Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2014.12.24-28 クリスマス・クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目

1本目アニターズリーフ
2本目エレファンヘッドロック
3本目ウエスト オブ エデン
4本目タートルロック

今夜はクリスマスイブ。
船内はクリスマスの飾り付けを施してゲストをお迎えです。

DSC_0167.jpg

穏やかなクリスマスの朝、アニターズリーフからスタート。
ここはいつ来ても和みます。

インディアンフレームバスレット1

浅瀬ではインディアンフレームフェアリーバスレットのオスが集まっていて、
ヒレ全開のクリスマスパーティーの真っ最中。

いつもの根は今日も華やかでクリスマスにふさわしい1本目でした。

2本目はエレファントヘッドロックへ。
豪快な地形ポイントで今日もフュージュラがビッシリ群れ、その周りをカスミアジが泳ぎ回ってます。
ハナヒゲウツボやクダゴンベも。

3本目はウエストオブエデン

フラッシャー2

マッコスカーズフラッシャーラスがいたる所でヒレ全開。そのそばではアンダマンジョーフィッシュ。
安全停止しながら浅場の岩で愛嬌たっぷりなシシマイギンポやヒナギンポを観察。

shinji-san-1.jpg
アカヒメジやブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れも楽しめました。

DSC_0301.jpg

最後はタートルロックでサンセットダイブとナイトダイブチー厶に分かれて楽しみました。

シシマイ
ひょうきんな顔のシシマイギンポや大きなシマイセエビ。
大きなドクウツボやボラダイルツノガニなどを観察しました。

トンプソンアクツブガイ

ダイビング後の船上はワインやシャンパン、
スタッフ手作りのケーキでクリスマスパーティーで盛り上がりました!
メリークリスマス!!

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・ボン ウエストリッジ

今回もノースポイントは流れも緩かったので離れ岩へ。

アケボノ

深場には大きなウミウチワが林立してちょっとした林のようになっています。
アケボノハゼのインド洋版を観察したチームもありました。

shinji-san-1-2.jpg

朝ごはんの後にはシミラン諸島8番へ上陸タイム!

2本目のスリーツリーズもほぼ流れがなくゆったりと。

トーモンウミコチョウ2

色とりどりのソフトコーラルをじーっと見つめているとベラの幼魚をはじめ、
様々な生物を発見することができます。

ウツボとホンソメ1

安全停止ではブラックフィンバラクーダの群れを目の前で楽しめました。

コボンに移動して三本目。

IMG_0486_20141227102538a7a.jpg

マンタが三匹でてるとの前情報あり。
潜降してすぐ頭上を通過するマンタが!
いたーと思い、また戻ってくるのを待ちましたがそれっきり・・・一瞬の遭遇でしたw

モルジブズスポンジスネイルやハナダイギンポを見て安全停止へ。

四本目もサンセットダイブで再び期待しましたが現れず、
しかしツムブリの群れやアジの激しい捕食シーンが見られ迫力でした。
後半に期待です。

3日目

1本目リチェリューロック
2本目リチェリューロック
3本目コ・タチャイピナクル
4本目コ・タチャイ・リーフ

今回も1本目、2本目をリチェリューロックに。
今日のタイガーテールシーホースは外に出てきてとても見やすい位置でした。

トラフコウイカ3

今の旬はトラフコウイカ!いたるところで求愛を行っています。

他にも固有種のアンダマンウバウオやアンダマンヘビギンポ。
ワイドなシーンではブラックフィンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダ、
シェベロンバラクーダなど根の周りは圧倒的な数の魚たち。

PC270269.jpg

さすがリチェリュー!大満足の2本となりました。

3本目のコタチャイピナクル。またしてもマンタ情報あり。
昨日はかすったかんじで終わってしまったので今度こそ!

DSC_0709.jpg

タチャイマンタ6

shinji-san-1-3.jpg

潜降後、程なく鈴の音が響きわたりました。
うっとうしいくらいの数のフュージュラー群の向こうから現れてくれました。
カッコイイー登場でした。

けんすけさん-1-6

あれよあれよと集まったカスミアジ達!大迫力!

4本目はコタチャイ・リーフにてナイトダビング。
昼間と色が変わっているブラックピラミッドバタフライフィッシュや、
コラーレバタフライフィッシュ。

サンゴの隙間ではオオアカホシサンゴガニなどの甲殻類もたくさん見ることができました。

4日目

1本目プレムチャイレック
2本目ボンスーンレック

1本目はレアなダイブサイト、プレムチャイ・レック。
細長い船体を潮当たりへと移動すると、凄い数で群れるバラクーダの子供たち。

DSC_0836.jpg

鮮やかなブルーが綺麗なワヌケヤッコや、
ウミウシのクロモドーリス・アンヌラータも見ることができました。

けんすけさん-1-7

最終ダイブはボンスーンレック。
ここはいい漁礁になっていて圧倒的な群れを楽しむことができます。
キンセンフエダイやニセクロホシフエダイの壁は圧倒的です。

ちょっと変わったネズミフグやミノカサゴの群れを見て安全停止へ。

けんすけさん-1-5

今回のクルーズ中に666本を迎えたMさんご夫妻
おめでとうございます!!!!

shinji-san-1-4.jpg

BBHL10 Group Photo

さて、今夜からハレルヤ号は年越しクルーズへと出発です!
みなさん2014年の潜り収めを楽しんでください!!

報告/Msaru Ryo
写真/お客様からたくさん頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2014/12/28(日) 14:10:13|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.12.26 あれから10年、節目の日

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度/20m

今日はインド洋大津波から10年の節目の日。
被害の大きかったカオラックエリアでは追悼イベントが催され、世界中から人々が集まって来ていました。

10847480_10203178889664399_1748189960861219651_o.jpg

1498808_10203178828382867_3945959259675230119_o.jpg

我々ビッグブルーチームも10年前の今日、被災して避難生活を送っておりました。
あれからいろいろありましたが、皆様の応援に支えられ、こうして10年の月日を無事に過ごす事ができ、カオラックの復興の過程をともに歩んで来ることができました。
すっかり復興して賑わうカオラックでこうして楽しいダイビングを出来ていることを本当に幸せに思います。
今こうしていられる事の全ての理由に感謝です。

さて、10年前の今日は潜れませんでしたが、今日はばっちり潜ってきましたよ〜!
予報よりも遥かに穏やかなコンディションのなか、スピードボートでコボンへひとっ飛び行ってきました。

狙いはもちろんマンタ!
今日も2ダイブ、3枚の巨大なオニイトマキエイと戯れてきました。

IMG_0489.jpg

ソフトコーラルの垂れ下がるハマサンゴの根の上をグルグル回り続けてくれました。

珍しい生物では、モルディブスポンジスネイルという貝の仲間が2匹寄り添って交接していました。

IMG_0486_20141227102538a7a.jpg

明日はリテリューロックへ行ってきます!

報告/TAKESHI
写真/津波10年セレモニーの様子、コボンのオニイトマキエイ、モルディブスポンジスネイル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/26(金) 22:09:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.19-23 マンタ登場 クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/28-29℃
風/後半からあり
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目

1本目アニターズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

今回もアニターズリーフからスタート。
リーフと砂地の穏やかなポイントで最初の慣らしにもってこいな場所。

砂地を降りていくと通常のガーデンイールの倍以上の長さのスパゲティーガーデンイールや、
スカシテンジクダイが群れ、宝石箱のようなソフトコーラルの根に癒されます。

浅場ではインディアンフレームフェアリーバスレットや、
求愛行動でしょうか、3匹のタコを見ることもできました。

2本目のウエストオブエデンではマッコスカーズフラッシャーラスが、
盛んにフラッシングしてました。ウミウチワの群生地帯も綺麗でした。

このサイトは固有種も豊富で、インディアンティアドロップバタフライフィッシュや、
アンダマンバタフライフィッシュも観察できました。

kei-san-1-3.jpg

豪快な地形のエレファントヘッドロックでは、
イエローバックフュージュラーの群れの中を潜降するとさらにカスミアジの群れ。
ガレ場へ進むとハナヒゲウツボやクダゴンベなどアイドルたちも。

kei-san-1-2.jpg

スイスムルーを抜けるとさらに迫力満点の地形や群れ!
大満足の1本となりました。

最後はタートルロックでサンセットダイブ。
ぎゅ!と群れるスカシテンジクダイやタカサゴたちが、
捕食者から逃げるようにびゅんびゅんと飛び回ります。

イソギンチャクに包まれて寝ているカクレクマノミに癒されました。

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・タチャイ ピナクル

朝1本目、ノースポイントは流れも緩かったので離れ根へ。
大群生しているウミウチワはいつ見てもみごと!

kei-san-1-5.jpg

kei-san-1-8.jpg

アンダマンスイートリップスやインディアンスモークエンジェルフィッシュ、
エイブルズエンジェルフィッシュなど固有種も観察しました。

kei-san-1-6.jpg

朝食後は島上陸。バランシングロックからの美しい眺めを楽しんだ後はスリーツリーズへ。
まずは砂地でオーロラパートナーゴビーをじっくりと。

たくさんいるので一人一個体で撮影できます。
頭上にはブラックフィンバラクーダも現れました。 

紫と黄色がキレイなエバンスアンティアスや、アンダマンフォックスフェイス、
流れに身を任せていると次々とお魚たちがやってきました。

予定通りシミランを後にしてコ・ボンへ移動。
新月の影響か濁ってますが大物でそうな雰囲気がプンプン。
いつものハマサンゴにナポレオンか三匹。

ナポレオン

ツムブリやマテアジ、インドカイワリ、アミメフエダイが泳ぎ回り、
時にスピードを上げて小魚を捕食するシーンも観察することができました。

さらに北上してコ・タチャイ。リーフでナイトダイブ。
岩やサンゴの隙間を覗くとさまざまな生物を観察することができます。

オオアカホシサンゴガニやルリホシスズメダイ幼魚、
寝ているブダイやヒトヅラハリセンボンといった生物をのんびりと観察してきました。

3日目

1本目リチェリューロック
2本目リチェリューロック
3本目コ・タチャイピナクル
4本目コ・ボン ウエストリッジ

風を考慮して夜明け前にリチェリューロックへ。
少し波がありましたが海の中は程よい流れがあたり濃い魚影。

kei-san-1-10.jpg

タイガーテールシーホース、トマトクマノミなどしっかり見つつバラクーダやアジ、
各種フュージュラの群れも。ワイドもマクロも同時に楽しめるマルチなポイント。

P1010997.jpg

トラフコウイカがあちらでもこちらでも、せっせと求愛している様子も観察しました。

P1010954.jpg

サクッと2本目潜った後はコ・タチャイへもどります。
ここも流れは強くないですが、濁っていてなにかでそうな雰囲気です。

群れるクマザサハナムロやイエローダッシュフュージュラー、
そこへ飛び込んでくるカスミアジとツムブリの群れ。

サンゴの美しい場所にも立ち寄りました。

4本目コ・ボンウエストリッジ
そのままタチャイでサンセットダイブの予定でしたが、コボンでマンタが出ているとの無線情報。
ハレルヤ号全速力でコボンまで戻りましたが、一瞬現れただけで明日に最後の望みをかけます。

4日目

1本目コ・ボン ウェストリッジ

朝日が上がって最終日のスタート!
狙うはマンタ!さてさて、どうでしょうか。

潜降してリッジの先端にてカスミアジの群れを見ていると・・・

「カンカンカンカン!!」 水中に響くみんなを呼ぶ合図。

P1020130.jpg

ゆっくりと近づく黒くて大きな影!オニイトマキエイです。
なんどもダイバーのそばを泳いでくれて、至福の時間です。

2本目はボンスーンレックに向かっていたのですが、
波が高くなってきて、安全のために潜らないという選択をして港へと戻りました。

なかなか太陽が出なかったり、波があったりとみなさんお疲れ様でした。
最後の最後にマンタ登場という最高のシチュエーションとなりました!!

BBHL09 Group Photo
(クリックすると大きく表示されます)

報告/Takeshi.Masaru.Ryo
写真/お客様から頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
Tweet
  1. 2014/12/23(火) 23:56:05|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.12.14-18 遅ればせながら第8回ハレルヤ号クルーズ報告! 

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

大変お待たせいたしました! 満員御礼出出港いたしましたトリップナンバー8番のご報告です。

1日目
 1本目アニータズリーフ
 2本目ウエストオブエデン
 3本目エレファントヘッドロック
 4本目タートルロック

20141215-DSCF6904.jpg

砂地に咲く一輪の花のようなハナヒゲウツボ。 この先も私たちを楽しませてね~♪♪


20141215-DSCF6916.jpg

ちょろちょろ隠れるクダゴンベのチラリズム。。。。 


20141216-DSCF7172.jpg

スノーケルトリップボートが上陸し始める前の美しいドナルドダックベイを背にノリノリなゲストの皆さん!


20141216-DSCF7176.jpg

だれですかー?? 人生のほうもこんな感じだよね。。。って思ったのは!?


2日目
 1本目タートルロック
 2本目ホエールバックロック
 3本目コボンウエストリッジ
 4本目タチャイリーフ

20141217-IMG_9252_20141223184912856.jpg

背中ばっかり見ちゃいますが、本当の顔もかわいいのです。 小人村に迷い込んだみたいですね!


20141217-IMG_9246_2014122318491283d.jpg

あっ テングカワハギ! ブリキのおもちゃにしかみえません。 


20141217-IMG_9331.jpg

美味しい夕食はメニューも盛りだくさん! 今日の一番人気は スパゲティー・パッキーマオ・クリスピーポーク♪
タイ風アレンジのパスタってかなりイケるんです!! パッキーマオとは「酔っ払い炒め」という意味で、日本でも人気のガパオライスのヌードルバージョンといったところでしょうか。 

3日目
 1本目タチャイピナクル
 2本目タチャイピナクル
 3本目タチャイロッキーリーフ
 4本目コボンウエストリッジ

20141217-IMG_9235_201412231849101f6.jpg

グルグルからシマシマに移行する様子がよくわかる! タテジマキンチャクダイの若魚。 おもしろい!

20141217-IMG_9314_20141223184913a4d.jpg

この日のツムブリの群れは川の流れのようにどこまでもどこまでも続くのでした。。。。。

20141217-DSCF7659.jpg

白くて長~い髭の持ち主はゴシキエビ。 体の2倍くらいくらいある自慢の髭なのでしょうね。

20141216-IMG_9198.jpg

今シーズン毎回のように現れてくれるナポレオンのカップル♪ いつまでも仲良く私たちを楽しませておくれ!!

4日目
 1本目コボンウエストリッジ
 2本目ボンスーンレック

20141218-DSCF7800.jpg

今回も出ましたナヲマンタ!! ぽっちゃりに見せかけてキレがあります。 完成度が上がってきてますねぇ~(笑)


20141218-IMG_9404.jpg

ボンスーンレックには巨大なコビアが出没中! 写真には納まりませんでしたが、4匹が砂地にでーんと寝ていました。
濁りの中で鉢合わせするとまるでサメです!


20141218-DSCF7914.jpg

こちらはワヌケヤッコの幼魚。 まだかなり小さくてかわいらしいのです♪


20141218-IMG_1597.jpg

波が高くリチェリューロックを断念しましたが、普段潜らないポイントで新しい発見もたくさんありました。
ご乗船頂いた皆さまありがとうございました!! またお会いできる日をたのしみにしております!!

報告/HIROAKI ERI NAOKI SHO 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/お客様に頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

  1. 2014/12/23(火) 16:53:31|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.12.19 人気のワイドからマクロまで充実の一日

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度/20m

今日はハレルヤ号の出航日。
デイトリップはコボンへ行ってきました。
ウエストリッジでは幅3.5mくらいのオニイトマキエイがぐるぐるダイバーの周りを回っていました。
[広告] VPS

さらに今日はスタッフと一緒に調査ダイブに行ってきました。
ハゴロモハゼの仲間、アドニスシュリンプゴビーがたくさんいる場所を開拓中です。

1490692_10152615350434065_3268565340362829513_o.jpg

ワイドからマクロまで充実の一日でした。

報告/TAKESHI
動画/コボンのオニイトマキエイ
写真/アドニスシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/20(土) 00:14:20|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.15 迫りくる巨大オニカマス

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/少し
透明度/20m

本日のスピードボートはタチャイとボン!
群れ群れ・大物狙いです!

1本目コタチャイ・ピナクル
流れは少し、でも、潮当たりは魚影のオンパレード!

ブラックフィン

今日も小さいタカサゴを捕食しようと目の前を飛び回るマテアジ。
魚を集めてクマザサハナムロを360度堪能してもらい、
太陽が降り注ぐ竜宮城(と呼んでいるサンゴの美しい場所)で癒され、
ラストは・・・逆立ちしている巨大オニカマスw

クリーニングされて気持ちよいのか、なぜか逆立ち。
ダイバーが近づいてもまったく逃げず、むしろ近づくオニカマスw

オニカマス-3

カオラックでは珍しいカンブリブダイも見ることができました。

2本目は移動してコボン・ウェストリッジ。
プランクトンが濃い感じで、大物の予感??

やや流れの難しい場所がありましたが、そこを抜けてしまえば潮当たりだけど楽々ゾーン。
スカシテンジクダイを捕食しようとやって来たのはツムブリの群れ。

アミメフエダイやカスミアジが群れで通ると逃げ惑うタカサゴたち。
ナポレオンのメスも遠めに見ることができました。

マンタ狙いのポイントでオニイトマキエイは出ませんでしたが、さすがカオラックという魚影を堪能する1日となりました!!

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/オニカマス

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

  1. 2014/12/14(日) 20:43:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.09-13 第7回ハレルヤ号クルーズ ジンベエ祭り!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/ポイントによりあり
透明度/15-25m

1日目
1本目アニターズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

bb-1-3.jpg

お天気、海況絶好調のシミランクルーズ。
1本目、癒しのアニターズリーフは今日も華やか!
ハイライトの根ではソフトコーラルに無数のスカシテンジクダイ、各種ハナダイ、スズメダイが入り乱れ豪華絢爛!

bb-1-16.jpg

2本目のウェストオブエデンはゆるーい流れに乗ってウミウチワ群生地帯へ。
岩場はムレハタタテダイやブラックピラミッドバタフライフィッシュか群れ群れ。
特にサンゴの根の上ではインディアンフレームフェアリーバスレットが鮮やかな婚姻色をだしていました。

あまり他のサイトでは見かけないインディアンティアドロップバタフライフィッシュ。

bb-1-5.jpg

bb-1-6.jpg

3本目のエレファントヘッドロックは激流。クマササハナムロやイエローバックフュージュラーがものすごい数でしたが安全第一で早めのエキジット。

最後はタートルロックでナイトダイビング。トーチに照らされたスカシテンジクダイの群が星くずのようで綺麗でした。

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン
4本目コ・タチャイ ピナクル

朝飯前の1本目、ノースポイントは穏やかでした。
ローブの付け根からスズメダイやベラの幼魚がサンゴの周りいっぱい。

頭上にはイソマグロが通りすぎたり、スカシテンジクダイを捕食するイケカツオの動きが活発でした。
アンダマンスイートリップスやインディアンバカボンドバタフライフィッシュなどアンダマン海、インド洋の固有種もじっくりと。
朝食後は混雑する前にビューポイントをめざして島散策。

bb-1saeafe.jpg

2本目はシミラン最後のポイント、スリーツリーズへ
流れは穏やかでピンポイントでお目当ての根へ直行。

bb-1-9.jpg

周辺には見事なウミウチワがありここもなかなかの眺め。
後半は浅瀬の棚を流していると卵を保育中のカクレクマノミがいました。

シミランを後にしランチを食べながらコボンへ。
残念ながらマンタは出ませんでしたが、アジの捕食などアグレッシブなシーンが見られました。

bb-1-8.jpg

bb-1-7.jpg
目が可愛いハタタテハゼ。

bb-1-12.jpg
前が見えないほどのスカシテンジクダイの量!!

最後はコ・タチャイでサンセットダイブ。

bb-1-13.jpg

流れのなか頑張って潮当たりへと移動するとバラクーダの大きな壁!

bb-1-14.jpg
マンタの優雅な姿 (スタッフの演出ですw)

bb-1-18.jpg
どんどん濃くなる魚影。

bb-1-3safee (5)
浮上すると夕日が綺麗!今日もお疲れ様でした。

3日目
1本目コ・タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目コ・タチャイリーフ

朝一は昨日に引き続きコ・タチャイピナクル。
そこそこの流れでしたがおかげて潮表では濃い魚影。
フュージュラーの幼魚などを捕食するアジや頭上にバラクーダ。
ダイナミックなダイビングを楽しめました。

そして、このクルーズで最も人気なポイント、リチェリューロックへ。
キャプテンから無線連絡ではジンベエが現れているとの前情報。

bb-1-3safee (3)

以前に到着した時にはいなくなったというパターンもあったので気がきでなりませんでしたが、
エントリーするとすぐ下にヤツのシルエットが。

そねまま潜降後すぐに真正面から近づいてきてくれました。
丸々と肥えた綺麗な個体でした。

bb-1-3safee (1)

安全停止に入っても近くをスーっと通りすぎたりリチェリューロック2ダイブともジンベエダイブと相成りました。

ジンベエザメ下から

ジンベエザメとバラクーダ

ジンベエザメ後ろ姿

bb-1-3safee (4)
最近よく見かけるトラフコウイカ。オスとメスで卵の交換をしていました。

最後は波が高くなったのでコ・タチャイまで引き返してナイトダイブ。
寝ているブダイや、ちっこいイカ。ヒトヅラハリセンボンなどを観察することができました。

4日目
1本目コ・ボン ウェストリッジ
2本目コ・ボン ウェストリッジ

幸せなハレルヤクルーズもあっという間に最終日。
目覚めると、そこには朝日で輝く穏やかな海。

さぁ、今日はどんな出会いが待っているのか、期待を胸に
コボン ウェストリッジにジャンプイン。

壁際には、スカシテンジクダイのきらきら輝くカーテンがかかっていました。
そして、その前を大きなナポレオンが通って私たちの目の前に登場!

bb-1-11.jpg

目覚めの1本を終えた後、誰もが大好きな大物を見た方がいたということで、
ラストもコ・ボンで潜ることに。

「その時」を見逃さないように、と周囲に注意を向けながら、
イヤースポットブレニーや、ルボックスブレニーなどの可愛い子達にご挨拶。

勢いよく泳いでいくカスミアジたちは迫力満点。
最後まで楽しい海でした。

シーズンが始まって1ヵ月半。絶好調のカオラック!
みなさんのご乗船をお待ちしております!!

HL07.jpg

報告/ MASARU RYO HOSSI
写真/お客様からいっぱい頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/13(土) 17:27:22|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.12.04-12.08 第6回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

1日目
1本目アニータズリーフ
2本目ウエストオブエデン
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

さぁーて、今シーズン7回目のハレルヤ号シミランクルーズに出港です!

まずはシミラン諸島からスタート。

20141205-PC050128.jpg

どのポイントで潜っても、透明度抜群の青い海が広がります!

20141205-PC050069.jpg

カクレクマノミが卵のお世話をしていたり、固有種のコラーレバタフライフィッシュ!

20141208-PC080486.jpg

20141203-PC030011.jpg

今シーズンからおやつに巻き寿司が新メニューとして登場!
欧米人のゲストにも大好評です。

20141205-PC050130.jpg

水面休息中に8番の島に上陸しました。

20141205-IMG_8009.jpg
※↑クリックすると大きな画像で表示されます。

20141205-IMG_8032.jpg
※↑クリックすると大きな画像で表示されます。

20141205-IMG_8057.jpg
※↑クリックすると大きな画像で表示されます。

20141205-IMG_8069.jpg
※↑クリックすると大きな画像で表示されます。

サンセットでは、こんな生物にも出会えました。

オキナワハゼの仲間!!!
『日本の海水魚』オキナワハゼ属の1種-3に似てるけど、どうなんだろう。。。?

日本の海水魚オキナワハゼ属の1種−3

アワイロコバンハゼに似た子もいました。

アワイロコバン!?

ちゃんと写真撮って検証したいものです。

甲殻類では、ヒトデヤドリエビやゴシキエビ!

ヒトデヤドリエビ

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリー
3本目コボンウエストリッジ
4本目コタチャイリーフ

まずは、通称ミヤビハゼに会いに行ってきました。
学名『Nemateleotris exquisita Randall & Connnell, 2013』
exquisitaが英語のexquisiteで雅なんて意味合いがあります。

浅場では、シシマイギンポを撮影しました。

20141206-PC060208.jpg

岩場には、イシガキカエルウオのインド型『ルボックスブレニー』を観察しました。
真上から覗き込むと笑っている表情に見えるんです!

20141206-PC060293.jpg

サンセットダイブを潜り終えるとこんな美しい夕焼けが僕達を迎えてくれました。

20141206-PC060308.jpg

3日目
1本目リチェリューロック
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目コタチャイピナクル

20141206-PC060325.jpg

新しいタイガーテールも発見できて、今リチェリューに2個体います!
他には、ニシキフウライウオは黄色2個体と赤色1個体。
アンダマン海の固有種のトマトクマノミの幼魚は3個体などなど、、、
マクロネタも増えてきました。

20141207-PC070197.jpg

ワイドネタでは、ゴージャスなお家に住むトマトクマノミ、横向きに生えているウミウチワ、キンセンフエダイ、ツバメウオ!

3本目の安全停止直前には、ジンベエザメも出現しました!!!!
4mのジンベエザメを目の前をゆったりと泳ぐ姿に歓声を上げたり、写真を撮ったりして頂けました。

20141210-10537411_10204332001592627_4238693945979953152_o.jpg

夜間はサンデッキにブラックライトを搭載したのでムーディーな雰囲気のなか星空も楽しむ事が出来ます。

20141206-PC060312.jpg

4日目
1本目コボンウエストリッジ
2本目ボンスーンレック

中層には、キンセンフエダイやニセクロホシフエダイ、ツバメウオ、ミナミギンガメアジ、ネズミフグなどが群れていました。

20141208-PC080508_20141211003211313.jpg

壁沿いを探すとウミウシワールドが広がります。

20141208-PC080511.jpg

ご乗船ありがとう御座いました。
またのお越しをお待ちしております!!

20141208-IMG_8099.jpg
※↑クリックすると大きな画像で表示されます。

報告/HIROAKI NAOKI SHO『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/トリップで見られた魚達

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/12/09(火) 22:21:04|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.12. 8 群れにマクロに絶好調!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/少し
透明度/20m

今日もとろけるような水面を切り裂いて、
スピードボートはダイブサイトへひとっとび!

harumi goto-1-12

1本目コタチャイ・ピナクル。
流れも程ほどで快適に潮当たりへと移動すると大きなオニカマス。
口をパクパクさせながら、こちらへと向かってくると、ちょっと怖い・・

目の前をまっ黄色にするほどの量のイエローバックフュージュラー。
大きなロウニンアジが前をすーっと通り過ぎます。

シェベロンバラクーダの群れがグルグルと渦を巻くと、
あーダイビングやっててよかったなという感じがします。

2本目はコボン・ウェストリッジ。
流れに乗ってプチ・ドリフトダイブ気分。

ピンクのソフトコーラル畑で動き回るのは真っ赤なタテジマヘビギンポ。
水玉が可愛いホクトベラやコスメティックラスの幼魚に癒されました。

浅場の壁にいたのは色鮮やかなアデヤカミノウミウシ。
ハナダイギンポやアンダマンダムゼルも観察することができました。

お天気最高!気持ちのよい1日となりました!!

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/nao
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

  1. 2014/12/08(月) 18:23:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.07 海の中もクリスマスムード

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29度
風/無し
流れ/そこそこ
透明度上/25m
透明度下/15m

今日のディトリップはシミラン諸島へ。
相変わらずベタ凪、ブルードルフィン号でかっ飛ばして行ってきました。
harumi goto-1-11
青い空、真っ白なビーチ。まさに楽園ですねー

海の中は満月後でちょっと流れが強かったのですが、そのおかげでサンゴはポリプ全開。
スリーツリー_01
特にソフトコーラル系は色美しくその周りにキラキラとスカシテンジクダイやキンメモドキの群れ、さらにその周りにハナダイたちが彩を増しうっとりする光景です。
特にスカシテンジクダイは数の多いこの時期が見ごろ。
今日もアジたちがしきりに捕食アタックを繰り返していましたが、年が明ければ彼らに食べられて少なくなってきます。

ちょうどクリスマスシーズン、豪華なイルミネーションのようなこの光景は今が見ごろ!

報告/RYO
  1. 2014/12/08(月) 11:01:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.12.06 痛恨のニアミス・・・

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29度
風/無し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

数日前にカオラック入りしたRYOです。
行ってきました、リチェリューロック!海況は穏やかだし、透明度も良好。

エントリー直後にバラクーダ、ツバメウオの群れ。さらに美しいソフトコーラル地帯を流しながら無数のキンセンフエダイの群れを楽しんだりと「これぞ、リチェリューロック!」という感じの一本目でした。
たっぷりと魚影を楽しんでボートへ上がってみるとボートクルーが「見た?」 僕「?」 「ホエールシャーク・・・」

昨日はコ・タチャイでいきなりマンタ大当たりでこちらに来て早々連続で大物?と大興奮しましたが、二本目は残念ながら現れず。
先に入って見た欧米人チームによると、すーっと現れてスーッと去って行ったそうでタイミングですね・・・

「ジンべエ抜きにしてもあの魚影は楽しかったねー、気持ち良かった―」と言ってくださったゲストのお言葉に救われましたが、お言葉どおり今現在のリチェリューロックは海況良し、透明度良しで濃い魚影。

今年はシーズン初めからマンタ、ジンベエが出はじめています。
次回こそ!
クルーズチームは明日、リチェリューロックの予定なのでまた現れてくれるといいな。

報告/RYO
  1. 2014/12/06(土) 21:22:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.12.06 アドバンスでもチュンポンピナクル!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし。
流れ/なし。
透明度/場所によって5-15m

IMG_8334shvans.jpg

たっちゃんとたけちゃんのアドバンスも最終日!

そこで、またまたチュンポンピナクルに行ってきました!
今日のチュンポンはオープンウォーターの時とは違います!
なぜなら30mの水底まで行けてしまうから!

そうすると、シェベロンバラクーダと同じ目線!
IMG_8336shvaowans.jpg

めっちゃ珍しいお魚、ホソミオナガノオキナハギも登場!
IMG_8349okinaans.jpg

2本目のホワイトロックでは、余裕のお魚観察!
IMG_8387hataans.jpg

祝!!アドバンスドダイバー!!!
IMG_8407aowans.jpg

報告/ASUKA
写真/本日のダイビングから

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/06(土) 09:16:34|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.11.05 マクロからワイドまで!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29度
風/無し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

べた凪の絶好のコンディションのなか、スピードボートをかっ飛ばしてコボンとコタチャイで潜ってきました。

今日も一緒に潜ったゲストが素敵な写真をいっぱい撮って下さいました。

1本目のコボンでは、今年の目玉マクロネタである『スポットフィンアンティアス』とか『(インディアン)セイルフィンフェアリーバスレット』とかいう英名がついているホカケハナダイのインド洋型を狙ってきました。
行動範囲が広くとても動きが速くて撮影するのがとっても難しい被写体ですが、ゲストの季里さんが撮ってくれました!

RABAULICHTHYS STIGMATICUS

ちなみに、ホカケハナダイに比べると、クジャクベラは撮りやすいです。
美しいですね〜♪

_MG_2549.jpg

そして、2本目はコタチャイピナクルです。
潜降してすぐからダイビング終了の安全停止まで、ず〜っとマンタと一緒に泳ぐことが出来ました。

もともとマクロ派でマンタにはあまり興味が無いとおっしゃってましたが、マンタはマンタでも巨大なオニイトマキエイである事、そしてアンダマン海ならではのカラフルなソフトコーラルや魚影と絡めて撮れる事で、フォト派のゲストは夢中で撮っておられました。笑

_67A8938.jpg

_MG_2778.jpg

PC050180_20141206015119614.jpg

美しい写真をありがとうございました。

まだまだ良いコンディションが続きそうなカオラック、是非、潜りに来て下さいね〜!

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様より頂きました。
  1. 2014/12/05(金) 23:48:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.05 サウスウエストピナクルでアドバンス!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし。
流れ/なし。
透明度/場所によって5-15m

IMG_8238taiwanans.jpg

今日はアドバンス講習の一日目。
サウスウエストピナクルです。
お天気は今日も上々。

昨日と同じ豪華メンバー。っていうか、これで全員。。
海がいいだけにもったいない感が満載ですが、とにかく楽しむしかない!

サウスウエストピナクルは、相変わらずのお魚祭り。

イエローバンドフュージラーとクロリボンスズメダイシャワー
IMG_8259shwerans.jpg

ユメウメイロシャワー
IMG_8222yumeans.jpg

今日も素敵なダイビングでした!

報告/ASUKA
写真/本日のサウスウエストピナクル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/05(金) 09:01:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.12.04 ゲストに美しく撮ってもらいました

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29度
風/無し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

今日は穏やかなコンディションのもとデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
波も無く快適なトリップでした。

今日の担当ゲストはカメラダイバー3名様です。
ワイドもマクロも楽しいリチェリューロックなので、1本目はワイド、2本目はマクロレンズを付けて潜ってもらい素敵な写真を撮って頂きました。

_MG_2260.jpg

_67A8613.jpg

_67A8584.jpg

_67A8645.jpg

_67A8727.jpg

_67A8766.jpg

_MG_2404.jpg

_MG_2316.jpg

_MG_2302.jpg

明日はコボンでとっておきの被写体をご紹介する予定です。
乞うご期待!!

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様より頂きました。
  1. 2014/12/04(木) 23:00:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.12.04 チュンポンピナクルで遊んできました!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし。
流れ/なし。
透明度/15m

IMG_8110bnzans.jpg

昔一緒にガイドとして働いていたナヲちゃんが、タオ島に遊びに来てくれています。
そして、連日のダイビング。
なぜってそれはお天気が超いいから!!

ローシーズンとは思えないこのコンディション、持ってますね。さすがナヲちゃん。

今日は、オープンウォーターコースの最終日。
今回の講習生、初日からナヲちゃんに焚きつけられ、最終日は絶対チュンポンに行くんだと意気込んで臨みました。

合言葉は、
”ロード トゥ チュンポン!!”

苦手なマスク脱着も何とかものにし、挑んだ最後の日、希望通り(ナヲちゃんの)、チュンポンピナクルへ行ってきました!
本日のチームジャパンは、講習生のたっちゃん、たけちゃんと、イントラアスカ、そして、VIPゲスト(実はただのファンダイバー)ナヲちゃんに、レアダイバー予約係のかなこという豪華メンバー。

そして、チュンポンピナクルの海のコンディションは上々!
楽しくないはずがない!!

IMG_8068hosoans.jpg

きれい!

IMG_8102KNisoans.jpg

ブランクダイバーかなこ。

IMG_8100hosoans.jpg

群れ三昧。

IMG_8091owans.jpg

祝!オープンウォーターダイバー!!

報告/ASUKA
写真/本日のチュンポンピナクル

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/04(木) 08:36:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.11.29-12.03 第5回ハレルヤ号クルーズ報告!!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/25m
透明度下/15m

11月最後のトリップは、シニアダイバーズクラブの皆さんにご乗船頂きました。 10年来のお付き合いのあるグループの皆さんなので、私たちスタッフも大変楽しみにしていました!! マンタ三昧だった前回のトリップから強運を引き継いでいると信じて、タプラム港をいざ出航!!

1日目 目覚めるとそこはシミラン諸島! 島影から昇る美しい朝日には、毎度のことながら感激して手を合わせたくなります。さぁ、14本たっぷり楽しみますよー!!

1本目 アニータズリーフ  緩い流れの中を潜降するとすぐに、メインとなる巨大なハマサンゴ。ウミトサカやウミウチワの周りをキラキラ取り巻くスカシテンジクダイなどが美しく、ザ・シミランという感じの風景で、シミランに来たぞー!!という気分が盛り上がります。

ソフトコーラル-2

2本目 ウエストオブエデン まぁまぁ流れてますが皆さん全くヘッチャラというかんじでずんずん行きます。うちわのある風景、キンギョハナダイの舞う風景を楽しみつつ、擬態する魚などもじっくり観察。

3本目 エレファントヘッドロック 巨岩の織り成すダイナミックな景観を背に、立派なイソマグロがのっしのっしと登場です。たいそう気前のいい個体で、何度も何度もダイバーの近くまで来てくれました。 ハナヒゲウツボやクダゴンベなどマクロの人気者も見れて大満足!

エレファントヘッドロック

4本目 タートルロック

半数以上の方がナイトはお休み~♪ということで、少人数で楽しみました。
昼のお馴染みさんの夜の姿を観察するのも面白いものです。
スカシテンジクダイがまるで粉雪のように中層を舞っていたり、フグがぼてっと地面に転がって寝ている姿には、レギュレーター越しにクスクス笑ってしまうのでした。
ここはじっくりマクロも面白いポイントです。

モウサンウミウシ

トンプソンアワツブガイ

2日目
1本目 スリーツリーズ 強めの流れがありました。 はじめはヨイショヨイショとほふく前進で進んでいきましたが、後半はスイスイ飛ぶようなドリフトダイブ。 朝イチからエキサイティングなダイビングを楽しんでいただきました。

2本目 コボンウエストリッジ 通常スケジュールより1本早めにコボンに向かいました。
なぜなら前日もマンタが出ているから!!
潮どまりのはずがなかなかよく流れていて期待が高まります。
平常心を装ってマダコやクマノミなど見つつ、さーてそろそろ帰る時間。フロートに空気を入れようとしたまさにその時、やってくれました! 眼下に黒い大きな影が!!

manta-sho.jpg


[広告] VPS


湧き上がるように現れて、リッジの上をくるくる旋回してから、南の湾のほうに消え去りました。

2,4本目 コタチャイピナクル
スピードボートデイトリップのチームと入れ替わりにタチャイピナクルに到着。 流れてるよ~との情報をもらったので、入念にブリーフィングをしてエントリー。果敢に潮表に出て大物を狙います。 カスミアジ、ロウニンアジ、ブラックフィンバラクーダの群れ、マテアジの捕食、タカサゴ科たちの帰宅ラッシュなどなど、迫力のシーンを満喫しました!

3日目
1本目 コタチャイピナクル またまた朝から流れてます。 群れを見つけても近寄るのも一苦労。。。 観念して岩陰から顔だけ出して、カスミアジとマテアジが朝ごはんをハンティングする様を観察。

カスミアジ

その辺をさっと見渡してみただけでも、ブダイが集団で放精放卵するシーンや、タテジマキンチャクダイの幼魚が見られたりと、なかなか盛りだくさんな1本でした。

2~4本目 リチェリューロック

透明度もよく穏やかで、ゆったり気持ちよく泳げます! しかも流れが緩やかなのに魚だらけ!!

ツバメウオ

taiger-sho.jpg

まずはシーホースとゴーストパイプフィッシュを激写しに行き、あとはひたすら魚にまみれました!
キンセンフエダイ、各種バラクーダ、ヨコシマサワラ、アタックされてビビりまくる各種タカサゴ科たち。

キンセンフエダイ2

ナンヨウカイワリの大群の襲撃に会ったチームも! トラフコウイカの恋の行方にはいつも見入ってしまいます。三角関係、片思い、恋に恋する若造くん、特にオスに見守られて散乱する姿は立ち合い出産を思わせ、なかなか感動的です。クライマックスのサンセットダイブの魚影の濃さとダイナミックさにはいつもながら後ろ髪をひかれる思いでエギジットしたのでした。

トラフコウイカ

最終日
1本目 コボン トリップ最後のマンタのチャンス! 潮どまりの穏やかな中をリッジの先端に向かってじりじり進みます。キンセンフエダイの群れやアミメフエダイの群れ、ニコちゃんマークがかわいらしいブックスブレニーや、にょろにょろ泳ぐハナダイギンポを観察しながらもなんだかソワソワしちゃいます。結果は・・・残念ながら会えませんでした。 
2本目 ボンスーンレック SDCの皆さんも楽しみにしてくださっていた魚影ナンバーワンポイント! いつもの群れ群れももちろんのこと、かなり大きなスギのペアも見ることが出来ました。サメかと思うサイズでしたよ~!

シニアダイバーズクラブの皆さん、 今回も楽しい時間をありがとうございました!! また次回を楽しみにお待ちしております!!

BBHL05 SDC

報告/TAKESHI, ERI, MASARU, SHO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2014/12/03(水) 16:56:21|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2014.12.02 ワイドでリチェリューロック!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29度
風/無し
流れ/少し
透明度上/20m
透明度下/15m

今日は、スピートボート『ブルードルフィン号』でリチェリューロックへ行ってきました。
波もなく穏やかなアンダマン海、1時間でサイトまで到着です。

ワイドで欠かせないのが、キンセンフエダイの群れです!
ソフトコーラルやウミウチワと一緒に撮影して頂きました。

_67A8172.jpg

_MG_1467.jpg

キンセンフエダイの群れの横では、トラフコウイカの求愛から産卵に至る様子を観察できました。

_67A8197.jpg

美しいソフトコーラルで覆い尽くされているポイントなので、こんなコージャスなお家に住む固有種のトマトクマノミとスカンクアネモネフィッシュ!

_67A8281.jpg

_MG_1485.jpg

タイガーテールシーホースは、個体が大きいのでワイドレンズでも狙える被写体です!

_MG_1506.jpg

深度を上げるとツバメウオが群れをなして泳いでいました。
安全停止をしながらじっくり撮影!!!

_MG_1768.jpg

今日は、程よく流れていたのでソフトコーラルのポリプ全開で、
とてもカラフルでリチュリューらしい素晴らしい写真を撮影して頂けました。


報告/HIROAKI 『HIROAKIブログ:いつまでも残したい海がある
写真/本日のお客様より頂きました。
  1. 2014/12/02(火) 23:24:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD