Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2017.01.14ー01.19第17回 ハレルヤ号クルーズ報告

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/全日ほぼ無し
流れ/ところにより少し
透明度/7--30m

HL17 group 2017-1-4

1日目
1本目アニターズリーフ
2本目ウェストオブエデン
3本目エレファントヘッドロック
4本目タートルロック

お正月気分も過ぎ去り早いもので1月も半ば。
しかしこれからがアンダマン海のハイシーズン。

今回もご参加頂いた半数以上が日本人ゲスト。

イ・テリオス ダイビングサービス西表島さんをお迎えし、
リピーターさんも多く嬉しい再会に盛り上がりながらの出航でした。

初日、通常通りシミラン·ウェストオブエデンから。
相変わらず穏やかで癒やされます。

kokubu-san-1-2.jpg

可愛い目に癒されるクマノミ君。
水玉模様のアンダマンスィートリップス。

kokubu-san-1.jpg

ここにきて少なかったスカシテンジクダイが少しづつ増えてる気がします。
まずはゆったりと透明度抜群のコンディションで慣らしていただきました

朝食を食べて島散策。
※集合写真や記念ダイブなど、みなさんで映っている写真は、
  クリックすると大きいサイズで表示されます。

HL17 group 2017-2-1

HL17 group 2017-1-3

HL17 group 2017-1

HL17 group 2017-1-2

2本目はウェストオブエデン。
こちらも穏やかで透明度良好。

kokubu-san-1-3.jpg

深場でインド洋版アケボノハゼ exguisitusdartfish をチェック。
背ビレをビンビン立てながらご機嫌よさそう。
渋い色合いのコラーレバタフライフィッシュ。

yamamoto-san-1-3.jpg

浅場へ上がっていくと大きなイソマグロが数匹ウロウロ。

yamamoto-san-1-2.jpg

ランチの後の3本目はエレファントヘッドロック。
ここでは少し透明度ダウン。

しかし強すぎず、弱すぎずなちょうどいい感じの流れがあたり,
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロたちが群れていました。
いつも見かけるオニカマスも浅いところでゆったりホバリング。

otaki-san-1.jpg

最後は、サンセットチームとナイトチームに別れてエントリー。
ベニチョウチョウウオやインディアンダッシラスやセボシウミタケハゼ。

kokubu-san-1-4.jpg

kokubu-san-1-5.jpg

kokubu-san-1-9.jpg

日没のタイミングに合わせたチームはヒメゴンベや、ロングバーベル・ゴートフィッシュ、
ブロウンピグミーエンゼルフィッシュの求愛シーンをバッチリとらえていました。

kokubu-san-1-8.jpg

otaki-san-1-2.jpg

スカシテンジクダイの奥から出てきたのはユカタハタ、
渋い姿を観察して安全停止へと入りました。

kokubu-san-1-7.jpg

初日から地形・サンゴ・生態などなどフルコースで楽しむことができました!

kokubu-san-1-10.jpg

2日目
1本目ノースポイント
2本目スリーツリーズ
3本目コボン
4本目コタチャイ

二日目も快晴の朝を迎えました。

yamamoto-san-1-5.jpg

ノースポイントは豪快な岩を巡りながら、コラーレバタフライフィッシュを観察したり、
前回のトリップから情報でニシキフウライウオを探してみました。

otaki-san-1-3.jpg

ヤギに同化するようにうまーく隠れていましたが見つけることができました。
さらにいつもいるタツノイトコも。

yamamoto-san-1-4.jpg

カスミアジがスカシテンジクダイを捕食しようと、
泳ぎ回っているとことも観察することができました。

kokubu-san-1-14north.jpg

このダイブで200本記念Yさんおめでとうございます!
胴上げでお祝いしました!

HL17 group 2017-1-6

朝食の後は8番の島に上陸。
ビューポイントからの眺めはいつ来ても最高です。

HL17 group 2017-1-5

シミラン最後のポイントは、やはりここスリーツリーズ。
リーフから砂地へとつづく景色が一望できる透明度。

kokubu-san-1-12.jpg

入ってすぐに群れていたのはアカヒメジ。

kokubu-san-1-13.jpg

アンダマンジョーフィッシュやオーロラパートナーゴビーを見ていたその上では、
ムレハタタテダイや各種フュージュラーたちがいっぱい。

yamamoto-san-1-7three.jpg

このダイブで100本記念!Oさんおめでとうございます!

ランチを食べながらコボンへ
前回のトリップではマンタがでましたが、はたして今回は?

少し強めの流れがあたっていましたが頑張ってリッジを超えていつものハマサンゴへ。

ここも少しスカシテンジクダイが増えたきがします。
周辺ではクマノミやカクレクマノミが卵を産み付けていました。
残念ながらマンタは現れず。

さらに北上してコタチャイ。
エントリー時は潮止まりでしたが後半から潮が動き出し、
イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロなどの群れの密度がどんどん濃くなりました。

yamamoto-san-1-8.jpg

カッコいいウミウチワにも足を延ばしました。

HL17 group 2017-2-1-2

本日はゲストのAさんがお誕生日を迎えられました。
水中で、ボート上で、みんなでお祝い。
Aさん、お誕生日おめでとうございます!

3日目
1本目コタチャイピナクル
2本目リチェリューロック
3本目リチェリューロック
4本目リチェリューロック

3日目の朝も爽やかなに迎えることができました。良いお天気になりそう。

再びコタチャイピナクルから。
昨日より少し強い流れ。

2本目からいよいよリチェリューロック!
透明度は今までのポイントに比べると落ちましたが、そのかわり圧倒的魚影。

yamamoto-san-1-14.jpg

キンセンフエダイやニセクロホシフエダイの群れというか塊!

yamamoto-san-1-13.jpg

yamamoto-san-1-10.jpg

のっけからロウニンアジアジたちの激しい捕食シーンがみれました。
深場に行ったチー厶はタイガーテールシーホースをしっかりチェック。

otaki-san-1-4.jpg

yamamoto-san-1-9.jpg

カッコいいシルエットのピックハンドルやブラックフィンバラクーダ。

ウミウチワの前に真っ赤なユカタハタが通れば、
たちまち素敵な景色の完成です!

yamamoto-san-1-15.jpg

このダイビングで100本記念!Kさんおめでとうございます!

yamamoto-san-1-12riche2.jpg

トマトアネモネフィッシュやアンダアンミミックファイルフィッシュ、
アンダマンウバウオ、タイマイ、ナポレオンなど次々に登場!

ohtani-san-1.jpg

サンセットダイブではさらに濃くなる魚影!
水面付近に群れていたのはマブタシマアジ。

yamamoto-san-1-16.jpg

さすがリチェリューという圧倒的な満足感とともに本日のダイビングも無事に終了です!

4日目
1本目コボン・ウェストリッジ
2本目ボンスーンレック

抜群の透明度のなか気持ちよく潜降すると・・

yamamoto-san-1.jpg

ソフトコーラルがびっしりの場所にちょこんといるタテジマヘビギンポ。
砂地からピヨピヨとホバリングしている,
アケボノハゼのインド洋版exquisite dartfish。

すると、けたたましく鳴る音 「カンカンカンカンカン!」

HL17 group 2017-2-1-3

レオパードシャーク!

一瞬でしたがダイバーの真横を通り抜けていきました。

最終ダイブは圧倒的な魚影のボンスーンレック。
今日は透明度7m程と、濁りが入っていましたが、
360度お魚に囲まれる体験をしてきました。

赤ちゃんバラクーダやキンセンフエダイが壁になり、
その周りではネズミフグが追いかけっこ。

真っ青で可愛いワヌケヤッコの赤ちゃん。
興味深々なのか、ダイバーについてきたウツボ・ハニコムモレイ。

昨日のこの時間にジンベエが出たという情報があり、
中層をキョロキョロと気にしながらのダイビングでした。

晴天に恵まれた第17回ハレルヤ号クルーズ。
最後はみなさんで記念撮影!

HL17 group 2017-1

ご参加いただいた皆さん!ありがごうございました!

報告/Ryo Nao Hossy Masaru
写真/お客様より頂きました
タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/01/19(木) 17:39:13|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2893-e90d03d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD