Big Blue Diving 今日の「海ログ」

ビッグブルーより、タイ・タオ島&カオラックの現在の海況や、どのポイントでどんな魚が見られるかなどの最新海情報をお届けします!

2017.4.19-23 今シーズン最後のハレルヤ号クルーズ報告!

※ タオ島もカオラックも盛り上がっているので連続投稿が続いております。
ぜひ遡ってご覧下さい!!!

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/なし
流れ/全体的に弱め
透明度/7-18m

今シーズン日本人最後のトリップの時がきてしまいました。
半年間楽しませてもらったアンダマン海への挨拶回りをしてきましたよ^^

まずは、今回のハレルヤ号トリップ乗船の前に、リクエストにお応えしてマニアックなダイビングをしました。

まずはムツゴロウの王国、『キングダム』
ポイント名の命名はカメラマンの古見きゅうさんです。
畑さんのムツゴロウ王国から来ている名前です・・・(^_^;;

ムツゴロウの外人種です。
喧嘩してます。
IMG_0560.jpg

トントンミー(トビハゼ)の外人種です。
こちらもにらみ合い中。
2G9A1727.jpg

そしてお次は『ドロリンチョ』というドロドロのポイント。
地味な砂泥底に魅力溢れる生物がいっぱい!

美少年という意味のアドニスシュリンプゴビーです。
第一背ビレが長いのがカッコイイですね。
2G9A1850.jpg

イエローウォッチマン!
2G9A1807.jpg

というわけで、青い海へ出掛ける前にマニアックな生物をたっぷり堪能してもらいました。


さて、夕方にハレルヤ号に乗船し、お酒を飲みながら楽しいお喋りしつつ世が更けていきます。
翌朝目覚めたらもう青い海のど真ん中。
シミラン諸島からスタートです。

Day 1
Anita's Reef
今シーズン初登場だった体色が変わっているゴマハギの"コイタン君"。
201704231927196e1.jpg
来シーズンに会うことができるかどうか分からない彼に挨拶した後は、
シミランの美しさを思いっきり楽しめる美しい根へ。

スカシテンジクダイとイソバナにユカタハタなど。
素晴らしいコラボはまだまだ絶好調☆

ヤマブキスズメダイのチビちゃんも良いところにいてくれます。
2017042319272242b.jpg

今シーズン多かった淡く美しく輝クジャクスズメダイ。
20170423192722355.jpg
ふたりで仲良く、しっかりと卵を守る様子は胸がキュンとなります♡


白砂が広がる明るい水中。
純粋に気持ち良いく、楽しくダイビングができる、幸せな場所です。

MS2017-apr-1-3.jpg

朝ごはんの後はシミラン4番へ上陸!
真っ白のビーチでJUMP!

West Of Eden
ちょっと流れがありましたが、主要なメンバーに挨拶しに行きました。

まずは、マッコスカーズフラッシャーラス。
20170423192725c83.jpg

そして、エクスクイジタダートフィッシュ。
2017042319272590d.jpg

擬態する子とされる子のツーショット。
2017042319274531a.jpg
左:インディアンミミックサージョンフィッシュ(擬態する方)
右:エイブルズエンゼルフィッシュ(擬態される方)

小ちゃな小ちゃなトウモンウミコチョウとシシマイギンポへ。

みんな、半年間楽しませてくれてありがと〜^^


Elephant Head Rock
ここも可愛い子たちの宝庫。

ハナヒゲウツボは、最近ご無沙汰していた青色と、
前回姿をくらましていた黄色が顔を出してくれていました♪
201704231927465a7.jpg

2017042319274885c.jpg

イヤースポットブレニーやルボックスブレニー、
アンダマンダムゼルやスカンクアネモネフィッシュなどなど、
色んな子と対面。

巨大な岩と立派なイソバナが作り出す素敵な空間もしっかりとご覧いただきました。
2017042319274762c.jpg


ダイナミックさと可愛さをあわせ持ったポイント。
奥が深いです!


Turtle Rock
サンセット&ナイト。
この時間ならではの生態行動をじっくり観察。

ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの求愛〜産卵。
オスがメスの腹部を刺激するナズリングという行動で産卵を促します。
201704231927494ac.jpg

エイブルズエンゼルフィッシュのナズリング〜産卵シーンもバッチリ撮ってもらいました。
20170423192751c41.jpg

ヒメゴンベは二匹で寄り添い合う美しい求愛行動をとります。
この後二匹揃って中層へ上昇し産卵へ。
20170423192752a53.jpg

私たちが1日を終えようとしている時、
水中では、色んな子たちが命を繋げていこうとしているのです。

他にも、スポットライトをあびるセボシウミタケハゼや、
穴から顔を出してキョロキョロするジョーフィッシュなどにも会いました。
2017042319275487b.jpg


あっという間に1日目が終わってしまいましたが、
明日からも1本1本大事に潜っていきますよ〜(^-^)


2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
コタチャイ・ピナクル

朝の優しい太陽を感じながら1本目はノースポイントへ。

IMG_0880.jpg

離れ根まで足を延ばすと、そこは大きなウミウチワの世界!

メインの根まで戻り、真っ赤なタツノイトコや、
ひょうきんな顔のシシマイギンポ、マツバギンポなどを観察しました。

朝ごはんの後はシミラン諸島8番への上陸タイム!

MS2017-apr-1-7.jpg

※みなさんが写っている写真は、クリックすると大きいサイズで表示されます。

2本目は癒しの世界スリーツリーズ。

_A3A3700.jpg

自慢のソフトコーラル。
間を覗き込むと可愛いシリウスベニハゼ。

IMG_0990.jpg


砂地からぴょこっと飛び出してきたのはアンダマンジョーフィッシュ。
赤い涙のオーロラパートナーゴビーが可愛い!

2G9A2431.jpg

色とりどりのソフトコーラルの周りにはキンギョハナダイ。
まねっこして一緒に泳いでいるハナダイギンポやユカタハタ幼魚も。

2G9A2484.jpg

ソフトコーラルの前にちょこんと座るルボックスブレニー。

浅場ではスズメダイの幼魚が泳ぎ回り、幼稚園のようです。
マレーアンクロミスやローランドダムゼルの子供たちです。

3本目はコボン・ウェストリッジ。
壁にびっしり群れるタカサゴやスカシテンジクダイ。
ユカタハタやヤマブキスズメダイが彩りを加えてくれます。

大きなオニカマスやタカサゴの群れに出会いながら、
マンタ捜索に出かけましたが、今日は会いませんでした。

4本目はコタチャイ・ピナクル。
やや流れを感じつつ潜降するといきなりブラックフィンバラクーダ。

_A3A3866.jpg

サンゴの美しい場所へ行くと、スカシテンジクダイやタカサゴがいっぱい!
小魚をかき分けると、真っ赤なユカタハタが顔を出します。

クマザサハナムロやカスミアジも観察して安全停止へと入りました。

_A3A3887.jpg

夜にはスタッフ・ホッシーのお誕生日をお祝いしました。

そして、いよいよトリップのハイライト!
3日目です!!

Koh Tachai Pinnacle
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock

まずは昨日も潜ったコタチャイピナクル。
今朝も程よく潮が入ってくれていたおかげで、中層が、まあ賑やかだこと!!
イエローバックフュージュラーを始め、クマザサハナムロ、イエローダッシュフュージュラー、バリアブルラインドフュージュラー、バナナフュージュラー、ヒメタカサゴなどのタカサゴたちが群れます。

IMG_1271.jpg


そこへカスミアジの特攻隊が突っ込んで、まるで花火が弾けたかのようにキラキラと目の前に舞い散ります。

IMG_1265.jpg

昨日ロケハンしておいた3Dウミウチワや、イソバナも、今日は朝日の光を受けて、こんなに綺麗。

IMG_1285.jpg

ああ、この景色とも11月までお別れ。。。
来シーズンもため息の出るようなこの美しさを期待して一先ずお別れです。

そして次はリチェリューロック。
トリップの大目玉です。
一本一本噛み締めて潜っていきます。

おなじみニシキフウライウオ、イザヨイベンケイハゼ、イバラタツ、トマトアネモネフィッシュ。
そしてロウニンアジの群れ!!

IMG_1446.jpg


今回はキツネフエフキとロウニンのわちゃわちゃにも出会いましたよ。
目の色ならぬ、身体の色を変えて根を突き回してました。

_A3A4004.jpg


水中に広がる草原も。

IMG_1474.jpg

鮮やかな色彩のトリンチェシアシボガーも。
ちょこんとこちらを見つめるハーロットドワーフゴビー。

2G9A2671.jpg

そしてそして、アンダマンウバウオ!
くねっとなっている腰もかわいらしいですが、注目すべきはウェスト周りのお肉のたわむぷにぷに感!

IMG_1514.jpg

うおおおおお!なんて可愛いんでしょうか♡♡♡

オオミナベトサカ抜きのローランドダムゼルだって。

2G9A2674.jpg


ワイドにマクロに本当に大忙しだったリチェリューロック。
思う存分、じっくりと楽しんできました。
記録にも、記憶にもしっかり焼き付けてきました。


4日目
コボン・ウェストリッジ
ボンスーンレック

最終日はコボンからスタート!
水面付近にクラゲがいっぱいいたので、避けながら潜降すると、
可愛いプラウェイラスの幼魚。

IMG_1555.jpg

目が覚めるほど綺麗な、黄色いソフトコーラル地帯。
真っ赤なユカタハタがまた映えます。

元気なハードコーラル地帯を通っていると、
中層外側に動く大きな影!オニイトマキエイ登場!

しかし、見えるギリギリの距離をスーっと泳ぎ去っていきました・・

後半にもリンリンリン!カンカンカン!
これまた一瞬でスーっと遠ざかるマンタ。

それでも最後のコボンで会いに来てくれたんだなと勝手に解釈w

そして最終ダイブは沈船ボンスーンレック。
相変わらず透明度は安定の7m程w

今日はちっこい生物を中心にじっくりと‎撮影タイム。

2G9A2760.jpg

IMG_1580.jpg

綺麗なお家に住むガラスハゼやメタリックシュリンプゴビー。

2G9A2813.jpg

驚くほど青いワヌケヤッコの赤ちゃん。

_A3A4123.jpg

ミナミギンガメアジやキンセンフエダイの群れ群れ群れ!

2G9A2832.jpg

安全停止していると、ちっこいクリイロカメガイ。
もっと潜っていたい!そんな魅力がここにはあります。

_A3A4136.jpg

そして、このダイブで700本記念!Cさんおめでとうございます!
※クリックすると大きく表示されます

欧米人のみのトリップはあと数回残っていますが、
日本人チームとしては、これにて終了となります。

2016-2017カオラックシーズン。
様々な思いでが瞼に蘇ります。

MS2017-apr-1-1.jpg

いや〜、最後まで見所満載のカオラックでのダイビングでした。
また半年後までお預けという、後ろ髪を引かれながらのタオ島への引越しです。
でも、タオ島もジンベエ出まくりで盛り上がってますので楽しみです!

報告/Takeshi Hossy Yurika Masaru
写真/お客様より頂きました。

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

  1. 2017/04/23(日) 23:59:59|
  2. シミランクルーズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://bigbluelog.blog111.fc2.com/tb.php/3060-d0360e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Big Blue Diving

Author : Big Blue Diving

タイでのダイビングはビッグブルーダイビングにお任せください!タオ島のシャム湾とカオラックのアンダマン海、潜水王国タイが持つ2つの海でお待ちしております!

管理者ページ

Facebook

海ログカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の「海ログ」内検索

スタッフブログ

ブログ内の「海ログ」カテゴリー

ビッグブルーWEBサイトリンク


Big Blue Diving HOME

≫ タオ島でダイビング
ファンダイビング
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
トウアカハッチアウト
オイランディスプレイ
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
シャム湾の特徴
タオ島店料金表

≫ カオラックでダイビング
デイトリップ
ダイブクルーズ
ライセンス取得
スペシャリティ取得
体験ダイビング
スノーケル
ダイブサイト紹介
ダイビングスタイル
ダイビングシーズン情報
アンダマン海の特徴
カオラック店料金表

今日の「海ログ」

≫ タオ島情報
タオ島基本情報
タオ島へ行く
タオ島で食べる
タオ島で泊まる
タオ島で過ごす

≫ カオラック情報
カオラック基本情報
カオラックへ行く
カオラックで食べる
カオラックで泊まる
カオラックで過ごす

≫ ショップ案内
タオ島店
カオラック店
バンコクオフィス
スタッフ紹介
オリジナルグッズ

ジンベエフォトコンテスト
2009年編
2008年編
2007年GW編
2005年GW編
2003年GW編

お知らせ
Q&A
ご予約&お問合せ
リンク&ブログ
BBS:掲示板
サイトマップ

過去の「海ログ」

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR Cord

TreeArchive_PD