Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2015.11.27-12.01 第8回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々にわか雨
水温/26-29℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/10-25m

第8回ハレルヤ号クルーズに行って来ました。
海は穏やか、曇りがちでしたが過ごし易い天候でした。

僕は同じガイド業界で活躍されている大島のイエローダイブの古山さんのチームを担当させてもらいました。
以前にも一緒に潜った事があり同年代のガイドさんと一緒に潜りとても楽しく、またいろいろ情報交換をして刺激になる日々でした。

1日目、朝目覚めたら既にシミラン諸島のまっただ中。
青い海が目の前に広がります。

まずはアニタズリーフのソフトコーラルとスカシテンジクダイの風景に癒された1本でした。
ゲストにも大喜びして頂けました。

PB280076.jpg

水面休息を利用して美しいシミラン諸島のビーチへ遊びに行きました。

IMG_4242.jpg

2本目はウェストオブエデン。
エントリーすると凄いサーモクラインでニゴニゴ・・・
深場のベラ地帯へ以降としてましたが、予定変更して浅場でシシマイギンポやトウモンウミコチョウなどで遊びながらサーモクラインが引くのを待ちました。

落ち着いたタイミングで深場へ行ってハナダイやベラで遊びました。
浅場に戻る途中、ルボックスブレニー(イシガキカエルウオの外人)とタテジマヘビギンポが仲良く!?何かお話ししているように向き合っている写真をゲストが撮ってくれました。
可愛いですね〜(^_^)

PB280149.jpg

3本目、エレファントヘッドロック。
シミランでナンバー1の地形ポイント。
穴をくぐったり、ビルのようにそびえる巨石を見上げたり。

PB280231.jpg

PB280145.jpg

クジャクベラの外人さん、マッコスカーズフラッシャーラスなど見れました。

PB280180.jpg

4本目はサンセットナイトダイブ。
前半は日没前後の生態観察、ヒメゴンベの産卵シーンではゲストの写真に生まれたての卵が写っていました〜♪
でも、その写真をもらうのを忘れてました・・・(^_^;;

後半は古山さんの提案で最近流行のナイトトラップを試してみました。
ちょっと時間が早いのと、仕掛けの時間が短いのと、ダイブタイムの関係でナイトトラップとしては芳しい結果は出ませんでしたが、今後に繋がる可能性を感じました。

PB280259.jpg

2日目、シミラン諸島からコボン、コタチャイまでどんどん北上して行きます。

5本目はノースポイント。
シミランらしい岩の地形とソフトコーラルが混在する風景は相変わらず素敵でしたよ〜♪

PB290306.jpg

そして最近第4種目のハタタテハゼ属の魚とされたエクスクイジタダートフィッシュを見に行きました。
とても奇麗な色ですね〜!!
ちびっ子もいましたよ。

PB290288.jpg

今日もビーチ上陸。
人気の8番の島、バランシングロックのビュウポイントへ。
※クリックすると大きな画像になります。

IMG_4301.jpg

IMG_9962.jpg

IMG_4297.jpg

6本目はスリーツリーズ。
ザ・シミラン!という感じの真っ白な砂地で共生ハゼやジョーフィッシュと遊び、ソフトコーラルびっしりでスカテンまみれのサンゴの根で撮影大会でした。

PB290430.jpg

シリウスベニハゼのペアやミアミラウミウシ、ローランドダムゼル幼魚なども見れました。

PB280092.jpg

7本目はコボン、ウェストリッジ。
天文学的な数の小魚(スカテンや各種タカサゴ科の幼魚など)を狙ってキツネフエフキやツムブリ、カスミアジやコガネシマアジなどの混合部隊がど迫力の補食シーンを見せてくれました。

ガレ場では可愛いルリホシスズメダイの幼魚が大量発生中です。


8本目はコタチャイピナクルでサンセットナイトダイブ。
もの凄い数の各種タカサゴ科の帰宅ラッシュで魚群に巻かれ、ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの産卵シーンを見たりして楽しみました。

PB290447.jpg

PB290520.jpg

3日目、朝からコタチャイで潜り、いよいよリチェリューロックへ向かいます。

9本目はコタチャイピナクル。
昨日のサンセット〜ナイトとは違い、明るい中でのダイビングなので、同じポイントでも印象はまったく違います。
流れが入るポイントだけにソフトコーラルの元気さは半端ないです。

複雑な流れが入る場所には全方向対応のウミウチワが!

PB300477.jpg

10本目、リチェリューロック。
タイで一番人気と定評のある名ポイントです。
名前負けしない充実のダイブでした。

バナナフュージュラーをはじめ、いろんな種類のタカサゴ科が無数に群がっています。
潮当たりにはシェベロンバラクーダの群れとギンガメアジの群れが交差してコラボレーションしてました。
離れ根ではアカオビハナダイの雄が婚姻色を出して雌にアピールしていました。
大きなピックハンドルバラクーダの群れにも遭遇!

PB300530.jpg

ワイド目線でリチェリューらしい魚影の濃さを堪能する1本でした。

11本目もリチェリューロック。
今度はマクロ目線で楽しみました。

タイガーテールシーホース。
黄色いサンゴに黄色い身体を隠していました。
ゲストがカメラ目線でバッチリ撮って下さいました!

PB300583.jpg

この写真にはカエルアンコウが2匹写っていますが分かるかな〜!?

PB300596.jpg

トマトアネモネフィッシュの幼魚。
成長とともに白いバンドが薄れてきて困った眉毛のようになっていて可愛いですね。

PB300653.jpg

12本目はサンセットのリチュリューロック。
昼間とは違う雰囲気のダイビングになります。
エントリーすると帰宅ラッシュのお魚が根の周りに渦巻いていました。
僕の特注の1.2mm〜5mm径のスヌートセットを古山さんに使ってもらいオオミナベトサカのポリプやトラフケボリを美しく撮ってくれました。

PB300868.jpg

PB300902.jpg

4日目はコボンとボンスーンレックです。

13本目、コボンのウェストリッジで潜りました。
僕のチームはリクエストにお応えしてスポットフィンアンティアス(ホカケハナダイの外人さん)を見に行きました。
エントリーすると透明度抜群!
流れも程よく、水底がくっきり見えます。
マッコスカーズフラッシャーラス(クジャクベラの外人さん)がぎゅ〜っと集まって奇麗なヒレを開けていました。
これはかなり良い条件ですよ〜とスレートに書いたくらい。
そして満を持してお目当てのスポットフィンアンティアスが登場!
っと、思いきや、それと同時にもの凄いサーモクラインが発生し、強い流れでその場にとどまるのに必至な状況に・・・
とても写真に撮る余裕も無くなんとか目視で確認したら、水深を上げてサーモクラインから脱出しました。
たったの5m程浮上するだけで嘘みたいに穏やかな水域へ。
その後はのんびり群れを楽しむダイビングでした。
相変わらずのツムブリやキツネフエフキの大群が小魚を狙って土迫力のハンティング!
ナポレオンも登場!!
とっても内容の濃い〜楽しい1本でした。

いよいよ最終14本目のダイビングはボンスーンレックです。
カオラックからすぐの場所にあるので、これまでの青い海とは違い、マレー半島本土から流れ込む河川の影響もあり緑色に濁っていますが、魚影の濃さ、魚の種類はリチェリューやコタチャイにも退けを取りません。
最後に一風変わった環境で潜るのでゲストも新鮮で喜んでいただけました。

メタリックシュリンプゴビーやフタホシタカノハハゼの黄色個体、卵を咥えたジョーフィッシュ、リスベキアプルケラ(ウミウシ)、アシビロサンゴヤドリガニ、極小のガラスハゼなどなどマクロで遊んだり、アジやカマス、フエダイ、タカサゴ等のいろんな群れにぐちゃぐちゃに巻かれてお腹一杯のダイビングでした。

予定通りカオラックへ戻り、今晩はみんなで美味しいムーカタ鍋で打ち上げです!

PS. 伊豆大島で潜るならイエローダイブさん、お勧めですよ〜!

報告/TAKESHI
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/12/01(火) 17:44:42|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2470-e18f1827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD