Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2017.01.31 タイNo1をご紹介

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/15m

TAKESHIも所属している『ガイド会』のメンバーである、葉山のダイビングショップNANAさんのメンバーが潜りに来てくれました。
今回はスタッフだけの研修旅行ということで、毎年1回いろんなところに行っておられるのです。

お天気も良く、良いコンディションの海で潜ってもらうことができました。
初日はタイでナンバー1人気とされるリチェリューロックへ!
普段はマクロレンズで撮影することが多いということで、今日はワイドレンズで2ダイブしてもらいました。

名物のキンセンフエダイは相変わらず群れ群れ!
16492586_1232782230140742_666665939_o.jpg

タイガーテールシーホースが良い場所にいてくれたので、ナンヨウキサンゴと一緒にワイドの画角で切り取ってもらいました。
16491540_1232782090140756_1116604651_o.jpg

帰り道には外人ムツゴロウも見に行きましたよ。
16492273_1232782410140724_687170817_o.jpg

同じ業界の仲間といっぱい潜って、いっぱい飲んで、いっぱい語って、仕事というより楽しすぎる時間を共有させてもらった1日なのでした。

報告/TAKESHI
写真/NANAのスタッフさんから頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/01/31(火) 18:11:48|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.30 美少年とおっさん達

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/時間によっては強→最後はほぼ無し
透明度/5m

年末から2ヶ月間にわたり助っ人ガイドとしてカオラックを手伝いに来てくれていたNAOちゃんが、本日の夜行バスでカオラックを発つことになりました。

なら、昼間は潜れるよね~!

ということで、最後の最後まで貪欲に潜り尽くすパワフルなNAOちゃんなのでした。笑
今日はハレルヤの出航日。

なので、日中は時間が空いているスタッフを連れて、勉強ダイブへ行ってきました。

ポイントはドロリンチョ!
今日は特別にコンディションが良くて、透明度は5mほどと、この泥地のポイントとしては綺麗に見えました。

狙いはこの子。
アドニスシュリンプゴビー。
アドニスシュリンプゴビーのペア-2

アドニスとはギリシャ神話に出てくる美少年の名前。
なんでもギリシャ一番の美少年で、二人の女神が取り合ったとか。

その名の通り、オスの美しいことと言ったら・・・
ファインダー越しに写真を撮っていて、思わず見惚れてします。
同じオス同士なんですけどね・・・(^_^;;

ドロリンチョにはアドニスシュリンプゴビーがめちゃくちゃいっぱいいるので、神話の女神のように取り合う必要はありません。
砂地に散らばったおっさん達は、それぞれの場所で思う存分に美少年達を愛でることが出来たのでした。

ちなみに奥にいるのがメス。
第一背鰭が短いの分かります?
というわけなので、アドニスは是非とも雄を狙ってください。

_A3A0950-3.jpg
こちらはブルーシュリンプゴビー。
今日はペアでお出かけ?してました。

_A3A0943-2.jpg
いろんなハゼの巣穴へ立ち寄っては、嫌がられ・・・
穴から穴へと点々と。
写真を撮る僕にとってはオイシイ状況でした。

こっち来んな!

Yellow-barred Shrimp Goby
と、上を見上げるのはイエローウォッチマンとか、ブルーテイルドシュリンプゴビーとか、ピーコックシュリンプゴビーとか、ブルースポッテッドウォッチマンゴビーとか、図鑑によっていろんな英名が付いててややこしいですが、Cryptocentrus pavoninoidesです。

楽しすぎてあっという間に90分経ってました・・・

NAOちゃん、2ヶ月間ありがとうね!
また沖縄に帰っても頑張ってください。

皆さんも沖縄にあるNAOちゃんのショップ、オアシスダイバーズへ潜りに行ってみてくださいね。

報告/TAKESHI
写真/アドニスシュリンプゴビー、ブルーシュリンプゴビー、イエローウォッチマン
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!
  1. 2017/01/30(月) 18:22:14|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.29  今年二度目のハッピーニューイヤー!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/予想に反してほぼなし
透明度/20−25m

ハッピーチャイニーズニューイヤー!!

タイではお正月、中国正月、タイ正月ソンクランと、正月が3回あるので、カオラックシーズン中に3回もハッピーニューイヤー! をお祝いすることになります。

チャイニーズニューイヤーだった29日のデイトリップはシミラン諸島へ行ってきました!
ノースポイントもスリーツリーズもとにかく透明度が良く、予想に反して流れがほとんどなくて最高のコンディション♪

IMG_9671.jpg


紅白でめでたいタテジマへビギンポ。お正月感いっぱいです
山頂で初日の出のご来光を眺めてるかんじ?

IMG_9579.jpg


バブルコーラルシュリンプも、この日ばかりははしゃいで出てきてくれたみたいですね!

P1290113.jpg


ヒラムシのひらひらは、小さいながらドラゴンダンスを連想させますね。

P1290144.jpg


そしてドラゴンダンスと言えば中国版の獅子舞ですよね! ってちょっと無理があるでしょうか。!?

IMG_9600.jpg

P1290047.jpg

ほかにも縁起よくカメに会えたチームがあったりバラクーダとランデブーを楽しんだり、とにかくコンディションに恵まれて、春節休みでアジア各地にお住まいの日本人ゲストの皆さんにもたのしんでいただけたのではないでしょうか!

報告/Hiroaki Tsuyoki Eri & Nao (なおちゃん、1ヶ月半の頼れる助っ人ありがとうございました!沖縄に帰っても頑張れワッショイ!!)
写真/お客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/29(日) 22:47:39|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.25-29 第19回ハレルヤ号クルーズ行って来ました!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/弱〜強
透明度/12-25m


Day 1
Anita's Reef
West Of Eden
Elephant Head Rock
Turtle Rock


アニータズリーフの人気者=ピンクのイソギンチャクに住むクマノミ。
20170129221128fa1.jpg
この子はいつも登場する子なのですが、
別のピンクの家に、小ちゃな子が住んでました♡
2017012922123720f.jpg
ただでさえ可愛いのに、そんな所に居るもんだから
さらに可愛く見えちゃいます♡♡


ウエストオブエデンでは、大きな岩と色んな大きさのウミウチワを眺めながら
お目当のお魚を巡りました。

毎回のように登場する、
エクスクイジタダートフィッシュやマッコスカーズフラッシャーラス、
そしてシシマイギンポはやはり欠かせません!

こちらはアカヒメジとノコギリダイの混合集団。
20170129221729532.jpg
水が青く透き通っているので、黄色い彼らが映える映える☆


お次はエレファントヘッドロック。
巨大な岩が水面を突き抜けています。
2017013016162355d.jpg
こちらに写っている岩は、象の鼻の一部だとかw

前回のトリップのブログをご覧頂いた方はご存知の、
一枚の写真におさまってしまうほど近くに居た青色と黄色のハナヒゲウツボ。
なんと!今回はこんなことに!!!!!
201701301616207f2.jpg
これには大大・大大・大興奮(≧∇≦)
こんな嬉しいことをしてくれるとは、なんて素敵な子たちなんでしょう♪


ナイトダイビングはタートルロックで。
暗闇をライトで照らしながら探検気分。
20170130162138025.jpg
何かを見つけた時の喜び度数は昼間よりも高い気がします^-^

20170130162143e42.jpg
シャコガイの格好良さもアップ!



Day 2
201701301635502f8.jpg
Christmas Point
Three Trees
Koh Bon West Ridge
Tachai Pinnacle


今回は気分を変えてクリスマスポイントで目覚ましダイビング。
とてもスケールの大きいこのポイント。
どんなプレゼントが隠されているんだろう(*゚▽゚*)
なんて思いながらキョロキョロ。

朝の捕食隊に何度か遭遇。
2017013016324245e.jpg
こちらはコバンヒメジのお食事風景。
この他にもカスミアジの集団や、キツネフエフキ&カスミアジの混合大捕食隊も!

水面がフラットで光が燦々降り注いで、と〜っても気持ち良い1本でした(*´∀`)♪


スリーツリーズでは、まず白い砂地でオーロラパートナーゴビー。
「共生しているエビも綺麗なんです☆」とお話したら、
ばっちりおさえて下さいました。
20170130163244257.jpg


その勢いで、次々とCute♡な顔を激写して下さっていました(*^^*)
20170130163246ec3.jpg

20170130163636cfe.jpg


「そろそろ帰りましょー」
と深度を上げていたら、バリアブルラインドフュージュラーの大群が!!
201701301636202e5.jpg
通り過ぎたかと思えば戻って来て、
そうこうしているうちに周りは彼らのブルーの壁♪♪
一体あれはなんだったんでしょう?!
何はともあれ、幸せな瞬間でした(o^^o)


お昼ご飯の後はコボン。
水面はとぅるんっとぅるん☆
水中は流れの方向が変わる時間で、
イエローバックフュージュラーなどのタカサゴたちが大移動中。
ずーっと彼らの大河が流れていました!

そんな空間をバックに、私たちはじっくり撮影会を開催。
気になる子と一緒に過ごす時間は格別ですよね(^з^)-☆
20170130163640188.jpg


2日目は、移動、移動、でHallelujah号は大忙しの日。
シミラン諸島から北上を続け、今日の最終目的地=タチャイ島へ。

タチャイピナクルは久々の強い流れ!
そのため中層はお魚天国♡
クマササハナムロやイエローバックフュージュラーが宙を埋め尽くし、
カスミアジたちは凄い勢いで彼らを狙っていました。
迫力満点の劇場!

水中が暗くなってきた頃には、
何やら怪しい動きをしているタテジマキンチャクダイのペアが。
20170130163641eb2.jpg
最後まで見届けることはできませんでしたが、
彼らはそのあとどうなったんだろう?(*^ω^*)
なんて考えニヤニヤしながら2日目も無事にダイビング終了〜。

で、夜はこんな感じで大盛り上がり\(^o^)/
20170130164201f88.jpg



Day 3
Tachai Pinnacle
Richelieu Rock×3!


昨日に引き続き、「流れ+タカサゴたち+ハンターカスミアジたち」
の三重奏が面白かったタチャイピナクル♪

流れがあるため、ソフトコーラルもしっかり花開き、
美しさ全開の世界が広がっていました(*´∀`*)

そして、クライマックスに登場してくれたのが、
巨大なブラックフィンバラクーダの大群集!!!
20170130164817fcf.jpg
私たち方に大きな壁が迫ってきました!
そして、ぶつかってしまうのではないかと思うくらい近くに!!
久しぶりの出会いに喜びもひとしおo(^▽^)o


リチェリューロックも流れは少し強め。
その分魚たちのまとまりが良く、捕食者たちの動きも活発でした。
そして、海が青かったのです(^_^)☆
20170130164821bfb.jpg

20170130164914812.jpg
この状態が続いて欲しい〜!!

20170130164818847.jpg
タイガーテールシーホースも綺麗な所に居てくれたし、
幸せすぎるリチェリューでした♡♡♡



Day 4
Koh Bon Second Ridge
Boonsung Wreck

最終日の朝一コボン。
私たちHallelujahが一番乗りでした。
20170130170947048.jpg
今日はまだ誰も入っていない海、他の人が居ない海。
特別な雰囲気がしますよ^ ^


レオパードシャークいないかなぁ〜、
マンタ現れないかなぁ〜、
と思いながら遊んでいましたが、出ず、、、、、

でも、ちょっと変わったスカンクアネモネフィッシュに会えました♪
201701301709494d0.jpg


クルーズのトリを飾るボンスーンレック。
入ってみると、「見える〜〜(*≧∀≦*)」
はっきりとダイブサイトが見渡せました!
ごちゃまぜの群れも撮りたい放題見放題♪♪
201701301711286a1.jpg
何匹ものヨロイアジが活発に活動していて、
キンセンフエダイが広大な黄色い絨毯になっていました☆

20170130171127e96.jpg
ちょっと上目遣いで可愛い子ぶってるハニコムモレイイール。
「楽しいでしょ?」
って言われてるみたいな気がしますw

濁っていないボンスーンってサイコー!!


今回は、
天気良し♪海況良し!透明度も良し☆
のトリップでした。
これが良い時期の始まりとなりますように(^-^)



報告/Hossy
写真/お客様よりたくさん頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/29(日) 20:10:40|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.01.28 2017年タオ島シーズンスタートしました!!

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/27℃
風/ほぼなし
流れ/激流
透明度/10−15m

2017年タオ島の幕開けは!!
まさかの大洪水でした。。。

12月、1月はたくさんたくさん雨が降りました。
1月4日からの未曾有の大洪水の影響で、タオ島は陸もも海も悲鳴をあげていました。

そしてようやくお天気が回復してきました。
海も、順調に回復しています。
Sail s

今日は今年初のセイルロック。
激流で大変でしたが、お魚たちはものすごいことになっていました。
ツバメウオとシェベロンバラクーダで視界が埋め尽くされていました。

今年もよろしくお願いいたします!
今年もたくさんの方と楽しいダイビングができますように。

報告/ASUKA
写真/快晴のセイルロック!!
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/29(日) 13:57:19|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2017.01.28 天気良好!海況良好!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/ほんの少し
流れ/あり
透明度/15ー25m


今週末は日本からやタイの駐在さん、その他世界中からも沢山のお客様にお越し頂き、満員御礼!レッツゴー!リチェリューロック!!
天気良好!海況良好!ポイントまではそこまで波もなく1時間程で来れました。
エントリーしてすぐに水底が見える♪
だ・け・ど、流れてる♪
だからこそ、潮あたりがいい場所ではロウニンアジがウロウロ!
オニアジもあちこちでカップリングして泳いでいたり★

イバラタツに会いに行ったチームも♪

20170128-P1282330.jpg

スカシテンジクダイ、通称スカテンも青い海の中に降り注ぐ粉雪の様♪

20170128-P1282357.jpg

このトリップで500本を迎えたゲストが!
リピーターのAさん、おめでとうございます☆
是非、次回の600本記念ダイブもビッグブルーでお祝いさせて下さい!

20170128-P1282377.jpg
(クリックすると大きい画像になります)


明日も満員のボートでシミラントリップ★

明日も晴れ間が続きますよーに♪

報告/Hiroaki, Nao, Tsuyoki, Natsuki
写真/お客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/28(土) 18:56:23|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.28 マンタなしでもいいじゃない!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/ほーんのちょっと
流れ/少し
透明度/15m

金曜日はコボン曜日!マンタ曜日!!
のはずが、とんとご無沙汰の今日この頃。。。

そのおかげで(!?)スピードボートに空きスペースがあるし出動スタッフにも余裕が。。。ということで
スタッフもカメラ担いで行ってまいりました!

5年ほど前まではたくさんいる印象だったのにここ数年コボンで観測されていなかった、
エクスクイジタダートフィッシュがいい感じの水深で比較的ゆっくり観察できます。

IMG_9255-4.jpg

周りはコボンの隠れたセールスポイントであるヘルシーなハードコーラルがいっぱいなので
万が一引っ込んでたとしてもドンマイ!って気もちになれます。

元気なサンゴの群生地を好むスズメダイの種類も数も多いです。
最近は特に可愛い幼魚が大量発生しています。

ローランドダムゼルyg
あまりチョロチョロ動かない良い子でした。
_A3A0415.jpg

ニセネッタイスズメダイyg
_A3A0553.jpg

インディアンダッシラスyg
_A3A0567.jpg

ミツボシクロスズメダイyg
_A3A0550.jpg

マレーアンクロミスyg
尾びれが素敵。
_A3A0519.jpg

ルリホシスズメダイyg
ただ今めちゃくちゃいっぱいいます!
_A3A0483.jpg

インディアンサージダムゼルyg(ミヤコキセンスズメダイのインド洋型)
名前にサージ(うねり)とあるように、うねりの入る浅瀬にいるお魚です。
普段は撮るのが大変なのですが、海が穏やかなのでゆっくり撮れました。
_A3A0267.jpg

他にももっと色々なスズメダイがいるのですが、きりがないのでこの辺で。

サージが少なければ浅場の岩にへばりつくのがオモシロい!
アンダマントリプルフィンの真っ黒フェイスをさがしたり、ウミウシなんかもたくさん見つかります。
ちなみに巨大で真っ黒でつのつののへんなやつ、モルジブスポンジスネイルはざっと眺めただけでも8個体いました。
スタッフにはファンが多いのにゲストの食いつきはイマイチというザンネン種ではありますが。。。

IMG_9263-3.jpg


帰港後はムツゴロウ王国!?にも寄ってきちゃいましたよ!
まず綺麗で立派な背びれと、体表の水色の斑点がすでにいい感じなのに、
頭をフリフリ胸びれパタパタさせて、泥の表面をペロペロ舐めながら進む姿がかわいいのです♡
そして喧嘩のときはこの形相。
観察してるとあっという間に時間がたってしまいます。

ムツゴロウの外人さん、Boddart's goggle-eyed goby
_A3A0132.jpg

ど迫力の喧嘩シーンを激写!

そんなこんなで楽しい一日でした~! でもやっぱりマンタも見たい~!!

報告/Takeshi, Hiroaki, Natuki, &Eri (はじめまして!ただいまです! 元常勤スタッフだったエリ坊こと渡部絵里といいます。
3月20日頃まで助っ人スタッフとして頑張りますのでよろしくお願いいたします! 旅行者の皆さんの役に立たなさそうなどローカル飯情報のことならお任せくださいw)
写真/Takeshi, Hiroaki,

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/27(金) 22:27:17|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.26 絶好調リチェリューロック

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度/15m

前回は透明度7mでしたが今日は15m以上見えている感じです。
さっそく深場のタイガーテールシーホースに会いに行きます。

今日はピンクのソフトコーラルと小さなウミウチワの前にいて、
とっても綺麗な背景で見ることができました!

なんといっても今日はアジ祭り!

ロウニンアジやホシカイワリの群れが大迫力。
群れが目の前までやってきてくれました。

PB122750.jpg

ピンクのソフトコーラルに乗ってるゴシキエビ。
愛くるしいトマトアネモネフィッシュの赤ちゃん。
久しぶりにトラフコウイカにも会えました。

絶好調のリチェリューロックでした!

報告/Masaru
写真/トマトアネモネフィッシュ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/27(金) 12:41:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.25 シミランでドリフトダイブ~

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度/25m

気持ちの良い快晴!
少し波はありますが、シミラン諸島へレッツゴー!

1本目スリーツリーズ。
やや流れを感じつつ、そのまま流されてドリフトダイビング。

seafan-ms

大きなウミウチワやイソバナを覗くとヤマブキスズメダイ赤ちゃんや、
タテジマヘビギンポと目があいます。

可愛いシルエットのチンアナゴ。
流れに身を任せて気持ちよさそう。

シミランでは珍しくトマトアネモネフィッシュにも出会って安全停止。

美味しいタイ料理を食べて2本目はクリスマスポイント。

大きく、そして変わった形の岩もある巨石サイト。

ムスジコショウダイ6匹とアンダマンスィートリップスが2匹一緒にいたり、
はっとする色合いアデヤッコ、水玉がキュートなクロハコフ。

中層のイエローバックフュージュラーを横目に浅瀬へ移動し、
ひょうきんな顔のシシマイギンポも観察して安全停止をしました。

透明度抜群のシミランで潜ると、とっても気持ちいいですね!
明日はリチェリューロックへ向かいます!

報告/Masaru
写真/シミランの立派なサンゴ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/26(木) 00:01:11|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.20-24 第18回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ曇り
水温/27-29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/7-25m

第18回ハレルヤクルーズに行ってきました!早いものでシーズンも中盤戦へ!
シーズン終了まで全力で突っ走りますよー!!

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
バングーベイ

気持ちいい〜〜〜(о´∀`о)

青〜い海、白い砂地がさらに明るさを増幅させる癒しのアニータズリーフ。
そんな中を朝の光を浴びながらダイビング。
幸せ気分で潜って食べての幸せクルーズが始まります。

白〜い砂の広場に、長〜い体をくねらせながら集まっているのは
白〜いスパゲティーガーデンイール。

青〜い中層には色を添えるのはイエローバックフュージュラー。
青と黄色の組み合わせは、いつ見ても幸せ気分に♡

anita-1日目TS-1-3 (9)

anita-1日目TS-1-3 (3)

このブログをご覧頂いている方にはお馴染みのアニータの美しい根。
そこでは皆さん思い思いに美しい景色を切りとっていただきました。

ダイビングの間にはビーチ上陸!本日は4番の島へ!
真っ白なビーチ、青い海!文句のつけようがありませんね!

上陸メンバーで記念撮影!

1日目TS-1-3 (2)
クリックで拡大されます

1日目TS-1-3 (1)
クリックで拡大されます

ビーチにはおしゃれな?!ブランコも。笑

2本目はウェストオブエデンへ!

ウエストオブエデンでやっぱり狙いに行っちゃうのは、
マッコスカーズフラッシャーラスとエクスクイジタダートフィッシュ。
そしてシシマイギンポ。

今日のマッコスカーズはなかなかヒレを開いてくれなかった.....

west-1日目TS-1-3 (4)

気持ちを切り替えエクスクイジタへ。
彼は私たちのお相手をしてくれて一安心。

west-マツバギンポ1日目TS-1-3 (8)

マツバギンポを観察も顔を覗かせていました!

west-1日目TS-1-3 (5)

シシマイちゃんは今日も小ちゃな小ちゃな住まいでキョロキョロしてました♡

ここでご覧いただきたいのは魚だけではありません。
大中小と色んな大きさのウミウチワ。
本当にたくさんあるんですよ^^

2日目 (11)

エレファントヘッドロックではハナヒゲウツボ祭り!

elephant-1日目TS-1-3 (6)

elephant2.jpg

黒と黄色と青と!!
顔を出す場所をちょくちょく変えるアグレッシブな彼ら。
次に行った時も居て下さいっ!!!

elephant1.jpg

久々登場のスターリードラゴネットに会ったチームも♪
岩の上には大きめのロウニンアジがウロウロしていました!

4本目はバングーベイで。
ナイトダイビングの予定で時間設定してあるのですが、
今回チームジャパンは皆さんそろってサンセットダイビング。
なぜなら早く乾杯したいから(笑)

tartle-1日目TS-1-3 (7)

岩の影には可愛いタテジマヘビギンポ。

美しいソフトコーラルとキンギョハナダイなどの小ちゃな子を合わせて撮ってみたり、
ルボックスブレニーのニコちゃんカットに挑戦してみたり、
やっぱり可愛いカクレクマノミの可愛いショットを狙ってみたり、
と、じっくり遊び、夜の部へ流れ込んで行きました( ^ω^ )


2日目
1. North Point
2. Three Trees
3. Koh Bon West Ridge
4. Koh Tachai Pinnacle

今朝は久しぶりにとっても綺麗な朝日を拝めました♡

2日目 (1)

なんかいいことあるかもー!と、始まったトリップ2日目。

一本目はシミラン諸島のいっちばん北にあるノースポイント。
やや暗めの水中でしたが、そんな時はマクロで!

まだ居てくれてました!ニシキフウライウオ。
しかも今回はすぐ近くにもう一個体も⭐︎
ペアショットこそ撮れませんでしたが、ふわふわと漂う姿に朝から癒されました♪
おなじみのタツノイトコも健在でしたよ。
可愛らしい生き物たちとは打って変わってダイナミックな地形も楽しんできました。

north.jpg

巨石を叩き割ったようなチャネルでは、綺麗なウミウチワを楽しんだり。
ウミウチワの谷まで足を伸ばしたチームもありましたよ。

north-2日目 (10)

安全停止間際にはおっきな岩に住むちっちゃなシシマイギンポ。
愛くるしい笑顔にこちらの顔も綻びます♡
そのすぐ横をオニカマスが泳ぎ去ったりと、大きいものに小さいもの、気を抜けない一本になりました。

朝食後の恒例のビーチビジットはシミランきっての有名どころ!

2日目 (2)

バランシングロックへ★
わいわいと賑やかに腹ごなしのエクササイズ?!

その後二本目はそのノースポイントの隣にあるスリーツリーズにて。
アカヒメジが青い海を綺麗に彩ってくれていました。

three2日目 (7)

そんななか、かまわずソフトコーラルをむしゃむしゃ貪るオスのタイマイ♡
キュート♡♡♡ちゃんと両手を使ってソフトコーラルを引きちぎって食べておりました。

theree-2日目 (3)

近くではハナダイギンポが…⭐︎

three2日目 (6)

もちろん、砂地ならではのハゼもご紹介⭐︎
オーロラパートナーゴビーやメタリックシュリンプゴビー。

theree-2日目 (4)

ペガススベニハゼもばっちり観察してきました!
たれ耳のようで可愛い、色鮮やかなモンハナシャコにも会ってきましたよ〜。

遠くの方ではピックハンドルバラクーダとブラックフィンバラクーダが!
浅場ではルボックスブレニーや、インディアンダスキラスなどといったインド洋バージョンのお魚たちをご紹介!
たっぷり楽しんでまいりました♪

three-ローランドダムゼル2日目 (12)

ローランドダムゼルもばっちり可愛く撮っていただきました♡

シミラン諸島に別れを告げ、向かったのはボン島。
ウエストリッジにて潜ります。
程よい下潮のなか、ちっちゃなものと遊んできました。

定番モルジブススポンジスネイル。
相変わらずキラキラと瞬いているスカシテンジクダイ。
コホシカニダマシやメタリックブルーが綺麗なアンダマンダムゼル。

やや悪い透明度のおかげで、そわそわしっ放しでしたが、意中のマンタには会えず。。。
代わりにナポレオンと遊んできました!

そして本日最終ダイブへ向けてさらにハレルヤ号を北上させます。
向かった先はタチャイピナクル。

ため息の出るようなイソバナやウミウチワ。

tachai-2日目 (8)

tachai-2日目 (9)

綺麗♡♡♡
そして。魚影が!相変わらず!濃い!!
タカサゴ、そしてカズミアジ。
クマザサハナムロ、いい仕事してくれています♪
少し暗い水中でしたが、魚まみれで満腹!

明日はいよいよリチェリューロックへ向かいます!


3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目はコタチャイからスタートです。
透明度も20m程でまずまず、離れ根まで足を延ばすと・・

tacgai-3nichime (9)

そこはサンゴの楽園。ちっちゃいウミウチワがびっしり。

tachai--3nichime (3)

ちょうど良いタイミングでワヌケヤッコが通ってくれました。

tachai--3nichime (2)

tachai--3nichime (4)

サンゴの隙間には、まだ寝ているタイマイを発見。
写真を撮っていたら、起こしてしまったようです。

2・3・4本目はリチェリューロック。
濁りが入っていますが、水中ではロウニアンジによる、
大捕食大会が開催されていました。

riche-3nichime (20)

riche-3nichime (22)

riche-3nichime (23)

riche-3nichime (13)

riche-3nichime (21)

根の周りにびっしりと群れるスカシテンジクダイや小さいタカサゴ達。
ロウニンアジやマテアジ、ツムブリがビュンビュンと飛び回っています。

riche-3nichime (17)

タイガーテールシーホースやトマトアネモネフィッシュ。
さらにティモールラスが今日もダイバー達に愛嬌を振りまいてくれます。

riche-3nichime (19)

トリンチェシア・シボガィriche-3nichime (16)

ゴシキエビriche-3nichime (15)

ティモールラスriche-3nichime (18)

イザヨイベンケイハゼやワヌケヤッコの赤ちゃん。
トラフケボリ、綺麗なウミウシ・トリンチェシア・シボガィ。
ゴシキエビにピックハンドルバラクーダ。次々と登場です。

riche-3nichime (12)

ソフトコーラルの周りにはキンセンフエダイやヨスジフエダイが群れ、
素敵な景色を作り上げています。

サンセットダイブではさらに捕食が盛んに!
ロウニンアジが群れを成してタカサゴにアタック!

群れでグルグルと回っていたマブタシマアジ、
ウミウチワの前に鎮座するユカタハタなども観察しました。

透明度はいまいちでしたが、満足の3本となりました!

4日目
Koh Bon
Boonsung Wreck

あっという間に最終日!
この日も水面はベタ凪で気持ちいい朝を迎えられました!

まずはKoh Bon!
マンタを期待しながら、北側からエントリー!

まずはタカサゴたちが目の前を川のように流れていき、それを追っかけるホシカイワリやカスミアジ、イソマグロも登場!

朝から活発なハンティングシーンを楽しめました!

深場に行くとキレイなハードコーラルエリアにいろんな種類のスズメダイが群生しており、朝日が入ると神秘的な景色を見ることができます!

じっくり楽しんだら、流れに乗ってウェストリッジの方に向かいます!

ウェストリッジでは他の船ダイバーも今か今かと待ってる様子。

結局最後までマンタの登場はなく撃沈。
今シーズンはなかなかエンジンのかからないマンタくん。早く出てきておくれ〜

気を取り直して最終ダイブに向かいます!

クルーズ最後は沈船ポイントのBoonsung Wreck!
魚影は随一のポイント!

本日も安定した魚影が見れました!

砂地にはアンダマンジョーフィッシュやメタリックシュリンプゴビー、フタホシタカノハハゼが顔を出しています!

沈船の周りには大量のフエダイやバラクーダの子供たちがぐっちゃり群れており、360°魚だらけ!
締めにはピックハンドルバラクーダとシェベロンバラクーダの群れに遭遇!
これにはゲストの方も大興奮の様子!

中層にはリュウキュウヨロイアジもうろうろとしており、タカサゴたちを追いかけ回している姿をみて安全停止。

大物こそ現れませんでしたが、天気と海況に恵まれたクルーズとなりました!

group-HL18-1-3.jpg
クリックで拡大されます

group-HL18-1-2.jpg
クリックで拡大されます

group-HL18-1.jpg
クリックで拡大されます

最後にはゲストの方全員で記念写真を!

第18回クルーズもゲストの方々のご協力もあり無事に終えることができました!

スタッフ一同、心より御礼申し上げます!ありがとうございました!

報告/Nao Hossy Yurika Tsuyoki Masaru
写真/お客様からたくさん頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/24(火) 13:52:59|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.01.23 壮観!イエローバックフュージュラー

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち晴れ
水温/28℃
風/少し
流れ/強
透明度/20m

朝は小雨がありましたが、海に出てみると一日降られることなくディトリツップへ行ってきました。

一本目、コ・タチャイでは久々に強い流れ。幸いブイが取れたのでロープを使って潜降。
この流れの強さではきっと・・・
DSC_9638_01.jpg
強い流れをかわしつつ潮表へ行くと、もくろみ通りの凄まじい光景が広がっていました。
イエローバックフュージュラーが根の上、比較的浅い場所に集まり高密度状態。それも広範囲。
さらにそこへカスミアジの集団が激しい捕食行動。
個人的には今シーズン一の魚影シーンを更新。

DSC_9652_01.jpg
透明度もそこそこ、3Dウミウチワもくっきり!

DSC_9660_01.jpg
二本目のコ・ボンでは残念ながらマンタは出ず。
しかしゲストのお気に入りのユカタハタの絵になるシーンをじっくりとねばって撮っていただきました。

明日はリチェリューロックです。

報告/RYO
写真/本日のお客様より頂きました。


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/24(火) 01:36:43|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2017.01.19 久しぶりのダブル!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/北東よりややあり
流れ/なし
透明度/12m


リチェリューへ行けました♡
予定通り2本ともリチェリューで潜ることができるのは久しぶり(^^)

相変わらず北東の風の影響で水面はバシャついていますが、水中はいたって穏やか。半月らしく、流れもあまりありません。おだやかー!♡

たっぷり2本リチェリューなのに、ほぼ流れなし!だったので潮裏でマクロ。

PB300902.jpg

トラフケボリガイもバッチリご紹介⭐︎

そして潮表でグルクン達と、バラクーダ2種、そしてギンガメアジにロウニンアジ!
盛りだくさん楽しんで来ました*

他にもウミガメをみたチームや、2個体のナポレオンに遭遇したチームも。
透明度こそ上がりませんが、お天気もよく、気持ちよく潜って来れました!

最近バナナフュージュラーとイエローバンドフュージュラーの混泳玉がいつもにも増してキレイだなあと思います。流星の如く逃げ惑い移動するキラキラフュージュラー達に飲み込まれるのは、圧巻(*^^*)
しあわせな、気持ちになりますっ!

皆様もリチェリューへお越しの際はたまにはぼーっとしてキラキラに包み込まれてみてはいかがでしょうか?☆

さてさて明日はボン島にて2ダイブ予定!
ぱたっと出ていないあの子に、どうしても会いたい!!


今日もありがとうございました♡


報告/YURIKA
写真/以前いただいたお写真を引用しました


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/19(木) 19:15:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.14ー01.19第17回 ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/全日ほぼ無し
流れ/ところにより少し
透明度/7--30m

HL17 group 2017-1-4

1日目
1本目アニターズリーフ
2本目ウェストオブエデン
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

お正月気分も過ぎ去り早いもので1月も半ば。
しかしこれからがアンダマン海のハイシーズン。

今回もご参加頂いた半数以上が日本人ゲスト。

イ・テリオス ダイビングサービス西表島さんをお迎えし、
リピーターさんも多く嬉しい再会に盛り上がりながらの出航でした。

初日、通常通りシミラン·ウェストオブエデンから。
相変わらず穏やかで癒やされます。

kokubu-san-1-2.jpg

可愛い目に癒されるクマノミ君。
水玉模様のアンダマンスィートリップス。

kokubu-san-1.jpg

ここにきて少なかったスカシテンジクダイが少しづつ増えてる気がします。
まずはゆったりと透明度抜群のコンディションで慣らしていただきました

朝食を食べて島散策。
※集合写真や記念ダイブなど、みなさんで映っている写真は、
  クリックすると大きいサイズで表示されます。

HL17 group 2017-2-1

HL17 group 2017-1-3

HL17 group 2017-1

HL17 group 2017-1-2

2本目はウェストオブエデン。
こちらも穏やかで透明度良好。

kokubu-san-1-3.jpg

深場でインド洋版アケボノハゼ exguisitusdartfish をチェック。
背ビレをビンビン立てながらご機嫌よさそう。
渋い色合いのコラーレバタフライフィッシュ。

yamamoto-san-1-3.jpg

浅場へ上がっていくと大きなイソマグロが数匹ウロウロ。

yamamoto-san-1-2.jpg

ランチの後の3本目はエレファントヘッドロック。
ここでは少し透明度ダウン。

しかし強すぎず、弱すぎずなちょうどいい感じの流れがあたり,
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロたちが群れていました。
いつも見かけるオニカマスも浅いところでゆったりホバリング。

otaki-san-1.jpg

最後は、サンセットチームとナイトチームに別れてエントリー。
ベニチョウチョウウオやインディアンダッシラスやセボシウミタケハゼ。

kokubu-san-1-4.jpg

kokubu-san-1-5.jpg

kokubu-san-1-9.jpg

日没のタイミングに合わせたチームはヒメゴンベや、ロングバーベル・ゴートフィッシュ、
ブロウンピグミーエンゼルフィッシュの求愛シーンをバッチリとらえていました。

kokubu-san-1-8.jpg

otaki-san-1-2.jpg

スカシテンジクダイの奥から出てきたのはユカタハタ、
渋い姿を観察して安全停止へと入りました。

kokubu-san-1-7.jpg

初日から地形・サンゴ・生態などなどフルコースで楽しむことができました!

kokubu-san-1-10.jpg

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コボン
4本目コタチャイ

二日目も快晴の朝を迎えました。

yamamoto-san-1-5.jpg

ノースポイントは豪快な岩を巡りながら、コラーレバタフライフィッシュを観察したり、
前回のトリップから情報でニシキフウライウオを探してみました。

otaki-san-1-3.jpg

ヤギに同化するようにうまーく隠れていましたが見つけることができました。
さらにいつもいるタツノイトコも。

yamamoto-san-1-4.jpg

カスミアジがスカシテンジクダイを捕食しようと、
泳ぎ回っているとことも観察することができました。

kokubu-san-1-14north.jpg

このダイブで200本記念Yさんおめでとうございます!
胴上げでお祝いしました!

HL17 group 2017-1-6

朝食の後は8番の島に上陸。
ビューポイントからの眺めはいつ来ても最高です。

HL17 group 2017-1-5

シミラン最後のポイントは、やはりここスリーツリーズ。
リーフから砂地へとつづく景色が一望できる透明度。

kokubu-san-1-12.jpg

入ってすぐに群れていたのはアカヒメジ。

kokubu-san-1-13.jpg

アンダマンジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビーを見ていたその上では、
ムレハタタテダイや各種フュージュラーたちがいっぱい。

yamamoto-san-1-7three.jpg

このダイブで100本記念!Oさんおめでとうございます!

ランチを食べながらコボンへ
前回のトリップではマンタがでましたが、はたして今回は?

少し強めの流れがあたっていましたが頑張ってリッジを超えていつものハマサンゴへ。

ここも少しスカシテンジクダイが増えたきがします。
周辺ではクマノミやカクレクマノミが卵を産み付けていました。
残念ながらマンタは現れず。

さらに北上してコタチャイ。
エントリー時は潮止まりでしたが後半から潮が動き出し、
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロなどの群れの密度がどんどん濃くなりました。

yamamoto-san-1-8.jpg

カッコいいウミウチワにも足を延ばしました。

HL17 group 2017-2-1-2

本日はゲストのAさんがお誕生日を迎えられました。
水中で、ボート上で、みんなでお祝い。
Aさん、お誕生日おめでとうございます!

3日目
1本目コタチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック

3日目の朝も爽やかなに迎えることができました。良いお天気になりそう。

再びコタチャイピナクルから。
昨日より少し強い流れ。

2本目からいよいよリチェリューロック!
透明度は今までのポイントに比べると落ちましたが、そのかわり圧倒的魚影。

yamamoto-san-1-14.jpg

キンセンフエダイやニセクロホシフエダイの群れというか塊!

yamamoto-san-1-13.jpg

yamamoto-san-1-10.jpg

のっけからロウニンアジアジたちの激しい捕食シーンがみれました。
深場に行ったチー厶はタイガーテールシーホースをしっかりチェック。

otaki-san-1-4.jpg

yamamoto-san-1-9.jpg

カッコいいシルエットのピックハンドルやブラックフィンバラクーダ。

ウミウチワの前に真っ赤なユカタハタが通れば、
たちまち素敵な景色の完成です!

yamamoto-san-1-15.jpg

このダイビングで100本記念!Kさんおめでとうございます!

yamamoto-san-1-12riche2.jpg

トマトアネモネフィッシュやアンダアンミミックファイルフィッシュ、
アンダマンウバウオ、タイマイ、ナポレオンなど次々に登場!

ohtani-san-1.jpg

サンセットダイブではさらに濃くなる魚影!
水面付近に群れていたのはマブタシマアジ。

yamamoto-san-1-16.jpg

さすがリチェリューという圧倒的な満足感とともに本日のダイビングも無事に終了です!

4日目
1本目コボン・ウェストリッジ
2本目ボンスーンレック

抜群の透明度のなか気持ちよく潜降すると・・

yamamoto-san-1.jpg

ソフトコーラルがびっしりの場所にちょこんといるタテジマヘビギンポ。
砂地からピヨピヨとホバリングしている,
アケボノハゼのインド洋版exquisite dartfish。

すると、けたたましく鳴る音 「カンカンカンカンカン!」

HL17 group 2017-2-1-3

レオパードシャーク!

一瞬でしたがダイバーの真横を通り抜けていきました。

最終ダイブは圧倒的な魚影のボンスーンレック。
今日は透明度7m程と、濁りが入っていましたが、
360度お魚に囲まれる体験をしてきました。

赤ちゃんバラクーダやキンセンフエダイが壁になり、
その周りではネズミフグが追いかけっこ。

真っ青で可愛いワヌケヤッコの赤ちゃん。
興味深々なのか、ダイバーについてきたウツボ・ハニコムモレイ。

昨日のこの時間にジンベエが出たという情報があり、
中層をキョロキョロと気にしながらのダイビングでした。

晴天に恵まれた第17回ハレルヤ号クルーズ。
最後はみなさんで記念撮影!

HL17 group 2017-1

ご参加いただいた皆さん!ありがごうございました!

報告/Ryo Nao Hossy Masaru
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/19(木) 17:39:13|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.01.18 ついに...

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度/20−25m


本日のデイトリップはシミラン諸島に行ってきました!

雲の切れ目から太陽が顔を出してくれ爽やかなスタート!
波も穏やかで快適!

1本目はノースポイント!
9番の島の北側!

エントリー直前にはイルカの姿も遠くに確認!
水中で遭遇しないかと期待しながらのスタートでした!

流れもなく穏やかな水中。タカサゴたちもいろんな方向を見ながら食事をしてました。
ノースポイントのアイドル、タツノイトコを見ていたらニシキフウライウオが突然登場!

タツノイトコとニシキフウライウオの距離、なんと10センチ!
奇妙なコラボレーションが実現した瞬間でした。笑

じっくり楽しんだ後は浅瀬に向かいつつ岩場の景色を楽しんでいると、
鈴の音が!

振り返っても何もいない...
前回はマンタと思いきや、ナポレオン...
今回も期待はせずに、周りを探すと...

ついにでた〜!!!

ジンベエザメ!!!まさかの登場!!!
久しぶりの登場でした!浅いところ優雅に泳ぐ姿はいつみても神秘さを感じますね!

思わぬ登場に興奮しつつ安全停止へ。

水面では欧米人チームも大興奮!みんなハイタッチしてました。欧米人らしいですね。笑

お昼休憩を挟み、2本目へ。
2本目はスリーツリーズ!

こちらも流れもなく、透明度抜群!太陽の光も入ってコンディションは最高!
砂地ではオーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュ!

突然暗くなったと思ったら、真上にはブラックフィンバラクーダの群れが!!
流れがなかったためか、トルネードしてました!!

浅瀬に戻ろうと深度を上げて移動していると、砂地には何か動く影が...

なんと自分の影が砂地に映ってるではありませんか!!
水底は22m、現在の水深15m。普段はあんまり見ることがないため、意識してませんでしたが、
改めて考えると、これだけ透明度がよくて晴れてる日なんて中々ないと思われます!

真っ白な砂地に自分の影。なんとも不思議な体験でした!

浅瀬で安全停止して、エキジット。

帰りは雲もあまりなく気持ちよく帰ってこれました!

最高のコンディションのなか、まさかのジンベエの登場。最高のデイトリップでした!

20170118-16144151_1164904856959534_1014629786_n.jpg

締めくくりは港で記念写真!
本日もありがとうございました!

報告/Tsuyoki
写真/港で撮ったゲストの方と記念写真

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!




テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/18(水) 18:04:07|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.16 振り返ると...

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/時間によりあり
透明度/15−20m

本日はコボン、コタチャイで潜ってきました!
昨日よりうねりも治まった様子で出港!

まずはコボン!
マンタを期待しつつエントリー!
水中も至って穏やか。
浅瀬のサンゴが綺麗なエリアを楽しみつつ、岩場ではムカデミノウミウシを観察!

浅瀬で楽しんだ後はウェストリッジへ!
ウェストリッジでは他の船のダイバーもマンタを待ちわびている様子でした。
みんな考えていることは一緒ですね。笑

リッジで付近で遊んでいると、鈴の音が!

振り返ると...そこには...

DSC00582.jpg
写真は過去のものです

ナポレオンでした。笑

結局最後までマンタは出ず...
ナポレオンが見れただけ良しとしましょう!

次はコタチャイ!
お昼ご飯を食べてから移動!
約30分で到着です!

マンタ不発から気持ちを切り替えてエントリー!
流れもありエントリー直後から下にはタカサゴがぐっちゃり!
それを狙うカスミアジがうろうろ!ギンガメアジも登場してくれました!

潮表にでるとそこにはブラックフィンバラクーダが!今日は岩肌近くに群れてくれていて、
じっくり楽しむことが出来ました!

カラフルなソフトコーラル、3Dウミウチワを観察して安全停止!

帰りの道中では雲行きが怪しくなってきましたが、雨が降り始める前に帰港できました!

明日はリチェリューロック!快晴で波も無く、魚がいっぱいで大物がでてくれたらいいな〜。笑

本日もありがとうございました!

報告/Tsuyoki
写真/過去のもの引用しました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/16(月) 19:49:14|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.15 穏やかな一日!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/なし
透明度/15−20m

本日は快晴の中、シミラン諸島に行ってきました!

1本目はanita's reef!
真っ白な砂地が美しいポイント!
快晴だったので、水中も凄く明るくスカシテンジクダイもキラッキラッでした!
流れも無くのんびりとダイビングできました!

砂地にある根にはキンギョハナダイに紛れるハナダイギンポやクジャクスズメダイ、カクレクマノミが卵を守っている姿を観察しました!

安全停止中には大きなイソマグロも登場してくれました!

2本目はwest of eden!
相変わらず元気な太陽のお陰で2本目も明るい水中でのんびりとダイビング!

まずはマッコスカーズフラッシャーラス!今日はヒレを全開にしている個体が多く、
ゲストの方々もすぐに見つけることが出来た様子でした!

大きなウミウチワを横目に深度を上げていくと、紫と黄色が美しいエバンスアンティアスが群れていたり、
アカネハナゴイのインド洋版、インディアンフレームフェアリーバスレットがチョロチョロと泳ぎまわっていたりと
シミランらしい綺麗な景色と共に楽しめました!

浅場では極小ウミウシ、トウモンウミコチョウやムカデミノウミウシ。
岩の上ではシシマイギンポやマツバギンポを安全停止中に楽しんでエキジット。

帰りも晴れの中快調に飛ばして帰ってくることが出来ました!

明日はコボンとコタチャイ!前回のクルーズではマンタが登場したコボン!期待が高まります!

本日もありがとうございました!

報告/Tsuyoki

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/15(日) 18:49:04|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.14 快晴のリチェリュー

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28℃
風/なし
流れ/少し
透明度/15m

快晴の空の下、リチェリューロックで2本潜ってきました!

まずは深場のタイガーテールシーホースにご挨拶。

白や紫のソフトコーラルの上には一面、黄色いキンセンフエダイが、
カーテンのように群れ、視界は一気にカラフルに。

潮当たりには小さいタカサゴが無数に群れ、
それを捕食しようとロウニンアジやマテアジが活発に動き回り、
逃げ惑うように、タカサゴの群れは刻一刻とその姿を変えていきます。

MSトラフケボリ-1

黄色く美しいトラフケボリにうっとりし、
ふっと視線を上げると・・・なぜかクラゲがいっぱい。

_U4A2185-2.jpg

それらを避けつつ、ホソフエダイやオトヒメエビ、
ユカタハタにインディアンバガボンドバタフライなど観察。

綺麗なウミウシにも出会いました。
トリンチェシア・シボガィやクロモドーリス・アンヌラータ。

浅場ではタイマイにも遭遇!
美味しそうにクラゲを食べていましたよ。

_U4A2105-Edit-2.jpg

明日はシミラン諸島へ向かいます!

報告/Masaru
写真/トラフケボリ

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/14(土) 22:44:27|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.13 美少年とムツゴロウ

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度/3-4m

今日は海に出るボートには乗らず、河口域(川が海に注ぎ込むところには,淡水と海水が混合したところができるが,これを汽水域または河口域という。)で潜ってきました。

ポイント名は『ドロリンチョ』
狙いはズバリ!
アドニスシュリンプゴビー。(Adonis shrimpgoby、Myersina adonis

_U4A1909-3.jpg

ゲストのRayさんが見事リベンジ!
素晴らしい写真を撮ってくださいました。

ちなみに『アドニス』ってギリシャ神話に出てくる美少年の名前からきてるらしい。
確かにオスの個体はめっちゃ綺麗ですもんね。
命名者、センスあるわ〜

その後、『サンクチュアリ』へ。
狙いはズバリ!
ムツゴロウの外人(Boddart's goggle-eyed goby、Boleophthalmus boddarti

_U4A1052-3.jpg

報告/TAKESHI
写真/アドニスシュリンプゴビー、外人ムツゴロウ(本日のお客様よりいただきました)

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/13(金) 21:57:19|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.08-01.12 ハレルヤ号第16回クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/曇りのち晴れ、一時雨
水温/28-29℃
風/時間によりあり
流れ/時間によりあり
透明度/10-30m

さー行ってきました!ハレルヤ第16回トリップ!
今回も世界各国からのお客様で満員御礼!

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッド
タートルロック

ray-1.jpg

1本目 Anita’s reef
朝の目覚めのダイビングにふさわしいポイント!
真白な砂地、朝日が差し込む水中はとっても綺麗!

エントリーしてすぐにホワイトチップシャークに遭遇!。
トリップの最初から好スタート!

流れもほとんどなく綺麗な景色を楽しみながら、
のんびりダイビングが出来ました!

ゆきえ-1-2 (2)

ウミウチワの周りにはスカシテンジクダイもわんさか!
光が当たるとキラキラとダイヤモンドダストの様!これは少し言い過ぎですね。笑

daisuke-i-san-1.jpg

このポイントの定番のピンク色のイソギンチャクに住む、
クマノミも光で照らされて一層綺麗に!

気持ちのいい目覚めのダイビングでした!

おざわさん01-1

ダイビングの合間には4番の島へビーチ上陸!
この時は太陽も出て南国らしい雰囲気を楽しんで頂けました!
日本人チームで記念撮影も!

おざわさん01-1-2

※ クリックすると大きいサイズで表示されます。

2本目 West of eden
7番の島の西側のポイント。
先程と打って変わって岩がゴロゴロとあるポイントです。

エントリー直前にはウミガメも登場!

水中は至って穏やかで、中層にはイソマグロもうろうろしていました!
ここでもホワイトチップシャークに遭遇したチームも!

岩場には極小のトウモンウミコチョウやシシマイギンポ!

ray-1-2.jpg

深場にはアケボノハゼのインド洋版exquisite dartfishや、
美しいマッコスカーズフラッシャーラス。

安全停止中には子ウミガメにも出会いエキジットをしました。

3本目 Elephant head rock
エントリーすると…あれ?流れてる…笑

そんなわけで岩陰に隠れながらダイビングでした!
砂地ではカサゴが、のしのしと歩いているシーンを目撃!

ray-1-3.jpg

黒いハナヒゲウツボや青く光り輝くアンダマンダムゼル。

岩の上にはスカンククマノミが卵を守っている姿を見たり、
アンダマントリプルフィンの求愛を見たりと流れがある中でもしっかりとた楽しんできました!

4本目 Turtle rock
8番の島周りのポイント。
少し湾になっていて、バランシングロックも見える場所でエントリー!

サンセットとナイトチームに分かれ、
サンセット・チームがプロウンピグミーエンジェルフィッシュの求愛を、
観察しようとスタンバイしていると・・・

20170112-_U4A1389.jpg

目の前で激しく求愛・産卵をしていたのは、
ロングバーベル・ゴートフィッシュというヒメジの仲間。

ナイトチームは夜行性の甲殻類や魚などを観察。

夜になり、動きがスローな魚やサンゴに頭だけ突っ込んで寝ているアカモンガラ、
無防備に寝そべっているハタ。笑 とってもキュートです。笑

ray-1-4.jpg

セボシウミタケハゼやネッタイミノカサゴ、
ドクウツボなども観察して安全停止をしました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コチャタイ・ピナクル

1本目 North point
昨日に比べて天気も回復!
晴れ間が見える中エントリー!

ray-1-5.jpg

離れ根の大きなウミウチワは圧巻の一言!

かずやさん001-1-2

このポイントのアイドル的存在、タツノイトコを見に行き、
その近くではニシキフウライウオも発見!

岩の上ではシシマイギンポ、モンツキカエルウオをじっくりと観察しながら安全停止。

朝食後には8番の島へ上陸!
有名なバランシングロックがあるビューポイントまで行くと絶景が見れます!

2本目 Three trees
9番の島の東側のポイント。

ダイブサイトの目の前に目立つ3本の木が生えていることから、
Three treesという名前に。そのまんまですね。笑

まずはアカヒメジの群れを見つつ、砂地へ。
砂地ではオーロラパートナーゴビーに癒されます。

halgerda sp 14 RAY-san

ハマサンゴの根でじっくりと遊んでいると、様々なウミウシに出会いました。
halgerda sp 14やクロモドーリス・ジェミナス、トウモンウミコチョウ。
どれも海の中の芸術と思うほどのデザインです。

ゆきえ-1-2 (1)

ユカタハタの顔にエビが張り付いてクリーニングされているのを観察していると、
その後ろをタテジマキンチャクダイが通りかかり、なんとも芸術的な景色!

砂地を歩くウミガメやヤッコエイも。

ふと上を見上げるとブラックフィンバラクーダの群れが!

マクロもワイドも楽しんできました!

3本目 Koh bon west ridge

ray-1-7.jpg

水面に波が出てきましたが、水中はいたって穏やか。
exquisite dertfishやコラーレバタフライフィッシュの、
群れを観察していると・・・・

「カンカンカンカンカン!」

湧き上がる興奮を抑えつつ進んでいくと・・・ あ!

ray-1-8.jpg

4m。大きなオニイトマキエイの登場です!

今シーズンなかなか登場しなかったマンタの登場!

しばらく、その優雅な姿を眺めることができました!

4本目 Koh tachai
流れがある中でのダイビング。

岩陰、サンゴの陰を選びながらのダイビング。

かずやさん001-1-3

イエローバックフュージュラーなどが川のように流れ、
岩の下を覗くとアデヤカミノウミウシを発見!

かずやさん001-1

スカンクアネモネフィッシュや、
綺麗なイソバナなど見て、早めにエキジットをしました。

2日目もダイナミックな地形、立派なサンゴ、そして大物の登場で、
充実のダイビング日和となりました!!

3日目
Koh Tachai Pinnacle
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock

今朝も昨日のラストダイブと同じタチャイピナクル!
相変わらずの流れでしたが、潮表まで出ると視界一面ブラクフィンバラクーダ!

ray-1-9.jpg

流れのおかげで彼らも低い位置でホバリングしてくれています。

普段は中層にいるタカサゴ科のお魚たちも、
今日は岩肌一面をぐちゃーっと覆うように泳ぎ回り、
3Dのような立体的になっているウミウチワが今日は、
タカサゴ科のお魚たちの絨毯の上にそびえ立つようで一段ときれいでした。

3匹のツマジロを確認したチームもありました。
このトリップ、サメ遭遇率高し!です。

約2時間半のクルージングを経てたどり着いたのはリチェリューロック。
むむむ。天気が。。。

やっぱり、1本目は水中も暗い。

視界もいいとは言えない状態ではありましたが、相変わらずの魚影!!
エントリー直後からピックハンドルバラクーダやロウニンアジ!

キラキラと煌きながら逃げるバナナフュージュラーたち。
ちょっぴり無愛想なナポレオンや色鮮やかなモンハナシャコ。

ray-1-13.jpg

daisuke-i-san-1-3.jpg

愛らしいトマトアネモネフィッシュの赤ちゃんや、アンダマンウバウオ。
色彩が美しいウミウシ・トリンチェシア・シボガィ。

ray-1-11.jpg

コロンとしていて可愛いトラフケボリ。
リチェリュー2本目には太陽も顔をだし、少し水中が明るくなりました。

相も変わらず賑やかな水中。キンセンフエダイやニセクロホシフエダイ、
クロホシフエダイのぐっちゃりから、まったりと過ごすホソフエダイ。

かずやさん001-1-4

ray-1-10.jpg

2匹でいたタイガーテールシーホースに、
ひとりぼっちでトゲトゲしているイバラタツ。

daisuke-i-san-1-2.jpg

期待のサンセットダイブ、ラストリチェリューでは、
バナナフュージュラーのキラキラに飲み込まれながら、
ロウニンアジのアタックをみたり、トラフコウイカをじっくりと観察したりしてきました。

ray-1-12.jpg

そして最終日:’(

1. KOH BON
2. BOON SUNG WRECK

一昨日のオニイトマキエイの興奮冷めやらぬままエントリー!

やけに静かな海にたくさんの泡。

普段と何ら変わらないはずですが、もう一度!という切なる気持ちのおかげで、
普段とすごく違うように感じてしまいます。

焦らず焦らず、ゆっくりゆっくり。でもみんな気持ちはソワソワ。
リッジ付近をうろついてみたり、先端付近でじっくり粘ってみたり。

もうそろそろ安全停止かな、と思ったその時!!
ふわっと遊びにやってきてくれました!!

_U4A1773.jpg

一度は通りすがったものの、またすぐに戻ってきてくれて、長くは遊べませんでしたが、
これで全チーム、オニイトマキエイをお目にかかることができました!!

_U4A1768.jpg

楽しかった4日間の旅ももうこれで終わり。
最後はいつもと変わらずボンスーンレックで締めます。

潮あたりに集まるキンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ニセクロホシフエダイ。
キラキラするちびカマスの群れや、ちょっと見慣れないハニカムモレイ。

砂地ではジョーフィッシュがちょこんと顔をだし、レックの隙間からは特大サイズのゴシキエビまで。
もれなくワヌケヤッコの幼魚や、中層を縦横無尽に行き交うリュウキュウヨロイアジ!

雨のように降り注ぐバナナフュージュラーとイエローバンドフュージュラーたち。
これでもかというほど満喫して楽しんできました。

トリップ前半、天候が心配されましたが大荒れになることもなく。
日を追うごとに晴れ間も増え、最終日は終日晴天⭐︎

乗船者全員の笑顔と共にハレルヤ号第16回目のトリップが幕を閉じます!

ご参加いただきました皆様、たくさんの笑顔と感動をどうもありがとうございました!!

HL16集合2017-1

※ クリックすると大きいサイズで表示されます。


※ 再生すると音楽が流れます。音量にご注意ください。

報告/Yurika,Tsuyoki,Masaru
写真/お客様からたくさん頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/12(木) 15:55:50|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2917.01.10 安全第一で行ってきました!

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/28℃
風/あり
流れ/少し
透明度/10m-20m

本日のディトリップ。本来ならリチェリューロックの予定でしたが、やはり風のためやむなくポイント変更。

201701111018370b1.jpg
1本目、風を避けて穏やかな場所でエントリー。
キラキラと輝くスカシテンジクダイ。のんびりと癒やしの1本でした。

風が強くなる前にボンスーンレックへ移動。
年末年始に比べて透明度は少し落ちましたが、やっぱりここです。
20170111101834c60.jpg
いつ来ても魚まみれ!

20170111101835c6b.jpg
予報では、そろそろ穏やかなな海況がもどってくるはず。
これからがハイシーズン。


報告/RYO
写真/スカシテンジクダイ、キンセンフエダイ、ハナミノカサゴ




タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


Tweet
Tweet
  1. 2017/01/11(水) 08:20:08|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2016.01.10これぞタチャイ!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27-28℃
風/少し
流れ/少し
透明度/20m-30m


今日のディトリップは予定通りコ・タチャイ&コ・ボンに行けました!
予報は昨日より高い数字の風でしたが、いざボートを走らせると行ける行ける!全然穏やか!
到着すると水面から根のトップが見えてるし今シーズン一の透明度かも。
群れが期待できる上げ潮で、潮表ではイエローバックフューをはじめ各種フュージュラーがビッシリ。
eiko_01.jpg
そこへ突然カスミアジの集団が捕食に現れ、一斉に根の上に集まりお祭り騒ぎ。
これこれ、タチャイのこの感じ!と心の中でつぶやきました。


ランチの後はコ・ボンへ。
こちらも透明度良好。
makiba2_01.jpg
一本目ではすっかり興奮して窒素溜め気味なので二本目は浅場でじっくりと。
岩壁に張り付いて、アンダマントリプルフィンの婚姻色やカラフルな背景のなかのタテジマヘビギンポ。
リーフではまたしてもカスミアジが激しく捕食するシーンが見れました。


当たり前ですが、海はスカッと晴れて透明度良いと楽しー。
明日はリチェリューロックをめざします!




報告/RYO
写真/お客様より頂きました。




タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


Tweet
Tweet
  1. 2017/01/09(月) 23:19:20|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2017.01.08 Wボンスーンレック

ロケーション/カオラック
天候/雨
水温/27-28℃
風/あり
流れ/少し
透明度/10m

本日のディトリップも風のため途中でポイント変更、おまけに朝から雨・・・
またまたボンスーンレックで2本潜ってきました。
G0586826_01.jpg
しかしここは圧倒的な魚影に加え、多彩なマクロも楽しめて飽きないポイント。
お客さん自身でいろいろ見つける楽しみもあるので時間の経過を忘れ、ついつい夢中になってしまいます。

G0786857_01.jpg
1本目でざっと一回りしたあとの2本目は皆さんそれぞれお目当てをじっくりと楽しんでもらいました。

とはいえ、そろそろスカッと晴れて穏やかな海況にもどって欲しいなぁ。
天気予報をにらみつつ明日も安全第一で行ってきます!

報告/RYO



タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/09(月) 01:08:30|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2017.01.07 バラクーダ日和

ロケーション/カオラック
天候/曇り時々小雨
水温/27-28℃
風/あり
流れ/少し
透明度/10-20m



リチェリューへ辿り着けない日々が続いております。。。
今日も後30分の距離のところで断念( ; ; )
進路を変えてタチャイピナクルで遊んできました。

程よい流れと共にテンポよく潜降。
ふと前を見ると細長い影が。。。
バラクーダです!

目の前一面バラクーダ!!!
メインピナクルをびっしりとおおいかぶさるような形でホバリング。
きゃーナニコレ楽しすぎるでしょー♡

中層ではカスミアジのアタックもがっつり!
遠くではツムブリもタカサゴたちにアタック!
おかげさまでアタックされたタカサゴたちがダイバー側へ集まってきます(^^)
その様子がなんとも綺麗で♡
わー!!きれーい!!!!と、両手を広げて喜んでしまいました(*^^*)

もちろんタチャイピナクルならではのかっこいいウミウチワやイソバナも楽しんできましたが、最後はやっぱり締めのバラクーダ♡♡♡
バラクーダに巻き込まれて遊んできました!!

帰り道、波が上がることを懸念して2本目はボンスーンへ。
こちらも両手を広げて喜んじゃえるダイビングでした♪

今日の盛り上げ大賞はニセクロホシフエダイ!!
わんさかわんさか盛り上げてくれましたよ♡
視界一面黄色になる瞬間!
最近比較的に視界もよく頑張って泳がずとも漂っているだけで充分楽しめちゃう*
これだからボンスーンは楽しいっ(*^^*)

ワイドワイドワイド!!!
今日はがっつりワイドダイビングでパワー充電!
純粋に、本当に、楽しかったです!

今日もありがとうございました☆


報告/YURIKA
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/07(土) 17:23:27|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

2017.01.04ー07第15回ハレルヤ号年明け初トリップ報告

ロケーション/カオラック
天候/曇り時々晴れ
水温/28℃ー29℃
風/前半あり
流れ/少し
透明度/15-30


1日目
1本目タチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック

2017年、年明け初クルーズ出航です。
今回は北海道からご参加のリピーターさんもおられて、その
気温差なんと40度。お正月でも暑ーいタイランド。

今回もトリップ中に風の予報のため、前回と同じく波が小さいうちに先に北上してからの南下ルートです。

初日はコタチャイピナクルから。
透明度は濁っていましたが、ちょうど潮止まりで穏やか。
潮止まりとはいえ、イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロが根を覆うように群れていました。
エントリー後、遠くにヒラヒラと物体が泳ぎ去っていきました。
マンタか!?と思いきや、シルエット、サイズからしてマダラトビイエイかな?

P1040284.jpg

名所、3Dウミウチワ。立体感があります。

さらに北上してめざしました、リチェリューロック!
タイで一番大きなダイブクルーズ船、波に強いハレルヤ号、安定して無事に到着。
前回よりは波は弱め。
数グループは、まずは深場でタイガーテールシーホース。
P1041489.jpg

今日も、いつものところにいてくれました。
タイガーテールに気を取られていましたが、この場所の岩の上にはカラフルなソフトコーラルが大群生。
そこにはアカオビハナダイも。
P1041476.jpg

さらにその上をキンセンフエダイが群れているという華やかさでした。
さらに水深を上げていくとブラックフィンバラクーダやピックハンドルバラクーダも登場。
P1040329.jpg

なんと今回はもう1種類のシーホースを発見!
この海域では珍しいイバラタツ!
P1041608.jpg

鮮やかな黄色で立派な個体、ギザギザがかっこいい。
タイガーテールに負けず劣らずのキュートさです!

ウミウシのトリンチェシア・シボガィも確認しました!
P1041525.jpg

本日はゲストのMさんがお誕生日を迎えられました!
IMG_1065.jpg
※クリックで拡大されます

水中で同じチームの皆さんとお祝いです。
Mさん、おめでとうございます!

固有種のトマトクマノミ。特に白線の入った幼魚がキュートです。
P1041577.jpg

レアなイザヨイベンケイハゼ、今回もしっかりチェック。
DSC00850.jpg

ナポレオンも登場してくれました!
DSC00582.jpg

波が強くなる前に早めのサンセットダイブ。
DSC00814.jpg

この時間帯になると激しくなるアジ達の捕食シーン。
ロウニンアジやマテアジ、カスミアジ、ツムブリなどが高速でフュージュラーたちを追っかけまわす様子は大迫力でした。
エキジットするころには風が吹きだして大変でしたが、しっかり3本リチェリューロックを潜りきりました!


2日目
1本目コボンセカンドリッジ
2本目コボンウェストリッジ
3本目スリーツリーズ
4本目タートルロック


1本目 Koh Bon
波がなく穏やかな朝となり、朝イチのダイビングはコボンからスタート!
昨日の少々ハードなダイビングとは違い、のんびり気持ちのイイ流れに乗りながら、サンゴの群生地帯で遊びました。

固有種のキラキラ水色に輝くアンダマンダムゼルもたくさん♪

2本目 Kon Bon
コボンでの2本目は波の入らないウォーターフォールからのエントリー。うねりも流れもない場所からエントリーし、透明度のいい青い海に!

ちょっと深場のエクスクイジタ ダート フィッシュのいる場所へ♪
P1051758.jpg

不思議な貝、モルジブズスポンジスネイルも!
P1051746.jpg

後半は浅場に戻り、大発生中のルリホシスズメダイの幼魚や、うねりが好きなダイバー泣かせのインディアン サージ ダムゼルも確認したチームも。


流れも無く穏やかなコボンでした!


3本目 Three Trees
シミラン諸島9番のスリーツリーズ!
北風に乗って快適クルーズ、やってきましたシミラン!

白い砂地にヤノダテハゼのインド洋ver.オーロラパートナーゴビーとコトブキテッポウエビ、アンダマンジョーフィッシュなどを確認しました!
15895235_1325905190815992_373807980404368493_n.jpg

特大!(と言っても1cmくらいですが・・・)トウモンウミコチョウが美しいソフトコーラルを背景に撮れました。
P1051847.jpg

安全停止中にはブラックフィンバラクーダの群れにも遭遇!
P1051918-2.jpg

マクロからワイドまでお腹いっぱい堪能しました!

夕方のBEACH VISIT
シミラン諸島8番!あの有名な!?ドナルドダックベイへの上陸!日本人全ゲストとともにバランスロックまで登って、
はい、チーズ♪

P1050014.jpg
クリックで拡大されます

P1050001.jpg
クリックで拡大されます

4本目 Turtle Rock
タートルロックでサンセット&ナイトダイブ!

インディアン フレーム バスレッドが立派な背びれを開く姿はウルトラマンみたい★

ブラウンピグミーエンジェルフィッシュのナズリンクを観察しに行ったチームも。

ヒメゴンベの求愛はロマンチックでウットリ♪
P1051966.jpg

ヒメイカでしょうか、エビを補食中でした!最終的にはエビを途中で放棄して逃げていき、お食事中を邪魔しちゃいました!笑
P1052511.jpg

サンセット&ナイトダイブで600本記念を迎えられたリピーターのEさん!
P1051735.jpg


3日目
1本目ノースポイント
2本目エレファントヘッドロック
3本目アニターズリーフ
4本目ウェストオブエデン

1本目
ノースポイント
シミラン諸島9番の島の北側のポイント。大きなウミウチワやダイナミックな景色が楽しめるだけでなくマクロもしっかりと楽しめるポイントでもあります。

エントリーしてすぐに離れ根のウミウチワを狙いに行ったチームも。

大きな岩を見つつ、その下の短いヤギにはタツノイトコが擬態しています!しかーし、やたら動くのでバレバレです。笑
P1061996.jpg

近くのハマサンゴにはスカシテンジクダイやユカタハタ。

ダイビング後半には安全停止をしながらシシマイギンポやモンツキカエルウオも楽しむことが出来ます!最初から最後まで余すこと無く楽しみました!
DSCN8205.jpg

朝一番で100本記念を迎えたお客様が!!
P1060539.jpg

Sさん、おめでとうございます☆


2本目
エレファントヘッドロック
シミラン諸島7番と8番の間にある岩場の地形ポイント。

エントリー後すぐに向かったのはクジャクベラのインド洋版、マッコスカーズフラッシャーラス!ヒレを全開にするととっても綺麗なんです!だがしかし泳ぐのが速く、ゲストの皆様写真に収めるの苦労している様子でした!
15894792_1396798020391545_5155600571952512705_n.jpg

近くにはハナヒゲウツボも!

スイムスルーの中のきれいな景色を楽しんで、深度を上げていくとタカサゴ達が向かってくるではありませんか!その原因はロウニンアジでした!3匹のロウニンが戦闘態勢でした!
DSCN8318.jpg


3本目
アニターズリーフ
5番と6番の間にあるポイント。

大きなハマサンゴがあり、そこにつくウミウチワやイソバナの周りにはスカシテンジクダイがたんまり!
P1060639.jpg

岩の周りにはキンギョハナダイに紛れるハナダイギンポで癒され、岩の穴の中ではクジャクスズメダイが必死に卵を守っている姿をみて癒され、ハマサンゴの上には綺麗なイソギンチャクに住むクマノミに癒されて安全停止。
IMG_6214.jpg

癒されっぱなしのダイビングでした!

ダイビングの間には昨日に引き続きビーチへ!本日は4番の島へ上陸!

みんなで記念写真を!
P1060019.jpg
クリックで拡大されます

4本目
ウェストオブエデン
7番の島の西側のポイントでエントリー!
アケボノのインド洋版の子を見に行ったり、小さいウミウシ、トウモンウミコチョやシシマイギンポ、浅場の岩の上にマツバギンポがイバラカンザシの近くに!
P1062258.jpg

シシマイギンポのイバラカンザシ抜き!
15940770_1325905447482633_4039845660225497990_n.jpg

ちょっと遠いか!?笑

この組み合わせは綺麗ですね!


4日目
1本目コボン セカンドリッジ
2本目ボンスーンレック

1本目
Koh Bon
な、な、なんと本日のコボンでレオパードシャークに遭遇!!
あそこにいるのではないかと、賭けに出たチームは大当たり!

15940522_1325905497482628_9131281838631212641_n.jpg

IMG_6274.jpg

遭遇出来たチームは超ラッキーでしたね!
サージもなく、サーモクラインのかかってない浅場で遊んでいたチームもマクロネタでじっくり。

2本目
ボンスーンレック
陸に近いポイント!魚影が濃いことで有名です!たまーにジンベエなんかも出現する人気のポイント!

綺麗なヤギにガラスハゼ!
P1072313.jpg

クロモドーリスアンヌラータを見たチームも!
P1072333.jpg

小さい小さいアシビロサンゴヤドリガ二も!
P1072381.jpg

魚影だけでなくマクロもしっかり楽しんできました!

今回のトリップもスケジュールがいろいろ変更になりましたが、無事にリチェリューロックに行くことができスタッフ一同一安心でした!

_A3A9820.jpg
クリックで拡大されます

年明け一発目のクルーズも楽しく終えることが出来ました!参加されたゲストの方々ありがとうございました!
タオ島の方でもお待ちしてます!

報告/TAKESHI, RYO, NATSUKI. TSUYOKI
写真/お客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/07(土) 14:18:09|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

2017.01.06 今日は予定通り*

ロケーション/カオラック
天候/曇り
水温/27-28℃
風/あり
流れ/あり
透明度/15-20m


ボン島2本トリップ!
行ってきました♡

1本目はウエストリッジの南側からのエントリー☆
キラキラのスカシテンジクダイやキンメモドキなどをみたり、キンギョハナダイに紛れ込むハナダイギンポを探して見たり。
ガレ地ではすばしっこいエイブルスエンジェルフィッシュや、フシギかわいいモルジブススポンジスネイルなどをじっくりと観察。
先端付近では横目にナポレオンを見つつ、イエローバックフュージュラーやハナタカサゴで賑わう中層を追いかけ回すカスミアジを堪能してのまったりダイビング。

水面休息の後は、ウエストリッジの北側からのエントリー!
程よい流れを感じつつ、根の周りをちょこまかとマクロダイビング♪

タテジマキンチャクダイのちびちゃんや、イヤースポットブレニー、ミナミギンポやムカデミノウミウシ!
ちっちゃい子は特に色まで可愛いのできゅんきゅんしちゃいますよね(^^)

元気いっぱいのサンゴの上ではハーフアンドハーフクロミスやマラヤンクロミスなどの外人スズメダイ達が泳ぎまわり、時たま頭上をゆるーーーっと通り過ぎるイソマグロなども見つつ。
今回はイエローバックフュージュラーとクマザサハナムロが目立って中層を盛り上げてくれていましたよ*

今日は嵐の前の静けさ?!と思いたくなるような静かな海でした。曇ってはいるものの、青空もちらほら垣間見れたり。。。
明日、明後日が非常に心配ではありますが、事故・怪我に気をつけて安全第一で潜って参ります。

今日もみなさまありがとうございました(*^^*)

報告/YURIKA
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/06(金) 18:11:58|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.05 今日もおあずけ。

ロケーション/カオラック
天候/晴天 一時 雨
水温/27-28℃
風/あり
流れ/あり
透明度/10-15m


毎週木曜日はリチェリューロックの日。
なのですが、まだ波が収まらないため、今日も進路変更。

タチャイピナクルはStrong Current!!
岩の上を匍匐前進で潮表へ。
するとそこには、彼らがドーンッ!
P1051013.jpg

P1051011.jpg
バラクーダの大群とカスミアジの大群!!!
ただ居るだけで、迫力のある光景が目の前にY(^0^)Y

2本タチャイで潜るつもりでしたが、
2本目の時間帯はさらに流れが強くなる予報だったので、場所移動。


ボンスーンレックは一昨日よりも魚の密集度が高く、魚達の動きも激しかった!!

5/may/2013 kinen 2

その原因の一つはヨロイアジ。
5〜6匹で、レックのすぐ上を激しく動き回っていました!
時にはヒレを全開にし、体色を黒くして本気度Maaaax!!!
見ているこちらまで興奮してきちゃいます(((o(*゚▽゚*)o)))

やっぱりボンスーンレックは楽しい♪♪

そんな所へ今ならDay Tripで行けちゃいますよ^^
通常なら、ビッグブルーではクルーズ船に乗らないと行けないポイントに行ける幸せ♡
全力でご案内させていただきます!


報告/Hossy
写真/お客様からいただきました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/05(木) 19:27:02|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.1.4 癒し系シミラン諸島

ロケーション/カオラック
天候/晴天
水温/28℃
風/あり
流れ/あり
透明度/15~20m

本日のデイトリップもお陰様で満員御礼!!
波はありましたがシミラン諸島へ行ってきました♪

1本目はシミラン7番の西側、ウェストオブエデン。
透明度の良いクリスタルブルーの海へ潜降です!

水中は流れが強かったのですが、岩陰に隠れながらアケボノハゼのインド洋バージョン、エクスクイジタダートフィッシュをご紹介。
鮮やかな紫と黄色の体色が美しいです。

岩肌を見上げると、目の前にはいくつもの大きなウミウチワが広がり、
サンゴの上ではインディアンダシラスやキンギョハナダイ、エバンスアンティアスが彩り良く泳ぎ

これぞ癒し系シミラン!といった光景♪

アオウミガメと一緒に安全停止をしました。

アオウミガメ2017-1

2本目はシミラン8番のタートルロック。
1本目とは打って変わって、水中の流れはほぼなく穏やか!!
ハマサンゴの上をちょこちょこ泳ぎ回るタテジマヘビギンポやルボックスブレニーもじっくり見ることが出来ました♪

コラーレバタフライフィッシュもギュッと群れ、
砂地のハタタテダイや岩陰から顔を出す大きなドクウツボ、
白っぽい体色と耳の辺りの点が特徴のイヤースポットブレニー、ちっちゃーいシシマイギンポなど、
大きなものから小さなものまで、盛り沢山な1本となりました♡

明日はリチェリューロックの予定です。
波よ!収まれーー!!

報告/Mihoko
写真/後ほど

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/04(水) 17:23:46|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.03 調査ダイブの成果、ほのぼのとした一日

ロケーション/カオラック
天候/晴天
水温/28-29℃
風/なし
流れ/なし
透明度/3m

今日はクルーズの出航日。
夜まで時間があるので、朝から面白い遊びをしてきました。

昨日までのクルーズから下船してきて、今日の午後のフライトで帰国する人たちは搭乗前にダイビングはできませんが、水辺で遊ぶことはできます。
そこで、最近僕が調査をしているムツゴロウの仲間やトビハゼの仲間を見に行くツアーを開催しました。
ムツゴロウもトビハゼも、魚類なのに、陸上で過ごすことができる生物なのです。
なので、ダイビングをしなくても見れる魚なので、飛行機に乗る前にでも見れるのです。
(※ダイビング前には潜ったらダメというルールがあります)

まずは『サンクチュアリ』というポイント。
ムツゴロウにとっての聖域ということで命名しました。笑

喧嘩をすると綺麗な背びれが大きく開きます。
400dive

ど迫力なんですよ〜
IMG_0483.jpg

その後、みんなでヤムチャ屋さんへ。
ここのヤムチャは美味しいと評判でいつもめちゃくちゃ混んでいます。
15380290_1163516260404361_2248926310263013287_n.jpg
(※この写真はイメージです)

お腹がいっぱいになったら、お次は『トントン牧場』というポイントへ。
このポイント名は本日命名されたばかりで、今日のゲストが第一号です。笑

可愛いね〜♪
EE1A0215.jpg

そして飛行機に乗るチームと別れて、まだ滞在するゲストたちとダイビングもしてきました。
潜ったのは『ドロリンチョ!』というポイントです。

ここのアイドルはアドニスシュリンプゴビー。
0Z2A1440.jpg

今日は第一背びれの長いオス個体を見つけられなかった・・・

マニアックだけど、とっても楽しいほのぼのとした一日でした。

では、これからまたクルーズに出航します。
行ってきまーす!

報告/TAKESHI
写真/Boddart's goggle-eyed goby(ムツゴロウの仲間)、Pearsefs Mudskipper(トビハゼの仲間)、Adonis shurimpgoby

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/03(火) 23:12:51|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2017.01.03 魚影NO.1!!

ロケーション/カオラック
天候/晴天
水温/28-29℃
風/ほぼなし
流れ/なし
透明度/8-12m


さてさて!まだまだお正月の賑わいが続いているBig Blue Khaolakです。

今日はコタチャイとボンスーンレックにて遊んで来ました(^^)

貸切りだったコタチャイピナクルは程よい流れ。
一気に潮表まで出ると、たっくさんのタカサゴ科のお魚たち。
今日は特にイエローバックフュージュラーとクマザサハナムロが多かったですよ!そしてそんなグルクンたちの乱舞を盛り上げてくれるのがカスミアジ!
カッコイイ顔面とは裏腹にとーってもキレイなブルーの尾を持つカスミアジ、個人的に大好きなお魚です。
今日はカスミアジの数も多く、中層のアタックショーが熱かった!遠くではヨコシマサワラなんかも猛アタックをしていたり。。。

視界は落ち気味だったのもあり、今日はバラクーダには出会えずでしたが、ワイルドな中層、ダイナミックな水底と、その隙間を埋めるように生えているウミウチワやソフトコーラルの織りなす美しい景観に癒され、盛り上がって来ました♡

お昼休憩を挟んだあと、ボートを走らせた先はボンスーンレック!
そう!みんな大好きボンスーンレック♡

エントリー直後から群れ!群れ!!群れっ!!!
ちびっこキンセンフエダイの大玉は本当に見事でした。

15824584_1733493646979018_1536341709_o.jpg

ギンガメアジのちびっこも元気に泳ぎまわり、クロホシフエダイ、ニセクロホシフエダイもぐっちゃり!

15902915_1733493506979032_34392370_o.jpg

ピックハンドルバラクーダも船からちょこっと離れたところに群れていたり。。。
ちっこい子たちにもしっかり会ってきましたよ♪
最近のアイドル、ワヌケヤッコの赤ちゃんや、キレイなウミウシたち。砂地ではアンダマンジョーフィッシュや、ヤッコエイ、トラフコウイカなどを見れました*

やっぱりボンスーンレックは楽しい!の一言に尽きますね(^^)♡

明日はシミランへお出かけの予定。
抜群の透明度、期待して行ってきまーす**



報告/YURIKA
写真/先日撮っておいたものです。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

Tweet
  1. 2017/01/03(火) 22:06:09|
  2. カオラック
  3. | トラックバック:0

2016.12.29-2017.01.02 年越しクルーズ報告!!

ロケーション/カオラック
天候/くもり
水温/28-29℃
風/あり
流れ/時間によりあり
透明度/15-30m

明けましておめでとうございます!!
皆様はどこでどんな年末を過ごされたのでしょうか?
そして、新しい年の始まりはいかがでしたでしょうか?

私たちは、ハレルヤ号でアンダマン海と共に年越ししてきました♪

乗船されたお客様からた〜〜くさん写真をいただいたので、
その様子をたっぷりご覧ください(^-^)

1日目

まずは、タチャイピナクル。
波風の様子を読んで、今回はタチャイから南下する特別ルート。
いきなり本気モードのチェックダイブでしたw

IMG_4044.jpg

2・3本目はリチェリューロック。
ちょっと濁り気味だったので、小さな子たちと遊ぶことに。

タイガーテールシーホース。
タイガーテール・アロハ

イザヨイベンケイハゼ。
EE1A0205.jpg

アカオビハナダイが『がおーっ!』
がおー1・ハヤオ師匠

波が高くなってきたので4本目はなんと!スリン諸島へ。
なかなか行くことはない、ということで、スタッフもワクワク♪
探検気分でアオ・パッカンという湾内で潜りました。

ヤギに乗るガラスハゼを美しく切り撮ってくれました〜♪
ガラスハゼ・サダちゃん

このポイントはレアなシャロンシュリンプがわんさかいました!
EE1A0262.jpg

2日目

再びタチャイピナクル。

タカサゴ科のお魚たちとカスミアジの攻防戦や
ブラックフィンバラクーダの群れなど、中層も面白いですが、
こんな感じで異なるソフトコーラルが群生してるところもここの魅力☆
IMG_7970.jpg

2本目はコボン。
ワイド目線で過ごすことが多いですが、この日はマクロ目線で遊んでみました。

エクスクイジタダートフィッシュが『がおーっ!』
エクスクイジタがおー・サダちゃん

ベンケイハゼのペア。
IMG_4086.jpg

ここからはシミラン諸島。
まずはスリーツリーズ。

透明度がぐっとアップ☆☆
ワイドもマクロも好き放題(o^^o)
かなり大きな(1cm超え!?)トウモンウミコチョウがソフトコーラルに囲まれた美しい環境で見つかりました。
トウモンウミコチョウ・サダちゃん

ブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れていました!
ブラピ・大介

ローランドダムゼルのかなりちびっ子サイズも〜♪
ローランド幼魚・サダちゃん

シリウスベニハゼ。
シリウス・サダちゃん

そして、お楽しみのシミラン上陸。
※以下の集合写真等はクリックすると大きいサイズで表示されます。

新年-1

シミラン上陸3

シミラン上陸1

シミラン上陸2

サンセット&ナイトダイビングはタートルロックで。
生態観察も含め、じっくり生物と向き合いました。

これはアートですね〜
ノートリミング、撮って出しでこの完成度!
ウミエラ&ハゼ・ハヤオ師匠

ブロウンピグミーエンジェルフィッシュが求愛・産卵活動を観察。
目の前で行われるネイチャーシーンに感動です!
1Y5A9020.jpg

ヒメゴンベの求愛・産卵活動。
2匹で寄り添い、仲睦まじい姿ですね!
IMG_0539.jpg

大きなシャコガイの外套膜の入り組んだ中にセボシウミタケハゼが・・・、渋い!
IMG_8419.jpg

このダイビングで1200本記念!
Kさんおめでとうございます!人文字でお祝いです!
saPC310449-2.jpg

夜は皆んなで年越し蕎麦とカウントダウン!
2016年もどうもありがとうございました!!
新年-1-2


3日目

2017年の潜り初めはノースポイント。
アンダマン海さん、今年もよろしくお願いします(*^_^*)
ウチワ豊美

IMG_0638.jpg

元旦に1400本のお祝い♪
おめでたダブル〜(*≧∀≦*)
さだちゃん1400本

2本目はエレファントヘッドロック。
ここにも小さな人気者がたくさん♡
アンダマンダムゼルの『がおーっ!』
アンダマンダムゼル・アロハ

タイマイも登場!
カメ・タカハル

カメ薫

3本目はアニータズリーフ。

うっとりするような景色。 水中の景色って本当にすごいなと思います。
アニタ・タカハル

真っ青な海のキャンパスに色を与える、
色彩豊かな魚たち。

サンギネロドワーフゴビー。
赤と緑のコントラストが素敵ですね。
サンギネロ達夫

クジャクスズメダイの『がおーっ!』
クジャクスズメ・大介

4本目はウェストオブエデンにてサンセットダイブ。

2匹のミナミハコフグがくっ付いて泳いでいたので、こっそりついて行ってみるとw
岩の隙間に入り、オスがメスのお腹を刺激していて、求愛・産卵活動でしょうか。
フグ薫

ひょっとこみたいな、ユニークな正面顔をじっくり観察することができました。

マツバギンポのイバラカンザシ抜き、お見事!
マツバ・豊美

4日目

コボン・ウェストリッジからスタート!

スカシテンジクダイの群がりの中でユカタハタがいい仕事してくれます。
ユカタハタ薫

エクスクイジタダートフィッシュのレインボー抜き!
レインボーエクスクイジタ達夫

たまたま後ろをブダイが通りかかり、背景がレインボーという奇跡の1枚!なのです。

インディアンサージダムゼルの幼魚。
ミヤコキセンスズメダイのインド洋バージョンですね。
インディアンサージ達夫

名前にサージ(うねり)と入っているだけあってとっても難しいシチュエーションの中、バッチリ撮っていただきました。

このダイビングで青い海ともお別れ。
イスズミ薫

最終ダイブは圧倒的な魚影のボンスーンレック!
水は少し緑色に濁ってますが、群れはすごいし、可愛い生物もいっぱい!

キンセンフエダイの群れに絡むネズミフグ。
IMG_8766.jpg

砂地には色とりどりのハゼたち。

フタホシタカノハハゼの『がおーっ』
フタホシ・豊美

メタリックシュリンプゴビーのヒレ全開!
メタリック・豊美

チョコチョコと動き回るワヌケヤッコの赤ちゃん。
どんどん奥へ逃げちゃうのですが、その綺麗な色彩もう少しみせてー
ワヌケ幼魚・達夫

下船前にみなさんで集合写真「パシャ」
_A3A1113.jpg

普通バージョンも載せておきますね。
_A3A1107.jpg

※クリックすると拡大されます。

今年もこの海でたくさんの笑顔が生まれますように。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

2017年もビッグブルーダイビングをどうぞ宜しくお願い致します!


※再生すると音楽が流れます

報告/TAKESHI, NAO, RYO, HOSSY, YURIKA, MASARU
写真/お客様より頂きました


タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルー
  1. 2017/01/03(火) 18:01:13|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD