Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2014.03.28 タオ島も晴れ。波なし。いいかんじです。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/無し
透明度/5-20m

タオ島もよいお天気の日が続いています。
波もなく、海の中の流れもなく、ほんわかダイビングです。

今年は水温がいつもより低く、最初は寒くて辛いと思っていましたが、段々慣れてきました(といっても28℃)。
魚やサンゴの気持ちになると、これくらいがいいのかなあと思い始める今日この頃です。
2010年に白化してかなりのダメージを受けたサンゴは、わずか数年で驚異的な回復を見せ、ここにきて、目に見えて元気になってきています。

例年水温が上がると段々下へ下へ深いところに行ってしまう魚の群れが、今年はまだ岩の上にいてくれるのもうれしいです。

さて、今日は5本潜ってきましたが、4本目以外は(ここが気を抜けないところです)よい透明度でした。
いいところは20mくらい見えてきています。

3本目はゲストのYさんの100本記念ダイブ。
IMG_3896as.jpg

おめでとうございます!
ぜひ200本もまた一緒にお祝いしましょう!

報告/ASUKA
写真/本日のゲスト。ツインズにて。


~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/29(土) 11:29:06|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

透明度抜群のコボン!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/15-30m

kenji-san001.jpg

今日もすかっ!と晴れ渡るカオラックです。
コボンにて2ダイブしてきました。

ドボン!とエントリーすると真っ青な海!
透明度は30mはあるでしょうか。

吸い込まれそうなブルーの中を気持ちよく進むと、
小さいタカサゴ達が今日は視界を多い尽くすほどいました。

それらを食べようとツムブリやイケカツオが群れにアタックする、
捕食シーンはダイナミックそのもの!

固有種のインディアンバガボンドバタフライフィッシュや、
アンダマンバタフライフィッシュを観察しながら、
中層に大物の影を探しますが、今日はお休みのご様子。

浅場のリュウキュウキッカサンゴ地帯にも遊びに行き、
気持ちよく2ダイブすることができました!

本日の記念ダイブはなんと3名!
Mちゃん、S君、Gさん!おめでとうございます!!

これからも記念ダイブご一緒させてくださいね。

お知らせ。
池袋でのマリンダイビングフェアも近づいてきました!
スタッフのタケシ・ヒロアキが参加しますので、
みなさん是非遊びにきてくださいね。

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からいただきました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/29(土) 10:15:00|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.27 午前も午後も外洋です。

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/28℃
風/ほぼ無し
流れ/ほぼ無し
透明度/5m-10m

シェベロンバラクーダ海
毎日良いお天気のタオ島です。
今朝のダイビングは久しぶりのサウスウェストピナクル。
前回と変わらず濁りがありますが、今バラクーダがすごいのです。
うっすら岩が見えてきたかと思うと、これがすべてシェベロンバラクーダの群れでした。
透明度が悪いとはいえ、もの凄い数で間近で巻かれると大迫力。
さらにこれも最近圧倒的な数のオニアジの群れと上下重なるシーンが見られました。

そして今日はファンダイバーゲストばかりのボートだったので午後からもチュンポンへ。
こちらは午前に比べるとまずまずの透明度で今度はピックハンドルバラクーダの群れに大接近です。
そしてまたまたオニアジとの二重シーン。

午前も午後も外洋ポイントの豪華な一日でした。


報告/RYO
写真/シェベロンバラクーダ


~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2014/03/27(木) 19:03:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.23 チュンポンピナクルの魚影が最強でした。

ロケーション/タオ島
天候/くもり時々晴れ
水温/28℃
風/南東よりあり
流れ/ほぼ無し
透明度/10-15m

IMG_1850ホソヒラans

右手にオニアジの河、左手にはホソヒラアジの壁。
前にシェベロンバラクーダの塔。
極めつけにピックハンドルバラクーダが押し寄せてきて。。
とにかく今日のチュンポンピナクルは群れオンパレードでした。

IMG_1870ピックans

今年は水温が低いせいか(寒い!)、これらの群れがかなり浅いところで群れてくれています。
今日も深いところは濁りが入っていましたので、最大深度23mのダイビングでしたが、それでこれだけ見られるのですから、楽ちんです。

昨日から波が少し出ている影響で、ダイバーの数も少なく、Kさんとマンツーマンのファンダイブは最高でした。

2本目のレックもユメウメイロがキンセンフエダイなみの密度で群れていて、
「キンセンフエダイちゃうん!?」
って思ってしまうほどでした。
近づいていくと、超大型のホシカイワリが群れの中に突っ込んで行きました。

IMG_1946レックans

この波は早く収まってほしいですが、タオの海、調子は悪くないです。

報告/ASUKA
写真/本日のホソヒラアジ、ピックハンドルバラクーダ、沈船


~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/23(日) 17:02:15|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.19-03.23 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時々強い
透明度/15-25m

1日目
1本目 ウエストオブエデン
2本目 アニータズリーフ
3本目 エレファントヘッドロック
4本目 タートルロック

ちょっと薄曇りかなぁとおもった空も、日が昇ってみれば快晴!
ブリーフィング中には水面を跳ねるカジキが見られたりと、これはいい兆候かも!?

1本目のウェストオブエデンはちょっと流れていました。
ゆったり飛ぶようにウミウチワの美しいエリアまで行き、岩陰に入ってお魚観察。
イエローバックフュージラーの大群が寄って来てくれたのでタカサゴキックをキメると、
視界いっぱい黄色と青で埋め尽くされて、朝から至福のひと時でした。。。

2本目 アニータズリーフも少し流れが。
その分紫のウミトサカがポリプ全開でゴージャスで、黄色いアカヒメジがとても映えます。
アイドルのクダゴンベも気前よく愛想を振りまいていました。

1_2014032314590256a.jpg

メインのハマサンゴの根の周りは相変わらずスカシテンジクダイなどの小魚で覆われて、
カスミアジやバードクインフィッシュがバンバン突っ込んで捕食していました。

3本目 エレファントヘッドロック。
予想に反してとっても穏やかです。 お決まりの記念撮影コーナーの後は、
巨岩の織り成すスイムスルーを楽しみます。薄暗い中をライトで照らしながら行くと、
色鮮やかなソフトコーラルや、目が合えばドキッとするサイズのゴマフエダイなどがいます。
高層ビルのような巨岩のそばでは、太っといオニカマスがホバリングしていました。

4本目 タートルロック
サンセットダイブとナイトダイブに分かれて楽しんでいただきました。
ナイトダイブで出会ったタコは、ライトの光を当てると白く、はずすと黒っぽく、
瞬時に体色や表皮の質感を変え、見れば見るほど不思議です。

2_201403231459089b3.jpg

クマドリカエルアンコウにも会えました。
今回も、何もこんなに目立つ所にいなくても。。。という超目立つところにちょこんと乗っかっていました。

2日目 
1本目 ノースポイント
2本目 スリーツリーズ
3本目 コボンウエストリッジ
4本目 タチャイピナクル

1本目 ノースポイント
かなり強い流れがありましたが、10分ほどでほぼおさまり、思ったよりゆっくり見て周れました。
大発生中のニシキフウライウオは、最高9匹見つけた! というチームも。
岩と岩の間によくいるホウセキキントキは、煮付けにしたら美味しそうだなぁ。。。
。。。なんて、ちょっと和風の食事が恋しくなりますね。

2本目 スリーツリーズ
砂地ではギョロ目のアンダマンジョーフィッシュと穴から顔を出しているクロスジギンポとモグラたたきゴッコ。

3

ソフトコーラル咲き乱れるハマサンゴの根は、キンギョハナダイやスカシテンジクダイでいっぱいです。
ツバメウオの、群れはなかなかのボリュームでゆらゆら近くを泳いでくれます。
しばらくいっしょに泳いだら離れがたかったのか、浅場までついてきてくれて可愛かったです。

3本目 コボン ウエストリッジ
お待ちかね、アンダマン海きってのマンタポイント、コボンにやってまいりました!
到着前から他のボートから、「いるよ!!」という情報をもらっていたので、
しっかりマンタブリーフィングをしてからエントリー。ウエストリッジにたどりついた頃に、
出ました! 特大マンタ!! しかも2匹!! どちらも息を呑むほど大きくて立派です。

4

ダイバーのすぐそばを2匹追いかけっこをするように何度も旋回してくれて、1本まるまる楽しませてもらいました。
安全停止の時にはちょっと小さめの個体にも会えたので、確実に3匹は居たことになります。

4本目 タチャイピナクル
昼間はジンベイが出ていたというので、期待が膨らみます。
雰囲気満点のちょっと濁りのある流れの中を、潮あたりをガンガン攻めます。
ギンガメアジ、ピックハンドルバラクーダ、シェベロンバラクーダの群れなどを満喫。
ジンベイには会えませんでしたが、まぁ、明日もチャンスはあるしね、と余裕綽々の私たち。
ほんとに今年のカオラックはクレイジーです!!

3日目 
1本目 タチャイピナクル 
潮あたりにずんずんすすんでいきながらも、キョロキョロ中層が気になります。
相変わらずの群れっぷりにお腹いっぱいになって安全停止をしていると、
透視度1メートル未満の相当濁ったグリーンモンスターが攻めて来るのが見え、
驚いたフュージラーたちがギューっと大集合して、視界いっぱい青と黄色になるスゴイ光景を見る事が出来ました.

2,3,4本目 リチェリューロック
透明度良好! クロワッサン型のピナクルががくっきり見えます。
午前中は3匹いた!!との情報もあり、ガイド同士顔を見合わせれば「見た??」のしぐさ。。。
ピックハンドルの群れを見ている間も気が気ではありません。
またしばらくたった頃けたたましいベルの音が!、やっと来てくれました!!
4メートルほどで、ゆーっくーり泳いでくれるいい子です。

5

ブイラインやメインのピナクルの周りを何度か行ったり来たりしてどこかへ行ったかと思うと、
また戻ってきてくれたりと、なかなかサービスしてくれました。
3本目4本目はジンベイこそ出ませんでしたが、アイドルたちを激写したり

6

ソフトコーラルの撮影や

7

群れ群れロウニンアジに囲まれたり、思い思いにリチェリューロックを堪能しました。

そしてこの日はゲストのMさんのお誕生日でした! プレゼントにジンベイもゲットして、
お友達の用意してくれたケーキでお祝い。 とってもスペシャルな一日だったことでしょう!
これからもステキなダイビングライフを!

4日目
1本目 コボンウエストリッジ
最終日、もういちどマンタのチャンスをかけて、ウエストリッジでエントリー。
流があったので岩につかまってマンタ待ちしたり、がんばってセカンドリッジまで足を伸ばしてみたり。
最終的には遅めにエギジットしたチームはマンタに会えました!

8

見れなかったチームも、また会いに来るね!とすがすがしい気持ちです。
なんてったって、昨日おとといでマンタもジンベイも見ちゃってますからね!! 

ラストダイブ ボンスーンレック
最後の最後までお魚に巻かれていただきます!
フエダイ各種の群れ、 アジ各種の群れ、ネズミフグの群れなどに巻かれ、
ハゼを激写して、蜂の巣もようのハニカムモレイとにらめっこして。。。
などとやっていたらあっという間の50分、後ろ髪を思いっきり引かれながらのエギジット。

6A3A7693_201403231519078c1.jpg

振り返ればマンタもジンベイも大当たりのスペシャルトリップでした。
ガイド会メンバー、勝浦の中村奈苗さん率いるバンザイダイバーズの皆さんをはじめ、
たくさんの日本人ゲストの皆さんと、ヨーロッパのいろんな国からのゲストの皆さんで
各国自慢の!?おつまみ食べながらお喋りするのは楽しいものですね!

報告/TAKWSHI YUTAKA ERI NAOKI
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/23(日) 13:02:20|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.3.22 今日もリチェリューロックでジンベエダイブ!!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/中程度
透明度/15-20m

今日はリチェリューロックに行ってきました!
連日のジンベエフィーバーから、ガイドもゲストも今日も出るかな?出るよね?出るでしょー!と朝からワクワク!

ジンベエ待ちをしながら、まるで海のようにひしめき合っているキンセンフエダイと遊んだり、タイガーテールシーホースのシャイな様子を観察したりしました。
1002606.jpg

すると・・・やっぱり出ましたジンベエザメ!
タイ一番の人気ポイント、リチェリューロックはたくさんのダイバーでごった返していましたが、長時間にわたってその姿を見せてくれました。

2本目も、もちろんリチェリューロック!
この時間帯は、他のクルーズ船は水面休息中なので、リチェリューロックは貸し切り状態なはず!・・・ってことはジンベエも貸し切っちゃう?!
ということで、気合十分でエントリー!

今回は透明度も良く、ダイバーもほとんどおらず、Big Blueの貸し切り状態!狙い通り!

そしてエントリー直後、ジンベエザメが前から向かってきます!
真っ青な海とジンベエと私達だけ!!最高です!ゲストはみんな夢中で写真や動画を撮っていました。
今日のジンベエザメは、ゆっくりと何度もダイバーの近くに来てくれ、その雄大な姿をたっぷりと見せてくれました!

10026071.jpg


毎日ジンベエを見ているゲストも、今日初めて見たゲストも、水中でガッツポーズ!!
毎日見ても飽きないなぁ…と話す、幸せ者のゲストもいるほど!船上でも喜びを共有しました!

報告/NAOMI
写真/タイガーテールシーホース、ジンベエザメ


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/22(土) 23:30:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.3.21 記念ダイブはジンベエザメ2匹&オニイトマキエイ2枚でお祝い!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/20m

今日はコボンで2本潜ってきました!

今日が誕生日や記念ダイブのゲストがいたため、お祝いに大物が来てくれないかなー?と期待しながらエントリー!

カスミアジの群れや、捕食しているコガネシマアジ、可愛いイヤードブレニーの撮影会などをしていると、
・・・ん? 黒くて大きな影が通り過ぎました!
これはあのお方に違いない!近くにいることがわかり、ガイド陣は目を凝らして辺りを見回します。
そしてリンリンリンリン!鈴がなり、急いで向かうと、

1002591.jpg

オニイトマキエイ!
優雅に泳いでいます!!

1002600.jpg

ダイバーのすぐ近くで長時間にわたってホバリングしてくれ、全員がその姿にうっとりと見入り、出会えた喜びをかみしめながらゆっくりと撮影することができました!
何度見てもマンタはいいなぁ・・・と思っていると、

1002593.jpg

すぐ横をジンベエザメが泳いでいます!

小さな個体でしたが、尾びれにはロープが巻き付いていました。
まるで、「これ取って!泳ぎにくいの・・・」と言いながら近づいてきたようでした。
少し複雑な気持ちになりながらも、その様子を観察。

2本目には、違う個体のジンベエとオニイトマキエイも登場しました!!!

1002594.jpg

1002601.jpg

1002592.jpg

ジンベエザメ2匹!とオニイトマキエイ2枚!が記念ダイビングで両方見られるなんて・・・!
記念ダイブにふさわしい、心に焼き付くダイビングとなりました!

報告/NAOMI
写真/ジンベエ&オニイトマキエイ

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/21(金) 23:19:21|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.21 サウスウエストピナクルよくなってきました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/無し
透明度/10-15m

オープンウォーターコース最終日。
実は昨日も最終日だったのですが、体調不良で一人だけ遅れて卒業になったNさんと二人で、今日はサウスウエストピナクルとシャークアイランドに行ってきました。

P3210282ans.jpg

ここのところ状態が悪かったサウスウエスト。
けっしてよいとは言えませんが、かなり透明度が回復していました。

そして、見えるようになると、すごい魚たちの群れでした。
特にすごかったのが、オニアジ、シェベロンバラクーダ。
壁でした。
ファンダイバーもみんな巻かれていました。

2本目のシャークアイランドは久しぶりにツキチョウチョウウオの群れに遭遇。
100匹以上で群れていました。黄色い群れはやはりきれいです。

P3210310ans.jpg

贅沢なオープンウォーターコースになりました。
おめでとうございます!

報告/ASUKA
写真/本日のオニアジ、ツキチョウチョウウオの群れ。


~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/21(金) 14:34:26|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.3.20 ジンベエザメで始まり、ジンベエザメで締めくくりました!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/ほぼなし
流れ/少し
透明度/20m

今日はリチェリューロックで2本潜ってきました!!
ポイントに到着すると、他のダイビングボートのスタッフが水中を指さしてジンベエサイン!ゲストのテンションも上がり、急いで準備をしてエントリーしました!

水中は少し流れがありましたが、エントリーしてブイラインの根元で少し待っていると、早速ジンベエザメが登場!4.5m程の個体がゆっくりと泳いでいきます。
一度は横を通り過ぎて見えなくなってしまっても、何度も何度も近くを泳いできてくれ、

“自分たちの方に向かってくるジンベエザメ”
“頭上を優雅に泳ぐジンベエザメ”
“ロウニンアジと一緒に泳ぐジンベエザメ”
“ジャイアントフュージラーやハナタカサゴ越しのジンベエザメ”
色々なバージョンのジンベエザメを見ることができました!!

1002584.jpg

昼休憩中、午後のダイビングでもジンベエが見られるなんて、そんなラッキーな事はなかなか起きないよねー、なんてゲストの皆様と船上で話していました。

2本目、やはりジンベエザメの気配はなく、人気者のタイガーテールシーホースや、オレンジ色の斑点が可愛いグレイバードピグミーゴビー、求愛をして顔がまっ黒になっているアンダマントリプルフィンなどをじっくりと観察してゆっくりとマクロダイブ!
ゲストの皆様も夢中で観察したり、写真を撮ったりしています。

・・・ところが、横をジンベエザメが通過!
おっ!またジンベエ!と思っていたら、今度は後ろから違う個体がぐんぐん私たちに向かって泳いできます!
安全停止の直前で浅めの場所にいたので、光が綺麗に入り、背中のジンベエ模様が海の青に映えて、とっても綺麗に見えます。
やったー!2匹GET!!!

1本目の最初からジンベエ!2本目の最後にもジンベエ!
まさにジンベエに始まり、ジンベエに終わる、そんな盛りだくさんなダイビングを楽しんできました!!

報告/NAOMI
写真/お客様から頂きました。

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/20(木) 22:53:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.20 オイランハゼダイブ

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/無し
透明度/15m

タオからです。
今日は午後からお客様よりリクエストのあったオイランハゼダイブに行ってきました。
ご存知のとおりタオ島はハゼ天国!
その中でも最も美しいハゼの一つオイランハゼのディスプレイを狙いました。
Hisao Takehara1
事前のブリーフィングでしっかり打ち合わせしてエントリー。
幸いポイントに到着してすぐにホバリングしている個体をいくつか見ることができました。
その後は各自に一個体に分かれて撮影開始。

Kenichi Nakao 1
約一時間くらいのダイブタイムで思い思いに撮っていただきました。
皆さん、時間の経過を忘れるくらい夢中になってました。

報告/Ryo
写真/オイランハゼ(本日のお客様より)



~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2014/03/20(木) 18:48:12|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.19 ジンベエとランデブー!!!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

今日は、リチェリューロックで2本潜ってきました!
一緒に潜るゲストは、去年のタオ島のリピーターTさんとマンツーマンダイブ!!!
前回のタオでは、出発当日にジンベエ出現で悔しい思いをされて、そのリベンジにカオラックに来て頂きました。

そして、なんと出港直前にリチェリューからジンベエ情報が入ってきたぁーーーーーーー
海は、べた凪で1時間弱でポイントに到着。

1002579.jpg
※クリックすると大きな画像になります。

潜降したら堂々の登場です。

1002580.jpg
※クリックすると大きな画像になります。

ゆっくり優雅に泳いでくれたので『ジンベエと私』こんな写真も簡単に撮れちゃいます!

1002581.jpg
※クリックすると大きな画像になります。

色々な角度から観察!

1002583.jpg
※クリックすると大きな画像になります。

泳ぎを先読みして、待ち伏せ作戦も大当たり!

1002582.jpg
※クリックすると大きな画像になります。

Tさん、ジンベエダイブおめでとう御座います。タオ島のリベンジできましたね!!!
晩御飯は、Tさんのリクエストでタイ風焼き肉『ムーカタ』で乾杯!!!!
ジンベエ話しに大いに盛り上がりました!!!!!

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/ジンベエザメ

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

IMG_3872.jpg

詳細はこちらをクリック!

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/18(火) 23:50:53|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.3.14-18 第26回ハレルヤ号クルーズ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27-29℃
風/少し
流れ/時々強め
透明度/15-25m

1日目
1本目 アニータズリーフ
2本目 ウエストオブエデン
3本目 エレファントヘッドロック
4本目 タートルロック(ナイト)

1本目:アニータズリーフ
クルーズの1本目に潜るのは、まさにシミラン諸島!癒し系のポイントです。
真っ白な砂地にカラフルなソフトコーラル、それを取り囲むスカシテンジクダイの群れや、
ユカタハタ、ヤマブキスズメダイなどのカラフルでアクセントになる魚を、素敵な角度で撮影しようと、
ゲストは夢中になって写真を撮っていました!

カミソリウオやクダゴンベ、インディアンフレームフェアリーバスレットなどマクロもばっちり楽しみました。

2本目:ウエストオブエデン
通称”シーファンシティ”は光が入って今日もとっても綺麗です。
エダサンゴの中にベニカエルアンコウが大あくびをしている様子を観察したり、
アオノメハタが求愛している、ラブラブっぷりに羨望の眼差しを送ったり、
インディアンティアドロップバタフライフィッシュの幼魚がサンゴの隙間を、
チョロチョロと動き回る可愛らしい姿を見守ったり、まったりとダイビングを楽しみました。

3本目:エレファントヘッドロック
大きな岩が積み重なる間を、探検気分でどんどん進んでいきます。

おっ!出口だ!光が綺麗に差し込んでいます、そして手前にあるウミウチワが照らされ、とても幻想的な光景です。
出口を過ぎると、オニカマスやツバメウオなどのお魚がお迎えしてくれ、地形も魚も楽しみました。

hisaop-san.jpg

4本目:タートルロック
初日はここでナイトダイビング!

チョウチョウウオなど、魚たちの夜の姿を観察したり、
昼間よりも活動的なウツボや甲殻類達の観察をしました。

各々のライトで照らし、発見の楽しみを感じながら思い思いの好きな観察をして楽しみました。
チーム全員、せーの!でライトを消して、手や足をぐるぐる回し、夜光虫の光を楽しむ遊びもして盛り上がりました!

hisao-san02.jpg

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コボン・ウエストリッジ
4本目コタチャイ・ピナクル(サンセット~ナイト)

1本目はダイナミックな地形で人気のノースポイント。
程よい流れを感じつつブルーの世界へと進んでいきます。

岩の隙間にはキンメモドキが「ぎゅ!」と詰まって群れ、
大きなウミウチワ、イソバナの前には真っ赤なユカタハタと色彩豊かな景色です。

ゆらゆらと浮かんでいるのはニシキフウライウオ。
タテジマキンチャクダイが気持ち良さそうにアカシマシラヒゲエビに、
クリーニングしてもらっていました。

切り立った壁のチャネルをすり抜けると、
可愛いニモことカクレクマノミとご対面。

2本目は真っ白な砂地の癒し系スリーツリーズ。
穴から顔をちょこんと出してダイバーを見つめているのは、
アンダマンジョーフィッシュ。

美しいソフトコーラルから、ふと見上げると、
次から次へと現れるツバメウオは総勢50匹ほど。

安全停止中にはブラックフィンバラクーダが群れで登場して、
気持ちよく浮上することができました。

3本目はマンタ狙いのコボン。いつも出る訳ではないですが、今日はどうでしょう!

壁を覆いつくす真っ青なソフトコーラルを横目に進むと、
小さいタカサゴたちが目の前を覆いつくします。

スカシテンジクダイが群れている所では、アミメフエダイや、
ツムブリ、さらに大きなナポレオンも加わって大捕食大会が開催されていました。

そして、安全停止直前、正面から近づいてくる大きく黒い影・・・

マンタ!!!!!

chizu-san-manta.jpg

4mほどのオニイトマキエイがやってきて目の前でダイバーを避けるように、
上昇していきました。目の前で海の大物との遭遇を果たしたゲストの皆さんは、
最高の笑顔でOKサインをしてくれました!

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセット~ナイトダイブ。
やや強めの流れなので、ロープに捕まったままで楽チン群れ群れダイブ。

若いツバメウオが流れに乗って目の前を行ったり来たりし、
日が陰るにしたがって根に集まる圧倒的な数のタカサゴたち。

すると2匹のタテジマキンチャクダイが重なるように泳いでいたので観察していると、
相手のお腹にキスをするような仕草を繰り返して、ゆっくりと上昇、そして放精、放卵。
珍しい産卵シーンを見せてくれました。

3日目
1本目コタチャイリーフ
2,3,4本目リチェリューロック

1本目コタチャイリーフ
流れが強かったのでピナクルは断念しリーフへ。

DPP07DE03120D1028.jpg

壺のように丸くなっているイソギンチャクにスカンクアネモネフィッシュが顔をだし
ペアーで固有種のチョウチョウウオが泳いでいました。

2、3、4本目リチェリューロック
透明度が抜群で真っ青な海に鮮やかなキンセンフエダイがとても綺麗です。
大量のフュージュラーが群れている沖には1m級のヨコシマサワラやピッグハンドルバラクーダが回遊していました。

DPP07DE03120D0E03.jpg

マクロは逆さに泳ぐニシキフウライウオ、シャイなタイガーテールシーホース、真っ赤なトマトアネモネフィッシュ、
ソフトコーラルから顔を出すヒメゴンベなどを見てきました。

DPP07DE03120D1201.jpg

夕方になると捕食の時間になり、ロウニンアジやオニアジ、ヨコシマサワラがビュンビュン泳いでいました。

4日目
1本目コボンウエストリッジ
2本目ボンスーンレック

1本目:コボンウエストリッジ
最終日の朝、名残惜しいですが朝日が綺麗に輝いています。

ラストにマンタの登場を期待してエントリーしましたが…残念。
代わりにツムブリ達が朝ごはんを食べている様子を観察しました。

このダイビングで200本記念を迎えられたCさん!おめでとうございます!!
200honHL26.jpg

2本目:ボンスーンレック
楽しかったクルーズもいよいよラストダイブです。

MyハゼやMyウミウシを見つけて、撮影に励んだり、
ホソヒラアジやクロホシフエダイなどの魚ごっちゃりを堪能したり、最後のダイビングを堪能しました!

概ね天候にも恵まれ、気持ちの良い、楽しいトリップとなりました!
記念ダイブもお祝いすることができ、嬉しく思います!
またのご乗船をお待ちしております!!

報告/MASARU YUTAKA NAOKI NAOMI
写真/ゲストの皆様より頂きました。
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/18(火) 13:26:39|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.03.14 ギンガメ&ジンベエ

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/20m

今日はコボンで二本潜る予定でしたが、ここ数日、コタチャイでジンベエが出ているというので、予定を変更してコタチャイへ向かいました。
結果は大正解!到着して降潜した瞬間から安全停止までず〜っとジンベエダイブでした。
コタチャイと言えばめちゃくちゃ魚影が濃いポイントですが、今日はギンガメアジに囲まれるジンベエをたっぷり堪能してきました。
[広告] VPS

まだまだ続く絶好調のカオラックのシーズン。
遊びに来て下さいね!

報告/TAKESHI
写真/ギンガメアジに囲まれたジンベエザメとゲストダイバー

~お知らせ~

4月の第一週末は東京で楽しいイベント盛り沢山!

4月6日(日)に恒例のビッグブルーの東京オフ会(通称:チャバ会)を開催します。スライドショー、豪華プレゼントなどなど盛り沢山の楽しい飲み会です。皆様お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいね。

詳細はこちらをクリック

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/14(金) 23:55:42|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.14 New Diver 誕生!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/上のほうはあり
透明度/15-20m
海ログ用 6ssi ow 1432014

先のAsukaの報告のとおり、コンディションは徐々にですが上がってきてるタオ島です。

3月も半ばに入り、春はもうすぐですね。
一年中暑いのであまり季節感を感じさせないタイですが、この時期は若いバックパッカーや学生旅行者の多くなる時期。
そんな今日この頃、総勢6人のNew Diverが誕生しました。
みんな元気で飲み込みも早く、水中スキルもバッチリでした。
しきりに学科のテストを心配してたけど、これもみんな余裕でクリアー。
海から上がったあとは「なめてた、めっちゃヤベー楽しー」と目を輝かせていました。
皆さん、Open Water Diver 認定おめでとうございます!



報告/Ryo
写真/New Open Water Dive の皆さん

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2014/03/14(金) 18:30:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.14 徐々にですが、コンディションが上がってきました。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/上のほうはあり
透明度/15-20m

IMG_3054コガネアジans

コンディションが上がってきたかと思いきや、いきなり透明度が落ちたりしていますが、全体的には徐々に海のコンディションがよくなってきている、タオ島の今日この頃です。

昨日は、いいと評判のサウスウエストピナクルに行ったところ、透明度がよくなく残念でした。
今日は、定番チュンポンピナクルに行ってきました。

昨日の海の色が頭の中に残っていたのですが、今日の透明度は上々でした。
水面近くは、かなりの流れがあるものの、下に降りると全く流れがないから不思議です。

今日もシェベロンバラクーダの群れを見る気満々だったのに、なぜか今日は見られず。
代わりにものすごい数で迎えてくれたのはオニアジでした。

ホソヒラアジはいつもの場所に。
その上で大きなコガネアジが編隊を組んで泳ぎまわっていました。

お天気がよく、光が差し込んで、岩の上のセンジュイソギンチャクもきれいです。

2本目のホワイトロックも上から下まで透明度がよく、気持ちのいいダイビングでした。
2匹のアオマダラエイが泳いでいるところや、ものすごい勢いで復活しているサンゴ、その周りにいるシンジュタマガシラ、ハクセンタマガシラ。

水がきれいで、魚もきれいに見える2本でした。

報告/ASUKA
写真/チュンポンピナクルのコガネアジ(イメージ)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/14(金) 16:19:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03,09-13 ハレルヤ号クルーズ またまたジンベイ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/26-28℃
風/少し
流れ/時々強い
透明度/15-25m

1日目
1本目 ウエストオブエデン
2本目 アニータズリーフ
3本目 エレファントヘッドロック
4本目 タートルロック

シミラン諸島は今日も晴れ! 目覚めの1本はウエストオブエデン。
予想に反して流れがとっても穏やかで、チェックダイブにはもってこいのコンディションでした。
マッコスカーズフラッシャーラスのディスプレイを激写しているところには
タイマイ君が乱入してきてバクバクご飯を食べはじめました。

_U4A0055.jpg


後半流が少し出てくると、カスミアジの群れもやってきてタカサゴも集まり、ダイナミックな一本となりました。

2本目 アニータズリーフもとってもおだやか。
ハマサンゴのまわりはあいかわらずスカシテンジクダイがたくさん。
アイドルのクダゴンベも気前よく愛想を振りまいていました。

DPP07DE030D0C0C50.jpg


すぐそばにカミソリウオもいて枯葉にしか見えないその体をゆらゆらさせていました。

3本目 エレファントヘッドロック。
象の頭の形の岩のこめかみの辺りからエントリー。 
色んな魚が隠れてるスイムスルーをぬけるとそこには巨大なオニカマスが!
地形も魚達もスケールが違います

そしてこのダイブで200本を迎えられたMさん、おめでとうございます! 
これからもステキなダイビングライフを!!

4本目 タートルロック
サンセットダイブでは、、岩にかぶり付いてシシマイギンポやサージダムゼルを激写したり、
昼の顔から夜の顔に変わっていくお魚達を観察したり、各自思い思いに観察していきます。

DPP07DE030D0C0B44.jpg


最近居ついているクマドリカエルアンコウも見つけることが出来ました。
しかも2匹同じ場所に!!すごく得した気分♪


2日目 
1本目 ノースポイント
2本目 スリーツリーズ
3本目 コボンウエストリッジ
4本目 タチャイピナクル

1本目 ノースポイント
流れも穏やかだったので、離れピナクルで巨大なウミウチワのある景観と、
新種に分類された、絶妙な色合いのハタタテハゼの仲間、エクスクイジタダートフィッシュを堪能。

DPP07DE030D0C0A36.jpg


最近ニシキフウライウオが多数見つかっているこのポイント、6匹も見た!というチームも。
最後の方にはタカサゴ科の魚達がたくさん集まって、とっても華やかな1本となりました。


2本目 スリーツリーズ
砂地ではギョロ目のアンダマンジョーフィッシュとにらめっこ。
中層ではブラックフィンバラクーダの群れに遭遇しましたがあまり近寄らせてはもらえませんでした。
浅場ではブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れに群れて100匹以上の大群になり圧巻でした!
後ろ髪を引かれながらシミラン諸島を後にします。

3本目 コボン ウエストリッジ
リッジ周辺はいい潮周りで、ツムブリ、カスミアジが群れて捕食をしています。
ここでもなぜかブラックピラミッドバタフライフィッシュが密な大群をなしていました。
たのしくお魚観察が出来ましたが、マンタは現われず。。。
次のタチャイピナクルに期待をかけます。

4本目 タチャイピナクル
潮表では相変わらずロウニンアジとカスミアジが群れ、
ときおりかなり立派なサイズのイソマグロも通りすがります。

_U4A0655.jpg


ハマサンゴの陰を覗けば、おおきなアカマダラハタがゴロゴロ
昼間潜っていた船からは「出てる!」との前情報でしたが、残念ながら大物には出会わず。。。

3日目 
1本目 タチャイピナクル
2,3,4本目 リチェリューロック

1本目 タチャイピナクル
流れは昨日と同じくらいの強さ。ブイライン周りにはツバメウオが群れています。

ひときわ大きなオニカマスがぽっかり浮かぶようにしていましたが、
冷たく濁ったグリーンモンスター襲来とともに活発に動きだし、
イエローバックフュージラーを引き連れて泳ぐさまは、さすが海の王者! という感じでした。

2,3,4本目 リチェリューロック
透明度良好! クロワッサン型のピナクルががくっきり見えます。
小さめながらギンガメアジ並みに群れるロウニンアジは圧巻です。
キンセンフエダイの群れのボリュームも最高潮!!

DPP07DE030D0D0E09.jpg


中層にはピックハンドルバラクーダ、水底近くにはシェベロンバラクーダの群れ。
オニアジはものすごい数と勢いで圧倒してきます。
アイドルのトマトクマノミ、タイガーテイルシーホース、フリソデエビなどにご挨拶も忘れません。

そしてやっぱり出ました!ジンベイザメ降臨!!

ロウニンアジを従えて悠々と泳ぐ神々しい姿をじっくり堪能しました。

_U4A0784.jpg
[広告] VPS

この調子で4本目も!?と、ジンベイ待ちをしましたが現れず。。。
でもサンセットダイブならではの魚影の濃さで楽しませてくれました。
やっぱりリチェリューはスゴイダイブサイトです!!

4日目
1、2本目 コボンピナクル または コボンウエストリッジ
ピナクルに潜ったチームはピナクル頂上でソフトコーラルに囲まれて鎮座するマダラエイを見たそうです!
リッジで潜ったチームは、アミメフエダイ、ツムブリ、マルクチヒメジたちの混成チームの捕食や、
オニカマスの縄張り争いなどを観察しつつ、マンタの登場を待ちましたが、現れず。。。

ジンベイザメにも会えたし、
いろんな国からいらしたゲストの皆さんと楽しく潜ることが出来たトリップでした!!
またのお越しをお待ちしております!!

Hallelujah#25

報告/YUTAKA ERI NAOKI TAKESHI
写真/ゲストの皆さんより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/13(木) 17:24:36|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.03.12 アドバンスドダイバー誕生!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/場所によりあり
透明度/10-20m

オープンウォーターの講習を2日前に終えた二人と、アドバンス講習でチュンポンピナクルに行ってきました。

P3120397AOWas.jpg

昨日ディープ講習を終えているので今日はナビゲーションダイビング。
二人にナビゲーションをしてもらって、私とファンダイバーのMさんは彼らに着いて行きました。

今日は、昨日よりも、海が青く、きれいでした。
潜降してすぐに出迎えてくれたのはホソヒラアジの群れ。
下の方には大きなアカマダラハタがのそっと動いています。

そして、昨日見ることができなかった、シェベロンバラクーダに二人のガイドで遭遇。
バラクーダに周囲を巻かれました。
私のガイドよりいいですね。。

でも、せっかくバラクーダが周りにたくさんいるのに、一生懸命地図とにらめっこの二人。
「今どこにいるんだー??」心の声が聞こえてきます。

何とか無事にチュンポンピナクルをぐるっとまわって、ボートに帰ってくることができました。

2本目は水中カメラダイブ。
流れがあり、思ったようにはなかなか撮らせてもらえません。
それでも、一生懸命、いろんな水中生物と向かい合い、夢中でシャッターを切りました。

P3120422yukians.jpg

P3110299yoshieans.jpg

昨日のナイトダイブでは、運よく寝ているカメと泳いでいるカメに会えて、ラッキーでした。

「アドバンス楽しかった!!」

というYさんとYくん。

お疲れ様でした!おめでとうございます!

報告/ASUKA
写真/アドバンスの講習中の写真

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/12(水) 18:45:56|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.10 サーモクラインがマンタを運んでくれました

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/15m
透明度下/5m

今日はデイトリップでコタチャイとコボンへ行ってきました。
月齢からいくと小潮まわりということで、コタチャイとはいえ流れが弱いことが予想されました。
コタチャイ・ピナクルと言えば激流ならではの大物&魚群が売りなので、多少流れてくれた方が良いなぁ〜なんて思ってエントリー。
潜降してみると、やっぱり流れが止まっていて、ちょっと物足りない感じかな〜!?と思いつつ、とりあえず潮表を目指します。
そこに今シーズンで最強と言っても過言ではない、とんでもない濁った冷たいサーモクラインがぶつかって来ました・・・
中層のイエローバンドフュージュラーが降りて来て固まり、360度黄色い魚の壁に巻かれて喜んでいると、ゲストの背後から巨大な黒い影が・・・!
出ました〜マンタ、体幅4mオーバーのオニイトマキエイの登場です!!

[広告] VPS


サーモクラインが大物を運んで来てくれたのでした。

まだまだ大物が続くカオラック、いよいよシーズンも大詰めです。
4月中旬までこの調子で潜っていますので、是非、絶好調の海に潜りに来て下さいね〜

報告/TAKESHI
写真/マンタ(オニイトマキエイ)とゲストダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/11(火) 12:07:34|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.08 可愛いジンベエ登場!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/20m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
最近ジンベエザメの出現で盛り上がっていますが、今日も出ました〜♪
お天気も良く波も穏やか、透明度も抜群でエントリーする前から水面越しにたくさんの魚が見えています。
キンセンフエダイの群れに突っ込んで遊んだ後、潮の当たっている方へ行きロウニンアジの群れを狙おうと思って泳いでいたら、体長3〜4mほどの可愛いジンベエザメが近づいて来て並走してきました!
ゲストのすぐ近くを泳いで、しばらくグルグル回ってくれました〜

[広告] VPS


報告/TAKESHI
写真/ジンベエザメとゲストダイバー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/08(土) 17:18:21|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03,04-03.8 ハレルヤ号クルーズ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時々強い
透明度/15-25m

1日目
1本目アニターズリーフ
2本目ウエストオブエデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

相変わらず良いお天気で初日です。
流れの穏やかなウエストオブエデンからスタート。
キラキラと輝くスカシテンジクダイやヒメタカサゴの群が岩を取り囲むようにいます。
ソフトコーラルと相まって癒される光景でした。
1本目を終えて朝食を食べたら美しいビーチ上陸です。

2本目はウエストオブエデン。
群生するウミウチワの周りをゆっくり流しながら、水深を浅くしていたら突然リンリンと鈴の音が!
なんとマンタ登場!
最初は一瞬でしたが、また回ってくるかもとあたりを伺いながら待機。
あきらめてそろそろ安全停止に入ろうかとその時、またまた帰ってきてくれました。
初日から幸先良いです。

エレファントロックで3本目。
少ーしに濁りがありましたが、プランクトンが濃いそうです。
入り組んだ岩の隙間を泳いで行くと、狙った通りカスミアジの大群が現れました。
ただちょっと遠かった。
最後にいかついオニカマス。
このところよく見る同じ個体と思われますが、近くで見ると歯がギラギラしているのが見えて迫力でした。

最後にいつものようにタートルロックでナイトダイブ。
クマドリカエルアンコウが地面にぽこっと落ちていてビックリ。

DPP07DE0308083518.jpg

昼間にもたくさんいたスカシテンジクダイがトーチに照らされて星くずのようでした。

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コボンウエストリッヂ
4本目コタチャイピナクル

1本目ノースポイント
岩の下に黒の水玉模様のアンダマンスィートリップやソフトコーラルに寄り添っているニシキフウライウオ。

DPP07DE0308083608.jpg

ハマサンゴの周りにはスカシテンジクダイとキンメモドキの金銀のコラボレーション。
浅瀬に行くとイエローバックアンティスやコラーレバタフライが群れていました。

2本目スリーツリーズ
穴の外で見張り番をするオーロラパートナーゴビーと穴の中を掃除するコトブキテッポウエビが共生し
エビが出ていると綺麗な体色をしていました。

DPP07DE0308083736.jpg

その上には100匹くらいのツバメウオが群れて、
華やかなソフトコーラルの周りには透明のスカシテンジクダイとオレンジのキンギョハナダイが乱舞。
後半には大きなロウニンアジとイソマグロ、カメが登場しました。


3本目コボンウエストリッヂ
今回も2本目までマンタが出ている情報が入っていました。
エントリーした途端にマンタが正面から登場です。

DPP07DE0308083825.jpg

中層で見る事ができたので上からや下からいろんなアングルから見る事ができました。

DPP07DE0308083A46.jpg

4本目コタチャイピナクル
まずは竜宮城へ。

DPP07DE0308090007.jpg

スカシテンジクダイとヒメタカサゴが根を覆い隠すくらいの量で
ソフトコーラルはお花が咲いたようにポリプが全開でした。
中層にはブラックフィンバラクーダやロウニンアジなどがうろうろしていました。

DPP07DE0308090108.jpg


3日目
1本目 タチャイピナクル
2,3,4本目 リチェリューロック

朝イチのタチャイピナクルでも、潜降してすぐロウニンアジやツムブリの群れ。
とにかくそこかしこにヒメタカサゴの密集した群れがいるので視界がさえぎられてうっとうしいほど。
掻き分け掻き分け群れを堪能した後、安全停止のためにロープにつかまりに行くと、
どこからともなく大量のイエローバックフュージラーが現れ、
濃い霧が盆地に流れ込むかのようにしてゆったりと渦を巻くような巨大な群れをつくると、
やがてそこから流れ出る大河のように列を成してどこかへ消えていきました

ハレルヤ号クルーズのハイライト、リチェリューロックにやってまいりました!
まずはお目当ての人気者、タイガーテイルシーホースやトマトアネモネフィッシュにご挨拶。

DPP07DE0308090314.jpg


スタッフRYOが岩陰にひそんでいたカエルアンコウを発見するお手柄も。
潮あたりに向かっていくと、貫禄たっぷりなピックハンドルバラクーダの群れ。
さすが食物連鎖の頂点に立つ者たち、風格が違います。

リチェリューでの2本目は、流れも穏やかでゆっくり見て周ることが出来たので、
見づらい岩陰のフリソデエビもバッチリ観察できました。
ピナクル頂上では相変わらずロウニンアジがわんさかで、もう漂っているだけで幸せです。

そしてお待ちかね、リチェリューサンセットダイブ。
ロウニンアジやフエダイは相変わらずの群れっぷり、
さぁーて、この流れの感じならあっちに行くのがセオリーだけど、そっち側もやけに騒がしいなぁ
などと考えながらキョロキョロしていると、
まさかのジンベイザメ降臨!!

DPP07DE0308090417.jpg


すごぉーくゆっくり泳ぐ個体で、何度も私たちの周りを回ってくれました。
今トリップに乗船されてる皆さん、毎日マンタやジンベイに会えるなんて、
いいフェロモン出してますね~!?

4日目
1本目 コボン
2本目 ボンスーンレック

もうこうなったら見れない気がしないです。朝からフェロモン全開です(笑)
あせりは禁物とゆっくり進んでいくと、先に先端にたどり着いたダイバーが鈴を鳴らしています!
超かっこいいブラックマンタです!!!! 
お腹も真っ黒で、つや消し加工した金属のような重厚感。
何度か旋回してセカンドリッジの方に消えていったので、またゆっくりそちらに向かうと、
またまた先に到着したチームがトーチでちかちか合図を出してます。
別個体です!今度は小さめのツヤっとしたかわいらしい個体。
いっちょまえに立派なロウニンアジを従えています。
そのあとはウエストリッジを何度も旋回してくれて、お腹いっぱいのダイブとなりました。

ラストダイブのボンスーンレック、最後までお魚にまみれていただきましょう!
魚影の濃さもさることながら、群れるネズミフグのなんともシュールな光景が印象的です。
まだまだ帰りたくな~い!! と地団駄踏んでるゲストの皆さん、
残念ですが今日はここまでです。
大物フェロモンをさらにパワーアップさせて、
また次回のご乗船をお待ちしておりま~す。

DPP07DE0308083132.jpg

報告/Ryo Yutaka Eri Naoki
写真/ゲストの皆さんより頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/08(土) 10:23:54|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.03.07  オニイトマキエイ2匹に遭遇!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

今日は、タチャイとコボンへ行ってきました。

1002539.jpg

タチャイは、いい感じに流れていました。
水中に入った瞬間から、水面近くにクマザサハナムロやイエローバックフュージラーが沢山いて、
その周りには大きなロウニンアジ、カスミアジ、ブラックフィンバラクーダがいました。
大きなイソバナ、ウミウチワ、色鮮やかな珊瑚を眺めていると竜宮城のようにみえてきます。

2本目のコボンでは、ナポレオンのペアに遭遇!

1002540.jpg

大幅4mほどのオニイトマキエイです。
プランクトンを食べるのに夢中でダイバーが近づいても気にせず根の上をぐるぐる泳いでくれました。

3mくらいの別の個体もいて、ゲストも大喜び!
安全停止中も接近してくれてサービス精神旺盛な個体でした。

連日の大物祭りで、明日のリチェリューでも期待しちゃいますね!!!笑

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/イソバナ、オニイトマキエイ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/07(金) 23:44:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.03.07  NEW☆ダイバー誕生です!!

ロケーション/タオ島
天候/快晴
水温/27℃
風/少し
流れ/なし
透明度/8-10m

今日は、オープンウォーター講習最終日☆
仲良し4人組が最後の講習をがんばってきました。

IMG_6775.jpg

ダイビング前のバディチェックもばっちり!
18メートルの深度まで行ってきました。

エントリー後、沢山のユメウメイロの中を泳いでいると
大きなコガネシマアジの群れに会いました。

水中で大きな魚に出会ったのは、初めてのことだったので生徒さんたちは大興奮!!

ワヌケヤッコのペアや色鮮やかなクリスマスツリーワーム☆
浅いところは、透明度よくあっという間に1本目終了。

2本目はツインズに移動し、最終海洋実習。

砂地のハゼをじっくり観察したり、砂を巻き上げないように中性浮力をうまく使って
泳げていました。

最初は苦手だったマスクのスキルも全員クリア~~。

IMG_6777.jpg

仲良し4人組がNEW☆オープンウォーターダイバーになりました。
おめでとうございます♪

これからもみんなで旅を続けたり、ダイビングを楽しんでくださいネ。

報告/EMIKO
写真/NEW☆ダイバー4人組

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2014/03/07(金) 14:47:36|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03.06 ジンベエ登場!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/28℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

今日は、リチェリューロックへ行ってきました。

1002542.jpg

アゲンストで多少揺れましたが、無事に到着。
アイドルのタイガーテールシーホース、ニシキフウライウオ、トマトクマノミを一通り観察。

2本目は、エントリーして水中を覗いてみると。。。
なんとジンベエが優雅に泳いでいました!!!!!!

1002538.jpg

報告/HIROAKI 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/タイガーテールシーホース、ジンベエザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/06(木) 00:22:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.03,03 ひな祭りマンタ!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/26-28℃
風/少し
流れ/やや強め
透明度/15-30m

月曜日は コボン&コタチャイの日♪

前日にコボンでマ〇タとジ〇〇イがダブルで出た!との情報があったので1本目にコボンに向かいました。

エントリーするととりあえず透明度最高です。 
水底25メートルがくっきり見えていたので、透明度30メートルはあったのではないかと思われます!
いそいそとリッジに向かうと、向こう側はかなり流れています。
スカシテンジクダイに突っ込むカスミアジやアミメフエダイもすごいですが、
やっぱり沖のほうが気になります。粘ってみましたが、大きいものは現れず、ちょっと肩透かし・・・?


二本目はタチャイピナクル

やや流れがある中をピナクルめがけて一直線に潜行していくと、
潮あたりにギンガメアジ、ロウニンアジ、カスミアジが群れ群れです!!
流れと葛藤しながら群れ群れを堪能したあと、ロープに戻って安全停止に入ろうかというときに、

リンリンリン! マンタ登場!!

6A3A7069.jpg

6A3A7021.jpg

6A3A7052.jpg


ゆーっくりとダイバーの間を縫うように泳いでくれたので、
短い時間でしたがロープにつかまったまま至近距離でガン見できました!

大物フィーバーはまだまだ終わっていなかった!!

報告/ERI
写真/TAKESHI OMURA
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2014/03/04(火) 14:50:35|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.2.27-3.3 ハレルヤ号クルーズ報告!!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/25-28℃
風/少し
流れ/時間により強め
透明度/15-30m

1日目
1本目ウエストオブエデン
2本目アニターズリーフ
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

初日、ドキドキの1本目はウエストオブエデンから。
水面から眼下にはクマザサハナムロがびっしり。

浮遊物もなくよく抜けていて気持ちの良い潜降です。
フュージュラーの幼魚を狙ったカスミアジの捕食シーンもちらほら。
最初のチェックダイブ、のんびりと終えました。

島散策のあとはアニターズリーフ。
太陽が高くなり明るく良く抜けています。

yoshiko02.jpg

見どころとなる根には相変わらずスカシテンジクダイが覆い尽くし、
ソフトコーラルの前には色鮮やかなスズメダイやベラ達が気持ちよく泳ぎます。
ゲストの皆さんもこなれてきたご様子。

3本目のエレファントヘッドロックでも透明度は良好。
潮あたりのよい向きでは各種フュージュラーが群れ、その周りを横切るカスミアジの大群。

そして貫禄のあるオニカマスも登場。
水面を突き抜けてそびえ立つ岩も豪快に見えました。

ラストはタートルロックで大きなゴシキエビなど、
のんびりナイトダイブで一日を終えました。

2日目
1本目スリーツリー
2本目ノースポイント
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・タチャイピナクル(サンセットダイブ)

みごとな朝日を拝み、穏やかな朝を迎えました。

1本目のスリーツリーではインデイアンフレームフェアリーバスレットが、
ヒレを広げてアピールしている様子や、
アンダマンジョーフィッシュが巣穴から顔を覗かせていました。

yoshiko01.jpg

クライマックスはブラックフィンバラークダやツバメウオの群れ。

2本目、シミラン最後のポイントはノースポイント。
潜降後ちょっと進むとニシキフウライウオのペアがいました。

yoshiko03.jpg

欧米人チームが教えてくれたのですが本当に上手く擬態しており、
知らないと見落とすところでした。お腹に卵持ちでした。

ランチを食べながら予定通り北上。このところ大物がでているコ・ボン。
顔のあたりがチクチク。プランクトンも濃いみたいでちょっと濁ったかんじ。

その分なにか出そうな雰囲気十分。
と、粘ってみたのですが残念ながら現れず。

そして今日もあっという間に4本目、タチャイピナクル。
なかなかの流れの中、ここでも濁りができましたが、
それでもタチャイらしくロウニンアジの群やバラクーダなど。

elite-san001.jpg

そして、このダイブでゲストのCさんがめでたく100本ダイブ記念を迎えられました。
Cさんおめでとうございます!

3日目
1本目コ・タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック(サンセットダイブ)

昨日に引き続きピナクルで潜る予定でしたが更に強い流れのため島の沿岸ポイントに変更。
ここがまたいいかんじで潜降すぐにブラックフィン、
シェベロンバラクーダの二層の群がすぐ現れてくれました。

ちょうど流れの当たるところに岩が突き出た場所があり、
各種フュージュラーも多くピナクルに負けない魚影でした。

朝食を楽しみながら、今回も穏やかなクルージングでリチェリューロックへ。
このところコンディション絶好調なリチェリューロック。

yoshiko06.jpg

ボート上からもよく抜けているのがわかります。
無数のロウニンアジの群にバラクーダ、キンセンフエダイ。
タカサゴやアジが次々と登場します。

yoshiko009.jpg

マクロも固有種タイガーテールシーホースやトマトクマノミなどみどころいっぱいでした。
3本とも快適なダイビングを楽しめました。

yoshiko008.jpg

今回の日本人ゲストは京都のダイブショップ・エリート様ご一行の皆様。
創立40周年記念ツアーということで総勢16名様と賑やかにお越し頂きました。

 bb-hr0098.jpg

40周年、誠におめでとうございます。
そして記念ツアーにビッグブルーをご利用頂きありがとうございました!

報告/Ryo Hiro Masaru
写真/ELITEの皆さんからいっぱい頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/03(月) 17:26:16|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD