Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2013.12.29 年末のシミランへ!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/26-27℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

ms-partner2-13.jpg

波がありますカオラックからマサルです。
波をかき分けてスピードボートはシミラン諸島へと到着~!

1本目は波のない穏やかなサイト・ボミーズにて。
砂地にポコッとあるハマサンゴの根を訪れると、いるわいるわ、
スカシテンジクダイやキンメモドキが山に掛かる雲のように見えます。

そこから真っ赤なユカタハタが登場したり、
キンギョハナダイに混じっているのは女性人気NO1ハナダイギンポ。

砂地には赤い涙を流しているように見えるオーロラパートナーゴビーが、
可愛くちょこんとたたずんでいます。

横からのほほーんと登場したのは大き目のアラレフグ。
パウダーブルーサージョンフィッシュやアンダマンフォックスフェイス、
インディアンミミックサージョンフィッシュなど固有種も次々にご紹介できました。

2本目はタートルロック。カメみたいな岩が見えたらエントリーです。
ガウディを彷彿とさせる自然の彫刻・ダイナミックな岩を横目に進むと・・・・

イエローバックフュージュラーなどタカサゴが今日も壁となって登場して、
マスクの前は一面まっき色に染まります!

アンダマンスイートリップスやアンダマンバタフライフィッシュ、
シテンヤッコやワヌケヤッコ、色とりどりの魚達が暮らすここタートルロックです。

波がありますが、穏やかーなサイトでじっくりと楽しむことができました!
明日、晦日は群れ絶好調のコタチャイとコボンにて群れと大物を狙います!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/オーロラパートナーゴビー
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



  1. 2013/12/29(日) 23:58:30|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.28 群れ群れ絶好調!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

yutaka-san-baraccuda2013.jpg

今日も空は真っ青!コタチャイにて2ダイブしてきました!

水は少し緑ががっているものの透明度はまずまず、
潜降すると真下にブラックフィンバラクーダの群れが「ドーン!」と登場!

なかなか近づけないことが多かった最近ですが、今日はじっくり真横から大写真撮影大会です。

タイマイがタカサゴを引き連れて登場すると、そこからはアジ祭りでした。
大きなロウニンアジ、カスミアジが群れで目の前を行ったり来たり。

その周りには「これでもか!!」というほどのタカサゴたち、
群れといえばタチャイ、いま絶好調です!

ギンガメアジやピックハンドルバラクーダ、キンセンフエダイも見てから、
竜宮城と呼んでいる美しい場所でじっくと時間を使ってから安全停止。

明日はシミラン諸島へ向かいます!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ブラックフィンバラクーダ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/29(日) 06:45:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.24-28 ハレルヤ号 クリスマスクルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目
①ウエスト オブ エデン
②アニターズリーフ
③エレファンヘッドロック
④タートルロック

今年も残すところあとわずかとなりました。
そして今夜はクリスマス・イブ。
ハレルヤ号の船内もクリスマスの飾り付けを施し、欧米人ゲストはサンタの帽子を被ったりと賑やかです。

HL Xmas

翌朝目覚めると、シミラン諸島でメリー・クリスマス!

1本目はウエストオブエデン。
チェックダイブにはちょうどよい流れで、フュージュラーの群れや、まだまだ健在なスカシテンジクダイの群れが迎えてくれます。
水面は少し波がありましたが透明度は良く、順調なスタートです。

朝食の後はNo4の島散策。ジャングルの中を歩けばちょっとした秘境気分が味わえます。

similan_2013122820180469a.jpg

2本目は予定通り、アニターズリーフ。
太陽が高くなってくる時間帯で水中にもさらに明るくなって気持ちよいです。
こなれてきたところでオーロラパートナーゴビーやアンダマンバタフライフイッシュ等のインド洋、さらにアンダマン海の固有種を中心にじっくりと。

DPP07DD0C1C062F05.jpg

3本目はダイナミック地形ポイント、エレファントヘッドロック。
エントリー直後のガレ場では固有種アンダマンダムゼル、そのすぐそばの比較的浅い水深でマッコスカーズフラッシャーラスがフラッシングしているのに出会えました。
深場に行くとハタタテハゼやインド洋のアケボノハゼ改め学名Nemateleotris exquisita

4本目はタートルロックにてナイトダイブ。
暗くなるといそいそと動きだす甲殻類や体の周りに膜を張っているブダイなど。
最後は暗闇の中から突然現れたアオウミガメに案内されるようにボートへエキジット。

今夜はクリスマスパーティーです。
Xmas.jpg

2日目
①ノースポイント
②スリーツリー
③コ・ボン ウエストリッジ
④コ・タチャイピナクル(サンセットダイブ)

昨日よりも青空が広がる朝です。
1本目のノースポイントではまずは離れ岩を目指しました。
ここもウミウチワの群生が美しく、根のトップにはアケボノハゼ改め学名Nemateleotris exquisita
浅場に戻ってくるとフュージュラーの幼魚を追いかけ回すイケカツオ、背中から見るとスマイルなルポックスブレニー。

DPP07DD0C1C062A22.jpg

ドナルドダックベイに上陸して絶景を楽しんだあとはシミラン諸島での最後のポイント。
砂地へゆっくりと降りてオーロラパートナーゴビーや、点在するソフトコーラルの根にはインディアンフレームフェアリーバスレットたくさんいます。

ランチを食べながらボートは北上。コボンです。
エーブルスエンゼルフィッシュとそれに擬態しているインディアンミミックサージョンフィッシュを見比べたり、穴から顔をだしているハナダイギンポをじっくりと。
リーフではナポレオンがいました。

DPP07DD0C1C062B45.jpg

さらに北上してタチャイにてサンセットダイブ。
エントリー直後からロープ下に大きなロウニンアジが現れ、バラクーダの群やカスミアジ、そしてものすごい数のツムブリの群に巻かれたり、根に集まってきたフュージュラーなどが入り混じりザ・ワイドなダイビングでした。

DPP07DD0C1C062840.jpg

3日目
①コ・タチャイピナクル
②コ・タチャイピナクル
③コ・ボン ウエストリッジ
④コ・ボン ウエストリッジ(サンセットダイブ)

早くもクルーズ後半の3日目です。
引き続きコ・タチャイピナクルで2本です。 
昨日同様カスミアジや1m級のロウニンアジがフュージュラーの幼魚たちを追い掛け回し捕食の真っ最中。

DPP07DE0104101951.jpg

そこへバラクーダの群も再び現れ、上から下まで色々な種類の群がかさなるというここならではの光景でした。

DPP07DD0C1C062C57.jpg

リチリューロックは残念ながら高い波のため断念。
コ・ボンに戻り午後の2本です。
リッジ周辺ではここでもアジやツムブリの群が盛んに行き来しています。
サンセットダイブではさらにフュージュラーたちが集まり魚影を楽しみました。

DPP07DD0C1C062D57.jpg

4日目
①ボンスーンレック
②ボンスーンレック
最終日はボンスーンレックで2本。
各種フエダイ、アジなどぐっちゃりないつもの濃いー魚影でした。
砂地のハゼやワヌケヤッコの幼魚、ニシキフウライウオなどマクロもいっぱいです。

IMG_1238.jpg

現在、TAKESHIとはガイド会仲である柏島Pole Pole Diveの西村直樹氏がカオラックに潜りに来てくれています。
西村氏の得意なマクロ撮影ガイドでゲストもどっぷりマクロワールドを堪能しています。

_MG_1073_201401050125507fa.jpg

_MG_0118_20140105012556be7.jpg

_MG_0837_201401050125514df.jpg

_MG_0339_201401050125587fa.jpg

_MG_0605_20140105012602260.jpg

_MG_0054_20140105012617d4a.jpg

今回のトリップは残念ながらリチリューロックには行けませんでしたが、毎日良いお天気。
クリスマストリップということでボート上でも欧米人ゲスト、日本人ゲスト共に盛り上がりました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

報告/RYO YUTAKA NAOKI
写真/お客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/28(土) 17:06:51|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.27 コボンで2ダイブ!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/27℃
風/なし
流れ/ほどよく
透明度/20m

takasago-ms-009.jpg

今日もボートは満員御礼!コボンにて2ダイブ。
波と風を切ってスピードボートは走ります。

岩の先端ではツムブリが群れをつくり、
大きなナポレオンがその下をゆっくりと泳ぎ去ります。

壁の側には大量のスカシテンジクダイもまだまだ健在!
アミメフエダイが捕食のためでしょうか集まってきています。

浅場のリュウキュウキッカサンゴ地帯で癒されていると、
固有種のインディアンティアドロップバタフライフィッシュや、
イヤースポットブレニー、アンダマンバタフライフィッシュ。

中層にはタカサゴがいっぱい!
気持ちの良いコボンでの2ダイブとなりました!

報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/クマザサハナムロとイエローバックフュージュラー
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/28(土) 05:50:43|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.26 群れ!コタチャイ!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m

noriko-san.jpg

今日も真っ青な空!気持ちの良いお天気です。
ただ波があり、リチェリューから予定をコタチャイへと変更して出発!

水面波こそありますが、水中は程よい流れで簡単に潮当たりへと到着です。
「いるいる!」中層には青や黄色といった鮮やかな色合いのタカサゴ達が密集していて、
旬のロウニンアジの群れもばっちり目の前までやってきてくれます。

ぎゅ!っと固まったシェベロンバラクーダの群れや、
珍しくギンガメアジの玉、群れの王様コタチャイといった感じでしょうか!

大物が出そうな雰囲気はびんびんするのですが、今日は登場なし。

明日から日本人のお客様もどっと増えて年末年始体制です。
みなさん、気をつけてカオラックまでお越しください!

真っ青な海とインド洋のお魚達がお待ちしていまーす!!

noriko-san-tako.jpg


報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/26(木) 23:59:52|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.23 貸し切りタチャイ

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

今日のデイトリップは、コタチャイピナクルへ行ってきました。
多少波風がある予報でしたが、水面は穏やかで快適なトリップでした!!!

他のボートはいなくて、貸し切り状態。
エントリーして水面から下を見てみると、透明度も上々で潮当たりを目指して潜降!

程よい流れの中泳いで行くと、ブラックフィンバラクーダの群れが登場!
もう少し泳いで行くと、クマザサハナムロやイエローバックフュージラーのものすごい数群れていて、
その周りには大きなロウニンアジの群れ、カスミアジの群れが泳ぎ回っていました。

1001827.jpg

3Dの様な立体的なウミウチワは、色々な角度から撮影すると面白い絵になります。

P³@ˆ³

明日のクリスマスイヴは、どんな出会いがあるか楽しみです!
スピードボートは、リチェリューロックを目指します!!!

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある』
写真/本日のゲストに頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/23(月) 21:55:10|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.19-12.23 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目
1本目ウエストオブエデン
2本目アニータズリーフ
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

1本目ウエストオブエデン
綺麗な朝焼け&朝日を見てからエントリー!!
満月が過ぎてすぐだったので流れが強く湾内でのんびり。
固有種のチョウチョウウオのアンダマンバタフライ、コラーレバタフライ、ティアードロップバタフライなどや川のように流れてくるフュージュラーを見て楽しみました。

2本目アニータズリーフ
今回は潮止まりという事もあってほとんど流れがなし。
入る前まで流れていたのかサンゴのポリプは全開でした。

DPP07DD0C15100C56.jpg

根の周りにはキンギョハナダイやスカシテンジクダイ、フュージュラーの子供がついていて
そこへイケカツオやニジョウサバが突っ込んでハンティングしていました。

DPP07DD0C15100F24.jpg

今回でTさんとKさんが50本でした。
おめでとうございます!!!

3本目エレファントヘッドロック
まずは定番の記念撮影スポットへ。

DPP07DD0C17091F37.jpg

岩が重なりあっている隙間をくぐり抜けて行くと魚が群れていました。
たまにイソマグロやロウニンアジが僕らの様子を見に来ました。

4本目タートルロック

DPP07DD0C17091A32.jpg

エントリー前にカメが登場。水面をぷかぷか泳いでいました。
ハンティングをするウツボや夜になると色が変わる魚達。
トラフコウイカも見られ盛りだくさんのナイトダイブでした。

2日目
1本目ノースポイント
2本目コボンウエストリッヂ
3,4本目コタチャイピナクル

1本目ノースポイント
シミランのラストダイブです。
ダイナミックな地形を通ったり

DPP07DD0C15101105.jpg

浅瀬でハナダイ、チョウチョウウオの中を見ました。

2本目コボンウエストリッヂ
最近大物が出ている情報があるのでもしかしたらでるかも、、、
まずはリッヂの先端を目指しマンタ待ち。
ヒメタカサゴなどの小魚がツムブリ、イケカツオに襲われていました。
ナポレオンは出ましたがあいつは現れず、、、

3、4本目コタチャイピナクル
程よい流れで潮当りのいい所ではイエローバック、イエローダッシュ、クマササハナムロなどが壁のように群れ
カスミアジ、ロウニンアジは群れの外を回遊していました。
側ではブラックフィンバラクーダとシェベロンバラクーダのコラボ。

DPP07DD0C15101242.jpg

サンセットではレオパードシャークが登場。

DPP07DD0C17092245.jpg

DPP07DD0C17091C01.jpg

3日目
1.2本目コタチャイピナクル
3,4本目コボンウエストリッヂ

1、2本目コタチャイピナクル
昨日から引き続きタチャイピナクルからスタート。
ソフトコーラルが群生している竜宮城は小魚もたくさん付いていて美しいです。
大きなロウニンアジ2匹がフュージュラーにアタックをしていましたが
捕らえれないシーンが何度もあり鈍臭いペアーでした。
欧米人チームはマンタが見れたチームもありました。

3、4本目コボンウエストリッヂ
マンタは出なかったですが、ナホレオンやツムブリ、カスミアジの群れなどが見られました。
浅瀬にあるリュウキュウキッカサンゴは今でも美しいままで残っていました。


4日目
1,2本目ボンスーンレック

1、2本目ボンスーンレック
マクロの新しい発見がニシキフウライウオやカエルアンコウがいました!!
透明度が少し悪かったですがシーズン始めより魚がどんどん多くなっています。
流れが当たっているエリアはダイバーとダイバーの間に魚が入ると反対側にいるダイバーが見えないほど、、、

DPP07DD0C170C2855.jpg

今回は海況が後から悪くなりリチェリューの行けませんでしたが
ゲストが少なくのんびりできたトリップでした。

報告/YUTAKA
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/23(月) 10:01:24|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.22 癒しダイブサイト

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

水面がパシャパシャしていましたが、スピードボートでシミラン諸島へ行って来ました。
シミランの癒し系と言えば、アニータズリーフ!

アイドルのクダゴンベは、今シーズンも健在です。

1001835.jpg

光沢の眩い青色が目にも鮮やかな クジャクスズメダイ。

1001836.jpg

浅場のサンゴエリアには、ノドグロベラの幼魚がいました。
ヒラヒラと落ち葉のような動きが可愛らしい。

1001832.jpg

明日は、海が穏やかであります様に。。。w

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある』
写真/本日のゲストに頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/22(日) 23:55:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.21 魚影ぐっちゃり沈船ダイブ!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/ややあり
透明度/10-20m

リチェリューロックへ行く予定でしたが波があるということで、
コタチャイへと行き先を変更してスピードボート出発!

タチャイのピナクルへと潜降していくと、なかなかの流れを感じます。
岩の側の楽ちんルートを使って進んでいくと・・・

中層にはタカサゴたちがいっぱい!
それを捕食しようとマテアジがビュンビュンと飛び交います。

ブラックフィンバラクーダの群れも登場!

IMG_5276.jpg

岩の上には赤いラインのタテジマヘビギンポや、
かわいいイヤースポットブレニーも。

竜宮城と呼ばれているソフトコーラルびっしりの根は流れを受けてポリプ全開でとっても美しかったです。

DPP_0002_20131222085906b98.jpg

流れがあるほうが群れを楽しめますが、もう少し流れが弱いといいなぁという感じでした。

2本目は魚影ぐっちゃり沈船のボンスーンレック!
今日も視界を覆い尽くすほどの群れがわんさかいます。

DPP_0004_2013122209021802e.jpg

大きなハタ・タマカイはキンセンフエダイの群れを引き連れて、
ダイバーのすぐ目の前まで寄ってきて大迫力。

IMG_5298.jpg

メタリックシュリンプゴビーもゴージャスな色彩で今日も人気です。

明日はシミラン諸島へ行ってきまーす!

報告/TAKESHI, MASARU(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ブラックフィンバラクーダ、沈船ボンスーンレック、タマカイ等(by 本日のお客様)
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/21(土) 17:42:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.14-18 マンタ登場!ハレルヤクルーズ報告!!

ロケーション/カオラック
天候/ほぼ快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/時間によりややあり
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック 
タートルロック

水平線がピンク色に染まり始めるとシミラン諸島の緑がより濃く見えるようになります。
ハレルヤ号クルーズの始まり!始まり~!

1本目はチェックダイブを兼ねてウェストオブエデン。
大きなウミウチワの脇ではタイマイがご飯中です。

nii-san03.jpg

なにを食べていのかと、近づいて見ると・・・紫色のソフトコーラル!
あんまり綺麗な色のは食べないでねと心で祈りながら観察しました。

nii-san05.jpg

ひょうきんな顔のシシマイギンポも大人気です。

2本目は癒し系サイトといえばここ!アニータズリーフ。
今日もウミウチワやソフトコーラルが咲き乱れています。

最近またスカシテンジクダイが倍増中!
根を雲のように多い尽くすほどです。

人気のクダゴンベやクマノミ君。
透明度抜群の中層にはタカサゴ達が群れ、気持ちの良い景色です。

白と黒が渋いブラックピラミッドバタフライフィッシュも浅場で群れていました。

3本目は地形派にはかかせないエレファントヘッドロック。
流れを感じつつ潜降して、深場を目指します。

黄色と紫の色彩がゴージャスなアケボノハゼのインド洋バージョン。
巣穴からダイバーの方へドンドンと近づいてきて少し焦りました。

美しいクジャクベラの仲間、マッコスカーズフラッシャーラスも、
その美しいヒレを全開にしてカメラを前にポーズをとっているようです。

スイムスルーを抜けるとそこは群れ全開!
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロの群れで視界が埋まります!

カスミアジやロウニンアジもダイバーの前をビュンビュンと飛び回り、
ゲストも大興奮の1本となりました!

nii-san04.jpg

4本目はタートルロックにてのんびりナイトダイブ。

小ぶりですがホワイトチップシャークがゴハンを求めてウロウロ泳ぎまわり、
ふと視線をソフトコーラルへ向けると、そこにはヤマブキスズメダイの赤ちゃん。

yamabuki-ms-sakura.jpg

ピンクの背景に薄い黄色のスズメダイ、
桜満開の木下にちょこんとある小学生の黄色い帽子を連想させてくれました。


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

今日も青空が広がるシミラン諸島!2日目のスタートです。

流れも穏やかだったので離れ根を目指したノースポイント。
離れ根が見えてくると・・・なにやら大きな黒い影・・・

nii-san01.jpg

マンタ!!

まさかの展開にみなさん大興奮!! 

2度ほどその姿を見せ付けて旋回してくれた後に、すーっと泳ぎさりました。

巨大なウミウチワが林立する離れ根。美しい世界を楽しむことができました。

2本目は真っ白な砂地スリーツリー。

ヤノダテハゼのインド洋バージョン・オーロラパートナーゴビーや、
アンダマンフォックスフェイス、パウダーブルーサージョンフィッシュと、
太平洋では見ることの出来ない固有種のお魚を中心に紹介していきます。

nii-san02.jpg

ここでもスカシテンジクダイ大発生中!
真っ赤なユカタハタがそこに突っ込めばギャラクシー(宇宙のような景色)の完成!

3本目はコボン。なにやらキャプテン同士の無線ではマンタがどうと喋っています・・
期待を込めてエントリー、しばらくしてふっと上を見上げると・・・「あっ いた・・」

本日2回目のマンタ登場!! 5m弱でしょうか大きい固体です。
マサルチームの間を縫うように泳いでくれたので、目の前で大きなオニイトマキエイ鑑賞!

お客様の最高の笑顔を見ていると、
やっぱり大物との遭遇はダイビングの醍醐味だなぁと改めて思った1本です。

大きなナポレオンもペアで登場しました。

4本目やってきましたコタチャイピナクル。
いい感じの流れが入っています。潮当たりまで移動すると・・

まずはタカサゴ達、流星群のように中層を飛び回り一面お魚まみれ。
その周りには大きなロウニンアジやカスミアジが群れを作ってます。

nii-san-06.jpg

何度となく、ぶつかりそうな程に目の前までやって来てくれました。

水中が暗くなり始めると、さらに濃くなる魚影。
「1番楽しかった!!」お客様の感想がなによりうれしいサンセットダイブとなりました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

みなさん船上生活に慣れてきた3日はコタチャイから。
朝1番ということでお魚達は捕食や産卵活動が盛んです!

小魚に突進しているのはイケカツオやマテアジ。
そのたびに群れが大きく形を変える様はダイナミックそのもの!

ロウニンアジやカスミアジも目の前で見せてくれる捕食ショー。
さすがコタチャイといった感じです!

2・3・4本目は大人気サイト・リチェリューロック!
程よく流れが入り、壁一面のソフトコーラルも全開。お花畑です。

day3-2.jpg

トラフコウイカは1匹のメスをめぐるオス同士の争いや、
サンセットダイブではメスが卵を岩の隙間に差し入れる生態シーンを観察。

真っ赤なトマトアネモネフィッシュ、なんといっても白い線の入っている赤ちゃん。
イソギンチャクからちょこんと顔を出してこちらを見つめています。

キンセンフエダイにホソフエダイ、ツバメウオにオニアジ、
次から次へと登場してどちらを向いていいのか迷うのがリチェリュー。

day3-1.jpg

スカシテンジクダイを捕食しようと集まったアジやフエフキやフエダイたち。
誰かが合図をだすのでしょうか、急にスピードを上げて「バクバクバクー!」
ムシャムシャと口を動かしていて、思いつく四字熟語は一網打尽。

サンセットダイブから浮上して顔をだすと、
夕日に染まったオレンジ色の空がダイバーを待っていました。

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

うす曇のコボン。さて最終日もマンタ君出現となりますでしょうか!?

ハマサンゴの根にはおびただしい程のスカシテンジクダイ。
今シーズン最大と言っても過言ではありません。
それ目掛けて、ロウニンアジやカスミアジ、ツムブリが大捕食大会!

マンタこそ出ませんでしたが、大迫力の1本となりました。

太陽も出て、最終ダイブは沈船ボンスーンレック。
今日も目の前に圧倒的な群れが現れます。

今日はなんといってもキンセンフエダイ越しのツバメウオ!
ツバメウオが動くたびにキンセンの群れが形を変えていくのが素敵でした!

風変わりなネズミフグの群れや、バラクーダの子供など、
これを群れダイブ!という時間を過ごして安全停止。

2013hl3.jpg

お天気最高、大物2度登場、素敵なゲストの皆さんという最高のトリップとなりました!
参加して頂いた皆さん、ありがとうございました!

800kudo-san.jpg

今回800本記念を迎えられたKさん。おめでとうございました!!



報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からたくさん頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/19(木) 06:47:58|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.13 浅場でも群れダイブ。

ロケーション/タオ島
天候/くもり時々晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/5m

IMG_1361sシェエベロンans

波のない日が続いています。
お天気もよいです。
そして、透明度が少し上がってきました。

オープンウォーターコースの最終日。
近場ポイントの定番、ツインズとホワイトロックに行ってきました。

朝一番のツインズは、まだ誰もいなくて、うちのボートの中でも私たちのチームが一番乗り。
今回の生徒さん、余裕のフリー潜降。

18mまで行った後、軽い流れを逆らいながら岩の南まで行くと、出ました!シェベロンバラクーダのすごい群れ。
いつもローシーズンになると現れる、この群れ。
今日は誰もいなかったので、近くでじーっと見ていると、延々と通り過ぎるバラクーダ達。まだ途切れない。まだ途切れない。と見続けていました。
どう考えてもものすごい数でした。

岩場に戻ると、これまたすごい数のユメウメイロ、ロクセンスズメダイ。
ワヌケヤッコやツキチョウチョウウオなどのタオ島のアイドルたちもゆっくり観察することができました。

2本目のホワイトロックもすごいのがいました。
巨大ホシカイワリの群れ!
ものすごい大きい個体です。
20匹くらいの編隊を組んで泳ぎ去って行きました。

浅場ポイントなのに大迫力の2本でした!

本日は2名のオープンウォーターダイバーが誕生!
なんとお兄さんと妹さん!珍しいバディでした!
おめでとうございます!

報告/ASUKA
写真/シェベロンバラクーダ(イメージ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/12/14(土) 16:17:16|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.09-12.13 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目
1本目アニータズリーフ
2本目ウエストオブエデン
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

1本目アニータズリーフ
しばらく吹いていた風もおさまり、今回も初日から良いお天気でスタート。
一本目はチェックダイブも兼ねてのんびりと行きましょう。
この時期旬なスカシテンジクダイが視界いっぱに広がります。
ソフトコーラルも色鮮やかに。
綺麗なウミウシ(Ceratosoma sinuatum)がいました。

Ceratosoma-sinuatum.jpg


2本目ウエストオブエデン
慣らしが終わった2本目も海の中は穏やかなので引き続きのんびりと。
別名、シーファンシティの名の通りウミウチワの群生地帯を流していくとガレ場の穴からスルスルとアンダマンジョーフィッシュ。
さらにその下ではマッコスカーズフラッシャーラスがヒレ全開です。

3本目エレファントヘッドロック
強い流れでしたが頑張って潜降。
岩陰で一息ついて深場へ。ここでもマッコスカーズフラッシャーラスが盛んにヒレ全開でした。
潮表までは流れが強すぎて行けませんでしたが、スイムスルーになっている岩の間を抜けたりとダイナミックな地形を楽しみました。

4本目タートルロック
最後は8番の島まで北上してタートルロックにてナイトダイブ。
ウミシダなどを住処にしている甲殻類達をじっくり観察。

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コボンウエストリッヂ
4本目コタチャイピナクル

1本目ノースポイント
ハタタテハゼの近似種(Nemateleotris exquisita)が狙える最後のチャンス。
流れがないので離れ根を目指します。
前回まで1匹だった場所が2匹に増えていました!!
小さい個体が増えていて、大きくなってペアーになってね。

アケボノ近似種

巨大なウミウチワやダイナミックな地形見て上がりました。

2本目スリーツリーズ
真っ白な砂地にはチンアナゴやオーロラパートナーゴビー、アンダマンジョーフィッシュが顔を出していました。
綺麗な環境にクダゴンベも見られました。

クダゴンベ

カラフルなソフトコーラルの周りにはキンギョハナダイやスカシテンジクダイが群れています。
フタイロカエルウオがスカテンがキラキラ輝く風景を見上げていました。

フタイロカエルウオ

キンギョハナダイの群れの中にはハナダイギンポがマネをして一緒に泳いでいました。
浅瀬でカメが登場してくれました。

3本目コボンウエストリッヂ
リッヂの壁には短いウミトサカが群生していて、色がピンクとブルーとイエローがあり美しいです

マンタが出るのを期待しましたが現れず、、、
エイブルズエンジェルフィッシュとミミックサージョンフィッシュの見比べやタコやウツボを見ました。
クジャクベラのインド洋型、マッコスカーズフラッシャーラスの一斉フラッシングは大迫力でした。

一斉フラッシュs

4本目コタチャイピナクル
ここのサンセットの見所はタカサゴの帰宅ラッシュです。
昼間はピナクルの外で泳いでいますが夜になると群れごとピナクルの上に集まります。
ぎゅっと群れているタカサゴの群れの中へロウニンアジ、ツムブリが突っ込んでいました。

3Dウチワ

3日目
1本目コタチャイピナクル
2~4本目リチェリューロック

1本目コタチャイピナクル
昨日から引き続きタチャイピナクルからスタート。
ほどよい流れで、濃い魚影を期待。

竜宮城2

まずは各種フュジュラーの群れが根を覆い、カスミアジが集団で追っかけ回していました。
頭上にはロウニンアジの編隊や、さらにブラックフィンバラクーダ、外側ではピックハンドルバラクーダも。

タチャイ

2本目リチェリューロック
すでにたくさんのボートが来ていましたが、幸いエントリーのタイミングがずれて比較的すいていました。
少し濁りがでていましたが魚影は相変わらず。
各種フュージュラーはもちろん、オニアジ、ピックハンドルバラクーダの群れ、根のそばにはキンセンフエダイ
根をゆっくりひと回りしてエキジット。

3本目リチェリューロック
ランチの後の3本目は固有種を探してみました。
おなじみのトマトクマノミは体側に白線がある幼魚がいたり、岩の隙間をのぞき込と、アンダマンドティーバックやアンダマンウバウオをじっくりと観察。

アンダマンウバウオ

4本目リチェリューロック
最後はサンセットダイブ。
日が沈む間のタイミングに合わせて入ると、根の周りに散らばっていた魚たちが集まりはじめ狙いどおり。
アジたちがフュージュラーを追っかけ回す捕食シーンや、トーチに照らされてギラギラしたバラクーダが近寄ってきたりと迫力でした。
岩の隙間ではキシマイシヨウジのラブラブカップルが長い身体を絡め合っていました。

キシマイシヨウジ

4日目
1本目コボンピナクル~ウエストリッヂ
2本目ボンスーンレック

1本目コボンピナクル~ウエストリッヂ
朝目覚めると綺麗な朝日が見られました!!
レオパードシャーク狙いでピナクルでのエントリー。
透明度はまずまずで水底を覗きながら泳ぎます。
中層にはカスミアジやロウニンアジがアタックをし、
根の周りには鮮やかな黄色のウミトサカが群生していました。

DPP07DD0C0E063A17.jpg

2本目ボンスーンレック
潜降して直ぐにフュージュラーやキンセンフエダイなどのフエダイの仲間群れ
カマスやミナミギンガメアジ、ツバメウオ、ネズミフグが群れて泳いでいました。
マクロは船の壁などにウミウシがついていたり、砂地にはハゼがいました。

雨が降る事なく、天候に恵まれたトリップでした。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

報告/TAKESHI RYO YUTAKA NAOKI
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/13(金) 23:41:46|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.11 波、おさまりました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/北東より少し
流れ/少し
透明度上/8m
透明度下/5m

今日も晴れ。波なし。
あとは透明度が上がってくれればいうことなしです。
上がってほしいな。透明度。。

こんな時期だけど来てくれた、マレーシア在住のファンダイバーのお二人と、今日も潜ってきました。
前回は水面激流で大変だったチュンポンピナクル。
今日は流れがなく、楽でした。

入ってしまえば、ものすごい数の魚が迎えてくれます。
相変わらずピックハンドルバラクーダは浅いところで群れ、ホソヒラアジの群れも健在。
イトヒキアジにホシカイワリは、これまたすごい数のイエローバンドフュージラーに突っ込んでいます。

2本目のグリーンロックが今日は意外と見えました。
こちらもジャワビットフィッシュがものすごい数。マブタシマアジもすごい。

PC110527ans.jpg

深度を上げた、サンゴの上のクリスマツリーワームがきれいでした。
そして、夏にいきなりいなくなったタイワンカマスが帰ってきました!

透明度、もうちょっと上がりますように!

報告/ASUKA
写真/本日のゲストよりいただきました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/13(金) 11:22:24|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.04-12.08 ハレルヤクルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち快晴!
水温/28℃
風/あり
流れ/時間によりやや強い
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック 
ウェストオブエデン

ちょいと曇りぎみですが、目が覚めるとそこはシミラン諸島!
第6回ハレルヤ号クルーズのスタートです!
今回は新月後ということで流れが予想できますが、群れや大物との遭遇なども期待です!

_MG_5074.jpg

1本目
大きなウミウチワの脇にはスカシテンジクダイがいっぱい!
とっても綺麗な写真を撮ることができます。

透明感のあるブルーはパウダーブルーサージョンフィッシュ。
ちょこんと顔をだしていたのは面白い顔のシシマイギンポ君。

水中世界に癒されるといえばここ!

2本目
真っ白な砂地を進むと美しい根が見えてきます。

根を覆い尽くすほどのウミウチワやソフトコーラル。
深い場所がとーっても面白いポイントなので酸素の濃いナイトロックスタンクが重宝されます。

ウチワに隠れていたのはクダゴンベ。
ブダイの産卵やブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れも観察することができました。

hl6-2.jpg

3本目
強めの流れを感じつつ潜降し、岩に隠れながら楽チンに進みます。

黄色と紫という艶やかな色彩のアケボノハゼのインド洋バージョン。
その脇には美しいベラ・マッコスカーズフラッシャーラス。
いつもゲストが写真を取っている隣で、2匹がコラボしている写真を見たいなぁなんて思っています。

ダイナミックな地形を縫うように進むと気分はインディージョーンズ??

このダイブでYさん150本記念!おめでとうございます!

日も水平線に近づいた4本目、遅いサンセットからのナイトダイブはタートルロック。
静かな青い世界へとゆっくりと進みます。

昼間はびっしり詰まって群れていたスカシテンジクダイは中層に散らばり、
雪が降っているように見えます。そこにお腹をすかせたカスミアジがアタック!

kazumi-san-ika.jpg

「ん?」なにか小さい浮遊物が気になって目をマクロ目に切り替えて、じーっと見てみると・・

イカの赤ちゃんがちっこいエビを抱えて泳いでいました。
ライトを当てて観察すると、驚いたのかイカをすっと話しました。
ある程度観察させてもらって、イカとちっこいエビを側に近づかせて、
また捕まえてくれることを祈ってその場を去りました。

浮上前にはお腹をすかせた特大ドクウツボが獲物をさがしてウロウロ。
まるまる太ったブダイに噛み付きそうになりましたが、さすがに飲み込めないと判断したのか?(そりゃそうだ
踵を返して去っていきました。ネイチャーシーンも観察できて最高のナイトダイビングでした!

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目

ノースポイントは離れ根を目指しました。
そこには大きなウミウチワが立ち並び、50匹ほどの群れでカスミアジも登場!

[広告] VPS


岩場では真っ白なスミスズブレニーやイヤースポットブレニー。
大きなイソマグロもダイバーの目の前を悠々と泳いていました。

浮上後、船上でゆっくりとしていると・・・「おぉ!!」どこからともなく声があがりました!

「カジキ!!」そう、合計8回ほど船のすぐ横をカジキが跳ねてくれたのです。

_MG_5189.jpg

2本目
浅瀬の棚にゆっくり潜降、そのまま砂地へ。
定番のオーロラパートナーゴビーがあちこちに。

ときおりジョーフイッシュも穴から飛び出てパックと捕食しています。
ソフトコーラルの生い茂っている岩ではビッシリとスカシテンジダイが覆い、
さらにその周りにはさらにキンギョハナダイ彩をそえています。
浅瀬では亀に出会ったチームも。

hl6-1.jpg

hl6-9.jpg


3本目
このあたりから他のクルーズ船も多くなりさすが人気ポイント。
大きなナポレオンのペアがすぐ近くまでよってきたり、
いつもの岩ではハナダイギンポが可愛い顔をのぞかせいました。

そしてこのダイブでゲストのSさんがめでたく100本記念、
Tさんが200本記念をむかえられました。
お二人様、おめでとうございます!

_MG_5280.jpg

4本目
最後はサンセットダイブで今日のしめです。
程よい流れがあたっていて、日没が近づくににつれ根に魚が集まってきます。

わさわさと群れているフュージュラーにツムブリやカスミアジたちがアタック。
この時間帯ならではの光景が楽しめました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

_MG_5303.jpg

1本目
強めの流れを感じつつ潮当たりへと進むとダイバーがいっぱい。
アジやバラクーダはどちらかなと見回していると前を泳いでいるチームがおもむろにダッシュ!!

ついて行くと、向こうから黒い影が近づいてきます。ダイバーではありません・・・

「ジンベエ!!!!!」

3度ほど、目の前で見ることが出来ました!今日はなんと良い日なのでしょう。
持っているパワーがもの凄いここコタチャイのピナクル。さすがといった感じでしょうか!!

sayaka-san-kinsen.jpg

2・3・4本目はタイを代表するサイト・リチェリューロック。

今日もキンセンフエダイはぎゅ!っと固まって群れ、
トラフコウイカのメスは岩の隙間に卵を差し入れています。

紫色のソフトコーラルに覆われた壁の向こうではロウニンアジが捕食の真っ最中。

_MG_5395.jpg

ちっこくて青いワヌケヤッコの幼魚や、トマトアネモネフィッシュの赤ちゃん。
安全停止では間の前にブラックフィンバラクーダがやって来てくれました!

遅いサンセット〜ナイトダイブではさらに魚影が倍!
圧倒的な数のお魚がダイバーを取り囲みます。

今夜か明日孵化かと思われるトマトアネモネフィッシュの卵。
この流れに乗って大海原にハッチアウトするその瞬間が見てみたいものです。

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

1本目コボン・ウェストリッジ

マンタ狙いで行ってきました!
程よい流れの中リッヂの先端でマンタ待ち!
遠くの方から仲良さそうにペアでナポレオンの登場です。
僕達の近くをゆっくり泳いでくれました。
後半は、エイブルズエンゼルフィッシュとミミックサージョンフィッシュの見事な擬態やプラウェーラスの求愛などをじっくり観察して安全停止へ!

2本目ボンスーンレック

魚が群れすぎていてダイバーが見えなくなるほどの魚影のポイント!
潮当たりのいい場所に行くとキンセンフエダイ、クロホシフエダイ、カマスの幼魚がわんさか群れていて、
群れの周りをグルグルと固有種のコラーレバタフライフィッシュの群れが忙しない感じで泳ぎ回っていました。

1001788.jpg
※写真をクリックすると大きいサイズで見れます!

今回のトリップは、大物そして海況にも恵まれゲストの皆さんも大満足のトリップになりました!

報告/Masaru Hiroaki Ryo(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からたくさん頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/08(日) 20:27:25|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.08 波にも負けず元気に講習!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/北東より少し
流れ/なし
透明度上/8m
透明度下/5m

お天気の良い日が続いているタオ島です。
ビーチから見る海は真っ青でとても綺麗です。

今日は、オープンウォーター講習最終日、チュンポンピナクルへ行ってきました。
さすがに外洋方面に出ると波が高め。。。
ゆっくり波を乗り越えながら到着。

透明度は、決して良いとは言えませんが、しかし魚影は濃い!
しかも魚たちが接近してきてくれるかのように目の前に現れます。
迫力がありすぎます。

シェベロンバラクーダやピックハンドルバラクーダ、ものすごく近いです。
厳つい顔のオオクチイケカツオやイトヒキアジが行ったりきたり。

ホソヒラアジの大きな群れが根にアーチを架けるかのように群がっていました。

回を重ねるたびに成長してきたT君。
中性浮力を上手に使い、水中の魚たちをじっくり観察中。

2本目で最終のスキルもクリア!!
ホワイトロックの水中世界を楽しみました。

ワヌケヤッコのペアが寄り添って泳いでいくシーンを見たり、
岩肌には綺麗なヒブサミノウミウシやブチウミウシ。

ソウシハギやツキチョウチョウウオペア、沢山の生物に出会えて講習終了!

1208海ログ

NEW☆オープンウォーターダイバーの誕生です!!
T君、おめでとうございます♪

これからはいろんな沢山の海で潜って楽しんでくださいね~。

報告/EMIKO
写真/NEW☆オープンウォーターダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2013/12/08(日) 16:02:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.07 チュンポンピナクル魚影最強。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/北東より少し
流れ/なし
透明度上/10m
透明度下/5m

IMG_6685s.jpg

タオ島、たまに雨が降るものの、基本的に良いお天気です。
日差しがうれしい!

2週間ぶりに、外洋チュンポンピナクルに行ってきました。
まだ波がありますが、とにかく来られたことがまず前進。

さて水中は。
降りたその先にバラクーダ!
シェベロンバラクーダが渦。
その上にピックハンドルバラクーダが群れ。

このシーズン特有の群れ方というか、とにかくいろんな魚が深度の浅いところで群れているのです。
水温が低い関係でしょうか。
ダイバーが少ないせいでしょうか。

今日のピックハンドルバラクーダは水深15mのところで、しかもいろんな場所で群れていました。
今までどこにいたんだろ。。
透明度は決して良いとは言えませんがめちゃくちゃ近くまで寄って見ることができます。
ものすごい迫力です。

ホソヒラアジの群れも岩の上、なぜかギンガメアジも群れ始め、タオ島で今まであまり見られなかったグルクマが口を開けて泳ぎまわっています。

イトヒキアジにホシカイワリ、ツムブリ、オオクチイケカツオ。どこを見ても大型の魚たちがいっぱい。
そしてユメウメイロにササムロ、ジャワラビットフィッシュの群れも半端ではない数なのです。
流れは全くなし。

久しぶりにお魚満載ダイビングでした。
明日から波はさらに落ち着く予定。
透明度がもっと上がりますように!

報告/ASUKA
写真/今日の午後のお店前

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/07(土) 15:26:53|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.3 第5回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れや曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/時間によりややあり
透明度/15-25m

1日目
ウェストオブエデン
アニータズリーフ
エレファントヘッドロック 
ウェストオブエデン

目が覚めて外へと続くドアを開けると、そこはインド洋のアンダマン海!
第5回ハレルヤ号クルーズの始まりはじまりー!!

ウェストオブエデンの大きなウミウチワからスタート!
別名シーファンシティーという名前の通り、ウミウチワが立ち並びます。

その周りにはスカシテンジクダイやキンメモドキが群れ、
真っ赤なトサカのインディアンフレームフェアリーバスレットや、
ポスターカラーの様なブルーが特徴パウダーブルーサージョンフィッシュ、
最後はちーっこい人気者、シシマイギンポに癒され安全停止へ入りました。

2本目は癒し系NO1・アニータズリーフ。
これぞシミラン!!雑誌でよく見る華やか景色がそこにあります。

ピンクや紫のソフトコーラル、オレンジのウミウチワの周りには、
スカシテンジクダイが群れ、そこに真っ赤なユカタハタが通るという贅沢な光景。

fuminori-san01.jpg

浅瀬でブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れ、
砂地には真っ白のスパゲティガーデンイールがにょきにょきと砂からカラダを出しています。

fuminori-san02.jpg

人気のあるクダゴンベや、ピンク色のイソギンチャクに住むクマノミにもご挨拶。

3本目はダイナミックな地形と群れで大人気のエレファントヘッドロック!

美しいベラ・マッコスカーズフラッシャーラスは今日もヒレ全開、、
アケボノハゼの近似種も気持ち良さそうにホバリングしています。

細く長いケーブを抜けるとそこはお魚天国でした。
イエローバックフュージュラーやカスミアジの群れが目の前でビュンビュン飛び回り、
その背景はダイナミックな巨石という、フォト派ダイバーには絶好の場所!

「カンカンカンカンカンカン!!」 その音に反応して中層をじっと見つめましたが、
欧米人ダイバーがバディーに「こっちだよ」と伝えている音でした・・・(ん~

fuminori-san200.jpg

Fさん200本記念おめでとうございまーす!!

4本目はウェストオブエデンにてナイトダイブ。

大きなロブスターが岩場を歩きまわり、虹色のブダイは面白い顔で寝ています(昼間もそうですが)
サンゴの隙間にはオオアカホシサンゴガニやクロハコフグ赤ちゃん。

fuminori-san03.jpg

浮上すると満天の星空!! 夕食後に屋上で歯磨きをしていると流れ星も発見!
大物をゲストに紹介できますように!とお願いをしました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

fuminori-san06.jpg

ノースポイントでは離れ根まで足を伸ばしました。
そこは潮どおりが良く大きなウミウチワが並ぶ通り道となっています。

イソマグロやイケカツオが小さなタカサゴの群れに突入して、
迫力ある捕食シーンを目の当たりにしました。

2本目は真っ白な砂地スリーツリー。
穴からちょこんと可愛い顔を覗かせているのはハナダイギンポ。

いっぱいいるオーロラパートナゴビーはかなり近くまでカメラを近づけさせてくれます。
逆にアンダマンジョーフィッシュはカメラが近づくと、すーっと穴へと姿を隠してしまいます。

やや強めの流れにのってビヨーンとドリフトしての安全停止も気持ち良いのです!

3本目はコボンのウェストリッジにてマンタ狙い!
そろそろマンタも出始める時期とあって、ボクは中層をきょろきょろと挙動不審ダイバー。

fuminori-san05.jpg

水色のお鼻のブルーノーズラスやハタタテハゼを観察して「今日はカスミアジが多いな」
なんて思っていると、あれよあれよと増え60匹ほどでしょうか。ど迫力そのもの!!
その先にはナポレオンというなんとも贅沢な光景!

最後はリュウキュウキッカサンゴ地帯で癒されながら安全停止をしました。

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセット~ナイトダイブ。
暗くなるにつれ濃くなる魚影は、そして圧倒的なものとなるのです!

竜宮城と呼んでいるサンゴの美しい場所があります。
周りにはスカシテンジクダイが雪のようにまわりに散りムードを盛り上げます。

イヤースポットブレニーやブダイ達の産卵シーンも観察することができました!

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

真っ赤な太陽が昇り3日のスタート!
捕食や産卵、お魚達のザワザワした感じを見ながらコタチャイへ潜降です。

シェベロンバラクーダが渦を巻き、その下ではタカサゴが壁のように群れ、
隣では大きなブラックフィンバラクーダの群れ!さすがコタチャイ。

サンゴの美しい場所でじーっくりと写真を撮って浅場へ戻り、
なにか気配を感じ、ふと見上げると・・・   

sugiura-san02.jpg

ジンベエザメ!!!

体長2m強の個体がゆっくりと近づいてきて大興奮!!
一瞬でしたが大物との遭遇を楽しむことが出来ました!!

2・3・4本目はタイを代表するリチェリューロック。
やや波はありますが、水中のコンディションはばっちり。

今日はいつもに増してキンセンフエダイが「ぎゅっ!」と大きな群れを成し、
ロウニンアジが群れでタカサゴなどの小魚を狙っています。

sugiura-san03.jpg

トマトアネモネフィッシュは親子でダイバーをお出迎え、
大人がイソギンチャクに居座って、赤ちゃんが入れないのでは?なんて心配もしました。

やや流れもあったので、紫のソフトコーラルは全開!
壁一面にが紫のお花畑に見えてきます。

トラフコウイカや大きなアカマダラハタ、
安全停止では目の前にブラックフィンバラクーダの群れも楽しむことができました!

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日1本目は大物狙いでコボン!
昨日、マンタがいたという情報があるだけに期待が高まります。

大きなナポレオンがダイバーをお出迎えしてくれ、
水面付近にはテンジクイサキが大きな群れをなしています。

kurohakofugu-001.jpg

一面に咲き乱れるソフトコーラルを見ているとクロハコフグの赤ちゃんがちょこんと。

2匹、オスのタコが雌の奪い合いをしていたり、
クラゲを突っついているソウシハギを観察したりとネイチャーシーンもばっちり。

最終ダイブは魚影たっぷり沈船のボンスーンレック。

フエダイやアジ、バラクーダにツバメウオ。
それらが混ざり合って大きな群れを形成しています。

メタリックシュリンプゴビーやキイロウミウシ、
マクロもたっぷり楽しめるのがこのポイントの凄いところ。


今回のトリップはお天気最高、ジンベエ最高、透明度最高、
世界各国の素敵なゲストと共に素敵なクルーズとなりました。

さあ世間は師走。年末年始へ向けて海を暖めておきますのでw
スタッフ一同みなさんのお越しをお待ちしております!!

2013.jpg


報告/(マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からたくさん頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/03(火) 18:29:28|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2013.12.02 ジンベエとマンタが同日出現!

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

今日はデイトリップでコタチャイとコボンへ行ってきました。
いつもはよく当たる波予報がハズれ、なかなか激しい波でした。

朝からハレルヤ号チームがコタチャイでジンベエザメを見たという事でしたが、デイトリップチームは見れませんでした。
ジンベエ情報はハレルヤ号チームの下船後にアップされる予報です。
代わりにデイトリップチームはマンタを見てきましたよ〜

激流のコタチャイピナクルはソフトコーラルのポリプが全開でとてもキレイでした。
巨大なロウニンアジの群れを至近距離で見る事ができました。

うってかわって2本目のコボンは穏やかなコンディションでのダイビングでした。

ウェストリッジの先端へ行くとマンタが登場!
体幅3.5mくらいの、このエリアで見るには小さめのオニイトマキエイでした。

他にもナポレオンの雄が雌を誘惑するシーンや、スカシテンジクダイを狙う迫力の補食シーンなどを楽しみました。

写真はゲストのRayさんから頂きました。
[広告] VPS


1480730_397962233640824_2097337793_n.jpg

ナポレオンと2ショットを撮ったら後ろにマンタの影が・・・!

1460014_397976000306114_1055621787_n.jpg

明日はリチェリューロックです。
予報通り穏やかな海だったら良いのですが・・・

報告/TAKESHI
動画&写真/本日のゲストとマンタ、ナポレオンなど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/02(月) 22:49:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2013.12.02 ローシーズンのタオ島でアドバンス修了!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/北東より強い
流れ/少し
透明度上/10m
透明度下/3m

ここのところのタオ島は、お天気は良いのですが、風が強く、ローシーズンまっただ中というかんじです。
ヤシの実が落ちてきませんように。

その大波大風の中、本日は新しくアドバンスダイバーが誕生しました!

オープンウォーターのときから、波にも負けず風にも負けずがんばった、世界一周中の姉妹。
揺れるボートにも慣れてきて、元気です。

アドバンス最終日の今日は、沈船ダイビング。
ものすごい波でした。。そして透明度は決してよいとは言えず。。

が、なんとか潜りきり、最後のダイビングはサイリー。
今回何度も潜ったサイリーで締めました。

IMG_6615ans.jpg

トウアカクマノミにも何度も会いに行きました。

アドバンス修了おめでとうございます!
次は、外洋ポイント行けるときに来てくださいね!!

報告/ASUKA
写真/本日の生徒さんとトウアカクマノミ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/02(月) 16:32:57|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2013.12.01 シミラン諸島で癒しのダイビング

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

今日はシミラン諸島へ行ってきました。

1本目は旬なネタNo1、学名がついたばかりのNemateleotris exquisitaを狙ってきました。
ハタタテハゼ、アケボノハゼ、シコンハタタテハゼ(ヘルフリッチ)に次ぐ第四のハタタテハゼ属の魚です。
ゲストのRayさんが撮ってくれました。

1395115_397962216974159_906750524_n-2.jpg

2本目はスリーツリーズ。
シーズン初頭の風物詩、スカテン大量発生中です。
GoPro動画で本日のゲストと一緒に撮ってきました。
[広告] VPS


1473007_397962240307490_961041836_n.jpg

写真を撮るのがとっても面白い今日この頃です。
明日はコタチャイ&コボンです。
出るか〜大物!?

報告/TAKESHI
動画/本日のゲストとスカシテンジクダイなど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/01(日) 20:00:34|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD