Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2015.11.29 コ・ボンでマクロもワイドも

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/少し
透明度/25m

今朝のディトリップはちょっとアクシデントにより出航がいつもより遅れてしまいましたが無事にコ・ボンへ行ってきました。

ハナダイギンポ

一本目はリクエストによりマクロをメインに。
本日のゲストは大のハゼ好きということで砂地でオーロラパートナーゴビーなどをまずはご紹介。
そのそばではアンダマンジョーフィッシュがひょこりと顔を出して辺りをうかがっています。
浅瀬にくると、サンゴの穴からハナダイギンポが愛嬌のある表情を見せてくれました。

GOPR0190_01.jpg
コ・ボンに来たからには、2本目はワイドなダイビング。
北側のリーフ地帯へ行くとスカシテンジクダイやフュージュラーの幼魚を追っかけまわす大量のツムブリ。
特に今日は激しく、過ぎ去っていったと思うとまた反転してきて何度も捕食。
今日一番の迫力あるシーンでした。

本日は予報では波がちょと高いはずでしたが、良い意味ではずれて行きも帰りも大きく揺れることなく快適なトリップでした。


報告/RYO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

2015.11.28  タチャイピナクルでバラクーダ・ダイブ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/少し
透明度/25m

今日は予定ではリチェリューロックの予定でしたが、波が高いとの知らせを受けてコ・タチャイへ変更。
しかし、ここもリチェリューロックに負けず劣らず、魚影が濃く大物も現れるポイント。

強い流れを心配しましたが、程よい感じで理想的なコンディション。
すぐにフュージュラーの群れに囲まれたかと思うと、それらをグルグルと追っかけまわすカスミアジの群れや頭上にはブラックフィンバラクーダ。
GOPR0117_01.jpg
特に二本目ではバラけていた群れが集まり、壮観でした。

他にもシェベロンバラクーダも負けじとトルネードを描いたり、1m級のロウニンアジもちらほら。
潮表ではイエローバックフュージュラーやクマザサハナムロが視界一面に広がり2本とも濃い魚影を楽しめました。



報告/RYO


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

2015.11.27 コ・ボンへディトリップ。アドバンスダイバーも誕生!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/30℃
風/なし
流れ/ほぼ無し
透明度/25m

本日も快晴で海況も穏やか。
スピードボートでシュッとコボンへ行ってきました。
いつものエントリーポイントからは水底が良く見えています。

本日のゲストはとにかく群れ、魚影がお好きとのこと。
ならばと、リッジの先端まで行ってみました。

そこではイエローバックフュージュラーの大群。さらにカスミアジの集団やイケイケ捕食モードのツムブリなど。

GOPR0097_01.jpg

Hossyチームではリピーターでタオ島ですでにJrオープンウォーターダイバーのY君、そしてY君のお母さんのお友達のYさんが無事にアドバンスコースを修了。
お二人ともおめでとうございます!

マサルです。ボクは久しぶりにカメラを持ってマクロダイブ!

イヤースポットMS001

可愛いイヤースポットブレニー

アンダマンヘビギンポMS001

アンダマンヘビギンポの産卵シーンに遭遇

ルボックスMS001

「J」に見えるルボクスブレニー

明日はリチェリューロックです。

報告/RYO、MASARU


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

2015.11.26 マンツーマンで満喫~♪

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/ところどころ強い??
透明度/25m時々サーモクライン

木曜日はリチェリューローック!
心配された波もなく、ストレス少なめで進むボートが嬉しい☆

今日はドイツからお越しの方と二人っきりで潜ってきました。
オープンウォーターの方ということで、行けるのは18mまで。

深ーい所へいかないので、減圧不要限界もエアも余裕。
普段はさら~っと通り過ごしてしまう所ものんびりできて楽しー♪

カオラック(私たちが潜る場所)で見れるクマノミを満喫。
Theクマノミ、ニモことカクレクマノミ、スカンククマノミ。

そしてリチェリューと言えばトマトクマノミー!!
ここの素敵なソフトコーラルに囲まれたゴージャスな住まいにお住いの子は、
今日も優雅にしていました。

そんな彼らに会いに行く道中は、常にお魚まみれ♡
花吹雪なのか雨粒なのか、
とにかく目の前にふわふわザーザーお魚が~。

とにかくリチェリューに行けて良かった~^_^

報告/Hossy

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

2015.11.21-25 第7回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/26-29℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/15-25m

1日目
1本目ウエスト オブ エデン
2本目アニターズリーフ
3本目エレファンヘッドロック
4本目タートルロック

11月、早くも後半に入りました。第7回目のクルーズです。
今回も穏やかな海況でスタート。

1本目のアニターズリーフはほぼ流れなく抜群の透明度で慣らしにちょうど良いコンディション。
リーフから砂地の斜面へと美しい水中景色が迎えてくれました。

HL7 (1 - 1)-8

こなれた2本目はウエストオブエデン。
ウミウチワの群生地帯を眺めながら、水底近くでは盛んにヒレ全開のマッコスカーズフラッシャーラス。
こちらも、穏やかで心地よく潜れました。

ランチの後の3本目は予定通りエレファントヘッドロック。

HL7 (1 - 1)-9

流れに注意しながら岩壁にたどり着くと可愛いタテジマキンチャクダイの幼魚がいました。
さらに潮表へ目指すと各種フュジュラーが入り乱れながら群れ、その上を丸々としたイソマグロが連なって泳いでいました。

おかもとあやちゃん (1 - 1)-12

おかもとあやちゃん (1 - 1)-11

締めはタートルロックでナイトダイブ。
岩場でじっくりと甲殻類たちを観察。
夜光虫もいっぱいで、キラキラでした。

おかもとあやちゃん (1 - 1)-8

おかもとあやちゃん (1 - 1)-3


2日目
1本目クリスマスポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コ・ボン ウエストリッジ
4本目コ・タチャイピナクル

HL7 (1 - 1)-12

2日目はクリスマスポイントからスタート。
イエローバックフュージュラーの群れを追っかけ回すカスミアジの群れなど朝からアグレッシブなシーンが。
岩壁ではアンダマンヘビギンポの婚姻色が見られました。

HL7 (1 - 1)

HL7 (1 - 1)-11
1111本記念おめでとうございました!

HL7 (1 - 1)-2

8番の島で美しいビューポイントを楽しんだ後はシミラン最後のポイントスリーツリーズ。
砂地ではオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュ。
リーフではスカンクアネモネフィッシュが卵を産み付けていました。

3本目はシミランを後にしてコ・ボンへ北上。
このところよく現れるキツネフエフキの群れ。今日もキツネフエフキだけでなく、
カスミアジ、コガネシマアジ、ツムブリなどの混合でものすごい数です。
残念ながらマンタは出ず。

HL7 (1 - 1)-14

4本目はコ・タチャイピナクルでサンセットダイブ。
薄っすらくなくなりはじめたタイミングで、すでにフュージュラー達が根に集まっていました。

HL7 (1 - 1)-6

さらにカスミアジやロウニンアジもつられてやって来たかと思うと頭上にはブラックフィンバラクーダの群れ。
最後は大量のコガネシマアジ。
ザ・ワイドダイビングでした。

3日目
①コ・タチャイピナクル
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④リチェリューロック

3日目は再びコ・タチャイピナクルからスタート。
昨日よりも流れがありましたが、そのだけに潮表では期待通りの魚。

朝食を食べながらしばしクルージングを楽しみリチェリューロックへ。
ここではサンセットダイブまで3ダイブ。

HL7 (1 - 1)-15

おかもとあやちゃん (1 - 1)-14

まずは深場で固有種のタイガーテールシーホース、さらにトマトクマノミなどしっかりチェック。
潮表では各種フュージュラーやギンガメアジ、オニアジ、バラクーダなどなどあっちもこっちも濃い魚影。
やはりいつ来ても誰もが楽しめる人気ポイントです。

HL7 (1 - 1)-7

このリチェリューロックでの3本目、4本目でゲストのMご夫妻がそれぞれ100本記念、300本記念ダイブを迎えられました。
お二人ともおめでとうございます!

HL7 (1 - 1)-5

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

あっという間に最終日。
1本目は再びコ・ボンです。
リッジの周辺でアジたちの激しい捕食シーンを見たりしながら大物を待ちましたが残念、現れず。

ラストダイブは今回もボンスーンレック。
アジ、フエダイなどの圧倒的な群の中を潜降。
どこを見ても魚、魚。

おかもとあやちゃん (1 - 1)-6

砂地ではジョーフィッシュの口内保育の様子や、タテジマキンチャクダイの幼魚などいつまでも見て回りたいポイントです。
名残惜しみながら最後のエキジット。

hl7-group (1 - 1)
※クリックすると大きい写真が表示されます

今回は大物こそ出会えませんでしたが、全日荒れることなく良いコンディションで終えました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

報告/ryo & masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/26(木) 06:55:18|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.11.24 ゲストも大喜びの群れ群れダイブでした!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/コボンは無し、コタチャイは強め
透明度/25m

今日はスピードボートでコボンとコタチャイに行ってきました。

どちらも群れ群れで、ゲストも大喜びだったのですが、
コボンでは運悪く他のクルーズ船とのエントリー時間がバッティングして
ダイバーも群れ群れ!?で凄かったです・・・笑

でも、今日のゲストはベテランさん揃いで、
他のチームの吐く泡のカーテンを突っ切ってウェストリッジの先端まで出て行ったので、
その後は群れ群れ状態を貸し切りできました。

スカシテンジクダイがもの凄い数で群れていて、その中をヤマブキスズメダイが泳いでいました。

PB230280.jpg

アンダマントリプルフィンの雄が黒マスクの婚姻色を出して雌を誘っていました。

PB234321.jpg

続くコタチャイは流れが強い分、魚が集まってきてとても見応えのある1本でした。

イエローバックフュージュラーに囲まれました!

PB232407_201511232025013d4.jpg

数十匹のカスミアジの群れにM超のロウニンアジが数匹混じっていて
ぶつかりそうな距離まで近づいて来ました。

PB230236_20151123202454dec.jpg

PB230267_20151123202457fe3.jpg

最初は少なかったブラックフィンバラクーダの群れがどんどん増えて
最後は100匹以上の大きな群れになりました。

PB232413.jpg

流れのお陰でコーラルのポリプも全開で、
コラーレバタフライフィッシュが綺麗な場所にペアでいました。

PB234336.jpg

明日はリチェリューロックです。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/23(月) 18:30:01|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.22 撮っても楽しいシミランでした!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度/10〜20m

今日はシミラン諸島へ行って来ました。
波もなく穏やかで、HONDA250HPのエンジン三基掛けで一時間ちょっとで到着。

海も良かったですよ〜

ノースポイントのダイバーよりも大きなウミウチワが林立する光景に圧倒され・・・

PB221598.jpg

凄い数で群れ散らかしたヒメタカサゴの群がりに突っ込むカスミアジの群れ!

PB220260_201511230225218a9.jpg

第四のハタタテハゼ属、アケボノハゼに良く似たエクスクイジタダートフィッシュ。

PB221641.jpg

シシマイギンポもいい感じに撮ってもらいました。

PB221677.jpg

ランチ休憩はシミラン諸島の8番の島に上陸。
お天気が良かったのでビュウポイントからの風景は素晴らしかったです!
※記念写真はクリックすると大きな画像でダウンロードできます。

DSC_0293-2.jpg

DSC_0305-2.jpg

2本目のスリーツリーズ。

ヤノダテハゼのインド洋版、オーロラパートナーゴビーは一人一匹。

PB220088-2.jpg

アカネハナゴイのインド洋版、インディアンフレームバスレット。

PB220431_20151123022524e2e.jpg

今シーズン、大発生中のトウモンウミコチョウ。
コンデジで上手に撮りますね!

PB221738.jpg

ウミガメ(タイマイ)も登場!
お食事中でした。

PB220493_201511230236078c4.jpg

明日は個人的にも大好きなコタチャイ&コボンです。
楽しみやな〜♪

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/22(日) 23:13:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.21 気持ちのいいリチェリューでした。。。

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/30m

今日はリチェリューロック!
波があるかも!?とビビってましたが、ぜんぜん快適なトリップでした〜♪

そして透明度も良かったです。
水面から30m以上ある水底が見えていました。

魚影の濃さはピカイチ!!!
突っ込んで遊んできました。

DSC_5843.jpg

DSC_5855.jpg

ブラックフィンバラクーダの群れ。

PB211572.jpg

トラフコウイカ。

P9240146.jpg

マクロネタも充実のリチェリュー。

トラフケボリ。

PB211532.jpg

トマトアネモネフィッシュ。

PB210265.jpg

縦構図もいいですね〜
白いバンドの残った赤ちゃんトマトもいました。

PB211558.jpg

明日はシミラン諸島へ行ってきます。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/21(土) 18:35:25|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.20 ド迫力のハンティング!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/5m(サーモクライン)〜20m

今日はコボンへ行ってきました。

マンタは出たけど写真には撮れず・・・

でも、とっても濃い魚影で、シーズン頭から天文学的な数で大発生しているスカシテンジクダイを狙って、これまた凄い数のハンター達が捕食しまくりの大迫力のダイビングでした。

DSC_5758.jpg

DSC_5651.jpg

明日はリチェリューロックへ向かいます。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/20(金) 09:29:45|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.15-19 第6回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々曇り
水温/26-29℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/15-25m

きみのりさん (2)

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

水平線に濃いピンクの朝日が昇り始め、
第6回ハレルヤ号クルーズの始まり始まり。

1本目は癒し系アニータズリーフ。
みなさん水中世界の勘を取り戻したところで、
美しい根へと向かっていきます。

真っ白なスカシテンジクダイに覆われた色彩豊かなサンゴたち。
真っ赤なユカタハタが登場して色彩にアクセントを加えます。

エメラルドグリーンに輝くクジャクスズメダイ、
真っ赤なモヒカンのインディアンフレームフェアリーバスレット。
後頭部から見ると人の顔に見えるルボックスブレニー。
サンゴにマクロにバラエティに富んだサイトです。

2本目はウミウチワの街・ウェストオブエデン。
小さいウチワが壁に並び、1畳半はありそうな巨大なウチワも。

深場から冷たいサーモが上がって来ると、
タカサゴたちも暖かい水の方へと一斉にやってきます。

華やかな色彩のベラ、マッコスカーズフラッシャーラス。
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れを観察しました。

3本目は迫力ある巨石、エレファントヘッドロック。
大きな岩を縫うように進みます。

潮当たりでは大きなイソマグロが4匹、ダイバーの近くを通り、
目の前までやってくるタカサゴたち。

砂から顔を出しているアンダマンジョーフィッシュ、
アンダマンバタフライフィッシュやワヌケヤッコも観察しました。

なおこさん-1

4本目はタートルロックにてサンセット~ナイトダイビング。
中層に散らばり雪のようなスカシテンジクダイ。

大きなドクウツボやヘリゴイシウツボ。
捕食の瞬間を期待しましたが、今日は穴でじっとしていました。

お魚がじっとしているので、観察しやすいのもこの時間の良いところです。
インディアンレッドフィンバタフライフィッシュや、
パウダーブルーサージョンフィッシュ、
じっくりとお魚の持つ色合いを楽しむことができました。

2日目
クリスマスポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コボン・ウェストリッジ(サンセットダイブ)

1本目は大物のチャンスもあるクリスマスポイント。
水は少し緑がかっていますが、透明度は20m弱。

潮当たりにはムレハタタテダイやクマザサハナムロ、
フィンでキックするとあれよあれよという間に集まってきます。

岩の壁ではアンダマントリプルフィンの求愛、そして産卵。

岩場ではワヌケヤッコやシテンヤッコ、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュを観察することができました。

HL6group-1-3.jpg

朝ごはんの後にはビーチに上陸!

HL6group-1-2.jpg

2本目は美しい水中風景スリーツリーズ。
強めの流れに乗って砂地を飛ぶように進みます。

masayoshi-san-1-2.jpg

スカシテンジクダイがぎゅっ!と凝縮している場所から、
真っ赤なユカタハタが登場。

きみのりさん (3)

砂地にはアンダマンジョーフィッシュや、
オーロラパートナーゴビー。

浅場では紫と黄色のコントラストが鮮やかな、
エバンスアンティアスの群れも見ることができました。

3本目はコボンのウェストリッジ。
岩を雲海のように覆い尽くすスカシテンジクダが旬です。

masayoshi-san-1.jpg

それらを捕食しようとかなりの数で集まってきたツムブリ。
急にスピードを速めて突進し、バクバクバク!とものすごい食欲で捕食します。

アンダマンミミックファイルフィッシュや、
エイブルズエンジェルフィッシュなど固有種も観察しました。

4本目はコボンにてサンセットダイブ。
雲海のようなスカシテンジクダイに光を当てると、
薄暗いということもあり光が全体に周り幻想的な景色です。

なおこさん-1-2

インドカイワリやイケカツオが捕食しようとしていました。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目はコタチャイピナクル。
朝日を浴びながら静かな海へと潜降していきます。

エントリーしてすぐに「カンカンカン!」
回数は少ないながらに緊張感ある音。
30mほど先に薄っすら見える大きな影。

4mほどのオニイトマキエイです!

きみのりさん (1)

その時はすぐに見えなくなってしまいましたが、
中盤からは中層を一緒に泳ぎ、しばらく一緒に遊んでくれました。

ふじたひでお-1-2

通りすぎてしまっても、マンタがスピードを緩め、
こちらを気にするようなそぶりをして、
またダイバーに近づいてきてくれたりもしました。

なおこさん-1-3

ブラックフィンバラクーダの群れ越しのマンタ、
正面から向かってくるマンタ、
右と左に2匹のマンタ。大物との遭遇を存分に楽しむことができました。

やっぱりコタチャイは凄いポイントです!

2・3・4本目は人気のリチェリューロック。
地形、サンゴ、群れ、大物、マクロ、生態と、
なんでもありのスーパーダイブサイトです。

ふじたひでお-1-3

大きな壁のように群れるキンセンフエダイ、
ホソフエダイやオニアジ、マテアジの群れ。
水面近くにはブラックフィンバラクーダ。

ふじたひでお-1-5

壁一面を覆う紫のソフトコーラルはただただ絶景。

岩の隙間にはグレイバードピグミーゴビーやスザクサラサエビ。
トマトアネモネフィッシュにイヤースポットブレニー。

ふじたひでお-1-4

深場で今シーズン最初のタイガーテールシーホースを、
見つけたチームもいました。

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

朝1番のダイビングはいつも清々しい気持ちになります。
朝日を浴びながらブルーの世界へと戻ります。

1本目はコボンのウェストリッジ。
大きなハマサンゴを覆い尽くすスカシテンジクダイ。

それらを狙いカスミアジ、ツムブリ、キツネフエフキの群れ。
静かだった水中が一気に賑やかになります。

ここのガレ場は固有種の宝庫。
トライアンギュラーバタフライフィッシュや、
インディアンミミックサージョンフィッシュ、
インディアンティアドロップバタフライフィッシュなどなど。

安全停止中にマンタを見たチームもありました。

最終ダイブは圧倒的な魚影ボンスーンレック。

マスクの前を覆うほどのキンセンフエダイやクロホシフエダイ、
6-8匹ですが、ちょっと変わったネズミフグやミノカサゴの群れ。

ハニコムモレイやキイロウミウシも観察することができました。

HL6group-1.jpg
クリックすると大きな写真が表示されます

お天気に恵まれた第6回ハレルヤ号クルーズ。
700本記念、300本記念を迎えられた方もいらっしゃいました!
おめでとうございました!!


※ 音楽が流れます 携帯端末では再生できない場合があります

報告/masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/19(木) 23:54:16|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.11.18 TG3とTG4で顕微鏡モード遊び!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/1本目程よく、2本目激流
透明度/15〜30m

今日も穏やかなコンディションのなか、スピードボートで潜って来ました。
シミラン諸島の4〜7番の島で遊んできました。

ワイドとマクロの両刀使いのゲストと潜ったので、ワイド写真とマクロ写真の両方を頂きました。

相変わらずスカシテンジクダイがごっちゃり群れてました。

DSC_5409.jpg

とくかく今シーズンはトウモンウミコチョウが大発生!
いろんなポイントにいっぱいいます。

12243903_902235243199260_119323932_n_20151118234131297.jpg

シシマイギンポはいつも通り、そういう環境に行けばいっぱいいます。
今日はうねりが小さかったので、TG3と4を持つゲストに顕微鏡モードで遊んでもらいました。

PB180205.jpg

明日はリチェリューです。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/18(水) 17:06:15|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.17 貸切リチェリューロック!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく流れてました
透明度/15m

今日はリチェリューロックへ行って来ました。
お天気も良く、波も無く、穏やかな海を滑る様にスピードボートでかっ飛ばして来ました。

タイで一番人気とされるリチェリューロックなので、今日は他のボートが2隻だけ、しかも1隻はすぐにいなくなりました。
残った1隻も潜る時間がずれていたので、ほとんどリチェリューロックを貸し切りダイブでした!

程よく流れが入り、とても魚影が濃かったです。
ブラックフィンバラクーダやピックハンドルバラクーダの群れが近くで見れました。

DSC_5284.jpg

流れのおかげでキンセンフエダイの集まる場所もメリハリがつきもの凄い群れ方でした。

DSC_5383.jpg

そして、見つけましたよ〜
タイガーテールシーホース!!

PB174297.jpg

タイマイがソフトコーラルの間からちょこんと顔を出してました。

PB174301.jpg

ゲストも大喜びの1日でした。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/17(火) 22:01:08|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.16 ジンベエ、ニアミスも良いダイブでした

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/1本目程よく、2本目激流
透明度/15〜30m

今日はカオラックからデイトリップでコボンとコタチャイで潜って来ました。
相変わらず穏やかでスピードボートでかっ飛ばしてあっという間にコボンに到着。

シーズン頭の風物詩であるスカシテンジクダイはコボンでも大発生していて、まるで靄がかかった様に視界を遮る程の凄い数で群れています。

それは言い換えれば、捕食者にとっては餌がいっぱいあるということ。
キツネフエフキ、カスミアジ、ツムブリなどなどの混合した数百匹の群れが、ものすごい勢いでハンティングします。

DSC_5140.jpg

そんなこんなで、天文学的な数のスカテンの群れも、数ヶ月たつとすっかり減ってしまいます。
なので、今が必見なのですよ〜

この可愛いハナダイギンポが穴から顔をのぞかせている写真を撮っているダイバーの周辺は実はハンティングで大騒ぎだったのでした・・・笑

12248663_901438816612236_276064489_n.jpg

明日はリチェリューロックです。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/16(月) 18:22:50|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.14 マクロも楽しいリチェリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち小雨
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15m

今日は良いトリップやったなぁ〜♪
穏やかな海をかっ飛ばし、大人気のリチェリューロックで潜って来ました。

前回のリチェリューでワイドレンズを付けていたゲストが、今日はマクロレンズを装着。
ということで、また違ったリチェリューロックをご紹介して来ました。

鉄板のトマトアネモネフィッシュ。
背景にうっすら紫色のソフトコーラルが入っているので良いですね〜

DSC_5308.jpg

ハーロットドワーフゴビー。
ベニハゼの仲間です。
背景の色が奇麗ですね。

DSC_5258.jpg

トラフケボリ。
鮮やかな黄色が青抜きに映えますね〜

DSC_5298.jpg

モザイクウミウシもいました。

DSC_5333.jpg

さて、問題です。
この写真には魚が1匹写っていますが分かるかな?
ヒント:目を探しましょう。

DSC_5328.jpg

答え:カエルアンコウの顔が写っています。

明日は絶好調のシミラン諸島です。
楽しみやな〜♪

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/14(土) 21:15:14|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.11.13 こんなの初めてや〜!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/20-30m

今日はコボンへ行って来ました。
穏やかベタ凪。
スピードボートでかっ飛ばして50分で到着。

透明度も良かったです。
靄がかかったようなスカシテンジクダイの凄い群れ!
そこに登場したのは僕も見た事がないほどのキツネフエフキの大群!!
こんなの初めてや〜!!と大興奮しました。

DSC_5184.jpg

カスミアジ、ギンガメアジ、ツムブリ、ロウニンアジなどの補食シーンを堪能しました。

DSC_5138.jpg

ダイビング終了後でしたが、ボートの下にマンタ(オニイトマキエイ)が出没しました。
体幅3mほどの奇麗な個体でした。
ゲストと一緒にスノーケリングで楽しみました。

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/13(金) 21:12:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.11.09-13 ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15-25m 

こんにちは! 
日本人チームが参戦して2回目のハレルヤトリップをレポートいたします!
出港時には雨でしたが、翌朝目覚めるとシミランは快晴で暑いくらい!

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

nakanishi-san-blog-1-4sa (2)

1本目 アニータズリーフ
朝の一本目は透明度良好、流れもなく穏やかでとにかく気持ちいい!!
早朝にもかかわらず光が白砂に反射して水中がとにかく明るいです。

osawa-san-blog-1-2.jpg

パウダーブルーサージョンフィッシュやブラックピラミッドバタフライフィッシュなど、
はっきりした色の魚たちが特に美しく感じられたのではないでしょうか。
 
2本目 ウェストオブエデン
引き続き水面も流れも穏やか。

nakanishi-san-blog-1-2.jpg

前回のトリップではサージがきつくて見づらかった岩肌のギンポやウミウシも、
じっくり観察できました。水面休息中にはボートの周りにカメもやってきてくれました。

3本目 エレファントヘッドロック
こちらも流れは穏やかでしたが、魚影の濃さは相変わらずでした!
ガイドがフロートを使ってお見せするタカサゴショーの真の演出家は迫力満点のカスミアジ達。

osawa-san-blog-1-5.jpg

大きなアオウミガメを見たチームあり、
サービス満点のタイマイちゃんに遊んでもらったチームあり、
大きなオニカマスやイソマグロを見たチームあり、それぞれに一期一会があったようです。

nakanishi-san-blog-1-3.jpg

4本目 タートルロック
タートルロックに沈む夕日を眺めながらブリーフィングをしていると、
ボートの後ろにタイマイちゃんが遊びに来てくれて、
今日だけで水面と水中でトータル4匹のカメに会えた方も! 

osawa-san-blog-1-4.jpg

ナイトダイブでは夜間仕様になった魚たちや甲殻類たちの擬態を見破ったり、
じっくりウミウシを探したりするのも楽しいですよね~。

2日目
クリスマスポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目 クリスマスポイント
ダイナミックな巨岩の絶景から何が出るかはわからないが、
当たるとスゴイこのポイントで朝一ダイブです。

あるチームはホワイトチップシャーク、あるチームは特大イソマグロ、
あるチームは丸々太った巨大オニカマス、またあるチームはシノノメサカタザメを目撃!!
 
最後は水面を埋め尽くすイエローバックフュージラーにまみれながら安全停止・・・大興奮の1本でした。

2本目 スリーツリーズ
シミランでのラストダイブは、強めの流れがあったので、
ぴゅーんと飛ぶようにドリフトダイブを楽しみました。

流れに乗りながらブラックフィンバラクーダの群れとのランデブーを楽しんだり、
生い茂るソフトコーラルに群がるスカシテンジクダイを捕食するユカタハタなど、
シミランらしい風景を堪能しました。

nakanishi-san-blog-1-4.jpg

3本目 コボン・ウェストリッジ
シミランを離れて北上していきます。
前回のトリップでは出ていませんが、コボンといえばマンタを期待しちゃいますよね!?
 
セカンドリッジから入ってジワジワウエストリッジに向かいます。

序盤からナポレオンフィッシュ、ツムブリとカスミアジの混成チームの捕食など、
動きのあるエキサイティングなシーンが目白押しでしたが、残念ながらマンタは現れず。。。

nakanishi-san-blog-1.jpg

4本目 タチャイピナクル
ほんのり薄暗くなり始めた水中は、息もつかせぬほどの魚影が迎えてくれます。

ブラックフィンバラクーダの群れにはじまり、100匹以上のカスミアジの大群、
ヒメタカサゴやスカシテンジクダイに覆われた美しいソフトコーラルの群生。
タテジマキンチャクダイの幼魚も見つかり、あっという間の1本でした。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目 コタチャイピナクル
美しい朝焼けを眺めてからエントリー。 前日より少し流れが強く、魚たちも大はしゃぎ!

ブラックフィンバラクーダの群れはますます増えてかなりの大群になっていました。 
でも近づこうとするとすーっと沖の方に引いて行ってしまいます。

いたるところでカスミアジやマテアジの迫力満点な捕食シーンが見られました。

2,3、4本目 リチェリューロック

nakanishi-san-blog-1-4sa (1)

透明度良好!!明るく青い水の中に、紫色のソフトコーラルに覆われた岩がそびえたちます。 
潮あたりはカスミアジ、キンセンフエダイ、ピックハンドルバラクーダなどの群れ群れ群れ!! 

nakanishi-san-blog-1-4sa (3)

岩の間をのぞけばカエルアンコウ、アンダマンウバウオ、昼寝しているタイマイなどがみつかり、
時間がいくらあっても足りません! 特にサンセットダイブの魚影の濃さはさすがです。

4日目 
コボンウェストリッジ
ボンスーンレック

1本目 コボン・ウェストリッジ
ちょっとひんやりするなーと思ったら、沖の方から襲来してきたサーモクラインの下は27℃! 
寒いのはイヤだけど、なにか大物を運んできてくれそうな雰囲気がむんむんです。

リッジの先端に向けて進んでいくと、フエダイの群れやツムブリの群れがい感じです。 
ブラックチップシャークを目撃した方もいらっしゃいました。 

昨年に比べてサメとの遭遇率が高いように思います。

2本目 ボンスーンレック
このポイントにしては良い透明度で、群れの向こうに群れまた群れが見えています。

沈船の隙間にはミノカサゴやテンジクダイたちが、周りにはカマスの幼魚やフエダイが、
中層にはハリセンボンやオニアジが群れ群れです! 

ジョーフィッシュのお父さんは子供たちに新鮮な水をあげようとお口あんぐり!
イクメンぶりを見せてくれました。

ギターシャークやブラックチップシャークが目撃されるなど、
今シーズンは大物に期待していいのでは!? と思わせてくれる良いトリップとなりました。
ご乗船頂いた皆様、ありがとうございました!! 

HL15group-1.jpg
※写真をクリックすると大きな画像が表示されます

報告/eri
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/13(金) 20:31:35|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.11.12 お魚にまみれて来ました!

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち小雨
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15-25m

今日は人気ポイントのリチェリューロックへ日帰りトリップで行って来ました。
スピードボートで1時間ほどで到着。

相変わらずの魚影の濃さでした。
リピーターのフォト派ゲストがワイドレンズで撮ってくれました。

DSC_5058.jpg

DSC_5073.jpg

DSC_5094.jpg

DSC_5089.jpg

実は、マクロも楽しいリチェリューロック。
次回はマクロレンズかな!?

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/12(木) 23:01:36|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2015.11.11 シミラン絶好調!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち小雨
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/30m

今日はシミラン諸島へ行って来ました。
絶好調です!!!
半年間休ませた海はとっても元気です。

シーズン初っ端の風物詩、スカシテンジクダイの大群がポイント中を埋め尽くしています。
美しいソフトコーラルとキラキラ煌めくスカテンの群れ、これをワイドレンズで撮るのがとっても楽しいのです!!

_A3A6275.jpg

シリウスベニハゼもいました。

_A3A6789.jpg

エヴァンスアンティアスも群れていましたよ〜♪

_A3A6820.jpg

そして、今シーズンはトウモンウミコチョウが大発生!!
20cm四方に10匹以上がひしめき合っている場所もありました。
この写真の二匹はこの後交接してました。

トウモンウミコチョウ

報告/TAKESHI
写真/本日のお客様から頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/11(水) 21:56:32|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

ロケーション/カオラック
天候/晴れのち小雨
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15m

いよいよ始まりました!
カオラックのデイトリップ!!

11988413_877871662302157_3519894260824548880_n.jpg

カオラックの北に位置する港を利用する事で、シミラン諸島から、コボン、コタチャイ、そしてリチェリューロックまですべて網羅するスケジュールを組んでいます。

1日2ダイブ、朝はゆっくり、午後は早めに帰って来れるので、リゾートライフを満喫できますよ〜!

報告/TAKESHI
写真/ブルードルフィン号
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/10(火) 22:13:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.11.7 2015-16 第1回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々雨
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15-25m

ヨーロッパや中米から、そして日本からお客様が港へ到着し、
ビッグブルーカオラック店、今シーズン最初のハレルヤ号クルーズ。
2016年4月中旬までどうぞよろしくお願いいたします。

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

目が覚めて外を見るとそこはインド洋アンダマン海。
荒々しい岩と目が覚めるような緑が映えるシミラン諸島が、
目に飛び込んできて1日目の始まりです。

1本目はソフトコーラルが咲き乱れるアニータズリーフ。
抜群の透明度、真っ白な砂地、そこに浮遊する喜び。

tadashi-osawa2015hl1-1.jpg

根の周りは透明のスカシテンジクダイで覆い尽くされ、
その奥には紫、黄色、白、赤といった色彩豊かなサンゴのお花畑。

ふとスカシテンジクダイが動いたと思い視線を動かすと、
また新たな色彩、真っ赤なユカタハタが飛び込んできます。

エメラルドグリーンに輝くクジャクスズメダイ、
透き通るブルーのパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ、
真上から見ると人が笑っているような模様のルボックスブレニー。

toshimichi-nakanishi2015-1-2.jpg

最高の1本からハレルヤ号クルーズスタートです!

2本目はウェストオブエデン。
ここ最近、ジンベエザメやオニイトマキエイ、レオパードシャークなど、
大物の噂が絶え間ないこの海域。中層に影を探しながら深場へと進みます。

美しいベラ、マッコスカーズフラッシャーラスやプラウェイラス、
サンゴやウミウチワの周りにはヤマブキスズメダイの赤ちゃん。

キンギョハナダイのオスが集まっているなと思っていたら、
近くを大きなイソマグロが3匹並んで横を泳ぎ去って行きました。

tadashi-osawa2015hl1-1-2.jpg

ひょうきんな顔で人気のシシマイギンポ、
今年はレアで綺麗なウミウシ、トウモンウミコチョウが大量発生してました。
30cm四方くらいの範囲に10匹ほど密集していてビックリしました。。。

tadashi-osawa2015hl1-1-9.jpg

3本目、巨大な岩がダイナミックな景観、エレファントヘッドロック。
ややサージを感じつつ深場へと進みます。

toshimichi-nakanishi-san-1.jpg

アケボノハゼのインド洋版と呼んでいて、
新種と認定された学名nemateleotris expuista,randall&connell2013
年々、生息する水深を下げている気がしますが、今年も出会うことが出来ました。

tadashi-osawa2015hl1-1-3.jpg

潮当たりへと移動すると、カスミアジやロウニンアジが飛び回っています。
クマザサハナムロが集まってくれば、目の前は蛍光ブルーの一色に染まります。

大きなオニカマス、ウミガメも登場してくれました。

4本目はタートルロックにてナイトダイビング。
昼間とは違った漆黒の海。
暗いけれどもあまり暗さを感じないのは透明度が良いことと、、
みなさんのライトの性能が上がっているからでしょうか。

tadashi-osawa2015hl1-1-4.jpg

スカシテンジクダイを捕食しようと集まる魚たち。
足元に気配を感じて見てみると、大きなドクウツボ。
お腹を空かして、寝ている魚を捕食しようと徘徊しています。

お魚にガブリっ!捕食の瞬間を観察できたチームもありました。

求愛行動でしょうか、2匹でゆっくりと同じ方向へ動いているネッタイミノカサゴ。
サンゴの隙間にはオオアカホシサンゴガニやインディアンミミックサージョンフィッシュ赤ちゃん。

岩と砂の境にドンっと鎮座しているのはオオアカヒヅメガニ。

昼間とはまったく違う印象でダイビングをすることが出来ました。

2日目

ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目はダイナミックな世界、ノースポイント。
飛び込んですぐに分かる抜群の透明度。
ブルーの世界へ溶け込むように潜降していきます。

tadashi-osawa2015hl1-1-5.jpg

離れねまで足を伸ばせば、そこは巨大ウミウチワが視界を埋めます。
おもむろにカスミアジの群れもやってきました。

岩場は固有種の宝庫、アンダマンバタフライフィッシュや、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュに
インディアンスモークエンジェルフィッシュ。

タツノイトコ(ハトコ?)もいましたよ。

_A3A6062.jpg

海は穏やかでお天気も良くシミラン諸島のビーチ上陸のビューポイントの景色もきれいでしたよ〜♪

_A3A6153.jpg

_A3A6155.jpg

_A3A6160.jpg

_A3A6161.jpg

_A3A6166.jpg

2本目は3本の木を目印にエントリー、スリーツリーズ。

_A3A6291.jpg

真っ白な砂地に住むオーロラパートナーゴビー。
たまにピョコっと穴から顔をだして可愛いアンダマンジョーフィッシュ。

toshimichi-nakanishi2015-1-3.jpg

ソフトコーラルが咲き乱れる場所まで来ると迎えてくれたのはユカタハタ。
あまり逃げずに目の前で観察させてくれるおとなしい個体です。

流れにのってビューンとドリフトしていると、
大きなクラゲを啄ばむ2匹のタイマイ。
水の流れに乗って上手に泳ぎながらも、バクバクと食べ続けていました。

3本目はコボンのウェストリッジ。
ハマサンゴの根を覆い尽くすスカシテンジクダイ。

ソフトコーラルの中からジャンプした瞬間に目があったタテジマヘビギンポ。
お化粧をしているように見えるハナダイギンポはいつも人気者。

インドカイワリやエイブルスエンジェルフィッシュ、
インディアンミミックサージョンフィッシュなど、ここは固有種たちの楽園です。

赤のグラデーションが素敵なハタタテハゼ、
純粋な目で見つめてくるイヤースポットブレニー。

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ。
エントリーすると、すでにお魚たちは夕方モード。
産卵の準備をしていたり、根の周りにタカサゴが集まり、
それを狙いカスミアジが群れを成しています。

toshimichi-nakanishi2015-1-4.jpg

竜宮城と呼んでいるサンゴが美しい場所は小さいタカサゴで覆い尽くされ、
それ目掛けてマテアジやカスミアジが突進!

toshimichi-nakanishi-san-1-4.jpg

3Dのウミウチワと呼んでいる場所、
上から見ると、かっこいい形をしています。

どんどんと集まる青いクマザサハナムロ。
ライトを当てると蛍光ブルーに見えて美しいのです。

360度どこを見ても魚がいっぱい!
今日も幸せな気持ちで1日のダイビングを終えることが出来ました。

3日目
1 コタチャイ・ピナクル
2 リチェリューロック
3 リチェリューロック
4 リチェリューロック (サンセット)

1本目、再びコタチャイ・ピナクル
群れと大物の期待をして、静かに潜降していきます。

toshimichi-nakanishi-san-1-6.jpg

大きなイソバナの前にはヤマブキスズメダイの群れ。
ふと振り返るとシェベロンバラクーダの群れが通り過ぎます。

深場の砂地を下に眺めつつ中層を流していると、
ギンガメアジの群れが遠くに見えましたが、大物はおらず。

2・3・4本目は世界の人気サイト、リチェリューロック。
水はやや緑色ですが、透明度は20mほどあります。

キンセンフエダイが渦を巻き、
ぎゅ!と固まっているスカシテンジクダイを捕食しようと、
キツネフエフキやアミメフエダイが集まり、
なにかの合図があるかのように、一斉にその群れに突進し、
大捕食大会が始まります。

tadashi-osawa2015hl1-1-6.jpg

トラフコウイカや、トマトアネモネフィッシュ、エビがいっぱいの穴、
トラフケボリ、例年と同じ顔ぶれがそこにあり、嬉しく思うと共に、
このサイトで初めて出会ったタイマイ。

_A3A6582.jpg

サンセットダイブでは更に密集度合いを強めるタカサゴたち。
捕食を狙ってか、マテアジが大きな群れを成してやってきました。

下にピックハンドルバラクーダ、上にはブラックフィンバラクーダ。
その先にはキンセンフエダイの群れ!
次から次へと、視界を移り行く魚たち。

リチェリューでのサンセットはこれだから止められません!

koji-fujii2015-1.jpg

浮上するとオレンジ色に輝く夕日。
ハレルヤ号にピックアップされるまでのつかの間でしたが、
かっちょいい光景を見ることが出来ました。

4日目
1 コボン・ウェストリッジ
2 ボンスーンレック

最終日はコボンからスタート!
天井にピンクのソフトコーラル、その下には大量のスカシテンジクダイという、
綺麗な場所を覗くと、キンギョハナダイやハナダイギンポ。

朝の時間はお魚たちの捕食の時間。
スカシテンジクダイ目掛けて群れを成して突進する、
カスミアジやツムブリ、アミメフエダイ。

固有種のエイブルズエンジェルフィッシュ、その隣には擬態が上手でそっくり、
インディアンミミックサージョンフィッシュ。

tadashi-osawa2015hl1-1-7.jpg

最終ダイブは迫り来る圧倒的な魚影ボンスーンレック。
キンセンフエダイやクロホシフエダイ、
前が見えない魚影の中にはネズミフグやツバメウオ。

tadashi-osawa2015hl1-1-8.jpg

マクロどころでは、ワヌケヤッコの赤ちゃんや、
とっても小さいですが綺麗なアシビロサンゴヤドリガニ。
イボヤギミノウミウシ、キイロウミウシ、クロモドーリスアンヌラータを観察して安全停止。

_A3A6734_20151108112057611.jpg

_A3A6759-2.jpg

_A3A6752.jpg

内容が濃すぎて1本で足りない!といつも感じるダイブサイトです。

そして、この第一回目のトリップでの一番の調査対象はホカケハナダイのインド洋バージョン、スポットフィンアンティアスの確認でした。
去年、この魚が大量発生したのですが、この超レア種が今年もいてくれるのかどうか!?個人的には一番の関心事でした。
同じポイントで調査目的で2回潜りましたが、1度目は見つけられず、かなりのショックを受けました。
そして、2回目に潜ったとき、いました〜!!!
少なくとも5〜6匹ほど、雄も雌も確認出来ました。

spotfin.jpg

毎年来て下さるベテランリピーターさんも、この調査ダイブに着いて来たいとの事だったので、証人として一緒に見てもらいましたよ。笑

今シーズンも色鮮やかなサンゴ、魚影、マクロ、生態シーンと、
充実したカオラックの海、この豊潤の海でみなさんをお待ちしております。

第1回クルーズご参加のみなさん。
ありがとうございました!!

_A3A6677.jpg

報告/TAKESHI、ERI、masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/07(土) 18:18:02|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2015.11.06 雨でも元気にダイビング!オープンウォーター修了!

ロケーション/タオ島
天候/雨。。
水温/29℃
風/少し
流れ/なし
透明度/10m

11月に入って雨の日が増えてきました。
今日は、雨にも負けず!OW講習の最終日です。

PB065202OWsn.jpg

海の中は、浮遊物が多いものの、まあまあ見えます。

ツインズの主、ヤイトハタを発見!!
PB065197ヤイトsn

記念撮影を!!と近づいて行ったらまんまと逃げられました。失敗。
PB065198ヤイト2sn

中性浮力もスキルもばっちり。超上手い二人。
ほとんどファンダイブでした。
PB065200OW2sn.jpg

オープンウォーターダイバー!
おめでとうございます!!

報告/ASUKA
写真/ヤイトハタと記念撮影失敗。。祝!!OWダイバーズ!!
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/06(金) 18:03:42|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2015.11.02 タオ島シーズンもあとわずか

ロケーション/タオ島
天候/曇り
水温/30℃
風/少し
流れ/少し
透明度/10-15m

今日は、タオ島、カオラック両店で古くからのリピーターのRさんとサウルウエストピナクルへ行ってきました。

少し波はありましたが透明度ははまだまだいい感じで、離れに直行。
行く途中では大量のシェベロンバラクーダの群れ、離れではキンセンフエダイの群れやオオクチイケカツオなど。
そして今日一番は離れにいたこいつ!
DSCF2372_01.jpg
Rさんと並んでも大きさがさほど変わらないヤイトハタ。
近づいても全然動じません。

DSCF2381_01.jpg
二本目はヒンピーウィー&沈潜。

ここもユメウメイロやジャワラビットフィッシュなどがぐっちゃり。
Rさん「やっぱり、タオの魚影は濃いー」  ですよね!

ちなみにRさんはこれからマレー半島を横断してカオラックへ。そしてハレルヤ号乗船です。
ビッグブルーならではのシャム湾とアンダマン海の東西潜り比べ!
カオラックの海もお楽しみに!


報告/RYO
写真/ヤイトハタ
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/02(月) 18:48:11|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD