Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2013.11.26 スピードボート再開!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

masaru0093.jpg

お天気が優れなかった2日間でしたが、今日は快晴!
2日ほどスピードボートもお休みしていましたが再開!
そして海もやや波は残っていますが、リチェリューロックへひとっ飛び!

今日もキンセンフエダイが気持ちよくダイバーをお出迎えしてくれます。
程よい潮が当たり、美しさも100%、紫色のソフトコーラルが根を覆っています。

砂地でホバリングしているのはトラフコウイカ、
サイコロ・サイズのミナミハコフブの赤ん坊、泳ぎがコミカルなのです。

潮当たりではタカサゴたちがアジから逃げ惑い、
ふと見上げると、ブラックフィンバラクーダの群れ!!

目まぐるしく次から次へと人気のお魚が登場するこのサイト。

もうすぐ12月!年末に向かって皆様のお越しをお待ちしていまーす!!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/27(水) 00:44:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.19.-11.23 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々雨
水温/29℃
風/日によりあり
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1本目リチェリューロック
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目コタチャイ・ピナクル

目覚めると世界の有名ダイブサイト・リチェリューロック。
第3回ハレルヤ号クルーズの始まり始まりー!

1〜3本目リチェリューロック。
ダイバーをまず迎えてくれるのはキンセンフエダイの群れ。
流れも無く穏やかな場所に群れているので写真もとっても撮り易いのです。

DPP07DD0B170B2252.jpg

壁には一面、紫色のソフトコーラルが群生して、
そこからちょこんとトマトアネモネフィッシュが顔を出しています。

DPP07DD0B170B1E08.jpg

ブルーに輝くワヌケヤッコの赤ちゃん。
とっても恥ずかしがりやで、たまに顔をだしてはこちらを伺っています。
小さいタカサゴたちを捕食しようと集まっているのはマテアジ。
素早く群れに突進したと思うと、お口をパクパク。
大きなピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダ。

DPP07DD0B170B2540.jpg

いつも「あっ!」という間に時間が過ぎてしまうのがリチェリューなのです。

4本目はコタチャイのピナクルにてサンセット・ナイトダイブ。
日が落ちるにしたがって増えるその魚影は圧巻です!
タカサゴでしょうか、小さい魚が玉のように集まっては、
捕食者から逃げるように大きくその姿を変えていきます。
サンゴが美しい場所でじっくりと写真撮影大会。

DPP07DD0B170B2832.jpg

大きなイソバナの前を真っ赤なユカタハタが横切れば、美しい写真の完成です。

2日目
1本目コタチャイ・ピナクル
2本目コボン・ピナクル
3本目コボン・ウェストリッジ
4本目タートルロック

1本目コタチャイピナクル

DPP07DD0B170B2725.jpg

今日も暑い!真っ青な海へエントリーして2日目のスタートです。
程よい流れを感じつつ深場へと進んでいきます。
コラーレバタフライフィッシュの群れがまずはお出迎えしてくれ、
さらに進みサメがいそうな場所を回って見ますが、今日はお留守。
中層で群れるイエローバックフュージュラーを呼んでみるとあれよあれよと、
目の前は黄色一色に染まります。すぐ前のダイバーが見えなくなりそうなほどです。
イヤースポットブレニーの可愛い姿に癒されてから安全停止をしました。

2本目コボン・ピナクル。
最近ちらほらと「大物がいるらしい」と噂に聞くコボン。
さーてポイントに到着したなと思うと水面に何やら水玉模様の動く影・・・
ジンベエ!!!! 

DPP07DD0B170C0112.jpg

さっ!とブリーフィングをしてエントリーしてしばらくすると水中でも会うことが出来ました。
2・5m程の可愛いジンベエザメは何度かダイバーの周りをグルグルとして去っていきました。
マンタ狙いのコボンで素晴らしいサプライズが待っていました!
しかもM御夫妻は結婚記念日でした!

DPP07DD0B170A2C20.jpg

3本目も見れるかなーとコボン・ウェストリッジにて潜ります。
ここは固有種の宝庫で、アンダマンダムゼルにアンダマンバタフライフィッシュ、
アンダマンミミックサージョンフィッシュやアンダマントリプルフィンなどなど。
ハマサンゴの下にソフトコーラル。それらを覆いつくすスカシテンジクダイは、
この時期限定の大きな見所です。
欧米人チームは泳ぎ去るレオパードシャークも一瞬ですが見たそうです!

4本目シミラン諸島8番のタートルロックにてナイトダイブ。
美しいウミウチワやソフトコーラルをじーっと覗き込んできました。
そこには小さいボラダイルツノガニやウミタケハゼがいて、
とっても簡単に素敵なマクロの写真が撮れてしまうのです!
大きなロブスターや、次々と体色を変化されるタコ君なども観察できました。

3日目
1本目スリーツリー
2本目ノースポイント
3本目エレファントヘッドロック
4本目ウェストオブエデン

少し雲が出てきたシミラン諸島です。今日も元気にダイビング!

1本目はスリーツリー。やや流れを感じつつ砂地へと向かうと・・
穴から顔をだしてキョロキョロしているのはアンダマンジョーフィッシュ。

これでもかっ!という量のスカシテンジクダイがソフトコーラルの周りに群れ、
ハナダイギンポの可愛いオレンジ色の顔が穴から覗いています。

DPP07DD0B170B2D22.jpg

アンダマンフォックスフェイスやエバンスエバンスアンディアス、
固有種も満載なのがスリーツリーの醍醐味の1つでもあります。

2本目はダイナミックな景色、ノースポイント。
離れ根まで進むと巨石に巨大なウミウチワが並んでいます。

ゴージャスな色合い、アケボノハゼの近似種が今日も気持ち良さそうにホバリングしていました。

DPP07DD0B160E0F45.jpg

カメの登場。

DPP07DD0B170B2E20.jpg

インディアンスモークエンジェルフィッシュや、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュなどもじっくりと観察することができました。

3本目は地形人気NO1のエレファントヘッドロック。

kyoichi-san.jpg

切り立った巨石を横目に深場へと進むと、
美しいベラ、マッコスカーズフラッシャーラスはヒレを全開にして、
それを閉じることなく、ダイバー達にずーっと美しいヒレを見せびらかせていました。

DPP07DD0B170B3031.jpg

中層ではクマザサハナムロなどタカサゴたちがマスクの前を行ったり来たり、
その周りには大きいカスミアジが群れで行進中。

最後は浅い場所でひょうきんな表情シシマイギンポ

DPP07DD0B170B2F25.jpg

DPP07DD0B170B3209.jpg

を観察して、地形・群れ・マクロと充実の1本となりました。

4本目はウェストオブエデンにてサンセット〜ナイトダイブ。

DPP07DD0B170B3120.jpg

中層にはスカシテンジクダイが星のように広がり、
アンダマンチョウチョウウオやパウダーブルーサージョンフィッシュといった、
色鮮やかなお魚が色彩にアクセントを加えています。
寝ている極彩色のブダイ君にご挨拶をして安全停止に入りました。

4日目
1本目ボンスーンレック
2本目ボンスーンレック

1、2本目ボンスーンレック
波がたかったので透明度が落ちていると思いましたが
まずまずの透明度でほっとしました。
潮当りの良い場所ではフュージュラーやキンセンフエダイなどのフエダイの仲間群れ
ペアーでイトヒキアジが回遊し、ネズミフグが数匹かたまって泳いでいました。
マクロは船の壁などにウミウシがついていたり、砂地にはハゼがいました。

今回はジンベエの登場があり船上が盛り上がりました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

DPP07DD0B170A2505.jpg

報告/YUTAKA MASARU (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/23(土) 12:01:50|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.11.22 ボンスーンレック

ロケーション/カオラック
天候/雨&曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/ほどよく
透明度/12m

今日はデイトリップでコボンへ行く予定でしたが波が高いので予定変更して沈没船ポイントのボンスーンレックへ行ってきました。
相変わらずの魚影の濃さでゲストにも楽しんで頂けました。
[広告] VPS


報告/TAKESHI
動画/ボンスーンレック
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/22(金) 20:37:43|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.21 コボンのジンベエザメ

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29℃
風/あり
流れ/ほどよく
透明度/25m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行く予定が波が高いので予定変更してコボンへ行って来ました。
そしたらそれが大正解で、コボンでジンベエザメと遭遇!
写真は本日のゲストから頂きました。

M0012356.jpg

動画はガイドしながらゲストの後ろからこっそり撮ったGoPro動画です。
[広告] VPS


報告/TAKESHI
写真/コボンのジンベエザメ (本日のお客様)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/21(木) 19:43:47|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.19 やっぱりリチェリューは面白い!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/10-20m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
往路はアゲインストの波があり、ゆっくり走ったのでちょっと時間がかかってしまいました。
ポイントに着いてからも水面もちゃぷちゃぷしていたのですが、水中に潜ってしまえば穏やかでした。
基本的には透明度が良いのですが、所々流れが入るところが濁ってましたが、そういうところに限ってもの凄く魚影が濃くて面白かったです。

[広告] VPS


報告/TAKESHI
写真/ゲストダイバーとリチェリューの魚群
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/19(火) 23:37:53|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.19 お天気がいまいち。。アドバンス講習終了!!

ロケーション/タオ島
天候/曇り時々雨時々晴れ
水温/29℃
風/北東より少し
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/5m

IMG_0600ans.jpg

ここのところ雨続き。
風も出てきて、一気にローシーズンがやってきてしまったかんじのタオ島です。

今朝はアドバンスコースのディープ講習。
何としてもチュンポンピナクルに行きたいところです。

朝起きてどうかなあと風を見ると、そんなでもなさそう。
朝一チュンポン行ってきました!

思ったより波もなく、そして水中に入ってしまえば透明度もいいかんじ!
水底まで見えています。

このシーズン特有の利点は、ダイバーの数が少ないこと!そして魚がとにかく多いこと!
今日もホソヒラアジの群れ独占。
ピックハンドルバラクーダの群れは浅いところを悠々と泳いでいて、かなり近くまで来てくれました。

巨大なヤイトハタはいつもの岩の上に。
「大きいのがいるよー。」
って指さしても、Kさん「ん?」
どれだか認識できないくらい大きい!

ユメウメイロの数も半端ではありません。
近場のポイントは雨の影響か濁っていますが、チュンポンピナクルはまだまだ楽しめます!

ダイビングの後半は、太陽も現れ、オープンウォーターの講習からずっとお天気が悪かったKさん。
最後になって晴れてよかった!!?

報告/ASUKA
写真/ヤイトハタ(イメージ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/19(火) 16:24:59|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.18 今日もダイビング日和でした

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/25-30m

今日はコタチャイとコボンに行ってきました。
海は相変わらず良いコンディションでした。

[広告] VPS


ゲストのTaekoさんが美しい写真をたくさん撮ってくれました。

タチャイの竜宮城。

DPP07DD0B12173757.jpg

コボン・ウェストリッジのコーラルの壁。

DPP07DD0B12171E52.jpg

報告/TAKESHI
写真/本日のゲストに頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/19(火) 00:27:20|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.17 シシマイ&ギャラクシー

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/25-30m

今日は予報に反して多少波が高かったです。
が、水中は絶好調のシミラン諸島へ行って来ました。

ブサカワイイと評判のシシマイギンポ。
日本では小笠原と屋久島でしか見つかってません。

DPP07DD0B12163A19.jpg

スリーツリーズは大量のスカシテンジクダイで埋め尽くされています。
下の写真の背景のキラキラした丸いのは全て天然スカテンです。

DPP07DD0B12171430.jpg

明日は大好きなコタチャイだ!

報告/TAKESHI
写真/シシマイギンポ、タテジマヘビギンポとスカテン

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/17(日) 23:42:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.17 GoProでこっそり撮って来ました

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/25-30m

今日はデイトリップでシミラン諸島へ行って来ました。
ポイントはノースポイントとスリーツリーズ。
どちらも大好きなポイントなのでガイドにも気合いが入ります!

動画は最近ハマっているGoProです。
小さいのでBCDのポケットに入れておいてガイド中の余裕がある時にこっそり撮影しています。
ゲストと魚やサンゴを撮ってプレゼントすると喜んでもらえます。

それにしてもノースポイントの離れ根のウミウチワは立派です!
そしてスリーツリーズのスカテンも素晴らしい!!

[広告] VPS


明日はコボンとコタチャイへ行ってきます。

報告/TAKESHI
写真/ゲストダイバーとウミウチワ、スカシテンジクダイ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/17(日) 23:22:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.11-15 第二回ハレルヤクルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時間により強い
透明度/15-20m

1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

今回2回目のハレルヤトリップです!!
出港時の定番は今年もやります。

1本目アニータズリーフ
シミランはどこに行っても透明度がいい!!
真っ白な砂地にはチンアナゴやスパゲッティーガーデンイールが顔を出し

DPP07DD0B10161627.jpg

ボミーにはクダゴンベ、ピンクのイソギンチャクに住むクマノミがします。

DPP07DD0B10160733.jpg


岩にたくさんのソフトコーラルが付いていて、シーズン始めはスカシテンジクダイがうじゃうじゃいるのでライトが当たると雪景色のように光ります。

2本目ウエストオブエデン
潮が当たっている大きな岩にフュージュラーが群れ
そこへロウニンアジやカスミアジがビュンビュンアタック。
通称シーファンシティのウミウチワも元気です。
浅場にはブラックピラミッドバタフライやコラーレバタフライが群れていました。

3本目エファントヘッドロック
僕自身シミランの中で一番好きなダイブサイト。
定番の記念撮影スポットで1枚!!
地形も面白いですがマクロも充実しています。

DPP07DD0B10161724.jpg

マッコスカーズフラッシャーラス、アンダマンの固有種アンダマンダムゼル、スカンクアネモネフィッシュなどがいました。

4本目タートルロック(ナイトダイブ)
ハンティングをするウツボやミノカサゴ。
サンゴの間に身を隠しているカニさん。

DPP07DD0B10161816.jpg

ぐっすり眠って全く動かないブダイや夜になると色が変わる魚達を見てきました。


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッヂ
コタチャイ・ピナクル

1本目ノースポイント
まずは離れ根を目指します。
今年になって新種になったアケボノハゼのインド洋バージョン。

DPP07DD0B10160B52.jpg

沖にはいろんなフュージュラーが群れます。
1M級のイソマグロが目の前を通ったり、巨大なイソバナをじっくり観察した後は
岩の間を潜ったりして地形を楽しみました。

2本目スリーツリーズ
シミラン最後のダイブ。
癒し系ポイントで真っ白な砂地にハマサンゴが点在しています。
フタイロカエルウオをスカシテンジクダイをバックに

DPP07DD0B10160D45.jpg

ハマサンゴの周りにはスカシテンジクダイやキンギョハナダイが乱舞。
真っ白は砂地にはジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビーがいました。

3本目コボン・ウエストリッヂ
2本目上がって直ぐにマンタがでている情報が入り
期待をしながらコボンへ。
水中に入ってみると流れが強かったのですぐに先端に到着しました。
岩を掴んでマンタを待ってみましたが現れず、、、
でも中層にフュジューラーが群れている所にカスミアジがグループハンティングや
コブシメがカップルでデートをしていました。

4本目コタチャイ・ピナクル(サンセットダイブ)
コボンからタチャイまでの移動中にクジラの登場。
サイズ的に親子で泳いでいるようでした!!
サンセットダイブではフュージュラーが寝床を探しにピナクルに集まります。
岩の隙間などに入りきれない魚達は根の上で漂いながら寝ます。
程よく流れもあったのでサンゴも綺麗でした。

3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目コタチャイピナクル
ピナクルの流れが当たっている所まで目指します。
途中でシェベロン、ブラックフィン、ピックハンドルバラクーダが順番に通ってきました。
水底には鮮やかな黄色のキンセンフエダイが群れ
フュージュラーが目の前を川のように泳いでいました。

2~4本目リチェリューロック
いつもはたくさんのクルーズ船が先に到着しているのですが
今回は2、3隻だったので水中が混雑していなくて良かったです。
少し前からヒメタカサゴが大量発生していていろんな魚から狙われていました。
小さいロウニンアジやニセクロホシフエダイ、キツネフエダイ、マテアジなどが
集団でハンティングしていました。

キンセンフエダイもまだ健在です。

DPP07DD0B10153954.jpg

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
最後のマンタ狙い!!
リッヂにすぐ到着したのですが流れが強く、根につかまっているのに精一杯、、、
10分ほど待ったのですが現れなかったので流れに乗り
カスミアジのハンティングシーンやスズメダイの群れを見ました。

2本目ボンスーンレック
透明度があんまり良くなかったですが
ここは魚が多いので楽しいです。

DPP07DD0B10161251.jpg

フエダイの仲間やギンガメアジ、イトヒキアジ、ホソヒラアジ、タイワンカマス、ネズミフグなどが群れます。
マクロはジョーフィッシュ、カラフルなウミウシ、ハゼを見てきました。

今回はお客様が少なく、少人数でいろいろ見れました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


報告/TAKESHI YUTAKA
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/16(土) 20:47:47|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.11.16 シーズン初頭の風物詩

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/25-30m

ハレルヤ号の第2回トリップから戻って来ました。
楽しいゲストの皆様と4泊14本潜りまくって来ました。
この動画はガイド中にこっそりGoProで撮影したものです。
シーズン初頭の風物詩、大量のスカシテンジクダイがいたるところでキラキラ群れてました。

[広告] VPS


詳しいクルーズ報告は後ほどゲストの写真を頂いてアップする予定ですのでお楽しみに!

報告/TAKESHI
写真/ゲストダイバーとスカシテンジクダイなど
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/16(土) 20:32:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.15 抜群の透明度!コボン

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/25-30m

kohbon-ms003.jpg

今日もすかっ!と晴れています!
水面を滑るように進み「あっ!」という間にポイントへ到着!
本日はコボンにて2本潜ってきました!

壁に沿って進むとスカシテンジクダイが山盛りに群れている場所を発見。
マスクに当たるのでは?と心配する程に目の前の群れ。

可愛いタイマイが壁のコケでしょうか。一心不乱にガシガシと食しています。

キンセンフエダイが群れ、その上にはハーフアンドハーフクロミスが乱舞し、
いつ大物が登場してもおかしくないお魚たちの雰囲気です。

岩の先端まで来ると大きなロウニンアジがタカサゴ達を追いまわし、
それから逃げるようにタカサゴはこちらへと突進してきます。

「これ透明度30m以上ありますよね」 「そうですねー」

浅瀬のリュウキュウキッカサンゴ地帯にも癒されました。

などとお客様と会話を交わし安全停止へ。

海は凪、真っ青な空。
みなさんカオラックにてお待ちしております!!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/美しい珊瑚
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/15(金) 22:25:16|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.13 快晴のシミラン諸島!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/ややあり
透明度/20m

快晴!の空の下、今日もブルードルフィン号はひた走ります!
本日はシミラン諸島にて元気に2本ダイビングしてきました。

1本目ダイナミックな地形が楽しいノースポイント。

keiji-moriike-san.jpg

巨大ウミウチワを横目に、切り立った巨石を通り過ぎると、
ハマサンゴの根の周りには大量のスカシテンジクダイ。

透き通る水色が綺麗なパウダーブルーサージョンフィッシュや、
コラーレバラフライフィッシュの群れを楽しみました。

シミラン諸島8番に上陸してランチ後は、
真っ白な砂地、スリーツリーへ。

紫のソフトコーラルがぎっしり詰まった場所には、
真っ赤なユカタハタがユラユラとホバリングしていて、
これぞシミラン!という鮮やかな景色が広がります。

砂地ではお腹が水色アンダマンジョーフィッシュ、
オーロラパートナーゴビー、タカサゴ達が中層をいそいそと移動しています。

サンゴ地帯でタコ君が、岩に擬態して「ばれてないだろう!」とこちらを見つめています。
目の前まで近づいてもじーっとしているのが、なかなか愉快でした!

明日はどんなお魚との出会いが待っているのでしょうか!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/スカシテンジクダイ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/14(木) 23:35:57|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.14 またチュンポンでジンベエザメ。

ロケーション/タオ島
天候/基本快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

IMG_1150ジンベsn

チュンポンピナクルでまたもやジンベエザメ!
朝のダイビング、ゲストは一名(贅沢。。)。
チュンポンピナクル到着後、さあエントリーという瞬間に、ちょうど浮上してきたダイバーが、「ホエールシャーク!!」と叫んだではありませんか。

いるみたいです。と、いそいそとエントリーをして潜降。

きょろきょろまわりの様子をうかがって、ガイドの感でなんとなくあっちかなと見つめていると、やってきてくれました。
ジンベエザメ!正面からこっちに向かってやってきます。

ゆーっくり泳いでくれます。
まわりのダイバーがみんなマナーが良く、ジンベエにつかず離れずストレスを与えずに泳いでくれたのが良かったです。ずーっといてくれました。

シェベロンバラクーダの群れはジンベエザメに吸い寄せられるように着いていきます。
今日のジンベエ、一度いなくなってもまた何度も来てくれます。
しばらく群れを見ていたら、「はい、また来ました!あっち!」
というかんじです。

午後からもジンベエを目指してチュンポンに行ったのですが、残念ながら会えず。。
昨日OWを終わったばかりのSちゃんとTくん、学科の時にジンベエが出た話を聞き、終わった後にまた出ました。。
あと一歩だったね。。でも魚の群れはすごかったね。

「ジンベエは見れなかったけど、今日もダイビングをしてよかった!」
という感想がうれしかったです。

海ログ用100本

祝!Sさん、ジンベエ&100本記念ダイブ!
Sちゃん、Tくん、また一緒に潜りましょう!

海ログ用yuuhi

夕方は恒例の夕日鑑賞。今日の夕焼けもきれいでした。

報告/ASUKA
写真/ジンベエザメ(イメージ)、本日のファンダイバーズ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/11/14(木) 16:26:07|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.11 4本連続ジンベエダイブ!

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/20m
透明度下/15m

日向にいると、強い日差しで肌がジリジリします。
そんな暑いタオ島より熱い話題をHIROAKIがお届け致します!

久しぶりにやってしまいました!
チュンポンで4本連続ジンベエダイブ!!!

海が穏やかでサウスウエストピナクルに向かっている時に、、、
キャプテンが『チュンポンにジンベエ居るよ~!!!』と教えてくれました。
ボートの上は一気にお祭り騒ぎです!

ジンベエブリーフィングして、エントリーしようとすると。。。
まだいるのかなって半信半疑でしたが、先にエントリーした欧米人が『Whaleshark!!!!』って教えてくれました。
なんと真下を泳ぐジンベエェーーーーーー発見!

DPP07DD0B0B1408481.jpg

今日のジンベエは、あまり泳がない個体でバラクーダロック近くでホバリング!!!
何度も僕達の周りを泳いできてくれて、すごく人懐っこい個体でした。

シェベロンバラクーダやオニアジの群れがジンベエの後ろを着いて行くシーンは、何度出会っても感動する光景!

水面休息中もバンザイ号の近くを泳いでくれてスノーケリングでも出会えて、ゲストも大喜び!!!

IMG_25231.jpg

朝からずーっとチュンポンにてくれたジンベエに感謝!!!
ジンベエさんありがとう、明日もよろしくお願いしまぁーーーーす!笑

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/11(月) 23:58:55|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.11 スピードボートでひとっ飛び

ロケーション/カオラック
天候/晴れくもり
水温/28℃
風/なし
流れ/ややあり
透明度/15-20m

昨日からスタートしたデイトリップ!
今年も快速、快適、エコなブルードルフィン号はポイントまでひとっ飛び!

1本目はコボンのウェストリッジ。
流れに身を任せてドリフトすると固有種が次から次へと登場します。

アンダマンバタフライフィッシュ、スポッテッドバタフライフィッシュ、
インディアンミミックサージョンフィッシュ。

壁は一面にブルーのサンゴが群生していて癒され、
ふと見上げると小魚を捕食しようとツムブリが集まっています。

ハナダイギンポ海ログ

ぴょこっと穴から顔をだしているのは女性人気NO1ハナダイギンポ。
メイクアップしたように見える顔が人気の秘訣です!

2本目はコタチャイ・ピナクル。
大きなウミウチワの前には真っ赤なユカタハタ。

大きなカスミアジやブラックフィンバラクーダの群れ!
視界を覆い尽くすようなタカサゴたちにはいつも圧倒されます。

イヤースポットブレニーはちょこちょこと動き回り、
こちらダイバーの様子を伺っています。

群れ、地形、マクロと3拍子そろった2本となりました。

第2回ハレルヤ号は今夜出航~ どんな航海となるのか楽しみです!
明日のデイトリップはリチェリューロックです!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ハナダイギンポ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



0

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/11(月) 23:56:14|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.10 本日も晴れ。海良好!

ロケーション/タオ島
天候/基本快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/15m
透明度下/15m

IMG_2021シェベロン玉a2ns

今日も朝からいいお天気!
波もなく、チュンポンピナクルまで、「あ。」
と思ったら着きました。

さて、どこからどうみても青い海。今日もコンディションは良さそう。

潜ってみると、やはり水底までくっきり。
サーモクラインなし。

群れダイブの開始。
ホソヒラアジは岩沿いに相変わらず壁です。
反対側には今日はシェベロンバラクーダが群れまくり。
二つの群れが段々寄ってきて。。
くっつきました!

「今、はい撮って!!」

素敵でした。

ブイロープにはツバメウオの幼魚が5匹。
名付けてブーメランズ。
太陽をバックに素敵なシルエットです。

ユメウメイロ、イエローバンドフュージラーも本当にたくさん。
その上には、コバンアジやサヨリもきらきらしていました。

近場のポイントの透明度もいいかんじ。
今年はまだまだ楽しませてくれそうなタオ島です。

報告/ASUKA
写真/シェベロンバラクーダ(イメージ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/10(日) 15:37:47|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.03-07 第一回ハレルヤクルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度/20-30m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

朝、外へと続く扉を開き、目に飛び込んできたのはピンク色に染まる水面。
太陽が上がり始めると、シミラン諸島の鮮やかな緑が視界を覆います。

今シーズン最初のハレルヤ号クルーズの始まりです。

1本目はウェストオブエデン!エデンの西。
林立するウミウチワを横目に進みます。

キンメモドキがぎゅーっと密集している間から真っ赤なユカタハタが現れ、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュなど固有種も豊富です。

ひょうきんな表情のシシマイギンポに癒されました。

2本目は癒し系NO1アニータズリーフ。
気持ちの良い真っ白な砂地にはオーロラパートナーゴビー。

osawa-san02.jpg


浦島太郎が行った世界はこんな場所かな?とも思うほど鮮やかな、
ウミウチワやイソバナ、その周りには立派なソフトコーラル。
これぞシミラン!という景色がここにあります!

3本目は地形派にはかかせないエレファントヘッドロック。
プロレスの技のような名前ですが、ここがすごいのです!

本当に巨大な岩を縫うように進めば気分はインディージョーンズ。

美しいベラ、マッコスカーズフラッシャーラスはヒレ全開。
薄紫色のおしゃれなクマノミはスカンクアネモネフィッシュ。

今日も自慢の輝く身体を見せ付けているかのようなアンダマンダムゼル。

4本目のナイトはウェストオブエデンにて。
昼間はなかなか近くに寄れないお魚も、夜はお休みモード。目の前でじっくり観察できるのです。

透き通るブルーのパウダーブルーサージョンフィッシュに、
コラーレバタフライフィッシュ、極彩色のブダイはすっかり夢の中・・。

大きなロブスターが岩場をガンガンと進むすがたも見ることができました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン(ウェストリッジ)
コタチャイ・ピナクル

今日もまん丸の太陽が水面を焦がして2日目のスタート!

1本目は大物狙い!ノースポイント。
巨大ウミウチワを見に離れへと進むと・・・

下の方に大きくシャープなシルエットが動いています!

レオパードシャーク!! かなり大きめの固体に出会うことができました!

巨大ウミウチワのチャネルを通り抜けて待っていてくれたのは、
アケボノハゼのインド洋バージョンです。

さらには水面にカメ君、横には大きなナポレオンと、
次々に海のスター登場で大いに盛り上がりました!

3本の木が見えてきたら海にエントリー、スリーツリー。
真っ白な砂地を飛ぶのが気持ちいい!

osawa-san06.jpg

インド洋の中でも、このアンダマン海にしかいない固有種の宝庫でもあります。
アンダマンバタフライフィッシュやアンダマンフォックスフェイスなどなど。

シーズン開幕に爆発的な数いるスカシテンジクダイ。
その周りには紫のソフトコーラルにウミウチワ、
その間には真っ赤なユカタハタや、ハナダイギンポ。

うっとりしてしまう程の時間を過ごして浅瀬へ移動すると、
そこではタイマイ君がダイバーを待っていてくれました。

船は北上して3本目はコボンのウェストリッジ。
マンタで有名なポイントですが今日はどうでしょう。

ここでもスコーンと抜ける抜群の透明度。
中層にはタカサゴ達が群れ、カスミアジの編隊が近づきます。

ナポレオンにタコ、アンダマンスイートリップス、
エイブルズエンジェルフィッシュにインディアンスモークエンジェルフィッシュ、
海の住人達は快くダイバーに挨拶にやってきてくれます。

4本目はコタチャイ・ピナクルにて遅いサンセットダイブ。

流星群の様に飛び回る中層のタカサゴ達、
大きなコガネアジやロウニンアジが狙っています。

竜宮城と呼んでいる珊瑚が美しい場所は今シーズンも健在!
色とりどりのソフトコーラルは癒しの境地です。

宇宙空間を漂うように真っ暗な中層で安全停止をして浮上。
やっぱりダイビングって最高!そんな1本となりました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック(サンセット)

3日目はコタチャイ・ピナクルからスタート!

潮当たりにはマスク一面のタカサゴ!大きなロウニンアジの姿も。
深場をじっくりとサメ捜索しますが、どうやらお留守。

コラーレバタフライフィッシュが群れを成して進み、
可愛いイヤースポットブレニーはちょこんと岩の上に座っています。

2・3・4本目はタイが誇るリチェリューロック!
やや強めの流れを受けて、紫のソフトコーラルは全開です。

takefumi-san001.jpg

すぐ出迎えてくれたのはツバメウオの群れ。

osawa-san03.jpg


大きなトラフコウイカや、ブラックフィンバラクーダ、
アンダマンミミックファイルフィッシュはサンゴの隙間から顔を覗かせています。

アンダマンウバウオを観察していると、隣に2cm程のワヌケヤッコ幼魚を発見!
ちっこいその身体はコバルトブルー! 

osawa-san01.jpg


小さいタカサゴ、バナナフュージュラーを捕食しようとしているのはマテアジの群れ。
次々と捕食するその様子はダイナミック!

まだ人気のタイガーテールシーホスやニシキフウライウオなどはお留守でしたが、
これから登場してくれることでしょう。

takefumi-san-300.jpg

このダイブでゲストのTさん300本記念!おめでとうございます!!

そして驚きのサンセットダイブ。

数万、もしかしたら10万匹以上のタカサゴ達が根を覆い尽くす様に集まり、
アジの捕食から逃げ惑いスイミーのようにその姿を次々と変えていきます。

ふと振り返ると、お客様も手を叩いて大喜び。
大興奮のサンセットダイブとなりました

osawa-san04.jpg


4日目
コボン・ピナクル
ボンスーンレック

最終日はサメ狙いでコボン・ピナクルへ。
このサイトは黄色いソフトコーラルで覆われていて、独特の雰囲気があります。

タカサゴを追いかけているのはカスミアジ。
中層を流しながら、レオパードシャークを探しますが、お留守でした。

根の上に鎮座するようにいたのが、コブシメ。
黄色いステージに乗っているようにも見えました。

最終ダイブは沈船ボンスーンレック!
エリアNO1を誇る圧倒的な魚影で人気のポイントです。

その魚影の濃さだけに透明度は10m程のことが多いのですが、
今日は20mは見えているでしょうか。群れも一際目立ちます。

ミナミギンガメアジやロウニンアジ、
イトヒキアジはヒレを全開にしてクリーニングの真っ最中。

osawa-san05.jpg


鉄のフレームの脇にはコラーレバタフライフィッシュやフグたち。

ネズミフグ10匹ほどの群れのなかにはモヨウフグも仲間入りしていましたw

素晴らしいスタートを切ったハレルヤ号クルーズ!
今シーズンもみなさんのご乗船をお待ちしております!

hl011.jpg


報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からいっぱい頂きました!300本おめでとうございます!
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/07(木) 23:43:46|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.11.06 ハレルヤ号、就航中!

カオラックのシーズンがスタートし、ハレルヤ号の第一回目のダイブクルーズが出航しました。
4泊4日、全14ダイブで、シミラン諸島、コボン、コタチャイ、リチェリューロック、ボンスーンレックとこのエリアの主立ったポイントを網羅するスケジュールです。
今日は出航してから4日目で、リチェリューロックで潜っています。

この記事を書いている僕は陸での仕事がたくさんあるので、最初の2泊だけ同行し6ダイブだけして途中下船してきました。
という訳で、第一回クルーズの中間報告となります。

ローシーズン中にお色直ししたハレルヤ号はピカピカに磨き上げられています。

DPP07DD0B06101106.jpg

全長35m、横幅7.6mは、タイのダイブクルーズ船の中で一番大きいサイズです。
屋上からジャンプするのは勇気が要りますよ〜(^_^;;

DPP07DD0B05171745.jpg

さらにこの船の良いところは母船にバリアフリーなダイブデッキが用意されている事です。
ここから直接ジャイアントストライドエントリーでき、梯子で楽ちんにエギジットできるのです。

DPP07DD0B060B2F16.jpg

DPP07DD0B06101440.jpg

今シーズンに向けて、船上でゲストがより快適に過ごせる様、たくさんの改良を施しました。
サンデッキに大きな幌の屋根を設置した話を書きましたが、他にもいろいろあるので順番にご紹介して行きます。

今回、特にこだわったのは、カメラセッティングルームです。
船の上の限られたスペースに、贅沢にもカメラをセッティングするためだけの部屋を一部屋作ったのです。

1456012_516947225061271_377171542_n.jpg

ダイブデッキからすぐにアクセスできる場所に、雨風から守られた個室をご用意し、広い作業台にはゴムのマットを敷き、たくさんの電源を用意し、充電器は常設され、水気を飛ばすためのエアガン、各社のOリング用のシリコングリース各種、Oリングリムーバーや精密ドライバー、六画レンチなどなどおよそ必要と思われるものを一通り揃えてあります。
この部屋のお陰で、わざわざ重たいカメラを自分の部屋に持って行ったり、風や雨や波しぶきを気にしながら野外でセッティングしなくてもすみます。
また、この部屋はエアコンを使わずに常温にしているので、涼しい部屋でセットしたハウジングが野外で曇るという事もありません。
カメラダイバーの皆様、是非、この部屋をご利用くださいませ!

さて、海の様子はといいますと・・・
お天気最高!
海は凪ぎ!!
透明度抜群!!!
サンゴも元気で魚影もめちゃくちゃ濃い!!!!
と、いうことで、ご参加頂いているゲストも大満足のトリップとなっております。

DPP07DD0B06001611.jpg

DPP07DD0B060B3260.jpg

ウェストオブエデンのキンメモドキとスカシテンジクダイ。

DPP07DD0B06113835.jpg

アニタズリーフのソフトコーラルとスカシテンジクダイ。

DPP07DD0B06120902.jpg

エレファントヘッドロックのプラウェーラスの数が増えていました。
凄いスピードで泳ぎ回るのでヒレ全開の瞬間を撮るのが難しいのですが、ホンソメワケベラにクリーニングされる瞬間は止まっているので簡単に撮れます。(でも、自分の中でこれは反則です・・・笑)

DPP07DD0B06113325.jpg

今年もさっそく会ってきました、シシマイギンポ

DPP07DD0B05172545.jpg

ノースポイントでは2mオーバーのレオパードシャークや大きなナポレオンも登場!(写真には撮れませんでしたが・・・)
巨大ウミウチワも健在!

DPP07DD0B06000229.jpg

そしてスリーツリーズは大量のスカシテンジクダイで溢れかえっておりました・・・!
ピントの合う幅を狭くすることで背景にスカシテンジクダイの光だけをぼやかして拾う事ができます。
さらにカラフルなソフトコーラルを絡めたら・・・今はやりの!?メルヘンな感じに撮れちゃいます。

DPP07DD0B06120026.jpg

まだまだ潜りたかったけど、泣く泣く皆にお別れして、一人カオラックへ戻ってきました・・・
皆、今頃リチェリューロックで楽しいダイビングをしている事でしょう!
では、明日に皆が戻ってきて続きのお話を書いてくれるのを待ちましょう。

報告/TAKESHI
写真/いろいろ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/06(水) 18:11:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.11.04 チュンポンでマクロダイブ!

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/なし
透明度上/15m
透明度下/10m

ダイビング日和のタオ島よりHIROAKIが報告します。

午前お休みだったので、絶好調のチュンポンピナクルにカメラを持って行ってきました。
レンズは、100mmマクロ!!!
ジンベエ出たときようにコンデジも持参しました!

狙うは、アカオビハナダイ!
普通の時も充分綺麗なのだが、やっぱり婚姻色の雄が素敵ですね。

アカオビハナダイ1

岩の割れ目には、オトヒメエビがいたので、長いヒゲの動きを表現してみました。

DPP07DD0B041309501.jpg

美しいイソギンチャクには、ハナビラクマノミおチビちゃん!

1001690のコピー1

このまま良いコンディションが続きますように!!!

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/アカオビハナダイ・オトヒメエビ・ハナビラクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/04(月) 22:26:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.03 タオ島も快晴!べた凪!海よし!

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

連日快晴。
暑い!!と言いたくなるほど暑い今日この頃です。

波も全くありません。そして海の中もけっこう最高。。

いよいよカオラックシーズンですが、実はタオ島もかなりいいかんじなのです。

IMG_6475ホソヒラans

今日のチュンポンも水底まできれいに見えました。
ホソヒラアジの群れはものすごく、しかもダイバーが少ない!
シェベロンバラクーダの群れも健在。ツムブリアタックも迫力満点!

岩の上に広がるセンジュイソギンチャク絨毯には光が差し込み、素敵です。
最後には巨大(本当に大きい)なオニカマスに遭遇。

2本目のグリーンロックは15mでサーモクラインがかかっていましたが、上はやはりきれい。
スイムスルーの出口は青く、ソラスズメダイの青、ワヌケヤッコの青もきれいです。
深度を上げると、イバラカンザシの群生が見事でした。

はっきり言って絶好調のタオ島です。
明日も潜りに行ってきます!

報告/ASUKA
写真/ホソヒラアジ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/03(日) 16:07:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.11.01 カオラック店がオープンしました!

本日、2013年11月1日、今シーズンのカオラック店の営業がスタートしました。

今年は季節の切り替えが早く、既に毎日お天気もよく、海は凪ぎで、透明度も良いです。ローシーズンの半年間休ませた海は魚影がめちゃくちゃ濃く、サンゴも元気に育っています。特にシーズン初頭は名物となっているスカシテンジクダイの大量発生が今年も炸裂!キラキラとサンゴの根が見えなくなる程の群れをかき分けながら泳いだり撮影したりです。お見逃し無く、お早めにお越し下さい!

そして、11月3日からはダイブクルーズ船のハレルヤ号の第一回目のトリップが出航します。それに合わせてお化粧直しピカピカに磨き上げられたハレルヤ号は出番を待っている状態です。

DPP07DD0B010B0225.jpg

タイで最大級のダイブクルーズ船で、全長が35m、横幅は7.6mある大きな船です。今シーズンに向けてたくさんの改装を施したので、快適度が格段にアップします。

例えば、大きなサンデッキの半分を覆う幌のサンシェイドを作りました。日焼けしたい人と日陰で涼しく過ごしたい方の両方に喜んで頂けるスペースになります。

DPP07DD0B010A3B19.jpg

そして新しいキャプテンです。

DPP07DD0B010B0614.jpg

嘘です・・・笑

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
今シーズンも宜しくお願いいたします。

報告/TAKESHI
写真/出航を待つハレルヤ号

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/01(金) 11:25:24|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD