Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

第29回ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/少し
流れ/時々強い
透明度/15-25m

1日目
1本目アニータズリーフ
2本目ウエストオブエデン
3本目スリーツリーズ
4本目タートルロック 

素敵な朝日を見ながらブリーフィング開始。

DPP07DE031E102652.jpg

ほとんど波がなく太陽の道ができていました。

1本目アニータズリーフ
チェックダイブにもったいないくらいの癒し系ダイブサイト!!
深場の砂地にはムーミンのにょろにょろの様に首をなが~くしているスパゲッティガーデンイールがいます。緩やかな流れがあったのでみんな同じ方向でした。
ボミーと呼ばれている根には岩が見えないくらいのスカシテンジクダイで覆いかぶさっています。
まるで雪景色の様です。

DPP07DE031E102D04.jpg

最近カミソリウオが居着いていて前は1匹だったのが2匹に増えていました。

2本目ウエストオブエデン
メスにアピールするためかヒレを全開にして泳ぐマッコスカーズフラッシャーラスや背中に点々模様があるオトヒメウミウシがいました。

DPP07DE04020A0B10.jpg

浅瀬にはアカヒメジとノコギリダイのコラボレーション!!

3本目スリーツリーズ
真っ白な砂地にはほっぺたが赤いオーロラパートナーゴビーや顔を出してこちらを伺っているアンダマンジョーフィッシュ。
ゲストのリクエストでバタフライフィッシュを数種類見てきました。


2日目
ノースポイント
コボン・ウェストリッジ
コタチャイピナクル
コタチャイピナクル

ピンク色の朝日が上がり2日目のスタートです!

1本目はシミラン諸島最北端ノースポイント。
巨石のまわりにウミウチワが付いているダイナミックな景色です。

岩の隙間にはニシキフウライウオやキンメモドキ。
大きなイソバナの前のユカタハタを観察していると冷たい水が深場から上がってきました。

浅場では紫と黄色というゴージャスな色合いエバンスアンティアスが群れ、
水色のパウダーブルーサージョンフィッシュがペアで戯れていました。

そしてこのダイブで200本を迎えられたYさん!おめでとうございます!

DPP07DE0402093919.jpg

2本目はコボン・ウェストリッジ。
最近の旬は小さいタカサゴ達!砂嵐のような感じです。

それを捕食しようとアミメフエダイやカスミアジ、
ツムブリがアタック!大迫力のシーンを目の当たりにしました。

輝くブルーのアンダマンダムゼルやアンダマンバタフライフィッシュなど、
コボンの岩場は固有種の宝庫!

3、4本目はコタチャイピナクル。
直前に潜っていたスピードボートチームの報告ではマンタが2枚いるとのこと・・

静かに期待しながら潜降し、しばらくすると遠くから近づく黒い影・・・
大きなオニイトマキエイの登場です!!

Asuka (2)

2本と通してずーっと一緒に泳がせてくれたマンタ君。

ブラックフィンバラクーダの群れの後ろにマンタ君。

ツバメウオ30枚の手前にマンタ君。

taizo-san600.jpg

Tさん600本お祝いにも参加してくれたマンタ君。

なんとも贅沢すぎるダイビングをすることができました!

asuka-san009.jpg


3日目
コタチャイピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

夜に大雨が降りましたが朝には青空も見えて一安心。
昨日の興奮を胸にコタチャイへと潜降します。

流れや透明度、いまいちのコンディションですが、
群れや大物の登場を期待してじっと岩につかまります。

ふっと冷たい水が流れ去り、透明度もぐっと上がったので、
立体的なウミウチワや竜宮城と呼んでいるサンゴが素晴らしい場所まで移動。

大きなカスミアジが群れでやってきて、
バナナフュージュラーの大きな群れにアタックしていました。

2・3・4本目はタイが誇るリチェリューロック。
大物、群れ、マクロ、地形、サンゴなんでもありオールマイティーなサイトです。

songsull.jpg

今日もキンセンフエダイが大量に群れ、中層にはオニアジやタカサゴたち、
人気のタイガーテールシーホスやフリソデエビ。

「リリリリリン!」  ジンベエ出たか!?と緊張しましたが違いました。

大きなイカ、トラフコウイカがペアで砂地を泳ぎ、
その先には美しいマッコスカーズフラッシャーラスもいます。

トマトアネモネフィッシュのすぐ隣で穴から顔を出すモンハナシャコ。
一生懸命に砂を巣穴からかき出していました。

サンセットダイブでは小さめのロウニンアジが200匹ほどダイバーの目の前まで、
やって来てくれました。4本目タートルロック
お腹がサッカーボールのモンガラカワハギやいつもの場所から全く動かないクマドリカエルアンコウ。
ダイアナズホグフィッシュがペアーで産卵していました。

4日目
1本目コボンウエストリッヂ
2本目ボンスーンレック

1本目コボンウエストリッヂ
タチャイでマンタをじっくり見たのでゲストも僕も余裕がありました。
中層の回遊魚よりも水底にいるマクロの魚をじっくり観察。
穴から顔を出すハナダイギンポとフタイロカエルウオやメタリックブルーのアンダマンダムゼル。

DPP07DE0402093347.jpg

チョウチョウウオも充実していてコラーレバタフライ、インドミスジチョウチョウウオ、ファントムバナーフィッシュ、オウギチョウチョウウオなどを見てきました。 

2本目ボンスーンレック
最後のダイビングは魚だらけの沈船ポイント!!
どこ泳いでもフエダイやアジ、フグがいるのはすごい。
水底にいるハゼやウミウシを見ている時に上を魚が泳いでいます。
どれを撮るか悩むくらいです、、、時間はあっという間に過ぎて浮上。

hl29-2014.jpg
※ 写真をクリックすると大きい画像がでます。

今回は岡山からエポックダイブサービスさんをお迎えしてのトリップでした。
去年に引き続きカオラックへお越しいただきましてありがとうございました!



報告/yutaka masaru (マサル・ブログ随時更新中こちら
写真/お客様からいただきました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/04/02(水) 10:19:09|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2126-e0d2249e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD