Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.04.07-11 クルーズ報告

pawara7-11apr.jpg

一日目
①ウエストオブエデン
②アニターズリーフ
③ボルダーシティー
④ディープシックス

夜の出航時は、あいにくの小雨でしたが夜が明けて見ると予報どおりシミランはスカッと快晴。
最初のウエストオブエデンは船上からも水底がしっかり見えるほどの透明度。
朝からカスミアジやロウニンアジたちの激しい捕食シーンを見ながらのスタートでした。

二本目はこれぞTHEシミランというかんじのアニターズリーフ。
ここも超明度も抜群で、メインの根では今日もソフトコーラルがビッシリ。
ウミウチワの間には今日もクダゴンベ。
いつまでも潜っていたいと思わせます。
ピンクのイソギンチャクにいるクマノミたちも元気いっぱいでした。

三本目はボルダーシティー。
ここは水中にいくつか点在する隠れ根ポイント。
特大級の大きさはないものの岩のあちこちにウミウチワが群生していて、さらにその
周りには各種フュージュラーが群がっていました。
どこを見ても絵になりそうな風景がいっぱい
今日一番の魚影でした。

サンセットダイブはデープシックス。
流れを読みながらピンポイントで潜降すると、日暮れとともに岩場の周りに集まりつつあるフュージュラー
たち、その周りにはこれまたロウニンアジやカスミアジなどのハンター達もウヨウヨいます。
まさに狙い通りのタイミングで楽しめました。

二日目
①エレファントヘッドロック
②コ・ボン
③コ・タチャイピナクル
④コ・タチャイリーフ

二日目は朝一番でダイナミックな地形のエレファントヘッドロックを潜ってシミランを後にして
コ・ボンへ。

ボートクルーからマンタが二匹出ているらしいとの情報。
どこから現れるか?とあたりを見渡しながらやはりリッジの方へ。
リッジの辺りまで来るとさほど待つまでもなく現れてくれました。
ゆったりと泳ぎながら、私達の前でグルリと旋回してしばしショータイム。
泳ぎ去ったかと思うと、別の個体がやってきたりと今日も何固体か集まっているようでした。
ゲストのKさんも、今回の目的の一つであった大物マンタを見事当てられて大興奮でした。
おめでとうございます。

その後さらに北上してコ・タチャイへ。
激流の中、ロープを使って潜降。
しかしそのおかげで、中は凄い事に。
クマザサハナムロなどフュージュラー達が群れ群れでさらにロウニンアジやカスミアジ
の群れもウヨウヨいます。
ロウニンアジなどは触れそうなくらいの至近距離を通り過ぎていったりで大迫力。

最後のナイトダイブはのんびりゆっくりと浅瀬の棚で楽しみ本日の4本を終えました。


三日目
①コ・タチャイピナクル
②リチリューロック
③リチリューロック
④リチリューロック
朝一のコ・タチャイは昨日よりも流れも弱まり透明度もアップ。
グルリと潮辺りの正面まで行けました。
圧倒的な魚の群れが広がり、ロウニンアジやカスミアジの捕食シーン。
アタックするたびに逃げ回るフュージュラー達が目の前をビュンビュン泳いでいきます。
残念ながらレオパードシャークは現れませんでしたがコタチャイならではの魚影を楽しめました。


二本目以降はさらに北上してエリアNO1ポイントリチリューロック。
シーズン終盤にもかかわらず相変わらずボートがいっぱいでした。
やはり流れはありましたが透明度はなかなか良く、気持ちよく潜降。
流れの当っている側ではもちろん濃い魚影。さらにソフトコーラル地帯もポリプ前回でとても綺麗でした。
岩場で固有種のトマトクマノミや人気者のタイガーテールシーホース、フリソデエビなどしっかり見て回ることができました。
サンセットダイブでは昼間外側にいた魚達が岩場に近づいてきており、昼間に増して濃い魚影。
バラークーダなども手が届きそうな距離まで近づいてきてかえってドキリとするくらい。


四日目
①コ・ボン
②コ・ボン

最終日はコボンでもう一度マンタを見て終わりにしたいところ。
強い流れを予想しましたが、ほどほどでリッジの先端まで余裕で行けました。
やはりここでもカスミアジやロウニンアジの激しいハンティングシーン。
浅瀬の棚ではナポレオンを登場。
リッジの周りでどこから現れるかと待機していましたが一本目は時間切れ。

朝食を終えて、本トリップ最後のエントリー。
海の中は他のボートからも続々とダイバーがやってきて結構な人数になりました。
サーモクラインのせいでちょっと濁りだした中、ときおり「カンカン」と中途半端な音が聞こえるので辺りの気配を見渡して周りのダイバーの動きに注視。
するとサーモクラインの中から突然マンタが登場。
そのまま我々の前を横切りながらクルッとターンしてしばらくリッジの上でまたまたショータイムが始まりました。
こちらから動くことなく待っていれば何度かマンタのほうからやってきてくれて、かなり至近距離で見ることができました。
さらに先日よりもより近くより長い時間見ることができました。


今回のトリップも連日見事に晴れ渡り気持ちの良いクルーズとなりました。

報告/RYO



タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2012/04/12(木) 00:19:44|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/1534-10ec476c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD