間にも慣れてきた私達。
そしてその数分後。

いた!

それからは今日は本気ジンベエダイブでした。
ずーっと一緒でした。
透明度が上の方はかなり上がってきています。
今日はジンベエを見失いません!

中層から水面へ。
また中層へ。

IMG_3754 (1)s

もういいかなあと思ったら向こうから戻ってきます。
大満足の一本でした。

報告/ASUKA
写真/本日の素敵なジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/04(金) 23:52:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.01.04 マンタ運上昇中!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/弱い
流れ/激流
透明度/30m

本当にマンタ運がついているゆたかが投稿します。
天気は快晴で波がなく
ベストコンディションでコボンに向かいますo(^▽^)o

到着後すぐにエントリーして
流れに乗ってリッヂへ!
まあまあ流れているので岩をつかんでマンタを待ちます。

DPP07DD0104110206.jpg

5分しないくらいでマンタが登場♪───O(≧∇≦)O────♪
マンタも流れに逆らって泳ぐのは辛かったみたいでなかなか前に進んでいませんでした、、、笑

Manta-04JAN2013.jpg

KOKI担当の“Team Girls”は超エア持ちが良かったので、
しぶとく岩にしがみついてマンタ観察を続けたうえ、
後半になって潮陰に出た別個体もバッチリパパラッチ!

1本目がマンタオンリーのダイブになったので、
2本目はマクロ廻りをして遊びました。

Hanadaiginpo-04JAN2013.jpg

写真はキンギョハナダイに擬態するハナダイギンポ。
ゲストから「私にしては巧く撮れた!」との声が聞こえたので見せてもらうと、
穴からひょっこり顔を出した、ハナダイらしい可愛さがバッチリ納められていました。

DPP07DD0104110354.jpg

リッヂの浅い所ではコブシメが卵を産み付けていました。

明日はリチェリューロック。
そろそろあいつがでないかな。

報告/YUTAKA、KOKI(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/ゲストより、本日の写真
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/04(金) 17:15:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2012.1.3 コブシメの世界は大変だ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/やや強い
透明度/20m

tomato-yutaka-san.jpg

新年3日でございます。今日はリチェリューにて2本潜りました!
波もほとんどなく、ブルードルフィン号は水面を滑るように走ります。

やや強めで複雑な流れを感じつつ潜降です。
場所によりですが、洗濯機のなかにいるようでグルグル回るような流れです。
なかなか体験しない流れ方なので、ホバリングして身を任せてみました笑。

タイガーテールシーホスはまた少しお引越し(移動)しまして、
今日は紫のソフトコーラルに尾を絡ませていい休憩中。

tatekin-junko.jpg

ちっこいニシキフウライウオや、ハナヒゲウツボ(黒)、
フリソデエビにトマトアネモネの赤ちゃんと、タテキン幼魚、人気どころを回ると、
あーっ!という間に時間が過ぎ去ります。

金色のじゅうたんの様に一面に広がったキンセンフエダイ、
壁際にびっしり群れるホソフエダイ、群れ群れも堪能。

kobu-yutaka.jpg

そして、今日はコブシメ祭りでした。
特大の雄と小ぶりの雌。その周りには虎視眈々とチャンスを狙う雄2匹。
さらに横にはカップルがもう1組。
雌をめぐる争いが大変なコブシメ社会の1面を見ました。

今日も充実の2本となりました!明日はコボン。
大きいのを出るのを願って!おつかれさまでした。

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/トマトアネモネフィッシュ赤ちゃん、コブシメ、タテジマキンチャクダイ幼魚
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/03(木) 22:57:52|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.01.02 明けましておめでとう御座います

水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/20m

新年明けましておめでとう御座います。

波もなく快適にシミラン諸島を目指します!!!

1本目:ダイナミックな地形のエレファントヘッドロック。

まずは、ギラギラ輝くアンダマンダムゼルを観察。
チャネルを通って行くと、そこにはディスプレイ中のマッコスカーズフラッシャーラスや体色が黄色で綺麗なアケボノハゼをじっくり撮影しました。

DPP_0367u.jpg

大きな岩が積み重なるように点在し何個もダイバーが通れるケーブがあります!

DPP_0363u.jpg

みんなで集合写真を撮りました。

2本目:癒し系白い砂地が広がるスリーツリーズ

深場を目指して泳いで行くと、ツバメウオが僕達に寄り添うように一緒に遊んでくれました。
キンギョハナダイの群れの中には、オレンジ色で可愛いハナダイギンポもいました!

DPP_0364u.jpg

オーロラパートナーゴビー、アンダマンジョーフィッシュを観察した後に珊瑚エリアに行くとタイマイが2匹で珊瑚をガリガリ食事中!

DPP_0365u.jpg

安全停止中には、シルエット撮影を遊んで本日のダイビングを終えました!

DPP_0366u.jpg

ゲストが多かったので晩御飯は、日本食とイタリアンにわかれて乾杯しました!

どうぞ、2013年もビッグブルーをよろしくお願いします!

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ダイビング風景

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/03(木) 00:01:03|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2012.12.29-01.02 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/曇り晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

2012年の最後のトリップとなりました。
待ちに待った年越しクルーズ!!
港で花火を上げて安全祈願をしてから出航。

1本目ウェストオブエデン

DPP07DC0C1F082932.jpg

通称シーファンシティーと呼ばれていてイソバナが群生しています。
イソバナの周りにはスカシテンジクダイやキンメモドキがコラボレーションしています。
守護神ユカタハタはアスミアジやニジョウサバがアタックにくると
口を大きく開けて追い出します。

DPP07DC0C1F083044.jpg

大きめのロウニンアジ、カスミアジは中層にいるフュージュラーをハンティングしていました。

2本目アニータズリーフ
潜降してまず現れたのはスパゲッティガーデンイールの群生。
今日はいつもよりググーっと近づいて観察する事ができました。
ソフトコーラル群に絡むスカテンの群れもまだまだ健在!

『ザ!シミラン!』な一枚を狙って逆立ちで撮る人や寝転んで撮る人など、
『撮ってるあなたを撮りたい!』な光景が広がりました。

後半にはイソマグロ4匹が編隊を組んで泳いで行ったり、
イケカツオの捕食シーンなどを見て遊びました。

DPP07DC0C1F082D16.jpg

3本目エレファントヘッドロック
癒しポイントから一転してダイナミックな地形ポイント、エレファントヘッドロック。
程よい流れの中を潜降後、まずはマッコスカーズフラッシャーラスが鮮やかにフラッシング。
さらに深場では人気のアケボノハゼ。

スイムスルーをくぐって潮あたりのいいところに出るともの凄い数のフュージュラー達。
それらを狙うカスミアジ達がビュンビュン飛び交っていました。

DPP07DC0C1F0C1A38.jpg

4本目ウェストオブエデンにてナイトダイブ 
ナイトダイビングは昼間と違って自分のライトを当てているところだけが光が当たるので
魚やソフトコーラルの色が綺麗に見えます。

ソフトコーラルの近くでぐっすり眠るブダイや
夜になって活発に動く回る巨大エビ。
今回は寝ているカメと遭遇できました。
明日は今年の潜り納めです。大物が見れますように、、、

DPP07DC0C1F082E32.jpg

2日目
ノースポイント
スリーツリー
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
大晦日の一本目はシミラン諸島北端ポイント。
透明度もまずまずで水底まで見渡せます。
ここではインド洋及びアンダマン海の固有種シリーズ。
体色のメタリックブルーが綺麗なアンダマンダムゼル。
水玉模様と厚い唇がキュートなコショウダイ、アンダマンスイートリップス。
インド洋固有種、カラフルなパウダーブルーサージョンフィッシュも少し群れていました。
浅瀬地帯では亀に遭遇したチームも。

2本目スリーツリー 
シミラン最後のダイビングは癒し系のスリーツリーズ。
真っ白な砂地にアンダマンジョーフィッシュが穴から飛び出したり
綺麗なコトブキテポウエビと共生するオーロラパートナーゴビーや
首を長くして餌を待つチンアナゴ。

DPP07DD0101141340.jpg

ソフトコーラルの群生している近くにキンギョハナダイ、ハナダイギンポ、スガシテンジクダイが群れます。
その上にはツバメウオやバラクーダが泳いでいました。

3本目コボン・ウェストリッジ
シミラン諸島に別れを告げて一路北へ。
リッジ先端で潜降開始。
スカシテンジクダイの群れに突っ込むツムブリ、アミメフエダイ、カスミアジの混合チームや、
インド洋バージョンのワヌケヤッコ、イヤースポットブレニー、アンダマンスイートリップスなど
人気ネタが続々登場。
残念ながらマンタは出てくれず。代わりにYUTAKAマンタをチラ見しときました。

4本目コタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ 
さらに北上してコタチャイでサンセット。今年の締めの1本。
良い具合に潮が当たっていたので、潮表を目指しました。
まずはカスミアジの捕食シーン。
ギンガメアジやロウニンアジも増え始めて、テンションも上がってきました。
そして登場!!マ~ン~タ~!!!
僕らの方へダダーン!と向かって来たマンタ様、ロウニンアジを10匹くらい引き連れていて貫禄満点!!サイズは4mくらいはあったかな?グルリ旋回して泳ぎ去って行きました。
後半は竜宮城にて撮影大会となりました。



そして夜は日本時間/タイ時間の2回もカウントダウンをしたり、
花火を打ち上げて遊んだり、シャンパンで乾杯したり、年越しそばを食べたりと、イベント盛り盛りで新年を迎えました。ありがとう、2012年。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

サワディーピーマイカ!(タイ語で明けましておめでとうございます!)
2013年一本目のダイビングスタートです。
昨日に引き続き、巨大な根に流れがあたり魚影の宝庫、コタチャイピナクル。
各種フュージュラーやその周りにカスミアジやロウニンアジ。そして頭上を見上げるとブラックフィンバラクーダの群れがグルグル。

DPP07DD0102093226.jpg

2.3.4本目リチェリューロック 
ブルーの海に潜降するとそこは紫の世界。
壁一面に美しいソフトコーラルが群生しています。
その前にはアンダマンミミックファイルフィッシュが気持ち良さそうに泳ぎ、
コブシメのカップルも求愛に忙しそうにしています。

DPP07DD0102093429.jpg

アイドルのタイガーテールシーホス、お正月の挨拶をしにくる、
ダイバーに愛想を振りまいています。

shinji-watanabe-01.jpg

極彩色のモンハナシャコはその美しさを見せびらかしているよう。
擬態名人のニシキフウライウオもゆらゆらと

DPP07DD0102093649.jpg

トマトアネモネの赤ちゃんはイソギンチャクのベッドに気持ち良さそう、
深いブルーのタテジマキンチャクダイ赤ちゃんにも出会いました。

今日もキンセンフエダイの群れが良い感じです!
じっとしているだけで、マスクの前は黄色一色に染まります!

DPP07DD0102093036.jpg

日が翳ってきた頃、サンセットダイブへと出発です。
水面を見上げれば太陽のゆらめきにうっとりします。

フリソデエビはペアでキュートな振る舞い、
暗くなるにつれ、ぎゅ!と凝縮していくタカサゴは圧巻です!

元旦ダイビングを120%楽しむことができました!!

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンピナクル
最終日はコボンに戻り、こんどはピナクルで最後のマンタ狙い。
残念ながらマンタは出ず、残念。
リッジへ流したチームはナポレオンのペアに遭遇

2本目ボンスーンレック
沈潜ポイント・ボンスーンレック。
今までのポイントとは完全に異質なポイントですが、キンセンフエダイやホソヒラアジ、タイワンカマスの圧倒的な群れに、はたまたジョーフィッシュやハゼなどマクロもいっぱな人気ポイント。
皆さんカメラを構え最後にじっくりダイブで締めました。

IMG_6594.jpg

全般的に穏やかなコンディションに恵まれた年越し新年クルーズとなりました。
年越しクルーズご参加の皆様、ありがとうございました。

年が明ければさらにハイシーズンへと突入のアンダマン海です。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


報告/KOKI RYO ERI YUTAKA MASARU(マサル・ブログ随時更新中こちら)(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/お客様提供
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/02(水) 13:57:32|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.01.02 新春ジンベエ。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/北東
流れ/なし
透明度/10m

IMG_3501s.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さあ、今年も早速出ました!
新年ジンベエザメです。

昨日の初潜りは、透明度が悪かったのですが、今朝は一転、水がきれいでした。
流れもなく、ストレス無しのダイビング。

まずは、水底のコビアの群れとものすごい数のバラクーダを堪能した後、深度を上げて前を見ると。。

いた!

今日は透明度がいいので見やすい。
そして何度も何度も帰って来てくれます。

「きっと私のことが好きなんだな」

とみんなが思ったことでしょう。
今回ももちろんチームジャパンは全員見ています^_^

今年もジンベエおめでとうございます。

報告/ASUKA
写真/2013年初ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/01/02(水) 09:39:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD