Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2012.11.11-15 ハレルヤ号クルーズ べた凪絶好調。

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29 ℃
風/ほぼ無し
流れ/ポイントにより
透明度上/25m
透明度下/15m
1日目 
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウエストオブエデン

天候が不安定のカオラックから出発し
シミランへ!!
波はほとんどなく、ぐっすり眠っている間に到着。

早朝のシミランは天気も海況もベストコンディション(^o^)

1本目アニータズリーズ
最初から癒し系のダイブサイト。

hata.jpg

砂地にはムーミンのニョロニョロのようなスパゲッティガーデンイールがみんな同じ向きで口をパクパクします。
ボミーと言われる大きな岩にはソフトコーラルやカラフルな小魚が群れます。
イソバナにはクダゴンベがいます。とてもシャイな子なのでなかなか簡単に撮らさせてくれません、、、
ピンクのイソギンチャクとクマノミはまだ健在です!!

2本目はウェストオブエデン。
今回は前回見つけれなかったアイドル達を捜索!(◎_◎)
まずは深場にいるアケボノハゼをインド洋にいる個体は日本と違い
体色が紫と黄色で華やかです。
すぐそばに青のハナヒゲウツボが、、、
すごくお腹が空いていたのか近くにいるスカシテングダイを食べようと大きく口を開けていました。
今回は調子がよくあんまり見られないタツノイトコ?を発見!!
最初はゴミだと思いましたが動きがおかしかったのでじっくり観察すると
認識できました。笑


3本目 エレファントヘッドロック
お客様のリクエストでベラダイブ!!
ベラと言ってもクジャクベラでとても美しいです。

kujaku.jpg

でも動き回っているので撮影は困難(>人<;)

岩が重なり合っているので人が通れる箇所や記念撮影スポットもあります。
スイムスルーは上から光が差し込みすごくきれいです!

DPP07DC0B0F0C3837.jpg

他にアンダマンダムゼル、ハナダイギンポ、コホシカニダマシなどみました。

4本目はウエストオブエデンにてナイトダイビング。
ナイトダイビングは自分のライトを照らしているところだけが見るので
昼間より魚の色がきれいに見れます。
エビやカニなどは活発に動き始め、今回も大きなエビがいました。
チョウチョウウオは体色をかえて眠っていたり、
ミノカサゴはハンティングをいていました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボンウエストリッヂ
タチャイピナクル

ノースポイント
MV10001.jpg

カレントは穏やかでらくらく離れピナクルに到着。かくれんぼができそうなサイズのウミウチワの群生がダイナミックな景観で迎えてくれます。ロープ付近で安全停止しながらボートのほうに目をやると、水面で大きなアオウミガメがダイブデッキにいるダイバー達に愛想を振りまいていました。

ブレックファストベンド
MV10002.jpg

程よい流れの中をウミウチワとソフトコーラルが群生するエリアへ。ウチワに群がるキンギョハナダイやスカシテンジクダイの群れの中に、鮮やかな黄みどり色のガチャピンがのんびりくつろいでいました。。。(笑)

コ・ボン ウエストリッジ
マンタポイントとして有名なコボン、今年はまだマンタ目撃のニュースが聞こえてきませんが、それでも視線の端に大きな影が現れはしないかとソワソワしながら泳いでいきます。キンセンフエダイの群れ、迫力満点んぽコガネシマアジやカスミアジの捕食シーンなどを楽しむことが出来ましたが、残念ながらマンタは現れませんでした。 

コ・タチャイピナクル
 サンセットナイトダイブはかなりカレントがありましたが、ブイラインを使って潜行し、 
ほふく前進で潮表のエアポケットへ入ると、キンセンフエダイやイエローバックフュージラーなどが魚屋さんの生け簀状態です。龍宮城と呼んでいるエリアでは、スカシテンジクダイが群がるソフトコーラルがカメラダイバーのライトに照らされて幻想的な美しさでした。


3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目コタチャイピナクル
まずは竜宮城を目指します。

MV0005.jpg

色とりどりのウミトサカがびっしり付いてます。
スカシテンジクダイやグルクンの子供がグジャリと群れ
写真にするめっちゃきれいです。
前日はかなり強い流れでしたが、今回は程よい流れでカスミアジやマテアジの
ハンティングシーンをじっくり見て上がりました。

2・3・4本目はリチェリューロック。

MV0009.jpg

エントリーするとお花畑のようにソフトコーラルが群生します。
深場に行くと鮮やかな色のキンセンフエダイが群れ

MV0010.jpg

その下にはタイガーテールシーホースが目をくりくりさせてこちらを伺います。

MV0008.jpg

コブシメの交尾も見られました。
他にも固有種のトマトアネモネフィッシュ、ブラックフィンバラクーダ、ヨコシマサワラ、小さいロウニンアジなどなどみて上がりました。
サンセットのタイミングではピナクルにフュージュラーが壁のように群れていました。

4日目
コボンピナクル
ボンスーンレック

コボンピナクルの水底近くでは前回のトリップでレオパードシャークが出ているので、EANxチームは酸素薄めのミックスでディープダイブに備えます。ブイラインの無い深めのピナクルにフリー潜降し、水底に横たわっているかもしれない影を意識しつつ、黄色いソフトコーラルに覆われたピナクルをぐるっと半周。アジの魔法使いことYUTAKAがヒミツの技でカスミアジを集めると、ピナクルのすぐ近くまで群れが寄ってきてくれて、朝イチ大興奮の1本となりました。
MV0011.jpg


とうとう最後の1本、〆は魚影ナンバーワンのボンスーンレック。

キンセンフエダイ、ホソヒラアジ、ギンガメアジなどの若魚の群れが視界をさえぎって、バディーを見失いそうになるほど。。。今日が誕生日のゲストKさんと、99本で寸止め記念ダイブのSさんの記念撮影も、わざわざ魚影を避けて場所を選んだほどでした。

良い天候とステキなゲストの皆さんのおかげで、とっても楽しいトリップとなりました!
ああ次回のトリップが待ちきれません♪♪



報告/YUTAKA&ERI(ジンベエに会いたいブログはこちらをクリック
写真/お客様のご提供

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/15(木) 13:07:55|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/1719-f26db443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD