Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2013.04.30 GW真っ只中

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/10m

GW真っ只中、今日もBANZAI号は満員御礼!
午前、午後と4本潜ってきました。
朝の1本目はチュンポンピナクル。
穏やかで水底も見えて透明度もまずまず。
程よい流れの中、各種フュージュラーは今日も群れ群れ。
コガネアジやツムブリの捕食シーンや根の上に覆いつくすハナビラクマノミ畑などワイドな1本でした。
2本目は沈船ポイントSattakut。
やはりここでもユメウメイロが大量に群れていました。
船首の大砲や手すりにはハタタテギンポやガラスハゼなど見ると、小さな生き物たちが住み着いています。

お昼休みをはさんで午後の1本目は島の東側ヒンウォンピナクル。
ハープコーラルやウミトサカの群生地帯と西側とは違った水中風景。
無数に伸びているヤギを見ていくとゴルゴニアンシュリンプ、ムチカラマツエビもいました。
最後はホワイトロックでじっくりハゼウォッチ。
砂地を徘徊していくとレッドマージンシュリンプゴビーやギンガハゼがいっぱい。
たとえ巣穴に引っ込んでもまわりにいっぱいいるので一人一匹以上で写真もじっくり撮っていただけました。

午後は少しににわか雨が降りましたが、すぐにやみ夕方には真っ赤な夕焼け。
ビッグブルーのショップの目の前は美しいサンセットビーチです。

DPP07DD041E142914.jpg

そんな夕方のビーチポイントでTAKESHIチームはトウアカクマノミのハッチアウト(孵化)のシーンを観察するダイビングに出かけました。
結果は大成功で、1000程の小さな命が旅立つシーンをバッチリ見てきました。

穏やかで良いお天気の続いているタオ島です。
明日は再びフルディトリップでセイルロックへ行ってきます。

報告/RYO
写真/のちほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/04/30(火) 20:01:36|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.29 満員御礼!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

GW突入して船の上もとっても賑やかでたくさんのゲストの笑顔に囲まれています。

今日は、天気も良くベタ凪で絶好のフルデイトリップ日和となりました。
エリア最大級のバンザイ号が目指した先は、セイルロック!!

コンディション良かったので、2本潜ってきました!
水中では多くの群れに囲まれてきました!!!

潜降早々、キンセンフエダイが一面に群れていて、みんなで突っ込んで遊びました。

EOS5DMarkⅡ73のコピー

中層には、ギンガメアジの巨大な壁!!!

EOS5DMarkⅡ94のコピー

これまた沢山群れていたシェベロンバラクーダ!!!!
群れだけではなく地形も面白い!
チュムニーという縦穴には、太陽の光が差し込んでステキな光景が広がります。

EOS5DMarkⅡ77のコピー

その後、100匹くらいのツバメウオの群れが会いに来てくれました!!!

休憩時には、バンザイ号の3階から飛び降りて遊ぶゲストや日焼けを楽しむゲストも!

3本目は、サウスウエストピナクルへ!
メインの根から少し離れた所にあるシークレットピナクルに行ってきました。
その途中には、シェベロンバラクーダが渦巻いてお出迎え!

岩を覆い尽くすホソヒラアジの群れ!!!!

EOS5DMarkⅡ79のコピー

メインに戻ると体長約1.5mの5匹のコビアが水底を優雅に泳いでいました。
最後に安全停止中に記念撮影!!!

EOS5DMarkⅡ80のコピー

3本とも群れ群れなダイビングでゲストも大喜びな1日になりました。

明日は、チュンポンピナクルを目指します。

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/本日のお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/29(月) 23:38:28|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.28 300本おめでとう!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/20m

こんにちは。
GWに突入です(#^.^#)
タオ島はたくさんの人で賑わっています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日はバンザイ号でサウスウエストに行ってきました(o^^o)
水が抜群に綺麗で予定を変更して2本連続潜りました♪───O(≧∇≦)O────♪
メインの大きな岩の回りには数万匹のシェベロンバラクーダが目の前を通り、ブラックコーラルの回りには鮮やかなキンセンフエダイが群れていました。
DPP07DD041D000C29.jpg

DPP07DD041D002427.jpg

上の2枚の写真は本日300本記念を迎えられたゲストのIWAOさんから頂きました。
IWAOさん、おめでとうございます!
これからも楽しいダイビングを続けていって下さいね〜

離れ根にはホソヒラアジ、タイワンカマス、ニセクロホシフエダイ、オニアジなどが群れていました。
天気も良く最高のダイビングでした(=^ェ^=)

午後からもチュンポンという贅沢なスケジュール!
朝からワイド×ワイド×ワイドと3連続だったので、4本目はグリーンロックでじっくりマクロダイブを楽しみました。
タオ島ならではのイバラカンザシ群生地帯にフィラメンタスブレニーがいました。

DPP07DD041D001C36.jpg

報告/YUTAKA(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/シェベロンバラクーダ、ホソヒラアジ、イバラカンザシ&フィラメンタスブレニーを狙うダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/28(日) 12:39:23|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.27 ゴールデンウィーク、スタートしました!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/15m

KinsenFuedai.jpg

タオ島でもゴールデンウィークの賑わいが始まりました。
今日も晴れて絶好のダイビング日和です。
朝早い集合時間にも関わらず、既に暑い!
水温もここ数日でまた上がってきた気がします。

そんな中で午前はチュンポン2ダイブ。

水面近くの水温が上がっているため、水底との水温差でサーモクラインが漂う中、
まずはてんこ盛りのキンセンフエダイエリアへ。
大きなオオクチイケカツオやツムブリが捕食に来ていて、
その動きに反応して逃げ惑うキンセンの群れは巨大な生物のようです。

ホソヒラアジやタイワンカマスの群れも現れ、魚まみれになりながら遊びました。
後半は岩陰に隠れるアカマダラハタを見たり、ツバメウオの群れで遊んだり。
岩の上ではツムブリが編隊を組んでフュージュラーにアタックしていて、
黄色い花火が弾けるような光景を眺めて遊びました。

2本目は他のボートも居なくなり、貸切状態でまた群れ遊び。
何本潜っても毎回魚まみれになれるチュンポン。
さすがシャム湾の横綱ダイブサイトです。

水温の影響もあり、全体的にモヤモヤ感がありますが、
天候はこの先も穏やかに続く予報。
あとは透明度がググッ!と上がってくれて、
さらにジのつく大きな魚が出てくれれば完璧!
海の神様、ここはひとつ、お願いしまーす!!


報告/KOKI
写真/てんこ盛りのキンセンフエダイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/27(土) 22:21:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.26 リフレッシュダイブ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/15m

こんにちは。
カオラックからタオに帰ってきたYUTAKAが投稿します。
タオの海は半年振りなので今日はリフレッシュダイブに行ってきました。

1本目は横綱チュンポンピナクルo(^▽^)o
深場に壁になるくらいキンセンフエダイ、タイワンカマス、ホソヒラアジが群れます。
近くまで寄るとゴールデンウォールに囲まれます!(◎_◎;)
そこへコガネアジ、ツムブリがアタックしていました。
根の上にはセンジュイソギンチャクとハナビラクマノミの群れが見られます。
まだまだ潜っていたかったですが浮上しました。

グリーンロックではウミウシをじっくり観察してきました。

DPP07DD041A0F0520.jpg

報告/YUTAKA(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/セスジミノウミウシ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/26(金) 15:28:38|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.24 チュンポン2ダイブ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/15m

kazue-san.jpg

今朝のダイビングは豪華チュンポンピナクルで2ダイブ。
少し浮遊物はあるもののサーモクラインもなく水底まで見えます。
根を多い尽くすように群れているホソヒラアジを見ながら外側にでると眼下にキンセンフエダイの群れが広がっています。
相変わらず、中層では上から下までびっしりとフュージュラーたちが群れています。
そこへツムブリの激しいアタック。
いつも遠くのほうでうっすらと数匹見えるヨコシマサワラが最近群れています。
ツバメウオも少しづつ増えているようで、ブイラインのちかくでのんびり漂っていました。

GWも間近にせまってきました。
天候、海況とも穏やかな状態が続いております。


報告/RYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/24(水) 18:12:29|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.20 GW直前

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/ほぼ無し
流れ/少し
透明度/10-15m

先日までの風もすっかり収まり、今日も穏やかなタオ島です。
そんな今日はフルディトリップでセイルロックへ。
前回はニゴ二ゴだったので着くまで心配でしたが、今日は水面から見ると濃いブルーです。
yasuko ando
実際入ってみても水底まで良く見えるしこれなら文句無し。

masamichi ando
離れ岩にピンポイント潜降するとギンガメアジのアジ玉が健在でした。
無限に湧き出るようなその数は圧倒です。
さらに潮あたりの良いところに近づくにつれツバメウオやバラクーダ、ヨコシマサワラとあっちもこっちもという状態です。
途中でドーンという音と共にフュージュラーが一斉に動き、びっくりしていると大きなオオクチイケカツオのアタックでした。
迫力満点のセイルロック2本でした!

3本目はサウスウエストピナクルへ向かう予定でしたがラジオでなんとホワイトロックでジンベエが現れているとの情報。
そりゃー行くっきゃないでしょと予定を変更してホワイトロックへ。
エアーを温存しながら浅い水深でしばらく粘って待ってみたものの現れず残念・・・
しかし、しばらくジンベエ情報がとだえていたところだったので今後に期待が膨らみます。
ちなみに次の満月は26日。GWも間近!


報告/RYO
写真/本日のお客様より頂きました。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/04/21(日) 22:13:52|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.19 天気回復

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/10-15m

今日はシミラン諸島へ潜りに行ってきました。

EOS5DMarkⅡ61a

ポイントは1本目がイーストオブエデン。
深場の巨大なウミウチワを撮影しに行ってきました!
ローランドダムゼルの幼魚やプラウェーラスの幼魚をじっくり観察。
最後は、浅場の砂地エリアでマッコスカーズやアンダマンジョーフィッシュに癒されました。

2本目は、大人気サイトのエレファントヘッドロック。
青くギラギラ光るアンダマンダムゼルやツユベラの幼魚を観察してから、
定番の体色がゴージャスなアケボノハゼと赤い格子模様が綺麗なクダゴンベに会いに行ってきました。
その後、ケーブを抜けてシシマイギンポをじっくり撮影!
中層には、タカサゴの仲間やロウニンアジがハンティング中。

アフターダイブは、カオラックでも大人気のタイ料理レストラン『タキアン』でエビのお刺身をつまみに乾杯!

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ウミウチワ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/20(土) 00:18:32|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.04.18 よいお天気に戻りました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/場所によってあり
透明度/5-15m

昨日は何と、大嵐でした。。
朝起きるとものすごい風が吹き荒れ、大雨でした。外洋に行けず、島裏でゆっくり潜りました。

そして今日は。。
恐る恐る迎えた朝でしたが、幸運なことに風はだいぶ収まっていました。

では、早速外洋へ。サウスウエストピナクルです。
水中はどうかいうと、残念なことに、場所によってもやがかかり、見えません。
でも、きれいなところはすごくきれいです。
流れがあり、なかなか大変でしたが、そのぶん魚は集まってくれていました。

キンセンフエダイ、ユメウメイロ、イエローバンドフュージラーがすごい数。
シェベロンバラクーダも群れています。
巨大ヤイトハタも健在。
岩の周りのクロリボンスズメダイは、流れがあると固まって泳いでいてこれまたすごい数です。

2本目のホワイトロックがまたきれいでした!
水底まで見えて気持ちがいいです!
すごい勢いで成長するサンゴを眺めながらゆーくり泳ぎました。

これから海がまたどんどん回復しますように!

午後になって太陽燦々、波がなくなりました!
午後チームはチュンポンピナクルに行っています!

報告/ASUKA
写真/
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/18(木) 16:03:36|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.13~17 ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち雨
水温/29℃
風/暴雨風
流れ/時間により強い
透明度/10-15m

1日目
ウエストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

朝目が覚めると、シミラン諸島です。
しかし、なんかいつもと雰囲気が違います・・・
空は、どんより暗く水面もパシャパシャ・・・

1本目ウエストオブエデン

ガレ場には、インド洋の固有種マッコスカーズフラッシャーラスが鰭を全開にして泳ぎ回ってメスにアピールしていました。
すごーく小さなハナヒゲウツボの幼魚が口をパクパクお食事中!
赤くて綺麗なオオモンカエルアンコウを発見!

2本目アニータズリーフ

水中は、至って穏やか!
深場にスパゲッティーガーデンイールを撮影しに行き、メインの根にはクジャクスズメダイやヤマブキスズメダイが卵を守っていました。
根のトップには、ピンクのイソギンチャクに住むクマノミ撮影して安全停止

EOS5DMarkⅡ48

3本目エファントヘッドロック

このエリアでNo1地形派ポイント!
深場に生息するアケボノハゼとクダゴンベの近くでは、プラウェーラスが求愛していました。
長いケーブをくぐると、ハナダイギンポが群れている岩があります。
他には、日本では珍しいシシマイギンポをじっくり観察できました。

EOS5DMarkⅡ52

4本目ウェストオブエデン(ナイトダイブ)

甲殻類などを撮影して、昼間と体色の変わるチョウチョウウオなどを見比べたり珊瑚の隙間で寝ているブダイなども沢山いました。

EOS5DMarkⅡ51

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント

潮が止まっていたので、離れ根を目指して中層を泳いで行くと
そこには、大きなウミウチワが群生しています。
安全停止中には、大きなアオウミガメがを見る事ができました。

EOS5DMarkⅡ60

2本目スリーツリーズ

ここでも水中は、穏やかで深場を目指します。
砂地が広がり、そこには固有種のオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュがいました。
綺麗なソフトコーラルとスカシテンジクダイはすごく絵になります。

EOS5DMarkⅡ53

3本目コボン・ウェストリッジ

シミランからコボンへ移動中にマンタ情報が入りました。
潜降すると、タカサゴの仲間が沢山いました。
リッジの先端でマンタ待ちをしている時には、ハギが集団産卵していました!
固有種のインディアンミミックサージョンフィッシュやエイブルズエンジェルフィッシュなど撮影して安全停止
外人チームは、オニイトマキエイに出会えた様子。。。

EOS5DMarkⅡ54

4本目コタチャイピナクル

群れや大物を狙ってエントリー
予報が外れて、水中は結構流れていました。。。
ロープ沿いにゆっくり潜降して行くと、
そこには、巨大なロウニンアジとカスミアジがタカサゴを捕食中!
立体的なウミウチワや竜宮城を撮影しました。

EOS5DMarkⅡ55

3日目
1,2本目コタチャイリーフ

1本目は、コタチャイピナクルでエントリーしてみるが流れが強くて断念。
波と風が次第に強くなってきて、安全策を取りコタチャイリーフで2本潜りました。
普段あまり潜らないポイントなので、珊瑚も元気でした。
シーズン後半でスカシテンジクダイも少なくなってきている中、このポイントには沢山いました。
写真を撮るとスカテンだらけ何てシーンも至る所にありました。

EOS5DMarkⅡ57

可愛いカクレクマノミやスカンクアネモネフィッシュをじっくり撮影できました。

EOS5DMarkⅡ56

エキジットすると大変な事に。。。
海況が急変して、暴風そして豪雨・・・
ボートクルーと息を合わせて、一人ずつエキジットしました。

他のボートなどと連絡を取り合いリチェリューは、断念してコボンへ移動!
コチャチャイからコボンへ移動して行くと、無線で他社のクルーズ船が沈没したと言う情報が入ってきました。

ゲストの安全を第一に考え、コタチャイリーフをラストダイブになりました。

今回は、まさかの天候不良のため、途中から海況が目紛しく悪くなりとても残念な結果に。。。
天候や海況はどうする事も出来ず・・・

下船後は、ゲストの皆様と美味しいタイ料理で打ち上げ!!!
お酒も入り多いに盛り上がりました。

EOS5DMarkⅡ63

ご参加頂いた皆様本当にありがとうございました。
是非またタイの海でお待ちしております。

報告/HIROAKI 『HIROAKIのブログ:いつまでも残したい海がある
写真/今回のゲストが撮影した写真

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/17(水) 23:03:52|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.04.16 予報ははずれて穏やかです。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/少し
流れ/ほぼなし
透明度/10-15m

今日も賑やかにゲストの方たちと午前、午後と一日潜ってきました。
キンセンフエダイ
午前中のチュンポンピナクルはまだどのボートも来ていない、一番乗りでエントリーです。
上から下までびっしりと群れているフュージュラーをかいくぐるように泳いで行くと、バラクーダやアジの群れが続々と登場。
ツムブリもビュンビュンと捕食に泳ぎ回っています。
さらにヨコシマサワラにオオクチイケカツオなど光り物系が目白押し。
そしてクライマックスはキンセンフエダイ。
黄色の塊に見える群れは縦横無尽に広がったり集まったりと楽しませてくれました。

フィラメンテッドフラッシャーラス1
午後はゲストのリクエストで先シーズンから現れたニューカマー・フィラメンテッドフラッシャーラス。
しかしこの魚、動きがクイックで超速くカメラを構えるとちょっとしたシューティングゲーム気分です。
ブリーフィングで入念に打ち合わせして挑んだ渾身のワンショット。

天気予報ではこのところ風が出るとのことで外洋でのダイビングは危ぶまれていましたが、今のところ良い意味で予報がはずれ穏やかです。
明日もこの調子で穏やかでありますように!

報告/RYO
写真/キンセンフエダイ・フィラメンテッドフラッシャーラス(お客様より頂きました。)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/04/16(火) 23:17:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.15 見てきました

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/15m

こんばんは(o^^o)
残り僅かのカオラックから投稿しますo(^▽^)o

スピードボートは終わりましたが
今回他のスピードボートの乗り合いでコボンに行って来ました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

僕自身今年に入ってからマンタをほとんど見てないので今回は絶対に当てなければ( ̄^ ̄)ゞ
でもブリーフィングでは出るかもしれないですよの弱気に笑
まずはいつも通りのリッヂを目指します。
流れは緩やかでしたがたくさんの魚が集まっていました。
その後お客様のリクエストで深場にいるマッコスカーズフラッシャーラスヘ、、、
オスが全く元気がなくヒレを全開にしてくれません。
ちょっと落ち込んでいるところに真っ正面からマンタの登場です♪───O(≧∇≦)O────♪

DPP07DD040F122F09.jpg

しかも僕らの真上を通ってくれる大サービス!(◎_◎;)
ゆっくり泳いでいたのでじっくり見る事ができました\(//∇//)\
2本目も登場してくれてマンタダイブの一日でした。

報告/YUTAKA(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/マンタ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/15(月) 18:57:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.4.14 雨にも負けず風にも負けずに4本!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10-15m

サワディーピーマイカップ!(明けましておめでとうございます!)
タイはこの時期に水掛祭りで新年を祝います。
風と波が出てきているタオですが、今日も元気に4本潜ってきました!

1本目チュンポンピナクル。
波の影響もなく、底まで地形が丸見え。

最近の群れはちょっと深い・・けど見ごたえバッチリ。
水深30mにてキンセンフエダイの群れ(通称ゴールデンウォール)に突っ込み、
目の前にはオニアジの群れが行ったり来たり、主であるヤイトハタにもご挨拶。
ゲストも増えてきたこの時期、あの!大物の登場が待たれます。

2本目は群れにマクロに旬のグリーンロック。
表情が意外とかわいいオビイシヨウジや、紫のセスジミノウミウシ、
派手なヒブサミノウミウシに、豆大福ブチウミウシ。

長いスイムスルーを抜けるとそこはタイワンカマスの群れだった。
360度バラクーダ体験を手軽に出来てしまうタオ島、気持ちの良い1本でした。

午後の1本目は魅惑のハゼワールド、ツインズ。
どこに着底するか迷うほどのハゼ・ハゼ・ハゼ、
黄色と黒、2色のギンガハゼが同居している様子はいつ見ても不思議。

オトメベラは集団で産卵を行い、カエルウオ・フィラメンタスブレニーは、
イバラカンザシのお花畑から顔を出してちょこんとダイバーを見つめています。

IMG_0421.jpg

ビッグブルーでライセンスを取られたSさん、100本おめでとうございます!

本日最終ダイブはレッドロック(ナンユアンケーブ)
美しすぎるベラ、フィラメンテッドフラッシャーラスがヒレを全開!

シャイなのか?普段は一瞬しかヒレを全開にしないのですが、
今日はどうした!?ヒレ全開でその美しさを見せ付けてくれました。

大きなケーブ内にはノコギリウミヤッコ。

Shinji-san200Dives.jpg

そして200本記念を迎えられたSさん!おめでとうございます!

群れ、地形、マクロとなんでもありのタオ島、
充実の1日となりました!!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/記念ダイブおめでとうございます
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/14(日) 20:33:33|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.8-04.12 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/曇り時々雨
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-20m

1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

ハレルヤに乗船できるのもあと3回となりました。
ハレルヤトリップが終わればすぐにGWです。
残りわずかなので1本1本大事に潜ります!!

1本目アニータズリーフ
出航日の天気予報だと波が高い予定でしたがシミランに到着すると穏やかでした。
さて、海の中は透明度も流れもベストコンディション!!

DPP07DD040A080F50.jpg

砂地にスパゲッティーガーデンイールやヤッコエイが顔を出し
ボミーにはクダゴンベ、スカンクアネモネフィッシュ、ピンクのイソギンチャクに住むクマノミを見てきました。

2本目ウエストオブエデン
潮が当たっている大きな岩にフュージュラーが群れ
そこへロウニンアジやカスミアジがビュンビュンアタック。
アケボノハゼ、カエルアンコウ、シシマイギンポがいました。

DPP07DD040A081229.jpg

浅場ではアカヒメジ、ノコギリダイが一緒に群れていました。

3本目エファントヘッドロック
僕自身シミランの中で一番好きなダイブサイト。
定番の記念撮影スポットで1枚!!

DPP07DD040A081346.jpg

地形も面白いですがマクロも充実しています。
太平洋と色が違うアケボノハゼ、マッコスカーズフラッシャーラス、クダゴンベ
アンダマンの固有種アンダマンスィートリップ、アンダマンダムゼルなどがいました。

4本目ウェストオブエデン(ナイトダイブ)
巨大な五色海老、サンゴの間にいるかにさん。
ぐっすり眠って全く動かないブダイや夜になると色が変わる魚達を見てきました。


2日目
ノースポイント
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
まずは離れ根を目指します。
沖にはいろんなフュージュラーが群れます。
1M級のイソマグロが目の前を通ったり、巨大なイソバナをじっくり観察した後は
岩の間を潜ったりして地形を楽しみました。

2本目コボンウエストリッヂ
前日はマンタが出ている情報があったので期待が大!!
エントリーしてプランクトンが多いようで顔がぴりぴりしました。
ゆっくり泳ぎながらリッヂを目指します。
途中でバラクーダやイソマグロ、カスミアジ、ナポレオンが見られ出だしは順調。
リッヂの先端でマンタを待ってみましたが現れず、、、

3,4本目コタチャイ・ピナクル
程よい流れで流れが当たっているところに魚が集まります。

DPP07DD040A123A03.jpg

ピックハンドル、シェベロン、ブラックフィンバラクーダなどが中層に群れ
その沖には大量のフュージュラーの群れがいました。

DPP07DD040A123756.jpg

大型のロウニンアジ、カスミアジが群れで目の前を通ると迫力満点です。
今回のトリップではタチャイ島のビーチに上陸しました!!

DPP07DD040A123457.jpg

3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目コタチャイピナクル
昨日に引き続き魚の量はすごかったです。
今回はギンガメアジの大群や大きなオニカマスまで見られました。
水中はいる前は大雨だったので少し気持ちがブルーになりましたが
海から上がるときれいな虹が見られ気分も晴れました!!

DPP07DD040B110E54.jpg

2~4本目リチェリューロック
いつもはたくさんのクルーズ船が先に到着しているのですが
今回は2、3隻だったので水中が混雑していなくて良かったです。
少し前からヒメタカサゴが大量発生していていろんな魚から狙われていました。
小さいロウニンアジやニセクロホシフエダイ、キツネフエダイ、マテアジなどが
集団でハンティングしていました。

DPP07DD040B110A32.jpg

定番のタイガーテールシーホースやフリソデエビ、トマトクマノミ、トラフケボリを見ました。

DPP07DD040B110C23.jpg

最後のダイビングでは100ダイブになったOさん!!おめでとうございます。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
最後のマンタ狙い!!
リッヂにすぐ到着したのですが流れが強く、根につかまっているのに精一杯、、、
10分ほど待ったのですが現れなかったので流れに乗り
カスミアジのハンティングシーンやスズメダイの群れを見ました。

2本目ボンスーンレック
透明度があんまり良くなかったですがここは魚が多いので楽しいです。
最後にはこのポイントで圧倒されます!!
キンセンフエダイやクロホシフエダイ、ギンガメアジ、イトヒキアジ、ホソヒラアジ、タイワンカマス、ネズミフグなどが群れます。
マクロはジョーフィッシュ、カラフルなウミウシ、メタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼを見てきました。

DPP07DD040C0B0614.jpg

今回はお客様が少なく、少人数でいろいろ見れました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


報告/YUTAKA(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/12(金) 12:42:41|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.04.10 お疲れさまでした!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/15m

昨日までマリンダイビングフェアに参加すべく日本に一時帰国していてTAKESHIです。
昨晩というか日付けが変わってからなので正確には今朝なのですが、帰宅してから3時間くらいしか寝れなかったのですが、今日は今シーズンのカオラックのデイトリップスピードボートの最終日ということで、最後の〆をしてきました。

そろそろシーズンの変わり目ですが、まだお天気は良かったです。
9時に港を出航して、約一時間でリチェリューロックへ到着し、ガッツリ2ダイブしてから、予定通りに15時には港へ戻って来れました。

海の中はといいますと・・・

凄いっ!の一言。

ポイント中、魚で満ち溢れていましたよ。

今日は愛機5Dマーク3に魚眼レンズを付けて撮影してましたが、超広角レンズの画角でも表現できないほどの魚群!
この写真の左右も後ろも全て魚に巻かれている状態でした。

DPP07DD040B0A2020.jpg

マクロではタイガーテールシーホースのちびっ子が登場!
鮮やかな黄色のボディーにあどけない表情が可愛いですね。

昨日のリチェリュー2

今日で今シーズンのカオラックのデイトリップは終了です。
お越し下さいましたゲストの皆様、本当に有り難うございました!
そして毎日頑張ってくれたスピードボートのブルードルフィン号よありがとう!!

今年は自分たちの思いをいっぱい詰め込んだオーダーメイドの新造船を使いましたが、とっても使いやすく、愛着いっぱいのボートで仕事を楽しんでました。
来年も同じボートで頑張りますので、是非、乗りに来て下さいね!

さてさて、デイトリップは終わったけど、カオラックのシーズンはまだまだ続きますよ〜!
ここからはハレルヤ号クルーズ一本で勝負です。

報告/TAKESHI
写真/ヒメタカサゴの群れに突っ込むマテアジ、タイガーテールシーホース

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/10(水) 23:31:25|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.4.10 グッドコンディション・タオ島!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/なし
透明度/15m

一年で一番暑い時期のタオからマサルが報告します!
今日は午後から2本潜ってきました。

1本目はお店の目の前、ホワイトロック。
エントリーした瞬間にわかる良い透明度。
きもちよく深場へと潜降していきます。

フタホシタカノハハゼや美しいクジャクベラの、
フィラメンテッドフィラッシャーラスなど砂地、ガレ場は被写体の宝庫です。

sayako-hibusa.jpg

壁には鮮やかなヒブサミノウミウシがのろのろを歩みを進めていました。

このダイビングで100本記念を迎えたAさん!おめでとうございます!

2本目はタオが誇るハゼポイント・ツインズ。
ギンガハゼの黄色と黒が一緒に住んでいる穴でしばし撮影タイム。

今日は新月ということでギチベラの産卵を狙ったのですが、
お腹がすいているギチベラ君はメスを誘うのもそこそこにプランクトンをパクパク・・・

可愛いカエルウオ、フィラメンタスブレニーを観察して船へ戻りました。
タイの新年ということで明日から多くのお客様をお迎えするタオ島。

盛り上がる時期がやってきました~!!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ヒブサミノウミウシ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/10(水) 22:56:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.4.7 今日も元気に4本!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃
風/時間によりあり
流れ/ほぼ無し
透明度/10-15m

朝は波が高いのですが、午後になると穏やかなタオ島からマサルです。
今日も元気に4本潜ってきました!

1本目はライトハウス・ピナクル。
深い砂地ではメタリックシュリンプゴビーやフタホシタカノハハゼ、
ガラスハゼを観察し、岩の隙間にはソリハシコモンエビがたくさん!

中層にカーテンのように群れるユメウメイロに癒されました。

2本目はチュンポンピナクル。
大きなヤイトハタの脇にはオニアジの群れ、
さらに中層にはあまり見ないヨコシマサワラの群れがいました。
タカサゴたちはサワラから逃げようと玉のように固まり大迫力でした!

akamadara-ms.jpg

3本目もチュンポンピナクル!
根を覆うようにホソヒラアジの群れが行き来し、
大きなアカマダラハタはサンゴの下でじーっとして、目の前まで近づけます。

ツムブリが集団でタカサゴたちを捕食しようとダイナミックな光景でした。

4本目はグリーンロック。
やや流れを感じつつ潜降するとそこはバラクーダ天国。
ダイバーをぐるっと囲むように360度タイワンカマスが群れています。

普段はあまり群れないコガネアジが50匹ほどで水面付近を行ったり来たり。
なにをしているの?コガネアジさん・・・

もうすぐこちらタイはソンクラン(水掛祭り)。
そしてその後はゴールデンウィーク!
みなさんのお越しをお待ちしています!

報告/Masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/アカマダラハタ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/08(月) 12:10:40|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.03~07ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29℃
風/ところによりあり
流れ/ところによりあり
透明度/15-25m

シーズンスケージュールもあと数トリップとなってきましたハレルヤ号クルーズ。
4月最初の出港です。

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

1本目ウエストオブエデン
最初のチェックダイブではゆったりとスタート。
ウミウチワの群生、チョウチョウウオなどのアンダマン海やインド洋の固有種をご紹介。
安全停止中には愛嬌たっぷりのシシマイギンポをじっくりと
sisimai.jpg

2本目アニータズリーフ
シミランNO4の島に上陸後、2本目。
癒しの砂地にサンゴの根と、相変わらスカシテンジクダイやキンギョハナダイが覆い華やかです。
kudagonbe_20130408013053.jpg

3本目エレファントヘッドロック
こなれてきた3本目。
リクエストのあったマッコスカーズフラッシャーラスを狙います。
いつもの場所で今日も元気に鰭全開でした。
nakanishi mac

4本目ウエストオブエデン(ナイトダイブ)
最後はじっくりとナイトダイブ。
ウミシダやサンゴの隙間に隠れている甲殻類を見つけたり、ブダイの寝てる様子を楽しみました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コ・ボン ウエストリッジ
コ・タチャイ ピナクル

1本目ノースポイント
流れが穏やかなうちに離れ岩へ。
ここはみごとなウミウチワの群生地帯。
umiuchiwa2 fukui

朝食後はNo8の島に上陸。
何度来ても美しい眺めです。
No8_20130408013812.jpg

2本目スリーツリーズ
シミラン最後のダイブはスリーツリー。
砂地に点在する美しいソフトコーラルを見ながら、オーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュなどじっくりと見て回りました。
nakanishi treethree1
後半の浅いリーフでは亀が登場。
treethtree fukui

3本目コ・ボン ウエストリッジ
潜降直後リッジ近くではカスミアジやイケカツオの群れが集団捕食。
リーフでハナダイギンポやインディアンミミックサージョンフィッシュとエーブルスエンゼルフィッシュを見比べたりとのんびりダイビング。

4本目コタチャイ(サンセットダイブ)
いつものコタチャイらしくなく濁っていましたが、この時間帯の魚の密集度は期待をうらぎりません。
フュージュラーの幼魚たちもびっしり群れています。
tachai toshimichi nakanishi

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目コタチャイピナクル
昨日同様ちょっと濁っていましたが、カスミアジやロウニンアジの激しい捕食シーンに遭遇。
安全停止中に現れたブラックフィンバラクーダの群れにびっくり。
tachai fgkui

2.3.4本目はリチェリューロック
フリソデエビにトマトクマノミ、ニシキフウライウオなどマクロの人気者をしっかりチェック。
そして最近現れた体長3cm位の超チビッコのタイガーテールシーホース。
魚影もキンセンフエダイ、各種フュージュラーやアジなどいっぱいでした。
サンセットではサーモクラインが流れ込み一挙に濁ってしまいましたが、ロウニンアジやマテアジの激しいアタックなど楽しめました。
tiger toshimichi nakanishi

furisode toshimichi nakanishi


4日目
コボンウエストリッジ
ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッジ
最終日、コボンまで戻ってきて1本目。
雰囲気は十分あったのですが残念、マンタは現れず。

2本目ボンスーンレック
本クルーズ中一番の魚影ポイント。
最後は思う存分群れ群れダイブで締めくくりました。


今回のトリップ中に素敵な出来事がありました。
欧米人ゲストカップルの彼が洋上でプロポーズ!勿論、彼女は涙を流して喜ばれめでたくご婚約となりました。
末永くお幸せに!
hallelujah2.jpg

シーズンもあとわずか。なごり惜しみながらのトリップでした。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。
hallelujah_20130408014139.jpg


報告/RYO
写真/お客様から頂きました。



タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/04/08(月) 01:09:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.04.06 西風に悩まされた一日でした。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃-31℃
風/なぜか西風
流れ/ほぼ無し
透明度/10-20m

IMG_1059cp岩ns

暑い。暑い。暑い。暑い!!!
と叫びたくなるような連日の暑さ。
本当に暑い。
そして海も温かくなり過ぎてきて、ちょっとサンゴが心配ですね。。

さて、3月終わりから4月はずっと湖のような穏やかな海だったのですが、なぜか昨日から風が出てきました。しかも西風。。

昨日から伊豆のショップツアーRIZEさんがいらしています。
それなのに今朝は、何と、外洋断念。。
悔しい。チュンポンピナクルきれいやのに。。

ヒンウォンピナクル、ラムティエンベイという東側ダイブサイトに行ってきました。
ハープコーラル、ヨロイウオといった、東の生物たちに久しぶりにご挨拶。
ラムティエンベイでは、タイマイ(海亀)に遭遇。
昨日から、ブリーフィングでいるかもしれませんと言っておきながらずっと会えなかった亀なので、みなさん喜びもひとしおです。

午後からはぜひ外洋に!
と思ったけど、やっぱり風が強いやん。
東側、ラムティエンケーブでケーブくぐり。もう少し、透明度がほしい。
タイワンカマスが群れていますが、もう少し、魚がたくさんいるのを見てほしい!

と思った結果、何と、4本目でチュンポンピナクルにトライしました。
不思議なことに夕方になると風が止みます。不思議や。。
その瞬間を狙いました。

やっと潜れたチュンポンは、いつもにもまして素敵に見えました。
4本目なので、深度は下げられませんが、水底まで見えます。そして、すごい群れ!
特に今日は、ジャワラビットフィッシュが壁。白い壁が動いています。
スマがぎらぎらしながらすごい数で群れ。
ヨコシマサワラも群れています。
オニアジ、ホソヒラアジもすごい。
岩の上はイソギンチャク、黒リボンスズメダイがすごい数。
アクセントにツバメウオ。

やっぱりチュンポンピナクルは一日一回は行くべきやね。

と再認識した一日でした。

報告/ASUKA
写真/イメージです。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/07(日) 15:09:05|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.03.29-03.03 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-20m

1日目
ウエストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

アンダマン海のシーズンものこりわずかとなってきました。
3月出発最後のクルーズです。

1本目アニータズリーフ
快晴の朝、一本目は流れも穏やかで透明度も抜群でした。
ゆったりと砂地を流しソフトコーラルがびっしりと着いた根をじっくりと楽しみ、一本目から皆さんテンションアップ。

DPP07DD0402092F25.jpg

朝食の後は恒例の島上陸。
美しいホワイトサンズ、快晴の空、初日から日本に帰りたくないねーとのお声。

2本目ウエストオブエデン
ゴツゴツとした岩の多い地形のまわりにカスミアジやロウニンアジが現れ、マクロではギンポやカエルアンコウもいたりとさらにヒートアップ。

3本目エファントヘッドロック。
二本目から上がってくるともうお昼。
美味しいランチを食べた後はさらにダイナミックポイント、エレファントヘッドロックです。
このダイブでゲストのSさんがめでたく500本記念を迎えられました。

DPP07DD0402090745.jpg

Sさんおめでとうございます!

4本目ウェストオブエデン。
本日最終ダイブはウェストオブエデンに戻って、各チームサンセットダイブやナイトダイブを楽しみました。サンセットダイブのチームではタイマイ登場。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
昨日と同じく流れは穏やかだったので、離れ岩へ直行。
ここには見事なウミウチワが大群生しています。
途中でいいサイズのイソマグロが横切って行きました。
浅場では頻繁に繁殖を繰り返しているクマノミのコロニーをチェック。
今日もあるかなーと覗いてみるとやっぱり卵があり必死で守っていました。
まだ鮮やかなイクラ色で産みつけて間もないようでした。

2日目のシミラン上陸は名所バランシングロックへ。

DPP07DD0402090924.jpg

一汗かきながらながら登りきったら絶景が広がります。
記念撮影をしたりとしばし楽しみました。

2本目スリーツリーズ
本クルーズ中、シミラン諸島最後のポイントです。
浅いリーフの上からエントリーしてまずは砂地へ。
中層にはツバメウオが、、、

DPP07DD0404060D60.jpg

オーロラパートナーゴビーや固有種アンダマンジョーフィッシュなどをじっくりと。
沖の方ではバラクーダの群れを見たチームも。

DPP07DD0404061225.jpg

今回のダイブで500本迎えられたTさん。おめでとうございます。

3本目コボンウエストリッヂ
岩壁づたいにゆっくりとリッヂに向かうとバナナフュージュラーの幼魚がびっしり。
その周りを見渡すとカスミアジやロウニンアジがウロウロしながら狙っている様子。さらにイケカツオの激しい捕食シーンも。
エーブスエンゼルフィッシュとそれに擬態しているであろうインディアンミミックサージョンフィッシュを見比べたりいつものハマサンゴで穴から顔を出しているハナダイギンポなどなど。

4本目コタチャイピナクル(サンセットナイト)
水面近くは少し流れがあったものの、下はほどよい流れ。
流れの真正面へいくと「これでもか!」というほどの魚影です。各種フュージュラーが360°取り巻き、その周りには立派なサイズのロウニンアジやカスミアジ、バラクーダの群れも。

DPP07DD0402091035.jpg

本クルーズ中これまでのダイブで一番の魚影でした。
明日の朝も楽しみです。

3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

今日から4月!
1本目コタチャイピナクル
水中での混雑を避けるため他のクルーズ船と時間差をつけてのエントリー。
狙いどおり他のダイバー達と入れ違いで楽しめました。
昨日同様にびっしりと群れているフュージュラーやそれをとりまくカスミアジやロウニンアジ。
水面では流れのためロープで鯉のぼり状態でしたが、しかしおかげで圧倒的な魚影を楽しむ事ができました。
期待を裏切らないポイントです。

朝食を食べながらいよいよリチェリューロックへ。

2~4本目リチェリューロック
すでに数隻クルーズ船がいましたが、水面は波もなく穏やか。
流れもほどほどで透明度も良いし理想的なコンディション

DPP07DD0402092023.jpg

キンセンフエダイの群れ、タイガーテールシーホース、トマトクマノミ、フリソデエビなど定番どころをしっかりご紹介。

DPP07DD0402090F27.jpg

DPP07DD0404060F36.jpg

魚影もバラクーダの群れから各種フュージュラーとさすがマルチなポイントです。
特に4本目のサンセットダイブではこのところ増えているフュージュラーの幼魚がびしり。
そこへロウニンアジ、カスミアジ、マテアジ、マブタシマアジ、ツムブリなどが捕食のための争うように猛攻。
アジ達が突っ込むとフュージュラー達がブォーンと音をたてて逃げ惑うシーンの連続です。
大迫力でした。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
潮汐表通りで流れが全くなかったです。
リッヂの先端まで距離があったのでマンタを待つ前にマクロを、、、
大家族のクマノミを観察しているとおとうさんが卵に綺麗が水をいくようにヒレでパタパタしていまいした。
穴から顔を出すフタイロカエルウオ、ハナダイギンポなどなど。
そのあとリッヂの壁でマンタを待ちましたが現れず。。。

2本目ボンスーンレック
透明度があんまり良くなかったですが
ここは魚が多いので楽しいです。
フエダイの仲間やギンガメアジ、イトヒキアジ、ホソヒラアジ、タイワンカマス、ネズミフグなどが群れます。
マクロはジョーフィッシュ、カラフルなウミウシ、ハゼを見てきました。
毎回思うのですが時間が足りずに浮上します。

DPP07DD0403153350.jpg

今回はカオラック店、タオ島店のリピーターの皆様と岡山県からお越しのダイブショップ 「EPOCH DIVE SERVICE」ご一行様をお迎えして、欧米人ゲストと合わせて満員御礼のトリップでした。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


報告/RYO YUTAKA (ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/03(水) 06:29:42|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD