Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2015.11.09-13 ハレルヤ号クルーズ報告!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/なし
流れ/時間により少し
透明度/15-25m 

こんにちは! 
日本人チームが参戦して2回目のハレルヤトリップをレポートいたします!
出港時には雨でしたが、翌朝目覚めるとシミランは快晴で暑いくらい!

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

nakanishi-san-blog-1-4sa (2)

1本目 アニータズリーフ
朝の一本目は透明度良好、流れもなく穏やかでとにかく気持ちいい!!
早朝にもかかわらず光が白砂に反射して水中がとにかく明るいです。

osawa-san-blog-1-2.jpg

パウダーブルーサージョンフィッシュやブラックピラミッドバタフライフィッシュなど、
はっきりした色の魚たちが特に美しく感じられたのではないでしょうか。
 
2本目 ウェストオブエデン
引き続き水面も流れも穏やか。

nakanishi-san-blog-1-2.jpg

前回のトリップではサージがきつくて見づらかった岩肌のギンポやウミウシも、
じっくり観察できました。水面休息中にはボートの周りにカメもやってきてくれました。

3本目 エレファントヘッドロック
こちらも流れは穏やかでしたが、魚影の濃さは相変わらずでした!
ガイドがフロートを使ってお見せするタカサゴショーの真の演出家は迫力満点のカスミアジ達。

osawa-san-blog-1-5.jpg

大きなアオウミガメを見たチームあり、
サービス満点のタイマイちゃんに遊んでもらったチームあり、
大きなオニカマスやイソマグロを見たチームあり、それぞれに一期一会があったようです。

nakanishi-san-blog-1-3.jpg

4本目 タートルロック
タートルロックに沈む夕日を眺めながらブリーフィングをしていると、
ボートの後ろにタイマイちゃんが遊びに来てくれて、
今日だけで水面と水中でトータル4匹のカメに会えた方も! 

osawa-san-blog-1-4.jpg

ナイトダイブでは夜間仕様になった魚たちや甲殻類たちの擬態を見破ったり、
じっくりウミウシを探したりするのも楽しいですよね~。

2日目
クリスマスポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

1本目 クリスマスポイント
ダイナミックな巨岩の絶景から何が出るかはわからないが、
当たるとスゴイこのポイントで朝一ダイブです。

あるチームはホワイトチップシャーク、あるチームは特大イソマグロ、
あるチームは丸々太った巨大オニカマス、またあるチームはシノノメサカタザメを目撃!!
 
最後は水面を埋め尽くすイエローバックフュージラーにまみれながら安全停止・・・大興奮の1本でした。

2本目 スリーツリーズ
シミランでのラストダイブは、強めの流れがあったので、
ぴゅーんと飛ぶようにドリフトダイブを楽しみました。

流れに乗りながらブラックフィンバラクーダの群れとのランデブーを楽しんだり、
生い茂るソフトコーラルに群がるスカシテンジクダイを捕食するユカタハタなど、
シミランらしい風景を堪能しました。

nakanishi-san-blog-1-4.jpg

3本目 コボン・ウェストリッジ
シミランを離れて北上していきます。
前回のトリップでは出ていませんが、コボンといえばマンタを期待しちゃいますよね!?
 
セカンドリッジから入ってジワジワウエストリッジに向かいます。

序盤からナポレオンフィッシュ、ツムブリとカスミアジの混成チームの捕食など、
動きのあるエキサイティングなシーンが目白押しでしたが、残念ながらマンタは現れず。。。

nakanishi-san-blog-1.jpg

4本目 タチャイピナクル
ほんのり薄暗くなり始めた水中は、息もつかせぬほどの魚影が迎えてくれます。

ブラックフィンバラクーダの群れにはじまり、100匹以上のカスミアジの大群、
ヒメタカサゴやスカシテンジクダイに覆われた美しいソフトコーラルの群生。
タテジマキンチャクダイの幼魚も見つかり、あっという間の1本でした。

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

1本目 コタチャイピナクル
美しい朝焼けを眺めてからエントリー。 前日より少し流れが強く、魚たちも大はしゃぎ!

ブラックフィンバラクーダの群れはますます増えてかなりの大群になっていました。 
でも近づこうとするとすーっと沖の方に引いて行ってしまいます。

いたるところでカスミアジやマテアジの迫力満点な捕食シーンが見られました。

2,3、4本目 リチェリューロック

nakanishi-san-blog-1-4sa (1)

透明度良好!!明るく青い水の中に、紫色のソフトコーラルに覆われた岩がそびえたちます。 
潮あたりはカスミアジ、キンセンフエダイ、ピックハンドルバラクーダなどの群れ群れ群れ!! 

nakanishi-san-blog-1-4sa (3)

岩の間をのぞけばカエルアンコウ、アンダマンウバウオ、昼寝しているタイマイなどがみつかり、
時間がいくらあっても足りません! 特にサンセットダイブの魚影の濃さはさすがです。

4日目 
コボンウェストリッジ
ボンスーンレック

1本目 コボン・ウェストリッジ
ちょっとひんやりするなーと思ったら、沖の方から襲来してきたサーモクラインの下は27℃! 
寒いのはイヤだけど、なにか大物を運んできてくれそうな雰囲気がむんむんです。

リッジの先端に向けて進んでいくと、フエダイの群れやツムブリの群れがい感じです。 
ブラックチップシャークを目撃した方もいらっしゃいました。 

昨年に比べてサメとの遭遇率が高いように思います。

2本目 ボンスーンレック
このポイントにしては良い透明度で、群れの向こうに群れまた群れが見えています。

沈船の隙間にはミノカサゴやテンジクダイたちが、周りにはカマスの幼魚やフエダイが、
中層にはハリセンボンやオニアジが群れ群れです! 

ジョーフィッシュのお父さんは子供たちに新鮮な水をあげようとお口あんぐり!
イクメンぶりを見せてくれました。

ギターシャークやブラックチップシャークが目撃されるなど、
今シーズンは大物に期待していいのでは!? と思わせてくれる良いトリップとなりました。
ご乗船頂いた皆様、ありがとうございました!! 

HL15group-1.jpg
※写真をクリックすると大きな画像が表示されます

報告/eri
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/11/13(金) 20:31:35|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2450-0eabe464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD