Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2017.1.30-2.03 第20回ハレルヤ号クルーズ報告!マンタ登場

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/25-28℃
風/なし
流れ/時間によりあり
透明度/12-30m

HL20-ms-1-2.jpg

1日目
アニータズリーフ
ウェストオブエデン
エレファントヘッドロック
ウェストオブエデン

朝、目が覚めるとシミラン諸島。
第20回ハレルヤ号クルーズの始まりです!

1本目は癒し系NO1のアニータズリーフ。
可愛いチンアナゴやスパゲティガーデンイールが住む、
真っ白な砂地を進むと、美しい根があります。

IMG_9863.jpg

ウミウチワやソフトコーラル、その周りにはスカシテンジクダイ。
その中から真っ赤なユカタハタが登場し、景色がさらに鮮やかになります。

P1310380.jpg

シリウスベニハゼやクジャクスズメダイ、
クマノミにルボックスブレニーなどなど可愛い生物も多いので、
どれを見ようか困ってしまうという贅沢な悩みです。

2本目はウミウチワの町・ウェストオブエデン。
綺麗なベラ、マッコスカーズフラッシャーラスがヒレを全開にしっぱなし!

すると、深場から冷たーい水が流れてきて水温は28度から25度へ・・・

冷たくない場所を求めて深度を上げるとそこには、
アカヒメジやブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ。

IMG_9950.jpg

IMG_1187.jpg

シシマイギンポやヒナギンポ、
綺麗なトウモンウミコチョウも観察できました。

3本目は巨石が迫力満点のエレファントヘッドロック。
切り立った壁の間を抜けて、穴から顔を出していたのはハナヒゲウツボの青い個体。

IMG_9965.jpg

スイムスルーの中にもウミウチワやイソバナがあり、
美しい景色を見ていると、どんどん流れが出てきて・・・・
泡が目の前でグルグルと回り始めて、洗濯機のようですw

後半は流れを避けながら浅場へ移動して、
ワヌケヤッコやインディアンバガボンドバタフライフィッシュ。
シテンヤッコなどを観察して安全停止へと入りました。

4本目は久しぶりにウェストオブエデンでサンセット~ナイトダイブ。
誰もいないダイブサイトを貸し切りで、のんびりと進んでいくと・・・

浅い岩場では可愛いヒナギンポやマツバギンポにシシマイギンポが、
ちょこんと穴から顔を出しています。

そして、今日はお魚たちの求愛・産卵活動をたくさん見ることができました。

P1310535.jpg

タテジマキンチャクダイやキンギョハナダイ、
ブロウンピグミーエンジェルフィッシュはペアで求愛し、
ニシキヤッコは何度か求愛してその後に2匹で上昇して産卵。

P1310508.jpg

その横ではウミシダが産卵して、なんとも幻想的な景色に。

P1310506.jpg

1日目から色々なダイビングのスタイルを楽しむことができました!

IMG_1219.jpg
※みなさんの写真はクリックすると大きなサイズで表示されます

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

真っ赤な朝日が昇って2日目のスタート。
柔らかい朝日を浴びながらブルーの世界へと潜降です

ダイナミックな地形のノースポイント。
コラーレバタフライフィッシュの群れや、
大きなイソバナに住んでいるタテジマヘビギンポ。

大小2匹で気持ちよさそうに佇むニシキフライウオ。
顔がキュートなタツノイトコ。

ふっと顔を上げるとカッコいい巨石と朝日。
このサイトのスケールの大きさを感じる瞬間です。

IMG_1291.jpg

朝ごはんの後は上陸タイム!
眺めが最高の場所で写真もいっぱい撮りました。

2本目はスリーツリーズ。

砂地でオーロラパートナーゴビーを見ていて、
そろそろ浅場へ戻ろうかとすると真上にバラクーダ!

IMG_1362.jpg

ブラックフィンバラクーダが真上でグルグル巻いています!
グルグル回る中心から太陽差し込み素敵な景色に!!

すごいなぁと思いつつ、おもむろに振り返って・・2度見しちゃいました。

「ぉ・・ オニイトマキエイ!?」

P2010265.jpg

「リリリリリリン !!!!!! (鈴の音)」

大きなオニイトマキエイがこちらにかする程、近くを通って、
沖へと消えていきました。

ビッグサプライズのスリーツリーズでした!

3本目はコボン・ウェストリッジにて。
透明度は良く、25m程でしょうか。

IMG_1380.jpg

アケボノハゼのインド洋版exquisite daitfshや、
ソフトコーラルの森に住むタテジマヘビギンポ。
エイブルズエンジェルフィッシュなどを観察しつつ、先端を目指します。

P2010330.jpg

先端ではブラックピラミッドバタフライフィッシュが群れ、
モルジブズスポンジスネイルが2匹で並んでいました。

アンダマンヘビギンポがペアで産卵活動をしていたので、
生態観察をしてから安全停止へと入りました。

P2010365.jpg

4本目はコタチャイ・ピナクル。
流れを感じつつ潮当たりへと移動すると、タカサゴでいっぱい!

夕方の時間ということで、それらを捕食しようと、
カスミアジがビュンビュンと走り回っています。

その先にはピックハンドルバラクーダのカッコいい姿も。

これぞコタチャイ!というお魚いっぱいのダイビングとなりました!

IMG_1404.jpg

3日目
コタチャイ・ピナクル
リチェリューロック
リチェリューロック
リチェリューロック

波もほとんどなく穏やかなアンダマン海です。
1本目はコタチャイ・ピナクルからスタート!

流れは少しありますが、ゆっくりと潮当たりへ。
視界の奥いっぱいに広がる、魚のシルエット・・・

IMG_0296.jpg

かなり大きなブラックフィンバラクーダの群れです!

写真撮り放題な状況だったので、記念写真もいっぱい撮りました。

P2010857.jpg

立体的なウミウチワの前にはクマザサハナムロが集まり、
カスミアジも突っ込んできます。

気持ちの良い朝の1本となりました!

2・3・4本目はタイを代表するるサイト・リチェリューロック!
透明度は20m程、流れもほどよく、最高のコンディションです!

P2021019.jpg

IMG_1467.jpg

深場にはイバラタツやタイガーテールシーホース。
ふっと横をみるとキンセンフエダイやヨスジフエダイ。

岩を覆いつくすソフトコーラル、その周りにはタカサゴたち。

すごい景色だなと眺めていると、どこからともなく、
ロウニンアジが群れで集まってきて大捕食大会が始まります。

目の前を何回も行き来するロウニンアジの姿は、
「カッコいい!」この一言に尽きます!

IMG_0443.jpg

ウミウチワの前には真っ赤なユカタハタ。

IMG_0363.jpg

トマトアネモネフィッシュの赤ちゃんや、
ピンク色のソフトコーラルに乗っかっているゴシキエビ、
綺麗なウミウシ・トリンチェシア・シボガィ、
黄色いトラフケボリ、
白と黒のシックな色合い・イザヨイベンケイハゼ。

IMG_1523.jpg

色とりどりの魚たちが次から次へと登場して、
リチェリューロックの本領発揮!

IMG_1424.jpg

HL20-ms-1.jpg

じっくりたっぷりと3本潜り浮上すると、
待っていたのは最高の夕日。

HL20-ms-1-6.jpg

ピンク・オレンジ・ブルーが混じった、
光を浴びながら、ビールで乾杯~~!
とっても充実した3日目となりました!!

HL20-ms-1-7.jpg

HL20-ms-1-8.jpg

HL20-ms001-1.jpg

GPF20-1.jpg

4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日も空は快晴!気持ちよくエントリーです。

沖の方を大きなオニカマスが泳ぐのを横目に進むと、
ソフトコーラルが綺麗な場所に住んでいるタテジマヘビギンポ。
ピンクや黄色の森に住んでいるように見えます。

P2031137.jpg

P2031128.jpg

exquisite dartfishやスポッテッドバタフライフィッシ。
インディアンミミックサージョンフィッシュ、ローランドダムゼル、
スカンクアネモネフィッシュ、ハナダイギンポ、
可愛いお魚たちも観察することができました。

IMG_7978.jpg

このダイブで500本記念!Kさんおめでとうございます!

最終ダイブは沈船ボンスーンレック。
透明度は12-15m程と、このサイトではまずます良い透明度。

キンセンフエダイやバラクーダの赤ちゃん、
ニセクロホシフエダイやネズミフグ。
それらが次々と現れます。

もう視界はお魚でいっぱいにw

hl20---1.jpg

綺麗なウミウシ・クロモドーリス・アンヌラータや、
ヒレを全開にして威嚇するメタリックシュリンプゴビー。
ツバメウオにリュウキュウヨロイアジ、ウミテング、
アシビロサンゴヤドリガニも観察することができました。

hl20---1-2.jpg

お天気・海況に恵まれた4日間。
オニイトマキエイや水面からクジラも見ることができました。

最後はみなさんで集まって集合写真。

HL20-ms001group-1.jpg

ご参会頂いたみなさま。ありがとございました!!


※再生すると音楽が流れます

報告/Hiroaki Masaru
写真/お客様からたくさん頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/02/03(金) 20:23:49|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/2906-33241c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD