Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.04.12-16クルーズ報告

一日目
①ウエストオブエデン
②ボルダーシティー
③アニターズリーフ
④ディープシックス

今回もスタートはウエストオブエデン。
流れもおだやかで慣らしに最適でした。
インド洋固有種のパウダーブルーサージョンフィッシュやインディアンフレームフェアリーバスレット
ブラックピラミッドバタフライフィッシュなどを眺めながらゆったりダイビング。
安全停止直前にはアオウミガメも登場。
No8.jpg
シミラン諸島No8上陸で美しいビーチを楽しんだ後はボルダーシティー。
流れがでだしたので岩陰に隠れながら慎重に。
流れのお陰で各種フュージュラー達は群れ群れ
隠れ根の間のボトムではリクエストのあったアンダマン固有種アンダマンダムゼル。
メタリックブルーの体色が鮮やかです。

三本目はうって変わって癒しポイントアニターズリーフ。
ピンポイントで潜降してすぐにメインの根へ向かいました。
砂地ではオーロラパートナーゴビー。
メインの根は今日もソフトコーラルがびっしりと美しく、、ウミウチワの間にクダゴンベ、穴からひょこっと顔を出してこちらをうかがっているハナダイギンポなどじっくりと眺めて回りました。
ハナダイギンポmika
ラストはディープシックスにてサンセットダイブ。
潜降後すぐに巨大オニカマスが登場し、さらにフュージュラなどが徐々に岸側に集まってきていましたが流れが強いので中盤から岩壁に隠れてながらのダイブ。
ここでも固有種アンダマンバタフライフィッシュやアンダマントリプルフィンなどをじっくりと。

二日目
①エレファントヘッドロック
②コ・ボン
③コ・ボン
④コ・ボン

シミラン諸島最後のポイントとなるエレファントヘッドロック。
ここでもちょうど潮どまりで楽々潜降。まずは深場でマッコスカーズフラッシャーラス。
今日は頻繁ではなかったのですがヒレ全開の姿をしっかり見れました。
そびえ立つ岩の周りでは相変わらずクマザサハナムロやイエローダッシュフュージュラー達がいっぱい。
最後に珍顔が可愛いシシマイギンポを見つけながら安全停止。

二本目以降はコ・ボンへ北上。
昨日もマンタが出ていたとの情報で今日も期待。
リッジでは相変わらず各フュージュラーが群れていてカスミアジやイケカツオ、マテアジなどがその周りで狙ってます。
マンタを待ちながら浅瀬の棚でエイブスエンジェルフィッシュにそっくりに擬態するアンダマンミミックサージョンフィッシュなどを観察。
今回も残念ながら一本目ではマンタは出ず。
マンタmika
次は必ずと願いながら再びエントリー。
キンセンフエダイの塊を横目に四方に目をくばりながらしながらやはりリッジ方向へ。
するとスーッと我々の横方向から現れてくれました。3mちょっとの小ぶりでしたが綺麗な個体。
ただ今日はなかなか深い所・・・しばらく浅い深度を保ちながらこちらに上がってこないかなぁと思いながら眺めていましたが、そのうちゆっくりとターンしながら浅いほうへ。
泳ぐ方向を見定めながら進んでいくと良いタイミングでこちらにやって来てくれました。
正面から、横からとしばらくマンタタイム。
かなりの至近距離で見ていただけたのでお客様も大喜びでした。

三日目
①リチェリューロック
②リチェリューロック
③リチェリューロック
④コ・タチャイ

三日目は朝一番からリチェリューロック。
まずは定番タイガーテールシーホース。今日は見やすいところにいてくれました。
さらにトマトクマノミやトラフケボリタカラガイなどなど。
タイガーテールmika

トマトmika
二本目では頑張って潮あたりのいいところへ。
ブラックフィンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダ、マブタシマアジ、オニアジの群れ、イエローバンドフュージュラーの群れに激しくアタックするギンガメアジ、ロウニンアジなどを楽しみました。
マクロものではマツカサウオの幼魚、リクエストのあったアンダマン固有種、アンダマンウバウオ、アンダマンドティーバックなどを見つけながら。
三本目ではアジのほかにバラクーダ加わった激しい捕食シーンも見ることができました。
最後はコ・タチャイにてナイトダイブでした。

最終日
①コ・タチャイ
②ボーンスーンレック

バラクーダmika
最終日の一本目はコ・タチャイピナクル。
程よい流れで、潮あたりの方向へ
ロウニンアジ、カスミアジ、ブラックフィンバラクーダの群れが次々と登場。
トリップ中最後となるポイントはボーンスーンレック。
これまでのポイントとは異質なポイントですが、エントリー直後からタイワンカマス、キンセンフエダイ、ホソヒラアジなどの群れに巻かれていまう濃い魚影。
周りの砂地ではハゼやジョーフィッシュ、セバエアネモネフィッシュなど。
12-16集合写真

今回のトリップ、夜になると必ず雨がやってきましたが朝になるとこれまたスカッと毎日晴れてくれました。
マンタもしっかり見れましたし、流れも全般的にどこのポイントでもほどほどで潜りやすいトリップでした。

Mさん写真提供ありがとうございました。
Sご夫妻、トリップ中での100本記念おめでとうございました。

個人的には今回が最後のクルーズ、今シーズンもありがとうございました。
次回で最後のトリップとなります。

写真/お客様から頂きました。
報告/RYO

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


  1. 2012/04/16(月) 19:20:18|
  2. タオ島
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/1538-6d1426dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD