Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2014.1.28-2.1 ハレルヤ号帰港しました!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/27℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/10-25m

月日が過ぎるのは本当にあっという間ですね。
1月最後のトリップがスタートです。
今回は、どんなお魚との出会いがあるかな~☆

朝、目覚めたら青い海の上、そこはシミラン諸島に到着です。
少し肌寒さはありましたが、気持ちの良い朝を迎えました。

朝日を見ながらブリーフィング。
ダイビングスタートです!!

1日目
ウエストオブエデン
アニターズリーフ
エレファントヘッドロック
タートルロック

1本目 ウエストオブエデン
ウミウチワの街と呼ばれる名の通り、大きな形のよいウミウチワが沢山、岩肌についています。
そこには小さなエビやガラスハゼわんさか。

matsumoto-san001.jpg

ほかにも淡いピンク色のイソバナが太陽の光を浴びてとっても綺麗。
そこにヤマブキスズメダイの小さい子たちが元気いっぱい泳いでいます。

ハナダイを見るならここっと言わんばかりにたくさん群がっているところがあります。
そのなかにインディアンフレームフェアリーバスレットがより一層綺麗に見えました。

程よい流れにのりながらのダイビング、最後は浅場で岩の上のギンポたちを見てタイムアップ。

2本目 アニターズリーフ
青い海で真っ白な砂の上をゆっくり泳ぐのも大好きです。
大きな根にびっしりとキラキラした壁のようなスカシテンジクダイ。

そのなかにアクセントになる鮮やかな魚たち。
どこから撮る角度も絵になります。

yuko-san005.jpg

人気の高いクダゴンベ。
順番を待ちながらようやく見ることができました。

その根だけで1ダイブ過ごせちゃうから面白い。

3本目 エレファントヘッドロック
下から見上げた岩は水面まで到達していてダイナッミクな地形のここエレファント。

青光りの体色をもつアンダマンダムゼルを見たり、中層フュージュラーが群がっている奥から
カスミアジの大群を見たりと地形だけでなくお魚も沢山。

イソマグロの親子が私たちの周りをぐるぐる。
それを見ながら安全停止。

4本目 タートルロック
カメの形をした岩に夕日が沈むのをみながらナイトダイビングスタート。
岩の下でアオウミカメが寝る準備をしていました。

yuko-san001.jpg

いつまで経っても途切れそうにないタカサゴ達やマテアジの群れが私たちの横を泳いでいきます。

岩の上で誰かを持っているかのようにいたキイロのカエルアンコウ。
じっとしている姿がかわいかったです。
また会いに行きたいな♪

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
タチャイピナクル

空がピンク色に染まり美しい朝日。2日目のスタート!

朝1本目はノースポイントから。
まずは離れ根まで足を伸ばしてアケボノハゼのインド洋バージョンにご挨拶。

yuko-san003.jpg

スミスズブレニーそっくりな姿をしているインポスターブレニーが、
ガレ場をチョロチョロと動き回り、アンダマンドティーバックも可愛い姿を見せてくれています。

小さいタカサゴ達を捕食しようと大きなイソマグロやニジョウサバ、イケカツオが集まり、
水中は朝のざわめき感で溢れています。浅場ではタイマイにも遭遇できました!

暑い陽射しのなか2本目はスリーツリー。
癒しを与えてくれる場所がここにあります。

砂から頭をちょこんと出して辺りを伺うアンダマンジョーフィッシュ、
ふと上を見上げるとブラックフィンバラクーダの群れ。

yuko-san002.jpg

砂地で藻が動いたかな?と思いよく観るとタツウミヤッコの幼魚、
ドラゴンの様なカッコいいシルエットがこちらを見つめています。

エバンスアンディアスの鮮やかな色に癒され、
コウトウブが人の顔に見えるツボックスブレニーは観ているこちらも笑顔になります。

3本目はコボン・ウェストリッジ
壁一面にブルーのソフトコーラルが群生していて、
覗き込むと真っ赤なタテジマヘビギンポがちょこんといました。

スカシテンジクダイが大量に群れている場所では、
近くでカスミアジが捕食のために突撃のチャンスを伺っています。

パンダ柄がキュートなアンダマンスイートリップスや、
スポッテッドバタフライフィッシュ、シテンヤッコを観察して安全停止へ。

4本目は群れと大物狙いでタチャイ・ピナクル!
やや強めの流れを感じつつ潮当たりへと移動するとさっそくアジのシルエットが近づいてきます。

misa005.jpg

大きいカスミアジやさらに大きいロウニンアジ。

matsumoto-san005.jpg

misa-008.jpg

魚を集めるとマスク前の視界は青いクマザサハナムロで埋まります!
お魚の壁に包み込まれてゲストの皆さんは夢中にシャッターを切っています。

人気のイヤースポットブレニーは今日もダイバーに愛想を振りまき、
群れにマクロに大満足のサンセットダイブとなりました。

3日目 
タチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック サンセット

1本目 タチャイピナクル
朝一番のダイビング、海の透明度もまずまず。
クマザサハナムロやイエローバックヒュージュラーが入り混じり、
気持ち良さそうに泳いでいきます。

matsumoto-san003.jpg

バナナフュージュラーやキビナゴといった小魚を目掛けてマテアジが狩りの真っ最中。
目の前で行われるその様子は、迫力満点。

カスミアジの大群にも出会うことができました。
その上に一匹大きなロウニンアジ。

深度をあげていった先には、岩を多い尽くすスカシテンジクダイ。
朝の光を浴びてより一層キラキラしています。

matumoto-san005.jpg

流れがそこまでなく気持ち良い1本目となりました。

2,3本目 リチェリューロック

yuko-san004.jpg

オニアジの群れがアーチを描くかのように中層を泳いでいきます。
キンセンフエダイやホソフエダイが至るところで群れていました。

潮当たりのいいところではソフトコーラルがふあっと広がり、淡い紫色が綺麗。

matsumoto-san099.jpg

安全停止のサインを出した直後にブラックフィンバラクーダ登場。
今日のバラクーダは、水面から見れるのではないかと思うくらい水中高いところを泳いで
安全停止中、近くでじっくり見ることができました。
大きかったな~~。

4本目 リチェリューロック サンセット
岩の間を覗いてみると様々なエビ達が活発に動いていました。
昼間は、その姿をなかなか現してくれませんでしたが、夕方にやっとその姿を見せてくれました。
フリソデエビ君。

昼間に見る淡いむらさき色のソフトコーラルは、ぐっと色が深まり幻想的な感じでした。

4日目
コボンウエストリッジ
ボンスーンレック

1本目 コボンウエストリッジ
最終日の朝は、普段よりも少し早い、太陽が昇ったすぐ後にエントリー!

普段より少し濃い青が広がり、透明度も抜群!!
まずはキャベチコーラルの周りを泳ぐ、コラーレバタフライフィッシュや,
インディアンレッドフィンバタフライフィッシュなどカラフルなお魚をのんびり見ました。

リッジに向かって泳いでいくと、ツムブリやカスミアジ達がキビナゴの群れに次々と突撃!!
ダイナミックに朝ごはんを食べている姿を間近でじっくりと観察することができました!

終盤は、求愛でしょうか、岩の上でタコが2匹で並んでいました。、
ハナダイギンポのかわゆい顔に癒されながら過ごしました!

2本目 ボンスーンレック

bb0098_2014020223401183c.jpg

今日もボンスーンレックは魚・魚・魚!キンセンフエダイやホソヒラアジ、
ミナミギンガメアジの群れに巻かれて楽しんでいると、ハリセンボンやアカククリ、
ツバメウオもどんどん集まってきて、バディが見えないくらい魚だらけを満喫しました!

そして1m程あるタマカイが登場!ダイバーの近くにすり寄ってきてゲストのそばから離れようとしません。
カメラを向けても、俺をもっと撮ってくれ!と言わんばかりにカメラ目線!!楽しい時間を一緒に過ごしました!

もちろんメタリックシュリンプゴビーなどのマクロもじっくりと観察して、
なごり惜しいながらも最後のダイビングを終了しました!

今回も素敵なゲストのみなさん、様々なお魚たちと大盛り上がりのトリップとなりました!
ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!

hl17-2014ms.jpg

報告/emiko naomi masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からいっぱい頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/02/02(日) 18:10:52|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2081-e8597270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD