Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2016.11.03-07 カオラックシーズンはじまりました!ハレルヤクルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/時間により晴れや曇り時々雨
水温/28-29℃
風/なし
流れ/程よく
透明度/12-30m

この日を楽しみにしていたお客様が、ヨーロッパから、アジアから、
そして、もちろん日本からカオラックに続々と集合し、
真っ白なハレルヤ号が次第に賑やかになっていきます。

お待たせしました!

日本人チームとしては第1回目の、
欧米人チームとしては4回目のトリップが今はじまります!

1日目
アニータズリーフ
ウエストオブエデン
エレファントヘッドロック
タートルロック

船の上から見る、アンダマン海は限りなく透き通った水色。
水面からもお魚たちの様子が見える!見える!

よしろさん1日目 (1)

1本目はカラフルな水中風景が広がるアニータズリーフからスタートです!

_MG_0023.jpg

オレンジ色のウミウチワ、薄紫色のソフトコーラル、
その背景を彩る真っ赤なユカタハタ。
これぞシミラン!という景色がここにあります。

よしろさん1日目 (3)

ブラックピラミッドバタフライフィッシュ(通称ブラピ)や、
インディアンフレームフェアリーバスレット、
パウダーブルーサージョンフィッシュなどなど、
久しぶりに再会するインド洋の固有種たち。

_MG_0018.jpg

半年の間、誰も入らなかったこの海、
魚たちが生き生きしているのが伝わってきます。

シミラン諸島4番のプリンセスベイへの上陸を挟んで、
2本目はウェストオブエデン。

巨石にいっぱい付いているウミウチワは圧巻です。

_MG_0065.jpg

プラウェイラスやマッコスカーズフラッシャーラスといった、
美しいベラたち、大きなイソマグロがおもむろに目の前を通り過ぎ、
あっちも、こっちも、そっちも見たいお魚だらけなのです。

_MG_0079.jpg

アケボノハゼのインド洋版Exquisite dartfishも。

コラーレバタフライフィッシュやシシマイギンポなども見ることが出来ました。

3本目は巨石の間をすり抜けるエレファントヘッドロック。
やや流れを感じつつ潜降します。

すぐにダイバーを迎えてくれたのはムレハタタテダイ。

やや流れがあり、潮当たりへは移動できませんでしたが、
アカヒメジやマルクチヒメジ、
インディアンバガボンドバタフライフィッシュも観察しました。

4本目はタートルロックにてサンセットダイブ。
このポイントは流れもなく、じっくりとお魚ウォッチングや、
生態観察をすることができ人気です。

_MG_0082.jpg

ブラウンピグミーエンジェルフィッシュやエイブルスエンジェルフィッシュ。
ヒナゴンベにタテジマキンチャクダイの求愛や産卵を観察したチームも。

大きなシャコガイの中を覗くとアンキストゥス・デマンイがペアでいました。

_MG_0090.jpg

夕方~夜にかけての、捕食や求愛といった
魚たちのザワザワ感が伝わってくる1本となりました。

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

2日目はノースポイントからスタート。
朝の柔らかい日光が差し込む中、気持ちよく潜降です。

義人さん2日目 (3)

立ち並ぶ大きなウミウチワ、迫力満点の景色です!

コラーレバタフライフィッシュの群れを見ていると、
タイマイがダイバーの目の前を通って水面へ。
義人さん2日目 (12)


岩の隙間には水玉模様のアンダマンスィートリップスが、
流れに身を任せて、ふわりふわりとたたずんでいます。

義人さん2日目 (4)

このダイビングで100本記念を迎えられたMさん
おめでとうございます!!

朝ごはんの後はシミラン諸島8番に上陸です!

IMG_1052.jpg
※ クリックすると大きく表示されます

2本目は癒し系のスリーツリーズ。
真っ白な砂地を泳ぐと、空中をふわふわと飛んでいる気持ちになります。

3 (2)

オーロラパートナーゴビーやアンダマンジョーフィッシュ、
シリウスベニハゼが可愛い顔でこちらを見つめています。

義人さん2日目 (7)

_MG_0164.jpg

浅場に戻り、エバンスアンティアスやノコギリダイ、
ルボックスブレニーをじっくりと観察して安全停止をしました。

義人さん2日目 (10)


3本目はコボン・ウェストリッジ。

今シーズン1回目のクルーズということで、
昨シーズンまでとの違いが気になるのですが、
モルジブズスポンジスネイルの多さに驚きです!

インディアンスモークエンンジェルフィッシュや、
インディアンミミックファイルフィッシュ、
このサイトのガレ場は固有種の観察にもってこいです。

4本目はコタチャイ・ピナクルにてサンセットダイブ。

義人さん2日目 (13)

エントリーしてすぐに視界を覆いつくす、
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロ。

カスミアジやブラックフィンバラクーダ、
群れ、群れ、群れ、この言葉がぴったりです。

のぶひろさん2日目 (1)

3Dと呼んでいる、立体的なウミウチワは今シーズンも健在です!
存在感のある格好良いそのシルエット。

日が傾くにつれて、どんどん濃くなる魚影に圧倒さました!!

DSC06220-3.jpg


3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック(サンセット)

朝1番はコタチャイからスタートです。
まずダイバーたちを迎えてくれたのはイエローダッシュフュージュラー。

大きなイソバナの、その存在感。
そこを通るダイバーの目が釘付けになります。

穴からちょこんと顔を出すイヤースポットブレニーに心が癒されます。

IMG_1260.jpg

かなりの数のバラクーダと一緒に安全停止。
潜降から浮上までお魚たちのオンパレードです。

よしとさん3日目-1-2

そして、このダイビングで100本記念を迎えられたNさん。
おめでとうござます!! 

2・3・4本目はタイが誇るリチェリューロック。
透明度は若干落ちますがその分、プランクトンで一杯です。

よしとさん3日目-1-7

キンセンフエダイやブラックフィンバラクーダ。
小さいタカサゴを捕食しようと走り回るマテアジ。

真っ青で可愛いタテジマキンチャクダイの赤ちゃん、
ミナミハコフグの赤ちゃんも愛くるしい目でこちらを見てきます。

よしとさん3日目-1-13

よしとさん3日目-1-12

ソフトコーラルで覆いつくされたこのサイト、
どこを見たらよいのか、迷ってしまうほどです。

よしとさん3日目-1-8

_MG_0308-2.jpg

お二人そろって200本記念を迎えられたFさんご夫妻。
おめでとうございます!!

4本目のサンセットダイブでは、さらに密度を増す魚影。

中層をカーテンのように覆いつくすタカサゴたち、
それを捕食しようとロウニンアジやホシカイワリ、ツムブリ。

_MG_0379.jpg

トラフコウイカやモンハナシャコ、イザヨイベンケイハゼ、
trinchesia sibogaeやツバメウオも観察することが出来ました。

IMG_1326.jpg

IMG_1282.jpg

よしとさん3日目-1-15

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンロック

最終日の1本目はコボン・ウェストリッジ。
抜群の透明度の中、気持ちよく水底へと降りていきます。

よしとさん最終日-1

ピンク色のソフトコーラルの隙間から顔をだしているのは、
真っ赤なタテジマヘビギンポ。

隣り合った2つの穴から顔を出しているのはタコ2匹。
求愛しているところを、お邪魔してしまったかもしれませんね。

ナポレオンやエイブルズエンジェルフィッシュ、
イヤースポットブレニー、ワヌケヤッコなど、
このサイトは次々と色々なお魚を観察することができます。

最終ダイブは沈船ボンスーンレック。

魚影が凄いサイトだけに透明度はもともと良くないのですが、
エントリーして水中を覗くとブルー!透明度抜群!
と思いきや、綺麗なのは水面だけで、下はいつもの感じw

濁りはありますが、前が見えないほどの圧倒的な魚影です。

アジやフエダイ、タカサゴにテンジクダイ、
様々は種類のお魚たちが「ぐっちゃり」と群れています。

よしとさん最終日-1-2

砂地で出会ったトラフコウイカ、ダイバーを警戒しながらも、
じっとしていてくれたので、目の前でじっくりと見ることができました。

ハニカムモレイやキイロウミウシ、
手のひらサイズのゴマモンガラなどを観察して安全停止。

色々なタイプのダイブサイトを潜った14本のトリップも、
これにて終了です。

まもなくハレルヤ号は港へと着岸して、
ゲストの皆さんはそれぞれの行き先の違うタクシーに乗ります。

世界中からダイバーが集まり、一緒に4日間を過ごして、
仲良くなって、またそれぞれの日常へと戻っていく。

こんな素敵な出会い、一期一会が、今シーズンもいっぱいあるのです。

みなさんのご乗船をタイ・カオラックにてお待ちしております。

ご参加して頂いた皆様、ありがとうございました!!

HL4-2016-1
※ クリックすると大きく表示されます

報告/Takeshi.Hossy.Yurika.Masaru.Tsuyoki
写真/お客様からたくさん頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2016/11/07(月) 23:59:39|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2820-4798c005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD