Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2015.12.02-12.06第9回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ時々にわか雨
水温/26-29℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/10-25m

12月に入りましたが、まだ夕立が降ることの多いカオラックです。 
出航日も降りましたが、ゲストの皆さまが乗船されるころにはすっきり晴れてくれました。

1日目
アニータズリーフ
透明度も上々! 明るいリーフにパウダーブルーサージョンフィッシュなどのカラフルな魚が映えます。点在するソフトコーラルいっぱいの根の周りには、まだまだたくさんのスカシテンジクダイが華を添えます。
アニタ2

今シーズン大発生中のトウモンウミコチョウもあっさり見つかりました。
トウモンウミコチョウ

ウェストオブエデン
別名シーファンシティー(ウミウチワの街)と呼ばれるだけあって元気なウミウチワが沢山あります。
ウミウチワの街2

岩場から潜降し、チャネルを沖の方に向かっていくとほどなくグリーンモンスターの襲来。。。おかげで中層から水面近くまで散らばっていたタカサゴ科の魚たちが一斉に水底近くに大集合し、視界いっぱい黄色になるシーンも。
イエローバック

後半にはアオウミガメが現れてくれて、むしゃむしゃソフトコーラルを食べるシーンなどを観察できました。
小さなサンゴの根に凄い密集度のギンポ&ヘビギンポがいました。
奇麗なソフトコーラルを背景に撮って頂きました。
タテジマヘビギンポ

エレファントヘッドロック
巨岩の織り成す地形はシミランでも指折りのカッコ良さです。お決まりの顔出し記念撮影コーナーの後、ワヌケヤッコなどを見たりしながらスイムスルーをくぐってシミランらしい岩の地形を楽しみました。
エレファント地形

深度を上げつつ丸ビルのような巨岩を見上げながら行くと、大きなイソマグロが3匹並んで泳いでいきました。
DSC_8880.jpg

アニータズリーフ
とっぷりと日も暮れてしっかり暗くなってからのナイトダイブ。
昼間のお馴染みさんの寝姿を観察するのも楽しいですし、夜行性の魚や甲殻類は隠れ家から出てきて活発に動き出します。鞭のようなひげをゆっさゆっさ言わせながら這っていたロブスターはあまりにも立派過ぎて、日本でだったらいくらするかな。。。なんてつい考えてしまいました。

2日目
ノースポイント
潜降を始めてすぐに、だれかが鈴を鳴らしている音が聞こえます・・・ レオパードシャークでした!! 寝ていたところを起こしてしまったのか、岩をぐるっと回って去っていくところを目撃出来ました。 体を揺らして泳ぐので、長いしっぽが印象的でした。
トラフザメ-2

スリーツリーズ
透明度抜群!
元気なイソバナの周りにはスカシテンジクダイがたくさん群れていました。
これぞ、ザ・シミラン!という風景ですね。
DSC_8959.jpg

リーフから砂地に降りてまずはアンダマンジョーフィッシュなどを探します。やや流れていたので、あとはリーフを流れながら散策しようと引き返そうとすると、小さいながらもホワイトチップシャーク登場! その直後にキヘリモンガラのテリトリーにはいってしまったらしく、追いかけられて沖の方に逃げていきました。

コボン・ウェストリッジ
潜降して先端の方に向かう途中、物凄い群れに出会いました!大量のツムブリ、キツネフエフキ、コガネシマアジがぎゅうぎゅうに密集して私たちの方に向かってきます!四方を囲まれてあまりの迫力にシャッター押すのも忘れてあっけにとられて眺めてしまいました。 中盤に差し掛かったころ、激しく鈴が鳴る音がしたので、でかいの出たか?!と、鈴を鳴らしたであろうダイバーに視線をやると、グーをおでこにあてたナポレオンのサイン。うぅ~ん、そんなにはしゃがなくても。。。と思ってしまいましたが見て納得!! 優に一メートルを超える特大の個体でした!!

コタチャイリーフ
流れが強く、安全のためにピナクルを断念。。。 リーフはピナクルの激流が嘘のように穏やかでした。 特筆すべきはスカシテンジクダイの多さ! あたり一面スカシテンジクダイのプールのようで、とても幻想的でした。

3日目
コタチャイ・リーフ
激流がおさまらず残念ながらまたピナクルは断念。 昨夜よりも北側の方からエントリーしました。潜降してすぐにパウダーブルーサージョンフィッシュが小さいながら玉になってくれています。立派なテーブルサンゴにはびっしりとインディアンダッシラス。まるでミニミニパンダが野原でかくれんぼしているみたいでした。

リチェリューロック

2本目からサンセットダイブまでの3本は本命ポイント・リチェリューロック。
まず最初は潮表で魚影をたっぷりと楽しみました。

魅力がギューっと凝縮されたリチュエリューロック。
一枚の写真にいろんなものを詰め込めます!
12307533_993281914069888_2288511797069770066_o.jpg

トラフコウイカの求愛〜産卵も見られました。
12314662_993282047403208_794190960554449280_o.jpg

3本目では固有種のトマトクマノミとタイガーテールシ―ホースをじっくりと。
タイガーテールシ―ホースは例年に比べ比較的浅い場所にいたのですが、ソフトコーラルの奥深くでちょっとうつむきぎみ。
ゲストの皆さんも撮影にはちょっと苦戦されました。
2015_1205PL3_01.jpg

最後のサンセットは、狙いどおりのタイミングでエントリー。
日暮れが近づき、中層から根に集まりつつあるフュージュラーを追っかけまわすホシカイワリ、マテアジ、外側ではオニアジ、ギンガメアジ、マブタシマアジ、インドカイワリとアジ祭り。
バラクーダは脇役のように群れていました。

2015_1205PL7_20.jpg

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日一本目はコ・ボン。
定番のハマサンゴ周辺は今日もスカシテンジクダイたちでキラキラ状態。

そこへツムブリの集団捕食が突っ込んで来たり、すっちゃかめっちゃか。
さらにキツネフエフキ軍団も負けじと凄い数で群れていました。


最終ダイブは今回もボンスーンレック。
透明度が良く、潜降しながら全体が見渡せるくらいです。
そしていつもの大量の群れたち。
テルメアジやキンセンフエダイ、タイワンカマスの群れたちが今日もぐっちゃり。
刻々と形を変える群れはダイバーを夢中にさせて時間を忘れてしまいます。
12362697_993366184061461_3425931149375602594_o.jpg

12307387_993366134061466_8647048869304574867_o.jpg

DSC_9428.jpg

今回は沖縄ダイビングサービス潜水屋さん御一行様をはじめ、半数近くが日本人ゲストで賑やかなトリップとなりました!

報告/TAKESHI ERI RYO
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2015/12/07(月) 00:02:22|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2475-a945093b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD