Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2016.04.14−04.18 第34回ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/27℃ -29℃
風/全日ほぼ無し
流れ/ところにあり
透明度/1-20m


1日目
1アニータズリーフ
2ウェストオブエデン
3タートルロック
4ドナルドダックベイ

いつも通りアニターズリーフから慣らしの一本目。
先月までは、アジなどに捕食されてすっかりいなくなっていたスカシテンジクダイの幼魚が再び増えてきました。
フュージュラーの幼魚と合わさって根のまわりはキラキラ。

幼魚と言えば各種スズメダイやカエルウオの仲間の幼魚も大量発生中です。

P4150073.jpg

フタイロカエルウオ

ルボックスブレニー

朝食を食べてゆっくりした後はウエストオブエデン。一本目もそうでしたがうねりが入ってます。

クジャクベラの幼魚もいたるところで見られます。
P4160153.jpg

エクスクイジタダードフィッシュが大サービスで全然引っ込まなくて撮りたい放題でした。

IMG_5333.jpg

安全停止中にはシシマイギンポと遊びました。
20160415-2Q1A0171.jpg

ますますうねりが強くなってきたため、予定していたエレファントヘッドロックは中止。
うねりをさけて今回は早めにドナルドダックベイへ。
湾の中は穏やか、のんびりとエントリー。
タートルロック名の通り、タイマイに会えました。

またまたええところにヤマブキスズメのちびちゃんが!
20160415-2Q1A0200.jpg

最後は再びタートルロックでサンセットダイブチームとナイトダイブチームに分かれて。
エントリーしたらまたまたタイマイに遭遇。
ナイトダイブではじっくりゆっくり求愛や産卵などの生態観察など楽しみました。


2日目
5ノースポイント
6スリーツリーズ
7コボン・ウェストリッジ
8コタチャイ・ピナクル

予定通りノースポイントから。

透明度があまり良くなく、流れも強いため、離れ根の方へは行かず、安全第一でメインの根の周りでじっくりゆっくり地形やマクロネタを堪能しました。

写真の中にタツノイトコがいるの分かるかな〜!?
IMG_5384.jpg

いよいよシミランでの最後のダイビング。
ここまでずっと透明度が悪くて流れも強く、シミランらしさが出せていなかったのですが、最後の1本はシミランらしい青い穏やかな海だったので、ゲストも大満足でした。
スリーツリーズは程よい流れの中を気持ちよくドリフト。
途中の砂地で立ち止まりながら、アンダマンジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビーなどじっくりと。
20160416-2Q1A0296.jpg

浅場のリーフへ上がっていく途中にローランドダムゼルの幼魚を撮影したりしていると、マンタが頭上を通過。
P4160191.jpg

シミランを後にしたらどんどん北上して今、マンタ絶好調のコボンです。
無線情報ではマンタが朝からずっといるとのこと。さっきはチラ見だったマンタ。こんどは全チームみんなで揃って見たい!
シミランに比べると濁っていましたがその濁りが雰囲気だしてます。
リッジで待機しているとやって来てくれました。
黒ぐろとしたロウニンアジを引き連れ、堂々の風格。濁っていてもぶつかりそうなくらいの距離まで近づいてきてくれました。
[広告] VPS


最後はコタチャイピナクルでサンセットダイブ。

そして一日の締めくくりはコタチャイビーチに上陸してビールで乾杯!
20160416-IMG_4624.jpg


3日目
9 コ・タチャイ・ピナクル
10リチェリューロック
11リチェリューロック
12リチェリューロック 

朝のコタチャイピナクルは昨日のサンセットより流れがあたっており、フュージュラーがぐっちゃり群れていました。

コタチャイを後にしたらいよいよリチェリューロック。
いつも通り残りの3本をここで潜ります。
透明度はイマイチでしたが、いつもに増しての濃い魚影。
特に、ギンガメアジやマブタシマアジ、オニアジなどアジが凄かった!

20160417-IMG_4731.jpg

20160417-IMG_4776.jpg

IMG_5530.jpg

マクロも熱い、リチェリューロック!

イザヨイベンケイ。
20160417-2Q1A0363.jpg

トマトクマノミ。
20160417-2Q1A0434.jpg

ベニハゼもいろいろいました。
20160417-2Q1A0417.jpg

ニシキフウライウオ。
IMG_5490.jpg

タイガーテールシーホース。
P4170464.jpg

アンダマンウバウオ。
IMG_5582.jpg

他にもいろいろ見れて大満足のリチェリューロックを満喫しました〜♪


4日目
13コボン・ウェストリッジ
14ボンスーンレック

最終日はやはりここコボン。
もう一度マンタに会って締めくくりたいところです。

相変わらず透明度はいまいちなのですが、目の前がまっ黄色になるくらいイエローバックフュージュラーの壁の様な群れに見とれていると・・・

P4180607.jpg

出た〜っ!
フュージュラーの壁を押し分けてオニイトマキエイの登場!
体幅4mほどの巨大なオニイトマキエイ3枚が目の前でグルグル回ってくれました。
ゲスト撮影の動画も大迫力!
[広告] VPS


IMG_5644.jpg

そして最後のダイビングはボンスーンレック。
あまり透明度の良くないトリップでしたが、このダイビングがワーストでした。
というか、過去最悪の透明度で1m先が見えないくらい濁ってました・・・
なかにはエントリー直後にダイビングをキャンセルしたチームもありましたが、マクロ大好きなTAKESHIチームはニゴニゴの中でみっちり1時間潜りました。笑
ジョーフィッシュやメタリックシュリンプゴビーなどを撮影する事ができました。

P4180631.jpg

20160418-2Q1A0460.jpg


本クルーズ中にアドバンスコースを受講されたSさんがめでたくNee Advaced Diverに。
今回、初クルーズで初マンタ。重ね重ねおめでとうございます!

2016041818454969d.jpg

そして最後のご報告・・・

長らくビッグブルーを盛り上げてくれてきたスタッフのエリ坊がビッグブルーを卒業することになりました。
出会ってから15年、途中抜けていた時期時期を差し引いても通算で10年以上一緒に働いてきた戦友のような仲間です。
これから実家のある山形で暮らす事になりますが、また『エリ坊と行くタイ食い倒れツアー』なんか組んでタイに遊びに来てくれると思います。
本当にお疲れさまでした。
長い間ありがとう、エリ坊!

20160418184543519.jpg

20160418185513751.jpg
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

報告/TAKESHI、RYO、ERI
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2016/04/18(月) 23:06:28|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2613-08f9eebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD