Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2015.01.23-27 第16回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度上/20m
透明度下/15m

1月も下旬になって日本各地で雪など降っているみたいですが、こちらカオラックは日中本当に暑いです!
カオラックのシーズンも中盤に差し掛かってきました。

さぁーて、第16回目のハレルヤクルーズの就航です!!!!

20150126-P1261246.jpg

1日目
1本目ウエストオブエデン
2本目アニータズリーフ
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

20150124-P1240044.jpg

海の青とソフトコーラルの赤のコントラストが美しいですね!

20150124-P1240953.jpg

ハタタテハゼの仲間、エクスクイジタダートフィッシュをじっくり撮影!

20150124-P1240137.jpg

サンセットナイトでは、こんな迫力ある補食シーンにも出会えました。

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリー
3本目コボンウエストリッヂ
4本目タチャイピナクル

20150125-P1250149.jpg

ノースポイントの離れにある巨大なウミウチワの群生地帯!

20150125-P1250168.jpg

水面休息中には、8番の島に上陸!美しいビーチでこんな格好で記念撮影!
いやぁ、お見事!!!

20150125-P1250159.jpg

20150126-P1260089.jpg

お花畑のように咲き乱れているソフトコーラルですが、こんな感じに接写しても絵になります。

_A3A0571_201501312131351a2.jpg

サンセットでは、潜行早々ブラックフィンバラクーダの群れに遭遇!!!

P1250035_201501312130505c4.jpg

インド洋の固有種スターリードラゴネットが美しいヒレを全開に求愛していました。

3日目
1本目タチャイピナクル
2,3,4本目リチェリューロック

P1260057_20150131213051460.jpg

最近あんまり見かけなかったロウニンアジもバンバン補食中!

P1260248_20150131213140002.jpg

イボヤギ背景

20150126-P1261284.jpg

トマトクマノミの背景にピンクのソフトコーラル!

20150126-P1260101.jpg

黒抜きにしてみても良いですね!

4日目
1本目コボンウエストリッヂ
2本目ボンスーンレック

最終日、コボンにてマンタ出現を願っていざエントリー。
イケカツオやカスミアジがスカシテンジクダイを集団捕食の最中でした!

透明度は他のサイトと比べ、落ちてしまうものの、魚影はだんとつのボンスーンレック。
ミナミギンガメアジやキンセンフエダイが視界を覆い尽くすほど群れています。

_A3A0682.jpg

お天気や海況に恵まれたトリップになりました。
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

アンダマン海はこれからが本格的ハイシーズンです。
皆様のお越しをお待ちしております。

報告/HIROAKI NAOKI SHO 『ブログ:いつまでも残したい海がある
写真/お客様よりいっぱい頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/01/27(火) 23:19:25|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.1.27 リチェリューでジンベエDIVE!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m

masaru2015-1-15.jpg

珍しく波が穏やかなリチェリューロック。
透明度もまずまず、潜りやすいコンディションでした。

1本目、キンセンフエダイの大きな群れで遊び、
トラフコウイカのメスが岩の隙間に卵を差し入れているシーンに出会いました。
よく覗いてみると、岩の間に真っ白な卵が5個ほどおいてありました。

タイガーテールシーホースやアンダマンヘビギンポも観察して安全停止。

2本目、船上でフィンをはいていると水面から聞こえてきました。

「ホエールシャーク」

masaru2015-1-14.jpg

拍子抜けするほど普通の声でしたが、エントリーすると確かに真下にいましたw
真下を大きな水玉模様のシルエットがゆっくり泳いでいます。

なんだかんだで1時間ほどずーっとポイントをぐるぐる回っていたジンベエ君。
体長は3~4mほどでしょうか。

ゲストのMさんは大物づいているようで、
初日はボート上からイルカの群れ、2日目オニイトマキエイ、3日目ジンベエ。

経験本数は20本ほどですが、大物見すぎじゃないですか??
今日は最高~とのことです。
確かに今日は最高でした!!

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/ジンベエザメ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



  1. 2015/01/27(火) 21:20:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2o15.1.26 カメラ持ってマクロダイブへ

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27-28℃
風/なし
流れ/ほぼなし
透明度/20m

マサルです。今日は久しぶりにカメラを持ってファンダイビングしてきました!
レンズはマクロ。目を皿にして小物をじーっと観察してきました。

1本目コボン・ウェストリッジ。
壁にはピンクやブルーのソフトコーラルが群生しています。

masaru2015-1.jpg

そこを、じーーっと観察していると可愛いちびっこ達がいます。
ハタタテハゼやタテジマヘビギンポ、ホワイトダッシュラス幼魚や、
コスメティックラス幼魚、インディアンダイアナズホークフィッシュ幼魚。

masaru2015-1-2.jpg

2本目はコタチャイ・ピナクル。
今日はマクロ命だwなんて意気込んでいきましたが、
頭上にブラックフィンバラクーダの群れが通りかかって浮気しちゃいましたw
masaru2015-1-12.jpg

10秒ほどですがマンタに遭遇したチームもありました!
さいきんチラホラ聞く、大物のうわさ。

大爆発の予感??

masaru2015-1-3.jpg


報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/タテジマヘビギンポとイヤースポットブレニー
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



  1. 2015/01/26(月) 23:37:59|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.01.18−22  第15回ハレルヤ号報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27-29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目

1本目アニータズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

さあ、1月も後半にさしかかりこれからがベストシーズン突入のアンダマン海。
おかげさまで満員御礼でシミラン諸島へ向けクルーズ出航です。

今回も朝一番アニターズリーフ。安定したコンディションで、
やはり一本目にはうってつけなポイント。

namiyo-san-1.jpg
まずは美しいソフトコーラルの群生を楽しんで頂き、
今後のダイビングへのテンションを上げていきましょう。

namiyo-san-1-5.jpg

朝食後の島上陸の後はウエストオブエデン。
まずはゆるーい流れに乗って深場へ行くとプラウエーラスやマッコスカーズフラッシャーラスが今日も元気にヒレ全開。
キンギョハナダイの群れにまじってひときわ綺麗なインデアンフレームバスレット。
アカヒメジやブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ。

namiyo-san-1-4.jpg

後半3本目はエレファントヘッドロック。
ここではダイナミックな地形と魚影を楽しんで頂きます。

namiyo-san-1-6.jpg

流れがちょうどあたる場所にくるとフュージュラーがいつものように無数に群れ、
さらに今日はテングハギモドキの群れも。さらに見上げるとロウニンアジもちらほら。

4本目のタートルロックではサンセットダイブのチームとナイトダイブのチームにわかれてエントリー。
ナイトダイブでは前回同様、カクレクマノミの卵付コロニーがありました。

ギラギラと目玉もはっきりしてきておりふ化も間近そう。
このところ若干水温が低めで安定しているせいでしょうか、あちこちで繁殖をくりかえしているようです。

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・ボン ウエストリッジ

真っ赤に染まる朝日。今日も良いお天気になりそうです。
目覚ましの1本目ノースポイントは透明度良好で穏やか。
離れ岩へ行ったチームは、大群生しているウミウチワやアケボノハゼのインド洋版を見てきました。

朝食後、絶景ビューポイントの眺めを楽しんだ後は予定通りスリーツリーズ。
潮の流れを感じつつ深場へと進みます。

砂地に点在する美しいソフトコーラルの根。
浅いリーフ上では捕食中のタイマイに出会えました。

ランチを食べながらシミラン諸島を後にしてコ・ボンへ北上。
着いてみると他のクルーズ船は少なくほぼ貸切です。

namiyo-san-1-8.jpg

流れはゆるく、リーフからゆっくりとリッジへ流しました。
リーフではエーブルスエンゼルフィッシュとそれに擬態しているアンダマンミミックサージョンフィッシュをじっくりと。
穴からちょこんと顔を出していたのは可愛いハナダイギンポ。

namiyo-san-1-7.jpg

サンセットではリッジの上でイスズミが群れ。カスミアジやイケカツオ、ツムブリなどが集まりしきりに捕食していました。

3日目

1本目タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック

クルーズ後半3日目です。
タチャイピナクルは強い流れでしたがロープを使って慎重に潜降。
根の周辺でクマザサハナムロなどフュージュラーの群れ、カスミアジも。

keiko-san-1.jpg

namiyo-san-1-10.jpg

さらに北上してリチリューロックへ。
少し風があり波がありましたが水中はいつものように固有種のタイガーテールシ―ホース、
トマトクマノミ、トラフコウイカの求愛シーンなど見られました。

keiko-san-1-4.jpg

そしてリチリューロックといえば魚影。
特に最後のサンセットダイブは凄まじい光景でした。

どれくらい凄まじいかというと、各種フュージュラーは勿論、マブタシマアジ、
オニアジ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、ホシカイワリ、インドカイワリ、ツムブリ、
スマ、ピックハンドルバラクーダ、マテアジ、以上の群れがいっぺんにいました。

keiko-san-1-3.jpg
このダイビングでゲストのKさん300本記念!おめでとうございます!!

4日目

1本目コ・ボン ウェストリッジ
2本目ボンスーンレック

毎回のことながらあっという間に、最終日。
再びコボン・ウエストリッジ。
穏やかで綺麗だったのですが残念ながらマンタは現れず。

最後はやはりここです、ボンスーンレック。
潜降はじめからギンガメアジやフエダイの群れに巻かれ、さらに最近いついている大きなコビア。
愛嬌のある顔ネズミフグはダイバーの目の前まで近づいてきます。

namiyo-san-1-15.jpg

最後は、ツバメウオの群れを眺めながら安全停止。
皆様、今回も4日間ありがとうございました!

HL15集合
※クリックすると大きいサイズで表示されます


※音楽が流れます

報告/Masaru, Ryo、Naoki(POLE POLE DIVE)、Sho(Nana Diving Shop)
写真/お客様から頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/01/22(木) 13:32:38|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.01.21 久々に奴が出たゾっ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/3m

今日はシミラン諸島へ潜りに行ってきました。
多少波はあるものの、波の向きと進行方向の向きの相性も良くスムーズなトリップでした。

1本目はシミラン#9のノースポイント。
トラフザメが見たいとおっしゃるゲストのリクエストに困惑しつつ・・・(^_^;;
例年は良く見かけるのですが、今シーズンはぜんぜん居ないのですよ・・・
でも、頑張って探してみます!
なんて会話を交わしつつエントリー。

潜降していくと、今日はイソマグロがやたらといっぱい居ました。
コンディションが許すので離れ根まで行って、巨大なウミウチワの乱立する絶景を楽しんでました。

そろそろ浅場へ戻ろうとした時、ふと、見慣れたような、でも懐かしい感じの何かが視界の隅に入りました。
一瞬、目を疑いつつ、よく確かめて見てみると・・・そうです!トラフザメが居ました〜!!

20150121-P1210577.jpg

あまりに久々の再会に、ゲストよりも僕の方が興奮したかも!?笑
後で聞いてみると、世界中どこに行こうがとにかくサメ運が異常に良いというゲストさんでした。

2本目のシミラン#9のスリーツリーズでも、潜降してすぐに大きめのホワイトチップが目の前を通過。
ここのポイントでは割と珍しいことなので、やっぱりゲストの引の強さを実感した訳です・・・

他にもブラックフィンバラクーダの大きな群れや、ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、オーロラパートナーゴビー、アンダマンジョーフィッシュ、シリウスベニハゼ、コラーレバタフライフィッシュ、大きなマダラハタ、イソマグロなどなど、ワイドからマクロまで楽しいダイビングでした。

明日はリチェリューロックです。
最近、ジンベエが出たとの情報も!
楽しみです。

報告/TAKESHI
写真/トラフザメ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2015/01/21(水) 18:16:43|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.01.18 ハゼその2

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/3m

昨日に引き続き、ハゼ好きのリピーターさんと潜ってきました。
このゲストさんは、ハゼの中でも特に泥底に住む種類のハゼが大好物。
という訳で、最近開拓したばかりの秘密のポイントをご紹介させてもらいました。

今日のメインディッシュはこちら!
アドニスシュリンプゴビーの雄のヒレの開いたところ。

20150118-20150118-DSC_6549.jpg

日本にいるハゴロモハゼの仲間です。
伸張する第一背ビレがかっこ良くて模様が綺麗ですね〜!

お次ぎもハゴロモハゼの仲間。
イエロースポッテッドシュリンプゴビーの雌です。

20150118-DSC_6571.jpg

クロオビハゼに似てるけど、斑点が黄色なので判別は容易です。

ウシオニハゼもいました。
第一背ビレがカッコいいですね!

20150118-DSC_6589.jpg

ブラックシュリンプゴビーの黄化個体もいました。

20150118-DSC_6540.jpg

このポイント、他にももっとも〜っといろんな種類がいます。
とっても面白いポイントなので、これから来られるハゼ好きゲストはご相談下さいませ。

報告/TAKESHI
写真/アドニスシュリンプゴビー、イエロースポッテッドシュリンプゴビー、ウシオニハゼ、ブラックシュリンプゴビー

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2015/01/18(日) 17:36:37|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2014.01.17 ハゼその1

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/10-15m

今日はデイトリップでリチェリューロックへ行ってきました。
担当させていただいたゲストはマクロ、特にハゼが大好物のリピーター様。
リチェリューロックをゆっくりゆっくり回りながら、この海ならではのベニハゼなどをご紹介させてもらいました。

Shunsuke1-2.jpg

Shunsuke3-3.jpg

明日はさらにマニアックに攻めます!
楽しみだ〜♪

報告/TAKESHI
写真/Harlot-dowarfgoby、Grey-barred Pygmy-goby

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2015/01/17(土) 22:43:03|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.01.13-17 クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目

1本目アニターズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

早いもので年が明けてから3回目のクルーズ出向です。
初日から良いお天気、慣らしの一本目。
リーフからゆっくりと砂地を降りていくとスパゲティーガーデンイールがゆらゆらと。
通常のガーデンイールよりも長―い。
スパゲティ
2本目のウエストオブエデン
リクエストのあったマッコスカーズフラッシャーラスのいるところへ直行。
雄数匹が競い合うようにヒレを全開にしていました。
200本
このダイブでリピーターのSさんがめでたく200本記念ダイブでした。
おめでとうございます!
安全停止中にはタイマイが現れ縁起が良いダイビングでした。

3本目のエレファントヘッドロック
クダゴンべ
いつもの場所のクダゴンべは今日も元気そう。
エレファント
潮あたり良い向きではイエローダッシュフュージュラーの群れが凄い数。
岩の上には立派なサイズのロウニンアジも数匹。

タートルロックでサンセットダイブ。
ここでも卵を保育中のクマノミのコロニーを見かけました。
必死に守る親クマノミがけなげです。

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・タチャイ ピナクル

シミランの北端ノースポイント。
少し流れていましたが、透明度良好。
バランシングロック_01
バランシングロックへ登った後はシミランエリア最後のダイブ
スリーツリーズは優しい流れで砂地で癒されます。
巣穴から愛嬌たっぷりな表情のジョーフィッシュ、オーロラパートナーゴビー。
そしてハイライトはツバメウオの群れ。
ナポレオン
シミランを後にしてコボンへ。
潜降直後にナポレオンがお迎え。
リッジ周辺ではイケカツオの盛んな捕食シーンが見れました。
フュージュラー
最後はタチャイピナクルでサンセット。
強い流れを心配しましたがちょうどいいかんじ。
フュージュラーたちがグッチャリ群れ、狙い通りの魚影。

3日目

1本目タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック
IMG_1008_01.jpg
昨日同様、穏やかで他の船もなくほぼ貸切状態。
朝日を浴びた3Dウミウチワが美しいです。
朝からたくさんのフュージュラー、その周りにカスミアジとワイドなダイビングを楽しめました。
_1161268_01.jpg
しばらくクルージングを楽しみながらリチリューロックへ。
海況、お天気は良好なのですが、ちょっと濁っています。
この雰囲気、これはもしかして・・・
トラフコウイカ_01
濁っていますが、さすがリチリューロック。いつ来ても魚影濃いー。
ツバメウオKei
各種フュージュラー、ギンガアジ、オニアジ、キンセンフエダイ、ツバメウオ、バラクーダと次から次へとオンパレード
IMG_1162_01.jpg
ここで二本潜った後、サンセットダイブを控えてのんびり水面休息をとっていると近くのボートから今ジンベエがいるとの知らせ。
やっぱり! そうと聞いたら早々にエントリー。
合図が聞こえたらいつでもどこへでもダッシュできるように浅い水深をキープし根の中心付近で360°警戒態勢。
たまに根の周辺を回ったりと待てど待てど現れず、ねばってみましたがうーん残念・・・
束の間の夢をみました。
IMG_1009_01.jpg

4日目

1本目コ・ボン ウェストリッジ
2本目ボンスーンレック
最終日。楽しいことってあっという間に時間が過ぎていきますね。
朝一番のコボンも穏やかで綺麗でした。
最終ダイブ、ボンスーンレックではサメかと見間違うほどのコビア(スギの仲間)が目の前を横切って行き迫力でした。
最後に無数の魚の群れを楽しんでエキジット。
集合写真

今回はリチリューロックのジンベエが残念でしたがゲストの記念ダイブがあったり、連日お天気、海況ともに良好でした。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!


報告/Ryo、 Naoki (柏島 POLE POLE DIVE)
写真/お客様から頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
Tweet
  1. 2015/01/17(土) 13:54:45|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.01.16 調査ダイブ with 翔

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/程よく
透明度/20-25m

今日も葉山にあるダイビングショップNANAの翔くんと一緒に調査ダイブに行ってきました!

ポイントは、コボンで2本潜っていました。

今シーズン大量発生しているホカケハナダイのインド洋バージョン『スポットフィンアンティアス』

20150116-20150116-IMG_2249.jpg

普通種のタコベラですが、撮影してみると美しい色彩!

20150116-IMG_2192.jpg

報告/HIROAKI 『HIROAKIブログ:いつまでも残したい海がある
写真/スポットフィンアンティアス、タコベラ

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/01/16(金) 22:58:22|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.01.15 美しい水中環境

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/20-25m

最近、朝晩冷え込んでヒートテックのフリースを着ている宏明です!笑

リチェリューロックを目指して出港したのですが、波が高くてタチャイピナクルにポイント変更!

本日は、調査という名のカメラダイブ!!!
バディーは、葉山にあるダイビングショップNANAの、パンチ翔こと田中翔くんと一緒に潜ってきました。

タチャイピナクルは、水中の隠れ根ポイント!
メインの根のまわりを大小異なる岩が点在している。

カオラックエリアで1番ポテンシャルが高いポイント、、、
まぁ、言い換えると『当たり外れがはっきりしているポイント』になります!

例えば流れがなく水中が穏やかな時は、美しい水中環境を撮影しても面白いですよ。

20150115-IMG_1950-2.jpg

20150115-IMG_1885.jpg

20150115-IMG_1871.jpg

20150115-IMG_1825.jpg

20150115-IMG_2001.jpg

報告/HIROAKI 『HIROAKIブログ:いつまでも残したい海がある
写真/水中風景

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/01/15(木) 18:03:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.01.08 新春クルーズ第2弾!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

1日目
1本目アニターズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

安全祈願の花火を派手に打ち上げながら出港です。
年明け第二弾のクルーズスタート。どんなクルーズになるか楽しみです。

たいぞうさん-1-8

初日、まずはアニターズリーフ。
美しいソフトコーラルの根でウェルカム・ダイビング!
スカシテンジクダイは少なくなってきましたが色鮮やかなハナダイたちが目立ちます。

たいぞうさん-1-11

2本目のウエストオブエデンも透明度良く、穏やかです。
パウダーブルーサージョンフィッシュや、コラーレバタフライフィッシュなどインド洋の代表的な魚たち。
頭上には大きなイソマグロ。

fdsafas.jpg

そして本日はゲストのHさんがお誕生日。Yさんが200本記念ダイブでした。
お二人様共におめでとうございます!

3本目のエレファントヘッドロックは程よい流れ。
おかげで、イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロが岩場の近くで群れています。
マクロではアンダマンジョーフィッシュにクダゴンベ。
近づくと結構怖い迫力のオニカマス。

初日の締めはタートルロックでナイトダイブ。
ピンクのソフトコーラルの隙間で寝る黄色いヤマブキスズメダイや、
アデヤカミノウミウシ、ボラダイルツノガニを観察することができました。

2日目

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・タチャイ ピナクル

予定通りの1本目はノースポイント。
今朝も透明度良く、気持ちよく潜降。
ダイナミックな地形を楽しみました。

たいぞうさん-1-6

朝食後の上陸時には青空が広がりバランシングロックからの眺めも最高。

たいぞうさん-1-7

晴れ渡った空の下、2本目スリーツリーズ。
海の中も明るく、砂地も見通し最高。
遠くからでもオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュがよく見えます。

コボンに移動して3本目。
シミランと違いちょっと濁ってますが何かでそうな雰囲気?

流れに乗ってリッジを目指すと大きなナポレオン登場。
しばらく粘ってみましたが残念ながらマンタはでず。

たいぞうさん-1-2

岩場を行ったりきたりしている可愛いイヤースポットブレニーに癒されました。

最後はタチャイリーフでサンセットダイブ。
昼間中層で群れていたフュージュラーたちが岸辺に集まり、
それにつられてアジたちもビュンビュン泳ぎ回っていました。

3日目

1本目タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック

たいぞうさん-1-5

朝一番のタチャイピナクルは透明度も良く穏やかでした。
各種フュージュラーが群れ、カスミアジがしきりに捕食している様子が迫力でした。

コ・タチャイを後にして本クルーズのハイライトであるリチェリューロックへ。
さすが人気ポイント、すでにたくさんのボートが集結しています。


gfds (4)

根の内側ではツバメウオの群れが漂い、
フュージュラーの群れの奥にピックハンドルバラクーダ。
捕食シーンも大迫力です!

gfds (5)

そして小ぶりのギンガメアジや大量のキンセンフエダイ、
今日も圧倒的な魚影で前が見えないくらいの魚、魚、魚。

gfds (3)

タイガーテールシーホースはいつもの場所にいてくれました。
安全停止中にはブラックフィンバラクーダが登場。

gfds (1)

最後のサンセットダイブはアジの群れが昼間よりいっそう凄いことに。
根の周りでマブタシマアジ、オニアジ、マテアジなどが大量に群れ盛んに泳ぎ回っていました。
この日のダイブでゲストのMさんがめでたく500本記念でした。Mさん、おめでとうございます!

500dives


4日目

1本目コ・ボン ウェストリッジ
2本目コ・ボン ウェストリッジ

朝の時間ということでイケカツオやカスミアジが捕食の真っ最中。
小さいタカサゴたちは逃げ惑っていました。

ブラックピラミッドバタフライフィッシュやアンダマンダムゼル、
キンセンフエダイの群れも見ることができました。

最終ダイブは圧倒的な魚影の沈潜サイト・ボンスーンレック。

ミナミギンガメアジやニセクロホシフエダイが壁になって群れ、
さらに進むと、ブラックピラミッドバタフライフィッシュや、
ピックハンドルバラクーダも見ることができました。

今回のクルーズも海況、お天気ともに恵まれました。

そしてゲストの皆さんは岡山のダイビングショップ、エポックダイブサービスご一行様をはじめ,
リピーターさんばかりで賑やかなトリップとなりました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

BB-1-1200
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます


※ 音楽が流れます

報告/Masaru、 Ryo、 Naoki、 Sho
写真/お客様から頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
Tweet
  1. 2015/01/12(月) 12:16:15|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.1.3-7 新春クルーズ報告!!

ロケーション/カオラック
天候/おおむね晴れ
水温/28-29℃
風/なし
流れ/時間によりややあり
透明度/15-25m

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

空が紺碧からピンクへと変わる時間になると、
シミラン諸島も輪郭がはっきりと見えてきます。
新春クルーズの始まりです。

なおたかさん-1-2

チェックダイブは色彩豊かなサンゴが咲き乱れるアニータズリーフ。
飛び込んだ瞬間に分かる透明度の良さ。


nao-san (6)
ミウチワやピンクのソフトコーラルから、ふと目を落とすと、
キンギョハナダイの雄が集まって朝のミーティング中。

浅場にはブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れ、
インディアンフレームフェアリーバスレットが、
その真っ赤なたてがみをメスに見せびらかせていました。

2本目は「ウミウチワの街」ことウェストオブエデン。

なおたかさん-1-4

マッコスカーズフラッシャーラスが華麗にヒレを全開にして泳ぎ、
その隣には負けじとプラウェイラスの姿も。

ウミウチワを覗いてみると、インディアンダイアナズホークフィッシュの幼魚が、
流れに身を任せてヒラヒラとしています。

カスミアジとすれ違いつつ浅場へ進み、
ひょうきんな顔をしたシシマイギンポと対面してきました。

3本目はダイナミックな地形・エレファントヘッドロック。

nao-san (1)

深場でアケボノハゼのインド洋バージョン(Nemateleotris exquisita)
徐々に深度を上げると目の前に広がるのは巨石の絶景!

イエローダッシュフュージュラーやクマザサハナムロに、
360度囲まれて安全停止へと入りました。

4本目はタートルロックにてサンセット~ナイトダイビング。

nao-san (2)

スズメダイのテリトリー争いを観察して、ふとサンゴを覗くと
新年に縁起の良い真っ赤なタテジマヘビギンポ。

浅場ではパウダーブルーサージョンフィッシュや、
ヒナギンポ、シテンヤッコを観察することができました。

2日目
クリスマスポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

2日目はクリスマスポイントからスタートです。
アントニオ・ガウディ設計のアパートのような変わった形の巨石が並びます。

思ったより流れがあったので岩に隠れながらのダイビング。
岩の隙間には立派なウミウチワが立ち並んでいます。

青い海に似合うブルーの魚たちに出会いました。
アデヤッコやアンダマンダムゼル、
バリアブルラインフュージュラーの群れ、
クルクルと回転する2匹のパウダーブルーサージョンフィッシュ。

2本目は華やかな水中世界のスリーツリーズ。
ハマサンゴの裏側には淡いピンクや紫色のソフトコーラルが、
ブドウの房のようにびっしりと並びます。

なおたかさん-1-8

真っ赤なユカタハタや、まっ黄色のヤマブキスズメダイが、
色彩にアクセントを加えています。

砂地にはオーロラパートナーゴビー、アンダマンジョーフィッシュ。
浅場ではアカヒメジやエバンスアンティアスを観察することができました。

3本目はコボン・ウェストリッジ。
大きなアラレフグに出会いながらリッジ(先端)を目指します。

小さいタカサゴの群れが大きく形を変えています。
ツムブリやインドカイワリといった捕食者が狙っているのです。

可愛い表情のイヤースポットブレニーに癒させて安全停止へと入りました。

ラストはコタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ。
やや流れはありますが、予想していた程の激流ではありませんw

なおたかさん-1

日が傾くにつれ、さらに濃くなっていく魚影。
マテアジが小さいタカサゴの群れを追い詰めると、
それらは必死に逃げ惑い、ダイバーのマスクに当たるのでは、
と心配になるほどの勢いでこちらへと突進してきます。

大きなオニカマス、立体的なウミウチワなどもじっくりと見ることができました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック(サンセットダイブ)


昨日の続いてのコタチャイ・ピナクル。
今日もやや流れあり、群れを狙います!

竜宮城(と呼んでいる綺麗な場所)の周りには大量のタカサゴたち。
少し距離を置いて待っているとやってきたのはマテアジの群れ。

バクバクと捕食が終わり、しばらくするとカスミアジの登場です。
朝から晩までタカサゴたちは逃げ回って大変ですw

立体的なウミウチワの前にはヤマブキスズメダイ。
群れはもちろん、鮮やかなサンゴに癒された1本となりました。

2・3・4本目はリチェリューロック。

なおたかさん-1-6

群れ・マクロ・地形・サンゴとなんでもありのスーパーダイブサイトです。
キンセンフエダイの壁やウミウチワの周りに大集合する小さいタカサゴ、
ツバメウオにオニアジ、ギンガメアジ。

大きなトラフコウイカのカップルが求愛を終えて、
卵を岩の隙間に差し入れようとしていると、やってきたのは他のオス。
自分の子孫を守ろうと、その長い腕でパンチをして応戦するオス同士の戦い。
水中ですが熱いシーンを観察することができました。

なおたかさん-1-7

人気のタイガーテールシーホースやアンダマンミミックファイルフィッシュ、
トマトアネモネフィッシュにトラフケボリ、マクロ生物も充実です。

サンセットダイブではぎゅ!と、つまったヒラマサの群れ、
日が傾くにつれさらに濃くなるタカサゴの魚影、
コガネシマアジが捕食しに群れやってくると、
タカサゴたちには緊張が走ります。

浮上すると真っ赤な夕日。
透明度も抜群で最高のコンディションのリチェリューダイブとなりました。

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日はコボン・ウェストリッジ。
朝の優しい日差しのなか大物の期待をこめてエントリーです。

抜群の透明度のなか気持ちよく潜降すると、
ソフトコーラルが美しい場所にキンメモドキの群れ。
ツムブリやインドカイワリが捕食の真っ最中。

可愛いハナダイギンポやタコにも出会いました。

最終ダイブはボンスーンレックにて。
カオラックエリアNO1の魚影です。

ミナミギンガメアジやニセクロホシフエダイ、
その上にはツバメウオもいます。

真っ青なワヌケヤッコ幼魚は恥ずかしがり屋さん。
奥へ隠れたり、出てきたりと大忙しです。

メタリックシュリンプゴビーやネズミフグ、
ハニコムモレイも観察して浮上しました。

ハレルヤ号はまもなくタプラム港へと着岸します。
時間により流れもありましたが、透明度も良く、
群れ、マクロ、シミランの美しい珊瑚をじっくり楽しむことができました。

HL12group.jpg

2015年もビッグブルーを宜しくお願いいたします!
タイにてみなさんのお越しをお待ちしております。

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

  1. 2015/01/07(水) 13:27:57|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.01.05 ディトリップでリチリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/ほぼ無し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

tomato_201501062000259b1.jpg

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
あっという間の年末年始、すでに5日。ディトリップボートで毎日元気に潜っています。

今日は、前回に風で断念したリチリューロックへ久々に行ってきました。
風は落ち着き、着いてみると透明度良しで流れもきつくなくグッドコンディション。

根のすぐ近くでツバメウオが群れ、その下にはキンセンフエダイの群れ
外側では各種フュージュラーはもちろん、カスミアジやキツネフエフキの集団捕食、色鮮やかなソフトコーラル。

潮表で漂っているだけで周りは魚だらけ。
お客様のレギュ越しに「ウォー!」という声が聞こえてきました。
人気者タイガーテールシ―ホースやトマトクマノミなどはダイバーの行列がてきていました。

アンダマン海は年が明けて、これからが本格的シーズンです。
今年もどうぞ、よろしくお願いします!

報告/RYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
Tweet
  1. 2015/01/06(火) 18:03:33|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2014.12.29-2015.01.02 明けましておめでとうございます!!年越しクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/29℃
風/少し
流れ/ほどよく
透明度/15-25m

今年もやってまいりました年越しクルーズ!!
毎年ご参加下さる方も多く、忘新年会のような気分でスタートです!!

0日目

今回はクルーズ乗船前に時間のあるゲストとともにカオラックの近場でのダイブ&温泉ツアーをしてからの乗船でした。

こんなの見てきましたよ。

DSC_6879-2.jpg

アドニスシュリンプゴビー

温泉では熱い源泉と川の水をうまく調節して手作り湯船を作ります。



根っからのダイバーは川の温泉でもマスクを着用し淡水魚の撮影会。



夕方にはハレルヤ号に乗船しアンダマン海へ出港です!

1日目

1本目アニータズリーフ
2本目ウエスト オブ エデン
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

ゲストの皆さんで構成されるビッグブルー写真部員の皆さんも多数乗船していただきましたので、
海ログの写真もこの通り豪華でございます♪♪

IMG_6704.jpg

IMG_6596.jpg

サンギネロドワーフゴビー

20141230-IMG_1199.jpg

シシマイギンポ

IMG_7371.jpg

インディアンダイアナズフォグフィッシュの幼魚

2日目 大晦日、2014年も潜りおさめです!

1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・ボン ウエストリッジ

20141231-DSC_2436.jpg

エクスクイジタダートフィッシュ

20141231-IMG_4982.jpg

ローランドダムゼル幼魚

20141230-IMG_0400.jpg

20141231-IMG_4944.jpg

オーロラパートナーゴビー

20141231-_A3A9404.jpg

ボートクルーを交えてパシャリ!

20141231-_A3A9393.jpg

シミランブルーを背景にファイト一発ごっこにも熱が入ります。

20141231-_A3A9397.jpg

き、きれいですね、Tシャツの色合いが!? な、仲もよさそうです。。。!?

20141231-_A3A9389-2.jpg

貸し切り状態のバランシングロックで、記念撮影もできました!!

ディナータイムには年越しそばをいただいて、今年1年を振り返って思い出話もビールやワインも進む進む。。。
日本時間の12時には、豪華に花火を打ち上げて2015年の幕開けを祝いました!!

20141231-_A3A9926.jpg

3日目 明けましておめでとうございます!! 本年もよろしくお願いいたします!!

1本目リチェリューロック
2本目リチェリューロック
3本目コ・タチャイピナクル
4本目コ・タチャイロッキーリーフ

元旦一本目は豪華リチェリューロックで潜り初めです! 
エギジッとがちょっと大変なサイズの波にも負けず潜った2本は、さすが世界のトップ10ダイブサイトの本気を見せてくれました! そしてそして、海の神様からはこぉんなビッグなお年玉まで!!

20150101-DSC_7317.jpg

20150101-DSC_7312.jpg

20150101-P1140343.jpg

全員が見ることが出来たわけではないですが。。。。

・・・・・・でも!!

ゴージャスクマノミがいつにもましてゴージャスだったのも、

DSC_2943.jpg

トマトアネモネフィッシュ

いつもよりぎゅーっと集まってくれたのも、

IMG_7211.jpg

つがいで仲良く姿を見せてくれたのも、

20150101-IMG_1323.jpg

タイガーテールシーホースのペア

おなかパンパンのイクメンぶりを披露してくれたのも、

20150101-IMG_1346.jpg

ニシキフウライウオ

コタチャイの龍宮城の珊瑚が色とりどりで美しかったのも、

IMG_7317.jpg

ぜーんぶ素敵なお年玉でしたよ!!
神様、2015年もなにとぞよろしくお願いいたします~!!

4日目

1本目コ・ボン ウエストリッジ
2本目ボンスーンレック

ゴリゴリ撮影チームが最終日に激写してきたのがこちら!

IMG_7410-6.jpg

スポットフィンアンティアスとマッコスカーズフラッシャーラスのコラボ!
というか、大群!!
すごいですねぇ!!!

BBHL11 Group Photo

あっという間の年越しトリップ、下船したくなぁ~い! という声がいろんなとこから聞こえてきましたね!

20150102-IMG_0254.jpg

下船後の打ち上げは、デイトリップチームもそろってこの大盛況ぶり!
本当に本当に、記憶に残る素敵なトリップにしていただきました!!
皆様に大大大感謝です!!!

2015年も、ビッグブルーダイビングタイランドをよろしくお願いいたします!!!!


報告/Takeshi Eri Hiroaki Naoki Nao
写真/お客様からたくさん頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
Tweet
  1. 2015/01/02(金) 22:02:28|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD